遠鉄百貨店 新館 13.02

IMG_7790_20130216210203.jpg


遠鉄百貨店 新館は、浜松駅前にある遠鉄百貨店の北隣にあった「フォルテ」を解体し、商業施設・オフィスで構成された、地上13階、地下2階、高さ63m、延床面積44,123.61m2の複合ビルを建設する再開発計画です。新館は2011年11月にオープンしましたが長らく取材する事が出来ずにいました。今回は出張の合間に駆け足ですが、ようやく撮影する事が出来ました。


【過去記事】
遠鉄百貨店 新館 11.09
遠鉄百貨店-新商業ビル建設工事 10.10










 IMG_7793_20130216210203.jpg

新館の様子です。2011年11月9日に開店しました。新館の延床面積は40,200m2、売場面積は12,000m2です。新館8階の500人収容の多目的ホール「えんてつホール」が在る他、大手予備校の代々木ゼミナール浜松校、遠州鉄道の本社事業本部が入居する複合ビルとなっています。







IMG_7804.jpg


本館の様子です。遠鉄百貨店の歴史はまだ浅く、本館は1988年(昭和63年)9月14日に開店しました。本館の売場面積は22,900m2。新館と合わせた売場面積は34,900m2となります。





IMG_7801.jpg


別館方式の増床は1店舗として効率的な売場運用が難しいですが、遠鉄百貨店は本館と新館の間にあった道路を法律上廃止し、地下1階、3〜6階の各階に幅18m、長さ22mの広場状の連絡通路「イ・コ・イ スクエア」を設置する事で、本館と新館を出来るだけ一体的に運用出来るような工夫がなされています。






IMG_7818_20130216210218.jpg

地上から見た、新館の様子です。












IMG_7820_20130216210219.jpg


地上から見た本館の様子です。










IMG_7821.jpg

地上から見た、連絡通路「イ・コ・イ スクエア」の様子です。













IMG_7825.jpg

地下街から地上に繋がる大階段の様子です。遠鉄百貨店はJR浜松駅方面から地下→地下1階、地下→地上1階、地上→連絡通路3階にそれぞれダイレクトにアクセス出来る歩行導線が確保されており、良く考えられた設計になっています。










IMG_7830.jpg

地下1階から大階段を見た様子です。この階段はバスターミナル方面の地階から全天候型ギャラリーモール「ソラモ」に接続しており、今回の再開発計画で一番シンボリックな場所となっています。







IMG_7828_20130216210230.jpg

全天候型ギャラリーモール「ソラモ」の様子です。ソラモは6層吹き抜けの大規模な空間が演出されており、ソラモに隣接する新館壁面(写真左側)には、画面サイズ259インチ(H3.20m×W5.77m)の大型街頭ビジョン「えんてつビジョン」が設置されました。




IMG_7809.jpg


遠鉄百貨店は売場面積、売上高共に静岡県内で1番の規模を誇っています。静岡内初の出店となるグッチのほか、ティファニー・ルイ・ヴィトン・フェンディ・フェラガモ・ロエベ・コーチなど、著名なブランドの店舗が多く入居し、遠鉄百貨店が地域一番店である事を物語っています。遠鉄百貨店の2011年度の売上高は、324.73億円、新館がオープンした今年度の売上目標は1.2倍強の400億円となっています。






IMG_7788.jpg


最後は、引き気味のアングルで、浜松駅前の様子をパチり。

[ 2013/02/17 08:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(0)

遠鉄百貨店 新館(遠鉄百貨店新商業ビル建設工事) 11.09





遠鉄百貨店 新館は、浜松駅前にある遠鉄百貨店の北隣にあった「フォルテ」を解体し、商業施設・オフィスで構成された、地上13階、地下2階、高さ63m、延床面積44,123.61m2の複合ビルを建設する再開発計画です。


