あべのハルカスとライオン

 th_IMG_0129_20160111164219e8f.jpg


高さ300mの超高層ビルと100獣の王ライオン。
ハイテク超高層ビルとサバンナの野生とのコラボは最新の大阪でしか見られない新しい風景。



[ 2016/01/11 16:40 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(2)

2016年新春スペシャル企画・第2弾「初登り!」

th_IMG_0507_20160105224302bac.jpg




2016年新春スペシャル企画・第2弾は「初登り!」
なぜビルに登るのですか?そこにビルがあるからさ!


意味不明なテンションで、嫁さんを連れて一路あべのハルカスへ!!













th_IMG_0548_20160105224304055.jpg


ハルカスから見た年始の大阪都心の様子です。
澄み切った快晴とは行きませんでしたが、夕方の眺めもまたキレイです。













th_IMG_0616.jpg


ハルカスの展望台に登るのは開業以来2回目ですが、この1年ほどでさらに高層ビルが増えた事を実感出来ました。












th_IMG_0618_2016010522430674d.jpg


大阪国際ビルや大阪大林ビル、中之島センタービルなど、古参の高層ビルしか無かった時代から、よくここまでのスカイラインが出来たと関心します。















th_IMG_0572_201601052243093be.jpg


上本町周辺の様子です。上本町周辺は人気の文京エリアですが、タワーマンション街といった感じになっています。

になみに、今回ハルカスの展望台に登るまでの待ち時間は40分!
チケットカウンター前は、USJのアトラクション並に蛇行した行列が出来ていました。
















th_IMG_1170.jpg


続いては、大阪府庁咲州庁舎(旧WTCコスモタワー)。











th_IMG_1184.jpg



展望台から見たハルカスの様子です。













th_IMG_1206.jpg



難波エリア付近の様子です。JR難波駅周辺の再開発により高層ビルが増えました。
今後は、南海会館ビルの建て替えや、新歌舞伎座跡などが注目を集めそうです、









th_IMG_1187_20160105224318983.jpg


こちらもド・定番ですが、弁天町のORC200を中心としたアングルです。
ここからだと、中之島フェスティバルタワーが被って良く見えないのが惜しいです。













th_IMG_1190.jpg


WTCの次は梅田スカイビルに行く予定でしたが、急用が発生し敢え無く断念!
初の初登り企画は2棟で終了という、当初の意気込みからすると、ショボイ取材となりました。残念!!


艦これ好きの友人が、金剛さん金剛山!
と言いながら金剛山の初日の出をバックに金剛さんのフィギュアの写真を送ってきた事に比べると、まだマシ・・・
いや、他人から見たら同じかもしれませんね。

[ 2016/01/06 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(0)

2016年新春スペシャル企画・第1弾「初ビル詣」

th_IMG_0345_20160101103707686.jpg


2016年新春スペシャル企画・第1弾は「初ビル詣」
初詣に行くノリで、大好きなビルを詣でると言うビルヲタ以外には意味不明の行動(笑)です。


出し惜しみ無しでスペシャルな画像を連発します!!











th_IMG_0341_20160101103709323.jpg


その1:中之島シンメトリー2016バージョン。
以前にも撮影した事があるだまし絵の様な1枚です。今日は若干風があったので水面が完全な凪状態ではありませんでしたが、中々面白い1枚が撮れました!












th_IMG_0348_20160101103709e27.jpg


画像のタイトルを「中之島シンメトリー」にするか、「中之島RAID1」にするか悩みましたが(どうでもいいって!?)おとなしくシンメトリーにしました。











th_IMG_0396_20160101103711524.jpg


その2:天満橋から見た中之島の様子です。

初日の出に照らされたひと気のない高層ビル街がいい味を出しています。









th_IMG_0399.jpg



中之島は特に肥後橋付近のビル密度が高まっており、沈没しないのかな?と言うぐらいに高層ビルが乗っかっています。













th_IMG_0404_2016010110374893b.jpg


その3:初日の出に照らされたOBP


定番のアングルですが、超が付く晴天と初日の出というシチュエーションが僕の脳みそのイイ部分をビリビリ刺激してきれました。やっぱOBPはカッコええ。









th_IMG_0419_20160101103749c7f.jpg


その4:初日の出に輝くあべのハルカス


天王寺バイパス歩道橋から見たあべのハルカス。夏場は地獄の様に登るのが辛い階段も真冬なら心地良い運動。登り切った地点で待っているのは、この素晴らしい眺めでした。











th_IMG_0413_2016010110375017f.jpg



初日の出に照らされ輝くハルカスと月。

最後は、ハルカスの近くに浮かんでいた下限の月と絡めた1枚です。




初ビル詣、如何だったでしょうか?
新春スペシャル企画はまだ少し続きます。乞うご期待!
[ 2016/01/01 10:30 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(4)

