シティタワー東梅田パークフロントの建設状況 17.09

 th_001_20170930205223079.jpg



シティタワー東梅田パークフロント:計画名仮称)大阪扇町計画新築工事は、大阪市北区野崎町に計画されている、地上30階、高さ107.68m、延床49,818㎡のタワーマンションです。建築主は住友不動産、設計・施工は前田建設工業が担当する予定です。このタワーマンションの高さは高さ107.68m、とそれほど高くはありませんが、延床面積が5万㎡近くある巨大なビルになる予定です。


【出典元】
シティタワー東梅田パークフロント








th_IMG_0339_20160212234728044.jpg





【スペック】
名称:
シティタワー東梅田パークフロント
計画名:(仮称)大阪扇町計画新築工事

所在地大阪市北区野崎町26番1の一部(地名地番)
階数: 地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:107.68m
構造RC造、一部S造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅
総戸数:490戸
敷地面積4,944.12㎡
建築面積2,650.41㎡
延床面積49,818.03㎡(容積率対象面積:34,581.31㎡)
建築主:住友不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
着工:2016年06月(予定)

竣工:2019年03月(予定)






th_P_20170929_141915.jpg


現地に掲示されていた完成予想パースです。扇町公園に近い立地ですね。











th_P_20170929_141724.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年02月頃だったので約7ヶ月振りの取材です。

















th_P_20170929_141829.jpg


撮影時点では地上11〜12階ぐらいを構築している所でした。



















th_P_20170929_142028.jpg



南東側から見た様子です。




















th_P_20170929_142312.jpg




西側から見た様子です。シティタワー東梅田パークフロントは、非常に横幅の広い形状をしているので、画角の狭いスマホカメラでは上手く査定出来ませんでした。















th_IMG_0053_20171001202952bab.jpg



最後は阪急グランドビルから見た現地の様子です。

阪急不動産が南森町エリアに地上37階建てのタワーマンションを計画!(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画の状況 17.09

th_P_20170929_140531.jpg


(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画は、大阪市北区東天満2丁目に計画されてる、地上37階建て、高さ130m、延床27,450㎡のタワーマンションです。建築主は阪急不動産、設計、施工はフジタが担当となっています。以前、30階建てのツインタワーマンションが噂されていた案件ですが、実際は37階建て1棟なりました。













th_001_20170930200640acf.jpg



場所はココです。JR東西線大阪天満宮駅の北東側、国道二号線の北側で1ブロック入った所にあります。











th_P_20170929_140807.jpg


【スペック】
計画名:(仮称)大阪市北区東天満2丁目計画
所在地大阪市北区東天満2丁目15番1
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階
高さ:130.00m
構造:RC
杭・基礎
主用途:分譲共同住宅
総戸数:----
敷地面積:2,850.97㎡
建築面積:1,330.00㎡
延床面積:27,450.00㎡※容積対象面積19,950.00㎡ 
建築主阪急不動産
設計者:株式会社フジタ
施工者:株式会社フジタ
着工:2017年03月(予定)
竣工2021年03月(予定)









th_P_20170929_140817.jpg


現地区計画のお知らせに掲載されていた立面図です。










th_P_20170929_140823.jpg



同じく配置図です。この案件は1ブロックを丸々使った整形地となっており、公開敷地比較的広く取られている印象です。
















th_P_20170929_140639.jpg



現地の様子です。帝国ホテル大阪があるOAPと大阪天満宮駅の中間地点ぐらいの立地です。















th_P_20170929_140928.jpg


南森町エリア37階建て、高さ130mは相当目立つのではないでしょうか。南森町は人気のあるエリアですので、この物件も人気がでそうです。



NTT西日本ー大阪研修センタ新社屋(仮称)新築工事の状況 17.08

th_IMG_0951_20170827225528ba3.jpg


NTT西日本ー大阪研修センタ新社屋(仮称)新築工事は、JR・京阪京橋駅にほど近い、大阪市都島区東野田町四丁目に建設中の大型オフィスビルです。大阪研修センタ新社屋(仮称)は、NTT西日本グループは、新成長戦略を牽引する次世代の人材を育成する拠点として「NTT西日本研修センター大阪研修センタ新社屋(仮称)」を建設しました。











