スターバックスコーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店が開店!奈良・鴻ノ池のスタバはインスタ映えする店舗でオシャレだった!(外観編)

th_IMG_4740.jpg


スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店は、奈良市の「鴻ノ池運動公園」内に、オープンした奈良県内最大の店舗面積(91席)となるスタバの新店舗です。2017年12月15日にオープンしました。店舗デザインのコンセプトは「つなぐカフェ」。人と人、人と文化(コーヒーやスポーツ)、人と自然など、それぞれをつなぐ地域のコミュニティの場となる店舗を目指しています。近畿エリアでの公園内店舗は、神戸メリケンパーク、大阪城公園に次ぎ3店舗目となります。















スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店

・住所:奈良市法連佐保山4丁目1703-1
TEL.0742-25-2610
・営業時間:
8:0022:00
・定休日:不定休
・店内面積:99.5坪(328.95㎡)
・席数:91 席(店内67 テラス24 席)
・駐車台数:約500台(鴻ノ池運動公園駐車場含む)







th_IMG_4711_2017121516080592f.jpg


現地の様子です。鴻ノ池のほとりに建つ洒落た店舗は中々の好立地。景観的にはかなりイケている店舗と言えそうです。









th_IMG_4707.jpg


店舗は木を多用した作りになっています。世界一美しい!?との前評判もありますが、それは流石にないです(笑)。手前の斜面は芝生が育成中ですが、斜面がキツくここで寛ぐにはかなり無理があります。でも奈良にもこんなに洒落たスタバが出来た事は喜ばしい!








th_IMG_4705_201712151608039f8.jpg


このスタバは、周りの自然と一体感を持てるようにデザインされており、建物には木をふんだんに使い、天井まで届くガラス窓、大きくせり出した屋根が特徴となっています。たしかに周辺の木々に自然にとけこんだ感じに見えますね。










th_IMG_4738_20171215160801b10.jpg


奈良・鴻ノ池のスタバにはテラス席が24席あります。












th_IMG_4687.jpg



テラス席の様子です。ウッドデッキが美しい。天気が良い本当に気持ちいいです。













th_IMG_4685.jpg


テラスに設けられたウッドチェアのセットです。









th_IMG_4693_20171215160819394.jpg


テラス席から見た鴻ノ池はこんな感じです。水面までは結構距離があります。


















th_IMG_4709.jpg



池の外周に整備された遊歩道から見た様子です。























th_IMG_4690.jpg


奈良・鴻ノ池のスタバの店舗周辺には、リードフックが数箇所設けられていました。近所の方が散歩がてら休憩するシチュエーションを考えていると思われます。














th_IMG_4737-001.jpg




早速ワンちゃんが休憩していました。












th_IMG_4691.jpg


ウッドデッキのテラス席です。日当たりの良いテラス席は、本当に居心地が良いです。












th_IMG_4697.jpg


鴻ノ池の反対側には駐車場と店舗入口があります。
















th_IMG_4744.jpg



駐車場側の店舗壁面の様子です。店舗外観は何処から見ても、ひたすらオシャレです。
















th_IMG_4730.jpg


店舗前駐車場入り口の様子です。鴻ノ池のスタバですが、店舗前の駐車場以外にも公園内の駐車台数も利用可能なので、店舗前が満車の時は少し離れた別の駐車場に止める事も出来ます。だた夜間はどうかは解りませんが・・・。












th_IMG_4703.jpg


ついにオープンした、スターバックスコーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店。まずは近所の人々がが興味深々で店舗に訪れられていました。近くには奈良女子大学もあるので学生も多かったです。世界一美しいスタバではありませんが、日本で10番目ぐらいに美しいスタバにはなれるかもしれません(笑)。それぐらいの期待度で来店すれば満足度は高いです。

→店内編に続く(to be continued・・)





[ 2017/12/16 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

スターバックスコーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店が開店!奈良・鴻ノ池のスタバはインスタ映えする店舗でオシャレだった!(店内編)

th_IMG_4652_20171215170721715.jpg



スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店は、奈良市の「鴻ノ池運動公園」内に、オープンした奈良県内最大の店舗面積(91席)となるスタバの新店舗です。2017年12月15日にオープンしました。店舗デザインのコンセプトは「つなぐカフェ」。人と人、人と文化(コーヒーやスポーツ)、人と自然など、それぞれをつなぐ地域のコミュニティの場となる店舗を目指しています。近畿エリアでの公園内店舗は、神戸メリケンパーク、大阪城公園に次ぎ3店舗目となります。















