沖縄牧志一丁目3番地地区市街地再開発事業は、高さの異なる二つのビルからなる「ダブルタワー」になる事が判明!

001_20151217123143718.jpg


沖縄県那覇市牧志1丁目で計画されている再開発の概要が判明しました。沖縄牧志一丁目3番地地区市街地再開発事業は、那覇市の国際通りと沖映通りが交差する牧志1丁目3番地区に商業施設とホテル、分譲マンションが入る高層複合ビルが整備されます。計画する2棟のうち、国際通りむつみ橋交差点に接した北側部分に地上20階、地下1階の高層ビルが建設されます。ビルの低層部(1~3階)は商業施設が入居し、4~20階は分譲マンション(約100戸)となります。


 現在「ホテル山の内」が建つ南側部分は既存施設を取り壊して、1~3階を商業施設、4階から上層をホテルとする高層ビルが新たに建設されます。ホテルの階数は未定で、両棟の商業施設は飲食店や小売店、サービス業など約30のテナントの入居を想定しています。事業地域の敷地面積は約2800㎡、総事業費は約100億円を見込む計画で、準備組合は2016年度中の都市計画決定に向けた事前協議を那覇市と進めており、計画通りに進めば18年中の着工、2022年に完成する予定です。



【出典元】
琉球新報>牧志1丁目再開発、ダブルタワー建設へ 22年完成
沖縄タイムス>那覇国際通りの中心地が変わる! 住居・商業・ホテルのビル2棟計画


【那覇市の再開発事例】
那覇市の旭橋再開発、北工区1.8haがいよいよ着工!那覇市の玄関口のバスターミナルが再整備される
カフーナ旭橋B街区ビル(リーガロイヤルグラン沖縄)
カフーナ旭橋C街区ビル(那覇東急REIホテル) 
プレミスト牧志タワー国際通り
RYU:X TOWER(リュークスタワー)
D’グラフォート沖縄タワー








th_IMG_1792.jpg

 
写真は、那覇市の繁華街である国際通りの様子です。沖縄牧志一丁目3番地地区市街地再開発事業は写真のドン・キホーテの向かい側付近で行われます。再開発事業は五洋建設、街制作室、国場組が準備組合と共に事業推進チームとして進めてきました。10月にはマンション部分の取得予定者として不動産開発の大京のチーム参画が決まり、同社がマンションの分譲販売する事になります。


[ 2015/12/18 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(4)

那覇市の旭橋再開発、北工区1.8haがいよいよ着工!那覇市の玄関口のバスターミナルが再整備される

001_20151026124142bfa.jpg


那覇市のモノレール旭橋駅周辺地区再開発事業でバスターミナル街区に当たるA街区(北工区)1.8haの起工式が2015年10月23日、関係者約150人が出席して那覇バスターミナル跡地で行われました。新しく建設される再開発ビルは、地上11階、地下1階建ての複合施設で、バスターミナル機能の再整備をはじめ県立図書館や商業施設が集積し、交通結節や交流拠点形成が図られます。総事業費は195億円、開業は2018年春の予定で、北工区の着工により、全5街区からなる旭橋再開発は最終段階を迎える事となります。


【出典元】
琉球新報:旭橋再開発、北工区で起工式 玄関口のバス新拠点へ
沖縄タイム:スバスターミナルに図書館… 旭橋再開発の北工区着工 


【関連記事】
カフーナ旭橋B街区ビル(リーガロイヤルグラン沖縄)
カフーナ旭橋C街区ビル(那覇東急REIホテル)










