Toshiさんの写真展「大阪夜景」に行ってきました。6月29日まで開催中です!

th_IMG_0369_20170625232001ee4.jpg


週末の6月24日(土)にToshiさんの写真展「大阪夜景」に行ってきました!場所は心斎橋のルイ・ビトンがある富士フイルム大阪サービスステーション。御堂筋線の改札口がらも近く雨に濡れずにアクセス出来る好立地です。

























th_IMG_0376_20170625232002117.jpg


写真集未掲載の作品も展示されており見応え充分です。特に前半の水都大阪を感じさせる中之島周辺の写真は圧巻の出来栄えでした。















th_IMG_0377_20170625232004aa7.jpg


残り日数わずかとなりましたが、629() 10:0019:00 ※最終日14:00まで、開催されております。お時間のある方は是非この機会にお立ち寄り下さい!

[ 2017/06/26 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(0)

今週末の土曜日の午後から「大阪夜景 増補改訂版」発売記念写真展に応援に行きます!

th_th_001_20170621233457940.jpg 


「大阪夜景 増補改訂版」発売を記念して、心斎橋プラザビル本館(ルイヴィトンのビル)9階の富士フイルム大阪サービスステーションでToshiさんの写真展が開催されています。書籍収録の写真を中心に、未発表写真も多数展示6月16日~29日まで。時間は10:0019:00 最終日14:00 、入場無料。今週末の午後から(おそらく14時頃から)僕も応援に行くつもりです。※邪魔なだけかもしれませんが(^^ゞ


大阪に特化した夜景写真家として有名なToshiさんから、直接、各写真の撮影でこだわった点や、鑑賞ポイント、写真趣味の方はテクニック的なアドバイスを頂ける、メチャクチャ貴重なチャンスです。プロの写真家の目線で風景を見ると、こう見えるのか!ここにコダワッて撮影してるんだ!など、話を聞けば目からウロコが落ちる事請け合いです。
夜景好き、ビル好き、写真趣味、アート系の方。様々な人が楽しめるイベントです。デートの途中で美しい風景を眺めるだけでもOK!

会場は心斎橋のルイ・ビトンのビルと言えはすぐに解ると思います。立地も良いので、お時間のある方は是非とも会場までお越しください!










堀寿伸 写真展『大阪夜景』
後援: 創元社 / 協力: 水都大阪コンソーシアム
日時: 2017616()629() 10:0019:00 最終日14:00まで
会場: 富士フイルム大阪サービスステーション コミュニティギャラリー
住所: 大阪市中央区南船場3-12-12 心斎橋プラザビル本館9F
入場無料

◆特設サイト
http://www.osakanight.com/osakayakei/

http://www.osakanight.com/osakayakei/http://www.
[ 2017/06/22 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(0)

「御舟かもめ」で行く大阪都心リバークルーズ。今回は夕暮れ時の水都を堪能してきました!

th_IMG_0052_2017061700033052e.jpg



先日、遊覧船にのって大阪都心のリバークルーズを楽しんできました。今回乗船した船は昨年9月頃にナイトクルーズで乗船した、御舟 かもめ 大阪の小さな船旅さんです。定員10名(朝ごはんクルーズは8名)。オープンデッキ5畳、建屋3畳、床座スタイル(こたつあり)。簡易トイレ設備あり。全便ともお茶付きで飲食物の持ち込みも可能です。













th_IMG_0047_2017061700033244e.jpg

御舟かもめは、熊本・天草の海で真珠の養殖作業に使用されていた小舟を、都市河川クルーズむけにコンバージョンした船です。大きなクッションで床座するのが基本スタイル。これが気持ちいい。

















