トルナーレ日本橋浜町トルナーレタワー

th_IMG_7973.jpg


トルナーレ日本橋浜町トルナーレタワー は、東京都中央区日本橋浜町3丁目の再開発により建設された、地上47階、156.07m61,295m²558戸の超高層タワーマンションです。従来あった8つの街区を統合して、新大橋通と清洲橋通の交差点に面した大規模な1つの街区にまとめ、マンション・オフィスビル・商店街機能などを大規模なビルとして一体的に整備し直す形で建設されました。施設名称の「トルナーレ日本橋浜町」は、再開発後の住民の再会を願って、イタリア語で「お帰りなさい」を意味する「トルナーレ」から命名されたそうです。












th_IMG_7968.jpg


【スペック】
名称:トルナーレ日本橋浜町トルナーレタワー
所在地東京都中央区日本橋浜町3-3-2
階数: 地上47階、塔屋1階、地下2
高さ:156.07m
構造S造、(一部RC造・SRC造)
杭・基礎 ---
主用途:
事務所・集合住宅・店舗
総戸数:558
敷地面積8,793.37m²
建築面積6,057.84m
延床面積6,057.84m(トルナーレタワー:61,295m²、オフィス棟:27,210m²
建築主:日本橋浜町三丁目西部地区市街地再開発組合(都市再生機構・安田不動産・五洋建設・有楽土地)
設計者:藤総合計画
施工者:大成建設・五洋建設
着工:200302
竣工:2005年08月









th_IMG_7965.jpg


タワーマンションでは珍しい、末広がりの低層部を持つ特徴的な外観をしています。















th_IMG_7975.jpg


低層部の様子です。














th_IMG_7988.jpg



先ほどの反対側から見た様子です。タワーの裏手にあたる北側は大きなくぼみが見えます。おそらく内部は巨大な吹き抜けになっていると思われます。














th_IMG_7980.jpg


最後は足元にある神社とトルナーレ日本橋浜町トルナーレタワーの様子です。

[ 2016/03/12 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

リガーレ日本橋人形町

th_IMG_7955_20160308000334133.jpg

リガーレ日本橋人形町は、東京都中央区日本橋人形町1丁目に建設された、地上39階、高さ141.30m、延床面積35,772.08㎡、総戸数335戸のタワーマンションです。東京メトロ半蔵門線の「水天宮前」駅から徒歩2分の好立地で、人形町のランドワークとしての役割を持っています。














th_IMG_7952.jpg



【スペック】
名称:リガーレ日本橋人形町
所在地東京都中央区日本橋人形町1-12-11
階数: 地上39階、塔屋1階、地下2
高さ:141.30m※最高部
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 ---
主用途:住宅、商業施設、駐車場
総戸数:335戸
敷地面積2,451.87㎡
建築面積1,434.37㎡
延床面積35,772.08㎡
建築主:日本橋人形町一丁目地区市街地再開発組合
設計者:松田平田設計
施工者:鹿島建設、みらい建設工業、佐藤工業JV
着工:200710
竣工:200711











th_IMG_7948.jpg

開発コンセプトは、江戸時代に町人文化の中心であり、昔ながらの街並みが残る人形町に新しい魅力を生み出すランドマーク。町人文化の美意識「粋」をテーマとし、モノトーンの縞模様の外観、暖簾を掲げる店舗づくり、地区内茶ノ木神社の再生等、地域に根ざしたデザインにより統一感のある街づくりを行い、地域コミュニティの場となる再開発事業が行われました。











th_IMG_7942.jpg


別の角度から見たリガーレ日本橋人形町の様子です。











th_IMG_7947_20160308000337f6f.jpg


外壁の横縞模様がどことなく和のテイストを感じさせます。













th_IMG_7960_20160308000350e2a.jpg


頂部の様子です。墨色の塔屋は特徴のある形をしています。











th_IMG_7993.jpg


最後は少し離れた場所から見た、リガーレ日本橋人形町の様子です。





[ 2016/03/08 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

清水建設京橋新本社ビル

th_IMG_7409_20140920231127ff5.jpg


清水建設京橋新本社ビルは、東京都中央区京橋2丁目に建設された、地上22階、高さ110mの超高層ビルです。環境型オフィスの創造を目指し、空調や照明などの様々な分野で、時代の先端を行く特徴ある技術を新たに開発し建設されました。清水建設の持てる技術を結集して「カーボンハーフ」、即ち建設後の運用時におけるCO2 排出量を50%以下に削減し、国内最高クラスのビジネスビルを実現することを目指しています。