002_20151026124141019.jpg



北工区に建設する複合施設の延べ床面積は約6.5万㎡で、地下はバス駐機場、1階はバスターミナルとして乗降場や待合室などを整備。2~3階は商業施設と県の観光支援窓口、4~6階に県立図書館と就労支援施設・グッジョブセンターが設置されます。7~11階は貸オフィスフロアとして入居テナントを募る計画です。設計監理を松田平田設計・アール・アイ・エー・国建共同企業体、施工は国場組・大晋建設・丸元建設・仲本工業共同企業体が担当します。















th_IMG_1536_20151026224553566.jpg


旭橋地域の再開発構想は2000年に県内産業界の中から持ち上がり、那覇空港に降り立った観光客が県都那覇の中心部に入る最初の玄関口として、老朽化した那覇バスターミナルの跡利用など検討が進められました。2003年に都市計画が決定、事業主体となる旭橋都市再開発が設立され、南部合同庁舎や自治会館、ホテルなどが集積する南工区(2・7ha)の計4街区は既に整備が完了しています。















th_IMG_1545_2015102622455300e.jpg



現地の様子です。旧施設の解体は9月の時点で完了しており、今回の起工式を迎えました。













th_IMG_1563.jpg



新しく建設される再開発ビルは、先に竣工したカフーナ旭橋B街区ビル(リーガロイヤルグラン沖縄)と同じテイストのデザインになる予定です。












th_IMG_1560.jpg



敷地面積が1.8ヘクタールもあるので、相当な広さです。那覇空港近くの為、建物の高さはありませんが延床面積6万㎡超えは中々の開発規模だと思います。














th_IMG_1817.jpg


最後は、モノレール旭橋駅から伸びるペデストリアンデッキの様子です。今回ご紹介している北工区(A街区)は写真右端に位置しており、このデッキと2階レベルで接続される予定です。いよいよ最終段階に入った那覇市の旭橋再開発。今回着工された北街区に完成済みの南街区各地区の合計開発面積は約4.5haに達し、旭橋再開発の総事業費は437億円の規模となります。那覇空港から近く、県庁、市役所も徒歩圏の好立地に同市最大規模となるバスターミナルを擁する複合ビルが誕生する事で、那覇市都心部の業務エリアがまた成長する事になりそうです。

[ 2015/10/27 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(1)

ダイワロイネットホテル那覇国際通り

th_IMG_1293.jpg


ダイワロイネットホテル那覇国際通りは、沖縄県那覇市牧志3丁目の沖縄都市モノレール「ゆいれーる」牧志駅前で行われた再開発「牧志・安里地区市街地再開発事業」の一環として建設された、複合開発型タワーマンションプロジェクトです。牧志・安里地区市街地再開発事業のタウンネーミングはさいおんスクエア。ダイワロイネットホテル那覇国際通りは、公民館や商業施設が入居している北敷地の再開発ビルに入居しています。南側敷地には、先日ご紹介したプレミスト牧志タワー国際通りが建設されました。











th_IMG_1301_20150922011923008.jpg


ホテルは客室数261室の規模で、ダブル(18~20m2)が162室、ツイン(27~30m2)89室、その他となっており、他のビジネスホテルに比べるとかなりゆとりのある広さとなっています。また、ゆいレール牧志駅にはペデストリアンデッキで直結しており、那覇空港へのアクセスにも優れ、国際通りにも面しており観光にも最適な立地となっています。














th_IMG_1310.jpg


目の前を流れる安里川は、再開発により親水庭園にはテラスやステージが設けられ、沖縄の水辺に見られる樹木が植栽されるなど憩いの親水空間となっています。













th_IMG_1322.jpg


駐車場棟の様子です。











th_IMG_1795_20150922011928cc7.jpg



撮影時間を変えて、夜の様子です。国際通りの北端に位置するダイワロイネットホテル那覇国際通りから、繁華街はすぐそこです。











th_IMG_1797_20150922011936f23.jpg


最後は北側敷地の再開発ビル全体の様子です。

[ 2015/09/24 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(0)

