JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.09

th_001_20160229000750eed.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事
は、梅北2期地区西端を南北に走る東海道線支線(約2.4Km)を中央部に移設・地下化する事業で、JR西日本は、北側の先行着手工区(約310m)の施工者を錢高組・西松建設JVに決定、ついに建設工事が始まりました。新駅部を含む残る南側の区間は16年度内に工事契約を結び、22年度末の開業に向けて順次工事が進められます。


【出典元】
大阪市HP>第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました (PDF)
日刊建設工業新聞>北側先行工区、錢高組JVが施工/うめきた2期基盤整備に連動
大阪駅北地区におけるJR東海道線支線地下化等について(PDF)








th_002_20160229000751265.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事は、うめきた2期基盤整備に連動しており、2期開発区域を対象とした土地区画整理事業と一体的に実施されます。大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎6丁目から福島区福島7丁目に至る約2・4キロで、途中、ボトルネック踏切1カ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2カ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。














th_IMG_0120_20170918211955d84.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年08月だったので約1ヶ月振りの取材です。今回はいままでとは撮影ポイントを変えて、グランフロント大阪南館から撮影してみました。

















th_IMG_0128_201709182119579cc.jpg 


まずは新駅が設置される付近の様子です。グランフロント大阪南館の目の前で工事が行われており「予想以上に近い」気がしました。ここから見ると駅部の工事がとても良く見えます。














th_IMG_0133_20170918211957084.jpg



アップで見た様子です。山留め工事が行われたあと、掘削工事が行われて段々と駅の雰囲気が解る様になりました。


















th_IMG_0126_201709182119597f7.jpg



南側の様子です。線路は緩やかな弧を描きながら南西を目指します。




















th_003_201709182214152e1.jpgth_001_20170918221413090.jpg





【出典元】
JR東海道線支線地下化・新駅設置事業 1工区 工事概要説明資料http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou2.pdf
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou5.pdf




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事の進展に伴い梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」が迂回路に移設されます。













th_IMG_0114_20170918212002ea6.jpg



最後は梅田スカイビルと新線を絡めたアングルです。

[ 2017/09/24 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(4)

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.08

th_001_20160229000750eed.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事
は、梅北2期地区西端を南北に走る東海道線支線(約2.4Km)を中央部に移設・地下化する事業で、JR西日本は、北側の先行着手工区(約310m)の施工者を錢高組・西松建設JVに決定、ついに建設工事が始まりました。新駅部を含む残る南側の区間は16年度内に工事契約を結び、22年度末の開業に向けて順次工事が進められます。


【出典元】
大阪市HP>第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました (PDF)
日刊建設工業新聞>北側先行工区、錢高組JVが施工/うめきた2期基盤整備に連動
大阪駅北地区におけるJR東海道線支線地下化等について(PDF)








th_002_20160229000751265.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事は、うめきた2期基盤整備に連動しており、2期開発区域を対象とした土地区画整理事業と一体的に実施されます。大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎6丁目から福島区福島7丁目に至る約2・4キロで、途中、ボトルネック踏切1カ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2カ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。






th_IMG_0069_201708232302315dc.jpg



地下化に伴う新駅設置事業はJR西日本が主体で延長は約830m。
新駅は2面4線構造で、特急「はるか」や「くろしお」を停車させることで、関西国際空港や和歌山方面からのアクセス向上が図られます。事業費は地下化事業が約540億円、新駅設置事業が約150億円で、事業全体の完成は2022年となっています。
















th_IMG_0064_20170823230231359.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年06月だったので約2ヶ月振りの取材です。















th_IMG_0063_20170823230229ccc.jpg



グランフロント大阪と平行に南下して行く様子が良く解ります。


















th_IMG_0061_20170823230233bf6.jpg



梅北2期エリアの南端付近で大きく弧を描き新駅部に到達します。6月に比べると掘削工事がかなり進み新駅の規模感がかなり解るようになってきました。















th_IMG_0058_201708232302357ab.jpg



グランフロント大阪の南西端付近の様子です。














th_IMG_0057_20170823230256f71.jpg



最後はグランフロント大阪と梅北2期部分全体を見渡した様子です。新線の工事が進むにつれ、北梅田駅が本当に建設されている事が実感として捉えられる様になってきました。

[ 2017/08/24 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(6)