th_IMG_7407_20140920231128fc7.jpg




【スペック】
名称:清水建設京橋新本社ビル
所在地:東京都中央区京橋2-16-1
階数:地上22階、塔屋1階、地下3階
高さ:110m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :直接基礎
主用途:オフィス
総戸数:---
敷地面積:2,728.11㎡
建築面積:2,169.07㎡
延床面積:51,365.24㎡
建築主:清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:2009年04月
竣工:2012年05月












th_IMG_7402.jpg


建物の外周を覆うのは、アルミキャストの中にコンクリートを打ち込んで一体化したごつい窓枠のような構造体で幅3.2m、階高が4.2m、奥行きが90㎝あります。窓の上の奥行きの部分は庇(ひさし)として機能し、日射を防ぎ、熱負荷を50%軽減しています。コンクリートには、建物の長寿命化を図るため、ひび割れに強い超高強度コンクリートを採用し、骨材の石灰石に合成繊維を混合することで耐火性も確保しているそうです。












th_IMG_7397.jpg



清水建設京橋新本社ビルは最近のビルには珍しく、ガラス張りでない地味な印象のビルでした。ただ、その地味な外観とは裏腹に、清水建設の持てる技術を惜しみなく投入した、最先端の地球環境とBCPの両面を包含した「ecoBCP」ビルとなっています。
[ 2014/09/21 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

東京スクエアガーデン

th_IMG_7394_2014092022443776e.jpg


東京スクエアガーデン、東京都中央区京橋3丁目に建設された、地上24階、高さ約124mの超高層ビルです。高さは124mありますが、延床面積が117,461m2もある幅広のビルなので、あまり高く感じないビルです。オフィステナントにブリヂストン本社が入居、低層階商業フロアにはレストランなどがあります。








th_IMG_7392.jpg


【スペック】
名称:東京スクエアガーデン
所在地:東京都中央区京橋3丁目11
階数: 地上24階、塔屋2階、地下4
高さ:124m
構造地上部鉄骨造(柱部CFT造)、地下部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 直接基礎
主用途:
オフィス、店舗、医療施設
総戸数:---
敷地面積:8,131m2
建築面積:5,628
延床面積:117,461m2
建築主:
京橋開発特定目的会社、第一生命保険、片倉工業、清水地所、 京橋三丁目特定目的会社、ジェイアンドエス保険サービス
設計者:清水・大成(仮称)京橋3-1プロジェクト設計監理共同企業体
施工者:清水・大成(仮称)京橋3-1プロジェクト新築工事共同企業体
着工:201009
竣工:2013年03月










th_IMG_7385.jpg


正面から見た、東京スクエアガーデンの様子です。外観上の大きな特徴である庇は奥行きが1.8mあり、断熱・遮熱性能を高めています。低層部には「京橋の丘」と呼ぶ階層状の緑地帯が設けられました。













th_IMG_7380.jpg


地下1階~地上3階の商業ゾーンには、日本初出店のカフェバールや日本各地の人気店など25の飲食店、物販関係は5店舗、アウトドア用品専門店、モンベルの都内最大規模の旗艦店が出店しています。








th_IMG_7376.jpg


最後は縦アングルで別の角度から見た、東京スクエアガーデンの様子です。
[ 2014/09/21 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(1)

京橋トラストタワー(コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション)

th_IMG_7361.jpg



京橋トラストタワーは、東京都中央区京橋2丁目に建設された、地上21階、高さ約108mの超高層ビルで、オフィスとホテル、店舗などで構成される複合ビルです。トラストタワーの1~4階には米ホテルチェーン、マリオット・インターナショナルの中高級ホテルコートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションが入居しています。














th_IMG_7365.jpg 





【スペック】
名称:京橋トラストタワー
所在地:東京都中央区京橋2-1-3
階数:地上21階、塔屋2階、地下3
高さ:108
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 杭基礎
主用途:事務所・ホテル・飲食店・駐車場
総戸数:---
敷地面積4,403.86m²
建築面積2,334.78
延床面積 52,470.87m²
建築主:森トラスト
設計者:安井建築設計事務所、戸田建設、建築設備設計研究所
施工者:戸田建設
着工:201111
竣工:20142









th_IMG_7367.jpg




公開緑地の様子です。外構部分の50%、約 1,400㎡を緑化し。地区の憩いの空間を形成。中央通りを除く 3 方向の歩道状空地に並木を整備し、既存の並木との調和や歩行者空間の潤いを提供できるよう計画されています。












