高石駅の下りホームが5/14始発から高架に切替え!南海本線ー高石駅高架化工事の状況 1605(ホーム・軌道編)

th_IMG_0151_20160515215110547.jpg




南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。

長らく工事が行われてきた羽衣駅付近の高架化ですが事の進展に伴い2016年5月14日(土)の始発電車から高石駅・羽衣駅の下り線が高架線に切り替えられました!






th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg



南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度となっています。

















th_IMG_0192_201605152151091a0.jpg


早速高架に切り替えられた高石駅下り線の様子を見て行きましょう!今回はホーム・軌道の様子のレポートです。















th_IMG_0186_20160515215108ff1.jpg


ホームと改札階を結ぶエスカレータ付近の様子です。圧迫感を軽減する為に透明度の高いガラス手摺が採用されています。
















th_IMG_0157_20160515215106bb2.jpg


ホーム中程の様子です。ホームの幅はこんな感じです。











th_IMG_0159_201605152151213aa.jpg


先にご紹介した羽衣駅とは異なり、待合ベンチは枕木方向に設置されていました。














th_IMG_0163_20160515215104b13.jpg


エレベーターの様子です。最近流行りのガラス箱の様な造りではなく、石材をモチーフにした外観となっています。
















th_IMG_0181_201605152151231a9.jpg



待合室の様子です。




















th_IMG_0155_20160515215120f57.jpg




駅名票の様子です。駅ナンバリングに加え、4ヶ国語表記となっています。














th_IMG_0177_20160515215118909.jpg



高石駅には発車標が設置されてておらず、近接案内表示器のみの設置となっています。















th_IMG_0204_20160515215117e12.jpg


ホーム上屋の様子です。LED照明ユニットが当たり前になってきました。












th_IMG_0172_20160515215204e8f.jpg

階段付近の様子です。













th_IMG_0144_20160515215206cd1.jpg


ホーム端付近の様子です。中央部に比べると若干幅が狭くなっています。


















th_IMG_0198_2016051521520939d.jpg


続いては軌道の様子です。こちらは待避線となる1番線の様子です。PC枕木のバラスト軌道となっています。
















th_IMG_0146_20160515215210514.jpg



通過線・本線となる2番線の様子です。こちら側は「フローティング・ラダー軌道」となっています。この軌道のメリットは環境性能の向上です。ラダーマクラギで荷重を分散させるだけでなく、ラダーマクラギの下、コンクリート路盤の間にゴムを用いた防振装置やポリウレタン防振材を挟むことで、騒音と振動が軽減されます。「フローティング・ラダー軌道」には、防振装置や防振材の設置方法により、「防振装置式」「L形台座式」「ダクタイル台座式」などがあります。














th_IMG_0196_20160515215217189.jpg


難波方面の軌道の様子です。
















th_IMG_0138_20160515215219e69.jpg


和歌山方面の軌道の様子です。
















th_IMG_0255_2016051521522078e.jpg


こちらは仮設駅舎から見た、高架ホームの様子です。先月まで工事中だった高架ホームにお客さんが居る様子は少し不思議に感じました。
















th_IMG_0261_201605152152224bc.jpg


最後は高架ホームに停車する8000系と、前日で役目を終えた下り線仮設ホームの様子です。


[ 2016/05/16 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

高石駅の下りホームが5/14始発から高架に切替え!南海本線ー高石駅高架化工事の状況 1605(駅舎・改札階編)

th_IMG_0242_201605152128214ab.jpg



南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業
は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。

長らく工事が行われてきた羽衣駅付近の高架化ですが事の進展に伴い2016年5月14日(土)の始発電車から高石駅・羽衣駅の下り線が高架線に切り替えられました!






