大阪環状線の新型323系は2016年12月24日に営業運転を開始!

th_IMG_0313_2016072319172807a.jpg

JR西日本が2016年11月28日に発表したニュースリリースによると、最新鋭323系の営業開始は初の営業運転列車は2016年12月24日に、京橋駅を169分に出発する内回り普通列車との事です。



【出典元】
大阪環状線改造プロジェクト」進行中初の大阪環状線専用新型車両323系がいよいよデビュー!~1224日、営業運転を開始します~











th_IMG_0320_20160723191751adf.jpg



大阪環状線改造プロジェクトの一環として、国鉄型の103系、
201系を置き換える為に2018年度にかけて8両編成21本(計168両)が順次導入される新型車両323系。Twitterなどの情報によると既にLS04編成まで出場し、徳庵では第5編成目となるLS05編成の組成が始まっており、工場内ではLS06編成の製造も進んでいる様です。急ピッチで製造が進む323系ですが、ついに営業開始日が発表になりました!323系のデビューにより、環状線の103系はまさに風前の灯火となりそうです。長年走り続けてきた103系ですが、もう間もなく環状線からは姿を消す事になります。
[ 2016/11/29 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

「BIOSTYLEビオスタイル」プロジェクト 京都・四条河原町における複合型商業施の建設概要が判明

001_20161110143255834.jpg




京阪ホールディングス株式会社は、2016年11月7日に発表したニュースリリースで、同社が京都・四条河原町に計画している複合型商業施設「BIOSTYLE(ビオスタイル)」の建設概要を発表しました。「BIOSTYLE(ビオスタイル)」は、京阪グループの株式会社ビオ・マーケットが有するオーガニック認証の生鮮食品を 中心に、幅広い意味で「身体に良いもの」「生産者、作り手の思いが見えるもの」を商品・サービス として展開し、潤いのある暮らしに貢献するスタイル提案型の新業態です。京都・四 条河原町に建設されるBIOSTYLE(ビオスタイル)」は、そのフラッグシップ的な施設となります。設計、施工者は未定で。2017年3月着工、2019年春の開業を目指しています。



【出典元】
京阪ホールディングス㈱>「BIOSTYLE(ビオスタイル)」プロジェクト 京都・四条河原町における複合型商業施設の開発計画について (PDF)











004_201611101432535be.jpg


建設地は京都市下京区河原町通四条下る稲荷町。河原町通に面した高島屋京都店の南側敷地(約3800㎡)で、建物は地上9階建てとなります。




















002_2016111014325702d.jpg



「BIOSTYLE(ビオスタイル)」の1~2階は「EATゾーン」。1階には自然素材を使ったデリ・カフェや街かどマルシェ、ビオ・マーケットの野菜とオリジナル商品を中心としたグロサリーショップなど、2階にはレストランが入ります。

3階は「CAREゾーン」に設定。“内側から輝くインナービューティーケア”をテーマに、セルフケアとプロフェッショナルケアを統合的に展開します。

4~9階は「STAYゾーン」と位置付け、オーガニック素材のアメニティーやオリジナル飲食メニューの提供などを通じ、ビオスタイルを体感できる約170室のホテルが設けられます。

建物の低層部には、優しい色合いの土壁を取り入れ、ぬくもりが感じられる外観となります。また、ホテルが入る4階から上を吹き抜けとすることで、新鮮な空気と天気、季節の移ろいが感じられる“呼吸する空間”を創出する計画です。










th_IMG_0174_201611110008207f3.jpg


現地の様子です。高島屋京都店南側の好立地です。上層階に入居するホテルは人気を集めそうですね。















th_IMG_0170_2016111100081905f.jpg


ようやく動きがあった、京都・四条河原町「BIOSTYLEビオスタイル」プロジェクト。京阪グループが展開する新業態がどんな感じで仕上がってくるか?開業はまだ先ですが、興味が湧いてきました。

[ 2016/11/11 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

パークハイアット京都が2019年に京都東山に開業!竹中工務店が料亭「山荘京大和」の敷地内にホテルを建設!

th_001_2016110723294173c.jpg


竹中工務店は2016年11月1日発表のニュースリリースで、京都市東山区で料亭「山荘京大和」を運営する㈱京大和と竹中工務店が、同料亭敷地内にホテルを新たに建設することで合意し計画に着手したと発表しました。

「山荘京大和」は改築のうえ、引き続き㈱京大和が料亭営業を継続、竹中工務店は同敷地を借地のうえ、70室程度の高級ホテルを建築・所有する計画で、ハイアット ホテルズ コーポレーションの関連会社であるハイアット インターナショナル アジアパシフィック リミテッドと運営委託契約を締結し、パーク ハイアット 京都」として開業することが決定しました!