th_IMG_7349.jpg 


中央通り沿いの様子です。周辺の建物が持つ 31mの軒線にあわせて高層部をセットバックし、低層部の壁面の位置や高さを揃え、街並みの連続性に配慮しています。 敷地南側隣地に位置する中央区指定文化財である明治屋京橋ビルなど、中央通りに点在する歴史性のある建物を尊重した格調高い外装意匠としています。 














th_IMG_7335.jpg 



中央通り側の北側から見た京橋トラストタワーの様子です。














th_IMG_7340.jpg



京橋トラストタワーの低層部1〜4階に入居するコートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションの様子です。東京駅まで徒歩で約4分、銀座にも徒歩圏内という、東京都心でも有数の好立地で客室数は150室。ラウンジ、レストラン、カフェ、ワークアウトジム、会議室などの施設で構成されます。また、客室インテリアは、francfranc(フランフラン)を展開しているバルスが手がけており、東京と世界で活躍する個性的な4人のクリエイターが住んでいるというイメージをもとに4タイプの個性的なデザインを採用しています。











th_IMG_7342.jpg 


コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーションの宿泊料金は2万円前半を想定、本日2014年4月2日にオープンします。また、森トラストは、新大阪駅北側にあるミシュラン2つ星ホテル「ホテルラフォーレ新大阪」をコーコートヤード・バイ・マリオット新大阪ステーションにリランドして2014年後半に開業させる予定です。

[ 2014/04/02 11:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

日本橋ダイヤビルディング 14.03

th_IMG_7411.jpg


日本橋ダイヤビルディングは、東京都中央区日本橋に建設されている、地上18階、高さ88.3mの高層ビルです。低層部は、東京都選定歴的建築物である「江戸橋倉庫ビル」の一部が保存されます。














th_IMG_7416.jpg


【スペック】
名称:日本橋ダイヤビルディング
所在地:東京都中央区日本橋1-19-1
階数:地上18階、塔屋1階、地下1
高さ:88.3m
構造:高層部S造、低層階SRC造・一部RC
杭・基礎 杭基礎
主用途:事務所・倉庫
総戸数:---
敷地面積2,887㎡
建築面積2,518m2
延床面積30,013m2
建築主:三井倉庫
設計者:三菱地所設計、竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2011年10月
竣工:2014年08月(予定)














th_IMG_7418.jpg


低層部の様子です。「江戸橋倉庫ビル」は1930年竣工の古参のビルで東京都選定歴的建築物に指定されている有名な近代建築物の1つです。また、国内で最初にトランクルームを開設したビルでもあります。船のブリッジを模した塔屋が特徴的なのですが、撮影時はまだ防護ネットに覆われたままでした。












th_IMG_7421.jpg


低層部のRの部分をアップで。窓の一部にはバルコニーが取り付けられています。












th_IMG_7433.jpg

反対側から見た、日本橋ダイヤビルディング の様子です。養生シートには、旧建物の外観が実物大で印刷されています。また、川に面したこちら側、かつて船から荷揚げしていた頃の名残りを見ることが出来ます。











th_IMG_7428.jpg 



最後は縦アングルで見た、日本橋ダイヤビルディング の様子です。今年8月の竣工に向けて工事はラストスパートといった感じでした。
[ 2014/03/23 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

日本橋室町東地区開発の第2弾「COREDO室町2・COREDO室町3」が本日オープン!

th_IMG_7517.jpg



三井不動産が東京都千代田区室町で進めてきた日本橋室町東地区開発計画の第2弾となる「COREDO室町2・COREDO室町3」が本日2014年3月20日(木)オープンします。写真はオープン直前のCOREDO室町3の様子です。




【出典元】
→日本橋再生計画 ~残しながら、蘇らせながら、創っていく~
(1)日本橋室町東地区開発 第2弾「COREDO室町2」「COREDO室町3」全68店舗決定、2014年3月20日(木)オープン
(2)「COREDO室町」「日本橋三井タワー」も15店舗が同日リニューアルオープン