th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg



南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度となっています。




















th_IMG_0244_20160515212822f02.jpg


早速高架に切り替えられた高石駅下り線の様子を見て行きましょう!今回は駅駅舎・改札階の様子のレポートです。

















th_IMG_0247_201605152128240b7.jpg


改札口付近の様子です。券売機、改札口が配置されていますが、完成時の半分の面積しか供用されていないので、非常にコンパクトな印象です。



















th_IMG_0250_20160515212825606.jpg



券売機付近の様子です。例によって券売機の設置台数は1台のみとなっています。

















th_IMG_0254_20160515212827815.jpg


改札口付近の様子です。暫定的な状態ですが3通路分の改札機が設置されていました。


















th_IMG_0233_20160515212841536.jpg


反対側から改札口付近を見た様子です。


















th_IMG_0231_20160515212840fcb.jpg



改札内コンコースは結構奥行きがあります。こちらは改札内コンコースの一番奥付近から改札口側を見通した様子です。エスカレーターは上り下り両方向分が設置されています。


















th_IMG_0221_20160515212836b82.jpg


階段とエレベーター付近の様子です。


















th_IMG_0226_201605152128359af.jpg


エレベーターの左手にはトイレが設置されていました。


















th_IMG_0240_201605152128333e3.jpg



階段のよすです。途中で折り返してホーム階に繋がっています。

















th_IMG_0212_20160515212956f06.jpg


最後はエスカレーターの終点付近の様子です。LED照明が埋め込まれており、巻き込み防止対対策の一環としてLEDが点滅して注意喚起していました。結構目新しかったのでご紹介しておきます。(ホーム・軌道編に続く)



[ 2016/05/16 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(0)

羽衣駅の下りホームが5/14始発から高架に切替え!南海本線ー羽衣駅高架化工事の状況 1605(ホーム・軌道編)

th_IMG_0133_201605142054313c2.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。

長らく工事が行われてきた羽衣駅付近の高架化ですが事の進展に伴い2016年5月14日(土)の始発電車から高石駅・羽衣駅の下り線が高架線に切り替えられました!







th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg



南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度となっています。




















th_IMG_0068_20160514205430091.jpg



2回目となる今回は、羽衣駅のホーム設備と軌道の様子をご紹介して行きます。こちらは改札階とホームを結ぶエスカレータ付近の様子です。上下両方向のエスカレータが設置されています。














th_IMG_0071_20160514205428951.jpg


羽衣駅の上屋の一部は透過性のある太陽電池パネルとなっています。















th_IMG_0094_20160514205429cba.jpg



利用客が集中するエスカレータ・階段があるホーム中央は、ホーム幅がかなり広く余裕を感じます。














th_IMG_0098_2016051420542620d.jpg


階段付近の様子です。階段の手摺は圧迫感を軽減させるガラス製です。















th_IMG_0104_20160514205446cbd.jpg


ホーム階から階段を見下ろした様子です。















th_IMG_0108_20160514205445e28.jpg


エアコン完備の待合室も設置されています。















th_IMG_0130_20160514205442c33.jpg


改札階とホームを結ぶエレベータの様子です。















th_IMG_0063_201605142054418d3.jpg


待合ベンチの様子です。最近のトレンドである枕木方向ではなく、従来のレール方向に向かって設置されています。















th_IMG_0088_201605142054396ba.jpg



照明は蛍光灯側のLEDユニット、スピーカーはTOAの指向性スピーカーが設置されています。














th_IMG_0115_20160514205602108.jpg


発車標の様子です。従来のフルカラーLEDから専用什器にLCD(液晶パネル)を収納するタイプに変更されました。近鉄と同様のやり方ですね。















th_IMG_0116_201605142056036f0.jpg


表示面のアップです。近接案内があるのが良いですね。















th_IMG_0047_20160514205606899.jpg


ホーム端(和歌山側)の様子です。このあたりのホーム幅は狭くなっています。
















th_IMG_0052_2016051420560562f.jpg


ホームを見通した様子です。明かり窓から朝日が漏れています。















th_IMG_0043_20160514205607667.jpg



続いて、和歌山方面の軌道の様子です。この区間は「防振装置式フローティング・ラダー軌道」が採用されています。









th_IMG_0049_20160514205615c34.jpg



「フローティング・ラダー軌道」のメリットは環境性能の向上です。ラダーマクラギで荷重を分散させるだけでなく、ラダーマクラギの下、コンクリート路盤の間にゴムを用いた防振装置やポリウレタン防振材を挟むことで、騒音と振動が軽減されます。「フローティング・ラダー軌道」には、防振装置や防振材の設置方法により、「防振装置式」「L形台座式」「ダクタイル台座式」などがあります。















th_IMG_0086_20160514205617df4.jpg



この辺りの軌道は弾性枕木直結軌道でしょうか?