全長8mのミラーボールが感動的な美しさ!阪急うめだ本店の祝祭広場に登場した巨大ミラーボール「ヒンメリ」は一見の価値あり。

 th_IMG_0367_20151220221325227.jpg



阪急うめだ本店9階祝祭広場で展示されている全長8mの「ミラーボールヒンメリ」が感動的な美しさで度肝を抜かれました!もう能書き無しで、本当に鳥肌が建つほど美しい。

















th_IMG_0370_20151220221327173.jpg


ヒンメリとはスウェーデン語で「天」を意味するフィンランドの伝統装飾のことです。これを模したイルミネーション「ミラーボールヒンメリ」は写真家や美術家、照明家、内装業などさまざまなジャンルのメンバーで構成されたアート集団“ミラーボーラーズ”による空間作品で、天井のミラーボールと床からのLEDで照らされて光る約80個のクリアカラーのミラーボールが幻想的な空間を生み出しています。




















th_IMG_0364_20151220221322e78.jpg


毎時0分から約5分間は、音楽と4つに分かれた光のイメージ(神聖、オーロラ、躍動、祈り)が連動したスペシャルイルミネーションショーが開催されています。















th_IMG_0363.jpg


ミラーボールだけあって、空間全体に光の粒が広がって回転しています。















th_IMG_0348_20151220221329409.jpg


ヒンメリの下では北欧クリスマスマーケットが開催され、本場フィンランドからのアイテムとともに手作り作家も初来場。また音楽ライブなども開催し、北欧クリスマスの雰囲気溢れる空間となっています。















th_IMG_0345_20151220221516046.jpg


阪急うめだ本店の祝祭広場に登場した巨大ミラーボール「ヒンメリ」。その、いままで見たことが無い独創的な美しさに、久々にシビれるような感動を味わうことが出来ました。12月25日まで、展示期間はあと僅かですが、機会があったら是非一度見て欲しいです。ホンマに凄いですよ!!

[ 2015/12/21 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(5)

刃の様なルーセントタワー

 th_IMG_0182_2015101423525268a.jpg



タイトル通り、まるで鋭い日本刀の様に見えるルーセントタワー。「ルーセント」は、英語で「光る、輝く」の意味があり、ビルのデザインコンセプトを垣間見る一瞬を捉えた一枚です。
[ 2015/10/15 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(1)

中之島フェスティバルタワーの最上階にある「ラ・フェットひらまつ」から見た大阪都心の眺め Part2

th_IMG_0220_20150904000451808.jpg



今回ご紹介するのは、中之島フェスティバルタワー最上階にある高級レストラン「ラ・フェットひらまつ」から見た大阪都心の眺め-Paet2です。ラ・フェットひらまつは、全国で高級レストランを展開するひらまつグループ初となる大阪の店舗で、ラ・フェットひらまつは「モダン クラシック」のコンセプトのもと、伝統的なフランス料理の技法をベースに、ひらまつが長年にわたって磨き上げてきたフランス料理とイタリア料理の技術と感性を融合し、新たな料理の世界を展開しています。

中之島フェスティバルタワーの最上階という最高のロケーションにあるこのレストランからは地上約200mに位置し、北は淀川と北摂の山々、南には眼下に広がる広大な大阪都心を、西には淡路島や明石海峡大橋まで一望する事が出来ます。











th_IMG_0161_20150904000453322.jpg


今回はPart1でご紹介出来なかった北東〜東方面の眺めです。先ずは新ダイビルを見下ろした様子です。中々見られない新鮮なアングルだと思います。こうやって見下ろすと、4階の大疵の色だけ異なってる事や頂部付近の2階層に窓ガラスが無いこと、ヘリポートなど色々見えなかった事が見えてきて面白いです。









th_IMG_0167_20150904000454309.jpg


都島方面の様子です。シティタワー大阪天満セントプレイスタワー 、桜宮リバーシティ・ウォータータワープラザが見えています。











th_IMG_0231_2015090400045589d.jpg


OAP付近の様子です。真ん中の丸い高層ビルはOAPタワー左のビルは帝国ホテル大阪です。











th_IMG_0208_20150904000456dd3.jpg


OBP方面の様子です。TWIN21 -ツイン21-の奥にKDDI大阪第2ビルがこっそりと顔を出しています。










th_IMG_0223_20150904000505135.jpg



最後は、北浜付近のビル群の奥に見える大阪城天守閣の様子です。








[ 2015/09/05 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(3)

