大阪・道頓堀の「ピップ看板」がLEDビジョンの時計台にリニューアルされる!

th_IMG_4113-001.jpg


大阪・道頓堀にある「医療関連用品のピップ」の電光掲示板がリニューアルされました。会社のロゴを表示した従来の看板から、アナログ式の時計を表示した大型LEDビジョンになりました。1時間ごとに映像も流れるそうです。











th_IMG_4114.jpg


新しい「ピップ」のLEDビジョンの様子です。大きさは縦約10m、横約6.5m。道頓堀のランドマーク、グリコマン・サインの左上に位置しており、PR効果は抜群です。ピップの看板は1982年に道頓堀に設置され、今回で3代目です。ピップが来年創業110年を迎えるのを記念して、付け替えられました。











th_IMG_4112.jpg


最近の戎橋界隈は世界的な観光名所となり、特に「グリコマン・サイン」の知名度は抜群で「ゴールインポーズ」を決めて記念撮影する観光客がメチャクチャ増えました。さらにLEDビジョン化された大型看板が増加しつつあり、一段と華やかになってきました。










th_IMG_4118_201712062323581e3.jpg


奥に見えるツタヤの超大型LEDビジョン「ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン」が戎橋界隈を一気に華やかな印象に変えました。次は、上の写真の左側、アサヒスーパードライの看板を曲面一体型の巨大LEDビジョンにしてほしい所です。














th_IMG_4123.jpg


「ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン」の様子です。屋上部(幅18,6m高さ10.2m)と壁面(幅15.4m、高さ17.3m)の2面構成の巨大ビジョンで総面積は約455㎡もあります。













th_IMG_4122.jpg


LEDビジョン化が進む南側に比べると、戎橋の北側はまだ固定看板ばかりです。そろそろ北側にも巨大LEDビジョンが欲しいですね。











th_IMG_4106.jpg


相変わらずのにぎわいを見せる戎橋界隈。今回リニューアルされた「ピップの看板」も繁華街の華の1つとして、明るく輝いていました。戎橋界隈は世界的な繁華街として、ニューヨークのタイムズ・スクエア負けない位の超先進的な広告看板の集積地となって、ほしいと思いました。





[ 2017/12/07 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」のライトアップは幻想的!

th_IMG_4022.jpg

今年で4回目を迎え、だんだんと冬の大阪の定番イベントとなってきた、
「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」。今年も大阪駅前、グランフロント大阪のうめきた広場に特設リンクが登場し多くの利用者で賑わっていました。開催日程は2017年11月18日(土)~2018年3月4日(日)です。













th_IMG_4054_201712042324530af.jpg


今回はライトアップされた夜の様子をご紹介します。こちらも毎年恒例となりましたが、今年も幻想的な雰囲気でメッチャいい感じです。












th_IMG_4026.jpg


・・・と。あれれ?沢山いたお客さんがスケートリンクから消えました。











th_IMG_4031.jpg


グオー、グオーと音を立てて走りだしたのは、スケートリンクのコンディションを整える整備車両です!ホンモノの氷なので、定期的なメンテナンスが必要なんですね。












th_IMG_4037.jpg


整備車両の秘密基地は、会場の西側にありました。珍しい光景に出くわした為でしょうか?観客も釘付けです。













th_IMG_4033.jpg


まさに、つるんつるんになった、アイススケートリンクの様子です。












th_IMG_4043_20171204232505930.jpg


今年のセンターはZAQのキャラクターでした。














th_IMG_4048_2017120423250382f.jpg


ほどなく「作業完了しましたー、ご協力ありがとうございました!」のアナウンスとともにお客さんが再び滑りだしました。





[ 2017/12/06 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(0)

今年もうめきた広場にスケートリンクが登場!「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」は2018年3月4日(日)まで開催!

th_IMG_3836.jpg


今年で4回目を迎え、だんだんと冬の大阪の定番イベントとなってきた、「ウメダ☆アイスリンク つるんつるん」。今年も大阪駅前、グランフロント大阪のうめきた広場に特設リンクが登場し多くの利用者で賑わっていました。開催日程は2017年11月18日(土)~2018年3月4日(日)です。













th_IMG_3840_201712042236529a9.jpg



【公式HP】
ウメダ☆アイスリンクつるんつるん|MBS公式 - 毎日放送


◆開催日程
2017年11月18日(土)~2018年3月4日(日)
※2018年1月1日(月・祝)休業
※雨天等により会場運営側の判断で営業時間変更や中止になる場合があります。