ハイアットリージェンシー 那覇沖縄

th_IMG_1350_20150921232319f02.jpg


ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄は、地上18階建て、高さ67m、客室294室のラグジュアリーホテルです。ルームタイプは全8タイプで、内装には赤や青の色調を使い、琉球文化を感じるやちむん(焼物)や琉球ガラスなどの工芸品も配し、沖縄文化とインターナショナル ホテル ブランドならではの高級感を融合させた居心地の良い客室になっています。屋外プール&ジェットバス、フィットネスジム、宴会場、ホテルショップも完備し、「沖縄の風と水を感じる」をテーマとした空間でお客様をお迎えします。同ホテルは、日本国内で10軒目、 沖縄県内では初のハイアットホテルで、ケン不動産リースとハイアット ホテルズのフランチャイズ契約で開業します。










th_IMG_1347_20150921232318ee2.jpg



「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」 概要

ホテル名:ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
所在地:〒900-0013 沖縄県那覇市牧志3丁目6番20号
開業予定:2015年7月2日(予定)
経営会社:ケン不動産リース株式会社(株式会社ケン・コーポレーション関連会社)
運営会社:PHR沖縄ホテルマネジメント株式会社(株式会社ケン・コーポレーション関連会社)
設計:株式会社国建
インテリアデザイン:株式会社イリア
建物高さ:地上18階、67m
敷地面積:4,272.34㎡
延床面積:18,097.80㎡
客室:294室(スイート14室含む)、28㎡~64㎡
料飲施設:5(リージェンシークラブ ラウンジ含む)
宴会施設:2
その他:屋外プール、ジェットバス、フィットネスジム、ショップ
アクセス:那覇空港より車で約20分、 ゆいレール「牧志駅」より徒歩で約7分













th_IMG_1370.jpg


近くで見上げた様子です。ハイアットリージェンシー那覇沖縄は高台に立地している為、スペック以上に高く感じます。














th_IMG_1374.jpg


低層部、メインエントランス付近の様子です。













th_IMG_1377.jpg



北側から見た様子です。












th_IMG_1380.jpg


那覇市内では、リーガロイヤルグラン沖縄と並んで最高級グレードのシティホテルに位置づけられるハイアットリージェンシー那覇沖縄。国際級ホテルの有無は、その立地する都市の「都市格」を映し出す鏡よ様な意味合いがあり、ハイアットの進出は那覇にとっては値千金ではないでしょうか・・。沖縄は近年、国際観光地化が進展しており、外国人観光客が急増しています。これらの状況変化により、これからもハイグレードホテルの進出が続きそうですね。










[ 2015/09/22 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(3)

カフーナ旭橋C街区ビル(那覇東急REIホテル)

th_IMG_1557_20150917230247ebf.jpg


カフーナ旭橋は、モノレール旭橋駅周辺地区第一種市街地再開発事業により誕生した再開発街区で、都那覇の玄関口にふさわしい顔づくり、賑わいづくりなどを図るため、地権者・地元企業や団体などが出資して設立した「旭橋都市再開発株式会社」が再開発事業を推進しています。カフーナ旭橋ではA.B.Cの3つの街区の開発が行われ、B.C街区が竣工、A街区(那覇バスターミナル)が事業推進中となっています。

今回ご紹介するのは
カフーナ旭橋のほぼ中央に位置するC街区です。C街区には複数のビルがあり、沖縄県南部合同庁舎自治会館などの公共施設、オフィス、ホテルを集約したビジネス・コンベンション拠点を形成。また、地域サービス機能や中庭(2階・4階)を設け、地域の人々の交流の場を提供しています。












th_IMG_1593_20150917230230d28.jpg



現地に掲示されてたエリアマップです。C街区は4つのビル+駐車場棟といった感じの構成です。


【スペック】
名称:カフーナ旭橋C街区
所在地:沖縄県那覇市旭町116-37
階数: 地上14階 ※C1:那覇東急REIホテル
高さ:60m C1:那覇東急REIホテル
構造SRC造
杭・基礎 ---
主用途:庁舎,事務所,公民館,ホテル
客室数:215室
敷地面積8,126.17m2
建築面積6,332.33
延床面積38,812.08m2
建築主:旭橋都市再開発株式会社
設計者:モノレール旭橋駅周辺地区再開発計画設計JV、アール・アイ・エー、国建、松田平田設計
施工者:大城組・仲本建設・金城組・信吉組JV、屋部土建・共和産業・南洋土建・球建設JV,金秀建設・照正組・大晋建設・富士建設JV
着工:2007年06月
竣工:2009年05月










