JR東海が次期主力車両「N700S」のデザインを発表!左右両サイドにエッジを立てた形状が特徴的!

 th_001_2017062823565621e.jpg



JR東海は2017年6月28日付けのニュースリリースで、2020年度に営業投入を予定している「N700S」のデザインを決定したと発表しました。なお、このデザインを反映させた「N700S確認試 験車」は2018年03月に完成します。

先頭デザインはN700系シリーズの形状を進化させた「デュアル スプリーム ウィング形」を採用。同社小牧研究施設における技術開発の結果、左右両サイドにエッジを立てた形状 とし、走行風を整流することで更なる環境性能向上が図られます。前照灯にはLEDライトを新幹線で初採用 、省エネルギー化・照度向上・長寿命化を実現。 また、先頭形状を活かし、前照灯を拡大することで、照射範囲を広げ、視認 性向上が図られます。 カラーリングは東海道新幹線の象徴である白地に青帯を踏襲しています。また、先頭部の青帯で“Supreme(スプリーム)の「S」を表現しています。










th_002_201706282356575a4.jpg



インテリアデザインは、ビジネスや観光など幅広いお客様ニーズに対応するため、機能性を考慮し つつ、くつろげる空間となるよう柔らかな曲面を採用し、グリーン車では 「ゆとりある空間と個別感の演出」を、普通車では「機能的で快適な空間」 をコンセプトにしています。

・空調吹出口を側面パネルと一体化し、広い吹出口を確保することにより、 室内温度の均一化を図る。また、グリーン車では窓側の座席ごと に荷棚と一体化した大型の側面パネルを採用し、一人ひとりの空間を演出  

照明はLED間接照明とし、天井を光学的に最適な形状とすることで、室内照度の均一化を図る。また、停車駅に近づいた際に荷棚の照度 を上げ、お客様に荷棚にある荷物への注意を促す。 車内テロップにフルカラー液晶を採用し、画面サイズを拡大することで、 案内情報の視認性を向上。

グリーン車座席
N700系から好評をいただいている「シンクロナイズド・コンフォー トシート」をさらに進化させ、リクライニングの回転中心の変更と共 に、座面と背もたれの角度を最適化することで、リクライニング時の太もも裏側への圧迫感を低減するなど、長時間座っていても快適な座席と しています。
フットレストを大型化しつつ、足元スペースを拡大しています。
読書灯の照射範囲を拡大しています














th_003_201706282356588fe.jpg


普通車座席 

背もたれと座面を連動して傾けるリクライニング機構を採用し、より 快適な座り心地を実現します。グリーン車同様、全座席にコンセントを設置。これにより、B席(3列シートの真ん中)の肘掛けが誰のモノ問題に終止符が打たれる事になりそうです(笑)







IMG_1553.jpg



上の写真は現在の主力N700系シリーズですが、今回発表のN700Sは、現行モデルのビッグマイナーチェンジ版といった所でしょうか。走行性能などメカニズムの詳細がまだ不明な点が多いので、追加情報が待たれる所です。海外への輸出を視野に設計最高速度は300km/hを超える実力を持っているかもしませんね。いずれにせよ、先行試験車両の登場が楽しみになってきました!
[ 2017/06/29 00:20 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(5)

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.06

001_20161006184601f57.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。




大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】

▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10



▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!




▼鶴橋駅
大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.06
大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.05



▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(駅舎外観・ビエラ桃谷南側エリア)の状況 17.04
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(改札内コンコース・ホーム編) 17.04

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11~ビエラ桃谷南側エリアの状況~
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09~部分オープンしたビエラ桃谷の状況~

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.07

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.05

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.03

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼寺田町駅
大阪環状線改造プロジェクトー寺田町駅で発見された旧駅名標が「鉄道遺産」として保存される!