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.06

th_001_20160229000750eed.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事
は、梅北2期地区西端を南北に走る東海道線支線(約2.4Km)を中央部に移設・地下化する事業で、JR西日本は、北側の先行着手工区(約310m)の施工者を錢高組・西松建設JVに決定、ついに建設工事が始まりました。新駅部を含む残る南側の区間は16年度内に工事契約を結び、22年度末の開業に向けて順次工事が進められます。


【出典元】
大阪市HP>第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました (PDF)
日刊建設工業新聞>北側先行工区、錢高組JVが施工/うめきた2期基盤整備に連動
大阪駅北地区におけるJR東海道線支線地下化等について(PDF)








th_002_20160229000751265.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事は、うめきた2期基盤整備に連動しており、2期開発区域を対象とした土地区画整理事業と一体的に実施されます。大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎6丁目から福島区福島7丁目に至る約2・4キロで、途中、ボトルネック踏切1カ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2カ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。
















th_IMG_1021_20170705232926d25.jpg


地下化に伴う新駅設置事業はJR西日本が主体で延長は約830m。
新駅は2面4線構造で、特急「はるか」や「くろしお」を停車させることで、関西国際空港や和歌山方面からのアクセス向上が図られます。事業費は地下化事業が約540億円、新駅設置事業が約150億円で、事業全体の完成は2022年となっています。












th_IMG_1024_20170705232924777.jpg


まずは、うめきた2期エリアの南端付近から見て行きましょう。阪神高速梅田ランプ西側の様子ですが、前回から様子が変わり3点式パイルドライバが登場していました。











th_IMG_1004_20170705232923d8a.jpg


徐々にカメラを北側に向けて行きます。地下新線は梅北2期エリアの中心部を貫きつつ駅部をなるべくJR大阪駅側に地が付ける為に大きな弧を描いた線形となっています。











th_IMG_1007_2017070523292288f.jpg


2面4線の規模となる(仮称)北梅田付近の様子です。徐々にですが、駅の形が見て取れるようになってきました。また、グランフロント大阪のうめきた広場に意外と近い位置である事が解りす。











th_IMG_1009_20170705232936216.jpg


駅部を過ぎて北上して行くとグランフロント大阪に沿って直線で北上します。












th_IMG_1011_201707052329353aa.jpg


うめきたエリア北端の様子です。このあたりに右にむかってカーブして行きます。















th_IMG_1001_201707052329275c1.jpg


最後は引きのアングルで見た、うめきた2期エリアの全景と新線建設現場の様子です。工事が進むにつれ、地下新線の線形がハッキリと解る様になってきました。

[ 2017/07/05 23:45 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(5)

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出〜鴫野間の工事状況 17.05

th_IMG_1137_20170613000842b28.jpg


おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画は、城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅(延長 20.3 ㎞)にいたる旅客線を整備する貨物線の旅客化工事で事業費は1,197億円です。2008年3月に放出から久宝寺までの南区間(9.2㎞)が開業しまし、現在は2018年度末の開業を目指し、新大阪から放出までの北区間(11.1㎞)の建設工事が行われています。


【関連記事】
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況16.11
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況16.07

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況14.12

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況14.05

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事14.05

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.01












th_IMG_1126_201706130008407c6.jpg


放出から鴫野駅を経て学研都市線と分岐する付近までの工事の進捗状況を見て行きましょう。今回も、実際は下り電車の最後尾から京橋→鴫野(通過→)放出の流れで撮影しましたがすが、記事を解りやすくする為に、放出→鴫野→京橋方面の順で写真を紹介して行きます。


