3rdブログ:2階リビングの家での快適生活!を更新しました。

 th_001_201610180053356bf.jpg


3rdブログ:2階リビングの家での快適生活!を更新しました。
2階リビングへの冷蔵庫の搬入やテラス屋根の取り付けなど、色々やってます(笑)
再都市化で紹介するのは・・・といったジャンルも果敢に挑戦する雑記帳的なブログにする予定です。














[ 2016/10/18 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(1)

日本一の超高層ビルマニア@関西人さんが「日本のビルベスト100」を出版!!

th_IMG_0019_2016100623523988a.jpg


おそらく日本一の超高層ビルマニアであろう、
@関西人さんが「日本のビルベスト100」を出版されました!「日本のビルベスト100」は、@関西人さんが厳選した全国の超高層ビル100棟を紹介する書籍です。Amazonで注文したのですが、先ほど帰宅すると自宅に宅配便が届いておりワクワクしながら封を切って書籍を手にしました(笑)


【@関西人さんのサイト&ブログ】
超高層ビルとパソコンの歴史

東京・大阪 都心上空ヘリコプター遊覧飛行
陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪









th_IMG_0021_2016100623523817a.jpg


書籍の構成は・・・
1(Landmark)2(Form)3(History)4(Technology)の4部構成となっており、それぞれの切り口から@関西人さんが厳選した超高層ビル達が掲載されています。この本のオモシロイ所は単なるデータベースや写真集、技術解説書などの枠には収まらない、純粋な「ビル好き」が純粋に「ビルの魅力」を語っている所です。このキャッチコピーやワンポイントアドバイスはホンモノのビル好きにしか書けません!


また、「
日本のビルベスト100」では@関西人撮影の写真以外にも、超高層ビビルシリーズの中谷幸司氏、大阪ビル景の石原祥氏から多くの写真の提供を受けており、まさに日本を代表するビルマニア達の合作と呼べる高品質な作品に仕上がっています。











th_IMG_0022_2016100623523793e.jpg



本人も書かれていましたが、普段の生活で街の中で超高層ビルを見ると思わず見上げてしまう様なライトなビル好きの人を、さらにビルの魅力の深みに誘う「語り」が本書の魅力だと感じました。@関西人さんは長年の経験と蓄積された知識量が半端ではないので、文章の深みが違います。非常に読み応えのある本だと思います。

多くのビルマニアがそうだと思いますが、僕も@関西人さんがWEBサイト「超高層ビルとパソコンの歴史」を立ち上げた頃からの読者の一人で、当時トップページに掲載されていた「コラム」を毎回楽しみにしていました。その後はブログ形態に以降し、東・西2つのブログを毎日更新するという超人的なペースで現在に至るまで情報発信を続けられています。まさに超高層ビルマニア界の先駆者、「フロントランナー」。そんな@関西人さんが満を持し出版された「日本のビルベスト100」は、まさに全ビルマニア必携の書と言えそうです。


興味のある方、湧いてきた方は、是非手に取って
「日本のビルベスト100」を見てみて下さい。読めば、更に超高層ビルを見る、街を歩くのが楽しくなりますよ!




[ 2016/10/07 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(1)

ブロガー名刺を造りました!大阪都心部の超高層ビル群のシルエットがカッコイイ(自画自賛)

th_IMG_0298_201609142254428ec.jpg



ブロガー活動を続けて困ったことがありました。色々なイベントに参加した時に他のブロガーさんが大体「オリジナル名刺」をお持ちなのですが、僕は持ってない、というシチュエーションが何回かありました。特にネット上では知ってる方と、初めてリアルでお会いした時に困りました。

そこで、前回の
こみっく トレジャー27 」で知り合った、すぴら(supira)さんにお願いしてオリジナル名刺を作成して頂きました!ブログ:Re-urbanization -再都市化-のイメージカラー「緑」をベースに大阪都心部の超高層ビル群を図形化したデザインがカッコイ!!