▼天王寺駅
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.04
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.02

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 16.11

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事 16.03 東口・跨線橋のLCD(液晶モニタ)発車標が完成!
JR天王寺駅ー阪和線(地上)ホームリニューアル工事の状況 16.03

JR天王寺駅ー環状線(11.12.13.14番)ホームリニューアル工事の状況 16.03
JR天王寺駅ー大和路線(15.16.17.18番)ホームリニューアル工事の状況 16.03


▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07

▼芦原橋駅
大阪環状線改造プロジェクトー芦原橋駅リニューアル工事の状況 15.11
大阪環状線改造プロジェクトー芦原橋駅リニューアル工事の状況 15.07

▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12











th_005_20161006184558a77.jpg


リニューアルエリアの範囲はこんな感じです。東口改札口〜跨線橋部分が耐震化工事と合わせて全面的にリニューアルされる計画となっています。











th_IMG_0103_201702181551208b2.jpg


現地に掲示されていた、東跨線橋のリニューアル後の完成予想図です。





th_IMG_0464_20170623225900fda.jpg



現地の様子です。前回の取材が2017年04月だったので約2ヶ月振りの取材です。














th_IMG_0452_2017062322590265f.jpg



現地では、この2ヶ月間でかなり大きな変化がありました。まず東口改札口付近ですが、手錠全体に仮設天井が設置されており、駅舎全体がリニューアル工事に突入していました。













th_IMG_0459_201706232259037ff.jpg



以前ご紹介した、LCD(液晶モニタ)タイプの発車標です。こちらも改札内にありましたが、改札外に移設されていました。


















th_IMG_0340_20170623225904134.jpg



改札口の頭上も仮設天井に覆われています。















th_IMG_0330_20170623225906e63.jpg



改札口を入った所にある明かり窓ですが、こちらはまだ未更新のままでした。















th_IMG_0416_20170623225917704.jpg 


さらに大きな変化が。東口改札口付近にあったトイレが環状線側に移設されていました。


















th_IMG_0414_201706232259163f4.jpg




元トイレがあった場所は仮囲いで封鎖されています。

















th_IMG_0345_20170623225915780.jpg



こちらが移設されたトイレです。場所は阪和線の乗り換え跨線橋の階段付近です。トイレの中は以前とは比較にならないほど綺麗になっていました。













th_IMG_0312_201706232259216fa.jpg 


跨線橋部分にも仮設天井を設置するための鉄骨が組まれ始めていました。















th_IMG_0318_20170623230605d1b.jpg




むき出しの鉄骨に取り付けられた発車標の様子です。













th_IMG_0306_20170623230607d57.jpg 


天井の化粧パネルが取り払われ、非常に多くのケーブル類が剥きだしになっています。












th_IMG_0323_2017062323060975e.jpg 


リニューアル工事と平行して耐震補強工事も行われています。













th_IMG_0343_20170623230611bf1.jpg 


リニューアル工事が進むJR天王寺駅ー東口跨線橋。むき出しの天井を這うケーブル、イカ釣り漁船の様な仮設照明は期間限定の光景です。これはこれで味があってオモシロイな、と思いました。
[ 2017/06/24 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(0)

北大阪急行ー千里中央駅の可動式ホーム柵は京三製作所が受注。地上側のセンサで定位置停止を検知

th_001_20170622234309bd5.jpg

株式会社京三製作所は、2017年06月15日発表のニュースリリースで同社が北大阪急行電鉄 千里中央駅の可動式ホーム柵を受注した、と発表しました。北大阪急行電鉄は2016125日(月)に、ホームでの事故対策として、同社の3駅にホームドア(可動式ホーム柵)を設置すると発表しており、千里中央20179月末竣工予定しています。

【出典元】
株式会社京三製作所>北大阪急行電鉄 千里中央駅の可動式ホーム柵を受注いたしました(PDF)
北大阪急行電鉄>当社線 3 駅に「可動式ホーム柵」を設置します(PDF)









th_IMG_0821_20170622234315502.jpg


【北大阪急行電鉄のホームドア設置計画の概要】

1.設置駅
千里中央駅(島式ホーム 1番線・2番線) 
京三製作所が受注
桃山台駅 (島式ホーム 1番線・2番線)
緑地公園駅(相対式ホーム 1番線・2番線)