th_IMG_1583_20150917230229d55.jpg



駐車場棟の屋上にある庭園から見たC街区の様子です。手前から、C3:第一交通産業オフィスコート、C1:那覇東急REIホテル、一番奥は、C街区に隣接して建設されたタワーマンション「フレスコア旭橋」です。














th_IMG_1584.jpg


C3:第一交通産業オフィスコートの様子です。
C3:第一交通産業オフィスコートは、最新の設備と便利な周辺環境に彩られたオフィス環境で、多彩なビジネスシーンをサポートします。












th_IMG_1575.jpg



C1:那覇東急REIホテル(写真左)と
C街区に隣接するD街区に建設されたタワーマンションフレスコア旭橋です。C1:那覇東急REIホテルは、客室数215室の宿泊特化型のホテルです。多くの部屋からバスタブを廃止した割り切った客室レイアウトが特徴的なホテルです。東急ホテルズのブランド再編に伴い、2015年4月1日から、ホテル東急ビズフォート那覇からリブランドされました。










th_IMG_1580_20150917230250852.jpg


こちらは駐車場棟の屋上にある庭園の様子です。















th_IMG_1591_20150917230249d02.jpg



C4:沖縄県南部合同庁舎(左)C3:第一交通産業オフィスコートの間にはこんな空間がありました。C4:沖縄県南部合同庁舎には、那覇県税事務所、旅券センターなど県民サービス機関が入居しています。











th_IMG_1413.jpg



一気に撮影ポイントを変えて、那覇市役所付近から見た、C街区全体の様子です。写真右のビルはC4:沖縄県南部合同庁舎、左側に見える小窓が並んだ高層ビルはC1:那覇東急REIホテル、その足元にあるビルはC2:沖縄県市町村自治会館です。

C2:沖縄県市町村自治会館は、最新設備を備えたバリエーション豊かな7つの会議室と多目的ホールがあり、会議や研修、セミナー、懇親会などに活用されています。














th_IMG_1411_20150917230255fa4.jpg


最後は引き気味のアングルで見たカフーナ旭橋全体の様子です。写真左がC街区、右がB街区です。カフーナ旭橋全体を見ると非常に大規模な再開発が行われている事が解りました。ちなみに、タウンネーミングに使われている「カフーナ」とは“幸せ”という意味で、「良い知らせが届く街、幸せが届く街でありますように」という願いが込められています。

[ 2015/09/18 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(0)

カフーナ旭橋B街区ビル(リーガロイヤルグラン沖縄)

th_IMG_1621_20150915225322067.jpg



カフーナ旭橋は、モノレール旭橋駅周辺地区第一種市街地再開発事業により誕生した再開発街区で、都那覇の玄関口にふさわしい顔づくり、賑わいづくりなどを図るため、地権者・地元企業や団体などが出資して設立した「旭橋都市再開発株式会社」が再開発事業を推進しています。カフーナ旭橋ではA.B.Cの3つの街区の開発が行われ、B.C街区が竣工、A街区(那覇バスターミナル)が事業推進中となっています。今回ご紹介するのはモノレール駅に一番近いB街区ビル。客室数157室のラグジュアリーホテル「リーガロイヤルグラン沖縄」と沖縄県労働金庫などで構成される高層ビルです。