th_IMG_0050_20170617000333ea9.jpg


真ん中に置かれたテーブルに買い込んだお酒、つまみを置いて気の知れた仲間でいざクルージングに。
















th_IMG_0053_20170617000334b9c.jpg

「御舟かもめ」の魅力は、この水面の近さと、開放感。アクアライナーにも乗った事がありますが比べものにならない迫力です。ホンマに気持ちいい。

















th_IMG_0086_20170617000335600.jpg



川側から見たOMMビルです。ガラスカーテンウォールに映り込んだ雲が綺麗でした。
















th_IMG_0154_201706170003425da.jpg


OBP方面の様子です。完成間近の(仮称)新MID大阪京橋ビルが加わった事で、眺めがかなり変わりました。















th_IMG_0105_2017061700034434e.jpg


こちらは中之島方面の様子です。
















th_IMG_0131-001.jpg


タイミング良く、剣先にある噴水が放水を始めました!

















th_IMG_0141_20170617000348ce0.jpg


この剣先の噴水、正式名称は中之島公園・剣先噴水シンボルモニュメント「Sailing to the NEXT STAGE 」なのですが、ご存知だったでしょうか?全く知られていませんね。何か良い愛称があれば良いのですが・・















th_IMG_0342_201706170003509cb.jpg


さらに東横堀川に進みむと、ズラリと並んだ阪神高速道路の高架橋が見えてきました。ズラリと並んだ高架橋は、まるで神社の鳥居の様です。現代版、伏見稲荷大社!?
















th_IMG_0267_201706170010038f8.jpg


本町橋(ほんまちばし)の様子です。この橋は東横堀川に架かる本町通の橋で、現在の橋は大正2年(1913年)に架け替えられたものです。大阪市内では現役最古の橋で、『浪速の名橋50選』にも選定されています。
















th_IMG_0377_201706170010049da.jpg


これ、何だか解りますか?実はコレ、遊覧船などの船様のカーブミラーなんです!船用にカーブミラーがあるとは、なんとも水都大阪らしいですね。
















th_IMG_0405_2017061700100186f.jpg


さて、今回の遊覧コースで一番賑やかな場所が近づいてきました。
















th_IMG_0449_201706170010055f2.jpg


戎橋近くの遊歩道には沢山の人が・・。対岸でアイドル・グループのイベントが行われていたので、そのギャラリーさんです。御舟かもめは、そこを一気に通過しました。
















th_IMG_0042_2017061700100726d.jpg


駆け足でご紹介した、御舟かもめのリバークルーズ、如何だったでしょうか。今回は前回のナイトクルーズとは異なり貸し切りではなく、通常の乗り合いだった(ほとんどがビルブロガー軍団でしたが)ので乗船時間は50分間で、あっという間のクルージングでした。御舟かもめは、大人1人2100円が標準的な料金なので、大阪都心でリバークルーズを楽しむ素晴らしい遊覧船で値打ちがあります。リバークルーズを体験してみたい方は是非、御舟かもめに乗ってみてください。この水面近さと屋根の無い開放感は未体験ゾーンですよ!

[ 2017/06/17 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(2)

パナソニックがOBPの現・読売テレビ放送が本社ビルを1棟借り!社内カンパニー「コネクティッドソリューションズ社」の入居が決まる

th_IMG_1003_20170611110005163.jpg


読売テレビは、2014828日に大阪市中央区城見の大阪ビジネスパーク(OBP)の現社屋から南西へ約400メートル先にあるシアターBRAVA!MBS所有、2016年春営業終了)の跡地に新社屋を建設することを発表、現在、新社屋建設工事がすすんでいます。新社屋は、敷地面積:12,495.90m2、延床面積:51,194.58m2の規模で現社屋の約1.5倍に広がります。新社屋は2016年秋に着工、開局記念日に当たる2019828日の稼動開始を目指す計画です。そこで気になっていたのが、この現社屋。テレビ局の本社事務所&スタジオとして建設されたこのビルが他に転用が効くのか?それとも解体の上、新しいビルが建設されるのか、ビルマニアの間では注目があつまっていました。