放出駅を出発するとほどなく複々線化されている工事現場が見えてきます。放出駅はホーム上で対面乗り換えが出来る方向別複々線の配線になっていますが、放出〜鴫野間で、線別複々線の配線に変わります。











th_IMG_1105_2017061300083950a.jpg



現在の下り線をオーバーパスする為に、写真右側に新しい軌道が建設されています。将来的には学研都市線の下り線となります。










th_IMG_1090_2017061300083869c.jpg


写真右手の新しい軌道の工事がかなり進んでいます。半年前とはかなり異なっています。













th_IMG_1071_201706130008363c1.jpg


方向別複々線から線別複々線に変わるオーバーパス付近の様子です。高架橋がかなり出来上がってきました!











th_IMG_1065_20170613000859302.jpg


オーバーパスした軌道が鴫野駅に向かって降下して行きます。おおさか東線と学研都市線が線別複々線に切り替わりました。













th_IMG_1055_20170613000858fad.jpg


改良工事が進む鴫野駅に進入します。












th_IMG_1046_2017061300085359f.jpg


先日ご紹介した仮設ホーム(写真左)が見えます。















th_IMG_1037_20170613000851c41.jpg



学研都市線とおおさか東線が複雑に絡み合う、複々線区間も間もなく終わりです。














th_IMG_1033_201706130008539d2.jpg


新しいトラス橋を渡ります。


















th_IMG_1027_201706130011007ed.jpg



最後は、学研都市線とおおさか東線北区間との分岐部分の様子です。


[ 2017/06/13 00:19 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(3)

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事17.05 〜改札階コンコース編〜

th_IMG_1209_20170606232257f51.jpg


おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画は、城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅(延長 20.3 ㎞)にいたる旅客線を整備する貨物線の旅客化工事で事業費は1,197億円です。2008年3月に放出から久宝寺までの南区間(9.2㎞)が開業しまし、現在は2018年度末の開業を目指し、新大阪から放出までの北区間(11.1㎞)の建設工事が行われています。



【関連記事】
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事16.11
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事16.07

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 15.03

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 15.03

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 14.12
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 14.05

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況16.11
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況 14.12
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況 14.05

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)「おおさか東線神崎川橋りょう」の建設状況 15.08

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR西吹田駅の工事状況 15.08
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR西吹田駅の工事状況 15.02

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR淡路駅の工事状況 15.08
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR都島駅の工事状況 15.02










th_IMG_1212_20170606232520cfd.jpg


改良工事が進む学研都市線ー鴫野駅ですが、今回はリニューアル範囲が大幅に広がった改札階コンコースの様子をご紹介して行きます。まずはこちら!写真右側の4番線の共用が始まった頃も驚きましたが、今回は将来的に3・2番線となる島式ホームの暫定共用に伴い、ホーム下の改札階の共用エリアがメチャクチャ広がっており驚きました。

















th_IMG_1234_20170606232312199.jpg


島式ホームに向かうエスカレーター前付近から見た、改札内コンコースの様子です。現在は写真右側のエスカレーターの更に右側で1番線の全面改装が行われているので、このコンコースはさらに広くなります。
















th_IMG_1229_201706062322593c1.jpg



発車標の様子です。従来の既設の物がそのまま使用されていました。












th_IMG_1224_20170606232300851.jpg


案内サインの様子です。こちらは新設の最新型が設置されていました。

















th_IMG_1227_2017060623230117e.jpg 


柱に取り付けられた案内サインの様子です。これでもかッ!という位に「4番のりば」の案内が連続して表示されています。いや、本来の案内サインは定期客ではなく、不慣れな利用者向けと言えるのでコレぐらい解りやすくあるべきなのかもしれませんね。

