【出典元】
竹中工務店ニュースリリース>京都東山にて料亭とホテル事業の計画に向けて合意「パーク ハイアット 京都」2019年開業予定

※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!




th_002_20161107232942f06.jpg

所在地:京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町358他
建物概要:地下4階 地上2階 木造(既存)、鉄筋コンクリート造、鉄骨造
用途:料亭、ホテル(70室程度)
開業:2019年 (予定)




パークハイアット京都は、世界的なラグジュアリーホテルの要素を取り入れながら、二寧坂に面した街並みや周辺との景観に配慮した低層建築とするとともに、歴史的建築物や庭園などは保存・復元し、常に伝統と新しい文化を融合させてきた京都らしさを取り入れたホテル・料亭とする計画で、2016年末に着工し、2019年の竣工を目指しています。

設計・施工は竹中工務店、インテリア設計は国際的な高級ホテル設計を数多く手掛けているtonychi and associatesと竹中工務店の共同設計。近隣地域の期待に応え、世界有数の観光都市である京都に相応しいホテルとなるように取り組んでいく、としています。









ハイアット ホテルズ アンド リゾーツ(Hyatt Hotels and Resorts

アメリカ合衆国に本拠地を置く国際的なホテルグループで、現在、ハイアット、アンダーズなどのブランドで、世界各地で500軒以上のホテルを展開しています。同ホテルグループのブランドの中でもパークハイアット (Park Hyatt)は、隠れ家的コンセプトを持つ、300室以下のスモール・ラグジュアリホテルで、客室数が少ない分きめ細かなサービスができることが特徴です。

京都市内では
近年の外国人観光客の急増を背景に、外資系高級ホテルの開業や建設が相次いでいます。ハイアットも2006年に東山区七条通東大路西入ルに、同ブランドの中核ホテル「ハイアットリージェンシー京都」を開業していますが、上級ブランドである「パークハイアット」は国内では東京のみで、パークハイアット京都は西日本は初めてとなります。








[ 2016/11/08 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

大阪・御堂筋に新たな超高層ビル計画が浮上!オービックが高さ約116m、地上25階建てのホテル・オフィスで構成された超高層複合ビルを建設へ!

th_IMG_0642_20161102221531027.jpg

特報です!

御堂筋沿いに新たな超高層ビル計画が浮上しました。朝日新聞デジタルが伝える所によると、情報システム会社のオービックが、地上25階、地下2階、高さ116mの超高層ビルを建設するそうです。2014年に御堂筋の高さ制限が緩和されましたが、オービックのビルは規制緩和後2箇所目の100m超え超高層ビルの建設となります。新ビルはオフィスとホテルからなる複合ビルとなる予定でホテル運営者は未定、、2017年5月に着工、2020年1月の完成を予定しています。投資額は250億円。












大阪市中心部の御堂筋沿いに、新たなホテルが2020年にもできる。情報システム会社のオービック(東京)が建設する、高さ約116メートルの複合ビルに入る予定だ。ホテルの運営会社は未定だが、外国人観光客の利用も期待できるとしている。
大阪市は御堂筋の一部について原則50メートルとしていた高さ規制を、14年に緩和した。緩和を受けて建設される高層ホテルとしては初めてだ。