2.仕
・開口部 2,600mm ・腰高タイプの可動式ホーム柵(固定部ホーム床面から約1,320mm

3.全体工程(予定)
千里中央駅 平成29 1月工事着手 平成29 9月末竣工予定
桃山台駅     平成29 6月工事着手 平成30 3月末竣工予定
緑地公園駅 平成29 6月工事着手 平成30 3月末竣工予定










th_IMG_0771_20170622234313d0c.jpg


現地の様子です。既にホームドア(可動式ホーム柵)の設置準備工事が行われていました。
















th_IMG_0768_201706222343116cb.jpg

京三製作所のホームドアが関西の民鉄採用されるのは初めてとなる予定ですが、同社の ホームドア(可動式ホーム柵)は、大きなドア透過部やスライド式非常脱出口を備えている他、 地上側に設置するセンサにて車両の定位置停止検知などを行い、可動式ホーム柵 の自動開閉を実現しています。これにより、地上-車上間の情報伝送(トランスポンダ)装置 が不要となり、地上設備だけのシンプルなシステムとなっている所が大きな特徴です。












th_IMG_0766_201706222343138a1.jpg



ホームドアの設置工事が進む北大阪急行ー千里中央駅。2017年09月には稼働開始の予定となっています。ホームドアの設置はホーム上の安全性が格段に向上する為、千里中央駅への設置は大歓迎ですね。鉄道ファン的には車両の撮影が難しくなるので痛し痒しといった面はありますが・・・。
[ 2017/06/23 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

JR京都線茨木駅リニューアル工事の状況 17.06

th_001_201503032330005cf.jpg

JR京都線-茨木駅は、島式ホーム24線に待避線2線をもつ地上駅で2012年度の乗降客数は88,638人/日。JR西日本では17位の利用客数で、新快速が通過する単独駅の中では最も乗降客が多い駅です。JR茨木駅の近くにあった、サッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地に立命館大学が大阪茨木新キャンパス も開校し今後、大幅な利用客数の増加が見込まれています。


JR西日本は2015年3月3日付けのニュースリリースで、2016年春の立命館大学の新キャンパス開設にあわせて、茨木市による駅東口デッキや歩行者専用道路の整備が進められている茨木駅をリニューアルすると発表、利便性向上と市の玄関口としてイメージアップを図るため、改札内へのエスカレーター設置やトイレの改修、店舗開発を進められる事になりました。今回のニュースリリースでは、リニューアル後の新駅舎のデザインが掲載されています。工事は2015年316日(月曜日)より開始されました。



【出典元】
JR京都線 茨木駅 リニューアル工事の開始について



【過去記事】
JR京都線-茨木駅東口駅前広場改良工事 15.03
JR京都線-茨木駅東口駅前広場改良工事 14.11
JR京都線-茨木駅東口駅前広場改良工事 14.08
JR京都線-茨木駅東口駅前広場改良工事


※茨木市民さんから情報を頂きました、ありがとうございました!




th_002_20150303232958978.jpg


基本コンセプト「駅とまちを繋げる、駅と人を繋げる」
駅周辺のまちづくりと調和させ、ご利用のお客様、市民の皆様に親しみを持って利用していただける、「華やかで楽しい雰囲気を醸し出す明るい駅」を目指します。

デザイン

・市内に多く見られる自然という要素をデザインに取り入れます。
・自然採光や通風を利用し、明るく快適な駅を目指します。



設備

・各ホームに合計5基のエスカレーターを新設

<上り(京都方面)ホーム> 上り2基、下り1
<下り(大阪方面)ホーム> 上り1基、下り1

・お客様トイレの改修(多目的 WC を含む)
・コンコースの美化(床・天井などの改修)
・みどりの窓口の整備
・店舗開発 約1,100平方メートル

工事予定

・着工 
2015年316日(月曜日)

