ロイヤルパークホテルズのフラッグシップ店が入居する御堂筋の超高層ビル(仮称)御堂筋平野町計画の状況 17.12

th_001_201702072159033a6.jpg


(仮称)御堂筋平野町計画は
情報システム会社のオービックが御堂筋に計画している再開発計画で、ホテルとオフィスで構成された超高層ビルの建設計画です。オービックが御堂筋に計画している超高層ビルは、地上25階、塔屋2階、地下2階建て、延床面積55,533.82m2、高さ116.35m。御堂筋は2014年に高さ制限が緩和されましたが、オービックのビルは規制緩和後、2箇所目の100m超え超高層ビルの建設となります。2017年5月に着工、2020年1月の完成を予定しています。投資額は約250億円です。










th_P_20161118_153529.jpg



【スペック】
名称:(仮称)御堂筋平野町計画
所在地大阪市中央区平野町4丁目13-1番他27筆
階数:地上25階、塔屋2階、地下2階
高さ:116.35m
構造:S造(一部SRC)造
杭・基礎 
主用途:店舗、事務所、ホテル、駐車場
客室数:352室
敷地面積:3,924.19m2※船場後退後有効面積
建築面積:3,109.37m2
延床面積:55,533.82m2 ※容積対象面積:48,907.62㎡
建築主オービック
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:2017年05月(予定)
竣工2020年01月(予定)











th_IMG_3979.jpg


三菱地所グループのホテル統括会社である株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、2017年02月07日付けのプレスリリースで、独立系大手SIer「オービック」が御堂筋に建設中の超高層ビルの高層階に「ロイヤルパークホテルズ」の関西地区におけるフラッグシップホテルを新規出店すると発表しました。開業は2020年春を予定しています。

新ホテルの施設構成は、バスルームを充実させたゆとりあるツインルームを中心に 352 室を計画、上層階 の 24・25 階はエグゼクティブフロアと位置づけ、上質な滞在空間を提供。また、最上階の 25 階には宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設け、大阪の街並みを見渡しながら優雅なひと時を過ごせるとしています。 




ホテル概要(予定) 
・ホテル賃借面積  15,523.61 ㎡(4,695.89 坪) 
・施設構成  客室(1525 階、352 室)、レストラン、バー、宿泊者専用エグゼクティブラウンジ 
・ホテル経営  株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(三菱地所㈱100%出資) 
・ホテル運営  株式会社ロイヤルパークホテルマネジメント(㈱ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ 100%出資) 
・開    2020 年春

















th_IMG_4488_201712101627374be.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので約3ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_4480.jpg


今回は大きな収穫がありました・・・。












th_IMG_4479_201712101627399d1.jpg



早くも鉄骨が地上に姿を表しているではありませんか!「V字」型の制振ブレースも見えます。鉄骨建方が始まったので、これからドンドン成長して行くと思います。これまた、追跡取材のテンションが上がる出来事でした。





新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.12

th_001_20160404215843fa7.jpg


冠婚葬祭大手の株式会社ベルコは、2016年4月4日に発表したプレスリリースで、大阪難波の新歌舞伎座跡地のホテル計画の概要と外観デザインを発表しました。

新ホテルの仮称は「ホテルロイヤルクラシック大阪」。外観デザインは低層部に旧建築の意匠を残し新しいランドマークとして生まれ変わる事が明らかになりました。

低層部は既存の新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、難波 の街に馴染んできた「顔」である建物を保存する意匠となります。高層部はアルミルーバー を複数枚重ねた、繊細かつダイナミックなファサードデザインです。ホテルは2016年6月に着工、2019年10月の開業を予定しています。

難波のランドマーク的な建物だった旧大阪新歌舞伎座は、施設の老朽化等に伴い2009年6月に閉館、劇場機能は近鉄が上本町駅近くに建設した
「上本町YUFURA」に移転しました。テナントが無くなり空きビルになった新歌舞伎座跡は、2012年3月に冠婚葬祭「ベルコ」が用地を取得していました。



【出典元】
2019年秋、大阪ミナミに建築家・隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生
「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)新歌舞伎座跡地に旧建築の意匠を残し生まれ変わります!
(PDF)