 計画するビルは地上25階、地下2階で、投資額は250億円程度を見込む。ホテルのほか店舗やオフィスが入る予定で、17年5月に着工し20年1月の完成をめざす。駐車場や店舗部分を除くと、ホテルとオフィスが全体のフロアの半分ずつを占めるという。オービックは大阪本社ビルを建てるためなどとして、02年以降に土地の取得を進めていた。








th_IMG_0625_20161102220938beb.jpg


計画地は現地では、少し前から地中障害物の解体除去工事が行われている為、
新しいブロジェクトが発表されると予想していましたが、ほぼ予想どおり100m超えの超高層ビルの建設計画が明らかになりました。先日お伝えした御堂会館の建て替え計画大丸本館の建て替えなど、御堂筋沿いの開発も徐々に活発になってきました。御堂筋は高度成長期に建設されたビル群が建て替え時期に差し掛かっているので、これからこの動きがさらに加速するのではないでしょうか。

[ 2016/11/02 11:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

きんてつ鉄道まつり2016 in 五位堂に行ってきました!

th_IMG_0216_20161030220030d05.jpg
きんてつ鉄道まつり2016 in 五位堂にいってきました!鉄道各社は年に1回はこのようなイベントを開催してますが実際に行くのは今回が初めてでした。

会場となった近鉄五位堂検修車庫は、奈良県香芝市狐井にある近鉄の車両車庫で、近鉄が保有する特急用車両の全てと、東花園車庫・西大寺車庫所属の奈良線・京都線車両、高安車庫・明星車庫所属の大阪線車両、富吉車庫・明星車庫所属の名古屋線車両、東生駒車庫所属のけいはんな線車両、古市車庫所属の南大阪線一般車両の全般検査・重要部検査を行っている、近鉄の車両整備の心臓ともいえる需要な場所です。

普段は当然立ち入り禁止の場所ですが、年に1回のこのイベントの時だけは、一般に無料開放され、沿線住民に近鉄の魅力を体験してもらう場となります。




















th_IMG_0142_20161030220032e14.jpg


家族連れでいざ五位堂検修車庫へ。会場に入ってすぐの留置線にとまっている車両が・・・、マニアック過ぎて全然一般受けしていない(笑)。まずは電気検測車はかるくん。近鉄版ドクターイエローですね。


















th_IMG_0147_201610302200323f3.jpg


つづいては、鮮魚列車!なんで鮮魚・・・。伊勢志摩で取れた海産物を奈良・大阪に運ぶ行商人の為に仕立てられたれ列車です。私鉄で鮮魚列車を運転しているのは近鉄だけです。

留置線に展示されている車両は、事業用電車、はかるくん、鮮魚列車、つどい、などマニアックで全く一般受けしない車両ばかりで驚きました。子供受けするAceやビスタカー位は展示してほしかった気が・・・。


















th_IMG_0210_20161030220034c56.jpg


運転士の体験コーナーにはシリーズ21が。急行三木山の表示がなんとも。

















th_IMG_0211_20161030220035d16.jpg


休憩所は休憩電車として1020系が当てられていました。階段を登って電車に乗り込んだのは初めてでした(笑)


















th_IMG_0182_201610302200440bc.jpg


それでは、五位堂検修車庫の中に入ってみましょう!
おおー広い―!!


















th_IMG_0184_20161030220046e28.jpg



更新作業中の車両がゴロゴロいます。まさに圧巻の光景でした。2000両近い近鉄のほぼ全ての車両の検査を行っている五位堂検修車庫の規模は相当なモノです。


















th_IMG_0186_20161030220046bb4.jpg


いままで見たことが無い光景に驚くばかりです。


















th_IMG_0189_201610302200488b5.jpg


こちらは最新鋭汎用特急社Aceです。おそらく塗装変更の最中だと思われます。


















th_IMG_0198_20161030220049e5c.jpg


サニーカーの幕車も作業台に乗っていました。こちらも新塗装化されると思います。幕はLED化されるのかな・・・。


















th_IMG_0287_20161030220130722.jpg


おびただしい数のパンタグラフの在庫です。


















th_IMG_0368_201610302201318bd.jpg


今回のイベントでは車両ピットの下をくぐり抜けるアトラクションがあったのですが、こちらはその時に撮影した連結部の様子です。


















th_IMG_0289_20161030220133253.jpg


40トンクレーンの実演です。巨大な鉄道車両が軽々と持ち上げられ水平移動して行きました。


















th_IMG_0413_201610302201342b1.jpg


初めて参加した「きんてつ鉄道まつり in 五位堂。今回参加して感動したのが、スタッフの方がのサービスが非常に良かった事。閉会時間の間際には、出口付近に数十人のスタッフがズラリと並ばれており、子供とハイタッチ!してのお見送り。我が家の息子も大喜びで全員とハイタッチして会場を後にしました。来年も是非来たいと思いました。

