朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地に超高層タワーマンション計画?積水ハウスなど5社が跡地を取得

th_IMG_0646_20170117225807136.jpg



ABCセンター跡(朝日放送跡・ホテルプラザ跡)の動向に大きな動きがありました!建設ニュースが伝える所によると、積水ハウスなど5社は、大阪・福島の朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地のうち、約1haを2016年12月に取得、超高層マンションを建設するもよう、との事です。

【出典元】
→建設ニュース>
積水ハウスなど5社が朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地の1㌶を取得、超高層マンションを計画 

















project_pers.jpg



ABCセンター跡(朝日放送跡・ホテルプラザ跡)については、ホロニクスグループの医療法人「医誠会」が、医誠会国際病院、医療モール、i-Mall Wellness、 IMWプロジェクトから成る、最先端のメディカルコンプレックス施設を計画。

広さ14,252m2の敷地に、高さ74.3m、14階搭屋の医療棟(仮称:医誠会国際病院)と、高さ125.5m、28階搭屋の事業棟(Wellness Tower)(フィットネス・ホテル・シニアホーム・ 漢方健食プラザ・薬膳レストラン・各種レストラン・健康カフェ・エステサロン・ヘアーサロン・他) となっており、2015年春季の竣工を目指していました。

その後、この計画が具体化する事は無く、ABCセンター跡(朝日放送跡・ホテルプラザ跡)の再開発について動きがありませんでした。





th_IMG_0641_20170117225809c90.jpg

※2017年1月現在の現地の様子


そんな中、積水ハウスなど5社が、跡地の約1ヘクタールを取得した事で事態は一変しました。人気の福島区、しかも再開発が期待される梅北2期エリアにも程近い纏まった土地なのでタワーマンションには持ってこいの場所です。約1ヘクタールの敷地面積からも大規模な再開発計画が期待できそうです。









th_IMG_0846_20170117225809e9b.jpg


ついに動きだしたABCセンター跡(朝日放送跡・ホテルプラザ跡)の再開発計画。超高層ビルファンとしては、複数棟のタワーを期待したい所ですが、一体どんな計画になるのでしょうか。期待は膨らむばかりです!

[ 2017/01/18 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

すぴら氏が立ち上げた新サークル「夜行部」が1月15日開催の「こみっくトレジャー29」に出展!「夜ビル -Buillmination- Vol.1 OSAKA」などの頒布決定!

 oshinagaki.png


【お知らせ】
高層ビルを愛でる会のメンバーのすぴら氏が立ち上げた新サークル「夜行部」今週末の115日(日)にインテックス大阪で開催されるこみっくトレジャー29に「夜行部」として参加され、

「夜ビル -Buillmination- Vol.1 OSAKA」頒布(はんぷ)されます!

当日は今回も大阪atNightの管理人、Toshiさんが参加されます。私は今回の頒布書籍には携わっていませんが、当日は午後から販売応援に駆けつける予定です!










yorubiru1_01.jpg


「夜ビル -Buillmination- Vol.1 OSAKA」では、大阪のライトアップされたビルを18本紹介。ランドマークとしてのこだわりや個性が現れるライトアップに注目するというのは面白い視点ではないでしょうか。














yorubiru1_03.jpg  

また、Toshiさんが担当されたサブコンテンツ「失われたライトアップ」は必見でしょう。かつては綺羅びやかなライトアップがされていたビル達の勇姿が再び今ここに。OAPタワーのライトアップ、めっちゃかっこよかったなぁ・・・








kousou_gahou3_01.jpg 

また、「超高層ビルを愛でる会」が発行する「高層画報 Vol.3を中心に既存の書籍も同時に頒布されます。こみっくトレジャー29は、2017年1月15日(日)11:00〜15:00にインテックス大阪にて開催されます。お時間のある方は是非遊びに来てください!


