梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」の迂回路への移設が完了!

th_IMG_3390_20171203222840474.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事の進展に伴い梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」の迂回路への移設工事。若干工事が遅れ気味でしたが、2017年11月18日(土)25:00頃に迂回路に移設され切り替えが完了しました!


【過去記事】
2017年11月18日(土)25:00頃に梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」が迂回路に移設!
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.09

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.08
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.06
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.01
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.07
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.02
JR北梅田駅(仮称)の建設工事がついに動き出す!JR東海道線支線地下化・新駅設置工事が年内に始まる見通し













th_001_20170918221413090.jpg

【出典元】
JR東海道線支線地下化・新駅設置事業 1工区 工事概要説明資料http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou2.pdf
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou5.pdf



迂回路のルートはこんな感じです。冷静に考えると梅北2期エリアに道路が通るのは初めてではないでしょうか。











th_IMG_3398.jpg


現地の様子です。梅北2期エリア内にグイッと引き込まれる様に迂回路が開通しました!今回の移設はJR東海道線支線地下化・新駅設置事業の工事が進んだ事によるもので、迂回路は梅北新駅の上に設置されたメトロデッキの上を通っています。











th_IMG_3393.jpg


道路が北側に移設されたので、阪神高速の梅田ランプ出入口も若干北側に移設されています。












th_IMG_3395.jpg


迂回路の西端付近の様子です。












th_IMG_3408.jpg


続いては迂回路を大阪駅側から福島方面に向けて歩いてみます。












th_IMG_3410_20171203223141733.jpg



梅北2期エリアの南端ですが、エリア内を歩いている!と思うと感慨深いものがありました。












th_IMG_3411.jpg


阪神高速梅田ランプ付近の殴打歩道の様子です。












th_IMG_3414.jpg


旧道は閉鎖されています。












th_IMG_3483_20171203223137b36.jpg


最後は明治安田生命 大阪梅田ビルから見た、迂回路の様子です。











th_IMG_3823_20171203223136a68.jpg


無事移設が完了した、「九条梅田線」。都市伝説化している「うめきた2期の開発計画」ですが、この様に大きな変化があると、いよいよ計画の具体化が近づいてきたな、といった感じがしてきました。「うめきた2期予定地」では、現在2018年度の暫定利用者を募集していますが、暫定利用は来年度が最後となり、2019年度から開発事業が本格化する予定です。








[ 2017/12/04 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(4)

大阪ステーションシティ駐車場の増築が決定、既存建物に6階分を上乗せし高層階はオフィスに!

th_IMG_0371_2017111623014641d.jpg

大阪ステーションシティ駐車場の増築が決定しました。既存建物に6階分を上乗せし高層階はオフィスになります。稼働中の立体駐車場を上に建て増しするケースは非常に珍しいです。大阪ステーションシティ駐車台は、ノースゲートビルディングの開業とともに、駅から西側に数百メートル離れた位置に建設された立体駐車場で収容台数, 600台です。ノースゲートビルディングから距離がある為、旧11番ホーム跡などを専用道路に仕立て、シャトルバスが運行されています。











th_IMG_2064.jpg


【スペック】
名称:(仮称)大阪駅新北ビル別棟駐車場
所在地大阪市北区大深町19-10の一部、梅田三丁目141-1の一部
階数:地上13階
高さ:44.785m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途:自動車車庫(駐車場)、事務所
総戸数:-----
敷地面積:7,121.21㎡
建築面積:(計画部分)2.55㎡、(既存部分)2,910.37㎡、(合計)2,910.37㎡
延床面積:(計画部分)15,790.79㎡、(既存部分)19,710.26㎡、(合計)35,501.05㎡
建築主大阪ターミナルビル、JR西日本
設計者ジェイアール西日本コンサルタンツ
施工者未定
着工:2018年04月(予定)
竣工2019年07月(予定)