スターバックス コーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店

・住所:奈良市法連佐保山4丁目1703-1
TEL.0742-25-2610
・営業時間:
8:0022:00
・定休日:不定休
・店内面積:99.5坪(328.95㎡)
・席数:91 席(店内67  テラス24 席)
・駐車台数:約500台(鴻ノ池運動公園駐車場含む)















th_IMG_4698_20171215170719ee1.jpg


レポート2回の今回は、店内編。木をふんだに使った洒落た内装をご紹介して行きます。
















th_IMG_4743_20171215170718583.jpg



店舗入り口付近には生花が飾られていました。


















th_IMG_4658_2017121517073302f.jpg


店内の様子です。木をふんだんに使った温かい空間。天井までの高さがある大きなガラス窓。アクセントとして大きな黒い空調パイプが天井に配置されています。

























th_IMG_4653_20171215170716fd1.jpg



レジカウンター横のスーツコーナーです。















th_IMG_4655_20171215170715407.jpg


スタバでは、普段はケーキ類は頼まないのですが、今回はせっかくなので1品頼んでみよう。

















th_IMG_4659_201712151707326fc.jpg



受け渡しカウンター付近の様子です。奥行きがタップリあってビックリしました。混雑時でも余裕で対応できそうな広さがあります。













th_IMG_4680_20171215170728a88.jpg


店内の席数は67席。結構な大箱店舗です。中央に大きな長テーブルがあるのは最近のカフェの流行りですね。
















th_IMG_4667.jpg


天井付近の様子です。いやー、いい感じです。若干ですが山小屋感もありますね。
















th_IMG_4665.jpg


テーブル、チェアも木の質感を感じる優しい家具で統一されています。















th_IMG_4662.jpg



ちなみに今回注文したのは、ソイラテとラズベリーチョコレートパイ。安定の美味しさです。














th_IMG_4675_201712151711479b2.jpg



店舗の一番奥には暖炉をイメージさせる場所がありました。













th_IMG_4676.jpg


グループ客が重宝しそうなコーナーです。
















th_IMG_4672.jpg


奈良・鴻ノ池のスタバですが、店内も中々オシャレで心地よい時間を過ごす事が出来ました。この店舗は駅チカでも繁華街でもない、立地的にはあまり便利な場所ではありません。ただ、鴻ノ池に面した「洒落た店」の魅力で多くのお客さんを惹きつける事が出来そうです。世界一美しい・・・、訳ではありませんが、目的を持って行く価値ははある洒落た店舗です。スターバックスコーヒー 奈良鴻ノ池運動公園店はそんなお店でした。




[ 2017/12/16 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

天理駅前広場 CoFuFun(コフフン)がオープン!佐藤オオキ氏デザインによる
古墳モチーフの広場は楽しい仕掛けがいっぱい!

th_IMG_4193_20171203231142e67.jpg


理駅前広場 CoFuFun(コフフン)は、奈良県天理市の天理駅前にオープンした多目的広場で「コフン」をモチーフにした野外ステージ、カフェ、子どもも大人も楽しめる遊具などが集まった、みんなで楽しめるスペースです。円形の不思議なかたちが点在する広場のデザインを手がけたのは、佐藤オオキ氏が率いるデザインオフィス〈nendo〉。デザインのモチーフは名前のとおり「古墳」です。









th_IMG_4203.jpg


現地に掲示されていたCoFuFun(コフフン)の施設MAPです。













th_IMG_4194.jpg



天理駅前広場 CoFuFun(コフフン)の様子です。古墳をモチーフにした施設が駅前広場に登場しました。
















th_IMG_4192_2017120323114675f.jpg



コフフンには遊具も多く子供たちの天国状態になっています。


















th_IMG_4201.jpg


コフフンは以前から「是非とも見てみたい!」施設の1つだったので、今回念願なった形です。出だしから、このすり鉢状の建物にノックアウト。なんか凄いぞココは!














th_IMG_4204_20171203231157187.jpg


コフフンには沢山の遊具があり、トンだり跳ねたたり色々遊べる仕掛けが満載です。駅前にある古墳をモチーフにした施設群・・・。しかも子供がはしゃぎ回る空間。それを楽しむ親子連れ。















th_IMG_4206_20171203231158035.jpg


利用客が多い箇所は人工芝、そうでない所は天然芝とシチュエーションによって芝生の種類を変えています。この辺りは実用性がすっかりと考えてありますね。

















th_IMG_4208.jpg


Fuwafuwa Cofun(ふわふわコフン)
とびきり眺めのいい、屋上トランポリン。子ども達に大人気のふわふわドーム(巨大トランポリン)がステージコフンの屋上にあります。階段をのぼって専用入口を入ると、そこは子どもたちが飛び跳ねる新感覚の遊び場!大人にとっては、広場を一望できる絶好のビューポイントとなっています。














th_IMG_4210_20171203231201949.jpg


施設のデザインも非常に面白いです。夕方には陰影が強くなり、印象的な表情をみせてくれました。


















th_IMG_4219.jpg


トランポリンの様子です。周辺には砂があります。チビっ子天国ですね。
















th_IMG_4222_20171203231237e57.jpg


利用時間は16時までとなっており、撮影時はちょうど施設利用が終了する瞬間でした。















th_IMG_4229.jpg


tage Cofun(ステージコフン)
昼も夜も。風を感じながら文化を楽しむ。

200人を収容できる野外ステージです。ステージ奥は半屋根、アリーナの半径は約7.5m。そのまわりを階段客席が囲みます。アリーナ用の観客椅子も設置することができます。24チャンネルデジタルミキサーを含む音響機器やトラスなどの舞台用備品、夜間用の照明機器や映像機器も備えています。約14畳の楽屋も設置しています。コンサートやパフォーマンス、ライブ、企業のPR活動など、天理・奈良の文化の発信源として活用が期待されます。















th_IMG_4213.jpg


こっちにあるコフンは、なにやら穴があいている様な・・・。
















th_IMG_4240.jpg


Crater Cofun(すりばちコフン)