[ 2017/01/12 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(3)

大阪ステーションシティ・イルミネーション「Twilight Fantasy~時空と光の贈り物~」が時空(とき)の広場で開催中!

th_IMG_1280_20170104001002d52.jpg


大阪ステーションシティの時空(とき)の広場では、今年もイルミネーションイベント「Twilight Fantasy~時空と光の贈り物~」が開催されています。今年のイルミネーションのコンセプトは「時空(とき)と光の贈り物」。時空の広場全体が贈り物になっているかのような空間を体感してもらうとしています。

イルミネーションはドーム屋根を活用した「3連の天井装飾」を実施し、そこへモチーフとして「赤いリボン」が飾り付けられています。また、ゴールドのイルミネーションで広場を彩ることで、華やかで気品と温かみのある空間を創出します。











th_IMG_1320_201701040010018cb.jpg

1 期間
1)実施期間
 平成28112日(水曜日)から平成29214日(火曜日)までの105日間

2)点灯時間
 17時から23時まで
 注釈 当日の状況により開始時刻が変更になる場合があります。
 注釈 初日(112日)の点灯時間は1830分ごろを予定しています。

2 場所
大阪駅・大阪ステーションシティ5階「時空(とき)の広場」

3 内容・体感ストーリー
時空の広場に上がるとかわいらしい「スノーマン」がお客様をお出迎えします。そこに、ドーム屋根からつり下げた圧倒的な存在感の「夜空のリボンヴェール」、床面にはゴールドの輝きを放つ「光のストリート」、リボンのかわいらしさが印象的な「光のギフトポール」がお客様を広場の奥へと導きます。奥へ進むとリボンやハートの形をしたギフトボックスを飾り、思わず写真を撮影したくなる仕掛けをご用意するとともに、華やかで気品と温かみのある空間でお客様を包み込みます。












th_IMG_1326.jpg


現地の様子です。時空の広場のイルミネーション会場では多くの人が記念撮影を行っていました。










th_IMG_1317_201701040009590d1.jpg


写真では表現しにくいですが、実物はもう少し見応えのあるイルミイベントとなっています。











th_IMG_1322_2017010400095737b.jpg


ポイント、ポイントに居るスノーマンがいい味だしていました。











th_IMG_1288_20170104001015dda.jpg


最後はスノーマンのアップです。










[ 2017/01/10 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

大阪駅前に今年もスケートリンクが出現中!ウメダ アイスリンク 氷deつるんつるん

th_IMG_1215_20170103234006d01.jpg

今年も大阪駅前の梅北広場にスケートリンクが出現しています。今年で3年目を迎える「ウメダ★アイスリンク」はホンモノの氷のリンクとなっており、さらにバージョンアップして登場しました!


【公式HP】
ウメダ アイスリンク 氷deつるんつるん











th_IMG_1219_201701032340044cc.jpg

◆開催日程
2016年11月26日(土)~2017年2月18日(土)
※1月1日(日・祝)休業

◆会場
グランフロント大阪 うめきた広場

◆営業時間
[スタート]
平日12:00/土日祝・12/23~1/9は11:00 ※12/17のみ13:00オープン
[クローズ]
20:30 ※最終入場は20:00

◆滑走料
大人1500円
大学生1300円
高校生1200円
中・小学生以下1000円(貸靴料・消費税込)
大人ペア券(11/25まで各プレイガイドにて販売)2700円












th_IMG_1242_201701032340026f2.jpg


ウメダ アイスリンク 氷deつるんつるん、の様子です。大阪駅の真ん前にスケーターが滑走する光景は何度見ても凄いです。














th_IMG_1222_2017010323400236f.jpg


今年はスケートリンクの真ん前に牛のオブジェが設置されていました。













th_IMG_1230_20170103234000404.jpg


ホルスタインのオブジェ。













th_IMG_1226_20170103234026369.jpg


グランフロント大阪とウメダ アイスリンク 氷deつるんつるん の様子です。












th_IMG_1246_20170103234027ab3.jpg


うめきた広場は、「ミルクランド北海道→大阪(MILKLAND HOKKAIDO → OSAKA)」も同時開催されています。「ミルクランド北海道」とは北海道産の牛乳PRのために始まった運動のことで、道民が一丸となって北海道酪農を盛り上げる合言葉です。会場では「乳牛の等身大模型を使った搾乳体験」「北海道のチーズ工房・乳業メーカーから集めた関西では手に入りにくいレア商品の販売」、さらに「北海道産の牛乳・乳製品をたっぷり使用したオリジナルメニューが頂けるカフェ」など「学ぶ・買う・食べる」が楽しめるイベントとなっています。開催期間は12/17(土)~1/15(日)となっています。












th_IMG_1249_20170103234028044.jpg


ミルクランド北海道の建物の上にはマスコットキャラクターが。














th_IMG_1232_20170103234029e4d.jpg


ウメダ アイスリンク 氷deつるんつるん。特に夜の光景は幻想的で素晴らしいです。冬の大阪の風物詩として、これからも定着して欲しいと思いました。
[ 2017/01/09 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