th_IMG_2065.jpg

建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。今回の増築計画は、既存建物に6階分を上に建て増しする計画で、(既存部分)19,710.26㎡、に(計画部分)15,790.79㎡を加え、合計で35,501.05㎡の規模になります。










th_IMG_0056-001.jpg


現在の大阪ステーションシティ駐車場の様子です。











th_IMG_1003_20171116230151d76.jpg

高層階の様子です。完成当初から、この工事途中の様な外観が不思議でなりませんでしたが、まさが上に増築する計画があったとは!本当に驚きです。建築計画のお知らせに掲載されている竣工時期は、梅田3丁目計画(大阪中央郵便局跡の再開発)が始動する時期とタイミングが概ね合致するので、解体撤去されるアクティ西ビル(大阪ステーションシティ西梅田駐車場)分約250台の駐車スペースを確保しする意味もあると思います。











th_IMG_7010.jpg


かなり前の写真ですが、梅田スカイビルから見た、大阪ステーションシティ駐車場の様子です。










th_IMG_2067_201711162301552b1.jpg


増築計画が明らかになった大阪ステーションシティ駐車場。目の前を通る道路「九条梅田線」が迂回路に移設されますが、この立体駐車場の取り付け部分がどうなるかも気になります。推測ですが、梅田三丁目計画とも絡んでいるとなると、中央郵便局跡もいよいよ都市伝説から現実化するのでは、と期待が膨らみます。逆に伝説から神話へ、霧と消えないで欲しいです。





[ 2017/11/17 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(4)

2017年11月18日(土)25:00頃に梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」が迂回路に移設!

th_001_20170918221413090.jpg

【出典元】
JR東海道線支線地下化・新駅設置事業 1工区 工事概要説明資料http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou2.pdf
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou5.pdf



JR東海道線支線地下化・新駅設置工事の進展に伴い梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」が迂回路に移設されます。若干工事が遅れ気味でしたが、2017年11月18日(土)25:00頃に迂回路に移設される事が決まりました!


【過去記事】
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.09
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.08
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.06
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.01
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.07
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.02
JR北梅田駅(仮称)の建設工事がついに動き出す!JR東海道線支線地下化・新駅設置工事が年内に始まる見通し












th_IMG_2070_20171112111505ba2.jpg


現地に掲示されていた告知板です。
























th_IMG_2051-001.jpg


現地の様子です。迂回路の舗装及びセンターラインなどが出来上がっていました。


















th_IMG_2050.jpg


阪神高速・梅田ランプの出入口付近の様子です。この辺りが迂回路の西側の起点になります。















th_IMG_2054.jpg


迂回路はほとんど出来上がっている様に見えました。










th_IMG_2060_2017111211145966d.jpg


反対側、グランフロント方面の様子です。迂回路は西側で急カーブして、現在の道路と合流します。よくみると、オープンカット工法で建設中の北梅田新駅の工事部分が白色になっていますね。

















th_IMG_2069_2017111211184732c.jpg


東側の合流地点を地上から見た様子です。

















th_IMG_2052.jpg


北梅田新駅の工事が進み迂回路に道路が移設される段階になった事は本当に感慨深です。上の写真を見ると、JRの地下新線と迂回路が「X」字の形でリボンの様に絡み合っている様に見えます。














th_IMG_2059_20171112111850fad.jpg

最後は定番のアングルですが、大阪ステーションシティと周辺部の様子です。






[ 2017/11/12 11:35 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(7)

うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 15.04

th_P1170398.jpg


うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。現在は同駅跡地の再開発に向け、旧貨物駅の解体撤去工事がおこなわれています。



【過去記事】
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.12
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.08
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.06
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.03
うめきた2期区域開発に関する民間提案募集における優秀提案が決定!
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01
















th_P1170399.jpg


前回の撮影が2014年12月だったので約4ヶ月振りの取材です。前回と比べると旧建物の撤去工事がさらに進みほとんど更地になっていました。














th_P1170405.jpg


ここに貨物ヤードがあった事が信じられないほど、だだっ広い空き地が広がっています。















th_P1170401.jpg


梅田スカイビル付近の様子です。















th_P1170411.jpg


最後はグランフロント大阪北館のテラス広場と梅北2期地区を絡めたアングルです。





[ 2015/04/19 09:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(5)

うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.12

th_IMG_2057.jpg


うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。現在は同駅跡地の再開発に向け、旧貨物駅の解体撤去工事がおこなわれています。



【過去記事】
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.08
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.06
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.03
うめきた2期区域開発に関する民間提案募集における優秀提案が決定!
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01











th_IMG_2060.jpg


前回の撮影が2014年8月だったので約4ヶ月振りの取材です。前回と比べると旧建物の地下構造物の撤去がさらに進み、全域がほぼ更地となりました。













th_IMG_2070.jpg

撮影日の前日が雨だったので、所々に大きな水たまりが出来ていました。















th_積水ハウス2


こちらは、うめきた2期区域開発に関する民間提案募集に対する積水ハウスの提案です。敷地の南北に超高層ビルを1棟づつ、合計2棟の超高層ビルを、中心部には公園とコンベンション施設を提案しています。うめきた2期区域開発に関する民間提案の提案内容などから梅北2期地区は、完全な緑地ではなく、以下の様な方向性が有力視されています。

1・中心部は緑化(低層の構造物)し大阪駅から見た広がり感を演出している
2・敷地南北に高層ビル3〜4棟を建設
3・2期エリア外縁部の再開発を誘発させ梅田を北西側に拡大させる






th_IMG_1977.jpg


大阪府・市や国、関西の経済団体などでつくる「大阪駅周辺地域部会」第6回会合が、昨年末の12月18日に開かれましたが、その会合で、大阪府・市が 9月に提出した大阪駅北側の再開発地区「うめきた2期」の敷地面積(約16.2ha)の半分にあたる約8haを「みどり (緑化)」とするまちづくり方針案について、国や関西経済界も合意したそうです。大阪府・市は26日から約1カ月間、パブリックコメント(意見公募)を行い、平成26年度中に2期のまちづくり方針が最終決定されます。 














th_IMG_1975_20150109000916ee1.jpg







うめきた2期開発の実現に向けた、まちづくりの基本方針が、いよいよ決定されます。その後は、決定された方針に従って、実際の開発に向けた現実的なプランが浮上して来ることになりそうです。世界的に有名になった梅田スカイビルを大阪駅から見通す為に、開発エリア中心部を緑化もしくは低層の構造物の上を立体的に緑化し、敷地の南北に高層ビル数棟が開発されるイメージが浮かんできました。




[ 2015/01/09 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(7)

うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.08

 entry_img_2676.jpg

うめきた二期地区として再開発が予定されている
「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。現在は同駅跡地の再開発に向け、旧貨物駅の解体撤去工事がおこなわれています。



【過去記事】
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.06
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.03
うめきた2期区域開発に関する民間提案募集における優秀提案が決定!
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01











th_IMG_3231.jpg


前回の撮影が2014年6月だったので約2ヶ月振りの取材です。前回と比べると旧建物の地下構造物の撤去が進み、全域がほぼ更地となりました。















th_積水ハウス2


こちらは、うめきた2期区域開発に関する民間提案募集に対する積水ハウスの提案です。敷地の南北に超高層ビルを1棟づつ、合計2棟の超高層ビルを、中心部には公園とコンベンション施設を提案しています。うめきた2期区域開発に関する民間提案の提案内容などから梅北2期地区は、完全な緑地ではなく、以下の様な方向性が有力視されています。

1・中心部は緑化(低層の構造物)し大阪駅から見た広がり感を演出している
2・敷地南北に高層ビル3〜4棟を建設
3・2期エリア外縁部の再開発を誘発させ梅田を北西側に拡大させる











th_IMG_3243.jpg



敷地南西部の様子です。









th_IMG_3234.jpg


敷地中央部の様子です。











th_IMG_3237_201408272147496cb.jpg


敷地北側の様子です。










th_IMG_3226.jpg


最後は引き気味で、うめきた2期地区全体の様子です。




[ 2014/09/05 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(15)

うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.06

th_IMG_9056.jpg


うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。現在は同駅跡地の再開発に向け、旧貨物駅の解体撤去工事がおこなわれています。



【過去記事】
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.03
うめきた2期区域開発に関する民間提案募集における優秀提案が決定!
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01











th_IMG_9058.jpg


前回の撮影が2014年3月だったので約3ヶ月振りの取材です。前回と比べると地面を覆っていたアスファルトやコンクリート性床板の撤去がさらに進み、広大な更地の全貌が明らかになってきました。









th_IMG_9064.jpg


梅北2期地区の南西エリアの様子です。










th_IMG_9067.jpg


梅北2期地区の北エリアの様子です。所々が青色になっていまずが、おそらく土埃の飛散を防止する為の草(芝)の種を吹き付けているのだと思います。











 th_IMG_9069.jpg


撮影ポイントを変えて、グランフロント大阪タワーB近くの屋上庭園から見た、梅北2期エリアの様子です。











th_IMG_9072_201406121602489a6.jpg


梅北2期エリア南側の様子です。この辺りにあった建物の基礎などの地中障害物除去工事も終盤戦ですね。









th_IMG_9076.jpg


梅田スカイビル付近の様子です。青緑色の地面がちょっと不気味。しばらくすると足の長い芝が生え、この青緑色は自然消滅します。












th_IMG_9080.jpg


最後は引き気味で、梅北2期地区とグランフロント大阪との対比です。




[ 2014/06/17 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(2)

うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.03

 th_IMG_0819.jpg



うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。現在は同駅跡地の再開発に向け、旧貨物駅の解体撤去工事がおこなわれています。



【過去記事】
うめきた2期区域開発に関する民間提案募集における優秀提案が決定!
うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01












th_IMG_0804.jpg


前回の撮影が2014年1月だったので約2ヶ月振りの取材です。前回と比べると地面を覆っていたアスファルトやコンクリート性床板の撤去が進んでおり、地面がむき出しになっている箇所が増えました。














th_IMG_0818.jpg


梅北2期地区の南西エリアの様子です。












th_IMG_0811.jpg


梅北2期の中央部付近の様子です。










th_IMG_0814.jpg


梅北2期地区の北部の様子です。












th_IMG_0823.jpg


梅北2期地区の西端をゆく「特急はるか」の様子です。将来的には線路が地下化され、ノースゲートビルディングの北西側に新駅が設けられる予定です。













th_IMG_0802.jpg



最後は引き気味で、梅北2期地区全体の様子です。貨物駅撤去後の広大更地を見ていると、大きな可能性を実感する事が出来ました。ここには間違い無く凄い街が出来ると思います。





[ 2014/04/16 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(4)

うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」解体工事 14.01

IMG_4223_20140205220106cd8.jpg



うめきた二期地区として再開発が予定されている「JR貨物梅田駅」の解体工事の状況です。JR梅田貨物駅は2013年3月16日に行われたダイヤ改正で、関西本線・百済貨物ターミナル駅と東海道本線・吹田貨物ターミナル駅に機能が移転され、同年3月31日をもって廃止されました。












IMG_4225_201402052201100db.jpg



現地の様子です。梅田貨物駅のシンボルだった「かまぼこ型」の大きな上屋や、大阪スカイプラザテニスクラブなどがあった建物はすっかり姿を消していました。











IMG_4218_201402052201176eb.jpg



貨物列車を受け入れていた、おびただしい数の線路も無くなり、広大な空き地が出現しました。












IMG_4221.jpg



梅田スカイビル付近の様子です。こうやって貨物ヤードが無くなった光景を目の当たりにすると、長らく陸の孤島状態が続く梅田スカイビルと大阪駅周辺がつながる日も遠くない気がしてきました。













IMG_4237_20140205220108219.jpg


撮影ポイントをかえて、西梅田にある「明治安田生命 大阪梅田ビル」から見た「JR貨物梅田駅」解体工事の様子です。こうやって更地になった北ヤードを見ると、本当に広大な敷地である事が分かります。














IMG_4234_20140205220119491.jpg


解体工事が進むJR貨物梅田駅(北ヤード)。更地に近づいた現地を見ていると、否応なしに再開発後の光景がどうなるのか?妄想が膨らむばかりです。そして、この更地を見たデベロッパーの方も再開発に対する現実感が一気に高まるのではないでしょうか?