・完成(予定) 
2017年春 エスカレーター使用開始
2018年春 店舗開業、工事終了













th_IMG_1079_2017062122311689c.jpg



現地の様子です。上の写真は京都側に増築された部分になります。仮囲いも取り払われ、外壁が姿を表していました。完成後は駅ナカ商業施設となります。






















th_IMG_1084_20170621223118b41.jpg



こちらは大阪側の様子です。こちら側はホームと橋上駅舎を結ぶエスカレーターが新設されます。























th_IMG_1092_20170621223119691.jpg


現地に掲示されていた東西自由通路の完成予想パースです。




















th_IMG_1100_201706212231208e7.jpg


現在の様子です。上の完成予想パースと似たアングルで撮影してみました。























th_IMG_1054_20170621223121dab.jpg


こちらも駅構内に掲示されていた完成予想パースです。改札口付近の様子ですね。





























th_IMG_1068_201706212231354a9.jpg


現在の様子です。JR茨木駅ですが、今回のリニューアル工事にあわせて、写真の左右両方に改札口が設けられています。写真左側が既設の改札口、右側が仮改札口です。





















th_IMG_1066_2017062122313440e.jpg


既設の改札口の様子です。リニューアル工事まっただ中ですね。写真奥の左右ではエスカレーターの新設工事が行われています。

























th_IMG_1105_20170621223132947.jpg


既設改札内コンコースから改札口を振り返った様子です。























th_IMG_1061_2017062122313188d.jpg


こちらはリニューアル工事に合わせて新設された仮改札の様子です。

















th_IMG_1057_20170621223130505.jpg


仮改札内の様子です。完成後は駅ナカ商業施設になります。











th_IMG_1051_20170621223214ca0.jpg


振り返ってラッチ内から仮改札口を見た様子です。













th_IMG_1029_201706212232130e3.jpg


ホームに降りて・・・。こちらは大阪側で行われているエスカレーター設置工事の様子です。













th_IMG_1031_20170621223215571.jpg 


ラッシュ時のみ開放される仮設階段の様子です。撮影時は進入禁止になっていました。















th_IMG_1033_201706212232195fd.jpg



大規模なリニューアル工事が進むJR茨木駅。駅ナカ商業施設の開発、駅前ビルの再開発も噂され、今後ますます賑を増す事になりそうです。


[ 2017/06/22 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

JR西日本が117系を改造した新たな長距離列車を導入!瑞風よりもカジュアルな価格設定、デザインは川西康之氏が担当

 th_001_20170620233456465.jpg


JR西日本は2017年6月20日に、先日から運行を開始した豪華クルージングトレイン「TWILIGHTEXPRESS瑞風」よりもカジュアル、安価で楽しめる長距離列車を2020年夏までに導入すると発表しました!この新しい長距離列車はなんと117系を改造するとの事で、ある意味驚愕のニュースリリースとなりました!






▼引用始め

JR西が新たな長距離列車導入へ 117系を改装
2017/6/20 20:11神戸新聞NEXT


JR西日本は20日、今月から運行が始まった豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス 瑞風」より割安で楽しめる長距離列車を2020年夏までに導入する計画を明らかにした。来島達夫社長は「これまで列車の旅に縁がなかった人たちの需要を掘り起こしたい」と述べた。運行区間や車両デザインは今後検討する。

シニアや訪日外国人など幅広い世代を対象に、鉄道の強みを生かして沿線の魅力や観光を楽しんでもらう狙い。京阪神と山陽方面、山陰方面といった期間ごとに複数の区間を運行する。価格は特急「サンライズ出雲」(東京-出雲市)などを参考に、例えば大阪-出雲間の距離で、1泊2日数千円~2万円台(全席指定)を想定しているという。

車両は、岡山県などで走る117系電車を改装して使用。完全個室を備えたグリーン車、数席ごとに区切るコンパートメントや、背もたれを完全に倒せるフルフラットシートを備えた普通車のほか、自由に食事や歓談ができるフリースペースを含めて計6両編成を検討している。定員は100人前後。

デザインは、新潟県上越市のリゾート列車「えちごトキめきリゾート 雪月花」などを手がけたデザイナー川西康之氏が担当する。


▲引用終わり









th_002_20170620233453858.jpg


JR西日本のニュースリリースからお借りした、列車の編成イメージです。3列シートのグリーン車、4列普通車、コンパートメント、フルフラットのノビノビシート、グリーン個室を6両編成に詰め込んだとんでもない仕様の列車です。しかもイメージ図をみると117系の2段窓がそのまま描かれているではありませんか!323系や225系の追加投入などで221系などの転属が進み、117系は早晩引退すると思っていましたが、どうやら2020年を超えても形を変えつつ現役で活躍している事が確実となりました。















th_P1050199.jpg

ちなみに、この長距離列車を手がけるデザイナーは「株式会社イチバンセン」代表取締役の川西康之(かわにしやすゆき)氏。「えちごトキめき鉄道」のリゾート列車「雪月花(せつげっか)」の設計デザインや「土佐くろしお鉄道中村駅」のリノベーションなどを手がけられた、鉄道事業におけるデザイン経験が豊富なデザイナーです。同氏が117系を一体どんな風にリノベーションするのか?ノビノビ座席がある事から夜行での運行も想定していると予想が付きますが田の字窓はそのまま残るのか?興味深々です。