木の板を大きなすりばち状に張りめぐらせた子ども用の遊具です。広場からの円形階段を上ると、そこには大きな穴が!底まですべり降りて傾斜36度のすりばちの壁を、ぐるぐる回って登って上までたどり着きつく施設です。
















th_IMG_4233.jpg


Info&Lounge Cofun(インフォ & ラウンジコフン)
おいしさに出会い、自然の旅へと誘う。

パークサイドキッチンは、地元の食材を使用した日本食や総菜パンを提供する、「ネオ和食」をコンセプトにしたカフェレストラン。「コフン」のなかで天窓から降りそそぐ太陽を感じながら、天理・奈良でとれた新鮮な食材を使った料理を楽しむ事が出来ます。















th_IMG_4234_201712032312519ff.jpg


ひたすオシャレな空間が広がっています。ランチタイムに訪れてみたいです。













th_IMG_4235.jpg


インフォメーションでは、旅をサポート。山の辺の道や古墳群をはじめとしたいにしえの歴史や龍王山などの自然の景色を見る旅を提案します。ノルディックウォークポールの無料貸出&回収サービス(8km先の山の辺の道沿いにある「トレイルセンター」で回収&貸出いたします)も利用可能です。














th_IMG_4236.jpg


バイシクルカラー。米国スポーツバイクメーカーTREK社の自転車を販売・修理・レンタル。天理駅を拠点に、市内サイクリングや、奈良、桜井、明日香、そして吉野や三重へむかう長距離ツーリングをサポートします。














th_IMG_4253_20171203231254c2f.jpg



案内サイン類もひたすら洒落ています。
















th_IMG_4188_20171203231256412.jpg



天理駅前に誕生した天理駅前広場 CoFuFun(コフフン)。その斬新なデザイン、子どもを楽しませる仕掛け、それによって親子連れが継続的に駅前に集まる仕掛け、「作って終わり」ではなく、人を集め経済を回す為のイベントなど、地方活性化に繋がる取り組みも見え非常に関心しました。個人的にも、こんど子供をつれて遊びに来たいと本気で思いました。





[ 2017/12/04 00:01 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(1)

旧奈良監獄(奈良少年刑務所)の改装前の最後の一般見学会に行ってきました!(調度品・壁・その他編)

th_IMG_0401_201707171606114af.jpg




旧奈良監獄(奈良少年刑務所)は1908年(明治41年)に造られた「五大監獄」の一つ
で、「五大監獄」(千葉、金沢、奈良、諫早、鹿児島)で唯一、現存する貴重な近代建築物です。赤れんが造りと看守所から放射状に延びる収容棟が特徴で、2017年02月に国の重要文化財に指定されました。

旧奈良監獄は、先日「日本初の監獄ホテルが誕生!」のトッピクスで話題を集めました。法務省は運営権を8月にホテル運営のソラーレホテルズアンドリゾーツ、清水建設など8社のコンソーシアムに売却する予定で、今後はホテルを中心とした集客施設としてリノベーションされる事が決まっています。














th_IMG_0077_20170717160613475.jpg



レポート3回目の今回が最終回です。今回は、調度品、壁、その他目に止まったモノをご紹介して行きたいと思います。まずはこちらの独房のドアノブと鍵。長い年月使い込まれた鍵から歴史を感じる事が出来ました。














th_IMG_0393_20170717160614e82.jpg


こちらは受刑者に食事を受け渡しする配膳口。長い年月を経て開口部が削り取られています。
















th_IMG_0493_20170717160615f59.jpg



毒母のドアを止める蝶番。おそらく何度も補修されていますが、こちらも凄かった・・。
















th_IMG_0199_2017071716061779a.jpg


少し解りにくいですが、独房のドアの横にあるネームプレート・ホルダーです。

















th_IMG_0072_2017071716062582f.jpg


独房から見た外の世界・・・・。

















th_IMG_0123_20170717160627602.jpg



今回の発券はこのスイッチ。シャープの前進、早川電機工業の文字が刻まれた貴重なアイテムです。















th_IMG_0046_2017071716062873a.jpg



こちらは別のドアの監視窓の様子です。

















th_IMG_0303_201707171606292d9.jpg


寮の2階から見た、1階廊下の床面。ピカピカで角が取れた石材は凄いの一言。これは歴史を刻まないと出せない風合いです。
















th_IMG_0502_20170717161545b05.jpg



撮影ポイントを変えて。こちらは狂操館。精神的に不安定になった人を一時的に収容する為の施設です。一般居室棟から話す事で、精神的に不安定な人が発する騒音や大声の影響が一般受刑者に影響を及ぼす事を防ぐために設置されました。















th_IMG_0506_20170717161546939.jpg



反対側から見た狂操館の様子です。

















th_IMG_0500_20170717161544f87.jpg


狂操館の内部です。














th_IMG_0511_201707171615518a7.jpg



さらに驚いたのがこの「ギス館」。こちらは江戸時代の牢獄がそのまま保存されているそうです。ギス館はギリギリスのカゴの様な形がその名前の由来になっているそうで、このほとんど野ざらしの狭いギス館に3〜4名が閉じ込められ、トイレもこの中にあったそうです。江戸時代のギス館に比べると、旧奈良監獄の居室が如何に先進的で、人権に配慮した施設であった事を対比する為の資料として保存されています。