th_IMG_0956_20170827225529d9d.jpg


【スペック】
名称:大阪研修センタ新社屋(仮称)新築工事
所在地:大阪市都島区東野田町四丁目499番(地名地番)
階数:地上11階、地下0階
高さ:50.47m
構造:鉄骨造
杭・基礎 :
主用途:オフィス、歩廊、自動車車庫
総戸数:----
敷地面積:31,008.84㎡(施設全体)
建築面積:9,241.24㎡(施設全体)、新設部4,045.41㎡
延床面積:2,525.94㎡(施設全体)、新設部38,797.45㎡
建築主:NTT西日本
設計者:NTTファシリティーズ
施工者:竹中工務店・共立建設工事共同企業体
着工:2016年03月上旬
竣工:2017年08月下旬(予定)










th_IMG_0959_20170827225526304.jpg

大阪研修センタ新社屋(仮称)は、地上11階、高さ50.47m、延べ床面積、38,797.45㎡の規模があり結構大きなオフィスビルとなっています。











th_IMG_0962_20170827225525fbc.jpg


現地の様子です。環状線の車窓から良く見えるので「撮影しないと・・」と思っていましたが、中々行く機会がありませんでした。今回は京橋駅周辺の再開発の話題が多く持ち上がってきたタイミングだったので思い切って行ってきました!











th_IMG_0946_2017082722552371a.jpg



NTT西日本ー大阪研修センタ新社屋(仮称)は国道1号線から少し奥にはいった場所にあります。そうえいば国道1号線の街路樹が全て伐採されていて驚きました。おそらくですが、電柱電線類の地中化工事が始まると思います。京橋の顔とも言える道路なので、電地下と歩道の美装化は大歓迎です。









th_IMG_0949_201708272255408d9.jpg



大阪研修センタ新社屋(仮称)新築工事ですが、環状線側から見た外装ファザードと反対側の意匠がかなり異なっています。環状線側からはこの写真のデザインのファザードを見る事が出来ます。

読売テレビ新社屋の建設状況 17.08 〜3機目のタワークレーンが稼働開始!

th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



過去記事】
読売テレビ新社屋の建設状況 17.07 ~鉄骨が地上に姿を現し3機目のタワークレーンの組み立てが始まる!
読売テレビ新社屋の建設状況 17.05 ~ついにタワークレーンが姿を現す!

読売テレビ新社屋の建設状況 16.11

読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!

読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!






th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増える事が予想されるので、OPBエリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。
















th_IMG_0805_2016112222250500b.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ新社屋
所在地大阪市中央区城見1丁目3番2他
階数:地上17階、塔屋2階、地下1階
高さ:85.06m
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
杭・基礎 
主用途:テレビスタジオ
総戸数:-----
敷地面積:12,495.90m2
建築面積:6,995.39m2
延床面積:51,194.58m2 ※容積対象面積:45,393.30㎡
建築主読売テレビ放送
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年10月
竣工2019年01月(予定)











th_IMG_1103_20170823223504d79.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年07月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。









th_IMG_1100_20170823223503dc5.jpg


先月組立中だった3機目のタワークレーンが稼働を始めていました。3号機の愛称は「すまたんバンド号」です。また東側のタワークレーンは「はにわさん号」、西側は「森ちゃん号」の愛称がついています。












th_IMG_1124_20170823223457cc2.jpg


鉄骨建方も先月に比べ順調に進んでいる様に見えました。










th_IMG_1126_201708232234594ff.jpg


よく見ると柱がコンクリート、梁が鉄骨という珍しい工法が採用されています。RCS工法(柱RC梁S混合構造)は、圧縮に強いコンクリートを柱に、曲げとせん断に強く軽量な鉄骨を梁に、との適材適所の考え方から生まれた混合構造です。梁をS造とするため、ロングスパン構造物に適しており、倉庫やショッピングセンター、オフィスビルなど、さまざまな用途の建物に適用できます。










th_IMG_1110_20170823223458dcb.jpg


近くで見た様子です。読売テレビ新社屋はロングスパンが必要なフロアレイアウトに加え、重量のある放送機材が設置される為、RCS工法(柱RC梁S混合構造)が採用されています。











th_IMG_1131_20170823223500840.jpg


最後は引き気味のアングルで見た様子です。





近鉄不動産が福島区の萬世電機旧本社跡に建設中の「ローレルタワー梅田ウエスト」の状況 17.08

th_001_2017032010591640f.jpg


ローレルタワー梅田ウエストは、近鉄不動産が大阪市福島区福島7丁目の萬世電機旧本社跡に建設中のタワーマンションです。規模は、地上26階、延床面積13554.41m²で、総戸数は戸数134戸。施主は近鉄不動産、施工は竹中工務店が担当。2019年2月の竣工予定となっています。前回まで(仮称)ザ・梅田ウエストタワープロジェクトの仮称でご紹介してきましたが、正式名称はローレルタワー梅田ウエストにきまりました。

