th_IMG_1232_20170606232303f15.jpg 


こちらは島式ホームに繋がるエレベーターの様子です。

















th_IMG_1215_20170606232313523.jpg



トイレ付近の様子です。リニューアルが進む環状線のトイレの案内サインとはまた違ったテイストのデザインですね。
















th_IMG_1219_20170606232315302.jpg



改札内コンコースの一番奥側から、改札口側を見通した様子です。















th_IMG_1221_2017060623231639b.jpg


出口・出口・デグチィイイイ!!。解りやすいですね。今日は僕のテンションがおかしいかもしれません。














th_IMG_1238_201706062323181a7.jpg 


島式ホーム、暫定利用されている2番線に向かうエスカレーターの様子です。本設で図上下方向が並列のタイプとなっています。ホーム幅があるから並列に出来るのですね。
















th_IMG_1242_20170606232518b19.jpg



エスカレーターを登ってホームに向かいます。





















th_IMG_1245_2017060623252002f.jpg

最後はエスカレーターを登り切った所です。リニューアル工事が進む鴫野駅。閉鎖された旧1番線は相当派手に上屋等の既存施設の解体工事が行われているので、鴫野駅はさらに急ピッチでその姿を変えて行きそうです。

[ 2017/06/07 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(3)

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事17.05 〜ホーム編〜

th_IMG_1174_201706052325509bd.jpg



おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画は、城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅(延長 20.3 ㎞)にいたる旅客線を整備する貨物線の旅客化工事で事業費は1,197億円です。2008年3月に放出から久宝寺までの南区間(9.2㎞)が開業しまし、現在は2018年度末の開業を目指し、新大阪から放出までの北区間(11.1㎞)の建設工事が行われています。



【関連記事】
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事16.11
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事16.07

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 15.03

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 15.03

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 14.12
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事 14.05

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況16.11
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況 14.12
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況 14.05

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)「おおさか東線神崎川橋りょう」の建設状況 15.08

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR西吹田駅の工事状況 15.08
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR西吹田駅の工事状況 15.02

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR淡路駅の工事状況 15.08
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー(仮称)JR都島駅の工事状況 15.02













th_IMG_1177_201706052325479c1.jpg


おおさか東線北区間延伸計画により、学研都市線の放出~鴫野駅間は複々線化されます。その為、鴫野駅では既存駅施設の南側に2本の線路とホーム1面の増設工事が行われています。京橋方面行きの新設ホームは、既存の京橋方面行きホームをサンドイッチする様な形で建設されました。長らく工事が行われてきた鴫野駅ですが、2015年3月29日(日)の始発から新しい路線に切り替えられ増設ホームの供用が始まりました。











th_IMG_1175_20170605232546ea5.jpg


鴫野駅は学研都市線とおおさか東線が線別複々線で離合する駅になります。鴫野駅は、京橋→新大阪方面の乗り換えが対面で可能な構造になります。また、次の放出駅までの区間で方向別複々線に変わり、木津→新大阪方面がホーム上で対面乗り換え可能となります。2つの駅を上手く使えば、各方面から新大阪方面への乗り継ぎが楽になる、そんな構造になっています。

今回、駅改良・増線工事の進展に伴い、一時的に閉鎖されていた、真ん中の島式ホームが下り線として暫定的に利用を開始したので、久々に取材にしてみました。













th_IMG_1190_20170605232545dbb.jpg


真ん中の島式ホームですが、ホームの約半分を閉鎖して改良工事が行われています。京橋方面行きホームから島式ホームを見ると本設の待合室が顔を出しており、なんだかシュールな眺めでした。











th_IMG_1180.jpg


閉鎖中の3番線では線路の敷設が始まっていました。











th_IMG_1194_20170605232605fbf.jpg


線路が左にカーブを描きながら登ってゆく様子が良く変わりました。











th_IMG_1196_201706052326043d4.jpg


京橋方面行きホームから、島式ホームを見通した様子です。











th_IMG_1254_20170605232600b5a.jpg


続いては暫定利用中の島式ホームに移動してみましょう。下り、放出方面行きの駅機能は写真右側の旧ホームから、島式ホームに設けられた暫定ホームに機能移転されました。この暫定ホームは、既設の線路の上に仮設ホームを設ける非常に珍しい方式が採用されています。百聞は一見にしかず。こうやって画像を見て頂くと一目瞭然ですね。