th_IMG_0244_201707171615488bd.jpg


続いてはシャバと監獄を隔てる壁の様子です。壁の向こうに見える小奇麗な住宅との対比が凄かった。













th_IMG_0255_20170717161550b41.jpg



壁の一部も重要文化財指定建物及び工作物に指定されてます。













th_IMG_0011_2017071716155237d.jpg


煉瓦造りの重厚壁は近くで見ると圧倒的な存在感です。













th_IMG_0525_20170717161554dd0.jpg




3回に渡ってお届けした旧奈良監獄(奈良少年刑務所)の改装前の最後の一般見学会のレポート如何だったでしょうか。まず見学会自体は炎天下の中、多くの人が長蛇の列を作り混雑した事から、この旧奈良監獄への関心の高さを思い知りました。SNSで拡散された事、一般向けにもTVや新聞で取り上げられた事なども大きかったのではないでしょうか。読者の方にも見学会に参加された方が居られたと思います、ほんとにお疲れ様でした!





th_002_20170528161631337.jpg

【出典元】
旧奈良監獄の保存及び活用に係る公共施設等運営事業について


今後、旧奈良監獄は以前のニュース記事でお伝えした通り、重要文化財指定建物及び工作物を中心にリノベーションが行われ、ホテル、温浴施設、博物館からなる集客施設に生まれ変わります。「監獄ホテル」のキャッチーな呼称が注目されますが、旧奈良監獄は近代建築物として見ると、規模の大きさや保存状態があまりにも良く凄い価値があると思いました。さらにこの建物はごく最近まで実用されていた「生きた建築物」です。リノベーション後の新施設がどのような出来栄えで再登場するのか?若干不安でもあり、楽しみでもあります。旧奈良監獄が形を変えながらも、これからも生き続ける事は、近代建築物の保存・活用の観点からみても素晴らしい事ではないでしょうか。今回の見学会を終えて、そんな事を思いました。





[ 2017/07/18 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(2)

旧奈良監獄(奈良少年刑務所)の改装前の最後の一般見学会に行ってきました!(館内編)

th_IMG_0152_20170717141950515.jpg




旧奈良監獄(奈良少年刑務所)は1908年(明治41年)に造られた「五大監獄」の一つで、「五大監獄」(千葉、金沢、奈良、諫早、鹿児島)で唯一、現存する貴重な近代建築物です。赤れんが造りと看守所から放射状に延びる収容棟が特徴で、2017年02月に国の重要文化財に指定されました。

旧奈良監獄は、先日「日本初の監獄ホテルが誕生!」のトッピクスで話題を集めました。法務省は運営権を8月にホテル運営のソラーレホテルズアンドリゾーツ、清水建設など8社のコンソーシアムに売却する予定で、今後はホテルを中心とした集客施設としてリノベーションされる事が決まっています。














th_IMG_0149_20170717141952f8c.jpg


旧奈良監獄見学会、レポート2回目は中央監視所、そこを起点に放射状に伸びる第一寮〜第五寮、受刑者が入っていた牢獄の室内など、館内の様子をご紹介して行きたいと思います。上の写真は旧奈良監獄の中心点とも言える場所、中央監視所(2階)の様子です。この監視所を着起点に5つの独房寮が放射状に並んでおり、1箇所から全ての寮の状態を監視する事ができます。













th_IMG_0177_20170717141954f67.jpg



一番人気だったこの場所は常に人でいっぱいだったので落ち着いて撮影する事は不可能でした。














th_IMG_0057_201707171419524e1.jpg


になみに1階から2階を見上げるとこんな感じです。僕としょーけん氏はほぼ先頭集団に位置しており、早くに入場できたので、この頃はまだ人が少ない状態でした。
















th_IMG_0154_201707171419568c9.jpg



各寮の入り口に掲示されている看板です。
















th_IMG_0137_201707171420053b0.jpg


ちなみに30分もするとご覧の状態になりました。物凄い人の数・・・。これでも先頭の方なので、午後からの超混雑ぶりをSNSなどで見ると、かなりマシだったと思われます。

















th_IMG_0308_20170717142013114.jpg


ただ、1階の見学は中央第三庁舎、2階は第五庁舎と2箇所のみの開放で、第一、第二、第四は締め切られていました。その為、人影の無い写真を撮影する事が出来ました。
















th_IMG_0310_201707171420114c9.jpg



各寮は、2階からの自然光が1階まで届く様に設計されており、思ったよりもずっと明るい印象です。また確かに古いレトロな建物なのですが、手入れが隅々まで行き届いており、非常に清潔な印象を受けました。昔、某上場企業の社長にアドバイス頂いた言葉、「ロングさん、古いと汚いは違うんですよ、手入れが行き届いた物は古くなっても美しいものです」。磨きこまれた床や手入れの行き届いた施設を見ていると、その言葉の重みが腹に落ちた気がしました・・。




















