函館駅前の新しいランドマークタワー「キラリス函館」

001_20161109131118120.jpg 



キラリス函館は、函館駅前の再開発、函館駅前若松地区第一種市街地再開発事業により建設されている再開発ビルです。函館駅前和光ビル跡に建設される「キラリス函館」は、JR函館駅前に新たな交流拠点と為る施設で地下1階から2階までが商業施設、 3階から4階までが公共施設(はこだてみらい館・はこだてキッズプラザ)5階から16階までが民間の分譲マンションとなっています。






002_20161109131117063.jpg


【スペック】
名称:キラリス函館(函館駅前若松地区第一種市街地再開発事業)
所在地:北海道函館市若松町20番地内
階数:地上16階、塔屋1階、地下1階
高さ:59m
構造:RC造
杭・基礎 :---
主用途:地下1階~地上2階(店舗・業務)、3-4階(共益施設)、5-16階(共同住宅)
総戸数:84戸
敷地面積:2,798㎡
建築面積:1,871㎡
延床面積:17,777㎡
建築主:NАアーバンデベロップメント
設計者:西松建設(デザイン監修:光井純&アソシエーツ建築設計事務所)
施工者:西松建設
着工:2013年08月
竣工:2017年03月(予定)










th_P_20161104_072200_HDR.jpg


キラリス函館の様子です。高層部は、分譲マンション

5-16階は函館MARKS THE TOWER、低層部は

地下1階~地上2階(店舗・業務)、3-4階(共益施設)となっています。















th_P_20161104_072326_HDR.jpg


地下1階~地上2階(店舗・業務)、3-4階(共益施設)は先行してオープンしています。

















th_P_20161104_072334_HDR.jpg



・2016年0729日 一次オープン 1階部分 商業施設
・20161015日 二次オープン予定 3階4階 公益施設
はこだてみらい館はこだてキッズプラザ公式ホームページ 先行オープン
・20173月 函館MARKS THE TOWERマンションオープン予定

















th_P_20161104_072512_HDR.jpg


再開発ビル「キラリス函館」のネーミングですが、きらり素敵な街・函館という意味でキラキラ美しい夜景や、美味しいもの、豊富な温泉、レトロな街並みと、素敵がいっぱい詰まった函館の街を駅前からアピール出来る名前をイメージ。また、このビルに住む人々や商業施設、公共施設さらには、函館全体がキラキラ輝いて欲しいという思いも込められています。

[ 2016/11/10 00:00 ] 北海道 小樽/函館 | TB(0) | CM(0)

5代目「函館駅」駅舎は船をモチーフにした近未来的なデザイン

th_P_20161104_074929_HDR.jpg

函館駅は、北海道函館市若松町にあるJR北海道ー函館本線の駅です。駅番号はH75。頭端式ホーム48線を有する地上駅で。ホームと駅舎は段差のないバリアフリー構造になっています。2003621日にJR北海道が提携しているデンマーク国鉄との共同作業によりデザインした5代目駅舎が使用開始されました。















th_P_20161104_072624_HDR.jpg

函館駅といえば鉄道で入る北海道の玄関。また名物函館朝市へのエントランスとしても、全国的に著名な存在となっています。ところが旧来の駅舎は、戦時下の1943年に建てられた木造建築で老朽化が進行。また1998年から進められている函館駅周辺再開発の用地問題との兼ね合いもあり、若干海寄りに移動して新築されることとなりました。












th_P_20161104_072846_HDR.jpg

かつては青函連絡船の発着地でもあり、津軽海峡に面した函館駅では、海からの潮風による塩害対策は必須の条件。そういう中で、「新しい駅舎は100年建築にしたい」との要望が出されました。基本設計を担当したのは、JR北海道と姉妹鉄道提携を結んでいるデンマーク国有鉄道(DSB)。「塩害のみならず近年問題視される酸性雨にも強い外装を」ということで、スペインビルバオのグッゲンハイムミュージアムなどを視察。その結果、外装にチタンを使用する案が浮上しました。その意を受けて、実施設計担当の株式会社北海道日建設計と施工担当の大林組JVが主体となり、物件の視察、耐久性の試験、クリーニング剤の確認等を実施し、チタンの採用を決定しました。














