読売テレビ新社屋の建設状況 16.11

th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



【過去記事】
読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!
読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!








th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増え、エリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。
















th_IMG_0805_2016112222250500b.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ新社屋
所在地大阪市中央区城見1丁目3番2他
階数:地上17階、塔屋2階、地下1階
高さ:85.06m
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
杭・基礎
主用途:テレビスタジオ
総戸数:-----
敷地面積:12,495.90m2
建築面積:6,995.39m2
延床面積:51,194.58m2 ※容積対象面積:45,393.30㎡
建築主読売テレビ放送
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年10月
竣工2019年01月(予定)












th_IMG_0800_2016112222250319d.jpg


現地の様子です。長らく駐車場として利用されてきた計画地ですが、仮囲いで囲まれ重機が投入されていました。予定どおり着工にこぎつけた様です。






















th_IMG_0802_20161122222509a52.jpg


敷地南側にある地下鉄長堀鶴見緑地線のOBP駅の入り口付近の様子です。























th_IMG_0817_20161122222521117.jpg

大阪城ホール側から見た現地の様子です。奥側には先日ご紹介した(仮称)新MID大阪京橋ビルも見えています。

(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.11

th_001_2015050917542496d.jpg



(仮称)新MID大阪京橋
ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。


新ビルは、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?





th_IMG_0791_20161115215506107.jpg



【スペック】
名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)












th_IMG_0796_20161115215504b4b.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2016年07月頃だったので約4ヶ月振りの取材です。(仮称)新MID大阪京橋ビルは超高層オフィスビルでは珍しいRC造(一部S造)の構造の為、建設スピードは非常にゆっくりとしている印象です。










th_IMG_0792_20161115215503a2e.jpg


カーテンウォールユニットの取り付けも進んでおり、外観イメージがかなり掴める様になってきました。











th_IMG_0784_201611152155012a1.jpg


北側から見た様子です。ビルの横幅はこんな感じです。











th_IMG_0795_20161115215500008.jpg


隣接するTWIN21 -ツイン21-との並びです。奥には、最近完成したKDDI大阪第2ビルの姿も見えます。










th_IMG_0779_20161115215516cf0.jpg


北東側から見た、(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。










th_IMG_0769_201611152155146c3.jpg


ゆっくりと建設工事が進む(仮称)新MID大阪京橋ビル。長らく変化が無かったOBPですが、近年は少しづつですが姿を変えつつあります。(仮称)新MID大阪京橋ビルが出来上がる頃には、また景観が一変する事になりそうです。

ジオ天六 ツインタワーズの建設状況 16.07

th_001_20160719232258656.jpg

ジオ天六 ツインタワーズは、大阪市北区長柄西1丁目にあった関西大学天六キャンパス跡地に建設されている地上23階、高さ73.43mの免震ツインタワーレジデンスです。延べ床面積は33,320.17m2、総戸数は358戸の規模です。











th_IMG_0189_20160719232259b22.jpg


現地の様子です。既に2機のタワークレーンが稼働しており、本格的な工事が行われていました。写真左側のマンションはジオ天六 ツインタワーズの北側で先行して建設が進むブランズシティ天神橋筋六丁目(地上15階建、420戸)です。










th_IMG_0180_20160719232301a58.jpg


【スペック】
名称:ジオ天六 ツインタワーズ
所在地大阪市北区長柄西1丁目12番1,12番4の一部
階数:地上23階建2棟、【共用棟】鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地上1階建
高さ:73.43m
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 場所打ちコンクリート拡底杭
主用途:分譲共同住宅
総戸数:358戸
敷地面積:9,199.33m2
建築面積:4,850.13m2
延床面積:33,320.17m2※容積対象面積:27,583.56㎡
建築主阪急不動産
設計者フジタ
施工者フジタ
着工:2015年12月(予定)
竣工2018年03月(予定)










th_IMG_0183_2016071923230200c.jpg


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。












th_IMG_0195_20160719232304c5d.jpg



ジオ天六 ツインタワーズの杭基礎は「場所打ちコンクリート拡底杭」です。場所打ちコンクリート拡底杭とは、支持地盤が深い場合に杭を深く打ち込み、建物を支える基礎工法で、地盤調査の結果から、支持地盤となる強固な地盤の位置・深さを把握した上で、地盤・建物計画に応じて最適な基礎設計が行われます。「ジオ天六ツインタワーズ」では、ボーリング調査により地中約
28mから安定した支持地盤があることを確認、この支持地盤に達する44本の「場所打ちコンクリート拡底杭」と免震装置により建物をしっかり支えています。付属棟・外構は除く。