th_IMG_1619.jpg


【スペック】
名称:カフーナ旭橋B街区ビル(リーガロイヤルグラン沖縄)
所在地:沖縄県那覇市旭町1
階数:地上14階、地下1階(ホテル施設:1階・614
高さ:59.7m
構造SRC/S
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅、商業施設、ホテル、公益施設事務所、駐車場
客室数:157室(禁煙ルーム グランツイン132室、スイート5室 / 喫煙ルーム、グランツイン20室)
敷地面積 6,000
建築面積 4,900
延床面積30,320.23
建築主:旭橋都市再開発株式会社
設計者:モノレール旭橋駅周辺地区再開発計画設計共同企業体
施工者:BⅠ工区:金秀建設(株)・大鏡建設(株)・(株)照正組・(有)沖産 建設共同企業体 
               BⅡ工区;(株)大城組・大晋建設(株)・(株)丸元建設 特定建設工事共同企業体     
着工:2010年01月
竣工:201204













th_IMG_1605.jpg


西側から見た、カフーナ旭橋B街区ビルの様子です。中々個性的な外観をしていますね。












th_IMG_1607_2015091522532402c.jpg


足元の様子です。川沿いに親水空間が整備されています。













th_IMG_1603.jpg


南西側から見た、カフーナ旭橋B街区ビルの様子です。












th_IMG_1517_20150915225332c23.jpg



撮影ポイントを変えて、ゆいれーるの旭橋駅から見た様子です。駅とは2Fレベルでペデストリアンデッキで直結されています。












th_IMG_1542.jpg


ペデストリアンデッキと接続するエントランス付近の様子です。













th_IMG_1548_20150915225336766.jpg


「リーガロイヤルグラン沖縄」と「沖縄県労働金庫」の間にある吹き抜け空間の様子です。この辺り(写真右付近)には飲食店が入居していた痕跡がありますが、どうやら撤退してしまった様で空き店舗になっていました。













th_IMG_1550.jpg



奥にあるパティオには水景施設がありました。












th_IMG_1597_201509152253407f1.jpg


B街区ビルの北側にある歩行者デッキの様子です。プランターに植えられた植物が南国ムードを盛り上げています。













th_IMG_1554_20150915230453db3.jpg



北東側から見た様子です。












th_IMG_1421_20150915230452247.jpg


最後は、さらに撮影ポイントを変えて、県庁付近から見たカフーナ旭橋B街区ビルの様子です。

[ 2015/09/16 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(5)

沖縄県庁行政棟

th_IMG_1384.jpg


沖縄県庁舎は、沖縄県那覇市泉崎1丁目に建設された県庁舎で、地上14階、高さ71.7m、延べ床面積78,243.25m²の高層ビルです。設計は黒川紀章氏が手がけており、仕上材料の異なる三層構成で、沖縄の歴史・伝統及び自然と建築との共生がテーマとして設計されました。32回(1991年)BCS賞受賞。
















th_IMG_1455_201509150014015eb.jpg


【スペック】
名称:沖縄県庁行政棟
所在地:沖縄県那覇市泉崎1-2-2
階数: 地上14階、地下2
高さ:71.7m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 ---
主用途:県庁
総戸数:
敷地面積44,777.27m²
建築面積4,746.30m²
延床面積78,243.25m²
建築主:沖縄県
設計者:黒川紀章建築都市設計事務所・沖縄県建築設計監理共同組合JV
施工者:大成建設、間組、国場組、大城組、大晋建設、東恩納組、旭建設、大鏡建設、光南建設、弘建設JV
着工:1986
竣工:1990















th_IMG_1404.jpg


近くにある百貨店リュウボウから見た様子です。手前にある半円型のビルは、沖縄県議会です。こちらは黒川氏の設計ではないそうです。 















th_IMG_1409_20150915001405ae8.jpg



頂部付近の様子です。頂部の一部が曲線を描いていますが、これはデザイン上のアクセントであるだけてなく、琉球放送のアナログ放送STL波を豊見城市の旧NHK沖縄放送局にある送信施設に届かせるためだそうです。













th_IMG_1442.jpg




近くで見上げた様子です。













th_IMG_1444.jpg


真横から見た様子です。低層部にはモザイクタイルが貼られています。
















th_IMG_1465_20150915001414981.jpg


最後は真正面から見た沖縄県庁行政棟の様子です。

[ 2015/09/15 00:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(2)