th_P_20161104_074554_HDR.jpg


それでは5代目函館駅駅舎の様子を見てゆきましょう。まずは改札外コンコースの様子です。














th_P_20161104_074606_HDR.jpg



見上げれば、外観状の特徴になっている円筒形の屋根部分が吹き抜け空間になっています。また明かり窓からは自然光が入りこんで明るい雰囲気です。













th_P_20161104_074521_HDR.jpg



正面左側にある待合所付近の様子です。ガラス張りで非常に開放感があります。














th_P_20161104_074539_HDR.jpg


商業施設部分の様子です。















th_P_20161104_072953_HDR.jpg



改札口付近の様子です。自動改札機は5通路が確保されていました。













th_P_20161104_073048_HDR.jpg


入場券を購入し改札内部も撮影してきました。こちらは頭端式ホームに向かう改札内コンコースの様子です。冬季は極寒の環境となる北海道らしく、ホームと駅舎の間には保温の為のガラススクリーンが設置されています。
















th_P_20161104_073126_HDR.jpg


ガラススクリーンを抜け、頭端式ホームが並ぶ通路の様子です。ここにもガラススクリーンがあり保温対策が施されています。














th_P_20161104_073149_HDR.jpg



壁面には函館の歴史を描いたレリーフが飾られていました。













th_P_20161104_074315_HDR.jpg


改札口の反対側から乗り換え通路を見通した様子です。











th_P_20161104_074148_HDR.jpg 


通路の真ん中付近には函館本線の起点を示す「0キロポスト」がありました。



















th_P_20161104_073233_HDR.jpg


ホームの様子です。4面8線の広大な駅施設を有する函館駅。ホームは左に向かってゆるやかにカーブしています。














th_P_20161104_074242_HDR.jpg


函館駅の乗車人員は約3000人/日なので、かんさんとした印象でした。広大な駅設備を持て余している感じですね。














th_P_20161104_072153_HDR.jpg


最後はもう一度引きのアングルで見た、5代目函館駅駅舎の様子です。この駅舎の外観デザインは船をモチーフにしているそうです。また、100年建築を期して、外装に新日鐵製チタンが採用されています。
[ 2016/11/05 22:00 ] 北海道 小樽/函館 | TB(0) | CM(0)

(仮称)札幌駅前通共同ビルの建設状況 15.04

th_P1170833.jpg


(仮称)札幌駅前通共同ビルは、札幌市中央区北2条西三丁目で建設されている、地上13階、地下1階、高さ59.00 mのオフィスビルです。延床面積は18,851.27 ㎡建築主は富国生命と越山ビルディングス。設計は清水建設が担当しています。(仮称)札幌駅前通共同ビルは、この場所にあった、旧札幌フコク生命駅前通ビル、越山ビル、札幌ビルディンクの3棟を建て替える再開発計画で、地下1~地上2階までは飲食・物販、4階から上がテナントオティスになります。総工費は約50億円。

 











th_P1170855.jpg


現地の様子です。(仮称)札幌駅前通共同ビルについて、色々調べてみましたが、完成予想パースを含め、あまり情報がかく詳細はハッキリとは解りませんでした。












th_P1170852.jpg


【スペック】
名称:(仮称)札幌駅前通共同ビル
所在地:札幌市中央区北2条西三丁目1-7、1-19、1-20
階数: 地上13階、地下1階
高さ:59.00 m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :
主用途:事務所、店舗等
総戸数:
敷地面積:1,654.32 ㎡
建築面積:1,389.67 ㎡
延床面積:18,851.27 ㎡
建築主:富国生命、越山ビルディングス
設計者:清水建設
施工者:未定
着工:2015年03月(予定)
竣工:












th_P1170850.jpg


仮囲いの透明箇所から見た内部の様子です。山留め壁が構築され掘削工事が本格的に行われていました。












th_P1180440.jpg


最後は撮影時刻を変えて、夕闇迫る現地の様子です。計画地は以前ご紹介した、札幌三井JPビルディング日本生命札幌ビルの道を挟んだ向かい側に当たる最高の立地なので、小規模ながらもランドマーク性のあるビルを期待したいと思います。
[ 2015/06/12 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