◆営業時間
[オープン]平日12:00/土日祝・12/25-1/8は11:00
[クローズ]20:30 ※最終入場は20:00
※12/17(日)は12:30 OPEN

◆会場
グランフロント大阪 うめきた広場

◆滑 走 料(貸靴料・消費税込)
大人1,500円
大学生1,300円
高校生1,200円
中学生・小学生以下1,000円

★19時以降ナイター割引(平日限定・会場で販売)
大人1,000円*12/25-1/8除









th_IMG_3842_20171204223652626.jpg


ウメダ☆アイスリンク つるんつるんの様子です。大阪駅の目の前に今年も本格的なスケートリンクが登場しました!










th_IMG_3845_2017120422365690a.jpg

当初は、氷を使わないXtraiceという樹脂プレートで出来たスケートリンクで始まった「つるんつるん」ですが、昨年から本物の氷に変更され、今年も氷のリンクで開催されています。















th_IMG_3851.jpg

毎年の事で見慣れてきた気もしますが、やはりこの巨大なビル群の目の前にアイススケートリンクがある事は凄い事だと思います。









th_IMG_3850_20171204223658591.jpg


最後はグランフロント大阪のタワーAとウメダ☆アイスリンク つるんつるんの様子です。




[ 2017/12/05 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(1)

「0号線のPLATFORM」梅田阪急ビル1階 南北コンコース クリスマス・イルミネーションが開催中!

 th_IMG_3629.jpg

阪急電車の梅田駅があった梅田阪急ビル1階(阪急百貨店うめだ本店前)の南北コ ンコース。例年クリスマス・イルミネーションが実施されていますが、今年も華やかな空間演出が行われています。クリスマス・イルミネーションのタイトルは「0号線の PLATFORM駅があった南北コンコースの歴史的な景観や賑わいなどに 思いを馳せ、2015年から『過去と未来を結ぶ出発点』をテーマに始まりました。


【出典元】
「0号線のPLATFORM 」がフィナーレを迎えます(PDF)

・かつての阪急グランドドームをイメージした『光のアーチ』
・駅舎をイメージした奥行き感のある『光の列柱』
・駅舎を華やかに飾るドレープとリース
・天井から降り注ぐ希望の光を表現したライトフォール

11月22日(水)~12月25日(月) (34日間)

10:00※2 24:00

使用LED球 約10万球

梅田阪急ビル1階「南北コンコース」 (コンコースの天井高さ9m×通路幅16.5m)










th_IMG_3619.jpg


二年目となる昨年は『過去と未来を結ぶ新たな
 出発』をテーマに展開、三年目となる今年は『未来への華やかな旅立ち』をテーマとします。ライトフォー ルと呼ばれる、天井から降り注ぐイルミネーションで「華やかな光の駅空間」を創り出し、中央のリースと両サイ ドのドレープで「駅への到着、そして、駅から未来への新たな旅立ち」を表現しています。


また、2015から始まった
「0号線の PLATFORM」は今年で3回目の実施で今回が最後となり、来年から新テーマのイルミネーションに変更されます(予想)。










th_IMG_3598_201712031214458c7.jpg

その昔、阪急電車の出発点だった場所にLEDイルミネーションによる光の駅空間が出現しました。イルミネーションに合わせてコンコース内照明の輝度が落とされています。












th_IMG_3594_20171203121444527.jpg


コンコース中央に設置された3機のシンボリックなディスプレイです。1年目は時計の文字盤を模したデザインでしたが、今年はかなり変わりました。










th_IMG_0427_20151223212702769.jpg


ちなみに、こちらが1年目(2015年)の「0号線のPLATFORM」の様子です。











th_IMG_3625.jpg


機械時計の歯車をイメージした装飾もいい感じです。













th_IMG_3637.jpg


下から見上げた様子です。この「0号線のPLATFORM」は上から見るよりもコンコースの歩行者目線でベストな演出になるに配置されています。










th_IMG_3632.jpg


フィナーレを迎えた、「0号線のPLATFORM」。今年は壁面の赤色の装飾が華やかでいい感じに仕上がっていました。来年からはガラリとデザインが変わるはずなので、この演出は今年が見納めです。




