東急キャピトルタワー(ザ・キャピトルホテル東急)

th_IMG_8381.jpg

東急キャピトルタワー(ザ・キャピトルホテル東急)は、東京都千代田区永田町2丁目に建設された、地上29階、高さ120.30m、延べ床面積、87,428.28㎡の超高層ビルで、老舗ホテル「キャピトル東急ホテル」の建替え計画により誕生した、ホテル、オフィス、住宅等からなる複合ビルです。











th_IMG_8376.jpg


【スペック】
名称:東急キャピトルタワー(ザ・キャピトルホテル東急)
所在地東京都千代田区永田町2丁目10-3
階数:地上28階、塔屋3階、地下4
高さ:120.30m
構造:地上部S造、地下部SRC造、RC造
杭・基礎 直接基礎
主用途:ホテル・事務所・共同住宅・店舗
総戸数:14戸(ザ・キャピトルレジデンス東急)
敷地面積:7,938.25
建築面積:5,425.92
延床面積:87,428.28
建築主東京急行電鉄
設計者東京急行コンサルタント、観光企画設計社
デザイン監修:隈研吾建築都市設計事務所
施工者清水建設

着工:200803
竣工201007

 










th_IMG_8379.jpg


ザ・キャピトルホテル東急は、東急キャピトルタワーの5階の一部と18~29階に入居しており、総客室数は251室となっています。キャピトル東急ホテル時代から引き続いて東急ホテルズのフラッグシップを担う存在です。ちなみに、このホテルの名称の「キャピトル」は議事堂を意味しており、ホテル近くにある国会議事堂近くに位置することからこの名が付けられたそうです。











th_IMG_8385.jpg


近くで見上げた様子です。日本の伝統をイメージし、繊細な格子をモチーフとした外観となっています。












th_IMG_8236.jpg


最後は、日枝神社山門側からの全景です。東急キャピトルタワーの外装には、国内では珍しい乾式石張りのカーテンウォールが採用されています。

[ 2016/06/12 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(3)

山王パークタワー

th_IMG_8363.jpg


山王パークタワーは、東京都千代田区永田町二丁目に建設された、地上44階、高さ194.45 m、延床面積219,216 m²の超高層ビルです。かつて東京を代表するホテルのひとつであった山王ホテルの跡地に建設されました。山王パークタワーは溜池側で道路を挟んで総理大臣官邸に隣接している為、官邸・総理大臣公邸側には極力窓を設置せず、尚且つ外が見えないようにするという配慮がなされています。















th_IMG_8359.jpg



【スペック】
名称:山王パークタワー
所在地東京都千代田区永田町二丁目111
階数:地上44階、塔屋2階、地下4
高さ:194.45 m(軒高183.5m)
構造S造、一部SRC
杭・基礎
主用途:事務所、店舗、駐車場
総戸数:
敷地面積:14,981 m²
建築面積:6,075 m²
延床面積:219,216 m²
建築主三菱地所
設計者三菱地所設計
施工者清水建設、鹿島建設、大林組、東急建設JV
着工:199602
竣工200003















th_IMG_8355.jpg



真正面から見た山王パークタワーの様子です。このビルのメイン・テナントはNTTドコモで、高層階の27階〜44階全てと、8階・9階に入居しています。NTTドコモは東京都内にNTTドコモ代々木ビルやNTTドコモ品川ビルなど複数の自社ビルを所有していますが、本社機能は、2000年の本ビル開業に合わせ、虎ノ門ツインビルディングから移転してきました。











th_IMG_8349_20160606233041829.jpg



山王パークタワーの高層階は、元々はホテルとして利用することを考慮した設計となっており、
27階には『スカイロビー』と呼ばれる吹き抜けを備えた広大な空間が設けられています。現在は北側半分をNTTドコモが、本社受付ロビーとして利用しているほか、南側半分はドコモ関係者以外の一般者も利用可能な「スカイレストラン」となっています。



















th_IMG_8230.jpg 


日枝神社(写真左)と山王パークタワーの様子です。このビルは隣接する日枝神社の空中権を取得して、容積率の制限の緩和を受け建設されました。こうやって日枝神社の鳥居をビルを並べてみると、山王パークタワーの中段の反り返りにどことなく神社のテイストを感じる様な気がしました。



