[ 2017/06/21 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(5)

大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.06

th_IMG_0202_20170620001025d2d.jpg




JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】

▼鶴橋駅
大阪環状線改造プロジェクトー鶴橋駅リニューアル工事の状況 17.05



▼桃谷駅
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(駅舎外観・ビエラ桃谷南側エリア)の状況 17.04
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事(改札内コンコース・ホーム編) 17.04

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.11~ビエラ桃谷南側エリアの状況~
大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09~部分オープンしたビエラ桃谷の状況~

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.09

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.07

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.05

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 16.03

大阪環状線改造プロジェクトー桃谷駅リニューアル工事 15.06


▼寺田町駅
大阪環状線改造プロジェクトー寺田町駅で発見された旧駅名標が「鉄道遺産」として保存される!



▼天王寺駅
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.04
JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 17.02

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事の状況 16.11

JR天王寺駅ー東口リニューアル工事 16.03 東口・跨線橋のLCD(液晶モニタ)発車標が完成!
JR天王寺駅ー阪和線(地上)ホームリニューアル工事の状況 16.03

JR天王寺駅ー環状線(11.12.13.14番)ホームリニューアル工事の状況 16.03
JR天王寺駅ー大和路線(15.16.17.18番)ホームリニューアル工事の状況 16.03


▼新今宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー新今宮駅リニューアル工事 15.07


▼西九条駅
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 15.01
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12-2
大阪環状線改造プロジェクトー西九条駅リニューアル工事 14.12


▼大阪城公園駅
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.03
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10


▼森ノ宮駅
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.05

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.04

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.03

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 15.01

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.10
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!













th_IMG_0192_20170620001023fc1.jpg


環状線、近鉄奈良・大阪線、地下鉄千日前線の乗り換えターミナル駅である鶴橋駅。JR側では大阪環状線改造プロジェクトの一環として、ホームの美装化が行われています。上の写真は外回りホームの様子ですが、環状線の他の
リニューアル駅と同じく、床面の一部が樹脂モルタルカラータイル舗装化されており、従来のアスファルト舗装よりも質感が向上しました。











