大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)15.05

th_P1190051.jpg



京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地北側には大阪ガスの新しい情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアムがオープンしました。














th_P1190062.jpg



【スペック】
名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)














th_P1190070.jpg


今年1月にグランドオープンしたハグミュージアムですが、イオンモール側とを結ぶ歩行者デッキの建設が残っていました。













th_P1190072.jpg


久々に現地を訪れてみると歩行者デッキが開通し、京セラドーム大阪周辺の歩行者導線の回遊性が高まっていました。












th_P1190060.jpg


地下鉄・阪神駅 ⇒ 地上 ⇒ 既存のエスカレーターで2階 ⇒ そのまま歩行者デッキを使ってハグミュージアムまで繋がる導線が出来ました。













th_P1190067.jpg


今回開通した歩行者デッキの様子えす。舗装はアスファルト舗装で簡素なものでした。













th_P1190074.jpg


歩行者デッキから見た京セラドーム大阪の様子です。













th_P1190085.jpg


ハグミュージアムの2階エントランスホールの様子です。注目は、こちらの巨大な立方体型デジタルサイネージ「ハグビジョン」。6面中天井を除く5面がディスプレイになっており、今までに無い感覚の映像を見ることが出来ました。













th_P1190076.jpg


ガスの炎をイメージしたと思われる映像の様子です。














th_P1190079.jpg


色が徐々に変化して行きます。













th_P1190098.jpg



こちらは3階から見た様子です。ハグビジョンをよく見ると、外側の立方体のさらに内側にもう一つの立方体型ビジョンがあり、内・外合わせた新感覚の映像表現が可能となっています。



















youtubeにハグビジョンの映像をアップしました。立方体型サイネージは未来感覚にあふれています。



















文字や映像を自由自在に映し出す事が出来ます。以前の取材時にハグビジョンのセットアップの様子を見ることが出来ましたが、その時はコマンドプロンプト画面が標示されていました。サイネージコントローラーや映像ソースはどこのメーカーの物を使ってどこが作成しているでしょうか・・・?
















th_P1190041.jpg


ハグミュージアムがオープンした大阪ドームシティ。京セラドーム大阪周辺にあった広大な空き地は、イオンモールやホームセンターといった結構現実的な施設で埋まりましたが、以前に比べると格段に賑やかになりました。

[ 2015/05/06 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(1)

大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)は2015年1月30日にオープン!記念イベントには上戸彩さんも来場!

th_IMG_3082.jpg


京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地北側には大阪ガスが建設を進める情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアムの建設が進んでいます。













th_IMG_3085.jpg



【スペック】

名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)













th_IMG_3091.jpg


前回の撮影から約3ヶ月ぶりの取材です。外観は前回の取材時で、ほぼ完成状態となっていましたが、今回取材してみると足元周りの作り込みが終わり外装工事は終わっていました。












th_IMG_3094.jpg


ドーム側から見た様子です。前回の記事でも書きましたが、SF的な外観の為、非常に存在感があります。













th_IMG_3089.jpg


hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)とイオンモール大阪ドームティとの間には2階レベルで歩行者デッキが設けられます。前回の取材時と比べるとデッキの工事が進んでいる様に見えました。












th_IMG_3100.jpg



正面入口付近の公開敷地の様子です。「大阪ガス発祥の地」と刻まれた石碑が鎮座していました。












th_IMG_3103.jpg


石碑の隣にはこんなレトロなデザインのガス灯も設置されました。













th_IMG_3121_20150128233228a2d.jpg


撮影ポイントを変えて、引き気味のアングルで見た、hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)の様子です。












th_IMG_3124.jpg


最後は、さらに引き気味で近年開発が進んだ、京セラドーム大阪周辺の様子です。長らく追跡取材を行ってきた「ハグミュージアム」ですが、今週末の130日にグランドオープンします。ハグミュージアムのオープンを記念して、130日(金)から21日(日)の3日間、オープニングイベントを開催され、1/30は上戸彩さん、1/31は水野真紀さん、2/1はロザンさんなどのトークショーが行われるそうです。

[ 2015/01/29 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(0)

解体工事が進む交通科学博物館で新幹線0系を発見!

th_IMG_8072.jpg


交通科学博物館は、大阪市港区波除3丁目のJR弁天町駅高架下にあった、交通・科学に関する博物館です。大阪環状線全通記念事業として1962年(昭和37年)121日に開館しました。開館以来52年の月日を重ねてきた交通科学博物館ですが、JR西日本が2016年春をめどに、京都市下京区にある梅小路蒸気機関車館を拡張する形で新たな鉄道博物館「京都鉄道博物館」を建設する事になり201446日に交通科学博物館は閉館しました。


【関連記事】
JR西日本、国内最大規模の鉄道博物館「京都鉄道博物館」を着工!