当ブログのイメージカラーの緑は、再開発によって誕生した超高層ビルなどにより、都市の立体利用によって生み出されたスペースが緑化されて行き、100年後には大阪都心部が森のような豊かな緑に包まれてほしい、という再開発を通じて僕が思い描いているイメージから来ています。

すぴら さんにはイメージを伝えただけなのですが、いきなりこのデザインに近いラフ案が送られてきて驚きました。そして微調整して頂き名刺デザインが出来上がりました。肩書の「都市開発研究家」は言ったモン勝ちなので笑ってやってください(笑)



すぴらさん、本当にありがとうございました!

PS:名刺の裏面にはあるビルの写真が掲載されていますが、こちらは現物を見てのお楽しみです(*^_^*)
どこかのイベント会場でお会いした時にでも・・・!




◆名刺デザインならSupineco Design Studio
SupinecoDesignStudio











th_IMG_0035_20160201235835bbf.jpg
※上記写真は前回発売された高層画報vol.1


PS:Toshiさん、すぴらさん、涼さんが参加されているサークル「超高層ビルを愛でる会」さんの新刊

高層画報 vol.2が、
大阪咲州のインテックス大阪で行われる同人誌展示即売会「こみとれ28」で販売されます。

こみっく★トレジャー28(2016/09/18日)2号館 ヌ-20ab
http://moestructure.com/c90/

1作目のクオリティが同人誌の領域を超える出来栄えだったので第2弾も期待出来そうです。当日は僕は引っ越し作業中なので、応援に行けるかどうか微妙ですが、行けたら少しだけでも顔を出したいと思っています。読者の皆様も一度インテックス大阪まで足を運んでみてはいかがでしょうか。普段ネットの中で活躍されている執筆陣と触れ合える貴重な体験で刺激的ですよ!


[ 2016/09/15 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(3)

ビルブロガーの会メンバーが遊覧船で夕涼み。船からから見る水都大阪の夜景は最高でした!

 th_P_20160909_200311_LL.jpg



不定期に集まってワイワイと飲んだり食べたり、話したり、楽しんでいる「ビルブロガーの会」。今回はゴリモンさん、Toshiさん、ショーケンさん、日経不動産マーケット情報の本間さん、建設ニュースの朝野さん、私ロングの6名参加で楽しんできました!



【今回の参加メンバーさま】

「ゴリモンな日々」ゴリモンさん 
「大阪 at Night -大阪の夜景-Toshiさん
OSAKAビル景」Shokenさん 
「日経不動産マーケット情報」本間さん
「建設ニュース」朝野さん














th_IMG_0289_20160914002115197.jpg


今回乗船した船は・・・

御舟 かもめ | 大阪の小さな船旅

定員10名(朝ごはんクルーズは8名)。オープンデッキ5畳、建屋3畳、床座スタイル(こたつあり)。簡易トイレ設備あり。全便ともお茶付きで飲食物の持ち込みも可能です。













th_P_20160909_200257_LL.jpg


今回の会場は、Toshiさんの提案により遊覧船をチャーターしての水上ツアーとなりました。もうの乗り込む前からワクワクが止まりません!!天満橋のス―パーでビールやハイボール、ツマミ類を買い込んでいざ出港!



















th_P_20160909_201249.jpg


うおおっ!!水面が・・・近い!そして気持ちいいいいいぃぃぃ!!!