th_IMG_1248_2017060523255926c.jpg


暫定供用中の2番ホーム(放出方面)の様子です。非常に広々としていますが、完成後は広さは約半分に戻されます。その変わり、現在閉鎖中の3番線側が開放されるので、全体ではこの位の広さが確保されると思います。











th_IMG_1272_20170605232557383.jpg


現在の2番線の様子です。仮設ホームとは思えないしっかりした作りです。よく見ると、アスファルト舗装に境目があるのが解ります。











th_IMG_1284_201706052329492a5.jpg


仮設ホームの京橋側まできました。このあたりは将来は線路上になるので、上屋は設置されていません。











th_IMG_1290_201706052329519fe.jpg


仮設と本設置のホームの境目を見た様子です。写真左側のアスファルトの下には線路が眠っています。











th_IMG_1288_2017060523295056a.jpg


稼働ブラケットのアップです。












th_IMG_1296_201706052329530c4.jpg



仮設ホームの真ん中付近、改札口に繋がるエスカレーター、階段近くまで戻ってきました。











th_IMG_1293_201706052329556de.jpg


発車標と駅名票の様子です。











th_IMG_1285_20170605233008310.jpg


続いては、仮設ホームに機能移転した跡の旧ホームの様子を見て行きます。「使用停止」と大書きされた看板が目を引きました。











th_IMG_1280_2017060523300792c.jpg


旧ホームは上屋の解体が進み一気に工事が進んでいる様に見えました。












th_IMG_1261_2017060523300498f.jpg


急ピッチで改良工事が進む学研都市線・鴫野駅。次回はリニューアル範囲が大幅に広がった改札階コンコースの様子をご紹介したいと思います。
[ 2017/06/06 06:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(4)

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03

th_001_20160229000750eed.jpg



JR東海道線支線地下化・新駅設置工事
は、梅北2期地区西端を南北に走る東海道線支線(約2.4Km)を中央部に移設・地下化する事業で、JR西日本は、北側の先行着手工区(約310m)の施工者を錢高組・西松建設JVに決定、ついに建設工事が始まりました。新駅部を含む残る南側の区間は16年度内に工事契約を結び、22年度末の開業に向けて順次工事が進められます。



【出典元】
大阪市HP>第7回大阪駅周辺地域部会を開催しました (PDF)
日刊建設工業新聞>北側先行工区、錢高組JVが施工/うめきた2期基盤整備に連動
大阪駅北地区におけるJR東海道線支線地下化等について(PDF)




th_002_20160229000751265.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事は、うめきた2期基盤整備に連動しており、2期開発区域を対象とした土地区画整理事業と一体的に実施されます。大阪市が事業主体となって行う地下化(連続立体交差事業)の工事延長は、北区豊崎6丁目から福島区福島7丁目に至る約2・4キロで、途中、ボトルネック踏切1カ所(西梅田1番踏切)の除却や既設交差道路の改良(2カ所)などにより、踏切事故の解消や道路交通の円滑化、市街地の分断解消をが図られます。














th_IMG_1524_20170405233909fa3.jpg


地下化に伴う新駅設置事業はJR西日本が主体で延長は約830m。新駅は2面4線構造で、特急「はるか」や「くろしお」を停車させることで、関西国際空港や和歌山方面からのアクセス向上が図られます。事業費は地下化事業が約540億円、新駅設置事業が約150億円で、事業全体の完成は2022年となっています。















th_IMG_1533_20170405233908284.jpg


北側工区の様子です。工事が進み線形が解るようになってきました。


















th_IMG_1530_20170405233906595.jpg


グランフロント前で緩やかにカーブを描いている線形が見て取れます。


















th_IMG_1529_20170405233906eaa.jpg



JR北梅田(仮称)付近の様子です。





















th_IMG_1538_2017040523390494b.jpg


西側工区の様子です。














th_IMG_1541_20170405233920532.jpg


日通の西隣にあったビルの解体工事が進み更地に近くなっていました。
















th_IMG_1547_20170405233919052.jpg



3月はJR東海道線支線地下化・新駅設置工事に関連する大きなニュースが流れました。
「なにわ筋線」に阪急電車が乗り入れる新たな事業計画で大筋合意、2030年の開通を目指すという驚きの内容ででした。都市伝説的な路線だった「なにわ筋線」がいよいよ実現に向けて動き出した事は凄い事です。