羽衣駅の難波側の軌道は、バラスト・ラダー軌道となっています。











th_IMG_0081_20160514205618683.jpg



こちらは難波方面の様子です。よく見ると写真左側に上り線の高架橋が構築済みとなっていますね。
















th_IMG_0059_20160514205620364.jpg



ついに下り線が高架化された羽衣駅。南海本線は難波〜和歌山間の都市間輸送、難波〜関西空港間の空港アクセス輸送、大阪近郊の通勤輸送の大きく分けて3つの輸送を複線(一部複々線)でこなす運転密度の高い路線です。南海本線では各所で連続立体交差化が積極的に行われており、今回の高架化により安全性がさらに高まる事になりそうです。


[ 2016/05/15 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(4)

羽衣駅の下りホームが5/14始発から高架に切替え!南海本線ー羽衣駅高架化工事の状況 1605(駅舎・改札階編)

th_IMG_0023_201605142005562c6.jpg



南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。

長らく工事が行われてきた羽衣駅付近の高架化ですが事の進展に伴い2016年5月14日(土)の始発電車から高石駅・羽衣駅の下り線が高架線に切り替えられました!








th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg



南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度となっています。



















th_IMG_0025_201605142005586d1.jpg


早速高架に切り替えられた羽衣駅下り線の様子を見て行きましょう!今回は駅舎・改札階の様子をレポートします。
















th_IMG_0007_201605142005595a4.jpg


おお〜〜!!メチャクチャ綺麗でピカピカです!全体的にベージュを中心とした温かみのある落ち着いた色調で中々好印象です。
















th_IMG_0010_20160514200601bfb.jpg



地上階から改札階に継がながるエスカレータ・階段・エレベータの様子です。最新の駅舎らしく機能的にまとまっています。















th_IMG_0013_2016051420060229f.jpg



エスカレーターは上下方向共に設置されています。床に矢印型のLEDが埋め込まれています。















th_IMG_0018_20160514200609c4a.jpg


改札階から地上階を見下ろした様子です。全体に使われている素材から高級感を感じます。
















th_IMG_0020_2016051420061178f.jpg


改札階、自動券売機付近の様子です。なんと自動券売機の設置台数は1台!となっています。交通系ICカードの普及を感じさせる光景ですね。
















th_IMG_0027_201605142006148d4.jpg



自動券売付近の様子です。改札機は既設の機械が流用されている様です。
















th_IMG_0030_20160514200615dd4.jpg


発車標の様子です。サイネージモニタ3台を組み合わせたシンプルな構成です。上り方面は未点灯となっています。
















th_IMG_0032_20160514200615f8e.jpg


改札内コンコースの様子です。
















th_IMG_0040_2016051420105690b.jpg


奥側から改札口を見た様子です。
















th_IMG_0038_201605142010580fc.jpg



最後はホーム階に繋がるエスカレータの様子です。左手にはトイレがありますが、女子トイレは本設、男子トイレは仮設となっていました。(ホーム階・軌道編に続きます)
[ 2016/05/15 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況 16.04

th_IMG_0277_201605010542048a4.jpg



JR阪和線ー東岸和田駅付近高架化事業は、岸和田市内の下松町から土生町までの約2.1kmのうち、東岸和田駅を含む約1.0kmを高架化する都市計画事業です。2003年度から事業用地の測量と買収を開始し、2012年10月に線路を仮線に切り替える工事が完了、2015年2月8日から、関空・和歌山方面行き下り線が高架線に切り替えられました。現在は、いわゆる玉突き方式で、下り線仮設ホーム跡に上り線の高架が建設されています。




【出典元】
東岸和田駅付近高架化事業パンフレット (PDF)

【過去記事】
JR阪和線-東岸和田駅下り線ホームが2015年2月8日から高架化!








th_001_20150208185914a57.jpg


1.下り線高架供用開始日

2015年2月8日(日)始発列車から


2.下り線高架化区間 

東岸和田駅付近約 1.6km 


3.事業の概要

事業名称:JR 阪和線東岸和田駅付近高架化事業 
事業主体:大阪府・岸和田市 
事業手法:限度額立体交差事業(単独立体) 
事業区間:岸和田市下松町~土生町 事業延長:約 2.1Km 
踏切廃止数:7箇所 交差道路:8箇所 
駅施設:ホーム面数2面、線数4線 