th_P_20160909_201830.jpg



夜の大阪をクルージングするのは初めての体験ですがメッチャ良かったです。ああ、仕事じゃなかったらEOSを持ってきたのに・・・、と今回の写真は全てスマホでの撮影です。




















th_P_20160909_205138.jpg



淀屋橋と中之島西部の超高層ビル群の様子です。ビルブロガー的にはこの辺りの眺めがクライマックスでしょうか。普段の眺めとはまた違った感じです。やっぱりEOSを持ってくれば・・・(以下略)














th_P_20160909_210304.jpg



淀屋橋でUターンして、東横堀川を南下します。写真は途中の閘門で水位調節している様子ですが、船の上では水位の変化を体感する事はできませんでした。阪神高速道路1号環状線の高架下を行く、われらが遊覧船「御舟かもめ」。


















th_P_20160909_213109.jpg


阪神高速の高架下のダンジョン感を味わいつつ、船は道頓堀に・・・!ほろ酔い気分に道頓堀のネオン街の眺めは、刺激的!ビルブロガーでありながら、超高層ビルが見えない、ここでテンションがMAXに(笑)ゴリモンさんがグリコサイン前の船上でゴールインポーズを決めるっ!!












th_P_20160909_213259.jpg



初めての大阪都心部のナイトクルージング。同じ趣味の仲間が集まっているので、ブログにはとても書けないディープな話題も飛び出したり、後半は全く関係無い話題で盛り上がったりと、あっ言う間に時間が過ぎました!













th_IMG_0293_2016091400213241a.jpg





乗船した、
| 御舟 かもめ | 大阪の小さな船旅さんはこんな感じの小さな遊覧船です。オープンエア席が最高でした!潮位の関係で今回は、淀屋橋を通過する事ができませんでしたが、次回は是非中之島西部エリアまで行ってみたいと思いました。


[ 2016/09/14 12:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(7)

ビルブロガー会議に来場いただいた「ねく」さんからイラストを寄稿頂きました!

 th_OSC3姉妹


前に、ねく@倦怠系男子さんが作成された動画「大阪ステーションシティを定点観測をご紹介した事がありましたが、今回は「ねく」さんから寄稿いただいた大阪ステーションシティ3姉妹のイラストをご紹介したいと思います。いわゆるビルの擬人化イラストなのですが、傘のデザインがステーションシティのドーム屋根をモチーフにしていたり、321系のクリアな紺色のフロントマスクのモチーフ、ノースゲートビルディングの壁面をモチーフにしたスカートなど、ねくさんの解釈で描かれたキャラクターが中々キュートですね。ねくさん、イラストを寄稿いただきましてありがとうございました!


【ねくさんのブログ】
夢遊病

[ 2016/03/01 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(1)

「超高層ビルを愛でる会」のメンバーと交流し刺激を受けてきました!

 th_IMG_0035_20160201235835bbf.jpg


今回、大阪at NightのToshiさんに誘われて、超高層ビルを愛でる会が参加している「こみっく トレジャー27 - こみっくトレジャー」に応援!?に行ってきました!こういったコミケ的な同人誌即売会に参加するのは初めてで、ホンマに圧倒されまくりでした。しばらくブースで販売応援をした後、大阪ビル景のショーケンさんと二人でグルグルと会場を見て周りましたが、もう凄いのなんの・・・。まさに混沌、カオス。情報過多を情報タカと言い間違えるぐらいビックリしました。

今回の知り合った超高層ビルを愛でる会の新刊が「高層画報」
モエストロさん、なかやんさん、Toshiさんぴらさん、涼さんなど豪華な執筆陣が参加している、もはや素人制作のレベルを超えた出来栄えのです。コミトレでは、モエストロさん、すぴらさん、涼さんと初めてお会いする事が出来ました。



Sidentity~ストラクチャー的風景~ by すぴら さん 
上の画像の右側のハイセンスな本「skyscraper comparison」は、すぴらさんの作品です。印象深い表示の画像は、なんと大阪東京海上日動ビルディング。このビルのココを切り取るかっ!自宅に帰ってから。こちらの画像集をじっくりと見て納得。こりゃ凄いわ。。。