th_IMG_8384.jpg


首相官邸側の様子です。この辺りは警備が厳しく、警察官だらけなので撮影するのは少し緊張しました。
















th_IMG_8365_20160606233051ce4.jpg


高層部のアップです。山王パークタワーの高層部は元々ホテルの客室基準で設計され、途中に利用計画が変更された為、若干ですが階高が低くなっています。














th_IMG_8394.jpg


最後は少し引き気味で見た、山王パークタワーの様子です。

[ 2016/06/11 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

プルデンシャルタワー

th_IMG_8225.jpg



プルデンシャルタワーは、東京都千代田区永田町2丁目にあったホテルニュージャパン跡地に建設された、地上38階建、高さ158.35m総延床面積76,634.30m²の超高層ビルです。オフィス(3~24階)、超高級レジデンス(26~38階)、店舗(タワー1・2階、別棟2階建で)構成された複合ビルで、レストランに囲われた緑の多い心地よい広場と、アルミとガラスの縦ストライプ、避難施設の縦横スリットが目を引く外観が特徴的です。















th_IMG_8219.jpg


【スペック】
名称:プルデンシャルタワー
所在地東京都千代田区永田町2丁目13-10
階数:地上38階、塔屋1階、地下3
高さ:158.35m
構造S造、一部SRC造、RC
杭・基礎  
主用途:
事務所・共同住宅・店舗
総戸数:125
敷地面積8,157m²
建築面積3,502m²
延床面積76,634m
建築主:ロックウッド・ベンチャー・ワン・エルエルシー、プルデンシャル生命保険、森ビル
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:199906
竣工:200211








th_IMG_8215_20160312104436457.jpg


プルデンシャルタワーは、外堀通り沿いに立地しており、周辺には国会議事堂をはじめとする国の中枢機能や高級ホテルが集積するほか、地下鉄5路線も集結しています。












th_IMG_8226.jpg



頂部に配された、縦横の避難通路が
プルデンシャルタワーの外観イメージを決定づけています。















th_IMG_8214_20160312104444907.jpg

プルデンシャルタワーは非常にシンプルなデザインなのですが、何故か海外の雰囲気がする超高層ビルでした。

[ 2016/03/18 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

紀尾井町ビル

th_IMG_8104.jpg


紀尾井町ビルは、東京都千代田区紀尾井町3丁目に建設された、地上26階、高さ114.9m、延床面積62,676㎡の超高層ビルです。地上1階~2階は店舗、3階~19階までがオフィス、20階~26階までが住宅で構成された複合ビルとなっています。














th_IMG_8106.jpg


【スペック】
名称:紀尾井町ビル
所在地東京都千代田区紀尾井町3丁目-12
階数:地上26階、地下4階
高さ:114.9m
構造鉄骨鉄筋コンクリート・鉄骨造
杭・基礎  
主用途:事務所、住宅、店舗
総戸数:47戸(賃貸戸数39戸)※紀尾井町ガーデンタワー
敷地面積9,391㎡
建築面積1,981㎡
延床面積62,676㎡
建築主:大京観光
設計者:三菱地所
施工者:鹿島建設
着工:
竣工:1989年11月









th_IMG_8091.jpg



近くで見上げた様子です。このビルも90年前後に流行した、ガラス窓と面一で、反射率の高いミラーガラスを多用したデザインが目を引きます。最近のビルはこういった反射率の高いガラスが使われる事は少ないですが、これは反射光が周辺の環境に及ぼす影響に配慮している為です。
















th_IMG_8116.jpg


撮影ポイントを変えて、ホテルニューオータニ ザ・メイン前から見た様子です。













th_IMG_8079.jpg


さらに撮影ポイント変えてパチリ。この角度から見ると、ビルの途中からデザインが変わっている事が良く見えたので、高層階が住宅部分である事が解りました

[ 2016/03/16 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

ホテルニューオータニ・ガーデンタワー

th_IMG_8090.jpg


ホテルニューオータニ・ガーデンタワー
は、東京都千代田区紀尾井町4丁目に建設された、地上40階、高さ:144.5mの超高層ビルです。その特徴的な外観はあまりにも有名ですね。竣工は1974年とかなり古く竣工後40年程度が経過していますが、不思議と古さを感じさせないビルです。













th_IMG_8083.jpg



【スペック】
名称:ホテルニューオータニ・ガーデンタワー
所在地東京都千代田区紀尾井町4丁目-1
階数:地上40階、塔屋3階、地下1階
高さ:144.5m
構造RC造/一部SRC
杭・基礎  
主用途:ホテル
総戸数:
敷地面積65,388㎡(施設全体)
建築面積7,400㎡
延床面積88,600㎡
建築主:ホテルニューオータニ
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:
竣工:1974年08月












th_IMG_8126.jpg



ホテルニューオータニ・ガーデンタワーは、ザ・メイン(本館)と同じくトライスター型の形状をしています。その為、見る角度によって様々な表情をみせてくれます。










th_IMG_8141.jpg



ホテルニューオータニ・ガーデンタワーを間近で見上げた様子です。










th_IMG_8168_20160312012227b6d.jpg


撮影ポイントを変えて、南側から見た様子です。













th_IMG_8173.jpg


少し歩き撮影する角度を変えるとガラリと表情が変わります。














th_IMG_8177.jpg


最後は隣接して建つ、ホテルニューオータニ・ガーデンコートとの並びです。
[ 2016/03/15 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