4.下り線高架化に伴うホーム施設整備について 
エレベーター、エスカレーター、列車長と同等長さの屋根、待合室 階段部2段手すりなど















th_IMG_0272_2016050105420356a.jpg


現地の様子です。前回の取材が2015年2月だったので約1年3ヶ月振りの撮影です。2機のタワークレーンが稼働しており、上り線ホームの高架橋がかなり出来上がっていて驚きました。














th_IMG_0261_20160501054201818.jpg



北側付近の様子です。ホーム部分のコンクリートの打設が行われていました。













th_IMG_0259_201605010542008b7.jpg



北側軌道の様子です。写真左側に新しい上り線の高架橋が建設されています。













th_IMG_0270_20160501054158794.jpg



南側軌道の様子です。写真右側に新しい上り線高架橋が構築されています。














th_IMG_0280_20160501054211d61.jpg


続いて撮影ポイントを変えて、上り線仮設ホームから、建設中の上り線高架橋を見た様子です。














th_IMG_0282_201605010542144a4.jpg


上り線ホームの真ん中付近の様子です。














th_IMG_0286_2016050105421555c.jpg


まだまだ工事半ばですが、この辺りに階段、エスカレータなど駅設備が設置されます。















th_IMG_0288_20160501054217cf6.jpg


最後は北側の様子です。東岸和田駅の高架化工事は予想以上にハイペースで進んでいました。

[ 2016/05/04 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(2)

南海本線ー諏訪ノ森駅高架化工事の状況 16.04

 th_001_20160429014802eeb.jpg


南海本線(堺市)連続立体交差事業は、石津川橋梁付近から高石市域に至る、事業延長約2.7kmの高架化事業です。途中諏訪ノ森駅、浜寺公園駅の2駅が高架化され、7箇所の踏切が除却されます。概算事業費は約423億円を予定しています。


【出典元】
堺市HP>都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業についてその1












th_IMG_0288_2016042522514613b.jpg



【事業概要】
事業名称:南海本線(堺市)連続立体交差事業
事業延長:約2.7km(堺市域:約2.3km 高石市域:約0.4km)
踏切除却数:7箇所
高架化される駅:諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
鉄道と立体交差する都市計画道路: 諏訪森神野線、 常磐浜寺線、 浜寺鳳線
関連側道:約2.9km(東側約1.1km、西側約1.8km)
関連事業: 諏訪ノ森駅前線整備、 駅前交通広場整備(諏訪ノ森駅、浜寺公園駅)、浜寺公園駅前土地区画整理事業
概算事業費:約423億円(事業費負担割合)堺市:約92%(うち約55%に国の補助金活用)南海電気鉄道株式会社:約8
完成予定年:2028年3月末









th_IMG_0286_20160429015036655.jpg 



今回は高架化工事が計画されている諏訪ノ森駅付近の状況をご紹介します。諏訪ノ森駅は、大阪府堺市西区浜寺諏訪森町西二丁にある南海本線の駅で、千鳥式配置の単式22線のホームを持つ地平駅です。1日の乗降客数は7,857人。諏訪ノ森駅の上りホームの駅舎は国の登録有形文化財に登録されいます。高架化後は対面式2面2線のシンプルな構造の高架駅になります。

寺公園駅と諏訪ノ森駅の駅舎については、 次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用方策が検討され、「  保存場所は、新駅舎に近接して配置する」「 活用については、中央部分は、新駅舎のエントランスとする」「また、両側部分は、来場者が集い・憩いの場とし、施設運営については、市民や民間活力を活かす」などのガイドラインにそって浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技が行われ、株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所>12 作品(PDF)が最優秀賞を受賞しました。



【出典元】
浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅 駅舎保存活用構想
浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技について









th_002_2016042901475926a.jpg


◆記憶を継承しつつ、新たなまちの空間へ

旧駅舎に設置されていたステンドグラスは諏訪ノ森 駅舎の特徴的な部分であり、このステンドグラスを モチーフとしたデザインを新駅舎のデザインに取り込みます。松、砂浜、海のイ メージを抽象化した デザインを新駅舎の外壁に適用することにより、 旧駅舎のデザインの記憶が継承しつつ、新旧が融合 された、まちの中心に位置する新駅舎に生まれ変わります。 外壁にはステンドグラスのイメージをちりばめたデ ザインの PC 版を取付けます。PC 版の各所に配置さ れた開口部から日中は駅空間に色鮮やかな太陽光が 入り込み、新駅舎利用者の目を楽しませます。また、 夜には駅からの様々な色の光が外に漏れだすことに より、駅前広場空間にいることが楽しくなるような 照明計画を行います。