【過去記事】
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.10

新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.07
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.01
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 16.06
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 16.04
(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事の状況 15.12
旧新歌舞伎座を建て替える(仮称)ベルコ難波ホテル新築工事が始動!
さよなら新歌舞伎座。ついに新歌舞伎座の解体工事が始まる
新歌舞伎座跡地に「ベルコ」結婚式場など建設へ
 

【隈研吾氏の作品例】

→富山キラリ(TOYAMAキラリ)~富山市立図書館 本館・富山市ガラス美術館~

地方都市の中心市街地活性化策の成功事例として注目を集める「アオーレ長岡」が凄い!












th_IMG_0204_20160111121851c91.jpg


【スペック】
名称:ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)
所在地大阪府大阪市中央区難波四丁目59-1 外(地名地番)
階数:地上19階、地下1階
高さ:85.85m
構造S造、RC造、SRC造
杭・基礎 ---
主用途:ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
客室数:150室
敷地面積2,292.65㎡
建築面積1,893.46㎡
延床面積26,490.90㎡(容積対象面積22,349.19㎡)
建築主:ベルコ
設計者:隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
施工者:鹿島建設
着工:2016年06月
竣工:2019年07月(予定)







th_IMG_4300_2017121013421361c.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年10月だったので約3ヶ月振りの取材です。













th_IMG_4301_20171210134218fc9.jpg


仮囲いの外から見た限りでは、長らく変化が無かったこの現場ですが、ついにタワークレーンが建ちました!そして、一気に地上階の鉄骨建方がはじまりました。ここまで来るのに相当時間がかかったので鉄骨を見て感動しました。











th_IMG_4290_201712101342170c1.jpg



北東側から見た様子です。1機目のタワークレーンの設置場所は敷地の北東側付近です。かなり北に寄せて設置されている事と、案件の規模から考えて、タワークレーンはもう1機設置されると思います。

















th_IMG_4297_201712101342162af.jpg



真東から見た様子です。隈研吾氏が手がける外観デザインは、低層部に旧建築の意匠を残したものになるので、仕上がりがとても楽しみです。













th_IMG_4302.jpg



ついにタワークレーンが建ち鉄骨が地上に姿を現したホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)。これから成長して行く姿をウオッチするのがとても楽しみになってきました。













【おまけ】





th_IMG_4137.jpg


夜のホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の様子です。






[ 2017/12/11 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIAーJR西日本の新ブランドホテルの建設状況 17.12

001_2017121012042539c.jpg



株式会社ジェイアール西日本ホテル開発は、2017年05月10日付けのニュースリリースで、JR西日本グループ直営の新たなホテル業態・ブランドとして開発中のハイクラス宿泊主体型ホテルのブランド名を「ヴィスキオ(VISCHIO)」に決定したと発表しました。新ブランド名「ヴィスキオ(VISCHIO)」はイタリア語で「宿り木」の意味です。北欧神話で宿り木は幸福、安全、幸運をもたらす聖なる木とされていることから、宿泊客に旅の疲れを癒して幸福を感じていただくとともに、旅の安全幸福をもたらす場となることを願って命名されました。
















th_IMG_3794_20171210114021a5b.jpg


【スペック】
名称:ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA
計画名:(仮称)大阪北NKビル新築工事
所在地大阪市北区芝田二丁目11番2、11番1の一部
階数:地上8階
高さ:32.438m
構造:鉄骨
杭・基礎 
主用途:ホテル
客室数:400室(シングル79室、ダブル97室、ツイン224室)
敷地面積:3,200.58㎡
建築面積:2,246.86㎡
延床面積:13,762.31㎡※容積対象面積12,780.27㎡ 
建築主JR西日本不動産開発、JR西日本
設計者竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2017年03月
竣工2018年04月(予定)
開業:2018年06月06日(予定)










th_003_201712101204273e8.jpg


ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIAは、オープン予定日が2018年6月6日(水)に決定、公式HPも開設され2017年10月5日(木)から予約受付が始まりました。