[ 2016/10/30 22:55 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

大阪を訪れた外国人旅行客が1〜9月までで711万人を記録し過去最高だった昨年実績に迫る勢い。暦年で1000万人超えも視野に

th_IMG_0403_201610280015552e8.jpg


大阪観光局は2016年10月25日に「2016年1~9月の大阪を訪れた外国人客数が推計で711万1千人に達した」と発表しました。前年同期比は35%と全国平均を上回り、中国、韓国といった東アジアが著しく伸びなすた。暦年実績で過去最多だった2015年の年間716万4千人を9ヶ月間でほぼクリアしており、年間900万人は確実で1千万人に迫る勢いです。




※9ヶ月間で昨年の年間実績を超えた・・、と書きましたが誤りでした。お詫びの上、訂正致します。





th_IMG_0873_201610280015543c0.jpg



国・地域別では、中国が298万9千人(前年同期比37%増)、韓国が113万5千人(同46%増)、台湾、香港を加えた東アジア4カ国が555万8千人で、東京の549万4千人を上回ったとの事です。格安航空会社(LCC)の就航率の伸びやリピーターの増加など主な要因としてあげられます。そのほか、成長市場のタイが18万5千人(同61%増)、プロモーションを強化していた欧米もフランスが7万6千人(23%増)、アメリカが23万6千人(31%増)など高い伸びを示しました。


















th_IMG_0018_20161028001552215.jpg 


一時期の爆買いは沈静化しましたが、大阪を中心とした近畿圏は観光資源の宝庫で、特に大阪は最新ファッションやエレクトロニクス製品などの「ショッピング」、食い倒れの街ならではの「グルメ」、大阪城や道頓堀の大歓楽街、ユニバーサル・スタジオなど一級品の「観光スポット」といった旅行客の「3大ニーズ」が高濃度に濃縮されており、いずれも世界一級品のハイレベルさを誇ります。さらに京都・奈良の古都にも近く国際空港がある大阪は、外国人観光客にとって交通の便も良く、一番人気なのも頷けます。関西国際空港の第3旅客ターミナルの開業、大阪都心部で多数建設されているホテル群の開業が、さらに来阪観光客数の増加に繋がる、といった好循環が今後も続くのではないでしょうか。

[ 2016/10/28 00:15 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(30)

「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」の関西初出店が明らかに!日本初の寺院山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生!

th_IMG_2795.jpg


東急ホテルズが2016年10月26日に発表したニュースリリースによると、2016年1月に閉館した「御堂会館」の建替着手および「エクセルホテル東急」が関西初出店すると発表、日本で初めてとなる寺院の山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生する事になります。計画地は、大阪市中央区久太郎町四丁目68番5、 敷地面積2,589.76㎡、定期借地権設定期間は2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間。建築・設備設計はIAO竹田設計、構造設計は竹中工務店、施工は同じく竹中工務店が担当します。御堂会館の建替え計画は、東京五輪前の2019年冬の開業を目指しています。



まさかの御堂会館の建替え、さらにホテルを内包した複合高層ビルの建設計画の発表には、本当に驚きました!
※福島区民さんから情報を頂きました、ありがとうございました!