th_IMG_0297_201604290205593f7.jpg



こちらは現在の諏訪ノ森駅駅舎の様子です。高架化後はカフェテラスとして活用が計画されています。















th_003_2016042901475861a.jpg


◆みんなの記憶、「諏訪ノ森の大きな木」

諏訪ノ森の人々に利用され、記憶に刻み込まれた旧駅舎を「諏訪ノ森の大きな木」としてとらえ大きな木を中心に人々が憩える空間を配置する計画とします。旧駅舎は今までの記憶とまちの将来をつなげる中心的な装置として人々とともに、これからの諏訪ノ森を見守っていきます。
















th_IMG_0291.jpg



線路越しに見た様子です。非常に年季が入っているのが解ります。


















th_IMG_0302_20160429020601e07.jpg



駅舎は非常に小ぶりです。
国の登録有形文化財に指定されている古い駅舎ですがIC対応の自動改札が導入されています。



















th_IMG_0304_201604290206048f4.jpg


駅舎内部の様子です。現役バリバリの「生きた駅舎」です。

















th_IMG_0311_201604290206025cb.jpg 


券売機のそばにある待合ベンチの様子です。

















th_IMG_0319_201604290206250f8.jpg 


照明器具とステンドグラスの様子です。




















th_IMG_0309_20160429020623aa9.jpg


ステンドグラスには松の木が描かれています。



















th_IMG_0332_20160429020627af6.jpg


外からステンドグラスを見た様子です。
















th_IMG_0280_20160429020628a27.jpg

高架化工事が計画されている諏訪ノ森駅。浜寺公園駅と並ぶ、レトロな駅舎は高架化工事の完成後はカフェとして再生利用される計画となっています。この千鳥配置の特徴的な駅レイアウトも、用地買収の進展と共に徐々に姿を変えて行く事になります。
[ 2016/04/30 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(0)

南海本線ー浜寺公園駅高架化工事の状況 16.04

th_001_20160425223902259.jpg

南海本線(堺市)連続立体交差事業は、石津川橋梁付近から高石市域に至る、事業延長約2.7kmの高架化事業です。途中諏訪ノ森駅、浜寺公園駅の2駅が高架化され、7箇所の踏切が除却されます。概算事業費は約423億円を予定しています。


【出典元】
堺市HP>都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業についてその1













th_IMG_0288_2016042522514613b.jpg



【事業概要】
事業名称:南海本線(堺市)連続立体交差事業
事業延長:約2.7km(堺市域:約2.3km 高石市域:約0.4km)
踏切除却数:7箇所
高架化される駅:諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
鉄道と立体交差する都市計画道路: 諏訪森神野線、 常磐浜寺線、 浜寺鳳線
関連側道:約2.9km(東側約1.1km、西側約1.8km)
関連事業: 諏訪ノ森駅前線整備、 駅前交通広場整備(諏訪ノ森駅、浜寺公園駅)、浜寺公園駅前土地区画整理事業
概算事業費:約423億円(事業費負担割合)堺市:約92%(うち約55%に国の補助金活用)南海電気鉄道株式会社:約8
完成予定年:2028年3月末


















th_IMG_0286_20160425225145572.jpg



高架化工事が各所で行われている南海本線ですが、今回は高架化工事が計画されている浜寺公園駅付近の状況をご紹介します。浜寺公園駅は大阪府堺市西区浜寺公園町二丁にある南海本線の駅で、2面4線の設備を持つ地平駅です。1日の乗降客数は4,207人。高架化後は2面2線、通過線2線の構造を持つ、新幹線型の高架駅になります。




















th_IMG_0369_201604252252014f0.jpg

浜寺公園駅といえば1907
に建てられた木造平屋建ての駅舎が有名です。大阪市中央公会堂や日本銀行大阪支店、東京駅丸の内口駅舎を設計した辰野金吾が手がけたこの駅舎は1998に国の登録有形文化財に登録されており、現存利用されている私鉄駅舎の中では最古の駅舎です。※厳密には浜寺公園駅の駅舎は現在閉鎖中です













th_002_20160425223900ffb.jpg



浜寺公園駅駅舎については、 次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用方策が検討され、「  保存場所は、新駅舎に近接して配置する」「 活用については、中央部分は、新駅舎のエントランスとする」「また、両側部分は、来場者が集い・憩いの場とし、施設運営については、市民や民間活力を活かす」などのガイドラインにそって浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技が行われ、株式会社アプル総合計画事務所(44 作品(PDF:2,698KBが最優秀賞に選ばれました。



