グランドメゾン新梅田タワーの建設状況 17.12

th_IMG_0651_2017031323465220f.jpg


グランドメゾン新梅田タワーは、ザ・シンフォニーホールの東隣の区画に計画されている、地上39階、塔屋2階、高さ133m(軒高)の超高層タワーマンションです。延床面積は36.295㎡、総戸数は現時点では不明です。建築主は積水ハウス、設計・施工は竹中工務店が担当します。前回までは(仮称)大淀南2丁目計画の名称でご紹介してきましたが、正式な物件名称はグランドメゾン新梅田タワーになりました。




【公式HP】
グランドメゾン新梅田タワー









th_IMG_0673_20170313234658d0c.jpg


【スペック】
名称:グランドメゾン新梅田タワー
所在地:大阪市北区大淀南二丁目1番1(地名地番)
階数: 地上39階、塔屋2階
高さ:133m※軒高 
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)、飲食店舗、オフィス
総戸数:
住宅297戸(非分譲住戸29戸含む)、他非分譲店舗・非分譲事務所9区画
敷地面積:2,700㎡
建築面積:1,536㎡
延床面積:36,562㎡(容積対象面積:25,542㎡)
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年06月(予定)














th_IMG_3426_20171203114153a00.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年11月だったので約1ヶ月振りの撮影です。
















th_IMG_3430.jpg 


かなり高くなってきました。階数表示が無く、頂部がカバーで覆われているので「目測での推測」が、取材時点では地上22階ぐらいを構築している所でした。グランドメゾン新梅田タワーは地上39階、塔屋2階建て計画なので、半分ぐらいの高さまで成長してきました。














th_IMG_3432.jpg



低層部の様子です。商業棟のなにわ筋側の壁面は壁面緑化されています。














th_IMG_3434_20171203114148092.jpg 


北東側から見た様子です。














th_IMG_3435_20171203114148f99.jpg 


北西側ら見た様子です。














th_IMG_3439.jpg 



南西側から見た様子です。となりにザ・シンフォニーホールと公園があり、福島駅もほどほど近い好立地。東側の部屋からは梅田方面の夜景が楽しめそうです。











th_IMG_3485.jpg


最後は明治安田生命 大阪梅田ビルから見た、グランドメゾン新梅田タワーの様子です。





MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)ー屋上・ルーフトップテラス編

th_IMG_2877-001.jpg



MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)は、大阪城本丸広場の歴史的建造物、旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)をリノベーションして誕生した商業施設です。「旧第四師団司令部庁舎」は、築86年の歴史ある近代建築物で、2017年6月にオープンした「JO-TERRACE OSAKA」同様に、大阪城に訪れる観光客や周辺の市民を対象に、大阪城公園の魅力創出、新たなにぎわいづくりを目指してリノベーションされました。

■MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)
住所:大阪市中央区大阪城1-1
開業日:2017年10月19日(木)
営業時間:9:00~22:00(店舗により異なる)
URL:https://www.miraiza.jp/















th_IMG_2893-001.jpg


今回は、屋上のテラスレストラン「BLUE BIRDS ROOF TOP TERRACE」(3~10月のみ営業)の様子をご紹介します。「BLUE BIRDS ROOF TOP TERRACE」は冬季は休業中の為、屋上テラスは無料開放されていました。











th_IMG_2884_20171124221258fed.jpg



屋上の北側にはウェディング会場とおぼしきスペースがありました。












th_IMG_2892-001.jpg


それにしても、MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)の屋上テラス。天守閣をこの近さで眺めつつ寛げる事は本当に贅沢だと思いました。無料開放中の現在(11/23時点)もご覧のとおりの盛況ぶりです。









th_IMG_2882-001.jpg


MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)の屋上から下を見下ろした様子です。










th_IMG_2903-001.jpg



こちらは南側の様子です。イスが撤去され丸テーブルがズラリと並ぶ光景はちょっとシュールでした。











th_IMG_2914-001.jpg


屋上の中央部にはビアサーバーを備えたバーカウンターがありました。洒落てますね。











th_IMG_2915_201711242213120aa.jpg


屋上と3階は角度のキツイ階段で結ばれています。












th_IMG_2881-001.jpg


屋上テラスが無料開放されているMIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)。次回は天守閣がライトアップされている夜間におとずれてみたいと思いました!




MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)ーエントランス・階段・内装編

th_IMG_2825-001.jpg


MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)は、大阪城本丸広場の歴史的建造物、旧第四師団司令部庁舎(もと大阪市立博物館)をリノベーションして誕生した商業施設です。「旧第四師団司令部庁舎」は、築86年の歴史ある近代建築物で、2017年6月にオープンした「JO-TERRACE OSAKA」同様に、大阪城に訪れる観光客や周辺の市民を対象に、大阪城公園の魅力創出、新たなにぎわいづくりを目指してリノベーションされました。


■MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)
住所:大阪市中央区大阪城1-1
開業日:2017年10月19日(木)
営業時間:9:00~22:00(店舗により異なる)
URL:https://www.miraiza.jp/










th_IMG_2832-001.jpg


施設名称の「ミライザ」は「大阪の文化や娯楽が集まり、大阪の未来を担っていく場所になってほしい」という願いを込め、ロゴマークは、頭文字のMを並べ、大阪城の明るい未来を表現しています。














th_IMG_2834-001.jpg


それでは、MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)に入ってみましょう!











th_IMG_2937-001.jpg


まずはエントランス付近。入り口の扉が重厚感溢れるモノで、いきなりいい感じです。












th_IMG_2837-001.jpg


エントランス付近の照明は桜をモチーフにした照明でした。












th_IMG_2935-001.jpg


振り返った様子です。












th_IMG_2925_20171123225031bbb.jpg


エントランス・ホールには、洒落たシャンデリアが設置されていました。












th_IMG_2852-001.jpg


MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)の見どころの1つが、この階段。大理石造りの重厚感のある手摺、真っ赤な絨毯。奥にはステンドグラスも見えます。











th_IMG_2866-001.jpg


2階〜3階の折り返し部分の様子です。吹き抜け、レッドカーペット、ステンドグラス。いい感じです。













th_IMG_2863-001.jpg


角度を付けて見た様子です。大理石造りの手摺がホンマに重厚感があって良いです。

















th_IMG_2861-001.jpg



大理石造りの手摺のアップです。

















th_IMG_2916-001.jpg



調度品も凝っています。















th_IMG_2919-001.jpg


この感じ・・。どこかで見た事があるな?と思っていたら・・・
















IMG_8872.jpg 

金沢市の旧・石川県庁をリノベーションした、しいのき迎賓館に雰囲気が似ている事に気づきました。
















th_IMG_2876-001.jpg


再び、MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)に戻って。













th_IMG_2872-001.jpg


MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)

1階:タリーズコーヒー、ザ コナモン バル 利休、

2階:モダンイタリアン「crossfield with TERRACE LOUNGE」

3階:フュージョンフレンチ「Restaurant RASPBERRY with MOON BAR」

屋上:テラスレストラン「BLUE BIRDS ROOF TOP TERRACE」(3~10月のみ営業)











th_IMG_2873-001.jpg


フレンチレストランの前にあった盆栽です。1階のショップはカジュアルで気軽な感じですが、レストラン系は高級な感じがする店舗が入っていました。












th_IMG_2857-001.jpg


リノベーションによって誕生したMIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)。休日の夕方の訪問でしたが、非常に沢山の来場者が訪れており、相当なにぎわいを見せていました。写真を撮るのも一苦労です。次回は、MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)のもう1つの見どころ、屋上テラスの様子をご紹介したいと思います。




JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)の最後の施設棟「キャッスル・ガーデンOSAKA」(G-TERRACE)の建設状況 17.11

th_IMG_1551_201711142244428b0.jpg

大阪城公園駅前に誕生したJO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)



大阪城パークマネジメント共同事業体(大阪城パークセンター)は2016年12月9日に、大阪城公園の魅力向上に向け、新たに整備する2施設の計画概要を発表しました。JR大阪城公園駅前に複合施設「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」を新設するほか、公園内の歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎」を改修し、飲食物販・歴史体験施設
「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」として整備されます。設計・施工を大和ハウス工業が担当。駅前のジョー・テラス・オオサカは、S造2階建て延べ4823㎡の規模で、レストランやカフェなど計22店舗が出店、総工費は約15億円です。













th_002_20170522221006153.jpg 

オープン以来、人気スポットとしてすっかり定着したジョーテラスオーサカですが、エリアの南端部で最後の施設棟「キャッスル・ガーデンOSAKA(G-TERRACE)の建設工事が進んでいます。