th_IMG_1006_2017061111000683d.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ本社ビル
所在地大阪府大阪市中央区城見2-2-33
階数:地上14階(高層棟)、地上6階(現業部門)
高さ:77
m 63.77m ※軒高
構造骨造
杭・基礎
主用途:スタジオ・事務所
総戸数:----
敷地面積:-----m2
建築面積:-----m2
延床面積:31500㎡
建築主讀売テレビ放送
設計者日建設計・鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:-----
竣工1988










th_IMG_0900_2017061111000104c.jpg

日経不動産マーケット情報によると、パナソニックが大阪ビジネスパーク(OBP)に新たなオフィスを構えることが明らかになりました。現在、読売テレビ放送が本社・スタジオとして使っている、延べ床面積約3m2のビルを同社の新社屋稼働後に一棟借りするとの事です。読売テレビの現社屋に移転してくるのは、社内カンパニー「コネクティッドソリューションズ社」。20204月からこのビルの全て借り上げ「コネクティッドソリューションズ社」が移転してきます。













th_IMG_0906_201706111100029e5.jpg


現地の様子です。まさかパナソニックが一棟借りでこのビルに入居するとは、想像もしていなかったので驚きです。










th_IMG_0908_201706111100088d1.jpg


北側から見た現地の様子です。






th_IMG_0915_201706111100113af.jpg


CBREによれば、大阪の全グレードオフィスビル空室率は2017年第1四半期(1月~3月)に前期比-0.7ポイントの3.2%を記録。1993年の調査開始以来の最低値となったそうで、新規のオフィスビルの供給が無い中そうとう需要が逼迫している状況の様です。グランフロント大阪の開業後、現在にいたるまで、新規の大型オフィスビルの計画が極端に少ない状態がつづいており、それを反映しての事ですが、ちょっと極端な状況になっているようです。

現在の大阪はインバウンド観光需要やUSJなどの活性化、関空のLCCハブ化によって国内からの観光需要も増えており、ホテルの受給バランスが崩れ大変な事になっています。ここ暫くは大阪都心部のホテル稼働率が全国で最高を記録し続けており、相変わらず需要に供給がおいついていない状況です。

さらにオフィスの需要も足りないとなると、これまた大変な状況ですね。オフィス需要はホテルほど堅調とは思えませんが、それにしても案件が少なすぎるので、新規案件の浮上に期待したい所です。あの大阪中央郵便局跡の再開発が計画どおり進んでくれていれば・・・。

[ 2017/06/12 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(22)

USJに建設されるスーパー・ニンテンドー・ワールド(SUPER NINTENDO WORLD)がついに着工!

th_001_201706082245284d1.jpg 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは2017年06月07日(木)に世界初となる新エリア、SUPER NINTENDO WORLDの着工式を行いました!この『SUPER NINTENDO WORLD』は、「Nintendo」という日本が誇るすばらしいエンターテイメント・ブランドの魅力を、 日本国内のみならず、世界へ発信していく、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの集客拡大の起爆剤となるエリアとなります。 ハリポッター(約450億円)を超える「600億円超」の巨額投資となるビッグプロジェクト2020 年の東京五輪前のオープンを目指して始動しました!




【出典元】
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン『SUPER NINTENDO WORLD』2017年6月8日(木)、建設着工式実施(PDF)




【過去記事】
USJの年間入場者数は過去最高の1460万人を記録!
USJにマリオ!任天堂のキャラクターが登場するニンテンドー・エリアがついに現実に!
任天堂がUSJを傘下に持つUniversal Parks & Resortsが任天堂ゲームの世界をテーマパークに導入することで合意!