(仮称)ロイヤルパークスER札幌新築工事の状況 15.04

th_P1180170.jpg


(仮称)ロイヤルパークスER札幌は、時間貸しの駐車場として使われていた札幌市中央区南2条西5丁目約1280m²の敷地に、RC一部S造、地下1地上14階、延べ1万881m²の施設を建設する再開発計画です。ビルの高さは56mでホテルと物販店舗、飲食店、駐車場で構成されています。













th_P1180165.jpg


【スペック】
名称:(仮称)ロイヤルパークスER札幌新築工事
所在地:北海道札幌市中央区南2条西5丁目26-5,33-4,26-43,26-37
階数: 地上14階、地下1階
高さ:56.58 m
構造:RC造、S造
杭・基礎 :
主用途:ホテル、物販店舗、飲食店、駐車場
総戸数:
敷地面積:1,277.58 ㎡
建築面積:884.49 ㎡
延床面積:10,881.00 ㎡
建築主:大和ハウス工業
設計者:大成建設
施工者:大成建設
着工:2014年12月(予定)
竣工:2016年07月(予定)













th_P1180163.jpg


札幌には、大和ハウス工業系列のホテルが複数ありますが、この(仮称)ロイヤルパークスER札幌が、どんなコンセプト・グレードのホテルになるのか?は今のところ情報が無く不明です。同社の系列であるダイワロイネットホテルやロイトン札幌などどうやって差別化するのか?は今後注目ですね。

[ 2015/05/20 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

札幌駅周辺でデジタルサイネージが大増殖中!

th_P1180203.jpg

今回札幌を取材して驚いたのが、デジタルサイネージの増殖振りです。4〜5年前はまだ、チラホラと見かける程度だったデジタルサイネージですが、ここ数年で一気に普及が進み、ここ札幌駅周辺でも相当数のデジタルサイネージが設置されていました。














th_P1180207.jpg



こちらは地下鉄南北線札幌駅からJR札幌駅に向かう地下通路の様子です。通路上にある2本の柱には2面のサイネージを縦配置で設置してあります。












th_P1180209.jpg


縦向き設置のサイネージを2面上下に配置すると、超縦長の映像表現が可能となります。大阪のJR天王寺駅中央コンコースにも同じような配置のサイネージがありますが、こちらのサイネージの方が違和感なく設置されている気がしました。













th_P1180269.jpg




こちらはJR札幌駅の東コンコースに設置されたサイネージの様子です。











th_P1180270.jpg


レンガ風の化粧パネルと合わせて違和感なく設置されています。視認性もまずまず。













th_P1180273.jpg


札幌駅周辺のデジタルサイネージ。一昔まえなら絵が動く看板は全くのSF世界の代物でしたが、最近は本当に一般的になってきました。サイネージ機器の低価格化もドンドンすすんでおり、小規模店舗でも費用対効果を考えて「プラス」と判断すれば導入するケースが増えてきています。今後もデジタルサイネージはドンドン増えてゆくと思いますが、今後は映像ソースや、サイネージインフラを活用した、エリア全体を1つのサイネージと考えた様な、効果的な映像表現の進化に期待したいと思います。

[ 2015/05/18 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

(仮称)ブランズタワーアイム札幌大通公園の状況 15.04

th_P1180319.jpg


(仮称)ブランズタワーアイム札幌大通公園 新築工事は、札幌市中央区北1条西10丁目に計画されている、地上26階、高さ83.30 m、延べ9,870.35 ㎡、総戸数96戸のタワーマンションです。建築主は東急不動産、じょうてつ、設計者は佐藤工業、オルトが担当、施工者は未定です。