【出典元】
浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅 駅舎保存活用構想
浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技について






th_003_20160425223903adf.jpg


現木造駅舎を引き立たせる「背景」となる新駅舎デザイン  
新駅舎ファサードは現木造駅舎を引き立たせる存在と位置付け、シンプル で、ニュートラル(中性的)な素材・色彩のものとし、現駅舎の「背景」としての おとなしいデザインを目指す。

周囲への圧迫感を軽減、新駅舎のファサードデザインの分節化  
現駅舎及び周囲の閑静な住宅のスケール(ボリューム感)との関係から、新 駅舎のファサードは1階と2階部で分節し、かつ2階部は明るい色調の外装板 とするが、中央部は現駅舎の屋根との関係、視線の抜けのために透過性のあ る外装(ガラス)とし、ホームからも現駅舎の屋根・駅前広場、駅前線を望めら れるように配慮する。

地域の気象条件や周囲の風景に調和した素材、維持管理への配慮  
海に近い立地条件に配慮し、採用する素材は潮風に強く、耐久性の高い素 材を用いることで、将来的なメンテナンスコスト軽減にも配慮する。  夏季の海からの自然の風をホームや駅舎内に取り入れ快適性を高めるな ど、省エネや地域環境に配慮したしつらえとする。

正面の木造駅舎への通景(ビスタ)を妨げない施設配置  
駅前広場・駅前線から現木造駅舎への眺望を尊重するため、駅前広場・駅 前線は地となるシンプルな素材、意匠、施設配置とする。 駅前線の街路樹は軸線を強調すべき、「歴史的経緯を有するマツ」を規則 正しく配置し、ビスタを強調する。 広場部は街路樹を両脇に寄せることで、現木造駅舎への視界を確保する。

夜間景観の演出に際してのきめ細かいライトアップ手法
 
現駅舎のライトアップ手法をあらかじめ広場設計の段階で一体的に検討を 行い、歴史的木造駅舎の繊細さを尊重する照明技法を採用する。 広場照明計画、背後の新駅舎照明計画、内部照明および展示照明計画とも 連動し、利用者の安全性、快適性(グレアカット)、省エネ性にも配慮する。









th_004_2016042522390494d.jpg

ファサードデザイン  
現駅舎の背景となる部分の外壁はガラス面とし、駅前広場から見た際に、この ガラス面に空が映り込み、新駅舎の存在を極力感じさせないことを目的とする。 その他のホーム階外壁は、整備コスト及び維持管理面に配慮してセメント系 パネル等とする。  1階のガラス面には、現駅舎付属のホーム上屋の姿や鉄道車両などをデジタ ルプリントしたシートを貼ることで、現駅舎と一体となった歴史的な風景の再現 に努める。

雨・風対策  
新駅舎の外装は、極力駅施設として実績のある標準的納まりに努める。 現駅舎と新駅舎の接続部は、現駅舎に付属する3番線ホーム屋根の架構を再 現し、エキスパンションジョイント部に雨樋を設ける。(屋根面は網入り波型ガラスとし、採光を兼ねる) ホーム外壁面には、スリット状のガラリをホーム足元に設け、海風、山風を導 入することで、ホームの快適性を高める。


内観デザイン  
コンコース全体の内装は、全体の色調をニュートラルな色、素材に統一し、歴史的展示等とのコントラストを際立たせる。 壁面は耐衝撃性・安全性の高い素材とする。(アルミ樹脂複合板等)










th_005_20160425223906c5c.jpg

現駅舎への通景(ビスタ)を演出する駅前広場  
駅前広場の形状は、現駅舎への眺望を重視して左右対称の線形とし、南北に バス及びタクシーバースを確保する。身障者用バースは、利用しやすい駅正面南 寄りに配置する。 駅前広場ロータリー以外の南北のスペースは、歩行者通行帯(5.5m)を確保し た上で多目的空間を確保する。 駅前広場及び駅前線は、基本的にはバリアフリーに配慮してセミフラット型と するが、バス停部分のみ乗降しやすいようマウンドアップ型を提案する。