※きんどーちゃんさんから情報を頂きました。ありがとうございました!








th_IMG_8077.jpg



現地の様子です。展示物の撤去及び施設の解体工事が進んでいます。
※全て敷地外からハイアングルで撮影しました












th_IMG_8084.jpg



北東側から見た、交通科学博物館の様子です。












th_IMG_8127.jpg



北西側から見た様子です。屋外展示のDF50、DD13と高架線を行く221系リニューアル車の並びです。












th_IMG_8128_201410261356377dc.jpg


西側の様子です。













th_IMG_8135_20141026135639ee1.jpg


そして、発見したのが・・・。
新幹線0系!建物の解体が進み、屋外に出ていました!













th_IMG_8132.jpg


まさか、弁天町駅で新幹線に出会うことになるとは・・・。













th_IMG_8142.jpg


外回りホームのエスカレーターを上がった所の小窓から見た様子です。駅と高速道路に挟まれた場所にひっそりと佇む0系がなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。













th_IMG_8140.jpg



解体工事が進む交通科学博物館。同館の展示物は京都鉄道博物館に移設されるので、この0系も近々搬出されるのではないでしょうか。また、交通科学博物館跡地の利用計画も気になる所です。大阪環状線改造プロジェクトに伴い商業施設を含む新ビルが建設されると思いますが、どんなビルが建設されるのでしょうか。

交通科学博物館は僕にとって特に思い入れのある場所でした。小学校1年の時に遠足で行って、その、あまりの楽しさに翌週の週末に奈良の最寄り駅から小遣いで切符を買って一人で行って、帰りの駅で叔母さんに見つかり「一人で弁天町に行ってきた」事がバレこっぴどく叱られた事を思い出しました。その後、中学生、高校生、社会人になっても、数年に1度は遊びに来ていました。

思い入れのある場所が無くなった事は、なんとも寂しい限りですが、京都に開館する新博物館がその役割を引き継いでくれる事でしょう。そんな事を考えていると、急に自分の子供も京都の鉄道博物館を見せて上げたくなりました。
















[ 2014/10/27 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(1)

大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)14.10

th_P1140852.jpg

※今回の写真は全てコンパクトデジカメLX3で撮影したものです

京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地北側には大阪ガスが建設を進める情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアムの建設が進んでいます。














th_P1140856.jpg


【スペック】

名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)














th_P1140862.jpg


前回の撮影から約1ヶ月ぶりの取材です。今回現地を訪れてみると、建物を覆っていた養成ネットの大部分が取り払われ、ビルの外観が姿を表していました!













th_P1140864.jpg


ドーム側から見た様子です。なんだかガンダム的というか、SF的と言うか、とにかくメチャクチャカッコイイビルです!















th_P1140867.jpg


hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)とイオンモール大阪ドームティとの間には2階レベルで歩行者デッキが設けられます。














th_P1140868.jpg



歩行者デッキの取り付け部分の様子です。













th_P1140873.jpg


東側壁面の様子です。














th_P1140876.jpg


京セラドーム大阪の周辺は、イオンモールやhu+gMUSEUM(ハグミュージアム)などが立地した事で、一気に街っぽくなってきました。












[ 2014/10/10 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(0)

大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)14.08

th_IMG_2741_201408241100122eb.jpg



京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地北側には大阪ガスが建設を進める情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアムの建設が進んでいます。














th_IMG_2713.jpg



【スペック】
名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)








th_IMG_2721.jpg



前回の撮影から約1ヶ月ぶりの取材です。今回現地を訪れてみると、建物を覆っていた養成ネットの大部分が取り払われ、ビルの外観が姿を表していました!










th_IMG_2734.jpg

おお〜〜!!こりゃカッコイイ!なんだかSFチックなデザインですがチャラチャラしていない、ドーム球場近くの施設としてふさわしい特徴的な外観に仕上がったと思います。










th_IMG_2732.jpg

hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)のロゴも取り付けられました。











th_IMG_2739.jpg

最後は、引き気味で近年開発が進んだ、京セラドーム大阪周辺の様子です。




[ 2014/08/25 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(0)