SUPER NINTENDO WORLDエリアのイメージ動画です。今回のニュースリリースによると「マリオカート」が世界最新鋭アトラクションとして登場するとしています。その他にも、数々のエンターテイメントを世に送り出してきたユニバーサル・スタジオのクリエイティビティを、世界最新鋭の技術を駆使して、ほかに類を見ない世界初のアトラクションとして、ゲストの皆様に世界最高の体験をお届けしますと発表されました。











th_002_201603070243403ed.jpg


新エリアには先ほどの人気ゲーム「マリオカート」を模したアトラクションやレストラン、関連グッズの店舗を設がもうけられます。アトラクションはさらに複数が追加されます。また、新エリアは立体構造のエリアとなり、多層階にする事でエリア面積を稼ぐ設計となります。




最新の産経新聞WESTによると「新エリアは、パーク北西の駐車場などがある場所に建設」との事です。場所的にはハリーポッターエリアに近い現駐車場付近と思われますが、同じく、以前の産経新聞が報じていた「正面ゲート左側」から変更になったのでしょうか?面積的に考えて、ちょっと厳しい気がしますが、どうでしょうか。

→USJに「マリオ」登場の新エリア…「スーパー・ニンテンドー・ワールド」600億円超着工式 東京五輪の夏までに開業
2017.6.8 10:59


→USJ、マリオに400億 任天堂との新アトラクションは正面ゲート左側に 
2016.3.5 06:00








th_IMG_0618_20170608224525314.jpg


当初報道された、パーク入り口左側の計画地の様子です。















th_IMG_0666_201706082245270b5.jpg

USJの2016年度の年間来場者数は1460万人で3年連続過去最高を記録し、前年比5%の増加となりました。運営会社のジャン・ルイ・ボニエ最高経営責任者(CEO)はこのスーパー・ニンテンドー・ワールドによって「国内外からの集客に貢献し、入場者数は数百万人を上乗せできるだろう」としています。


[ 2017/06/09 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

旧堺港沿いにリゾートホテル、飲食、物販、温浴・スパで構成された複合施設が誕生!大浜北町市有地活用事業の優先交渉権者が決定

th_005_20170601002641d97.jpg

堺市は、歴史ある堺の港ならではの魅力あるウォーターフロントの形成を目指して、商業施設や公共施設 整備を一体的に行う大浜北町市有地活用事業者を募集していましたが、2017年5月31日に株式会社アゴーラ・ホスピタリティー・グループを代表法人とする企業グループに決定したと発表しました。提案内容には、ホテル(客室数 約270室、年間宿泊客数 約15万人)、飲食、物販、温浴・スパ(年間利用人数 約60万人)等で構成された、地上12階建て、延床面積38,735㎡商業施設を建設する計画です。





【出典元】
大浜北町市有地活用事業の優先交渉権者が決定しました(PDF)


※生粋の堺っ子さんから情報を頂きました、ありがとうございました!









th_001_2017060100263844b.jpg


対象地は、南海本線堺駅からほど近い、旧堺港に面した大浜北町市有地です。旧堺港にはマリーナがありクルーザーが多数停泊する日本離れした景観ですが、その背後にリゾートホテルを中心とした新しい商業施設が誕生する事になります。














th_002_20170601002637edb.jpg

貿易港としての風格と衣・食・住・遊の融合拠点 
アーバンリゾートタウン『ポルトマーレ(仮称)』の誕生

中世以降貿易港として周辺地域活性化に多大なる貢献をしてきた堺旧港が 今また新たなる再生の時を迎えています。活性化が叫ばれる今日、衣・食・ 住・遊をテーマとした施設づくりが求められています。『ポルトマーレ(仮称)』は都心地域西側の活性化の核として、「市民に憩 いと交流の場の提供」「まちとしてのにぎわいの創出」を実現すると共に堺 新港として地域住民はもとより、堺市域や広範な地域から親しみを持たれ、 訪れたくなる拠点となります。