[ 2017/04/06 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(5)

大阪市交通局が御堂筋線に新型30000系4編成(40両)、ニュートラムに200系5編成(20両)を2017年度に新製投入すると発表!

31-04DSC_5364s_20170227001031638.jpg



大阪市交通局が発表した、2017年度の
重点的に取り組む主な経営課題のPDF資料内に、御堂筋線に新型30000系4編成(40両)、ニュートラムに200系5編成(20両を2017年度に新製投入するとの記述がありました!御堂筋線に追加投入される車両は、30000系マイナーチェンジ車と思われます。今回の10連4本の増備により、30000系は合計10両8本80両の陣容になり、乗車機会が格段に高まる事になりそうです。また、同時に老朽化が著しい10系の淘汰がようやく動き出したと捉える事が出来ます。今後、毎年4本つづ30000系の新製投入が続けられた場合、6年程度で全ての10系を置き換えられる事になります。


【出典元】
大阪市交通局>重点的に取り組む主な経営課題(PDF)

【関連記事】
大阪市交通局が御堂筋線に更なる快適性向上をめざした30000系マイナーチェンジ車を投入すると発表!
地下鉄御堂筋線に20年ぶりとなる新型車両「30000系」登場!
大阪市交通局30000系電車 
ニュートラムの新型車両200系の概要が判明!南港のまちを元気に走り回る子供をイメージした7色の車両が登場!


※アリー my dearさんから、情報を頂きました、ありがとうございました! 




《新型車両の導入》  
御堂筋線4列車(40両)
ニュートラム車両5列車(20両)
 

・新型車両主要改善点   
車内照明にLEDを採用
快適な座席 


《車両リフレッシュ改造》 
御堂筋線2列車(20両)
谷町線1列車(6両) 
四ツ橋線1列車(6両)
堺筋線1列車(8両) 
長堀鶴見緑地線2列車(8両)  

・車両リフレッシュ改造(一部列車を除く)主要改善点   
液晶式車内案内表示器の設置
車内照明にLEDを採用
車外スピーカの設置




th_001_20151216235336341.jpg



大阪市交通局は、地下鉄御堂筋線に来年秋頃導入する30000系車両において、車内デザインを一新するとともに、時間帯による調光・調色照明や快適な座り心地を追求した座席、空気浄化装置など、更なる快適性向上をめざした新装置を搭載すると発表しました。30000系車両は、谷町線を皮切りに2011年度から御堂筋線に導入されている最新形式で、今回のマイナーチェンジでは“車内空間の快適性向上”という新たなテーマで改良が加えられる事になりました。


【室内デザインの一新】
 都会的なイメージの中に、未来に向けて新たな風を盛り込んだデザイン。
○ 全体的に白色系の明るい配色とし、調光・調色照明の効果をアップ
○ 各扉(乗降口の扉)はブロック調デザインとし、全体的にクールな色調とすることで都会的なイメージを演出
○ 袖仕切(座席端部)、座席、妻引戸(貫通扉)には流線型デザインを採用し、新たな流れを表現
○ 床には“イチョウ”デザインを取り入れ、御堂筋のイチョウ並木を表現

 