th_IMG_0249_20170620001022452.jpg


上屋の鉄骨も再塗装が行われています。











th_IMG_0259_2017062000102158f.jpg


壁面も他の環状線駅と同じ色合いで再塗装化され始めました。











th_IMG_0247_201706200010198ca.jpg


乗り換え改札付近の一番目立つ柱は化粧パネルで囲われデジタルサイネージが設置されました。











th_IMG_0182_20170620001032155.jpg


サイネージはまだ未稼働でした。少し気になったのが、柱の上部のビニール。先日の豪雨の時に冠水したのかな?などと勝手に想像してしまいました。











th_IMG_0261_201706200010344ff.jpg


エレベーターの様子です。既設の物ですが、新サインシステムでラッピングされ雰囲気が変わりました。











th_IMG_0252_20170620001036dd3.jpg


JR鶴橋駅の美装化は現在進行形で行われており、ご覧の通りペンキの塗替えが途中の箇所が各所に見られました。













th_IMG_0216_20170620001038927.jpg


柱もご覧のとおりです。











th_IMG_0266_20170620001040dec.jpg


よく見ると、線路を跨ぐ架線柱も再塗装されていますね。











th_IMG_0210_20170620001439a1c.jpg


こちらは内回り、外回りの乗換通路の様子です。特に美装化は行われず新サインシステムが導入されています。











th_IMG_0208_201706200014373cf.jpg

天井にもサインシステムが。という事は、この辺りは「しばらくはこのまま」という事になりそうです。












th_IMG_0233_20170620001439d28.jpg


撮影していて目についたのが新鋭車両323系。本当に本数が増え、すっかり見慣れた光景になりました。











th_IMG_0232_201706200014414b9.jpg


ホームの美装化が進むJR鶴橋駅。行き交う者車両も新しくなり、環状線のイメージも少しづつ変わり始めてきた実感が持てる様になってきました。

[ 2017/06/20 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

地下鉄御堂筋線ー新大阪駅リニューアル工事の状況 17.05

th_IMG_0566_201706170127544ec.jpg



地下鉄御堂筋線ー新大阪駅は2016年3月に新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」がオープンし主に北側部分のリニューアルが行われましたが、現在は耐震補強工事及び、駅ホーム全体のグランドニューアル工事が行われています。



【過去記事】
地下鉄御堂筋線ーオープンした新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」は大人のフードコードだった!
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」の状況 16.03
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」の状況 16.02
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅に駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」が2016年3月30日に開業!
御堂筋線ー新大阪駅に誕生する新たしい駅ナカ商業施設(運営:京阪ザ・ストア)の状況 15.11
御堂筋線「新大阪駅」に新たな「駅ナカ」施設が誕生、運営管理予定者は京阪ザ・ストアに決定!

エキモ天王寺
エキモなんば
エキモ梅田















th_IMG_0554_201706170127556ad.jpg


南出口付近の様子です。真ん中にあるエスカレーターの西側が封鎖されています。












th_IMG_0552_201706170127569f4.jpg


階段の中階付近から見るとこんな感じです。












th_IMG_0550_2017061701275859b.jpg


ホームの様子です。まず南出口側にあった駅ナカ型コンビニのポプラが施設ごと消滅しています。コンビニの跡を見ると数カ所のアンカーボルトの跡はありますが、ほとんどが接着剤で固定されていた事が解ってビックリしました。まさにハコ。さらに以前天井にあったスリット状の化粧パネルと、広告を取り付ける「バトン」が全て取り払われ、アーチ状の鉄骨が露わになっています。











th_IMG_0539_2017061701280057d.jpg


壁面の化粧パネルも全て取り払われて構造物があらわになっています。












th_IMG_0522_20170617012808bc2.jpg


これだけ雰囲気が変わると、なんか別の駅になった様な感じですね。












th_IMG_0518_201706170128093b3.jpg


さらに北側はエライことになってます。天井の化粧パネルが無くなり、サイバーパンクな雰囲気になっています。












th_IMG_0541_201706170128104a0.jpg



さらにホーム真ん中付近にあるD,C階段付近が特に狭くなっています。











th_IMG_0542_20170617012812d48.jpg















th_IMG_0547_201706170128140d0.jpg


最高にヤバイのがD,階段です。エスカレーターを増設するために極端に狭くなっており、日中の乗客が少ない時間帯でもこの行列。
















th_IMG_0575_20170617013031f5e.jpg



その理由はコレ。タイル2枚強分の横幅しかありません!仮設といえどこれは狭い。もしかすると、現在日本で一番狭い地下鉄の階段かもしれませんね。今度メジャーを持って行って実測してみたいです。











th_IMG_0527_20170617013028387.jpg


リニューアルされ便利になった所もあります。こちらは、なにわ大食堂が出来た北改札口に繋がるエスカレーターの様子です。












th_IMG_0530_20170617013030d19.jpg


3列のエスカレーターが並ぶ姿は中々壮観です。大きな荷物を持った利用客が多い新大阪駅ではもっと多くの階段にエスカレーターがあってしかるべきだと思います。












th_IMG_0532_20170617013032588.jpg


リニューアル工事が本格化してきた事で、中々のカオス振りだった御堂筋線ー新大阪駅。サイバーパンクな天井や、異常に狭い階段など見どころ満載です。何れも今しか見られない光景なので、興味のある方は御堂筋線で新大阪駅にいって見て下さい!
[ 2017/06/17 01:40 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(3)