上のイメージパースは、モデレートツインです。広さ:20.5㎡~22.7㎡、ベッドサイズ:横100cm×縦195cm×2台。「ヴィスキオ(宿り木)」をモチーフとした照明がインテリアのアクセントとなっています。


【公式HP】
ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIA








th_005_201712101214321fc.jpg

スタンダードシングルです。「水の都大阪」を表現した、波模様のアートウォールが大阪のローカリティーを表現し、大阪を感じられる空間を演出。広さ:16.6m²、ベッドサイズ:横140cm×縦195cmとなっています。















th_004_20171210120429b74.jpg


レストランは1階にあります。朝食は「自然の中で味わう朝食」をテーマにしたイタリアンメニュー(和食もあります)。イタリアンレストラン「ヴェルデ カッサは」「大阪&イタリアン」をテーマにしたレストランで、緑に囲まれ光が降り注ぐ、自然の中にいるような季節が感じられる空間です。米粉と大豆粉を使って作る「大阪風ピンサ」やイタリアンデリ(お惣菜)、窯焼きの野菜など大阪のエッセンスを加えたヴィスキオオリジナルメニューをお楽しみいただける、としています。 

◇朝食のご案内

<営業時間>
7:00~ 10:00(L.O 9:30)

<バイキング>
料金:大人2,160円(税込)、6~12才1,080円(税込)、5才以下無料
席数:約150席
個室:有り
個室利用(約30名)、分割利用(約12名)・(約12名)、準個室利用(18名)
階層:1階














th_IMG_3796.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので約3ヶ月振りの取材です。この3ヶ月間でかなり工事が進み外装の装飾が始まっていました。完成予想パースにある「やどり木」をイメージした木目調パネルが見て取れます。












th_IMG_3792_20171210114020912.jpg


西側から見た様子です。こちらはグランフロント大阪が真正面にあるので眺望は望めそうにありませんね。ビルマニアがグランフロントを見上げるにはいいかもしれませんが・・・。












th_IMG_3790.jpg

大阪駅側から見た様子です。クレーン類の建設重機は見えなくなりました。












th_IMG_3806_20171210114025a53.jpg

最後は引き気味で周辺部をからめたアングルです。
ホテルヴィスキオ大阪 by GRANVIAと大阪駅やヨドバシとの位置関係はこんな感じです。




[ 2017/12/10 12:30 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.12

001_20170915181120945.jpg 

ヨドバシカメラは2016年8月31日付けのニュースリリースで、大阪駅北口の2期計画用地の開発計画 「(仮称)ヨドバシ梅田タワー」 の建設を着手する事を決定した、と発表しました。ヨドバシ梅田タワーの計画地は、現在ヨドバシ梅田の駐車場として使われている約7000平方メートルの隣接地で、ここに地上35階、塔屋2階、地下4階、延べ床面積92,287.68㎡の超高層ビルが建設されます。2017月頃から現地では工事が行われており着工した様に見えますが、明日2017年09月13日の地鎮祭を持って正式に着工となります。2期棟は2019年12月の開業の予定です。




【出典元】
建築新聞デジタル>ヨドバシ梅田タワーが起工/設計施工は五洋/ヨドバシHDら
ヨドバシカメラ>ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について
建築新聞>
ヨドバシ梅田タワーが着工へ


【過去記事】
(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.11

(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.09 ~本日(2017年9月13日)の地鎮祭を持って正式に着工!
第2ヨドバシ橋(Bデッキ)とヨドバシ梅田外周を取り巻くペデストリアンデッキの建設状況17.09
(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.08
(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.07
(仮称)ヨドバシ梅田タワー計画の状況 17.06 ~平面駐車場が閉鎖され着工前の準備工事が始まる!~
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06-2 ~カリヨン広場前のAデッキは2017年06月30日に完成すると公式に発表される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06 ~ヨドバシ梅田とルクアの東側を結ぶ歩行者デッキが一気に架設される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.04
ヨドバシ梅田とJR大阪駅(ノースゲートビルディング)を結ぶ歩行者デッキの準備工事が始まる!
→ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟の最新の完成予想パース
ヨドバシ梅田二期棟の完成予想パースが公開! 
ヨドバシ梅田の新ビル都市計画開始 容積率1250%、最高限度150mで2013年度にも着工の見通し!
th_P_20170614_152553_HDR.jpg