ポルトはポルトガル語で「港」を意味し、マーレは造語でポルトガ ル語のマー、Mar”「海」からきており、「海港」を意味する造語












th_003_2017060100263987d.jpg


導入施設概要
1
階:駐車場(乗用車 247 台、大型バス5台※台数は立体駐車場分を含む)
2
階:都市型マルシェスペース・物販飲食施設・アンテナショップ
3
階:シーフードレストラン
4
階:スパ・エステティックサロン・温浴施設
5 - 12
階:ホテル(アゴーラリージェンシー堺アネックス;270 室)














th_004_20170601002642b68.jpg


今回の提案内容は、以下の内容が評価され、大浜北町市有地活用事業の優先交渉権者が決定されました。

1,宿泊施設を利用する観光客等により昼夜とも賑わいが創出される
2,レストラン等が海に向かい、開放的な空間として整備される
3,宿泊施設利用者に限定せず、観光客や市民も利用できる空間(シーサイドテラス)が配置される
4,既存ホテルでの周辺地域住民に対する交流イベントや、地域行事への参画実績を踏まえ、 本事業においても市民向けの地域活性化イベントを積極的に展開する提案である











th_P1020431.jpg


最後は少し前の写真ですが、計画地付近の旧堺港の様子です。ここに
地上12階建て、延床面積38,735㎡、約270室のリゾートホテルを中心とした複合ビルが建設される時が来るとは・・・。5〜6年前なら想像も出来なかった事ですが、インバウンド観光需要の急激な高まりなど、ホテル需要の高まりから事業者も名乗りを上げる様になったのだと思います。堺市にとって相当インパクトのある再開発計画になるのではないでしょうか。
[ 2017/06/01 00:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

近鉄アプリがバージョンアップ。近畿圏の民鉄初となる「列車走行位置」提供サービスが6月1日(木)よりスタート!

 th_002_20170531230552949.jpg


近鉄は2017年05月29日付けのニュースリリースで、同社が提供中のスマートフォン向けアプリ「近鉄アプリ」をバージョンアップし、個々の列車の走行位置を、路線ごとに列車種別や遅れ時分とともに表示する 「列車走行位置」提供サービスを6月1日(木)より開始すると発表しました!なお、列車走行位置の提供はJR西日本が2017428日から始めていますが、民鉄としては近鉄が近畿圏初となります。




▼引用始め

「近鉄アプリ」で「列車走行位置」提供サービスを開始します
http://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/soukouapuri.pdf

近鉄では、お客様のニーズの高い運行情報のご案内をさらに充実するために、スマートフォンアプリ 「近鉄アプリ」にて、個々の列車の走行位置を、路線ごとに列車種別や遅れ時分とともに表示する 「列車走行位置」提供サービスを6月1日(木)より開始いたします。 これにより、ご自身がご乗車される予定の列車が現在どこにいるのか、といった個々の列車の「今」 の動きを、お客様のお手もとのスマートフォン等で確認できるようになりますので、近鉄電車をご利用 される際の目安としてお使い頂ければと考えております。なお、列車走行位置の提供は関西民鉄では初 となります。 昨年12月にスタートした「近鉄アプリ」は、現在ダウンロード数が5万件を超えており、多くのお 客さまにご利用いただいております。今後も新たな機能を順次追加し、さらなる利便性の向上を図って まいります。


▲引用終わり







th_001_20170531230551e5b.jpg


1.サービス開始日
2017年6月1日(木) 既に「近鉄アプリ」をご利用いただいている場合は、アプリをアップデートすることでご利 用いただけます。 


2.サービス提供路線
14路線(難波・奈良線、京都線、橿原線、大阪線、名古屋線、生駒線、天理線、田原本線、 信貴線、湯の山線、鈴鹿線、山田線、鳥羽線、志摩線)
他の路線(南大阪線、けいはんな線等)についても順次拡大を検討しております。(実施時期は未定です) 


3.サービス内容
スマートフォンの画面上で、上記の提供路線における個々の列車の走行位置を、駅または駅間 の単位で列車種別(特急・急行など)と共に表示します。また、列車に遅れが発生している場合 には、その遅れている時分についても1分単位で表示します。 さらに、列車や駅名をタップすると、それぞれの詳細な情報を表示しますので、列車にご乗車される際の目安としてお使いください。


4.サービス提供時間
原則5時から翌日1時まで 


5.利用料
無料(ただし、通信料はお客様負担となります) 