th_IMG_0673_20170626223406561.jpg



【スペック】
名称:ローレルタワー梅田ウエスト
計画名:(仮称)ザ・梅田ウエストタワープロジェクト

所在地大阪市福島区福島7丁目15-30
階数:地上26階、塔屋1階、地下0階
高さ:83m
構造鉄筋コンクリート造(26階の一部鉄骨造)
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:134
敷地面積:1,492.82m2
建築面積:716.70m2
延床面積:13,488.75m2 ※容積対象面積:10,443.01㎡
建築主近鉄不動産
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年12月
竣工2019年07月(予定)

















th_IMG_0001_201708191354293d8.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年06月だったので約2ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_0005_20170819135430512.jpg




今回取材してみると、この現場にもタワークレーンが立っていました!いよいよ上に向かって成長開始といった所でしょうか。




















th_IMG_0007_20170819135431cf7.jpg


南西側から見た様子です。
















th_IMG_0009_20170819135433364.jpg


仮囲いの透明箇所から見た内部の様子です。取材時には地下躯体の構築工事が行われていました。



















th_IMG_0015_20170819135435cc4.jpg




最後は北東側から見た様子です。福島区のこの辺りは梅田に近い割に比較的静かな雰囲気があり、これから更に人気が高まりそうなエリアです。






グランドメゾン新梅田タワーの建設状況 17.08

th_IMG_0651_2017031323465220f.jpg


グランドメゾン新梅田タワーは、ザ・シンフォニーホールの東隣の区画に計画されている、地上39階、塔屋2階、高さ133m(軒高)の超高層タワーマンションです。延床面積は36.295㎡、総戸数は現時点では不明です。建築主は積水ハウス、設計・施工は竹中工務店が担当します。前回までは(仮称)大淀南2丁目計画の名称でご紹介してきましたが、正式な物件名称はグランドメゾン新梅田タワーになりました。




【公式HP】
グランドメゾン新梅田タワー









th_IMG_0673_20170313234658d0c.jpg


【スペック】
名称:グランドメゾン新梅田タワー
所在地:大阪市北区大淀南二丁目1番1(地名地番)
階数: 地上39階、塔屋2階
高さ:133m※軒高 
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)、飲食店舗、オフィス
総戸数:
住宅297戸(非分譲住戸29戸含む)、他非分譲店舗・非分譲事務所9区画
敷地面積:2,700㎡
建築面積:1,536㎡
延床面積:36,562㎡(容積対象面積:25,542㎡)
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年06月(予定)










th_IMG_0016_2017081718085618b.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年06月だったので約2ヶ月振りの撮影です。だいぶ高くなってきました。













th_IMG_0020_2017081718085556e.jpg



階数表示が見当たらなかったので目測ですが、地上13〜14階付近を構築している所でした。













th_IMG_0024_2017081718085397e.jpg



北東側、なにわ筋越しに見た様子です。













th_IMG_0039_20170817180853d19.jpg



北西側から見た様子です。












th_IMG_0044_2017081718085157b.jpg



南西側から見た様子です。手前の3階建てのビルは先行開業した3階建て商業棟で、店舗・事務所で構成されています。













th_IMG_0049_201708171809069fd.jpg



撮影ポイントを変えて、明治安田生命大阪梅田ビルから見た、グランドメゾン新梅田タワーの様子です。














th_IMG_0048_201708171809055c9.jpg




引き気味のアンルグルで、周囲のタワーマンションを入れてみました。グランドメゾン新梅田タワーがハッキリ確認出来る様になってきました。

旧朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地にタワーマンション!(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画の状況17.08

th_IMG_0026_2017081422163401a.jpg


旧朝日放送・ホテルプラザ跡ホロニクスグループの医療法人「医誠会」が、医誠会国際病院、医療モール、i-Mall Wellness、 IMWプロジェクトから成る、最先端のメディカルコンプレックス施設を計画していましたが、計画が動き出す事は無く長らく更地の状態が続いていました。そんな同地ですが、積水ハウスなどからなる5社が、旧朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地のうち、約1haを2016年12月に取得し、超高層タワーマンションを建設する事になりました。











th_IMG_0028_20170814221635846.jpg


読者の方から頂いた情報で「現地に建築計画のお知らせが掲示されれている」事を知り早速取材にいってきました!確かにありました、建築計画のお知らせ。長年待ち焦がれた再開発計画がようやく動き出した瞬間です。予想どおり超高層タワーマンションが計画されています。しかも高さは航空法の高さ制限ギリギリの178m(制限は海抜179m)ですが、延べ床面積は10万㎡に迫る超弩級の大型タワーマンションです。