th_P1180321.jpg


【スペック】
名称:(仮称)ブランズタワーアイム札幌大通公園 新築工事
所在地:札幌市中央区北1条西10丁目1-28
階数: 地上26階、地下1階
高さ:83.30 m、軒高81.80 m
構造:S造・SRC造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅
総戸数:96戸
敷地面積:188.95 ㎡
建築面積:497.15 ㎡
延床面積:9,870.35 ㎡
建築主:東急不動産、じょうてつ
設計者:佐藤工業、オルト
施工者:未定
着工:2015年06月(予定)
竣工:2017年03月(予定)







th_P1180323.jpg


現地の様子です。既に更地になっており、6月の着工を待つばかり、といった感じです。

















th_P1180326.jpg


反対側から見た様子です。













th_P1180328.jpg


最後は、近くに建つ
ロイトン札幌と計画地を絡めたアングルです。



[ 2015/05/17 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

読売北海道ビル(ホテルグレイスリー札幌)

 th_P1180283.jpg


読売北海道ビル(ホテルグレイスリー札幌)は、札幌駅前に建つ新聞社とホテル、飲食店舗の複合ビルです。低層部の事務室は、読売新聞の北海道支社が入居、高層部のホテルは、ホテルグレイスリー札幌が440室の規模で入居しています。ガラスとPC板、2種類の素材を組み合わせたグラフィカルな外装が目を引くビルです。2007年度グッドデザイン賞受賞。







th_P1180281.jpg


【スペック】
名称:読売北海道ビル(ホテルグレイスリー札幌)
所在地:札幌市中央区北4条西4丁目1
階数:地上16階、塔屋2階、地下2階
高さ:69.4m
構造:SRC造+S造
杭・基礎 :
主用途:事務所、ホテル、商業施設
総戸数:---
敷地面積:
建築面積:3,073m2
延床面積:50,526m2
建築主:読売新聞東京本社
設計者:三菱地所設計
施工者:大成建設
着工:2004年09月
竣工:2006年 07月


th_P1180280.jpg


正面から見た読売北海道ビルの様子です。












th_P1180277.jpg



読売北海道ビル(ホテルグレイスリー札幌)は規模はそれほど大きくありませんが、非常に存在感のあるビルで目立っています。











th_P1180023.jpg


最後はJRタワーから見た読売北海道ビル(ホテルグレイスリー札幌)の様子です。上から見ると、ホテル部分(高層部)が四角ではなくコの字型になっている事が解りました。


[ 2015/05/16 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

リニューアルされた地下鉄大通駅付近(大通交流拠点地下広場整備事業)の状況 15.04

th_P1180348.jpg


今回札幌を取材していると、幌地下鉄の大通駅の改札階コンコースがリニューアルされている事に気づきました。予備知識無しで目撃したので、そのあまりの変わり様にビックリしました!このリニューアルは札幌市が進めている
大通交流拠点地下広場整備事業の一環として行われ、道都:札幌の都心に相応しい人々の意識の中に印象づけられる象徴的な空間をつくる事をコンセプトにリニューアルが実施されました。












th_P1180349.jpg


大通駅北改札口付近の様子です。先に開通した
チカホ(札幌駅前通地下歩行空間)に似たデザインになっています。案内サイン類も今までとは全く異なっています。写真の案内サインにある路線名称が近鉄の大阪難波駅の「近鉄線」「阪神線」のデザインに似ている気がしました。











th_P1180351.jpg


改札内コンコースの様子です。メチャクチャ気合の入ったリニューアルが行われています。













th_P1180381.jpg


改札内コンコースを横から見通したアングルです。なお、ホーム階についてはホーム柵設置された他はあまり大きな変化は見られませんでした。













th_P1180373.jpg


続いては
大通交流拠点地下広場付近の様子を見てゆきます。上の写真は現地に掲示されていた案内MAPですが、十字型の中心点付近の広場がそれにあたります。















th_P1090190.jpg


ちょっと撮影地点は違いますが、数年前の現地付近の様子です。開業後40年が経過していますが、目立った改装は行われておらず古ぼけた印象です。
















th_P1180363.jpg


そして、こちらがリニューアル後の様子です!おおお!あまりの変わり様に「え?違う場所にきたんかな!?」と勘違いするほどです。僕も地下鉄を降りて改札階にあがって「あれれ?」となってしまいましたが、案内サインの文字を確認して「大通駅のあの場所で間違い無い」事を理解しました。