大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)14.07

th_IMG_1727.jpg


京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地北側には大阪ガスが建設を進める情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアムの建設が進んでいます。












th_IMG_1732_201408062331475a1.jpg



【スペック】

名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)














th_IMG_1735.jpg


前回の撮影が2014年4月頃だったので約3ヶ月振りの取材です。久々に現地を訪れてみるとビル本体は最後部まで到達しており、さらに2階レベルに設けられる歩行者デッキの建設が進んでいました。











th_IMG_1749.jpg


ドーム側から見た、ハグミュージアムの様子です。デッキの様子が良くわかります。














th_IMG_1746.jpg



ビルのドーム側の壁面が姿を表していおり、完成後の姿を垣間見る事が出来ました!中々スタイリッシュなビルになりそうですね。
















th_IMG_1742.jpg



今回の取材でショックだったのが、京セラドーム大阪に続くプロムナードに植えられていた木々が伐採されていた事です。相当立派に育っていたのに、どうしていとも簡単に切ってしまうのでしょうか・・・。木を切るのは簡単ですが、立派に育つまでは15年〜20年もの歳月がかかります。















th_IMG_1722.jpg


最後は、引き気味で近年開発が進んだ、京セラドーム大阪周辺の様子です。
[ 2014/08/07 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(0)

大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)14.04

 th_IMG_2641.jpg



京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地北側には大阪ガスが建設を進める情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアムの建設が進んでいます。












th_IMG_2628.jpg



【スペック】

名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)













th_IMG_2632.jpg


現地の様子です。養生シートに覆われていますが、建物の躯体は大体組み上がっている様です。











th_IMG_2621.jpg


北東側から見た、hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)の様子です。














th_IMG_2655.jpg



引き気味で、隣接するスーパービバホームと絡めたアングルです。











th_IMG_2661.jpg



さらに引き気味でイオンモール大阪ドームシティも入れたアングルです。京セラドーム大阪の周辺も、だんだんと賑やかになってきました。

[ 2014/05/07 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(0)

大阪ガスの情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)13.10

IMG_9864.jpg


京セラドーム大阪の周辺では、大阪ガスの所有地(約4.1万平米)に対して再開発が行われています。北地区約2.8万平米にはイオンの都市型ショッピングモール「イオンモール大阪ドームシティがオープンし、続いて南地区約1.3万平米の再開発が進んでいます。南敷地は、南北2カ所に分けて開発が行われ、南敷地北側には大阪ガスが建設を進める情報発信拠点hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)が建設中です。南敷地南側では一足早く(仮称)スーパービバホーム京セラドーム大阪店新築工事がオープンしました。

岩崎地区における天然ガスコージェネレーションと再生可能エネルギーを活用したスマートエネルギーネットワークの構築および新情報発信拠点「hu+gMUSEUM」(ハグミュージアム)の着工について
【引用元】→大阪ガスプレスリリース


岩崎地区は大阪ガス発祥の地であり、これからも人(human)とガス(gas)が出会う場であり続けたいという思いを込め、名称を『hu+gMUSEUM』とします。
 「hu+gMUSEUM」は、環境性の高さなどから、最近期待が高まっている天然ガスの基本知識や将来性、当社の省エネルギー、安心安全に関する取り組みについて体感映像などで情報発信を行います。
 また、燃料電池と太陽光発電を組み合わせた「ダブル発電」がもたらす省エネルギーで快適な暮らしを提案するスマートハウスを展示します。加えて、家庭用 ガス機器の便利で快適な機能・効用を体感いただけるさまざまな暮らしのシーンを展示します。新築やリフォームを検討するお客さまには、住宅関連企業とも連 携することにより、充実した住まいとエネルギーに関する最新情報を発信します。
 さらに、食のオピニオンリーダー・関連企業とともに料理講習会やセミナーの開催、次世代への食育を実施し、ガス火調理のおいしさや楽しさなど食の情報を発信します。
 業務用ガス厨房機器の展示についても、お客さまのご要望に応じて機器を組み合わせ、実際に調理を体験していただける場を提供します。













002_20131209212053539.jpg 

【出典元】→安井建築設計事務所

【スペック】
名称:hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)
所在地:大阪市西区千代崎3丁目14-1他6筆
階数:地上5
高さ:34.23m
構造:S造
杭・基礎 :ーーー
主用途:展示場
総戸数:ーーー
敷地面積:3,866.85m2
建築面積:2,965.55m2
延床面積:10,377.74m2
建築主:大阪ガス、アーバネックス、オージースポーツ
設計者:安井建築設計事務所
施工者:竹中工務店
着工:2012年11月初旬
竣工:2014年02月下旬(予定)













IMG_9871_20131209211413e41.jpg


現地の様子です。既に地上に躯体が姿を現し始めていました。












IMG_9861_20131209211415f9b.jpg



京セラドーム大阪側の様子です。hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)とドーム側とはペデストリアンデッキで接続されます。













001_20131209212051924.jpg 

【出典元】→安井建築設計事務所


hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)を設計した、
安井建築設計事務所さんのHPからお借りした完成イメージパースです。はそれほど大きくはありませんが、デザイン性に富んだ印象深いビルになりそうなので楽しみです。













IMG_9853.jpg



最後は、 hu+gMUSEUM(ハグミュージアム)の建設現場と周辺の様子です。
[ 2013/12/10 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(2)