稼働を始めた「阪急梅田エントランスビジョン」は超好立地で注目度満点!

th_IMG_1343_20170102000822337.jpg


阪急電鉄は、JR大阪駅方面からHEPファイブ・HEPナビオ方面を結ぶ「東西コンコース」の入口にあたる梅田阪急ビルの1階西側外壁に、阪急デジタルサイネージ「阪急梅田エントランスビジョン」を新設し、12月5日(月)から放映を開始しました。
「阪急梅田エントランスビジョン」が設置された場所は、JR大阪駅から梅田阪急百貨店方面に向かう大阪でも一二を争う歩行交通量の多い場所で、このサイネージモニタの効果は絶大だと思われます。












th_IMG_1341_20170102000821e8f.jpg



この屋外型ビジョンは、「大阪駅前地区デジタルサイネージガイドライン」に基づく新たな取組で、良好な都市景観の形成に配慮しつつ、一般広告のほか、ニュース・天気予報などの公共情報に加え、「梅田スノーマンフェスティバル2016」など梅田地区において取り組んでいるエリアマネジメント活動の情報も配信する予定となっています。












th_IMG_1351.jpg



阪急デジタルサイネージ 「阪急梅田エントランスビジョン」の概要

■名称:阪急デジタルサイネージ「阪急梅田エントランスビジョン」
■設置場所:梅田阪急ビル1階西側外壁(阪急百貨店うめだ本店前)
■ディスプレイ概要
〔項目〕  〔仕様〕
設備仕様  高輝度フルカラーLEDディスプレイ
画面サイズ 全面表示:横6.7m×縦1.9m(約275インチ/比率32:9)
画面解像度 横1,120 × 縦320 ピクセル
音響装置  無し
表示可能コンテンツ 動画・静止画
設置数   1基

■放映時間:6時00分~24時00分(18時間放映)
■放映開始日時:2016年12月5日(月)6時00分~
■運営管理:株式会社阪急アドエージェンシー













th_IMG_1353_201701020008190a7.jpg

「阪急梅田エントランスビジョン」ではニュースや天気予報なども放映されます。画面は屋外用に適した、
高輝度フルカラーLEDディスプレイが採用されており、画面解像度は横1,120 × 縦320 ピクセルとなっています。
















th_IMG_0460_20170104144616255.jpg


「阪急梅田エントランスビジョン」がどのメーカーのLEDユニットを採用しているかは解りませんが、シャープVF-S601を例に上げると、LEDユニットの1ユニットは31.5(4:3)(対角 80.0cm)104×78ドット。輝度は5,000cd/m2!で防塵・防水性能はIEC規格でIP65に準拠しています。
 LEDディスプレイは液晶モニタ等に比べると解像度は相当低いですが、輝度が5000Cd程度と圧倒的に高く、描画速度もメチャクチャ速いので屋外ディスプレイには最適な製品となります。また、縁が無い32インチ程度のユニットを組み合わせる事で、意図するサイズのサイネージモニタを作成する事が容易です。