6.対応OS
Android(4.4以降)、iOS(8以降) 


 7.その他
「列車走行位置」提供サービスの開始に合わせて、現在車掌が携帯している緊急連絡用携帯 電話をスマートフォンに更新します。これにより、ダイヤ乱れ時に受信していた運行情報メー ルと共に列車走行位置情報を活用して、車掌からお客様への情報提供をより細やかに行うよう 努めてまいります。














th_IMG_0357_20170531230745c26.jpg


バージョンアップされ列車位置情報サービスが提供される近鉄アプリ。今までの近鉄アプリは、既存サービスのリンク集の様な感じでしたが、こんな感じで徐々に機能を追加して行く様ですね。1分毎に実際の列車の位置が見られるのは中々面白そうです。「この準急が詰まってるから、ノロノロ運転なんや」など、何か新しい気付きがあるかも(笑)。JR西日本では既にサービスインしているモノですが、ちょっときになります。近畿圏の民鉄初となるこのサービス、僕も早速アプリをバージョンアップして使ってみたいと思います。

[ 2017/06/01 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

重要文化財の旧奈良監獄をホテルとして再生。日本初の監獄ホテルが2020年開業!無印良品ブランドのホステルも登場!

th_001_20170528161628585.jpg

法務省は2017年5月26日に、明治時代に建てられた重要文化財の旧奈良監獄(奈良市)をホテルに転用すると発表しました。旧奈良監獄は明治時代に造られた「五大監獄」の一つで、同刑務所は1908(明治41)年に建てられました。赤れんが造りと看守所から放射状に延びる収容棟が特徴で、今年2月に国の重要文化財に指定された。法務省は運営権を8月にホテル運営のソラーレホテルズアンドリゾーツ、清水建設など8社のコンソーシアムに売却する予定です。











th_002_20170528161631337.jpg


旧奈良監獄のリノベーション・コンセプトは歴史と文化を未来につなぐ「体験型複合施設」を創出。 宿泊・食事・ショッピング・音楽、エンターテイメント等、様々なコンテンツが揃え、まるでひとつの街のような空間として本施設を整備する計画です。 人々の趣味嗜好が多様化された時代に合わせて、興味・関心のきっかけを幅広く用意し、より多くの人に、日本の行刑・矯正と近代化の歴史を伝えていく、としています。















th_005_20170528161632eaf.jpgth_006_2017052816163359c.jpg



ホテルは下記の3タイプが併設されます。全国初の監獄ホテルが、やたら注目されているこのプロジェクトですが、無印良品ブランドのドミトリーが密かな注目ポイントです。無印良品がこのリノベーションに参画しているので、新設ホテルやレストランなどのデザインテイストも同社のデザイン色が反映されるのではないでしょうか・・。

1)文化財リノベーションホテル (約150室)
ホテルコンセプト 「生きた歴史」を未来へ繋ぐ体験型宿泊空間 旧監獄棟をリノベーションし、歴史的な重厚さは守りつつ、ホテルとして快適である空間を提供していきます。


2)新設ホテル (約80室)
ホテルコンセプト 歴史を見つめ、歴史を紡ぐ、新時代のステージ 重要文化財を眺める特等席であること。既存棟との関係性 を重要視し、さまざまな方向から美しい煉瓦建築の建物を 眺められるビューを確保すると共に、このホテル自体が施 設全体の景観を高められるデザイン性を持たせます。


3)簡易宿泊型ドミトリー(MUJI HOSTEL (60床)
ホテルコンセプト 世界中の若者を刺激する文化と多様性の体験拠点 国内外で広く知られる「無印良品」ブランドのホステルを設 置します。キッチンなどを完備し、長期宿泊に対応すると共 に、文化的コミュニティーを育むカフェバーや、工房・アトリエなども同時に整備することで、アート活動や伝統工芸体験を支援していきます。















th_003_20170528161635819.jpg 



全国初の監獄ホテルとしてリノベーションされる旧奈良監獄。一番の売りである文化財リノベーションホテルで監獄気分を味わうのも良し、新設ホテルから重要文化財の近代建築を愛でるも良し、無印良品ブランドのドミトリーで安く泊まるのも良し。温浴施設も併設されるのでお風呂も気持ちよく入れそうです。


