JR京都線の茨木駅-摂津富田駅間に設置される新駅(仮称)JR総持寺駅の状況14.12

th_001_20141223223853bc2.jpg


(仮称)JR総持寺駅は、JR京都線の茨木駅-摂津富田駅間に設置される新駅で、2018年の開業を目指し工事が行われています。新駅の場所は、摂津富田駅から約1.7km、茨木駅から約2.0kmの盛土区間で工事費は約60億円を見込んでいます。新駅は
フジテック旧本社跡地に隣接しており、大京、オリックス不動産、関電不動産の3社が新駅とセットで大規模な再開発を行います。


【出典元】
ライオンズ茨木ニューシティ








th_IMG_0123.jpg


現地の様子です。走行中の普通電車の最高部から撮影しました。(仮称)JR総持寺駅は、JR神戸線に設置された甲南山手駅やさくら夙川駅と同様の島式1面2線の形状で、駅舎は盛土の下に設けられます。新駅のホームを設置する為に、既存の線路が左右にそれぞれ移設され、複々線の真ん中に新駅の用地を捻出します。

















th_IMG_0131.jpg


写真の左右部分が増築されており、将来的にはこの箇所に線路が移設されます。








th_IMG_0135.jpg


良く見ると既に新しい線路が敷設されていますね。まずは外線がそれぞれ切り替えられ、続いてて内線が切り替えられます。










th_IMG_0147.jpg



2018年の開業を目指して工事が進むJR総持寺駅。JR発足以降、JR神戸線に対して設備投資が積極的に行われてきましたが、投資が一段落したためでしょうか?近年はJR京都線の各駅の改良、リニューアル、新駅設置などの投資が盛んになってきた気がします。



[ 2014/12/27 00:00 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(2)

立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)14.12

th_IMG_0060.jpg


立命館大学は、大阪府茨木市にあったサッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地を約190億円で取得し、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の建設を進めています。敷地内に整備される防災公園を除く新キャンパスの広さは約9.9万平米で、経営学部・研究科、政策科学部・研究科、経営管理研究化、テクノロジー・マネジメントを移転させる計画です。立命館大学のキャンパスは京都・衣笠キャンパスが広さ12.6万m2、滋賀・びわこ・くさつキャンパスが61.1万m2で、大阪茨木新キャンパス(約9.9万平米)はそれらに次ぐ規模となります。開校予定は2015年4月の開校です。

















th_IMG_0109.jpg


前回の撮影が2014年8月頃だったので、約4ヶ月振りの取材です。この4ヶ月間で工事が一気に進み、建物の外装はほとんど完成していました!














th_IMG_0117.jpg


南側のスポーツゾーンの様子です。













th_IMG_0113.jpg


北側学舎の壁面の様子です。ファザードのデザインが非常に特徴的です。













th_IMG_0111_201412172319024ed.jpg



この辺りのデザインは学校っぽい雰囲気が強いですね。













th_IMG_0094.jpg


敷地の南側の様子です。この辺りはスポーツZONEにゾーニングされており、手前の敷地はグラウンドになります。またグランドの奥は将来の拡張に備えたリザーブスペースとなっています。













th_IMG_0074.jpg


新キャンパスは大阪モノレール宇野辺駅、阪急京都線南茨木駅、JR京都線茨木駅に囲まれた立地で、どの駅からもそれなりの距離があります。茨木市は、立命館大学大阪茨木新キャンパスの開校に合わせて、JR茨木駅から歩行者専用道路を整備する予定です。












th_IMG_0087.jpg


建物外装がほぼ完成した立命館大学大阪いばらきキャンパス。これから外構工事が本格化し、来年春には緑豊かなキャンパスが完成する事になります。
[ 2014/12/19 00:00 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(3)