th_IMG_0096_20170717142009f42.jpg


閑話休題。1階から2階を見上げるとこんな舵です。落下防止の鉄格子が印象的です。
















th_IMG_0065_20170717142007aca.jpg


そういえば、この旧奈良監獄。この施設は当時の日本政府の広告塔の役割を担って建設された側面があります。それ当時の先進国「欧米の列強国」に日本はこんなに進歩し、立派な施設を持っているとアピールする為です。キーワードは「人権」。当時の日本が江戸末期の開国時に結んだ不平等条約を解消し、列強国の仲間入りを果たす為に、日本は受刑者に対しても「人権」を大切に考え衛生的な対処をしている、アピールが必要だったそうです。その為に作られた五大監獄の1つが奈良監獄だった、との事。














th_IMG_0211_20170717142225ef5.jpg


日本政府は奈良監獄を監獄近代化・西洋化の歩みの到達点とし、1910年(明治43年)にロンドンで開かれた日英博覧会に模型を出展したほどです。監獄と人権。全く相反するキーワードの様な気がしましたが、そのキーワードを知ってから見学をすると、歴史的な背景や人々の考え方にたいする変化など、この施設がかなり違って見えてきました。














th_IMG_0203_2017071714222247c.jpg


カメラのバリアングル液晶を駆使して撮影した1枚。












th_IMG_0166_201707171422242fb.jpg



無人の寮の2階を見通すとこんな感じです。撮影しすぎて何号寮か忘れてしまいました・・・。














th_IMG_0377_201707171422211bb.jpg


旧奈良監獄の館内は、天井から明かりが入る設計なので、基本監獄のイメージから連想する「薄暗さ」は少なく明るいイメージです。
















th_IMG_0392_201707171422190a0.jpg


それでは、牢屋の中に貼ってみましょう。このドアは多少の改造、改良はされていますが、基本的には建設当時の物がつかられているそうです。
















th_IMG_0087_2017071714224063d.jpg

開けるとこんな感じです。内側は鉄板がはられていました。壁の暑さは50cm〜60cm位はあり、映画で出て来る様な穴を開けての脱獄はまず不可能な感じでした。
















th_IMG_0109_20170717142239f96.jpg


内部の様子です。さすがに狭いですね。トイレは洋式で水洗化されていますが、こちらは最近まで現役で使われていた為、後にリニューアルされた為です。




















th_IMG_0113_2017071715254957d.jpg 



奥から入口側を見た様子です。

















th_IMG_0180_2017071714223778f.jpg


2人、3人部屋のトイレは個室になっていました。ニオイをおさえる為との事です。















th_IMG_0190_20170717142236364.jpg


さらに一部の部屋にはボーリング調査の跡が。これはこれからのリノベーションにあたりレンガの強度がどの程度あるのか?耐震性を図る為に調査が行われたそうです。繰り抜いたレンガの中って100年以上経ってもこんなに綺麗なんですね。












th_IMG_0195_20170717142235dac.jpg


白色のかべの中身建設当時のレンガが積み上げられていました。















th_IMG_0306_2017071714232056f.jpg


撮影ポイントを変えて。こちらは2階から1階に続く螺旋階段の様子です。














th_IMG_0371_20170717142322efd.jpg

旧奈良監獄見学会レポート2回目、いかがだったでしょうか。今回の見学会では所々にガイドさんが居られ、質問すると色々な事に答えていただけてとても勉強になりました。この施設が欧米列強国に対して、人権保護をアピールする目的を持っていたとは、ちょっとビックリしました。

館内のディティールは外観と同じく素晴らく、これをどうリノベーションしてホテルにするのか?かなり興味が湧いてきました。1部屋の面積は9㎡は無いとおもうので、最低でも2室を合体させて1室にする必要がありますし、水回りをどうするのか?また、完成予想イラストにあった通路中央のダイニングテーブルは要らないかな?など、リノベーション後の姿を想像するのも楽しかったです。



次回レポートは、見学会で見つけた調度品や壁などその他の「気付き」をレポートしたいと思います。




[ 2017/07/18 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

旧奈良監獄(奈良少年刑務所)の改装前の最後の一般見学会に行ってきました!(外観編)

th_IMG_0006_20170717001534b24.jpg


旧奈良監獄(奈良少年刑務所)は1908年(明治41年)に造られた「五大監獄」の一つで、「五大監獄」(千葉、金沢、奈良、諫早、鹿児島)で唯一、現存する貴重な近代建築物です。赤れんが造りと看守所から放射状に延びる収容棟が特徴で、2017年02月に国の重要文化財に指定されました。