中之島フェスティバルタワーの最上階にある「ラ・フェットひらまつ」から見た大阪都心の眺め

 th_IMG_0210.jpg



今回ご紹介するのは、中之島フェスティバルタワー最上階にある高級レストラン「ラ・フェットひらまつ」から見た大阪都心の眺めです。ラ・フェットひらまつは、全国で高級レストランを展開するひらまつグループ初となる大阪の店舗で、ラ・フェットひらまつは「モダン クラシック」のコンセプトのもと、伝統的なフランス料理の技法をベースに、ひらまつが長年にわたって磨き上げてきたフランス料理とイタリア料理の技術と感性を融合し、新たな料理の世界を展開しています。

中之島フェスティバルタワーの最上階という最高のロケーションにあるこのレストランからは地上約200mに位置し、北は淀川と北摂の山々、南には眼下に広がる広大な大阪都心を、西には淡路島や明石海峡大橋まで一望する事が出来ます。













th_IMG_0227.jpg


フェスティバルタワーの最上階にレストランがある事は知っていましたが、あまりにハイグレードな店舗の為、利用をためらってきました。今回は「嫁さんの誕生日の記念に」という大義名分のもと、思い切って行ってきました!


まずは、東側に広がる中の島公園〜OBP方面の眺めです。地上約200mから見下ろす中之島の眺めは、もう凄い、圧巻の一言です。以前にも何回か書いたことがありますが、超高層ビルからの眺めでも地上100m、150mのビルと200m級にビルでは、風景の見え方が明らかに違いが出てきます。200m級になると、地形が把握出来る、航空機的な異次元の光景が広がっています。













th_IMG_0216_20150813113006876.jpg


中之島公園のアップです。まさに水都大阪を象徴する眺めと言えます。中之島公園界隈は、ここ数年間で見違える様に美しい公園に生まれ変わりました。













th_IMG_0198.jpg



続いて淀屋橋付近の様子です。住友グループ、日本生命グループの巨大なオフィスビルが林立しています。











th_IMG_0194.jpg


ザ・タワー北浜えを中心としたアングルです。ザ・タワー北浜の最高高さは209.35mで大阪都心部では最も高いビルであり、かつタワーマンションとしては日本一の高さを誇る超高層ビルです。















th_IMG_0116_201508131130354db.jpg


御堂筋付近の様子です。現在の景観規制の基準となる軒高50mの景観線がハッキリと見えるまでに、ビルの建て替えが進んできました。特に御堂筋東側のビルの建て替えが先行します。












th_IMG_0115.jpg


本町方面の様子です。真ん中に見えるのはセントレジスホテル大阪が入居する本町ガーデンシティです。








th_IMG_0122_20150813113037375.jpg


奥にはあべのハルカスがそびえ立っています。














th_IMG_0105.jpg


最後は、もう一度南側の眺めです。ラ・フェットひらまつですが、ご覧のとおり眺めは最高です。また、料理の味も素晴らしく値段相応の価値は十二分にあると思います。何を食べても本当に美味しかった!


ちなみに一般客が利用出来るエリアから撮影出来るのは、この南側の眺めと、全面ガラス張りになっている東向きのトイレの中の2方向、席によれば西側も少し取れるかも・・。一番撮りたかった梅田側はバンケットルームとなっており、普段は開放されておらず、結婚式やパーティーなど特別な時でないと立ち入りが出来ない様です。また、結構な大箱店舗なので写真撮影については窓際席の予約が必須です。今回は事前に窓際席を予約し、さらに店員さんに許可を頂いて撮影してきましたが、それでもシャッターを切るには、ちょっと気合が居る位の高級な空気感でした。
[ 2015/08/14 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(4)

御堂筋2015夏

th_IMG_0587_20150802074153d19.jpg



真夏の夕方の御堂筋の様子です。この日はクルマの外気温計が38.8度を表示するほどの酷暑でしたが、コンクリートジャングルを貫くメインストリート、御堂筋の豊かな緑が都市に少しの潤いを与えている様に見えました。













th_IMG_0584.jpg


中央大通から見て、既存ビルの建て替えが進み景観が大きく変わった北側に比べ、変化が少なかった南側ですが、大丸本館の建て替えなどにより、これから大きく姿をかえて行く事になりそうです。
[ 2015/08/02 07:15 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(0)