Nighthiking & Nightview〜夜景を見るためのナイトハイキングコース by 涼さん
ナイトハイキングとは・・・夜の暗い時に登山し、山頂や山の展望地から素晴らしい夜景を望む。まさに一石二鳥の活動です。ナイトハイキングは夜の登山で、 昼間の登山より危険度が増す事、 たかだか10分程度のコースでも実際に遭難した人もいる事など、「山を甘く見るな!」的な所をしっかり啓蒙されている所などが経験値の高さを物語っています。 ナイトドア(ナイト・アウトドアの略語)なんかも楽しそう・・。夜景登山家の涼さん、これまた凄い人でした。











th_IMG_0038_20160202000046d9c.jpg 
ビルヲタの僕に超弩級のカルチャーショックを与えた「萌えストラクチャー」発、ビルの擬人化


萌えストラクチャー
高層ビルを擬人化する!!」まさに新ジャンルを開拓した先駆者「モエストロ」さん。初めてネット上で、その擬人化イラストを見た時の衝撃の大きさはハンパじゃなかったです。しかも、単にカワイイく萌え化しただけでは無く、対象とするビルの特徴を的確に捉え衣装のデザインとする、その「比喩表現力」は、まさにセンスの塊。オンリーワンな存在です。ご本人もとても気さくな方でした。


今回、コミトレ終了後に、超高層ビルを愛でる会のメンバーの方々と一緒に食事をする機会がありましたが、ほんとに色々なセンスを持った人と交流するのは刺激になりますね〜。ホンマに楽しかったです!行く行くは色んな方々とコラボして、何か新しい事を発信出来たらいいな。と思いました!


今回のイベントに参加できなかった方は、メロンブックスとらのあなCOMIC ZINで委託販売されているそうです。








[ 2016/02/02 01:30 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(0)

年始予想2016

th_IMG_0421_201601062358342fd.jpg



年始企画として毎年恒例になっている「昨年の年始予想の振り返りと「今年の予想」記事をアップするのが少し遅くなりましたが、今年も、昨年の予想はどうなったでしょう?振り返ってましょう!ドンピシャ当たった予想、まったく当たらなかった予想。妄想が現実になった予想もありました。


【過去記事】
年始予想2015
年始予想2014
年始予想2013
年始予想2012
謹賀新年2011
謹賀新年2010









mgmosaka1.jpg
Our Vision For A Japan Integrated Resort

年始予想1,大阪夢洲へのカジノ勧誘が現実に、2020年に一部オープンの計画が判明する?

一昨年の夏〜秋口にかけてカジノ運営会社の幹部が相次いて大阪を訪問し、かなり盛り上がった為、期待を込めた予想でしたが、こちらは具体的な動きはありませんでした。2015年は大阪都構想を巡る住民投票とその後の大阪府知事、市長ダブル選挙の影響が大きく、カジノを中心としたIRプロジェクトの進展は見られませんでした。







th_P1170685.jpg


年始予想2,LCC増便を原動力に関西空港の利用客数がさらに増加。年間利用客数は2100万人を突破する

こちらは予想が当たりました!新関西国際空港会社が2015年12月に発表した2015 年(平成 27 年)11 月運営概況(速報値)によると、暦年カウントで1月〜11月までの11ヶ月間で2128万人を記録しており、12月を待たずに2100万人/年の旅客数を突破するという快進撃振りでした。一昨年の12月度の利用客数は164万人ですが、今年は11月度で約200万人の実績となっている為、12ヶ月間の利用客数(暦年)は2300万人/年程度で着地しそうです。








th_IMG_0119_20160106230821ea9.jpg

年始予想3,関空の躍進を受けて大阪都心部に新たな国際級ホテルが進出、第二ヒルトン(コンラッド)が進出?


こちらは予想がほぼ当たりました!まだ確定ではありませんが、建設中の中之島フェスティバルタワーウエスト(仮称)の高層部にコンラッドの入居が見込まれている旨の報道がありました。コンラッドはヒルトングループの上級ホテルブランドで日本で、もし大阪進出が本決まりになれば、は東京に続く2カ所目の出店となります。これも旺盛なインバウンド需要の賜物かもしれませんね。










th_IMG_0227_20160106231406062.jpg


年始予想4,大阪環状線プロジェクトにより、JR京橋駅の大規模リニューアル計画が浮上?