[ 2017/12/03 12:54 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

ヤンマー新本社ビルの最上階「Premium Marché OSAKA」からの眺め

th_IMG_1893_2017112623163311e.jpg



前日ビルビロガーの集まりで行ってきたヤンマー本社社員食堂を「Premium Marché OSAKA」。ビルの高層階にレストランがあるので、中々の絶景でした。せっかくなので、数枚ですが「Premium Marché OSAKA」からの眺めをご紹介します。まずはビルの北側の様子です。茶屋町界隈の高層ビル群が目の前に見られる、中々の絶景です。この辺りは窓向きのカウンター席になっているので、ビルを愛でながら食事を楽しむならベストポジションです。











th_IMG_1896_201711262316346ef.jpg


ジオグランデ梅田茶屋町レジデンスの様子です。地上31階、地下1階建、高さ113.89m、総戸数186戸のタワ―マンションです。低層部には商業施設、NU chayamachiプラスが入居しています。







th_IMG_1894.jpg

チャスカ茶屋町です。チャスカ茶屋町は、東急ホテル跡に建設された複合商業ビルで、低層階には在庫数200万冊、日本最大の書店「MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店」が、高層部には、ホテル&バンケット、アルモニーアンブラッセ大阪が入居しています。安藤忠雄建築研究所が設計を手がけました。












th_IMG_1869_201711262316317c7.jpg


最後は西側の眺めです。グランフロント大阪の4棟に加え、大阪ステーションシティのノースゲートビルディングが違和感なく加わり、5棟が並び立つ様に見えて中々壮観でした。





[ 2017/11/27 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

大阪駅時の広場では、イルミネーション
「Twilight Fantasy~光り輝く時空の祝宴~」を開催中!

th_IMG_2232.jpg



大阪駅の時の広場では、大阪ステーションシティ・イルミネーション「Twilight Fantasy~光り輝く時空の祝宴~」が開催されています。今年のイルミネーションのコンセプトは「光り輝く時空(とき)の祝宴」。

ドーム屋根を活用した「3連の天井装飾」と、床面やポールに祝宴から連想される「シャンパン」をイメージした装飾が施され、シャンパンゴールドを基調とした約93千球のLEDを用いた、華やかで気品と温かみのある輝きのある空間が演出されています。


・実施期間
2017111日(水曜日)から2018214日(水曜日)までの106日間

・点灯時間
17時から23時まで

・場所
大阪駅・大阪ステーションシティ5階「時空(とき)の広場」








th_IMG_2245_20171118204538fba.jpg


現地の様子です。3連のヴェール装飾はドーム屋根の高さを活かした演出ですね。










th_IMG_2229.jpg



◆シャンパンヴェール
ドーム屋根からつり下げたゴールドのヴェール装飾に、シャンパングラスを彷彿させるラインを表現。「祝宴や乾杯」をイメージし、華やかで特別感のある空間を演出。









th_IMG_2227.jpg


◆シャンパンポール・スパークルアヴェニュー

大きなシャンパングラスに見立てたポールと、かわいいスノーマン達がお出迎え。広場を進むと、シャンパンのきらめく気泡を表現した床一面の輝きが広場の祝宴ムードを一層盛り上げます。













th_IMG_2226.jpg


グランフロント大阪でもそうでしたが、イルミネーションイベントをSNSに投稿する人が多いのでしょう、スマホで自撮りしているカップルやグループがメチャクチャ多かったです。












th_IMG_2221.jpg


最後は、OSC周辺の冬の風物詩となってきたスノーマンの様子です。





[ 2017/11/19 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(1)

グランフロント大阪のうめきた広場に登場した「Red Heart Gift」はセンス抜群の洒落たオブジェだった!