ホテルニューオータニ・ガーデンコート

th_IMG_8044.jpg


ホテルニューオータニ・ガーデンコートは、東京都千代田区紀尾井町4丁目のホテルニューオータニの敷地内に建設された、地上30階、134.7m、延床面積74,434㎡の超高層ビルです。ガーデンコートは、宿泊棟ではなく、ホテルニューオータニと直結したビジネスセンターで、基準階面積は高層部で448.29(1481.98m2) 低層部で432.11(1428.48m2)オフィス主体のビルです














th_IMG_8056.jpg


【スペック】
名称:ホテルニューオータニ・ガーデンコート
所在地東京都千代田区紀尾井町4丁目-1
階数:地上30階、地下3階
高さ:134.7m
構造RC造/一部SRC
杭・基礎 直接基礎(べた基礎) 
主用途:事務所・店舗
総戸数:-----
敷地面積65,388㎡(施設全体)
建築面積:-----
延床面積74,434㎡
建築主:ホテルニューオータニ
設計者:大成建設
施工者:大成建設、錢高組JV
着工:1989年02月
竣工:1991年01月








th_IMG_8071.jpg


90年代前半に流行した反射率の高いミラーガラスを多用した「インテリジェントビル」です。











th_IMG_8077_20160312003910b35.jpg


別の角度から見た、ホテルニューオータニ・ガーデンコートの様子です。












th_IMG_8183.jpg


最後は南側から見た、ホテルニューオータニ・ガーデンコートの様子です。

[ 2016/03/14 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

ホテルニューオータニ ザ・メイン(本館)

th_IMG_8041.jpg

ホテルニューオータニ(Hotel New Otaniは、東京都千代田区紀尾井町にある大型ホテルであり、日本の高層ビル時代を拓いた歴史的建築物です。計画地は古くから大名屋敷や旧伏見宮邸跡地であった約2万坪の敷地で、 大成建設の施工で196341日に着工されました。ただ着工時に設計が全て終わっていたわけではなく、設計図を書きながら建設していくという突貫工事が行われ、1964831日に竣工、翌91日に現在のザ・メインが開業しました。











th_IMG_8111.jpg


ホテルニューオータニ ザ・メイン(本館)は、地上17階、72.09m、延べ床面積84411m²、客室数1085室の大規模ホテルです。東京オリンピックを間近に控えた当時、この巨大ホテルを1960年代の技術で工期約1年半で建設するために様々な新工法が編み出されました。特にユニットバス工法や高性能カーテンウォールなどが有名です。また、当時の最高層17階建てビルディングであった為、後年に超高層ビルの基本となる柔構造理論設計が採用されるなど、現在の日本の超高層ビルの建設技術に繋がるマイルストーン的な高層ビルです。











th_IMG_8121.jpg


シンボルともいえる最上階の回転ラウンジの回転機構は、戦艦大和主砲塔の回転技術が応用されることで作られ、直径45mで東洋一と謳われ、長らくブルースカイラウンジの名で親しまれて東京タワー等と並ぶ東京の名所となりました。












th_IMG_8134.jpg


ザ・メインは高層部の外壁をほとんど作り変える大規模な改修工事が行われ、2007年10月リニューアルオープンしました。その為、現代風の透明度の高いガラス張りの外観となっています。工事は、営業を途切れさせる事無く行われ、伝統と風格のあるしリエットはそのままに美しく一新された外壁、快適性を真下客室、時代の要請に答えた環境性能が実現されました。

ザ・メインのリニューアル工事は建物の部位・目的に応じ、溶接や接着など3種類の工法が採用され、昭和38年に設計された建物を現行の耐震基準に適合させる事に成功しています。一般階には制振ブレース、低降伏鋼LY225が使用され、3ブロック126工区・252本が設置されました。また塔屋には耐震ブレース、イパン校SN490が使用され、36工区72本が設置されました。










th_IMG_8131.jpg


敷地には広大な日本庭園が広がっています。東京の都心部とは思えない静寂が、ここにはありました。











th_IMG_8138.jpg


最後は日本庭園にある大滝とホテルニューオータニ ザ・メイン(本館)をパチリ。ニューオータニは、僕の両親が新婚旅行で泊まったホテルらしいので、なんだか不思議な気持でこのホテルの取材を終えました(笑)
[ 2016/03/13 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(1)