【スペック】
名称:(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画
所在地大阪市北区大淀南2丁目2番1(地名地番)
階数:地上51階、塔屋2階、地下1階
高さ:178m
構造RC造、一部S造
杭・基礎
主用途:共同住宅、店舗
総戸数:約900戸
敷地面積:10,337.43m2
建築面積:4,050m2
延床面積:99,990m2 ※容積率対象面積72,300㎡
建築主:積水ハウス、三菱地所レジデンス、東急不動産、東京建物、アサヒプロパティズ
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:201805月(予定)
竣工2022年06月(予定)









th_IMG_0031_201708142216361e9.jpg




大阪都心部で延床面積が10万平米クラスのタワーマンションは、他には
ザ・サンクタスタワー(高さ189.55m、延床面積99,731.33㎡、総戸数874戸)、ザ・パークハウス中之島タワー(高さ193m、延床面積:99,700㎡、総戸数894戸)、計画中のモノでは住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画している(仮称)梅田曽根崎計画 (高さ約193m、延床面積約111,500m2、総戸数:約900戸/客室数:約200室)の3棟だけです。(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画はその中では最も高さが低いですが、横幅が若干太いタワー形状(東西47m✕南北56m)となっています。











th_IMG_0034_201708142216374d8.jpg



配置図です。(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画の超高層タワーは敷地西側に位置しており、既存のローレルタワーサンクタス梅田との「お見合い配置」は避ける位置になっています。














th_IMG_0037_20170814221639337.jpg


現地の様子です。なお、ABCセンター跡ですが、敷地南東角の土地約3,900㎡については済生会が取得しています。この写真では右側手前の部分がそれにあたります。











th_IMG_0043_20170814221646f19.jpg


計画地を南西側から見た様子です。既存のローレルタワーサンクタス梅田が見えています。












th_IMG_0052_20170814221648232.jpg

最後は、明治安田生命大阪梅田ビルから見た計画地の様子です。ついに具体的な計画が明らかになった、(仮称)大阪市北区大淀南2丁目OM計画。梅田付近の高さ制限がなければ200m級のタワーマンションになっていたと思います。


それにしても、不思議に思うのが最近の東京都心部では航空法の上限を何十メートルも超える計画が明らかになっている事。例を上げると虎ノ門ヒルズ森タワー(最高部255.5m)付近の、航空法における高さ制限は、「円錐表面」で制限高(標高)は約230mです。虎ノ門ヒルズは航空法を超える高さで存在しています。さらに、この近くで計画されている、東京都港区虎ノ門五丁目のA街区では高さ約330mの超高層ビルが建設される予定です。標高を差し引いて考えると羽田空港高さ制限回答システム上限を100m以上も上回る高さのビルが可能になっています。

これをを見ていると大阪都心部、特に梅田の厳しすぎる高さ制限が未だに厳格に守られているのが不思議でなりません。梅北2期でも同様に梅田・中之島周辺だけでも航空法の高さ制限を100m緩和する事はできないのでしょうか。もし規制緩和されれば、280m級の超高層ビルが建設可能になります。280mと言えばシンガポールのスカイラインの上限ぐらいですので、梅田地区に相当迫力のあるスカイラインが形成出来ます。

航空法の高さ規制について素人ので詳しくは解りませんが、単に東京都心は国家戦略特区なので規制緩和されており特例でOKで、大阪都心は特区ではないのでNGという事なのでしょうか?もしくは、
より羽田空港に近い品川地区はそんなに高いビルが無いので空港からの実距離が◯◯m離れると特例が認められる等があるのでしょうか?それとも他に明確な理由があるのかもしれませんが・・・。


読売テレビ新社屋の建設状況 17.07 〜鉄骨が地上に姿を現し3機目のタワークレーンの組み立てが始まる!

th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



過去記事】
読売テレビ新社屋の建設状況 17.05 ~ついにタワークレーンが姿を現す!
読売テレビ新社屋の建設状況 16.11

読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!