20131105_03.jpg 

三井不動産株式会社は、官民地元と一体となって東京日本橋地域の活性化と街に新たな魅力を創造する「日本橋再生計画」を推進しています。複数の地権者と共同でオフィス、商業施設、賃貸住宅、多目的ホール等の機能を融合させた5つの街区にわたる大規模複合開発「日本橋室町東地区開発計画」が行われています。








th_IMG_7539.jpg


日本橋室町東地区開発は、三井不動産と官民が一体となって進めている東京日本橋地域の再開発計画で、2010年10月に第1弾として、オフィス、商業の複合ビル「室町東三井ビルディング(商業施設:COREDO室町)」を開業が開業、今回、第2弾となる「室町古河三井ビルディング」、「室町ちばぎん三井ビルディング」の商業施設「COREDO室町2(コレドムロマチツー)」、「COREDO室町3(コレドムロマチスリー)」が開業します。また、先に開業した「COREDO室町」と「日本橋三井タワー」の一部店舗を同日にリニューアルオープンし、COREDO3館で、年間で来訪者数1700万人、売上高110億円を目指しています。
















th_IMG_7520.jpg 



COREDO室町3が入居する、室町ちばぎん三井ビルディングの様子です。中央通り沿いの基壇部は昔からの高さ制限である100尺(約31m)に統一されており、既存ビルとの統一感が演出されています。












th_IMG_7534.jpg 


【スペック】
名称:室町ちばぎん三井ビルディング
所在地:東京都中央区日本橋室町一丁目5番5号
階数:地上17階、地下4階
高さ:80m
構造:S造、SRC造(地上)、RC造(地下)
杭・基礎 直接基礎
主用途:オフィス(8~16階)、物販店舗・飲食店(B1~4階)
総戸数:---
敷地面積1,945.77㎡
建築面積---
延床面積約29,120㎡
建築主:三島千葉銀行、わかもと製薬、総武、三越伊勢丹、木屋ビルディング、三井不動産
設計者:日本設計
施工者:清水建設、錢高組JV
着工:2012年08月
竣工:2014年01月












th_IMG_7447.jpg



COREDO室町2が入居する、室町古河三井ビルディングの様子です。高層部には超高級賃貸レジデンス「パークアクシスプレミア日本橋室町」が入居しています。気になる月額賃料は40万円〜160万円で、敷金は4ヶ月です。低層部には商業施設の他に同地区初となるシネコン「TOHOシネマズ日本橋」が入居します。












th_IMG_7542.jpg 


【スペック】
名称:室町古河三井ビルディング
所在地:東京都中央区日本橋室町二丁目3番1号
階数:地上22階、地下4階
高さ:116.05m
構造:S造、一部SRC造、RC造
杭・基礎 直接基礎
主用途:賃貸住宅(18~21階)、オフィス(7~17階)、シネコン(2~6階)、商業施設(B1~2階)
総戸数:54戸(賃貸)
敷地面積3,723.02㎡
建築面積---
延床面積約62,470㎡
建築主:三井不動産、古河機械金属、にんべん、日物、細井化学工業、他
設計者:日本設計
施工者:清水建設
着工:2011年11月
竣工:2014年01月














th_IMG_7478.jpg


ついに開業となったCOREDO室町2・COREDO室町3。仕事で数年前にこの辺りを訪れた時はコインパーキングや立ち退き途中の雑居ビルが虫食い状に点在していたので、現在のあまりの変わり様には驚きました。また、三井グループの一大拠点としてのプライドを感じさせる高品質な建築デザインは随所に和のテイストが見られ気に入りました。

[ 2014/03/20 08:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

アイマークタワー

 entry_img_2162.jpg



アイマークタワーは、東京都中央区月島一丁目に建設された、地上32階、高さ110.9m、総戸数356戸のタワーマンションです。












IMG_2430_20131228131947fe7.jpg



【スペック】
名称:アイマークタワー
所在地:東京都中央区月島1丁目8-1
階数:地上32階、地下2階
高さ:110.9m
構造:RC造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅
総戸数:356戸
敷地面積:4,161㎡
建築面積:1,966㎡
延床面積:41,673㎡
建築主:日本新都市開発
設計者:大林組
施工者:大林組
着工:---
竣工:2003年03月















IMG_2428_2013122813194983a.jpg



別の角度から見た、アイマークタワーの様子です。














IMG_2417_201312281319503c5.jpg


アイマークタワーの隣では、CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)の建設が進んでいます。













IMG_2245_20131228131951d1a.jpg



最後は佃大橋から見た、アイマークタワー周辺の様子です。佃大橋の奥に見えるタワーマンションは、アーバンドック パークシティ豊洲です。
[ 2014/02/27 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(1)