【スペック】
名称:(仮称)ヨドバシ梅田タワー
所在地:大阪府大阪市北区大深町4番8
階数:地上35階、塔屋2階、地下4階(申請以外 地上13階、塔屋1階、地下2階)
高さ:149.90m(申請以外62.74m)
構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :
主用途:百科店・飲食店・ホテル・駐車場
客室数:約1000室
敷地面積:17256.22㎡
建築面積:申請6,371.70㎡、申請外7,903.98㎡、全体14,275.68㎡
延床面積:申請111,527.16㎡、申請以外108,825.44㎡、全体220,352.60㎡
容積率対象面積:申請92,287.68㎡、申請以外77,937.77㎡、全体170,225.45㎡
建築主:ヨドバシカメラ
設計者:五洋建設
施工者:五洋建設
着工:2017年09月 ※9月13日に地鎮祭、正式着工
竣工:2019年12月(予定)






th_002_201608312233316b8.jpg
出典元:ヨドバシカメラ>ヨドバシ梅田 一体開発(都市再生特別地区 北区大深町)事業計画の決定について

こちらは以前のニュースリリースに掲載されていた断面図です。













th_IMG_3789_2017121011223632c.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年11月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。


















th_IMG_3804.jpg


グランフロント大阪の北館・南館を結ぶ連絡デッキから見た様子です。


















th_IMG_3809_20171210112239aa4.jpg


南館の東端から見た様子です。将来的にはここにも「ヨドバシ橋」が掛けられ、グランフロントとヨドバシ梅田タワーが接続されます。このデッキにより、ヨドバシ梅田は北梅田地区の2階レベルでの「歩行者動線の中心」となりその立地価値が益々高まる事になります。
















th_IMG_3807.jpg



アップで見た様子です。





















th_IMG_3811.jpg


最後は、営業中のヨドバシ梅田と、工事中のヨドバシ梅田タワーを絡めた1枚です。




[ 2017/12/10 11:30 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

クレヴィアタワー大阪本町の建設の状況 17.12

th_IMG_0210_20170305230251b58.jpg


クレヴィアタワー大阪本町大阪市中央区瓦町3丁目の三休橋筋西側に計画されている、地上30階、高さ98.4mのタワーマンションです。建築主は伊藤忠都市開発、野村不動産、設計者は(意匠・設備)をIAO竹田設計、(構造)は鴻池組、施工者も鴻池組となっています。以前は(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事の呼称でご紹介していましたが、正式名称はクレヴィアタワー大阪本町に決まりました。



【公式HP】
クレヴィアタワー大阪本町


【過去記事】
クレヴィアタワー大阪本町の建設の状況 17.10

クレヴィアタワー大阪本町の建設の状況 17.09
クレヴィアタワー大阪本町の建設の状況 17.07
クレヴィアタワー大阪本町の建設の状況 17.04
クレヴィアタワー大阪本町の建設の状況 17.03
三休橋筋沿いに計画されている(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事の状況 16.10

三休橋筋沿いに計画されている(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事の状況 16.05
三休橋筋沿いに計画されている(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事の状況 16.02















th_IMG_0212_20170305230252c25.jpg


【スペック】
名称:クレヴィアタワー大阪本町
所在地:大阪市中央区瓦町3丁目8番(地番)
階数: 地上30階、塔屋2階、地下0階
高さ:98.4m ※最高部103.19m?
構造:RC造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:181戸
敷地面積:1,412.18㎡
建築面積:705.08㎡
延床面積:12,688.55㎡
建築主:伊藤忠都市開発、野村不動産
設計者:(意匠・設備)IAO竹田設計、(構造)鴻池組
施工者:鴻池組
着工:2016年09月
竣工:2019年03月(予定)









th_IMG_3968.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年10月だったので約2ヶ月振りの取材です。













th_IMG_3969_20171209112220b91.jpg


この2ヶ月間で少し高くなりました。撮影時点では、地上11〜12階くらいを構築している所でした。
















th_IMG_3970.jpg


外装のアップです。外装の一部が姿を現し始めていました。三休橋筋沿いのタワーに相応しい、若干レトロな感じがする色調、デザインとなっています。













th_IMG_3967.jpg


東側(三休橋筋)から見た様子です。











th_IMG_3971.jpg



最後は南側から見た様子です。




[ 2017/12/09 22:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(1)