th_P1180358.jpg


地下拠点広場の中心付近の様子です。円形の間接照明がシンボリックですね。













th_P1180355.jpg


広場周辺にはベンチも多数おかれており、憩いの広場として機能しているように見えました。










th_P1180451.jpg






最後は大通公園から地下拠点広場に繋がる階段付近の様子です。リニューアルされた大通駅付近の地下空間。数年振りに訪れた札幌市は主要部分のリニューアルが進んでおり、随分と垢抜けた印象を持ちました。
[ 2015/05/15 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

明治安田生命札幌大通ビル

th_P1180338.jpg


明治安田生命札幌大通ビルは、札幌市中央区大通西3丁目に建設された、階数:地上14階、高さ59.95m延床面積8,278.11㎡のオフィスビルです。旧明治安田生命札幌大通ビルは、旧明治生命が建設したオフィスビル1971年竣工しました。。2004年に安田生命と合併して明治安田生命の関連会社が所有していましたが、老朽化が進んでいたため2013年4月から旧ビルを解体し同年12月から新ビルの建設工事が行われました。













th_P1180346.jpg


【スペック】
名称:明治安田生命札幌大通ビル
所在地:札幌市中央区大通西3丁目4
階数:地上14階、地下1階
高さ:59.95m
構造S造(地下SRC造)、制振構造
杭・基礎
主用途:事務所・店舗・駐車場
総戸数:---
敷地面積:712.66
建築面積:619.69
延床面積:8,278.11
建築主:明治安田生命
設計者:日本設計
施工者:大成建設
着工:201312
竣工:2015年01月













th_P1180333.jpg



北西側から見た、明治安田生命札幌大通ビルの様子です。











th_P1180450.jpg



撮影時刻を変えて、日中の明治安田生命札幌大通ビルの様子です。ビルの右側壁面には巨大なデジタル温度計が設置されています。











th_P1180103.jpg



最後はテレビ塔から見た大通公園の様子です。
[ 2015/05/13 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

札幌パルコ新館跡地に建設が進む札幌ゼロゲート(仮称)の状況 15.04

th_P1180178.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

札幌ゼロゲート(仮称)は、札幌の商業中心地、札幌パルコ 南側「大通地区」に建設中の商業施設で、計画延床面積2,965.52㎡です。計画地は、2011年春に閉店した札幌パルコ新館の跡地で2016年春の開業を予定しています。

パルコの「ゼロゲート事業」は、国内店舗開発における事業戦略の一つで、都心部一等地の中低層商業施設において、その立地の良さを活かし、事業規模に応じた効率的運営を実施する、パルコの新たな事業モデルです。ファッションやカルチャーなど様々なテーマで、都市のライフスタイルをプロデュースしてきたパルコは、「原点=ZERO」に立ち、街の「入口(顔)=GATE」として、新たな価値観を提案しています。またプロパティマネジメント/コンサルティング事業も行っています。








th_P1180173.jpg


現地の様子です。既に鉄骨建方が進んでおり、かなり高くなってきました。













th_P1180181.jpg


【スペック】
名称:(仮称)札幌信用金庫本店ビル・札幌ゼロゲート(仮称)新築工事
所在地:札幌市中央区南2条西3丁目15-1
階数: 地上11階、地下2階
高さ:47.845m、軒高43.095m
構造:S造・SRC造
杭・基礎
主用途:事務所、銀行、物販店舗、自動車車庫
総戸数:---
敷地面積:1,668.28㎡
建築面積:1,529.87㎡
延床面積:13,441.89㎡
建築主:札幌信用金庫、パルコ
設計者:久米設計
施工者:鹿島・岩田地崎・玉川JV
着工:2014年04月
竣工:2016年03月(予定)













th_P1180192.jpg


別の角度から見た、札幌ゼロゲート(仮称)の様子です。













th_P1180094.jpg



最後はテレビ塔からみた現地の様子です。

[ 2015/05/10 00:00 ] 北海道 | TB(0) | CM(0)