維持管理に配慮した素材選定  

車止めや照明灯、シェルター等は、極力シンプルなデザインにすると共に、維 持管理のしやすい製品とする。 舗装についてもコスト、維持管理面、環境へのやさしさ(透水性・保水性等)に 配慮したコンクリートブロック舗装を基本とする。色は歴史的景観に配慮しグレ ー系の濃淡2色のブロックを提案する(最終的には市民意見、管理者意見も踏ま え決定する)。








th_IMG_0347_201604252251480dd.jpg


現在の浜寺公園駅の様子です。現役最古参旧の木造駅舎を持つ駅の為、ホームや上屋、待合室など全てのアイテムから歴史を感じる事が出来ます。













th_IMG_0344_2016042522520293b.jpg


下りホームにある待合室の様子です。











th_IMG_0335_201604252252043ee.jpg 


内部にはタイムスリップした様なレトロな空間が広がっていました。












th_IMG_0385_20160425225205f15.jpg



上りホームの上屋の様子です。古レールの柱と木材の取り合わせがなんとも言えません。












th_IMG_0373_2016042522515148b.jpg




このレトロな浜寺公園駅にも高架化工事の荒波が押し寄せています。上の図は現地に掲示されていたパネルを撮影したモノですが、既に仮設駅舎が設置され、木造駅舎は一時的に閉鎖されていました。








th_IMG_0361_20160425225159cce.jpg



仮設駅舎に繋がる地下通路の様子です。









th_IMG_0384_20160425234350701.jpg



高架化工事に伴い少しつづ姿を変え始めた浜寺公園駅。木造駅舎はそのまま高架駅舎のエントランスとして活用されるとの事なので
、ほっと一息です。これから徐々に姿を変えてゆく浜寺公園駅も追跡取材を行ってゆきたいと思います。
[ 2016/04/27 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(4)

南海本線ー羽衣駅高架化工事の状況 16.04

th_IMG_0254_20160424200726c7b.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。













th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度ですが、工事の進展に伴い、2016年5月14日(土)の始発電車から下り線が高架線に切り替えられます。














th_IMG_0262_20160424200952511.jpg



今回は下り線の高架直前の羽衣駅の様子をご紹介します。羽衣駅(はごろもえき)は、大阪府高石市羽衣一丁目にある、南海本線の駅で23線のホームをを持つ橋上駅です。羽衣駅は南海本線に加え、高師浜線とJR阪和線の東羽衣支線(羽衣線)との乗り換え駅でもあります。乗降人員は20,612/日。現在、高架化工事が行われており、来月14日(土)から関西国際空港方面の下り線が高架に切り替えられる予定です。














th_IMG_0268_20160424200727482.jpg


現地の様子です。来月14日の高架化に備え、下り高架ホームの最後の仕上げ工事が行われていました。














th_IMG_0242_20160424200728552.jpg



こちらは関西国際空港方面の様子です。高架橋が延々と伸びています。











th_IMG_0226_20160424200730188.jpg


反対側、難波方面の様子です。












th_IMG_0251.jpg


橋上駅舎から見た難波方面の様子です。












th_IMG_0231_201604242007403a5.jpg


地上から見た下り高架ホームの様子です。











th_IMG_0241_201604242007388f1.jpg


羽衣線に乗りれている高師浜線は難波方面上りホームの関西国際空港側に切り欠きホームから発着しています。











th_IMG_0237_20160424200741357.jpg


撮影していると、南海本線の上り、下り電車と高師浜線の電車、3列車が集結する瞬間に出くわしました!

[ 2016/04/26 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

南海本線ー高石駅高架化工事の状況 1604

th_IMG_0218_2016042418424963d.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。













th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度ですが、工事の進展に伴い、2016年5月14日(土)の始発電車から下り線が高架線に切り替えられます。
















th_IMG_0262_201604241842517dc.jpg



今回は下り線の高架直前の高石駅の様子をご紹介します。高石駅(たかいしえき)は、大阪府高石市千代田一丁目に所在する南海本線の駅で、島式24線のホームを持つ橋上駅です。乗降人員は9,598/日。現在、高架化工事が行われており、来月14日(土)から関西国際空港方面の下り線が高架に切り替えられる予定です。