【出典元】
東急ホテルズ>「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」関西初出店のお知らせ









th_IMG_6336.jpg


「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」関西初出店のお知らせ

大阪のメインストリートである御堂筋の名前の由来ともなった「南御堂」難波別院は、これまで400年に亘り、親鸞聖人が顕かにされた浄土真宗の教えを伝えてきました。その中で「御堂会館」は、1961年に難波別院の山門を兼ねて建設されて以来、教化伝道や文化交流発展など大阪市民の皆さまに親しまれてきましたが、施設の老朽化が進み、2016年1月をもって閉館していました。

難波別院は、将来に亘って浄土真宗の教えを発信していくために「御堂会館」が必要であると考え、事業者の資金による建替を模索し、「御堂会館」の建替に着手すべく、積水ハウスグループの積和不動産関西を建替事業者とし、東急ホテルズ(東が運営する「エクセルホテル東急」を主たる用途として決定し定期借地権の設定契約に至りました。



1.建替事業者の決定について
真宗大谷派難波別院では、老朽化が進んでいた御堂会館を2016年1月より閉館し、定期借地権を活用した建替を検討してていました。複数の事業者の中から提案を募り検討を重ねました結果、積和不動産関西株式会社を選定し事業者として決定しました。


2.建替後の主たる用途および運営者について

建替後の用途は、株式会社東急ホテルズが運営する、日本初の寺院山門と一体となったホテルに加え、浄土真宗の教えを
発信していくための難波別院の総合案内所や多目的会議室等を含む、高層の複合施設となります。


3.東急ホテルズが運営するホテルについて

本ホテルは、御堂筋の新たなランドマークに相応しい、関西初の「エクセルホテル東急」として誕生します。これまで多くの人とひととが出会い、心とこころとを結び、広く文化交流の役割を担ってきた難波別院の歴史を継承し、世界各国から集まるお客様に、日本のおもてなしや上質な滞在空間を体感していただける新しいホテルを提案します。


4.事業スキームについて
真宗大谷派難波別院の境内地の一部に60年間の定期借地権を設定した上で、積和不動産関西株式会社が複合施設を建設の上、事業を行います。


5.スケジュールについて
東京五輪前の2019年冬の開業を目指し、既存建物2棟(御堂会館、教化センター会館)の解体、インフラ再整備、及び新築建物の基本設計につきましては既に着手しました。

[ 2016/10/27 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

読売テレビ新社屋の完成予想図がついに明らかに!

 th_001_20161023003516174.jpg


読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。


国土交通省は2016年10月21日、都市再生特別措置法第20条第1項の規定に基づき、2016年9月20日付けで讀賣テレビ放送株式会社から申請のあった民間都市再生事業計画(読売テレビ新社屋建設計画)について、同法第21条第1項の規定により認定しました。(内容等についてはhttp://www.mlit.go.jp/toshi/crd_machi_tk_000016.html参照)

国交省の報道発表資料の中に読売テレビ新社屋の完成予想図が掲載されており、ついに新ビルのデザインが明らかになりました!

※旭さんから情報を頂きました、ありがとうございました!




【出典元】
国土交通省>讀賣テレビ放送株式会社の民間都市再生事業計画を認定



【過去記事】
読売テレビが跡地に新社屋を計画している「シアターBRAVA!」の解体工事の状況 16.07
読売テレビが新社屋を建設する「シアターBRAVA!」の状況 14.09
読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!










th_002_20161023003518ca6.jpg



計画地はホテルニューオータニ大阪の西側、松下IMPビルの南側の敷地です。






th_003_20161023003521e03.jpg


新ビルの概念図です。TV局の社屋の為、非常に複雑なフロア構成になっています。読売テレビの新社屋が完成すれば、同局からOBP発信の情報が増え、エリア全体が再び脚光を浴びる事になりそうです。また、読売テレビの移転後の旧社屋がどうなるか?も今後の続報が待たれる所ですね。
[ 2016/10/23 01:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

スターバックスコーヒー神戸メリケンパーク店~メリケンパークにスターバックスが西日本最大級の広さの関西エリア初の公園内店舗を出店!

001_20161021130216ef1.jpg


2017年(神戸開港150年、神戸市シアトル市姉妹都市提携60周年、神戸港シアトル港姉妹港提携50周年)に神戸メリケンパークにスターバックスが西日本最大級の広さの関西エリア初の公園内店舗を出店!