御堂筋線ー西中島南方駅リニューアル工事の状況 17.05

th_IMG_0502_201706132140365f0.jpg


地下鉄御堂筋線ー西中島南方駅
では、以前から南改札口側のバリアフリー化工事と駅全体のリニューアル工事が行われています。特に南改札口は阪急京都線ー南方駅との乗り換え客が多い場所ですが、
工事前には無かった2番ホーム(新大阪・千里中央方面行き)に向かうエスカレーターは無く、エレベーターも未設置で、かつ他線の上にある高架駅なので地上部との高低差も大きい為、かなり乗り換えが大変な状態でした。
th_IMG_0872_201511192346408d4.jpg

現地に掲示されていた完成予想図です。昔からこの場所にエレベータがあったらいいな、と思いつつ真下に阪急京都線、左右に新御堂筋があり、設置スペースが厳しいので改良は無理だと思っていました。ところがごらんの通り、階段を付け替えやホームを若干南側に延伸するなど、かなり大規模な改造が行われバリアフリー化が実現する事になりました。












th_IMG_0473_201706132140344e5.jpg


現地の様子です。先ずはバリアフリー化工事が完成し、新装なった南口の様子です。









th_IMG_0476_20170613214032aa5.jpg


前回の撮影は2015年11月頃でしたが、その頃から比べるとまるで別の駅の様な変貌振りです。ただ、案件サイン類はまだ仮設状態で、新サインシステムは未導入です。















th_IMG_0469_201706132140325b4.jpg


ホーム階に繋がるエレベーターとリニューアルされたトイレ前の様子です。














th_IMG_0479_20170613214030038.jpg


ホーム階に繋がるエスカレーターです。阪急との乗り換え利用者が待望していたエスカレーターですね。














th_IMG_0482_20170613214046573.jpg


ホーム階に向かいます。かなりの長さがあります。壁面の素材に高級感があります。















th_IMG_0447_20170613214048a0c.jpg


ホームの様子です。こちらは南端付近の様子で、今回のリニューアルで一番変化が見られた箇所です。














th_IMG_0448_20170613214049420.jpg


さきほどのエレベーターのホーム階様子です。













th_IMG_0493_20170613214050a47.jpg


階段、エスカレーターは水色のガラススクリーンで覆われています。













th_IMG_0452_20170613214052238.jpg


階段を見下ろした様子です。















th_IMG_0330_201706132142034a9.jpg


ホーム全体を見通した様子です。














th_IMG_0370_201706132142053c2.jpg


壁面の美装化、上屋の再塗装などが行われ綺麗になりました。













th_IMG_0338_201706132142067a2.jpg



壁面は御堂筋線のラインカラーである赤色のアクセントパネルが取り付けられました。













th_IMG_0344_201706132142074fb.jpg


駅名票の様子です。










th_IMG_0329_20170613214224162.jpg


エレベーターの様子です。














th_IMG_0332_2017061321420902a.jpg


待合室の様子です。日中でも4分ヘッドで電車が来るこの駅にも待合室があります。












th_IMG_0340_20170613214222b2c.jpg


北改札口に繋がる階段の様子です。こちらリニューアルされています。













th_IMG_0497_20170613214224f59.jpg


北改札口の改札内コンコースに降りました。案内サイン類が従来のままなので、あまりリニューアルされた感を感じませんね。











th_IMG_0495_20170613214226ad9.jpg


改札口の様子です。











th_IMG_0508_2017061321422719b.jpg


リニューアル工事が進む西中島南方駅。工事がかなり進み、随分と綺麗になりました。新サインシステムが導入されれば、さらにイメージが変わると思います。

[ 2017/06/14 07:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出〜鴫野間の工事状況 17.05

th_IMG_1137_20170613000842b28.jpg


おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画は、城東貨物線の施設や用地を活用しながら複線化・電化を行い、新大阪駅から大阪東部地域を経て大和路線の久宝寺駅(延長 20.3 ㎞)にいたる旅客線を整備する貨物線の旅客化工事で事業費は1,197億円です。2008年3月に放出から久宝寺までの南区間(9.2㎞)が開業しまし、現在は2018年度末の開業を目指し、新大阪から放出までの北区間(11.1㎞)の建設工事が行われています。


【関連記事】
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況16.11
おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況16.07