読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!






th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増える事が予想されるので、OPBエリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。
















th_IMG_0805_2016112222250500b.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ新社屋
所在地大阪市中央区城見1丁目3番2他
階数:地上17階、塔屋2階、地下1階
高さ:85.06m
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
杭・基礎 
主用途:テレビスタジオ
総戸数:-----
敷地面積:12,495.90m2
建築面積:6,995.39m2
延床面積:51,194.58m2 ※容積対象面積:45,393.30㎡
建築主読売テレビ放送
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年10月
竣工2019年01月(予定)






th_IMG_0185_20170803233242dfe.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年05月頃だったので約2ヶ月振りの取材です。















th_IMG_0188_20170803233239cd0.jpg



先ず驚いたのが、鉄骨が地上に姿を表していた事です。放送局はBCP対応など基礎工事に相当時間がかかる施設なので正直もう少し先になると思っていましたが予想外に早く驚きました。
















th_IMG_0181_2017080323323890f.jpg



さらに驚いたのがこのマスト。なんと3機目のタワークレーンの組み立てが始まっていました。













th_IMG_0175_2017080323323787d.jpg



撮影ポイントを変えて。鉄骨建方が東側を中心に進んでいる様子が見て取れます。

















th_IMG_0173_2017080323324072b.jpg



引きでみた現地全体の様子です。












th_IMG_0164_20170803233249a58.jpg




最後は西側から見た様子です。


(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.07

th_IMG_0143_201708012315575ca.jpg


(仮称)新MID大阪京橋ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。


新ビルは、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.03
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?














th_IMG_0141_20170801231555407.jpg


【スペック】
名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)














th_IMG_0150_20170801231557522.jpg


前回の撮影が2017年05月だったので約2ヶ月振りの取材です。2機あったタワークレーンは姿を消し外観はほぼ完成状態になっていました!











th_IMG_0157_20170801231600097.jpg



TWIN21と並び立つ、(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。












th_IMG_0158_20170801231559755.jpg


エントランス付近の様子です。公開敷地の外構工事がメチャクチャ進んでおり驚きました。











th_IMG_0130_20170801231609fd4.jpg


撮影ポイントを変えて。西側から見た(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。











th_IMG_0137_20170801231607ec0.jpg


最後は引き気味でOBP全体の様子です。(仮称)新MID大阪京橋ビルが出来た為、このアングルではTWIN21があまり目立たなくなりました。ここから見ると暫く停滞が伝えられていたOBP界隈ですが、徐々にその姿を変えつつ在る事を実感する事が出来ました。

近鉄不動産が福島区の萬世電機旧本社跡に建設中の「ローレルタワー梅田ウエスト」の状況 17.06

th_001_2017032010591640f.jpg


ローレルタワー梅田ウエストは、近鉄不動産が大阪市福島区福島7丁目の萬世電機旧本社跡に建設中のタワーマンションです。規模は、地上26階、延床面積13554.41m²で、総戸数は戸数134戸。施主は近鉄不動産、施工は竹中工務店が担当。2019年2月の竣工予定となっています。前回まで(仮称)ザ・梅田ウエストタワープロジェクトの仮称でご紹介してきましたが、正式名称はローレルタワー梅田ウエストにきまりました。









th_IMG_0673_20170626223406561.jpg



【スペック】
名称:ローレルタワー梅田ウエスト
計画名:(仮称)ザ・梅田ウエストタワープロジェクト

所在地大阪市福島区福島7丁目15-30
階数:地上26階、塔屋1階、地下0階
高さ:83m
構造鉄筋コンクリート造(26階の一部鉄骨造)
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:134
敷地面積:1,492.82m2
建築面積:716.70m2
延床面積:13,488.75m2 ※容積対象面積:10,443.01㎡
建築主近鉄不動産
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年12月
竣工2019年07月(予定)






th_IMG_0666_20170626223404103.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年03月だったので約3ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_0667_20170626223406287.jpg


現地では地下躯体工事が行われている所でした。




















th_IMG_0670_20170626223408961.jpg


南西側から見た、現地の様子です。














th_IMG_0676_20170626223413cf3.jpg


最後は北東側から見た現地のよすです。建設中の「ローレルタワー梅田ウエスト」ですが、撮影中におそらく購入を検討していると思われる夫婦2組が周辺や建築計画のお知らせを覗きこんだりされていました。やばり人気の福島区の案件なので、注目度はかなり高いようですね。