th_IMG_1357_2017010200081798b.jpg


「阪急梅田エントランスビジョン」と横断歩道を行き交う人々の様子です。
















th_IMG_1365_2017010200083398f.jpg


「阪急梅田エントランスビジョン」は英語でのニュース配信、天気予報なども行っています。
















th_IMG_1368.jpg


「阪急梅田エントランスビジョン」を上から見た様子です。什器の厚みはこんな感じです。





















th_IMG_0466_201701041446140ae.jpg




日中でも輝度が高いのでメチャクチャ見やすいです。視野角も広い。

















th_IMG_1371.jpg


夜はさらに効果的です。放映が始まった「阪急梅田エントランスビジョン」。そのバツグンのロケーションを活かして効果的な広告宣伝が行われる事でしょう。


















th_IMG_0479_2017010414461226b.jpg


また、有力企業で構成された<阪急電鉄と阪神電気鉄道株式会社、株式会社第一ビルディング、西日本旅客鉄道株式会社、吉本ビルディング株式会社>「大阪駅前地区デジタルサイネージガイドライン運営委員会」が、
「大阪駅前地区デジタルサイネージガイドライン」を策定し、大阪駅前地区における賑わいの形成やまちの魅力向上を目的に、デザイン性の高いデジタルサイネージの設置及び運用に関する必要な措置を定めた地域ルールを決める事で、サイネージモニターが無秩序に乱立する事を防いでいくれると思います。


[ 2017/01/05 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

2017年・新年明けましておめでとうございます!

th_IMG_0082_20170102231809c61.jpg



新年明けましておめでとうございます!


昨年は、当ブログを応援して頂いて、本当にありがとうございましたm(__)m
今年も頑張って更新を続けてゆきますので、宜しくお願いいたします。




2017年1回目の写真は、
大阪ステーションシティをバックにした、環状線の新型両323系の組み合わせです。




大阪駅のドーム屋根を出発した銀色に輝く最新鋭車両。その下を行き交う多くの人々。2017年の大阪を象徴する1枚だと思います。新年を飾るに相応しい1枚を撮る為に現時点での323系の運行ダイヤを下調べし、天気予報を確認、光線の具合も計算に入れ、撮影時間を2017年1月2日9時17分頃に決定。事前に現地入りし、別の電車で何回かテスト撮影を行いベストアングルを探り撮影する事がでました。













th_IMG_0399_201701022359114f1.jpg

グランフロント大阪をバックに快走する最新鋭323系



昨年末、12月は毎年の事ですが仕事が多忙を極めた事、途中酷い風邪を引いた事、疲労困憊した為、取材に行ける週末に体が動かなかったり、体調がマシでも天気が悪かったりと、悪条件が重なり更新が滞りがちになってしまいました。そんな中、予約してあった石垣島への家族旅行や青の交響曲に乗車するなど、体調を無視してアベコベな事をした気もします。

最近はブログ記事のパターンが定型化し、良い意味でも悪い意味でも安定期に入った状態だなぁ、と感じています。今年はもっと自分自身がブログ活動を楽しんで、その楽しさが読者の皆様に伝わる様な、そんなブログにして行ければと思いながら年始の記事を書きました。

「言霊」という言葉があります。口にした事、書いた事が現実になる不思議な力の意味です。取材や更新を楽しんで、それが読者の方に伝わって読み手にもワクワクしてもらいたい。
そんな願いを込めてこの記事を書きました。今年は読者の方から頂いた情報を中心に、僕が実際に取材して、見た事、体験した事を読者の方にフィードバックし、ワクワク感を共有する様なブログにして行きたいです。


それでは、今年も宜しくお願いいたします。

2017年1月2日 @ロング

[ 2017/01/02 23:45 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(2)

2016年12月31日大晦日

 th_IMG_0790_20161231210336427.jpg
※2016年大晦日の中之島西部地区の高層ビル群


今日は2016年12月31日、大晦日。今年最後の日となりました。
















th_IMG_0804_20161231210338e85.jpg


早いもので今日は大晦日、今年ももうすぐ終わりですね。
今年も沢山の読者の方から応援を頂いたお陰で、このブログを続ける事が出来ました。


本当にありがとうございました <(_ _)>

















th_IMG_0829_20161231210339411.jpg


今年最後の記事を書くにあたり大晦日の中之島付近を撮影してきました。つい2時間ほど前の様子です。さすがにオフィス街なので明かりはついていませんが、昨年よりも成長した大阪のスカイラインに頼もしさを覚えました。

今年は、個人的には実家の近くに家を買い、念願の両親との「近居」が実現出来た事が最大のイベントでした。
また仕事は多忙を極め、特に12月は体調を崩した事もあり取材・更新がが滞りがちになってしまいました。来年は公私にさらにペースアップして、今年よりもガンガン取材・更新を行って行きたいと思います。


年明けは元日からボチボチ更新して行きたいと思います。

それでは皆様、良いお年をお迎えください

2016年12月31日 @ロング




[ 2016/12/31 21:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(10)