旧奈良監獄は、先日「日本初の監獄ホテルが誕生!」のトッピクスで話題を集めました。法務省は運営権を8月にホテル運営のソラーレホテルズアンドリゾーツ、清水建設など8社のコンソーシアムに売却する予定で、今後はホテルを中心とした集客施設としてリノベーションされる事が決まっています。












th_IMG_0002 2


そんな旧奈良監獄ですが、改装前の姿を見学出来る最後のチャンスとなる「一般公開」が2017年07月15,16日に行われました。15日は抽選に当選された方のみの見学会で一般参加は不可。予約無しで見られる一般見学会は16日の13時〜17時半の予定でしたが、僕が並びに行った10時半頃には既に50人ほどの行列ができており、その後もドンドン列が伸びていった為予定よりも1時間前倒しの12時開場となりました。現地では大阪ビル景の しょーけん氏(著書:大阪ビル景と合流し見学開始。








th_IMG_0009_2017071700153193c.jpg


ロマネスク調様式の表門(正門)の様子です。










th_IMG_0016_201707170015290f7.jpg



表門を内側から見た様子です。












th_IMG_0521_201707170015423c9.jpg


表門の内側にはこんなシンボリックな照明器具がありました。










th_IMG_0022_20170717001544fd5.jpg


表門を真正面には2階建ての庁舎があります。この庁舎には処遇本部、講堂、中央監守所などがあり、まさに旧奈良監獄の中心となる建物です。










th_IMG_0035_201707170015452fe.jpg


庁舎のアップです。札幌の赤レンガ庁舎もビックリの立派な近代建築物が奈良のこんな所にあったとは・・・。











th_IMG_0036_20170717001546370.jpg


庁舎の中央部分の塔はまるで教会の様ですね。













旧奈良監獄の建物配置を説明する為に、GoogleMAPを見ながらご説明します。この写真の右手中央に「表門」があります。先ほどの2階建ての庁舎は放射状に5つの庁舎がならんでいる中心部分に位置しています。この様な中央監視所を中心に放射状に寮が並ぶ半スター型の配置を「五翼放射状舎房」と言うそうです。













th_IMG_0298_20170717001548668.jpg


こちらは第五寮の奥にある、第1,第2実習所が入る建物から見た、講堂方面の様子でえす。て合えに見えるのは本館入浴所、奥の煙突はボイラー室の物です。写真右手の低層の建物は炊場です。










th_IMG_0291_201707170019473d9.jpg


第五寮のアップです。こりゃ凄いわ・・・。










th_IMG_0294_201707170019480c8.jpg


赤れんがと屋根瓦。まさに和洋折衷、明治期を思わせる凄いデザインですね。この1枚が取れただけで「来てよかった!」と思えるほどの素晴らしさでした。










th_IMG_0237_2017071700194991c.jpg


南西側から見た第五寮の様子です。写真左下の白色の細い鉄棒の様な物は収監されている人が布団を干す場所との事です。











th_IMG_0361_201707170019517f7.jpg


建物の外観を見て回ると、他では見たことが無い作りが随所に見られました。ここは拘置監の中心部。赤れんが+屋根瓦+法輪を足して2で割った様ななんとも言えないデザインになっています。赤れんがの壁面の上に屋根瓦と鬼瓦。凄すぎでしょ!










th_IMG_0323_2017071700195309d.jpg


建物外観の美しさに目を奪われていると、ふと「ここが監獄だ」という事に気付かされるシーンに出くわしました。それは、パイプ、ポールなど、よじ登れる、降りられそうなありとあらゆる物が有刺鉄線でグルグル巻にされている事です。










th_IMG_0321_2017071700202456d.jpg


ピカピカの金属配管に真新しい有刺鉄線。ここが、ついこの間まで生きた監獄だった事を目の当たりにした瞬間です。










th_IMG_0405_20170717002025bd3.jpg

拘置監の外壁には、独房の番号を示した場号が書かれていました。











th_IMG_0236_2017071700202686b.jpg


駆け足でご紹介して来た旧奈良監獄の外観、いかがだったでしょうか?和洋折衷の凄い外観も凄かったですが、これだけの規模が、ほぼ当時のまま現存している事にも驚きました。本当に凄かったです。

次回はいよいよ、建物内部をご紹介して行きたいと思いますが、こちらも見どころ満載でした。乞うご期待!





[ 2017/07/17 11:20 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(5)

奈良春日野国際フォーラム甍(奈良県新公会堂)

th_IMG_0256_201702142317327df.jpg


奈良春日野国際フォーラム 甍~IRAKAは奈良市にあるコンベンション施設で、国際会議開催にも対応する能楽ホールをメインホールとしています。旧名称は奈良県新公会堂。奈良県置県100年を記念して平成元年に開館した「新公会堂」と、隣接する「奈良公園シルクロード交流館」を別館として一体化し、平成27年7月にリニューアルオープン、このリニューアルに伴い、充実したコンベンション機能を、より多くの方々に利用頂けるように、これまでの奈良県新公会堂から「奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~」と名称が改められました。












th_IMG_0321_20170214231730902.jpg


建築概要
設計 - 建築研究所アーキヴィジョン
竣工 - 19879
構造 - RC造(一部W造)、地下1階、地上3
延床面積 - 9,092.80m2
所在地 - 630-8212 奈良県奈良市春日野町101
受賞 - 4回公共建築優秀賞受賞(1994年)、公共建築百選(1998年)
備考 - 屋根の面積5,400㎡、瓦の使用枚数137,730











th_IMG_0271_20170214231729ee9.jpg


奈良春日野国際フォーラム甍(奈良県新公会堂)は、日本最大級の5400㎡の屋根面積をもつことから、ビッグルーフという愛称があります。建物は奈良公園の一角にあり、正面東側に背後の若草山を借景とする日本庭園が設けられています。