旧奈良監獄は東大寺から徒歩10分程度の場所にあるので、立地条件的に便利ではありませんが、まずまずの場所と言えます。それにしても、東大寺、興福寺、春日大社、それらを内包する広大な奈良公園の側に、こんな金の卵があったとは・・・。奈良県の観光におけるポテンシャルは、物凄い物がありそうです。















th_IMG_0327_20170528173828552.jpg



世界遺産や数えきれないほどの国宝、重要文化財が集積する奈良県ですが、
奈良県のホテル客室数は全国最下位だそうです。ちょっと信じられないですね。大都市である大阪・京都から片道30分〜1時間程度と近く、日帰りで宿はナイトライフが楽しめる大阪・京都に取り、奈良は日帰りで、といったパターンが多いそうです。















th_IMG_0330_20170528173827f00.jpg

観光客で溢れかえる東大寺周辺。これでホテル客室数が全国最下位とは信じられない

対する奈良県ですが、従来の大仏商法(放っておいても観光客がやってくるので、進んで集客・増客しない消極的な商売姿勢)から脱し、インバウンド観光需要を取り込む為に攻めの姿勢に転じたと感じています。そんな奈良県の努力が実ったのはJWマリオットホテルの勧誘が成功した頃からでしょうか。マリオットの奈良進出を見て、他の企業も奈良が持つポテンシャルの高さ、それにも関わらず競合ホテルが少ない事から「ブルーオーシャン的な市場」に見方が変わった様に思えます。










th_IMG_0568_20170528173826aa6.jpg

近鉄駅前の商店街「ひがしむき商店街」。



鶏が先か、卵が先か?の論議もありますが、インバウンド観光需要で宿泊施設がパンク状態の大阪・京都を横目に、外国人受けする観光資源を豊富に持つ奈良県は今がチャンスです。この期を逃さずインフラ整備を行い宿泊施設を増やせば稼働率も見込めますし、宿泊者数が増えれば夜の飲食需要も増し、夜の店も自然と増えると思います。奈良県の今後の動向は要注目です。
[ 2017/05/28 17:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

JR大阪駅御堂筋口の横断歩道側の屋上に設置された大型のサイネージモニタ(街頭ビジョン)が点灯開始!

th_IMG_1451_20170521070252991.jpg


前日設置された、JR大阪駅御堂筋口の阪急側の横断歩道前の屋上に大型のサイネージモニタが設置された、とお伝えしましたがようやく点灯が始まりました!


【過去記事】
JR大阪駅御堂筋口の横断歩道側の屋上に大型のサイネージモニタ(街頭ビジョン)が登場!










th_IMG_1507_20170521070250a09.jpg


サイネージモニタのアップです。完全な屋外設置の為、高輝度なLEDビジョンが採用されています。またアスペクト比はブラウン管と同じ4:3で最近では珍しい形状となっています。おそらく屋根上のスペースの都合だと思われます。











th_IMG_1519.jpg


設置されたサイネージモニタですが、予想通りLEDビジョンでした。この角度で見ても画像が消える事なく視認する事が出来ます。LEDビジョンの利点は太陽光の真下でもハッキリと見える高輝度、そして視野角の広さです。











th_IMG_1472.jpg


JRと阪急を結ぶこの横断歩道は梅田地区でも屈指の通行者数を誇る一等地なので、このJR側のビジョンは注目度満点です。










th_IMG_1478_201705210702473da.jpg


どんなCMが流れるのかな?と思い暫くみていましたが、全てJR西日本関連のCMでした。まだ試験点灯で本稼働ではないのかもしれません。こちらはJR西日本アーバンネットワーク・エリアの運行状況一覧です。












th_IMG_1469_20170521070305d9a.jpg


九州方面のプロモーションムービー。











th_IMG_1485_20170521070306651.jpg


大阪環状線プロジェクト関係のPVです。














th_IMG_1465_201705210703089ab.jpg


ついに点灯を開始した、JR大阪駅、御堂筋口側の大型ビジョン。この場所は以前から大型サイネージモニタの設置を予想していたので「ようやく出来たな〜」といった印象です。繰り返しますが設置場所が良いので注目度は満点でした。
[ 2017/05/24 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