th_IMG_0198_201607192323116b6.jpg



建物を支える基礎構造には、免震構造を採用し、建物と地盤の間に実績豊富な天然ゴム系積層ゴム支承、地震のエネルギーを吸収する鉛プラグ挿入型積層ゴム支承、摩擦係数が極めて小さく高性能なすべり支承を用いたハイブリッド構造の免震層を設置。免震構造は、従来の耐震構造とは異なり、地震の力を免震層で軽減することにより、建物の躯体の揺れや変形が少なくなり、家具の転倒や配管の破損などの二次災害も極力防ぎます。※付属棟・外構は除く。









th_IMG_0191_201607192323120d0.jpg


ジオ天六 ツインタワーズは、他にも、初期微動(P波)センサー付エレベーターを採用しているのが目を引きます。地震は、初期微動(P波)といわれる小さな揺れが訪れた後に、本震(S波)といわれる大きな揺れが到達します。エレベーターシャフトには地震の初期微動(P波)をキャッチするP波センサーが採用されており、本震(S波)が到達する前、より早い段階から避難できるよう、初期微動(P波)を感知した段階で最寄階へ速やかに停止して避難を促す仕組みとなっています。また、停電時に階間で停止した場合にはバッテリー運転により最寄階まで走行し、扉が自動的に開く、エレベーター停電時自動着床装置も装備されています。


ジオ天六 ツインタワーズの敷地の東側には大阪市設北霊園が広がっていおり、中々むづかしい立地ですが、地下鉄堺筋線、谷町線、阪急千里線の3路線が利用出来るアクセスの良さはかなり魅力的です。最新の設備や地震対策などで付加価値を付ける事で、立地のハンディキャップを跳ね返す事が出来るか?これからの販売動向にも注目が集まりそうです。

ザ・シンフォニーホールの東側に建設されるタワーマンション(仮称)大淀南2丁目計画建築計画の状況 16.07

th_IMG_0131_201607142223290c6.jpg

(仮称)大淀南2丁目計画
は、ザ・シンフォニーホールの東隣の区画に計画されている、地上39階、塔屋2階、高さ133m(軒高)の超高層タワーマンションです。延床面積は36.295㎡、総戸数は現時点では不明です。建築主は積水ハウス、設計・施工は竹中工務店が担当します。













th_IMG_0321_20160214144747a5a.jpg


【スペック】
名称:(仮称)大淀南2丁目計画
所在地大阪市北区大淀南二丁目1番1(地名地番)
階数: 地上39階、塔屋2階
高さ:133m※軒高 
構造RC造、一部S造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅(分譲)、飲食店舗、オフィス
総戸数:---
敷地面積2,700㎡
建築面積1,524㎡
延床面積36,295㎡(容積対象面積:25,547㎡)
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年06月(予定)














th_IMG_0118_20160714222326d9c.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2016年2月頃だったので約5ヶ月振りの取材です。今回現地を訪れてみると既存建物が解体されすっかり姿を消していました。













th_IMG_0120_201607142223286ee.jpg


西側から見た様子です。よくよく考えると、西梅田地区にタワーマンションが建設されるのは結構久しぶりです。










th_IMG_0126_20160714222331343.jpg


(仮称)大淀南2丁目計画建築計画は、積水ハウスが手がけるタワーマンションPJなので「グランドメゾン西梅田」や「グランドメゾン梅田西」などの名称になるかもしれません。場所的には福島なのですが「梅田」の名称が持つブランド力は絶大です。












th_IMG_0123_20160714222332145.jpg


最後は先行して建設され開業した敷地南側の商業施設部分の様子です。じっくり見ると、壁面緑化にメチャクチャ気合が貼っていますね。


扇町公園近くに建設されるタワーマンション(仮称)東梅田超高層タワープロジェクトの状況 16.07

th_IMG_0205_2016071421514095e.jpg


(仮称)東梅田超高層タワープロジェクト:計画名仮称)大阪扇町計画新築工事は、
大阪市北区野崎町に計画されている、地上30階、高さ107.68m、延床49,818㎡のタワーマンションです。建築主は住友不動産、設計・施工は前田建設工業が担当する予定です。このタワーマンションの高さは高さ107.68m、とそれほど高くはありませんが、延床面積が5万㎡近くある巨大なビルになる予定です。