【過去記事】
遠鉄百貨店-新商業ビル建設工事 10.10








IMG_1804.jpg

遠鉄百貨店-新商業ビル周辺は浜松駅前 旭・砂山地区再生事業と呼ばれ再開発が進められています。










IMG_1848_20110924223835.jpg

遠鉄百貨店の本館の様子です。遠鉄百貨店の開業は1988年9月と、まだ新しい百貨店ですが、先発の松菱、西武百貨店が共に撤退してしまった為、現在では遠鉄百貨店が同市唯一の百貨店となりました。その為、遠鉄百貨店にはグッチ、ティファニー・ルイ・ヴィトン・フェンディ・フェラガモ・ロエベ・コーチなど、著名なブランドの店舗が数多く入居しています。2009年度の売上高は332億円、新館オープン1年後の売上目標は400億円です。












IMG_1805.jpg


本館と新館の接続部分です。本館と新館は地上3、4、5、6階及び地下1階で接続され、接続箇所は「イ・コ・イ スクエア」と呼ばれています「イ・コ・イ スクエア」には、ゆったりとした休憩スペースが設けられます。











IMG_1824.jpg


1階から「イ・コ・イ スクエア」に接続するエスカレータの様子です。











IMG_1826.jpg


こちらは地下階から地上に繋がる大階段の様子です。この階段はバスターミナル方面の地階から全天候型ギャラリーモール「ソラモ」に接続しており、今回の再開発計画で一番シンボリックな場所になると思います。











IMG_1830.jpg


全天候型ギャラリーモール「ソラモ」の様子です。ソラモは6層吹き抜けの大規模な空間が演出されており、ソラモに隣接する新館壁面(写真左側)には、画面サイズ259インチ(H3.20m×W5.77m)の大型街頭ビジョン「えんてつビジョン」が設置されます。







IMG_1834.jpg

こちらは遠州鉄道のターミナル駅「新浜松駅」。2面2線の高架駅で、今回ご紹介している遠鉄百貨店に隣接しています。外観はイマドキな白乳色のガラスと金属の組み合わせで美しくリニューアルされていました。












IMG_1838.jpg


改札口の様子です。改札口は半自動改札とでも言うのでしょうか・・。路線バスの車内のある様なICカードのタッチ部分が改札に据え付けられていました。イースター島のモアイの様に並んだ姿はちょっと見慣れない感じで、かなり面を喰らいました・・













IMG_1841.jpg


改札に設置されていたICカードリーダのアップです。




IMG_1804.jpg 

建設工事が進む遠鉄百貨店新館は11月9日の開業予定で、先日ご紹介した新静岡セノバ(SHINSHIZUOKA CENOVA)と合せて、静岡県の2大都市「静岡、浜松」両市の都心部に、ほぼ同時に大型商業施設が誕生する事になります。

ちょっと考えすぎかもしれませんが、もしかしたら両市の微妙なライバル意識が働いた結果なのかもしれませんね。










IMG_1811.jpg

遠鉄百貨店 新館。2011年11月9日にグランドオープンを迎えます!
[ 2011/09/28 00:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(1)

遠鉄百貨店-新商業ビル建設工事 10.10


遠鉄百貨店-新商業ビル建設工事
は、浜松駅前にある遠鉄百貨店の北隣にあった「フォルテ」を解体し、商業施設・オフィスで構成された、地上13階、地下2階、高さ63m、延床面積44,123.61m2の複合ビルを建設する再開発計画です。


 


 


 



計画地周辺のマップです。遠鉄百貨店-新商業ビル周辺は浜松駅前 旭・砂山地区再生事業と呼ばれ再開発が進められています。


【引用元】→浜松市HP 浜松駅前旭・砂山地区計画


 


 


 



現地の様子です。浜松駅すぐ近くの超一等地で建設が進んでいます。新館の開業予定は2011年11月となっています。


 


 


 