神戸市は、神戸開港150年記念事業の一環として、メリケンパークの再整備を進めており、広大な芝生広場の整備や歩行者導線の改善、夜間景観の演出などの整備が進んでいます。同市の発表によると、メリケンパークへの新たな施設の導入のための事業者募集を行った結果、スターバックス コーヒー ジャパン(株))が、西日本最大級、かつ関西エリアで初となる公園内店舗を出店することが決まりました。

また、店舗が開店する2017年は、神戸市とシアトル市との姉妹都市提携60周年及び、シアトル港との姉妹港提携50周年の記念すべき年で、シアトル市に本社のある代表的企業でシアトル・神戸姉妹都市協会のメンバーでもあるスターバックスコーヒー社のメリケンパーク内への大型店舗の出店が、今後益々の両市交流のシンボルになる事が期待されます。


【出典元】
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2016/05/img/20160516171402-01.pdf









003_201610211302146be.jpg


店舗は神戸海洋博物館の南側で、海と山が見渡せる好立地。床面積360㎡と西日本最大級の広さになる見込みです。
新店舗は2階建てで、店内80席、テラス50席を設ける予定で、2階は開口部を広くとり、丸みを帯びた外観となっています。新店舗の外観デザインは「コーヒーを飲みながら神戸港を遊覧航行する船の船首」をイメージしています。営業時間は午前8時から午後10時の「予定です。












IMG_0388_20131125224350765.jpg

世界一美しいスターバックスに選ばれた事がある「富山環水公園店」



スターバックスコーヒーの店舗の中には、デザイン性にこだわって作られた「コンセプトストア」があります。コンセプトストアは、その土地の歴史や文化などを色濃く取り入れたテーマを掲げ、外装やインテリア等、デザイン性にこだわって作られた店舗で、ただ珈琲を飲む空間だけではない、特別な空間が演出されています。建築家 隈研吾氏により「自然素材による伝統と現代の融合」というコンセプトをもとに設計された「太宰府天満宮表参道店」や、世界一美しいスターバックスに選ばれた事がある「富山環水公園店」などが有名ですね。


【スターバックス特別ストア】












002_20161021130217e3a.jpg



≪出店概要≫
・店 舗 名:スターバックス コーヒー 神戸メリケンパーク店
・住  所:神戸市中央区波止場町46番地(メリケンパーク内)
・営業時間:8:00~22:00(予定)
・店舗面積:約360平方メートル
・席  数:130席予定(店内80席 テラス席50席)
・開 店 日:平成29(2017)年 4月(予定)



スターバックスコーヒー神戸メリケンパーク店は、メリケンパークという立地から、開店後は大いに注目を集める事になりそうです。


[ 2016/10/21 20:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

うめきたガーデン - 大阪駅北《花と緑の庭園》大阪駅北に花と緑があふれる庭園がオープン!(2016年10月7日〜2017年3月20日)

th_IMG_0413_2016101923071851d.jpg


うめきたガーデン - 大阪駅北《花と緑の庭園》は、JR大阪駅北側、梅北2期エリアに期間限定で設けられた庭園です。殺風景だ都会の真ん中に花と緑があふれる庭園が誕生。 国内外で活躍する庭園デザイナー、石原和幸氏が手がける2つの庭や10万株の花畑、植物の壁で囲まれた小径など、さまざまな花と緑が楽しめます。


【公式HP】
うめきたガーデン








th_IMG_0444_20161019230716ff6.jpg


グランフロント大阪側から見た、うめきたガーデンの様子です。












th_IMG_0449_201610192307141c4.jpg


会場の中心部に位置する「花咲く丸太小屋」付近の様子です。写真右側にはガレージガーデンが見えます。














th_IMG_0451_201610192307135c0.jpg


会場の一番置くには2本の滝が流れる幅30mのメインガーデンがあります。













th_IMG_0453_20161019230711565.jpg


引き気味のアングルで見た、うめきた2期エリアと、うめきたガーデンの様子です。スカイビルと絡めて位置関係が良く解ると思います。


うめきたガーデン - 大阪駅北《花と緑の庭園》・開催期間
・開催期間
2016年10月7日(金)~2017年3月20(月・祝)

・開場時間
午前10時~午後5時(入場は4時30分まで)

・入場料
一般(大学生以上)1,000円 / 小・中・高生500円

[ 2016/10/20 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)