【女性専用車両の改良】

女性職員へのアンケート及び女性のお客さまからの意見をもとに、女性が利用しやすい女性専用車両を設計。
○ 一般車との配色を変えることで女性専用車両であることをわかりやすく
○ 荷だなの高さを一般車よりも100mm低くし、使いやすく
○ 吊り手の配置及び高さを見直し、握り棒を増設  







th_002_20151216235338030.jpg


車内案内表示装置の大画面化】
次駅や行先などを表示する車内案内表示器が2画面化されます。2画面が一体で機能して行先や次駅などを表示できるとともに、動画広告や天気予報などの表示も可能な、新たな情報発信ツールとなります。大阪で外国人観光客が激増している事から、より多くの情報を提供出来るモニター装置はもはや必須アイテムと言えそうです。

[ 2017/02/27 00:10 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(4)

JR城端線ー新高岡駅

th_IMG_1646_201702102353197ce.jpg

JR城端線ー新高岡駅は、北陸本線新幹線開業に伴い新設された駅で、元来の中心駅である北陸本線ー高岡駅と新幹線を接続する為に設置された新在接続駅です。ホームは新幹線ホーム西側の地平部、駅舎に接する南側に単式ホーム11線を設置した地上駅で、城端線を跨いで西口広場へ向かうエレベーター付の自由通路(跨線橋)が設置されています。


【過去記事】
新駅ビル直下まで延伸され新しくなった万葉線高岡駅
開業した高岡ステーションビル「curun TAKAOKA(クルン高岡)」
北陸本線-高岡駅橋上化・南北自由通路工事 11.08









th_IMG_1625_20170210235316f52.jpg

新幹線の改札口を出て一直線の通路を進んだ所に城端線の新高岡駅ホームがあります。












th_IMG_1564_2017021023531482b.jpg


南口の駅前ロータリーから見た、城端線ー新高岡駅の様子です。











th_IMG_1587_20170210235314d66.jpg


城端線新高岡駅に設けられた跨線橋(自由通路)の様子です。エレベータが設置されています。












th_IMG_1575_201702102353123bf.jpg


城端線ー新高岡駅は無人駅なので改札口がありません。こちらはホーム前の入り口です。











th_IMG_1578_201702102353371d0.jpg


駅名票の様子です。














th_IMG_1581_201702102353354ce.jpg


城端線ー新高岡駅は無人駅で、運行される列車はワンマン方式ですが、現金専用の自動券売機も設置されています。











th_IMG_1583_20170210235332741.jpg


城端線と北陸新幹線は直交する形となっています。












th_IMG_1600_2017021023533120a.jpg


城端線の列車がやってきました。使用される車両は、キハ40形・キハ47形気動車の1−2両編成で、1時間辺り1〜2本の運転本数となっています。











th_IMG_1605_201702102353298f7.jpg


超近代的な北陸新幹線に接続する新駅に進入するキハ40形・キハ47形気動車。新幹線とのギャップが凄すぎて暫し呆然と眺めてしまいました。また、運転本数の少なさから、中心駅の高岡駅とアクセスも「大丈夫なんかな?」と不安に思いました・・。



[ 2017/02/16 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(1)

北陸新幹線―新高岡駅(駅舎外観・駅前広場編)

th_IMG_1572_20170208235754475.jpg


北陸新幹線ー新高岡駅は、富山県高岡市下黒田にあるJR西日本の駅で、2015314日に北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間延伸開通と同時に開業しました。新高岡駅は北陸新幹線と城端線との交点に設けられており、市の代表駅である高岡駅とは城端線で1駅の距離があります。また、城端線としては1956年の林駅以来59年ぶりの新駅設置となりました。なお、北陸新幹線の長野駅 - 金沢駅間に新たに設けられた7駅のうち、開業と同時に新設されたのは黒部宇奈月温泉駅と当駅の2駅だけです。



【過去記事】

北陸新幹線―黒部宇奈月温泉駅(ホーム、改札内コンコース編)
北陸新幹線―黒部宇奈月温泉駅(駅舎外観・駅前広場編)
富山地方鉄道―新黒部駅


富山駅付近連続立体交差事業ーついに開業した北陸新幹線富山駅!
富山駅付近連続立体交差事業ー高架化された「あいの風とやま鉄道線」上り線とJR高山本線の状況 
富山駅付近連続立体交差事業ー南口駅前広場の状況 17.01