th_IMG_1547_201711142244070b6.jpg

キャッスルガーデンOSAKAは、四季の美しさや自然を存分に感じることが出来る、ウエディング・レストラン&カフェの複合施設です。2017年12月15日にグランドオープンの予定です。















th_IMG_1514_20171114224405d37.jpg



現地の様子です。建物本体の外装はほぼ完成状態で、外構工事・内装工事が行われていました。




















th_IMG_1516_2017111422440345c.jpg


北東側から見た様子です。
















th_IMG_1515_20171114224404b16.jpg


西側から見た様子です。低層棟の裏手あたります。
















th_IMG_1518_20171114224446915.jpg



南側から見た様子です。美術館の様な外観が中々いい感じですね。

















th_IMG_1520_20171114224444c47.jpg


南東側から見た様子です。「キャッスル・ガーデンOSAKA」(G-TERRACE)は、他の施設棟とは毛色の異なった独立した施設になっています。















th_IMG_1573_20171114224441c9d.jpg


最後はジョーテラス・オーサカを遠望した様子です。大阪城公園駅から、噴水までの間にこんな素敵なにぎわい空間が出来るとは・・・。このプロジェクトは本当に値千金、大成功だと思います。





正式名称は「ケイ・オプティコムビル」に決定!(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.11

th_IMG_1630_20171106231951b2f.jpg



(仮称)新MID大阪京橋ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。

前回まで、計画名称である
(仮称)新MID大阪京橋ビルの呼称でご紹介してきましたが、正式名称は「ケイ・オプティコムビル」に決定関西電力系のインターネット・プロバイダー、ケイ・オプティコムの新本社屋として201814日から稼働開始します。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.03
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?

















th_IMG_1597_20171106224919504.jpg



「ケイ・オプティコムビル」は、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。














th_IMG_1599_20171106224917e38.jpg




【スペック】
名称:
ケイ・オプティコムビル
計画名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)















th_IMG_1606_2017110622491561e.jpg


前回の撮影が2017年07月だったので約3ヶ月振りの取材です
















th_IMG_1612_20171106224915fd5.jpg


北側から見た様子です。













th_IMG_1615_20171106224913f7e.jpg



南東側から見た様子です。


















th_IMG_1575_20171106224941ba5.jpg


南側から見た様子です。


















th_IMG_1576.jpg



頂部付近のアップです。よく見ると屋上が緑化されていますね。


















th_IMG_1616_20171106225243079.jpg



続いて、建物周辺・エントランス付近の様子を見て行きます。




















th_IMG_1631_20171106225246ed2.jpg



1Fの南側はピロティになっており、金色のオブジェが置かれていました。


















th_IMG_1628_20171106225244f74.jpg


エントランスホールの様子です。












th_IMG_1570.jpg


大阪城ホール側から見た、ケイ・オプティコムビルの様子です。









th_IMG_1636_201711062323309cf.jpg 


夕日に輝くケイ・オプティコムビルの様子です。














th_IMG_1596_20171106224935a4d.jpg

最後はTWIN21 -ツイン21-と並び立つ、ケイ・オプティコムビルの様子です。





読売テレビ新社屋の建設状況 17.10

th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。



【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



過去記事】
読売テレビ新社屋の建設状況 17.08 ~3機目のタワークレーンが稼働開始!
読売テレビ新社屋の建設状況 17.07 ~鉄骨が地上に姿を現し3機目のタワークレーンの組み立てが始まる!

読売テレビ新社屋の建設状況 17.05 ~ついにタワークレーンが姿を現す!

読売テレビ新社屋の建設状況 16.11

読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!