(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事の状況 17.12

th_IMG_3681_2017120723244762a.jpg


(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事は、大阪市北区曽根崎新地一丁目の大阪駅前第3ビルの南側で建設中のホテル計画です。計画地は2009年3月末に閉館した「ホテルモントレ グラスミアハウス」の跡地で、閉館後は駐車場として使われていました。今回の計画により、「モントレの跡地」に「モントレがバーションアップして復活」する事になります。


【過去記事】








th_IMG_0592_2017020522220354d.jpg



【スペック】
名称:(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事
所在地大阪市北区曽根崎新地一丁目13-9他(地名地番)
階数:地上17階
高さ:64.5m
構造S造
杭・基礎 
主用途:ホテル
客室数-----
敷地面積:1,326.92㎡
建築面積:1,019.24㎡
延床面積:13,746.88㎡(容積対象面積12,699.13㎡)
建築主マルイト
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:2016年12月
竣工2018年08月(予定)









th_IMG_3683_20171207232451135.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので、約3ヶ月振りの取材です。














th_IMG_3686_2017120723244906e.jpg


既にタワークレーンは姿を消し、外観はほとんど完成状態になっていました。














th_IMG_3689_20171207232449927.jpg




建設工事が終盤戦に差し掛かった(仮称)ホテルモントレ梅田。竣工予定は2018年8月末となっていますが、工事がなかり進んでいるので大幅前倒しの開業の可能性があると思います。





[ 2017/12/08 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

梅田1丁目1番地計画の「建物を貫通する市道」から「地下街」に抜ける新たな通路の供用が始まる!

th_IMG_3711.jpg



梅田1丁目1番地計画
は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。



【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.12

梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.10

建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?梅田1丁目1番地計画の外壁はツタを這わせ壁面緑化される様です。
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.09


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.08
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.08


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.06
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.06


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース










th_IMG_3712_20171206220754e7c.jpg



この計画の大きな特徴である建物内を貫通する市道。その市道から地下街に繋がる新たな通路の供用が始まっていました。











th_IMG_3714.jpg


おおっ、真新しい階段が目の前に!壁面はまだ仮設っぽい感じがしますが、床材と内側の手摺は本設のモノです。











th_IMG_3715_20171206220752f1f.jpg



階段の奥行きが無い所で高さを稼ぐ為に、こまめに折り返す構造をしています。













th_IMG_3716.jpg



8段ぐらいで折り返す忙しい階段です。
















th_IMG_3717_201712062208115b9.jpg


地下階に到着です!おおお。こちらは完全に本設ですね。壁面の質感が全然違います。











th_IMG_3718_20171206220809ea8.jpg


新しい通路を通り曲がり角につきました。













th_IMG_3720.jpg


この辺りは吹き抜けになっており、大きな明かり窓がありました。











th_IMG_3721.jpg


さて、この新通路、どこにつながっているのでしょうか・・・?












th_IMG_3723_20171206220803931.jpg



おお!ディアモール大阪に繋がっていました。











th_IMG_3708_20171206221121182.jpg


梅田1丁目1番地計画ですが、これから来春の1期棟オープンに向けて、内装工事が本格化する事になります。工事の進展に伴い、供用部分が徐々に増えるはずなので、その変化具合を見逃さずに取材して行きたいと思います。




[ 2017/12/07 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)

ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.12

th_IMG_3754.jpg


ザ・ファインタワー 梅田豊崎は、御堂筋線中津駅の直上にあった「三井生命ビルディング」跡地の再開発計画で、 地上45階、塔屋2階、高さ151mのタワーマンションが建設されます。三井生命ビルディングには、オフィスや同じ三井系のビジネスホテル「ホテルコムズ大阪」が入居していましたが2013年3月末で閉館しました。また、正式名称はザ・ファインタワー 梅田豊崎に決まりました。