th_IMG_0190_201604241842544c9.jpg



現地の様子です。こちらは架設ホームですが2面4線の立派な駅施設となっています。















th_IMG_0184_2016042418425548b.jpg


関西国際空港方面の様子です。下り線の高架橋が架設線にそって延々と伸びています。
















th_IMG_0201_20160424184305675.jpg



反対側、難波方面の様子です。こちらが側も架設線にそって高架線が伸びています。















th_IMG_0191_20160424184302be0.jpg



架設ホームから、工事中の高架ホームを見上げると、既に駅名票が取り付けられいる事が確認出来ました。















th_IMG_0209_201604241843047cf.jpg



撮影ポイントを変えて、橋上駅舎から見た、難波方面の高架橋の様子です。














th_IMG_0212_20160424184307b01.jpg



同じく橋上駅舎から見た関西国際空港方面の様子です。下り線の高架ホームの建設工事はかなり進んでいる事が解りました。














th_IMG_0203_2016042418430849b.jpg


高架化工事が進む南海本線ー高石駅付近。高架ホームへの切り替え後に取材したいと思います。

[ 2016/04/25 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(0)

南海本線-松ノ浜駅高架化工事 16.04 〜ホーム・軌道編〜

th_IMG_0114_20160421224127fcc.jpg



南海本線(泉大津市)連続立体交差事業、 南海本線の「松ノ浜駅」から「泉大津駅」付近の約2.4kmを高架化し、途中8箇所の踏切を除却、都市内交通の円滑化を図り分 断され た市街地の一体化により都市の活性化を図る事業です。

前回の泉大津駅につづいて、今回は高架化が完成した松ノ浜駅の様子をご紹介して行きます。松ノ浜駅は難波駅を起点に19.5kmに位置する、相対式22線構造の高架駅で1日の乗降客数は3,812/日の小規模駅です。200867 に上り線高架化され、201284 に下り線高架化も高架化されました。



【過去記事】
南海本線-泉大津駅高架化工事 16.04 ~駅前広場・改札外コンコース編~

南海本線-泉大津駅高架化工事 16.04 ~改札階・ホーム編~
南海本線-泉大津駅高架化工事 13.06
南海本線-泉大津駅高架化工事 11.08

南海本線-泉大津駅高架化工事 10.11
→南海本線-泉大津駅高架化工事 09.12



















izumiootu001.jpg



【出典元】
大阪府>南海本線(泉大津市)連続立体交差事業


【事業概要】
・事業名称:南海本線(泉大津市)連続立体交差事業
・延長  :約2.4km
・踏切除却数:8箇所
・事業主体:大阪府
・事業期間:平成7年度から平成27年度(予定)
・総事業費:約453億円
















th_IMG_0138_20160421224130c8d.jpg


松ノ浜駅の2回目のレポートとなる今回は、ホーム・軌道編です。松ノ浜駅はシンプルな相対式の2面2線の設備を有する高架駅です。

















th_IMG_0106_201604212241295d8.jpg


ホームの南側は幅が狭くなっています。
















th_IMG_0117_20160421224132d51.jpg


利用客が集中する階段付近はご覧のとおり、かなりの広さがあります。
















th_IMG_0120_20160421224133375.jpg


階段、エスカレーター付近の様子です。松ノ浜駅の旅客導線は、上下ホーム共に階段エスカレータが1箇所とエレベーター1機に集約されており、非常にシンプルな造りになっています。
















th_IMG_0122_20160421224142571.jpg


階段を見下ろした様子です。
















th_IMG_0127_20160421224143866.jpg



エレベーターの様子です。














th_IMG_0119_20160421224143b78.jpg



時刻表の様子です。日中閑散時間帯は時間4本の15分ヘッドとなっています。


















th_IMG_0103_20160421224145f8a.jpg


南側の高架軌道の様子です。写真奥に見えるのは泉大津駅です。
















th_IMG_0143_2016042122414659d.jpg


難波側の軌道の様子です。高架軌道は松ノ浜駅を出てすぐに地上に向かって降りてゆきます。写真奥に見える府道38号富田林泉大津線のオーバーパスをくぐり抜ける為です。写真で見るとズームの圧縮効果もあり、まるでジェットコースター感覚です。













th_IMG_0130_201604212243020b3.jpg


撮影していると、上り坂を空港急行が駆け上がってきました。















th_IMG_0141_201604212243038c1.jpg


上下線の高架化が完成し、周辺部の残工事も終盤戦を迎えている松ノ浜駅。利用客数の少なさから非常にシンプルな高架駅でした。
[ 2016/04/23 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)