こちらの予想はハズレました。変わりと言っては何ですが、天王寺駅東口〜跨線橋の耐震化工事が始まり、同時にリニューアルも実施される見込みです。環状線の一大拠点駅である、JR京橋駅もこのままの訳はありませんので、その内大規模な改良工事が行われる事を期待したいと思います。








th_P1160994.jpg


年始予想5,JR大阪三越伊勢丹をリニューアルしたルクア1100が大盛況となり、JR西日本の収益にプラスの影響を与える

こちらの予想は・・三越伊勢丹時代と比べると、かなりの集客に成功している様に見られるので、おそらく当たっていると思いますが、確証はありませんので的中率は△といった所です。通年で数値目標を達成したかどうか?伊勢丹時代とくらべて絶対額はプラスかマイナスか?は、JR西日本からの公式発表を待ちたいと思います。








th_IMG_2043_20160106233230d39.jpg

年始予想6,今年こそヨドバシ梅田2期棟が着工される。高さは148mで高層階は新阪急ホテルが入居。


こちらの予想は大ハズレ。昨年に続き、全くと言っていいほど動きが見られませんでした。ヨドバシ自身は東京の新宿本店の建て替えや、ネット通販がらみで物流センターへの投資を行っており、梅田2期計画については今しばらく塩漬け状態が続きそうな雲行きです。







th_P1020900.jpg

年始予想7,大丸心斎橋本店の建て替え計画が具体化、ダイビル本館形式で低層部を保存し超高層化する計画が判明、賛否両論が巻き起こる?


こちらの予想の的中率は△といった所でしょうか?予想通り御堂筋側の外観を保存しつつ高層化する建て替え計画が発表されましたが、
ダイビル本館のような超高層化はされず、北館と道路上で接続し一体的なフロア構成を目指す計画となりました。大丸心斎橋本店本館は昨年末で惜しまれつつ営業を終了しています。








th_IMG_0190.jpg

年始予想8,瀧定大阪旧本社ビル、隣接するSPP大阪ビル跡に高さ170m級のタワーマンション建設計画が浮上する?


こちらの予想は大ハズレでした。旧ビルの解体工事は予定どおり進みましたが、再開発計画自体は延期され、コインパーキングとして暫定利用が始まりました。残念!








th_IMG_1670.jpg



年始予想9,大阪市北区長柄西1丁目・関西大学天六キャンパスの一体開発計画が浮上、高さ150m2棟を含む複数のタワーマンションが計画される


こちらの予想もハズレました。阪急不動産からはジオ天六ツインタワーズの計画が発表されましたが、高さ100mを超える超高層ビルではありませんでした。













th_IMG_5076_201601062354180e4.jpg

年始予想10,四つ橋線へのホームドア設置&ワンマン化計画が判明する

こちらの予想もハズレました・・・。御堂筋線の心斎橋駅・天王寺駅へのホームドアの設置完了後、大阪市営地下鉄のホームドア設置は足踏み状態です。今年は新たな投資計画が浮上して欲しい所です。




【今年の予想】

2016年の予想はこんな感じです。昨年期待して実現しなかった大阪ベイエリアへのリゾートを中心としたIR施設の勧誘について今年こそ具体化して欲しいと思います。また、訪日外国人の増加傾向はとどまる事を知らず、さらに増加すると予想しています。関空の利用客数は数年後には3000万人/年を突破するでしょうね。ただ、これらの訪日外国人客の増加が地域経済にどの程度の波及効果をもたらしてくれるかは未知数です。JR西日本はOSCの開発と北陸新幹線の開業という2大PJが一段落したので、近畿圏への積極投資が本格化すると予想します。願わくば新たな超高層オフィスビルの開発計画が浮上して欲しい所ですが、どうなる事でしょうか・・・。

1,今年こそ、大阪夢洲へのカジノ勧誘が現実になり、具体的な開発スケジュールが明らかになる。鉄道アクセスは地下鉄中央線の延伸のみでスタート?