D’グラフォート沖縄タワー

th_IMG_1187_20150913130624add.jpg



グラフォート沖縄タワーは、那覇市北部で開発が進む「おもろまち」新都心に建設された、地上26階建て、高さ89.8mのタワーマンションです。竣工は2007年11月で、完成時は「日本最南端のタワーマンション」の打ち出しでPRされていた、沖縄県で最も高いビルでした。那覇市街地を望むグラフォート沖縄タワーは海抜30mの高台に位置し、最高高さは海抜約120mほどあります。














th_IMG_1182.jpg


【スペック】
名称:グラフォート沖縄タワー
所在地:沖縄県那覇市おもろまち2丁目6-18
階数: 地上26階、塔屋1
高さ:89.8m(海抜約120m)
構造RC
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅
総戸数:141 
敷地面積3,209.442
建築面積:1,800.25
延床面積:19,229.84
建築主:大和ハウス工業
設計者:塩見
施工者:大林組
着工:
竣工:2007年11月














th_IMG_1192.jpg



真正面から見た、
D’グラフォート沖縄タワーの様子です。目の前には黄金森公園(くがにむいこうえん)があり、将来に渡って最高の眺望が確約(ほぼ)されています。











th_IMG_1194.jpg



西側から見た様子です。目の前が公園、かつ高台の立地の為、低層階であっても日当たりは最高です。













th_IMG_1222_201509131306417e3.jpg


北側から見た様子です。南側とはかなり雰囲気が異なっています。














th_IMG_1488.jpg



最後は都市モノレール「ゆいれーる」から見た
D’グラフォート沖縄タワーの様子です。











[ 2015/09/13 13:00 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(0)

那覇市役所新庁舎

th_IMG_1386.jpg


那覇市役所新庁舎は、沖縄県那覇市泉崎1丁目に建設された那覇市の新しい庁舎です。1965年に竣工した旧庁舎は老朽化や狭小化が著しく、2006年の調査では耐震性不足や予想以上の老朽化進行が明らかになり、これらの理由から新庁舎の建設が計画されました。当初は那覇市北部で開発が進む新都心「おもろまち」地区への移転が計画されていましたが、財政難の為「おもろまち」の移転予定地は売却され、現在地で庁舎の新築建て替えが行われました。




【スペック】
名称:那覇市役所新庁舎
所在地:沖縄県那覇市泉崎1丁目11
階数: 地上12階、塔屋1階、地下2
高さ:54.4m
構造RC
杭・基礎 ---
主用途:市役所
総戸数:
敷地面積7,833
建築面積4,965
延床面積38,656
建築主:那覇市
設計者:意匠・構造設計:国建、設備設計:環境設計国建
施工者:國場組
着工:2010年07月
竣工:2012年12月
















th_IMG_1393.jpg



那覇市役所新庁舎は、今回の沖縄取材の中でも一番楽しみにしていたビルの1つなのですが、実際に目の当たりにして興奮しました!今まで様々な自治体庁舎のビルを見てきましたが、那覇市役所新庁舎は、その中でも特に独創的なデザインで見応えがありました。


















th_IMG_1389_20150913092848101.jpg


ひな壇状の低層部と公開敷地の様子です。いやーカッコイイ。どこがどうカッコイイのか?を表現するには難しいのですが、とにかく斬新で均整が取れた、日本離れした外観だと思います。



















th_IMG_1395.jpg



高層部壁面をアップで見た様子です。新庁舎は建物全体に壁面緑化・屋上緑化を施すことにより、比較的緑の乏しい市街地にも、コミュニティ道路や学校施設など緑豊な街区にもなじむように計画されており、環境共生都市“那覇市”のランドマークとして位置づけられるデザインとなっています。


















th_IMG_1398.jpg


外観デザインの特徴である、深い庇と有孔ブロックによるスクリーンは、沖縄の強い日差しを遮るために設けられており、そこに絡むように計画し植栽された植物によって、木漏れ日の様な柔らかい外光が室内にもたらされます。緑化には旧庁舎の壁面を覆っていたアマミヅタ、有志の市民で管理していただいている、市花のブーゲンビレアなどが再植栽されています。