ライトアップされた中之島フェスティバルタワー

th_IMG_1250_20141224230617790.jpg


あひるちゃんを撮影する為に、夜の中之島を散策していると、ダイビル本館につづいて、ライトアップされた中之島フェスティバルタワーが見えてきました。休日だったので高層部オフィスフロアの明かりは寂しい感じですが、低層部のライトアップが中々キレイだったので撮影してみました。



【過去記事】
中之島フェスティバルタワーの新商業施設「フェスティバルプラザ」
中之島フェスティバルタワー 12.12
中之島フェスティバルタワー 12.11
中之島フェスティバルタワー 12.09
中之島フェスティバルタワー 12.08
中之島フェスティバルタワー 12.06
中之島フェスティバルタワー 12.04
中之島フェスティバルタワー 12.03
中之島フェスティバルタワー 12.01
中之島フェスティバルタワー 11.12
中之島フェスティバルタワー 11.11
中之島フェスティバルタワー 11.10
中之島フェスティバルタワー 11.08
中之島フェスティバルタワー 11.06
中之島フェスティバルタワー 11.05
→中之島フェスティバルタワー 11.04
→中之島フェスティバルタワー 11.03
→中之島フェスティバルタワー 11.02
→中之島フェスティバルタワー 10.11
→中之島フェスティバルタワー 10.10
→中之島フェスティバルタワー 10.08
→中之島フェスティバルタワー 10.06
→中之島フェスティバルタワー 09.12
→中之島フェスティバルタワーの模型!
■追跡取材リスト









th_IMG_1255.jpg


中之島フェスティバルタワーのライトアップ・プランは相当手が混んでいます。また手積みされたレンガ貼りの外装が、適度な凸凹感を演出しており、新築のビルにも関わらず、なんともいえない味わいを醸し出しています。










th_IMG_1254.jpg



正面エントランス付近には期間限定のイルミネーションもありました。










th_IMG_1260.jpg


南側壁面の様子です。低層部の南側壁面にある「牧神、音楽を楽しむの図」のレリーフはライトアップされていないんですね。










th_IMG_1259.jpg


最後は引き気味のアングルで、中之島フェスティバルタワーの低層部と、ライトアップされた錦橋の様子です。この取り合わせも中々いいですね〜。

[ 2014/12/31 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(0) | CM(0)

日本生命本館のライトアップと御堂筋イルミネーション2014

th_IMG_1290_20141222225822a1f.jpg


大阪の冬の風物詩として定着しつつある御堂筋イルミネーション。今年新たに難波西口交差点まで延伸し、大阪都心部を南北に走る御堂筋が約3kmにわたって華やかな光に彩られています。この光のイベントに合わせて、日本生命本館と南館のライトアップが行われています。










th_IMG_1297.jpg


日本生命本館・南館のライトアップは、歩道端の路面に埋め込まれたLEDが建物を下から照らしており、仮設ではなく常設の照明器具となっています。本館周辺で行われている日生関連のビルの新設・再編にあわせてライティング用の照明器具が設置されました。









th_IMG_1302.jpg


銀杏並木を彩るイルミネーションの様子です。以前は
樹の幹に照明を取り付けて棒が立ち並ぶ様な感じでしたが、大分イルミネーションっぽくなりました。ただ、照明の密度が低く若干物足りない印象を受けました。








th_IMG_1308.jpg


桜色のイルミネーションはかなり綺麗です。御堂筋沿道はかなりの人通りがあり賑わっていました。









th_IMG_1299_201412222258274fc.jpg


大阪の冬の風物詩として、すっかり定着し御堂筋イルミネーション。今回はイルミネーションのエリアが難波まで繋がった為、実施エリアは広がりましたが、その為でしょうか?イルミネーションの密度が低下した様に見えました。全長3kmをビッシリとイルミネーションで彩るのは相当なコストがかかりそうですが、日本一の規模のイルミネーションイベントを目指すのであれば、今後徐々にイルミネーションの密度を高めていって欲しいです。

将来的には、神戸のルミナリエや仙台の光のページェント並に知名度が上がって欲しいと思いました。

[ 2014/12/25 00:00 ] その他 特選:風景写真 | TB(1) | CM(3)