【過去記事】
(
仮称)東梅田超高層タワープロジェクト公式HP








th_IMG_0339_20160212234728044.jpg


【スペック】
名称:(
仮称)東梅田超高層タワープロジェクト
計画名:(仮称)大阪扇町計画新築工事

所在地大阪市北区野崎町26番1の一部(地名地番)
階数: 地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:107.68m
構造RC造、一部S造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅
総戸数:490戸
敷地面積4,944.12㎡
建築面積2,650.41㎡
延床面積49,818.03㎡(容積率対象面積:34,581.31㎡)
建築主:住友不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
着工:2016年06月(予定)

竣工:2019年03月(予定)















th_IMG_0212_20160714215141dc8.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2016年2月頃だったので約5ヶ月ぶりの取材です。既存建物の解体が終わり、3点式パイルドライバが投入され山留め工事が行われていました。











th_IMG_0206_201607142151452b3.jpg


南西側から見た現地の様子です。公式HPを見ると「シティータワー、梅田に降臨」との文字が踊っている為、物件名は「シティタワー◯◯」の名称になるようです。話題?のマンションポエムは「光景(シーン)となる象徴(シンボル)」。第1期の販売スケジュールは2016年11月開始予定です。









th_IMG_0209_201607142151460b1.jpg


無事に着工した、(仮称)東梅田超高層タワープロジェクト。梅田の名称をつけるのには若干無理がある気もしますが、谷町線東梅田駅まで徒歩12分位でいけそうな場所である事は確かです。扇町公園近くの好立地で免震構造全490戸のタワーの建設が始まりました。

読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

th_IMG_0238_201607132203506eb.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた
毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【過去記事】
読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!









th_IMG_0241_20160713220352dc7.jpg


この計画も「まだしばらく先だなぁ・・」と思っていましたが、気が付くと毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」は2016年5月末をもって閉館し、同建物の解体工事が始まっていました。













th_IMG_0216_20160713220353bee.jpg


西側から見た、「シアターBRAVA!」の解体工事の様子です。













th_IMG_0215_20160713220355767.jpg

アップで見た様子です。内部はこんな風になっていたんですね。劇場を輪切りにして断面ている感じで、かなり新鮮に思えました。












th_IMG_0213_20160713220356618.jpg



最後は引き気味のアングルで、計画周辺の様子です。よみうりテレビの新社屋については大雑把な概要だけが発表されただけで、詳細は不明ですが、OBPに残る数少ない空白地が埋まる事はとても歓迎すべき事だと思います。また、新社屋に移転後の現在の社屋がどうなるかも気になりますね。続報を待ちたいと思いました。



(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.07

th_001_2015050917542496d.jpg



(仮称)新MID大阪京橋
ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。


新ビルは、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?













th_IMG_0218_20160711235845e22.jpg


前回の撮影が2016年05月なので約2ヶ月振りの取材です。前回と比べると上に伸びるペースが早くなった気がしました。














th_IMG_0222_20160711235847639.jpg



【スペック】
名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)













th_IMG_0227_20160711235848d5f.jpg


縦アングルで見た現地の様子です。














th_IMG_0230_20160711235850dca.jpg


寝屋川越しに見た(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。かなり規模感が掴める様になってきました。このビルが完成するとOBPの密度感がかなり高まりそうな感じですね。















th_IMG_0233_2016071123585111b.jpg


アップで見た様子です。(仮称)新MID大阪京橋ビルはRC造・S造を組み合わせた構造となっています。




















th_IMG_0224_2016071123590094b.jpg

最後は周辺の超高層ビル群と(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。

(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05

th_001_2015050917542496d.jpg



(仮称)新MID大阪京橋
ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。


新ビルは、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?