新複合ビルの商業部分は遠鉄百貨店の新館となり、既存ビルとはデッキにより複数階で連結されます。

【引用元】→遠州鉄道ニュースリリース


 


 


 




最後はアクトシティ浜松の展望台から見た様子です。遠鉄百貨店-新商業ビル建設工事は写真左側、右側のタワーマンションが建つ所は以前ご紹介した浜松市 旭・板屋地区再開発事業のエリアです。








より大きな地図で 静岡/浜松-再都市化MAP を表示
[ 2010/11/29 12:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(2)

浜松市 旭・板屋地区再開発事業


旭・板屋地区再開発事業は浜松駅前で行われている再開発事業で、開発面積は約2.09ha。近年2棟のタワーマンションが建設され駅前風景が一変しました。

 


 



再開発事業の全体図です。再開発地区は3つの地区に分かれており、最も駅に近い旭・板屋A地区には10階、16階建ての商業、事務所、駐車場からなる複合ビルが建設される予定です。


【引用元】→浜松市HP


 


 


 


 



旭・板屋B地区には、地上34階、高さ116.50mの超高層マンションD’グラフォート浜松 D’s Towerと、東横インの2棟が建設さました。






【スペック】
名称:D’グラフォート浜松 D’s Tower
規模:34階建
高さ:116.50m
総戸数:210戸
敷地面積:3,506.28m2
延床面積:43,300.05m2


 


 



旭・板屋C地区には、地上32階、高さ113.60mのタワーマンション、シティタワー浜松が建設中。シティータワーらしいバルコニーが目立たないオフィスビル風の外観が特徴です。また客室数60室のビジネスホテル、アセントプラザホテル静岡が併設されます(写真左)


 


 



【スペック】
名称:シティタワー浜松
規模:地上32階
高さ:113.60m
総戸数:194戸
敷地面積:2,761.18m2
建築面積:1,873.65m2  
延床面積:27,928.57m2

 


 



最後は浜松アクトタワーから見た旭・板屋地区再開発事業の全体です。



より大きな地図で 静岡/浜松-再都市化MAP を表示
[ 2010/10/26 00:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(0)

アクトシティ浜松


アクトシティ浜松
は、浜松駅近くに建設された、市有施設と民有施設によって構成される複合施設群の総称で、オフィス、ホテル、音楽ホール、コンベンションセンター、商業施設等で構成されています。このアクトシティ、バブル期に計画されただけあり浜松市の都市規模とはかけ離れた、驚くべき規模の巨大施設です。



 





アクトシティ浜松はA~Dの4つのゾーンに分かれいます。駅に近いAゾーンの屋上は階段状の屋上庭園になっており、大規模な緑化が行われています。


【スペック】
名称:アクトシティ浜松
敷地面積:43,305m2 ※施設全体
建築面積:29,744m2 ※施設全体
延床面積:231,661m2 ※施設全体


Aゾーン:大ホール・2236席、中ホール・1030席、
Bゾーン:超高層棟・アクトタワー
Cゾーン:展示・イベントホール
Dゾーン:研修センター・音楽博物館


 


 


 



アクトシティ浜松のランドマークは、この浜松アクトタワー。地上45階建、高さ212.77mの超高層ビルでハーモニカをモチーフにした曲線基調の美しい外観が目を引きます。高層階にはオークラアクトシティホテル浜松が入居、中層階はオフィス、低層階は商業施設となっています。ちなみに浜松アクトタワー、三大都市圏以外で高さ200mを超える唯一の超高層ビルです。

 


 



【スペック】
名称:浜松アクトタワー
規模:地上45階、地下2階、塔屋1階
高さ:212.77m
延床面積:150,978.39m2


所在地:静岡県浜松市中区板屋町111-2
より大きな地図で 静岡/浜松-再都市化MAP を表示







開業後16年が経過しましたが、今なお圧倒的な高さを誇っており浜松市のランドマークタワーとして君臨し続けています。

[ 2010/10/15 00:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(12)