読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07

読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!






th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増える事が予想されるので、OPBエリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。
















th_IMG_0805_2016112222250500b.jpg


【スペック】
名称:読売テレビ新社屋
所在地大阪市中央区城見1丁目3番2他
階数:地上17階、塔屋2階、地下1階
高さ:85.06m
構造鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、CFT造
杭・基礎 
主用途:テレビスタジオ
総戸数:-----
敷地面積:12,495.90m2
建築面積:6,995.39m2
延床面積:51,194.58m2 ※容積対象面積:45,393.30㎡
建築主読売テレビ放送
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年10月
竣工2019年01月(予定)












th_IMG_1566.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年08月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。


















th_IMG_1581_201711052248113f6.jpg



前回の取材時に比べると鉄骨建方がかなり進み、ビルの低層部のボリューム感が掴める様になってきました。


















th_IMG_1585.jpg


読売テレビ新社屋では、柱がコンクリート、梁が鉄骨という珍しい工法が採用されています。このRCS工法(柱RC梁S混合構造)は、圧縮に強いコンクリートを柱に、曲げとせん断に強く軽量な鉄骨を梁に、との適材適所の考え方から生まれた混合構造です。梁をS造とするため、ロングスパン構造物に適しており、倉庫やショッピングセンター、オフィスビルなど、さまざまな用途の建物に適用できます。



















th_IMG_1586_20171105224815938.jpg



近くで見た様子です。読売テレビ新社屋はロングスパンが必要なフロアレイアウトに加え、重量のある放送機材が設置される為、RCS工法(柱RC梁S混合構造)が採用されています。

















th_IMG_1591_20171105224817c4d.jpg



北西側から見た様子です。














th_IMG_1589_2017110522481506c.jpg



この現場の3機のタワークレーンには愛称がついており、東側のタワークレーンは「はにわさん号」、西側は「森ちゃん号」、南側は「すまたんバンド号」となっています。











th_IMG_1554_20171105224819ebf.jpg


最後はJO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)から見た読売テレビ新社屋の様子です。




近鉄不動産が福島区の萬世電機旧本社跡に建設中の「ローレルタワー梅田ウエスト」の状況 17.11

th_001_2017032010591640f.jpg


ローレルタワー梅田ウエストは、近鉄不動産が大阪市福島区福島7丁目の萬世電機旧本社跡に建設中のタワーマンションです。規模は、地上26階、延床面積13554.41m²で、総戸数は戸数134戸。施主は近鉄不動産、施工は竹中工務店が担当。2019年2月の竣工予定となっています。前回まで(仮称)ザ・梅田ウエストタワープロジェクトの仮称でご紹介してきましたが、正式名称はローレルタワー梅田ウエストにきまりました。



















th_IMG_0673_20170626223406561.jpg



【スペック】
名称:ローレルタワー梅田ウエスト
計画名:(仮称)ザ・梅田ウエストタワープロジェクト

所在地大阪市福島区福島7丁目15-30
階数:地上26階、塔屋1階、地下0階
高さ:83m
構造鉄筋コンクリート造(26階の一部鉄骨造)
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:134
敷地面積:1,492.82m2
建築面積:716.70m2
延床面積:13,488.75m2 ※容積対象面積:10,443.01㎡
建築主近鉄不動産
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年12月
竣工2019年07月(予定)























th_IMG_0360_201711051156442c1.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年08月だったので、約3ヶ月振りの取材です。











th_IMG_0359_20171105115642bb5.jpg


今回取材してみると、タワーの躯体が地上に姿を現しており、ついにビルが上に向かって伸び始めました。











th_IMG_0362_20171105115645285.jpg



南西側から見た様子です。
















th_IMG_0364_20171105115646908.jpg


最後はタワークレーンの見上げです。マストクライミングしており、これから成長が加速する事が解りました。






シティタワー東梅田パークフロントの建設状況 17.11

 th_001_20170930205223079.jpg


シティタワー東梅田パークフロント:計画名仮称)大阪扇町計画新築工事は、大阪市北区野崎町に計画されている、地上30階、高さ107.68m、延床49,818㎡のタワーマンションです。建築主は住友不動産、設計・施工は前田建設工業が担当する予定です。このタワーマンションの高さは高さ107.68m、とそれほど高くはありませんが、延床面積が5万㎡近くある巨大なビルになる予定です。


【出典元】
シティタワー東梅田パークフロント








th_IMG_0339_20160212234728044.jpg




【スペック】
名称:
シティタワー東梅田パークフロント
計画名:(仮称)大阪扇町計画新築工事

所在地大阪市北区野崎町26番1の一部(地名地番)
階数: 地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:107.68m
構造RC造、一部S造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅
総戸数:490戸
敷地面積4,944.12㎡
建築面積2,650.41㎡
延床面積49,818.03㎡(容積率対象面積:34,581.31㎡)
建築主:住友不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
着工:2016年06月(予定)