大手町フィナンシャルシティ サウスタワー

th_IMG_6869.jpg

大手町フィナンシャルシティは、東京都千代田区大手町1丁目に建設された超高層ビルで、ノースタワーとサウスタワーの2棟で構成された大規模な複合ビルです。大手町連鎖型都市再生プロジェクトの第2次再開発事業「大手町一丁目第2地区第一種市街地再開発事業」として開発されました。今回はサウスタワーをご紹介します。









th_IMG_6866.jpg



【スペック】
名称:大手町フィナンシャルシティ サウスタワー
所在地::千代田区大手町1丁目9番地4号、5号、6号、7号 
階数:地上35階、塔屋3階、地下4階
高さ:176.86m
構造:鉄骨造、一部(鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :直接基礎
主用途: オフィス、店舗
敷地面積:14,108㎡(施設全体)
建築面積:9,393㎡(施設全体)
延床面積:132,500㎡
建築主:三菱地所
設計者:日建設計、三菱地所設計
施工者:戸田建設
着工:2010月04月
竣工:2012年10月












th_IMG_6878.jpg


サウスタワーには、メインテナントとして地権者の日本政策投資銀行が入居、低層部には、英語対応が可能な聖路加国際病院の分院「聖路加メディローカス」、高度な金融ノウハウを習得するための人材育成拠点「東京金融ビレッジ」、複数の通信事業者を利用できるデータセンターなどが備わっています。










th_IMG_6902.jpg


南西側から見た、大手町フィナンシャルシティ サウスタワーの様子です。








th_IMG_6974.jpg


最後は北西側から見た、大手町フィナンシャルシティ サウスタワーの様子です。
[ 2014/08/01 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)

朝日生命大手町ビル

th_IMG_7225.jpg


朝日生命大手町ビルは、東京都千代田区大手町2丁目に建設された、地上 29階、高さ119.65m、延べ床面積50.618.65m2、竣工1971年08月の古参の超高層ビルです。東京都下水道局施設跡の再開発である、常盤橋地区再開発計画の一環として、朝日生命保険と東海銀行(現・三菱東京UFJ銀行)と共同で建設されました。
















th_IMG_7228.jpg



【スペック】
名称:朝日生命大手町ビル
所在地:東京都千代田区大手町2-6-1
階数:地上 29階・地下 4階・塔屋 2階
高さ:119.65m
構造:鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :---
主用途:事務所
敷地面積:3,654.72m2
建築面積:2,783m2
延床面積:50.618.65m2
建築主:朝日生命保険、東海銀行
設計者:日建設計
施工者:清水建設
着工:---
竣工:1971年08月















th_IMG_6847.jpg


西側から見た、朝日生命大手町ビルの様子です。













th_IMG_7243.jpg


最後は、朝日生命大手町ビルと周辺に建ち並ぶ超高層ビル群の様子です。






[ 2014/07/31 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(2)

東京海上日動ビル本館(旧:東京海上ビルディング)

th_IMG_7663.jpg

東京海上日動ビル本館(旧:東京海上ビルディング)は、東京都千代田区丸の内1丁目の和田倉濠と新丸ビルとの間にある古参の超高層ビルです。地上25階、地下4階高さ108.1m、延床面積は63,120㎡で1974年に竣工しました。












th_IMG_7661.jpg


 【スペック】
名称:東京海上日動ビル本館
所在地:東京都千代田区丸の内一丁目2-1
階数:地上25階、塔屋2階、地下4階
高さ:108.1m
構造:---
杭・基礎 :---
主用途: 事務所
敷地面積:10,149㎡
建築面積:2,208㎡
延床面積:63,120㎡
建築主:東京海上火災
設計者:前川国男建築設計事務所、横山建築構造設計事務所、東京建築研究所
施工者:竹中工務店、大林組、鹿島建設、清水建設
着工:1970年12月
竣工:1974年03月













th_IMG_7102.jpg


和田倉濠側から見た、東京海上日動ビル本館(旧:東京海上ビルディング)の様子です。














th_IMG_7157.jpg

堀の深い赤茶色の外観が非常に印象的なビルです。








th_IMG_7670.jpg



このビルですが、昔は丸の内でも特に高いビルとして目立つ存在でしたが、周辺の爆発的な再開発に埋もれて、すっかり目立たなくなった気がします。
[ 2014/07/30 00:00 ] 東京23区 千代田区 | TB(0) | CM(0)