大阪市では現在、うめきた2期区域開発に関する民間提案を募集しており、2014年3月下旬に優秀提案者が発表される予定です。このコンペにより、うめきた2期の開発の規模や方向性がある程度見えて来ると思います。



【大阪市HP】
うめきた2期区域開発に関する民間提案を募集します





[ 2014/02/07 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(21)

グランフロント大阪開業特集-PART5(庭園)

IMG_9998.jpg

グランフロント大阪開業特集第五段、今回はグランフロント大阪の各所に設けられた庭園をご紹介します。グランフロント大阪には、大阪駅直結の都心一等地にありながら、都会の喧騒を忘れて、ゆっくりとした時間が過ごせるように、北館北側の地上レベルには約4,000m2の庭園「ザ ・ガーデン」南館・北館9階の屋上に合計10,000m2を超える屋上庭園「テラスガーデン」、が整備されました。














IMG_1003.jpg

こちらは、北館北側の地上レベルには約4,000m2の庭園「ザ ・ガーデン」の様子です。インターコンチネンタルホテル大阪の前庭としての機能を合わせ持っています。












IMG_0997.jpg

水都大阪をイメージさせる様に、広大な面積の人工池が作られました。植栽された木々も大ぶりで緑が濃く、ちょとした森の様に見えます。












IMG_1000.jpg


ザ・ガーデン越しに見た、JR西日本本社ビルです。従来は貨物ヤードに隣接した倉庫街の様な場末な雰囲気でしたが、グランフロント大阪が開業した事で、いきなり一等地になった様に見えますね(笑)














IMG_1011.jpg


「ザ ・ガーデン」は、結構な高低差があり、オーナーズタワー側には滝の様な場所がありました。












IMG_0101.jpg


続いてご紹介するのは、南館の9階にもうけられた、「南館テラスガーデン」の様子です。











IMG_0104_20130430231000.jpg

ノースゲートビルディングから見た、「南館テラスガーデン」の様子です。












IMG_1052.jpg


現地の様子です。以外に狭い感じです。










IMG_1053_20130430231004.jpg

南館テラスガーデンからはノースゲートビルディングのアトリウム広場が良く見えます。身を乗り出して撮影してい人も・・。
















IMG_1045_20130430231000.jpg

南館ガーデンテラスから見た、アトリウム空間の様子です。













IMG_1075.jpg

続いては、北館ガーデンテラスをご紹介します。ここは、ナレッジ・プラザを覆うガラス屋根と同じ8階の様子です。北館ガーデンテラスには、ここから階段でアクセス出来ます。












IMG_1107_20130430231153.jpg

北館ガーデンテラスに続く階段の様子です。














IMG_1102.jpg


北館ガーデンテラスの様子です。南館ガーデンテラスに比べると、芝生主体の北館ガーデンテラスは、かなり広々した印象です。















IMG_1105_20130430231146.jpg


北館ガーデンテラスから見た、タワーCとオーナーズタワーの様子です。













IMG_1084.jpg

北館ガーデンテラスの西側には展望スペースがあります。














IMG_1089_20130430231142.jpg


最後は、展望スペースから見た、西梅田の高層ビル群と、風景を楽しむ人々の様子です。
役割を終えガランとした貨物ヤードと、このグランフロント大阪を見ていると、梅北の2期に対する期待が膨らんで来ました・・・!





[ 2013/05/01 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(5)