北陸新幹線-金沢駅 15.09(開業後)
大規模リニューアルが完成した金沢駅中央コンコースの様子

「えちぜん鉄道」が期間限定で北陸新幹線高架を走行中!仮設駅に切り替えられた「えちぜん鉄道」福井駅の状況 1605


北陸新幹線ーE7系・W7系電車(外観編)
北陸新幹線ーE7系・W7系電車(普通車の車内編)
北陸新幹線ーE7系・W7系電車(グリーン車の車内編)


【関連記事】
九州新幹線-博多駅
九州新幹線-新鳥栖駅
九州新幹線-久留米駅
九州新幹線-熊本駅
九州新幹線-鹿児島中央駅
→JR九州800系新幹線電車













th_IMG_1615_20170208235752d50.jpg


新高岡駅のレポート2回目の今回は、駅舎の外観と駅前広場の様子をご紹介して行きます。駅前広場は南口広場・北口広場、城端線の西側に西口広場が設置されています。路線バス乗り場は、南口広場側にあります。
















th_IMG_1508_20170208235751c2d.jpg

まずは北口広場の様子です。北口には送迎用交通広場が、またその広場には、北口のシンボルとして新高岡駅の北側にある国宝瑞龍寺より高岡市に寄贈された、瑞龍寺の大茶堂北側にあった、高さ4m超、重さ約9トンの六角型石灯籠が設置されています。














th_IMG_1517_20170208235750aa8.jpg


駅前広場のデザインは、全体的に「和」のテイストに纏められています。














th_IMG_1591_20170208235748035.jpg


北口広場から見た、北陸新幹線ー新高岡駅の様子です。















th_IMG_1593_20170208235811538.jpg


国宝瑞龍寺より高岡市に寄贈された、瑞龍寺の大茶堂北側にあった、高さ
4m超、重さ約9トンの六角型石灯籠です。















th_IMG_1610.jpg


駅前広場に設けられた上屋の様子です。














th_IMG_1644_20170208235807e8b.jpg


続いては南口広場の様子です。南口には、送迎、公共交通用の交通広場、カフェのある公園、交番が整備されました。

南口駅前広場のロータリー内に路線バス用のバス停が4つ設置され、当駅と高岡市内やその周辺各地を結ぶ路線バスが発着しています。特に、高岡駅南口 - 新高岡駅間は7時台 - 21時台において10分間隔の高頻度で路線バスが運行されています。高岡駅〜新高岡駅のアクセスは、城端線ではなく路線バスがその役割を担っていました。また、ロータリーの外周上に路線バス以外のバスが予約なしで使用できる乗降場も4つ設置されているほか、ロータリー中央にはバス利用者向けの待合室があります。








th_IMG_1569_201702082358053c7.jpg


北陸新幹線ー新高岡駅のデザインコンセプト

歴史に育まれた瑞龍寺の回廊や縦格子(さまのこ、ささら戸)などをデザインモチーフとして、リズミカルな縦のラインを強調したデザインで表現しています。
外壁は、合掌造り、高岡銅器や能登の珠洲焼などを感じさせる色合いとしています。
夜には、駅からもれる光が能登のキリコ祭りの灯明や砺波地域の夜高祭りの行燈をほうふつとさせます。











th_IMG_1561.jpg

駅舎からは、やはり「和」のテイストを強く感じました。寺院なを連想させる感じですね。











th_IMG_1641_20170209000153488.jpg

南口にはビジネスホテルの東横インが出店していました。













th_IMG_1574_20170209000155595.jpg

北陸新幹線開業に伴い新設された「新高岡駅」。高岡市中心部から南へ約1.5kmの地点に位置し、新幹線北側は店舗や住宅地が、南側は水田が広がる風景が広がっていますが、これから徐々に新幹線駅周辺に、都市機能が集積してくると思います。
[ 2017/02/15 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(0)