th_IMG_2186.jpg


毎年12月が近づいてきたこの時期から、各地でイルミネーションイベントが始まり街が一段と華やかになります。ドンドン気温が下がり特に夜間の撮影は厳しい季節ですが、街を彩るイルミネーション達が取材意欲をかきたててくれます。グランフロント大阪の北館1Fナレッジプラザに登場した、メインクリスマスツリー『Red Rose Blossomを先日ご紹介しましたが、今回はうめきた広場に登場した真っ赤なギフトBOX型のオブジェ、Red Heart Gift」をご紹介したいと思います。










th_IMG_2191.jpg

グランフロント大阪のうめきた広場に登場した「Red Heart Gift」。水面に浮かぶ赤いバラで出来たハート入りのギフトBOX型イルミネーションです。水面に映り込んだ姿がまた一段と不思議な光景に見えました。









th_IMG_2181.jpg


「Red Heart Gift」と周辺のライトアップの様子です。本当に不思議な眺めだったので、現地で見惚れてしまいました。










th_IMG_2182_2017111800391578e.jpg


アップで見た様子です。











th_IMG_2199.jpg


「Red Heart Gift」は、非常に見栄えがするので、多くの人の注目を集めていました。撮影する人も多かったです。















th_IMG_2194.jpg


グランフロント大阪のシャンパンゴールドのツリー・イルミネーションは毎年見事で見応えがあります。また、うめきた広場など水景施設が多いので、イルミネーションが水面に反射して、美しさが1.5倍増し位に見えるのも高ポイントです。












th_IMG_2189_201711180039136e9.jpg


最後は引き気味のアングルで見た、うめきた広場の様子です。日付が変わったので今日、11月18日(土)から、毎年恒例になってきた、大阪駅前のスケートリング「ウメダ アイスリンクつるんつるん」が期間限定でオープンします。これから、さらに、うめきた広場界隈が華やかになりそうなので、楽しみですね。





[ 2017/11/18 00:40 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

近鉄 鉄道まつり2017 in 五位堂に行ってきました!

th_IMG_0067_201710282141553d3.jpg
近鉄 鉄道まつり2017 in 五位堂に行ってきました!今年は台風22号の影響もあり、あいにくの雨模様、しかも例年土日の2日開催される近鉄鉄道まつりですが、2017年の五位堂・高安は28日(土)のみの開催で29日(日)は台風の接近に伴い中止となりました。












th_IMG_0008_20171028214153a97.jpg

昨年2016年の鉄道まつりの車両は、特急車両の展示が無く、モワ24系「はかるくん」、モト97・98、モト94、鮮魚列車、モト77・78と、事業用車両のオンパレード、あまりにハードコアでマニアック過ぎでしたが、今年は一般受けするラインナップとなってホッとしました。手前から3000系ビスタEX新塗装車、団体専用車両15200系(新あおぞらⅡ)の20100系復刻塗装車と、ノーマルversion、一番奥が22500系Ace(エース)、あとマルチプルタイタンパー 近鉄ツクツクボウシが展示されていました。








th_IMG_0014_20171028214155247.jpg


3000系ビスタEX新塗装車、団体専用車両15200系(新あおぞらⅡ)の20100系復刻塗装車。









th_IMG_0017_20171028214157560.jpg



22500系Ace(エース)、団体専用車両15200系(新あおぞらⅡ)ノーマルversion。











th_IMG_0033_201710282141588da.jpg


今年の休憩電車は、5800L/Cカー デボ1 復刻色でした。雨が本降りになってきたので建屋の中に入ります。










th_IMG_0056_20171028214252dd4.jpg


五位堂検修車庫は、近鉄が保有する1,969両のうち1,922両(98%)の全般検査・重要部検査を行う近鉄の車両整備の心臓とも言える重要拠点です。五位堂検修車庫では、近鉄の特急用車両の全てと、奈良線・京都線車両、大阪線車両、名古屋線車両、けいはんな線車両、の南大阪線一般車両が五位堂で整備されています。













th_IMG_0048_20171028214251e63.jpg


ズラリとならんだ整備中の車両群。巨大な建屋の内部には大量の車両が留置されていました。













th_IMG_0063_20171028214247e04.jpg


見慣れた近鉄の一般車両にまぎれて・・・











th_IMG_0038_201710282142455a3.jpg

おおっ!大阪市営地下鉄中央線と相互直通運転を行っている、近鉄けいはんな線の車両も五位堂にいました。パンタグラフが無く、コレクターシューで集電する第三軌条方式の地下鉄車両ですが、検査時には台車を履き替えて、電気機関車にサンドイッチされて五位堂まで運ばれてきます。









th_IMG_0052_20171028214552758.jpg


連結器各種の展示です。










th_IMG_0054_20171028214554b94.jpg

電動発電機(MGMotor Generator)です。











th_IMG_0006_20171028214555f0b.jpg


駆け足で見て回った、近鉄 鉄道まつり2017 in 五位堂。今年は雨が降りしきりる、あいにくの天候で、さらに台風の接近に伴い1日だけの開催となりました。展示内容が昨年よりもパワーアップしていただけに非常に残念でなりません。来年は晴天の下でじっくりと見学したな、と思いまいた。