【公式HP】
ザ・ファインタワー 梅田豊崎

【過去記事】
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.10
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.08
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.07
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.05
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 17.03
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 16.10
ザ・ファインタワー 梅田豊崎の建設状況 16.06
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.11
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.06
中津にあったホテルコムズ跡にタワーマンションを建設する(仮称)大阪市北区豊崎3丁目計画新築工事の状況 15.04
ホテルコムズ大阪が入居していた旧三井生命ビルディング解体工事の状況 14.10
ホテルコムズ大阪が入居していた三井生命ビルディングの解体工事が始まる














th_IMG_0129_2016110922122620c.jpg



【スペック】
名称:
ザ・ファインタワー 梅田豊崎
所在地:大阪市北区豊崎3丁目23番1
階数: 地上45階、塔屋2階、地下1階
高さ:151.6m
構造RC造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:312戸 
敷地面積:2,499.72
建築面積:980.92 
延床面積:34,945.34
建築主:京阪電鉄不動産、サンキョウホーム
設計者:竹中工務店
施工者:
竹中工務店
着工:
201604
竣工:201903月(予定)















th_IMG_3755_20171204234846c09.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年10月頃だったので約2ヶ月振りの取材です。今回の撮影時点では地上30階付近を構築している所でした。かなり高くなりました!














th_IMG_3759.jpg


ザ・ファインタワー 梅田豊崎は、縦横比が大きなスリムな形状をしており、スペック以上に高さを感じさせます。










th_IMG_3751.jpg


北側から見た様子です。











th_IMG_3767.jpg



北東側から見た様子です。敷地内にある大きな街路樹は、伐採される事なくそのまま新ビルにも活かされる事になりました。












th_IMG_3761_20171204234852a74.jpg



隣接してそびえ立つ、ザ・セントラルマークタワーとの並びです。














th_IMG_3764_201712042348546b0.jpg


御堂筋線の直上に2棟のタワーマンションが並び建っています。




[ 2017/12/06 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.12

th_0001.jpg



梅田1丁目1番地計画
は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。



【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.10

建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?梅田1丁目1番地計画の外壁はツタを這わせ壁面緑化される様です。
梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の状況 17.09


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.08
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.08


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.06
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.06


梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg






 ■工事施行計画 

 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 










大阪神ビルディング及び新阪急ビルは、幅20mの道路によって隔てられていますが、新ビルは公道(市道)をまたぐ形で、一体的なビルとして建設されます。 今まで、既存の公道上には、ビルを連絡する連絡通路の設置しか出来ませんでしたが、2011年に成立した改正都市再生特別措置法に基づく特例により、大都市の中心部で規制が緩和されました。












■ 百貨店ゾーン
新しくなる阪神百貨店(阪神梅田本店)の規模は現在と同程度て(延床面積: 約100,000m²)。フロア数は11層 (地下2階から地上9階まで)を計画。



■ カンファレンスゾーン屋上広場
道路上空を建築利用することで生まれる大空間を活用し、地上11階に約3,000 m²のカンファレンスゾーンを整備。カンファレンスゾーンを、“ビジネス情報発信の場”“国際的に活躍する人材育成の場”“多様な人材による交流の場”として 活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指す。

低層部分の屋上には、賑わいと交流の場を創出するために屋上広場を整備するとともに、都市環境の改善に資する屋上緑化等を行い、オフィスワーカーや来街者向けに ゆとりと潤いのある豊かな空間を形成。カンファレンスゾーン&屋上広場は、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用、防災性の向上にも貢献。