立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)14.08

th_IMG_3434_20140910220211aac.jpg



立命館大学は、大阪府茨木市にあったサッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地を約190億円で取得し、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の建設を進めています。敷地内に整備される防災公園を除く新キャンパスの広さは約9.9万平米で、経営学部・研究科、政策科学部・研究科、経営管理研究化、テクノロジー・マネジメントを移転させる計画です。立命館大学のキャンパスは京都・衣笠キャンパスが広さ12.6万m2、滋賀・びわこ・くさつキャンパスが61.1万m2で、大阪茨木新キャンパス(約9.9万平米)はそれらに次ぐ規模となります。開校予定は2015年4月の開校です。














th_IMG_3431_2014091022021371f.jpg


新キャンパスに建設されている学舎の様子です。学舎は敷地の北側に配置されておりJR茨木駅からのアクセスが考慮されています。また、敷地の北東側に防災公園、南側はグラウンドになります。新キャンパスは大阪モノレール宇野辺駅、阪急京都線南茨木駅、JR京都線茨木駅に囲まれた立地で、どの駅からもそれなりの距離があります。茨木市は、立命館大学大阪茨木新キャンパスの開校に合わせて、JR茨木駅から歩行者専用道路を整備する予定です。













th_IMG_3441.jpg


敷地の南側の様子です。この辺りはスポーツZONEにゾーニングされており、手前の敷地はグラウンドになります。またグランドの奥は将来の拡張に備えたリザーブスペースとなっています。
















th_IMG_3445_2014091022023164d.jpg



南側のスポーツゾーン(写真手前)の様子です。RITSUMEIKANのロゴマークが取り付けられていますね。












th_IMG_3457_20140910220228f0c.jpg


北側学舎の壁面の様子です。ファザードのデザインが非常に特徴的で目を引かれました。















th_IMG_3448.jpg


前回の撮影が2014年4月頃だったので、約4ヶ月振りの取材です。この4ヶ月間で工事が一気に進み、学舎の全貌が掴めるようになってきました。














th_IMG_3440_20140910220213d76.jpg


最後はもう一度引き気味のアングルで、学舎全体を俯瞰した様子です。






[ 2014/09/14 00:00 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(1)

立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)14.04

 
th_IMG_4118.jpg

立命館大学は、大阪府茨木市にあった
サッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地を
約190億円で取得し、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の建設を進めています。敷地内に整備される防災公園を除く新キャンパスの広さは約9.9万平米で、経営学部・研究科、政策科学部・研究科、経営管理研究化、テクノロジー・マネジメントを移転させる計画です。立命館大学のキャンパスは京都・衣笠キャンパスが広さ12.6万m2、滋賀・びわこ・くさつキャンパスが61.1万m2で、大阪茨木新キャンパス(約9.9万平米)はそれらに次ぐ規模となります。開校予定は2015年4月の開校です。



th_IMG_4156.jpg


新キャンパスに建設されている学舎の様子です。学舎は敷地の北側に配置されておりJR茨木駅からのアクセスが考慮されています。また、敷地の北東側に防災公園、南側はグラウンドになります。新キャンパスは大阪モノレール宇野辺駅、阪急京都線南茨木駅、JR京都線茨木駅に囲まれた立地で、どの駅からもそれなりの距離があります。茨木市は、立命館大学大阪茨木新キャンパスの開校に合わせて、JR茨木駅から歩行者専用道路を整備する予定です。











th_IMG_4150.jpg


北側の学舎(写真左)と南側のスポーツゾーン(写真右)の様子です。











th_IMG_4160.jpg 



北側の学舎と南側のスポーツゾーンとの間にある、連絡通路の様子です。













th_IMG_4127.jpg


学舎の壁面には竹中工務店が開発した「波形鋼板耐震壁」が取り付けられています。











th_IMG_4120.jpg



敷地の南側の様子です。この辺りはすポーツゾーンにゾーニングされており手前の敷地はグラウンドになります。また、グランドの奥は将来の拡張に備えたリザーブスペースとなっています。








th_IMG_4105.jpg



最後は中央環状線側から見た、立命館大学大阪いばらきキャンパス(OIC)の様子です。立命館大学大阪茨木新キャンパスの学生数は数千人規模になる為、周囲に与える経済的なインパクトは相当なものでしょうね。JR京都線や大阪モノレールの利用客増化にもつながりそうです。
[ 2014/04/26 00:00 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(2)

立命館大学大阪茨木新キャンパス 13.07

IMG_3300.jpg


立命館大学は、大阪府茨木市にあったサッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地を約190億円で取得し、大阪茨木新キャンパスの建設を進めています。敷地内に整備される防災公園を除く新キャンパスの広さは約9.9万平米で、経営学部・研究科、政策科学部・研究科、経営管理研究化、テクノロジー・マネジメントを移転させる計画です。立命館大学のキャンパスは京都・衣笠キャンパスが広さ12.6万m2、滋賀・びわこ・くさつキャンパスが61.1万m2で、大阪茨木新キャンパス(約9.9万平米)はそれらに次ぐ規模となります。開校予定は2015年4月の開校です。


※茨木市民さん、アイラブオオサカーさん、他にも複数の方からメールで情報を頂きました。ありがとうございました!