[ 2017/10/29 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(3)

オリックス本町ビルの展望テラスから見た大阪都心の眺め2017

th_IMG_0262_20170908224617505.jpg

オリックス本町ビルの展望テラスから見た大阪都心の眺め2017
す!フェスティバルタワー・ウエストが竣工してから、ずーっと「行きたい」と思っていましたが、この展望テラス(正式名称はクロステラス本町)は平日のみ開放されており、僕も普段は仕事があるので中々行く事ができませんでした。さらに晴天で空気の澄んだ日となると、さらに確立が下がります。今回は振替え休日がもらえたので久々に平日に取材活動を行いました。もちろん天候が良かったのでオリックス本町ビルは外せません(笑)


それにしても、数年振りにオリックス本町ビルから大阪都心をグルリを眺めましたが、随分と高層ビルが増えました。その中でもフェスティバルタワー・ウエストの存在感はずば抜けており、大阪都心部のスカイランを1段ランクアップさせてくれた印象です。









th_IMG_0252_20170908224615024.jpg

中之島フェスティバルタワー中之島フェスティバルタワー・ウエストの並びです。この巨大なツインタワーは、現在の大阪都心部で最高のランドマークタワーと言えると思います。













th_IMG_0359_20170908224618e1f.jpg


カメラを北東方向に向けました。
クラッシィタワー淀屋橋 、建設中の三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館別館竣工目前のブランズタワー御堂筋本町が目立っています。













th_IMG_0296_20170908224619cad.jpg



南西方面の様子です。ここではザ・サンクタスタワー が圧倒的な存在感を放っています。地上53階、高さ189.55m、延床面積:99,731.33㎡の超巨大タワーマンションです。












th_IMG_0269_20170908225454b13.jpg


中之島西部地区の様子です。ここではザ・パークハウス中之島タワーが立ち上がりスカイランが一変しました。ザ・パークハウス中之島タワーは、地上55階、高さ約193m、延床面積99,700㎡の超弩級のタワーマンションです。














th_IMG_0259_2017090822462296e.jpg



最後はもう一度引き気味のアングルで見た、梅田・中之島方面の眺めです。久々に訪れたオリックス本町ビルの展望テラス。貴重なチャンスだったのでノリノリで行ってきましたが、心底「行ってよかった!!」と思える眺めでした。





[ 2017/09/09 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(6)

コスモタワーから見た大阪都心2017

th_IMG_1702_2017090800210896d.jpg



先週の週末に久々に大阪府庁咲州庁舎(コスモタワー)展望台に登り大阪都心方面をじっくりと眺めてきました。



















th_IMG_1687_20170908002106b6f.jpg


まずは梅田・中之島方面の様子です。中之島フェスティバルタワー・ウエストザ・パークハウス中之島タワー阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)など大規模な超高層ビルの竣工が続いた他、脇を固める中層ビルも相当数立ち上がり、数年前に比べ更にビル群の厚みが増した印象です。
























th_IMG_1725_20170908002109f39.jpg


続いて淀屋橋〜本町〜心斎橋界隈の様子です。写真中央奥に位置するザ・サンクタスタワー はそのボリュームから存在感が半端じゃないです。竣工目前のブランズタワー御堂筋本町三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館別館クラッシィタワー淀屋橋 ジオタワー南堀江 などが加わり梅田・中之島と同じくビル群の厚みがグッと増してきました。

















th_IMG_1748_20170908002110d0d.jpg



難波周辺の様子です。この辺りは都心北部に比べると、新規の超高層ビルの建設が少なく大きな変化はミられません。中央に位置する(仮称)新南海会館ビルが目立っています。
















th_IMG_1756_20170908002113dd8.jpg



あべのハルカス(ABENO HARUKAS) を擁する天王寺・阿倍野エリアの様子です。この辺りも梅田・中之島・本町界隈に比べると新規の超高層ビルは全く無く小休止状態が続いています。













th_IMG_1758_20170908002124c45.jpg


最後は、撮影していて目についた、「東京インテリア VS イケアと」ハルカスを絡めた1枚です。










[ 2017/09/08 01:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)