竣工:2019年03月(予定)




th_P_20170929_141915.jpg


現地に掲示されていた完成予想パースです。扇町公園に近い立地ですね。













th_IMG_0327_20171101220139241.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月頃だったので約2ヶ月振りの取材です。












th_IMG_0326_20171101215811253.jpg 


撮影時点では地上15階位を構築している所でした。













th_IMG_0328_20171101215812d4d.jpg


西側から見た様子です。非常に横幅のあるタワーマンションである事が解ります。










th_IMG_0331_20171101215813bb9.jpg 


タワーのすぐ側にある野崎公園から見た様子です。













th_IMG_0333_201711012158150a0.jpg


外装デザインが良く解る様になってきました。














th_IMG_0335_20171101215817529.jpg


北東側から見た様子です。











th_IMG_0338_20171101215818922.jpg


最後は南東側から見た様子です。




グランドメゾン新梅田タワーの建設状況 17.11

th_IMG_0651_2017031323465220f.jpg


グランドメゾン新梅田タワーは、ザ・シンフォニーホールの東隣の区画に計画されている、地上39階、塔屋2階、高さ133m(軒高)の超高層タワーマンションです。延床面積は36.295㎡、総戸数は現時点では不明です。建築主は積水ハウス、設計・施工は竹中工務店が担当します。前回までは(仮称)大淀南2丁目計画の名称でご紹介してきましたが、正式な物件名称はグランドメゾン新梅田タワーになりました。




【公式HP】
グランドメゾン新梅田タワー









th_IMG_0673_20170313234658d0c.jpg


【スペック】
名称:グランドメゾン新梅田タワー
所在地:大阪市北区大淀南二丁目1番1(地名地番)
階数: 地上39階、塔屋2階
高さ:133m※軒高 
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)、飲食店舗、オフィス
総戸数:
住宅297戸(非分譲住戸29戸含む)、他非分譲店舗・非分譲事務所9区画
敷地面積:2,700㎡
建築面積:1,536㎡
延床面積:36,562㎡(容積対象面積:25,542㎡)
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年06月(予定)










th_IMG_0339_2017110122145848e.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年08月だったので約2ヶ月振りの撮影です。













th_IMG_0341_20171101221500f32.jpg



南東側から見た様子です。

















th_IMG_0346_20171101221500c29.jpg



北東側から見た様子です。











th_IMG_0354_20171101221502e9b.jpg



先行オープンしている商業施設棟の様子です。













th_IMG_0351_20171101221504157.jpg



最後は南西側から見た様子です。





シティタワー東梅田パークフロントの建設状況 17.09

 th_001_20170930205223079.jpg



シティタワー東梅田パークフロント:計画名仮称)大阪扇町計画新築工事は、大阪市北区野崎町に計画されている、地上30階、高さ107.68m、延床49,818㎡のタワーマンションです。建築主は住友不動産、設計・施工は前田建設工業が担当する予定です。このタワーマンションの高さは高さ107.68m、とそれほど高くはありませんが、延床面積が5万㎡近くある巨大なビルになる予定です。


【出典元】
シティタワー東梅田パークフロント








th_IMG_0339_20160212234728044.jpg





【スペック】
名称:
シティタワー東梅田パークフロント
計画名:(仮称)大阪扇町計画新築工事

所在地大阪市北区野崎町26番1の一部(地名地番)
階数: 地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:107.68m
構造RC造、一部S造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅
総戸数:490戸
敷地面積4,944.12㎡
建築面積2,650.41㎡
延床面積49,818.03㎡(容積率対象面積:34,581.31㎡)
建築主:住友不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
着工:2016年06月(予定)

竣工:2019年03月(予定)






th_P_20170929_141915.jpg


現地に掲示されていた完成予想パースです。扇町公園に近い立地ですね。











th_P_20170929_141724.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年02月頃だったので約7ヶ月振りの取材です。

















th_P_20170929_141829.jpg


撮影時点では地上11〜12階ぐらいを構築している所でした。



















th_P_20170929_142028.jpg



南東側から見た様子です。




















th_P_20170929_142312.jpg




西側から見た様子です。シティタワー東梅田パークフロントは、非常に横幅の広い形状をしているので、画角の狭いスマホカメラでは上手く査定出来ませんでした。















th_IMG_0053_20171001202952bab.jpg



最後は阪急グランドビルから見た現地の様子です。