大阪環状線×Reebok 新型車両323系デビューを記念して限定コラボが実現!アトリウム広場には323系をイメージした巨大スニーカーのオブジェが展示されていました

th_IMG_1199_20161230112144217.jpg


JR西日本グループでは、大阪環状線のお客様満足度向上とイメージ刷新を図るため『大阪環状線改造プロジェクト』と題し、さまざまな施策を展開しています。12月24日から営業運転を開始した新型車両323系は「安全で明るく、広く静かで快適」な車両を目指し開発を進められ、外観には『大阪環状線改造プロジェクト』のロゴマークや長年親しまれてきた大阪環状線伝統のオレンジ色を配色するなど、随所にきめ細かなデザインが施されてます。


新型車両323系デビューという大阪環状線にとっての特別な大きな節目にあたり、より多くの人々に新型車両投入のワクワクを楽しく迎えようと「大阪の新しい足」キャンペーンを開催中。 12月29日(木)まで、大阪ステーションシティ ノースゲートビルティング2階「アトリウム広場」にて、「大阪の新しい足」となる新型車両323系の象徴として「巨大オブジェ」が展示されていました。










th_IMG_1203_201612301121429ff.jpg

このオブジェのモチーフとなっているのは、大阪環状線の駅に登場する新型車両323系を模した巨大な機械の足。その足には323系のイメージにあわせてカラーリングされたYourReebokのスニーカー「Furylite(フューリーライト)」。「Furylite」は、リーボック クラシックの最もアイコニックなモデル「インスタポンプフューリー」にインスパイアされ、そのDNAを受け継いだモデルです。その先進機能で毎日の「大阪の足」を支える新型車両323系のコンセプトと、「Furylite」の機能的かつ先鋭的なデザインがマッチして大阪環状線とのコラボレーションが実現しました。










th_IMG_1208_20161230112141257.jpg


「Furylite」を履く足とポスタービジュアルのデザインは、雑誌、広告からアニメーションまで幅広いシーンで活躍し、現在放映中の
「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」でもメカニックデザインを担当しているクリエーター:形部一平氏によるものです。









th_IMG_1206_2016123011214031d.jpg



ノースゲートビルディングのアトリウム広場のど真ん中に登場した巨大なスニーカーのオブジェはメチャクチャ目立っていました。











th_IMG_1271_20161230112138819.jpg


両サイドにある2面のサイネージモニタでは先日ご紹介した、大阪環状線 ✕ ReebokのコラボPVが流れていました。






















th_IMG_1193_20161230112152692.jpg


「巨大オブジェ」の展示は2016年12月29日で終了しましたが、新型車両323系のデビューを記念して、プレゼントキャンペーンが開催中です。キャンペーンサイトに設置された応募フォームより、新型車両323系に関わる簡単なクイズに答え、必要事項を入力して応募した人の中から抽選で323名に、大阪環状線とYourReebokとのコラボレーションモデルとなる『YourReebok[Furylite]323系オリジナルカラーモデル』がプレゼントされます。応募期間は、2017年1月4日(水)23:59まで。応募時に足のサイズも選べます(笑)






[ 2016/12/31 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

大阪環状線新型車両「323系」本日デビュー!!

th_P_20161225_080307.jpg



以前から投入が予告されてきた、大阪環状線の新型車両「323系」が2016年12月24日、ついにデビューします!




















JR西日本のこの気合の入ったPVからも力の入れようが伝わってきます!当日は、京橋駅を16時9分に発車する大阪環状線内回り普通列車から営業運転を開始。すでに323系は、第六編成(LS06)まで近畿車輛を出場しており、環状線を走る103系も終焉が近そうです。

323系は大阪環状線のイメージを根底から変えるほどのインパクトを利用客に与える事になりそうです。できるだけ早く乗車レポートをお届けできれば、と思っていますので、ご期待下さい!