約90種類にも及ぶ亜熱帯地域ならではの植物は、訪れた市民の癒やしになるほか、壁面や屋上の緑化は建物の熱負荷を軽減し、空調代の削減につながると期待されています。


















th_IMG_1428.jpg


撮影ポイントを変えて、地上正面から見た、那覇市役所の様子です。エントランス付近には立派なシーサーの姿も見えます。



















th_IMG_1430.jpg


植え込みに草花があふれる新庁舎ですが、まだ完成形ではありません。植えられた高さ30cmほどのブーゲンビレアなどが縦横に張られた柵に沿って育てば、今はコンクリートが目立つ新庁舎の外面積約12,800㎡中の4割を緑が覆い、豊かな草花が咲き誇る事になります。












th_IMG_1433.jpg



北西側から見た様子です。


















th_IMG_1435.jpg


西側壁面の様子です。ここまで大規模な壁面緑化が施された大型ビルは中々ないと思います。



















th_IMG_1438_2015091309290503f.jpg


南西側から見た様子です。



















th_IMG_1452.jpg


北東側から見た様子です。



















th_IMG_1387.jpg


最後はもう一度引き気味で新庁舎全体を見下ろした様子です。積年の念願かなって、ようやく見ることが出来た
那覇市役所新庁舎。その独特のデザインと大規模な壁面緑化計画は凄いの一言で、撮影していてかなり興奮し満足感もひとしおで、沖縄那覇までやってきた甲斐がありました。


[ 2015/09/13 11:35 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(3)

那覇新都心センタービル(ダイワロイネットホテル那覇おもろまち)

th_IMG_1082.jpg



那覇新都心センタービル(ダイワロイネットホテル那覇おもろまち)は、沖縄県那覇市おもろまち一丁目那覇新都心おもろまち地区に建設されたオフィス、ホテルから成る複合ビルで、地上18階、高さ77.8m、延べ床面積37,282㎡の高層ビルです。














th_IMG_1090.jpg



【スペック】
名称:那覇新都心センタービル
所在地:沖縄県那覇市おもろまち一丁目1番2(地番)
階数: 地上18階 地下1階
高さ:77.8m
構造鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 ---
主用途:事務所、ホテル、店舗、駐車場
客室数:243室
敷地面積:7,880.42m2
建築面積:4,611.95m2
延床面積:37,282.08m2
建築主:大和ハウス工業、オリックス不動産(DO新都心開発特定目的会社)
設計者:大林組、日建設計・國場組JV
施工者:大林組・國場組JV
着工:2009 11
竣工:2011年08月









th_IMG_1123.jpg



ガラスとホワイトのタイルを纏うシンボリックな外観の「那覇新都心センタービル」は、低層階(1階)に観光客や地元の人々で賑わう「ショップ」、中層階(2~8階)に多様なビジネスシーンに応える「オフィス」、高層階(9~18階)に開放的な眺めが楽しめる「ホテル」を配置しています。














th_IMG_1112.jpg



真横から見た那覇新都心センタービルの様子です。テトリスの凸型ブロックの様な特徴的な形をしています。オフィスとホテルの既機能性を再優先させたデザインに見えます。
















th_IMG_1126.jpg


高層階のアップです。高層階に入居するホテルは建築主でもある大和ハウス工業グループのホテル「ダイワロイネットホテル那覇おもろまち」。客室数243室の規模で入居しています。












th_IMG_1274_20150909000456969.jpg



最後は那覇新都心センタービルとRYU:X TOWER(リュークスタワー)を絡めた1枚です。
[ 2015/09/09 00:25 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(0)