大阪 at NightのToshiさんの写真集「大阪夜景」がリニューアルて再登場!旧情報を刷新し、新たに28ヶ所を追加した増補改訂版が発売開始

th_001_2017052300003880a.jpg


高層ビル好き仲間で、相互リンクしている 
大阪 at Night のToshiさんが手がけた写真集
大阪夜景が増補改訂版として大幅にリニューアルして再登場します

増補改訂版では旧情報を刷新し、新たに28ヶ所の紹介を追加。ますます充実の内容となっています。今回は5月24日(Amazonは5/25から)から発売開始される、大阪夜景・増補改訂版を一足先にレビューしたいと思います。











th_IMG_0007_20170522232622ac6.jpg


あんまり内容を見せすぎると、ネタバレになってしまうので、少しだけご紹介を。今回のリニューアル、わざわざ「増補改訂版」のサブタイトルが付いているのには訳があります。こちらは、ビルマニアの間では有名なビュースポットである、オリックス本町ビルから見た中之島・梅田方面の夜景ですが、最近竣工したばかりの
フェスティバルタワー・ウエストがしっかりつ写っています。この様な感じで、ここ数年間で誕生した新しいビルが追加されており、初版を手に取られた方でも、もう一度買いたくなる内容となっています。

もちろん、新たなスポット28箇所が追加されパワーアップしている事も見逃せませんし、
写真のクオリティは相変わらずの堀 寿伸クオリティで舌を巻く出来前です。











th_IMG_0003_20170522232620935.jpg

また、新しい取り組みとして、3ヶ国語に対応した目次が同梱されています。大阪を訪れる外国人観光客にも、大阪夜景を楽しんでもらおうという試みですね。さらに今回は電子書籍も配信予定なので、スマホやタブレットでも大阪夜景を楽しむ事が出来ます。





th_IMG_0002_20170522232623e74.jpg

まとめ:ここが変わった!『増補改訂版』


16ページ増量

128ページから144ページへとボリュームアップ!!

新規スポット追加
前回未収録のスポットや新たに誕生したスポット28ヶ所を追加!。まさに大阪夜景ガイドの決定版!!


撮り下ろし写真も多数
見栄えが大きく変わったスポット29ヶ所を刷新、新たな気分で楽しめます。

最新データに更新
全夜景スポットの最新データを収録。


3か国語目次付録つき
簡体字中国語・繁体字中国語・韓国語(ハングル)対応の目次付録つき。インバウンド観光にも対応。

電子書籍版も発売予定
待望の電子書籍化!! (順次配信予定) 、スマートフォンやタブレットでいつでも楽しめます。







さらに、大阪夜景増補改訂版の発売を記念して写真展が開催されます!


『大阪夜景 増補改訂版』の発売を記念して、大阪夜景がテーマの写真展を下記日程にて開催。書籍収録の写真を中心に、未発表写真も多数展示予定。お時間のある方はぜひ一度ご覧になって下さい。

堀寿伸 写真展『大阪夜景』
後援: 創元社 /
協力: 水都大阪コンソーシアム
日時: 2017616()629() 10:0019:00 最終日14:00まで
会場: 富士フイルム大阪サービスステーション コミュニティギャラリー(心斎橋のルイ・ビトンが入っているビルです)
住所: 大阪市中央区南船場3-12-12 心斎橋プラザビル本館9F
入場無料



[ 2017/05/23 00:21 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(1)