松坂屋銀座店の建替え計画、銀座六丁目10地区市街地再開発

 th_IMG_1848.jpg


銀座六丁目10地区市街地再開発は、2013年6月に営業を終了した松坂屋銀座店を解体し、新しいビルに建替える市街地再開発計画です。商業施設やオフィス、多目的ホール等で構成された、地上13階、延床面積147,856.38㎡の複合ビルが建設されます。














th_001_20140215154728f9e.jpg


東京都のHPからお借りした完成イメージパースです。建替え後は、延べ床14万平米超の巨大な複合ビルとなります。











th_IMG_1864.jpg




【スペック】
名称:銀座六丁目10地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区銀座六丁目1番1、他
階数:地上13階、地下6階
高さ:約66m
構造:S造、RC造、SRC造
杭・基礎 :直接基礎
主用途:店舗、オフィス、多目的ホール、地域冷暖房施設、駐車場
総戸数:---
敷地面積:9,077.49㎡
建築面積:8,921.03㎡
延床面積:147,856.38㎡
建築主:銀座六丁目10地区市街地再開発組合
設計者:銀座六丁目地区市街地再開発計画設計共同体
施工者:鹿島建設
着工:2014年01月
竣工:2016年08月










th_IMG_1865.jpg


銀座六丁目10地区市街地再開発では、松坂屋銀座店だけでなく、周辺にある合計17棟のビルが解体され、同地区約1.4haが一体的に再開発されます。敷地の中心にある道路は、ビルの中を貫く「貫通通路(幅員8メートル、延長約115メートル)」として施設完成後に復活する予定です。




















th_IMG_1868.jpg




現地の様子です。解体工事の真っ盛りといった感じでした。










th_IMG_1869.jpg



銀座六丁目10地区市街地再開発は、大丸・松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが進めている重点施策の1つなので、今後も注目して行きたいと思います。











【おまけ】



th_IMG_1844.jpg



休日は歩行者天国となっている中央通りの様子です。銀座のホコ天は有名ですが、今回の取材で初めて見ました。













th_IMG_1856.jpg 


そこで目についたのがこのユニクロ。大通り側のファザードに可動式のマネキンが仕込んであります!











th_IMG_1861.jpg


大量のマネキンが同じ方向にグルングルン廻ってます(笑い)こりゃインパクト抜群です!

[ 2014/02/25 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

歌舞伎座タワー(GINZA KABUKIZA)

th_IMG_1882.jpg


歌舞伎座タワー(GINZA KABUKIZA)は、東京都中央区銀座四丁目に建設された、地上29階、高さ145.50mの超高層ビルです。2010年4月に興行が終了した4代目の旧歌舞伎座跡地に建設され、唐破風(からはふ)屋根の劇場棟と高層オフィス棟で構成された複合ビルとなっています。















th_IMG_1873.jpg 



【スペック】
名称:歌舞伎座タワー(GINZA KABUKIZA)
所在地:東京都中央区銀座四丁目12番他
階数:地上29階、塔屋2階、地下4階
高さ:145.50m
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 :直接基礎
主用途:オフィス、劇場、店舗
総戸数:---
敷地面積:6,995.85㎡
建築面積:5,985.20㎡
延床面積:94,097.40㎡
建築主:歌舞伎座、KSキャピタル特定目的会社
設計者:三菱地所設計、隈研吾建築都市設計事務所
施工者:清水建設
着工:2010年10月
竣工:2013年02月










th_IMG_1879.jpg
 


歌舞伎座の背後に建つ高層タワーは、日本の伝統的美学を基調にした最先端のオフィス空間を有しており、垂直性を基本にする外装デザインは、柱を基調とする歌舞伎座の伝統を受け継ぎながら、現代のオフィス空間が必要とするシンプルで合理的な内部の無柱空間を実現します。白を基調とするデザインは歌舞伎座の漆喰壁からインスピレーションを得たもので、現代のオフィスビルに相応しい透明性と格調高さを追求しています。

















th_IMG_1889.jpg 



西側の様子です。縦方向のマリオンを強調したオーソドックスなデザインです。そういえば、この歌舞伎座タワー、ニコニコ動画の運営で有名なIT企業「ドワンゴ」の本社が入居した事で話題になりましたね。













th_IMG_1886.jpg


そして、こちらがこの施設の主役である歌舞伎座です。目の前の道路の交通量があまりに多く、いくら待っても車が途切れる事がなく、いいカットが取れませんでした。
















th_IMG_8168.jpg



そして、こちらは夜の歌舞伎座の様子です。昼間も良いですが、ライトアップされた歌舞伎座はメチャいい感じです。

















th_IMG_8175.jpg 


エントラス付近の様子です。本物感がビシビシ伝わってきます。お金かかってるなぁ・・・。
















th_IMG_8179.jpg


最後は別の角度から見た、歌舞伎座のエントラス付近の様子です。これは素直に凄いと思いました。

[ 2014/02/24 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(1)