th_IMG_0273_20170214231728a6a.jpg

正面玄関の様子です。中々雰囲気があります。











th_IMG_0265_20170214231726866.jpg


正面の回廊の様子です。円柱形の柱は寺院のそれを意識しているのでしょうか。











th_IMG_0263_201702142317420a0.jpg


天平時代の建築を彷彿させる和風寄せ棟づくり、日本瓦葺きの美しい建物は、緑豊かな奈良公園の景観と調和し、落ち着いたたたずまいを見せています。












th_IMG_0260_2017021423174124c.jpg


奈良春日野国際フォーラム甍(奈良県新公会堂)。春日大社からほど近く、若草山を借景にしたこの建物は国際観光都市奈良に相応しいコンベンション施設にリニューアルされたと思いました。





[ 2017/02/25 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

春日大社の宝物殿が「春日大社国宝殿」としてリニューアルオープン!国宝殿は国宝352点、重要文化財971点を所蔵

th_IMG_0221_20170214222512768.jpg


20年に1度の式年造替(ぞうたい)が斎行され、2016年11月に本殿の正遷宮が行われた春日大社。改修のため休館していた宝物殿ですが、768年の創建から「春日大社」60回目の式年造替を記念し、サントリー美術館や根津美術館などを手掛けた気鋭の建築家・弥田俊男氏が総監修を務め、展示設備などを一新。春日大社国宝殿」として、2016年10月1日にリニューアルオープンしました。













th_IMG_0211_201702142225146b2.jpg


この「春日大社国宝殿は1973年に谷口吉郎氏が設計した「宝物殿」のリニューアルで、宝物殿のほかに外構の整備やバス停,トイレが新たに設置されました。高床式の1階は透明感を高めつつ新たな展示動線に合わせて耐震壁を配置し,既存のH型の平面を繋ぐように新設のホールなどが設けられています。












th_IMG_0215_20170214222515f3b.jpg


今回のリニューアルでは、延床面積が1080㎡から1833.7㎡に大幅に拡張され、4つの展示室とカフェに再構成されました。国宝殿は国宝352点、国重要文化財971点を含む多数の宝物を収蔵しています。

※全ての国宝、重文が常設展示されている訳ではありません。













th_IMG_0234_20170214222516a8d.jpg


国宝殿へのリニューアルに合わせて外構部分もリニューアルされました。














th_IMG_0231_201702142225181f9.jpg


国宝殿前の水景施設の様子です。石造りの腰掛けが多数設置されており、思い思いにくつろぐ事が出来ます。














th_IMG_0218_20170214222527cb6.jpg

春日若宮おん祭での舞楽の演奏に用いられる日本最大の鼉太鼓(だだいこ)を展示した鼉太鼓ホールの様子です。













th_IMG_0235_201702142225288dd.jpg


日本最大の鼉太鼓(だだいこ)です。高さは約6.5mあり、普段は2基が並んで展示されていますが、撮影時には別の展示物があり、鼉太鼓は1基の展示でした。















th_IMG_0244_20170214222529bc6.jpg


国宝殿の正面左手側にある、カフェ「鹿音(かおん)」の様子です。樹齢800年の春日杉の切株をテーブルにするなど、春日大社の伝統や文化を身近に感じられる設計となっています。














th_IMG_0223_20170214222531651.jpg



リニューアルされた春日大社「国宝殿」。今回は館内には入りませんでしたが、その内じっくりと見学してみたいと思いました。










【おまけ】
th_IMG_0246_201702142225326b0.jpg


国宝殿の近くにある
感謝・共生の館です。












th_IMG_0249_20170214222718ccb.jpg

『感謝・共生の館』は、一人でも多くの方に、祖先から伝えられてきた日本のこころを伝え、 日本人としての真実の生活に目覚めてもらい、日本の国が素晴らしい国になってほしいとの願いから、 平成17年(2005年)に竣工した研修施設です。開館後、数多くの『学びの会』(一般研修会)や、企業・学校の研修等が行なわれ、 参加された方は、祖先が育み伝えてくれた日本の伝統文化を肌で知り、日本の国、 そして日本人の生き方、その素晴らしさに感動されています。
















th_IMG_0253_20170214222720212.jpg


久々に訪れた春日大社はその周囲の神々しい雰囲気に圧倒されました。





[ 2017/02/20 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

近鉄奈良駅地下1階コンコースのリニューアルが完成 。駅ナカ施設「Time's Place 奈良」も14店舗に拡大オープン!