■ オフィスゾーン

高層部分(地上11階~38階)に、最新の設備を備えた西日本最大規模の1フロア当たり面積約4,500m²の大型オフィスを整備。11階にスカイロビーが設けられ、地上部から大型エレベーターで直接アクセスが可能、 スカイロビーと百貨店ゾーンはエスカレーターで接続される。









th_IMG_3566.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年10月初旬だったので約2ヶ月振りの取材です。この2ヶ月間で3機あった大型のタワークレーンは姿を消し、解体用の小型クレーン1機を残すのみとなりました。いよいよ本計画の第1期工事も終盤戦です。













th_IMG_3570_201712042256498d9.jpg


外装の様子です。有機的なデザインのこった模様が特徴的です。曲線部分の壁面の一部には窓ガラスが取り付けられています。











th_IMG_3666_20171204225650db1.jpg



東側から見た様子です。かつて2つの大型ビルだった、この場所ですが1期棟は市道上空で接続され、1棟の超巨大なビルに生まれ変わりました。










th_IMG_3669_2017120422564129f.jpg


南端の御堂筋側の様子です。歩道から2階レベルに設けられる歩行者デッキに向けエスカレーターが設置されています。また、低層部の外装も徐々に姿を現してきました。












th_IMG_3672_20171204225642a3f.jpg


南東側から見た様子です。











th_IMG_3541.jpg


北側から見た様子です。現在営業中の阪神百貨店は、1期棟に移転後解体され、2期工事が行われます。1期棟の西側壁面が、かつての阪急百貨店の建替え工事と同じ様な意匠で、少し懐かしい感じがしました。











th_IMG_3545_20171204225645e74.jpg



最後は、1期棟の頂部付近の様子です。超高層化されるオフィス部分の東端が見て取れました。




[ 2017/12/05 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」の迂回路への移設が完了!

th_IMG_3390_20171203222840474.jpg




JR東海道線支線地下化・新駅設置工事の進展に伴い梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」の迂回路への移設工事。若干工事が遅れ気味でしたが、2017年11月18日(土)25:00頃に迂回路に移設され切り替えが完了しました!


【過去記事】
2017年11月18日(土)25:00頃に梅北2期エリアの南端を東西に結んでいる「九条梅田線」が迂回路に移設!
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.09

JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.08
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.06
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.03
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況17.01
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.07
JR東海道線支線地下化・新駅設置工事(JR北梅田駅(仮称))の状況16.02
JR北梅田駅(仮称)の建設工事がついに動き出す!JR東海道線支線地下化・新駅設置工事が年内に始まる見通し













th_001_20170918221413090.jpg

【出典元】
JR東海道線支線地下化・新駅設置事業 1工区 工事概要説明資料http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou2.pdf
http://www.city.osaka.lg.jp/kensetsu/cmsfiles/contents/0000298/298160/koujigaiyou5.pdf



迂回路のルートはこんな感じです。冷静に考えると梅北2期エリアに道路が通るのは初めてではないでしょうか。











th_IMG_3398.jpg


現地の様子です。梅北2期エリア内にグイッと引き込まれる様に迂回路が開通しました!今回の移設はJR東海道線支線地下化・新駅設置事業の工事が進んだ事によるもので、迂回路は梅北新駅の上に設置されたメトロデッキの上を通っています。











th_IMG_3393.jpg


道路が北側に移設されたので、阪神高速の梅田ランプ出入口も若干北側に移設されています。












th_IMG_3395.jpg


迂回路の西端付近の様子です。












th_IMG_3408.jpg


続いては迂回路を大阪駅側から福島方面に向けて歩いてみます。












th_IMG_3410_20171203223141733.jpg



梅北2期エリアの南端ですが、エリア内を歩いている!と思うと感慨深いものがありました。












th_IMG_3411.jpg


阪神高速梅田ランプ付近の殴打歩道の様子です。












th_IMG_3414.jpg


旧道は閉鎖されています。












th_IMG_3483_20171203223137b36.jpg


最後は明治安田生命 大阪梅田ビルから見た、迂回路の様子です。











th_IMG_3823_20171203223136a68.jpg


無事移設が完了した、「九条梅田線」。都市伝説化している「うめきた2期の開発計画」ですが、この様に大きな変化があると、いよいよ計画の具体化が近づいてきたな、といった感じがしてきました。「うめきた2期予定地」では、現在2018年度の暫定利用者を募集していますが、暫定利用は来年度が最後となり、2019年度から開発事業が本格化する予定です。








[ 2017/12/04 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(4)