2,LCC増便を原動力に関西空港の利用客数がさらに増加。年間利用客数は2600万人を突破する。訪日外国人旅客数は実数で成田空港に迫る。第4ターミナルの建設計画と2期空港島連絡橋の建設計画が具体化。


3,梅北2期エリア開発のマスタープランが発表され、再開発計画の概要とスケジュールが判明する。超高層ビルは3~4本程度。


4,大阪中央郵便局跡の再開発計画が具体化し、開発スケジュールが判明する。当初計画よりも若干縮小(高さ150m)される。


5,JR西日本が北陸新幹線の開業とルクア1100など流通部門の盛況により過去最高益を記録、新商業施設の開発、各駅のリニューアル、新車投入など、設備投資がさらに活発化する。


6,御堂筋沿いで新たな100m超えビルの開発計画が浮上、高層階は高級賃貸レジデンスのビルの建設計画が判明する。


7,なにわ筋線の建設について、建設母体やスケジュールが具体化する。まずはJRなんば~JR北梅田駅間のみが建設され南海は乗り入れせずJRのみの運行計画が明らかに。


8,精華小跡、ホテルプラザ跡の再開発計画は一旦白紙に。この2つの再開発案件は暫く停滞する。


9,東京一極集中是正の一環として、一部官庁の機能の大阪移転が発表される?ただし、ガス抜き程度の実施計画で波及効果は疑問視される。


10,今年こそ、四つ橋線へのホームドア設置&ワンマン化計画が判明する。また、本町駅でテスト導入された新サインシステムが大々的に各駅に導入され始める


[ 2016/01/10 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(7)

2016年・新年明けましておめでとうございます!

 th_IMG_0370_20160101095906890.jpg




新年明けましておめでとうございます!


昨年は、当ブログを応援して頂いて、本当にありがとうございましたm(__)m今年も頑張って更新を続けてゆきますので、宜しくお願いいたします。




2016年1回目の更新は、中之島付近から見た初日の出です。

仕事納めから昨日まで、緊張の糸が切れた為でしょうか?体調を崩して自宅で寝込んでいました。しかし、今日は元日。天気予報は数年ぶり(金沢時代含め)の晴天予報。「これは初日の出をGETせねば・・」との使命感!?に駆られて、眠い目を擦りつつ、夜明け前の阪神高速をすっ飛ばして大阪都心まで撮影しにいってきました。その甲斐あって、水辺と高層ビルと初日の出の組み合わせという、当ブログに相応しい写真が撮影できました。


昨年は、家族全員が大阪に移住した事、その為家族と過ごす時間が劇的に増えた事、ビルブロガーの会に参加して同じ趣味の仲間が増えた事、また、仕事が多忙を極め、週1回は会社に寝泊まりする有り様で、取材・記事更新が困難を極めた事、それでもブログの更新を続けられた事など、今までの限界を色んな意味で突破した気がします。


2016年はプライベートは穏やかに、仕事はもう少し要領よく、趣味は新しい領域に踏み出して行きたいです。特にブログに関しては新しい事に挑戦出来てないと自分では強く感じているので、何か新しい事をやって、ブログ活動をもっと楽しんで行きたいです!そんな感じの
Re-urbanization -再都市化-ですが、本年も何卒応援のほど宜しくお願い致します。



2016年1月1日:ロング


[ 2016/01/01 10:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(3)

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 東日本編に写真を提供しました!

th_IMG_0101.jpg


講談社から出版された書籍、デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 東日本編(八幡 和郎)に写真を提供させて頂きました!