th_IMG_0689_20160516232754754.jpg


前回の撮影が2016年03月なので約2ヶ月振りの取材です。前回と比べると躯体が明らかに上に向かって伸びていました。












th_IMG_0682_20160516232756312.jpg


【スペック】
名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)











th_IMG_0685_20160516232757cd3.jpg


(仮称)新MID大阪京橋ビルはRC造・S造を組み合わせた構造となっています。











th_IMG_0677_20160516232759a2a.jpg


Twin21側から見た様子です。円形ホールとの間に転落防護柵が設置されていました。












th_IMG_0691_201605162328002d4.jpg


寝屋川越しに見た(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。かなり規模感が掴める様になってきました。











th_IMG_0695_20160516232806431.jpg


最後はOBPのビル群と絡めたアングルです。

エルグレースタワー大阪同心の建設状況 16.03

th_IMG_0200_20160321231301afc.jpg



エルグレースタワー大阪同心は、大阪市北区同心一丁目に建設されている、地上25階、高さ84.85m総戸数143戸のタワーマンションです。建築主は関電不動産、野村不動産、設計者は浅井謙建築研究所、大林組、施工者は大林組です。前回は(仮称)北区同心地点計画新築工事の名称でご紹介しましたが、正式名称はエルグレースタワー大阪同心決まりました。


【公式HP】
エルグレースタワー大阪同心


【過去記事】
エルグレースタワー大阪同心の建設状況 15.05
エルグレースタワー大阪同心の建設状況 14.12

(仮称)北区同心地点計画新築工事 14.07














th_IMG_1722_2015011716032630a.jpg



【スペック】

名称:エルグレースタワー大阪同心
所在地:大阪市北区同心一丁目51(地番)  
階数:地上25階、地下0階
高さ:84.85m
構造RC造、一部S造
杭・基礎 場所打ちコンクリート拡底杭
主用途:共同住宅
総戸数:143戸
敷地面積:1,684.44㎡
建築面積:848.33㎡
延床面積:16,973.92㎡
建築主:関電不動産、野村不動産
設計者:浅井謙建築研究所、大林組
施工者:大林組
着工:2014年06月(予定)
竣工:2016年09月(予定)







th_IMG_0202_20160321231302ba8.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2015年05月頃だったので10ヶ月振りの取材です。随分とサボっている間にほとんどど外観は完成状態になっていました。












th_IMG_0210_201603212312596c1.jpg


南東側から見た様子です。小規模ながら質感の高いタワーが出来上がりました。














th_IMG_0207_20160321231304a92.jpg


北東側から見た様子です。












th_IMG_0205_20160321231604496.jpg
;

最後は北西側から見た様子です。


ローレルタワー南森町ル・サンクの建設状況 16.03

th_IMG_0224_20160319173525ed2.jpg



ローレルタワー南森町ル・サンク大阪市北区東天満二丁目に建設される地上23階、高さ76.020m、総戸数131戸のタワーマンションです。JR東西線・大阪天満宮駅、地下鉄谷町線・堺筋線、南森町駅のすぐ東側、「南森町中央ビル」があった場所です。



【スペック】

名称:
ローレルタワー南森町ル・サンク
所在地:大阪市北区東天満二丁目9番(地番) 
階数:地上23階、地下0階
高さ:76.02m
構造RC造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:131戸
敷地面積:1,278.07㎡
建築面積:866.83㎡
延床面積:12,894.38㎡
建築主:近鉄不動産、NIPPO
設計者:IAO竹田設計
施工者:鴻池組
着工:2015年01月(予定)
竣工:2017年02月(予定)









th_IMG_0230_201603191735282d7.jpg

現地の様子です。前回の撮影が2014年12月頃だったにで約1年5ヶ月振りの取材です。今回撮影してみると完成時の半分近く位までタワーが成長していました。










th_IMG_0221_20160319173516135.jpg



北西側から見た様子です。ローレルタワー南森町ル・サンクの断面形状は四角ではなく変則的なL字型をしています。タワークレーンはL字の窪んだ部分に建てられています。









th_IMG_0215_2016031917351990d.jpg


ローレルタワー南森町ル・サンクは、建物の構造(耐震・制震・免震)のうち、建物の下に免震層を設ける「基礎免震構造」を採用しています。これは建物と基礎の間に「免震装置」を設ける事により、地震による振動エネルギを直接建物に伝える事なく免震装置が吸収するシステムで、建物の揺れを低減する仕組みです。













th_IMG_0227_20160319173527bb2.jpg


久々に取材してみた、ローレルタワー南森町ル・サンクですが、曽根崎通り側からハッキリと姿を見る事が出来ました。完成イメージパースでは1辺が尖った塔屋が描かれていますが、実際はどうなるのか?少し楽しみにしています。