【関連記事】
JR西日本225系5100番台がついに営業運転を開始!阪和線に残る103系/205系を置き換える新型の登場で同線に新時代が到来(外観編)
JR西日本225系5100番台がついに営業運転を開始!阪和線に残る103系/205系を置き換える新型の登場で同線に新時代が到来(車内編)
大阪環状線の新型車両「323系」がついに完成!2016年6月24日にお披露目式典・報道公開を実施
225系100番台が近車に出現!増備車の前面デザインは227系等に準じたデザインに変更!
出場直前!ついに姿を現した広島向けの新型車両227系の様子
JR西日本が2017年度までに阪和線に新車122両を導入すると発表!
JR西日本ー321系電車
JR西日本ー207系リニューアル車(体質改善車)
JR西日本ー201系リニューアル車
JR西日本ー225系電車
JR西日本ー221系リニューアル車 

[ 2016/12/24 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

北陸新幹線延伸ルートは「小浜―京都案」に決定!

th_001_201612152154053ce.jpg


【出典元】→http://www.yomiuri.co.jp/economy/20161207-OYT1T50122.html 



北陸新幹線の未着工区間である敦賀~大阪間のルート選定を巡り、与党の検討委員会は2016年12月14日、JR西日本が主張してきた「小浜京都ルート」が適切との中間報告を纏めました。小浜~京都ルートの概要は、距離140km、建設費2兆700億円、工期15年、所要時間43分(敦賀~新大阪間)、敦賀~新大阪の料金は5380円(予想)となります。また、京都-新大阪間は判断を先送りし、山間部を通る「北回り」か京都府南部を経由する「南回り」にするかを年度内に決める方針との事です。


【過去記事】
「えちぜん鉄道」が期間限定で北陸新幹線高架を走行中!仮設駅に切り替えられた「えちぜん鉄道」福井駅の状況 
北陸新幹線の大阪延伸に向け、JR西日本が小浜駅と京都駅を通る独自案「小浜・京都ルート」を提案!
富山駅付近連続立体交差事業ーついに開業した北陸新幹線富山駅!
北陸新幹線-金沢駅 15.09(開業後)












th_IMG_0375_2016121522101936e.jpg



北陸新幹線は現在、2022年度の開業を目指し福井〜敦賀間で工事が行われていますが、大阪に至るルートは米原ルート、湖西ルート、小浜ルート、舞鶴ルートと複数のルートが提唱され決まっていませんでした。この宙ぶらりんな状態に非常に危機感を持っていましたが、JR西日本が打ち出した、小浜〜京都〜新大阪ルートにようやく決まりました。
















th_IMG_1248_20161215221017506.jpg


北陸新幹線の敦賀〜新大阪間については、現在のサンダーバードが全国の在来線特急の中でも最大級の輸送量となっており、収益的に見ても、すぐにでも新幹線を建設すべき状態にあります。





【出典元】
東洋経済オンライン>西日本で新たに新幹線が走るのはここだ!

並行する北陸線系統を行く特急列車の本数、総連結両数は敦賀-福井間が78本、606両、福井-金沢間が86本、648本と、両区間とも輸送力はほぼ限界といってよいほどの数値を示した。この区間への北陸新幹線の建設に異論はない。

沿線の自治体などでは北陸新幹線の敦賀-大阪市間の早期着工を訴える。並行する北陸線系統の大阪-敦賀間の特急列車はというと、本数は46本、総連結両数は414両と敦賀-福井-金沢間と比べれば少ないものの、依然として高い数値を示す。北陸新幹線が京阪神圏と福井・石川・富山の各県との間を結ぶことで生じる利便性を考えれば、着工も妥当と思われる。















th_IMG_0393_20161215221021139.jpg



ついに延伸ルートが固まった北陸新幹線の敦賀〜京都間。京都〜新大阪間はまだ結論が先送りされていますが、京都までのルートが決まった事は大変大きな前進だと思います。米原ルートは建設距離、費用面で有利でしたが、東海道新幹線の高密度ダイヤに北陸新幹線が割り込む余地はなく、さらにJR西日本のドル箱である北陸特急の収益がJR東海に移転してしまう事になり、JR西日本としては「無し」の選択だったのでしょう。また、京阪神大都市圏の一大ターミナルである京都をスルーする事も考えられないので、JR西日本は「敦賀〜小浜〜京都ルート」という独自案を出し、結果的にその案に落ち着きました。あとは、新大阪までのルート決定と、ルート詳細、建設期間などの続報が待たれる所です。
[ 2016/12/15 22:36 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(31)