こちらの書籍では貴重な2つの情報が提供されています。1つは、デジタル鳥瞰図。空撮写真を地図に取り込んで標高を強調し、立体感を強化したCGで、制作にはカシミール3Dが使用されています。もう1つは、終戦前後に米軍や日本陸軍が各都市を空撮した古写真。この2つを見くらべてみる事で、戦後の大発展がよくわかります。

これらのデジタル鳥瞰図(鳥瞰CG)と古写真を紹介しながら、全国47都道府県庁所在都市のうち東日本の24都市について、地理的特徴を中心に、現在の都道府県や市が成立するまでの歴史的経緯や、名物・自慢話など、多様な観点から各都市の魅力に迫っていく内容となっています。東日本編では、《北海道、東北、関東甲信越、北陸、東海の24都市を収録》されています。

















th_IMG_9817.jpg


ちなみに提供させて頂いた画像はこちら。札幌テレビ塔から見た、札幌市役所の写真です。
[ 2015/08/09 13:58 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(1)

☆第1回ビルブロガー会議 ~関西のビルの魅力を語り尽くそう~☆に参加しました!

 11060288_415747928614501_2880377301339641963_n_original.jpg


建設ニュースさん主催のビルブロガーを中心としたトークイベント「☆第1回ビルブロガー会議 ~関西のビルの魅力を語り尽くそう~☆」に参加しました!当日は台風が近畿地方を直撃する中、多くの方に参加頂く事が出来、大変盛り上がることができました。他のブロガーたちとの対談も面白く、それぞれのコダワリや考え方などを知る事が出来、とてもたくさんの刺激いただきく事ができました。また、多くの読者さんと実際に出会う事が出来、そして直接応援のお言葉をいただけた事が本当にうれしかったです。


自分自身、こういったイベントに参加したのは初めてで、若干の緊張がありましたが、とても楽しい会になり、あっと言う間に時間が過ぎてしまいました。また、こういった機会があれば是非参加したいと思いました。来場者の皆様、パネラーの皆様、主催者の方々、本当にありがとうございました!







僕らはなぜビルに魅せられ、ビルを撮るのかーー。

関西を代表するブロガーたちが有名建築家の“作品”でもなく、文化財でもない街角のビルを巡る日本初(?)のトークイベントを開催します。随一の梅田ウォッチャーとして知られるゴリモン氏(「ゴリモンの日々」)、足で稼いだ情報で大阪の再開発動向を網羅するロング氏(「Re-urbanization -再都市化-」)をはじめとする各氏が縦横無尽に語り合います。

参加予定者
・ゴリモン氏  「ゴリモンな日々」
・ロング氏   「Re-urbanization -再都市化-」
・Toshi氏    「大阪 at Night -大阪の夜景-」
・Shoken氏   「OSAKAビル景」
・本間 純氏  「日経不動産マーケット情報」副編集長
・朝野 悟司  「建設ニュース」

主なトピック
・こうしてビル好きになった! サイト誕生秘話
・私のイチ押しビル、その理由
・うめきた2期開発案、勝手に選考会
・大赤字! 失敗プロジェクト列伝
・不動産・建設ジャーナリストの言いたい放題、など

開催日時
2015年7月17日(金) 午後7時15分 ~ 8時45分(午後7時開場)

開催場所
グランフロント大阪 北館7階 ナレッジサロン プロジェクトルームG・H
(大阪市北区大深町3-1)

参加費
無料(アルコール類を含むドリンクは実費) ※飲食物の持ち込みはできませんが、会場内バーカウンターで購入可能です。水は用意します。

定員
先着30名(事前申込制) 
※お陰様で満席となりました。現在申し込んでいただいた場合、キャンセル待ちとなります。

お問い合わせ
会場について=ナレッジサロン(06-6372-6438)
その他について=株式会社建設ニュース(info@constnews.com)

主催
株式会社建設ニュース

アクセス
グランフロントの中は迷いやすいです。ご注意ください。

[ 2015/07/18 14:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(13)