イオンモール大阪ドームシティ 13.08

IMG_5591_20130910234109326.jpg




イオンモール大阪ドームシティは、大阪ドーム(現・京セラドーム大阪)の開業に併せて建設され、2007年に閉鎖されたアミューズメント施設「Padou」の跡地に、大手スーパーのイオンを核としたショッピングモールを建設する再・再開発計画です。イオンモール大阪ドームシティは、建物の耐震性や津波対策を強化し、非常時でもエネルギーを確保できるようガスコージェネレーションを導入するなど、災害に強いショッピングモールを目指した防災対応型の次世代店舗「スマートイオン」の第一号店です。2013年5月31日に開業しました。


【公式HP】
イオン大阪ドームシティ店


【過去記事】
イオンモール大阪ドームシティ 13.03
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 12.12
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 12.09
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 12.04
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 11.12
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 10.12
→(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター

■追跡取材リスト 







IMG_5595.jpg

【スペック】
名称:イオンモール大阪ドームシティ
階数:地上5階、地下1階
高さ:30.429m
敷地面積:28,218.53m2
建築面積:17,041.43m2
延床面積:75,923.02m2
主要用途:物販、飲食、駐車場
着工:2011年12月1日
竣工:2013年3月31日 ※開店は2013年5月31日












IMG_5620.jpg


施設がオープンしてからだいぶ時間が経ちましたが、今回の取材でようやく撮影する事が出来ました。それでは建物周辺の様子を見て行きましょう。まずはエントランス付近の様子です。イオンモールのメインエントランスは阪神なんば線の入り口付近も設けられました。さらに、地上レベルから2階レベルに向けたエスカレーターが上下方向に新設されており(写真奥)ドームに向かう客が自然とイオンモールの2階に設けられた歩行者デッキに流れる様になっています。












IMG_5626.jpg


イオンモールの2階からドームの2階デッキを見た様子です。若干の高低差がありますが、ご覧の通り自然な感じで接続されています。












IMG_5636.jpg


ドーム側からイオンモールを見た様子です。行きも帰りも自然とモールの前を通る様な方向者動線が造られています。











IMG_5639.jpg


こちらはドーム(写真左)とイオンモール(写真右)の間の様子です。











IMG_5586.jpg



最後は、阪神なんば線ドーム前駅の改札口付近の様子です。改札口を出た所にイオンモールの地下入り口が出来ておりビックリしました!イオンがドーム客を取り込む仕掛けをしっかりつ作りこんでいる事に、本当に関心しました。。流石イオンといった所ですね。

[ 2013/09/11 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(0)

イオン大阪ドームシティ店 13.03

IMG_9142.jpg


イオン大阪ドームシティ店は、京セラドーム大阪の隣接地に大手スーパーのイオンを核としたショッピングセンターを建設する再開発計画です。前回までは(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター の名称げご紹介してきましたが、既に同店のオフィシャルページが開設されており、正式名称は「イオン大阪ドームシティ店」決まった様です。


【公式HP】
イオン大阪ドームシティ店


【過去記事】
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 12.12
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 12.09
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 12.04
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 11.12
(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター 10.12
→(仮称)イオン大阪ドームショッピンクセンター

■追跡取材リスト











IMG_9161_20130314110910.jpg

京セラドーム大阪側から見た、イオン大阪ドームシティ店の様子です。前回の撮影から約3ヶ月振りの取材でしたが、前回まで建物を覆っていた防護ネットが取り払われ、建物本体が姿を現していました!








IMG_9157.jpg


こちらは京セラドーム大阪とイオンの間の様子です。壁面緑化が行われていました。京セラドーム大阪とイオンの間はデッキで接続されます。両方の建物の高さが異なる為、結構な高低差があります。







IMG_9154.jpg


立体駐車場付近の様子です。この駐車場、京セラドーム大阪でイベントがある時はメチャクチャ混雑しそうですね。。









IMG_9140.jpg



【スペック】
名称:(仮称)イオン大阪ドームショッピングセンター
階数:地上5階、地下1階
高さ:30.429m
敷地面積:28,218.53m2
建築面積:17,041.43m2
延床面積:75,923.02m2
主要用途:物販、飲食、駐車場
着工:2011年12月1日
竣工:2013年3月31日(予定)※開店は2013年夏予定。






IMG_9146.jpg


防護ネットが取り払われ、ついに全貌を表したイオン大阪ドームシティ店。出来上がった建物を眺めていると、普段は地域密着型の都市型SCとして、イベント時には大量に押し寄せる観客の支援施設として上手く機能してくれる気がしてきました。イオン大阪ドームシティ店の開店は2013年夏の予定です。
[ 2013/03/19 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(3)