th_IMG_0067_201701042223450e0.jpg

近鉄は10月20日に、2016年11月に行われる春日大社式年造替に向けてリニューアル工事を進めていた近鉄奈良駅地下1階コンコースの供用を開始しました。









th_IMG_0018_201701042223439e7.jpg


今回のリニューアルのデザインコンセプト は「古都奈良の自然と歴史」。 遥か1300年前、シルクロードの終着点として栄えた古都奈良の歴史、そして若草山や奈良公園 といった自然を、デザインモチーフとして取り入れており、コンコースの通路は、シルクロードの終着点に至る一本道や平城宮の中心である朱雀大路を表現、大極殿などに見られる格天井(ごうてんじょう)や神社仏閣の回廊を連想させるデザインとなっています。















th_IMG_0025_201701042223428c8.jpg


改札内の柱の色は、奈良にかかる枕詞であるあをによしの由来である青丹色(あおに いろ)とし、改札付近には、奈良の自然を思わせる若草山や奈良公園をモチーフとしたモニュメント の設置や装飾が施されました。また、改札外コンコースの柱には都のまち明かりを表す行灯(あんどん) などで飾り付けています。











th_IMG_0017_2017010422234145d.jpg


順番に現地を見てゆきましょう!まずは東改札口付近の様子です。













th_IMG_0021_201701042223409c0.jpg


床の中央部分が一直線に張替えられ、同じく天井も木目調に変更されました。













th_IMG_0573_20170104222354f93.jpg


改札内コンコースの様子です。
改札内の柱の色は、奈良にかかる枕詞であるあをによしの由来である青丹色(あおに いろ)となっています。











th_IMG_0056_201701042223567dc.jpg


再び改札を抜け、改札外コンコースの様子を見て行きます。












th_IMG_0051_20170104222356241.jpg


おおお!立ち並ぶ柱にデジタルサイネージが!ここは本当に奈良なのか!?といった感じの変貌振りで軽くカルチャーショックを受けました(笑)












th_IMG_0048_20170104222358ff7.jpg


サイネージモニタが取り付けられた柱の様子です。












th_IMG_0030_201701042224005f5.jpg


天井装飾の様子です。












th_IMG_0035_2017010422261315f.jpg


この時計がデザイン上のワンポイントとして、かなり効いていました。












th_IMG_0011_20170104222615bcf.jpg


改札付近には絶好の撮影ポイントと思われるパネルが設置されていました。












th_IMG_0044_20170104222616d18.jpg

近鉄が展開する駅ナカ商業施設「Time's Place 奈良」も拡大オープンしました。













th_IMG_0054_201701042226175e9.jpg


Time's Place 奈良」店舗一覧

・GOTO-CHI(土産) 9:0020:00
・奈良祥樂(和菓子、土産) 9:0020:00
・ゐざさ(柿の葉寿司、土産) 9:0020:00
・漬菜榮吉(漬物、土産) 9:0020:00
・天極堂(和菓子、土産) 9:0020:00
・まほろば大仏プリン本舗(スイーツ、土産)※ 9:0020:00
・寿司丸忠(持ち帰り寿司)※ 8:0020:00
・たまうさぎ(和菓子、土産)※ 10:0018:00(火曜日定休)
・千壽庵吉宗(和菓子、土産)※ 10:0019:30(土日祝/9:0019:30
・papier
+(雑貨、土産)※ 11:0019:00
・コクミンドラッグ(ドラッグストア)※ 8:0021:30(土日祝/10:0020:00
・カフェ チャオプレッソ(カフェ)※ 7:0021:00
・蔵元 豊祝(立ち飲み処)※ 14:0022:00
・ファミリーマート(コンビニ)※ 6:0023:00













th_IMG_0040_201701042226193d6.jpg


改札口の反対側から見た様子です。こちら面にはサイネージモニタは未設置でした。













th_IMG_0042_20170104222641ddc.jpg


コンコース突き当りにある特急券売場の様子です。













th_IMG_0070_201701042226439c6.jpg


リニューアル工事が完成した、近鉄奈良駅地下1階コンコース。春日大社の式年造替の効果は絶大の様で、駅は1月3日の午後にも関わらずラッシュ時並みの混雑振りで驚きました。多くの人々が利用する近鉄奈良駅のコンコースのリニューアルは古都奈良のイメージアップに一役買うことになりそうです。





[ 2017/01/05 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(1)

奈良文化財研究所「本庁舎建替事業」の状況 16.06

th_001_20160605114727814.jpg

奈良文化財研究所現庁舎は、築約50年を経過し老朽劣化が著しく、また、貴重な資料・図書等の増加による狭隘化も深刻な状況にあり、調査研究に支障をきたしている状況です。さらに、耐震診断を実施した結果、本建物は倒壊等の危険性があると判定されています。これらの問題の解決を目的として、「本庁舎建替事業」進められる事になりました。










th_002_20160605114728440.jpg



【工事概要】 
奈良市二条町(旧本庁舎跡地) 
敷地面積 8,878.94 建築面積 2,812.45  
延床面積 11,677.36 地上4階,地下2階 
鉄骨造,鉄骨鉄筋コンクリート造 
最高高さ 14.99m 
着工: 2016 5 15 日から
竣工:2018 年(平成30 年)3 31 日(予定)

※読者の方からメールで情報を頂きました、ありがとうございました!









th_003_20160605114730169.jpg



【計画概念】
・建物施設の安全性能の確保と防災対策の強化を図る
・建物施設性能劣化(老朽化)による調査研究環境への 支障の抜本的改善を図る
・重要文化財等の貴重な収集資料、精密な研究機器、 30万冊に及ぶ研究用図書等の保管場所・環境確保を図る
・アジアを中心とした諸外国の研究機関との研究交流、 情報発信等を行う拠点としての機能充実を図る






[ 2016/06/10 00:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)