001_20130721100859.jpg
【出展元】→茨木市HP>茨木市都市計画審議会資料より(PDF)


茨木市役所HPからお借りした位置図です。新キャンパスは大阪モノレール宇野辺駅、阪急京都線南茨木駅、JR京都線茨木駅に囲まれた立地で、どの駅からもそれなりの距離があります。茨木市は、立命館大学大阪茨木新キャンパスの開校に合わせて、JR茨木駅から歩行者専用道路を整備する予定です。











002_20130721103616.jpg


立命館大学HPからお借りした大阪茨木新キャンパスのゾーニング図です。学舎は全体的に北よりに配置されておりJR茨木駅からのアクセスが考慮されています。また、敷地の北東側に防災公園、南側はグラウンドになります。











oic-about-perth-img01.jpg
oic-about-perth-img02.jpg

新キャンパスの完成予想パースです。手前の緑防災公園(岩倉公園)です。パースを見ると非常に立派な学舎が建設されるようで、滅茶苦茶楽しみになってきました!










こちらは、youtubeにアップされていた立命館大学大阪茨木新キャンパスの完成予想ムービーです。新キャンパスの概要が詳細に描かれており必見です。

※茨木市民さんに教えて頂きました。ありがとうございました!







IMG_3301.jpg

最後は大阪モノレールの車内からみた、立命館大学大阪茨木新キャンパスの様子です。すでに多数の三点式パイルドライバーが投入されており、本格的な建設工事が行われていました!立命館大学大阪茨木新キャンパスの学生数は数千人規模になる為、周囲に与える経済的なインパクトは相当なものでしょうね。JR京都線や大阪モノレールの利用客増化にもつながりそうです。
[ 2013/07/22 00:00 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(3)

彩都 09.11


モノレールに揺られて彩都に向かいました。阪大病院駅を過ぎて森の中を突っ切る高架軌道を滑る様に走りモノレールは走ります。そして、次の駅「豊川駅」の手前で視界が開け、丘陵地帯の懐に大規模マンション群がそそり立っているのが見えてきました。



        
豊川駅を過ぎ終点「彩都西駅」を目指します。延々と続く真新しい軌道が気持ちいい。千里ニュータウンとセットで建設された「新御堂筋」と同じ様に、モノレールの軌道にそって高規格のアクセス道路が整備されていました。




        
そしてここがモノレールの終点「彩都西駅」。




        
橋上駅舎の下にモノレール車両が止まっている姿が非常に印象的でした。




        
別の角度から駅を見てみました。駅舎だけ見ると普通の橋上駅ですが、モノレールの軌道が異彩を放っています。




        
駅の奥には引き揚げ線があります。到着した車両は乗客を全員降ろし、いったん引き上げ線に入ります。




        
引き上げ線から出来てたモノレール車両。高い所を走っているイメージが強いので、こうやって地上を走っている姿を見下ろすのは不思議な感じでした。



        
モノレールと駅を堪能した後は、駅前にそびえる丘の上に続く109段の階段を上り、彩都西駅の周辺を眺めました。まだまだ空き地ばかりで、このスーパーが唯一の商業施設の様です。




        
だだ、周辺の丘陵は大規模に整地されており、これから分譲を始める様な感じでした。こりゃ相当な規模の住宅地ですね。





       
この大規模なマンションは「ジオ彩都のぞみ丘」です。この辺りでは最大の大型マンションです。あと、モノレールと幹線道路は将来の延伸を考えてスペースが確保されていました。初めて訪れた彩都ですが、思ったよりは開発が進んでいました。特に丘陵地帯に大規模に整地された住宅分譲地に驚きました。苦戦が伝えられる彩都ですが、もう少し集積が進み商業施設や学校など生活インフラが整備されれば、住環境ば抜群の住宅地になりそうでした。


※モノレールからの車窓写真は彩都西からの帰りに撮ったので、記事の内容に合わせて時系列を逆にしてご紹介しました。



[ 2009/12/01 00:36 ] 大阪府下 茨木 | TB(0) | CM(9)