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況14.12

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー放出~鴫野間の工事状況14.05

おおさか東線北区間(新大阪)延伸計画ー鴫野駅改良工事14.05

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.01












th_IMG_1126_201706130008407c6.jpg


放出から鴫野駅を経て学研都市線と分岐する付近までの工事の進捗状況を見て行きましょう。今回も、実際は下り電車の最後尾から京橋→鴫野(通過→)放出の流れで撮影しましたがすが、記事を解りやすくする為に、放出→鴫野→京橋方面の順で写真を紹介して行きます。


放出駅を出発するとほどなく複々線化されている工事現場が見えてきます。放出駅はホーム上で対面乗り換えが出来る方向別複々線の配線になっていますが、放出〜鴫野間で、線別複々線の配線に変わります。











th_IMG_1105_2017061300083950a.jpg



現在の下り線をオーバーパスする為に、写真右側に新しい軌道が建設されています。将来的には学研都市線の下り線となります。










th_IMG_1090_2017061300083869c.jpg


写真右手の新しい軌道の工事がかなり進んでいます。半年前とはかなり異なっています。













th_IMG_1071_201706130008363c1.jpg


方向別複々線から線別複々線に変わるオーバーパス付近の様子です。高架橋がかなり出来上がってきました!











th_IMG_1065_20170613000859302.jpg


オーバーパスした軌道が鴫野駅に向かって降下して行きます。おおさか東線と学研都市線が線別複々線に切り替わりました。













th_IMG_1055_20170613000858fad.jpg


改良工事が進む鴫野駅に進入します。












th_IMG_1046_2017061300085359f.jpg


先日ご紹介した仮設ホーム(写真左)が見えます。















th_IMG_1037_20170613000851c41.jpg



学研都市線とおおさか東線が複雑に絡み合う、複々線区間も間もなく終わりです。














th_IMG_1033_201706130008539d2.jpg


新しいトラス橋を渡ります。


















th_IMG_1027_201706130011007ed.jpg



最後は、学研都市線とおおさか東線北区間との分岐部分の様子です。


[ 2017/06/13 00:19 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(2)

地下鉄谷町線ー谷町九丁目駅リニューアル工事の状況 17.06

th_IMG_0018_20170608233147a66.jpg


大阪市営地下鉄 谷町線の谷町九丁目駅では、駅天井部や壁面の化粧パネルの取り付けなど、駅の美装化工事が行われています。先日久々に同駅を利用してはじめて知りました!


【関連記事】
グランドリニューアルが予定されている御堂筋線ー中津駅の状況 17.03
完成した御堂筋線梅田駅のアーチ空間リニューアル工事の状況
地下鉄御堂筋線ー本町駅リニューアル工事の状況 16.07
地下鉄堺筋線ー北浜駅リニューアル工事の状況 16.05
地下鉄御堂筋線ー淀屋橋駅リニューアル工事の状況 16.04
地下鉄御堂筋線ー新大阪リニューアル工事の状況 16.04
御堂筋線ー西中島南方駅リニューアル工事の状況 15.11

地下鉄御堂筋線ー本町駅にも新型サインシステムが登場!
【続報】大阪市営地下鉄ー本町駅で新サインシステムの取り付けが進んでいます!
大阪市営地下鉄四つ橋線本町駅に新デザインのサインシステムが登場!
リニューアル計画中の案内サインのプロトタイプか?大阪市営地下鉄四つ橋線本町駅に新デザインの駅名票が登場!












th_IMG_0027_2017060823314555e.jpg


現地の様子です。北行、南行きを隔てる柱や壁面の美装化が行われイメージが、かなり変わりました。











th_IMG_0020_20170608233144eae.jpg


壁面の様子です。既存のタイルの上に化粧パネルを取り付ける方式で美装化が行われています。デザイン的にも中々いい感じに仕上がっているのではないでしょうか。











th_IMG_0016_20170608233143fbc.jpg


路線図も新・サインシステムに準拠した物に取り替えられました。内照灯が無いタイプですね。










th_IMG_0029_20170608233141fd1.jpg


先ほど、既存のタイルの上に化粧パネルを取り付けル方式で、と書きましたが、具体的にはこんな感じになっています。










th_IMG_0023_20170608233154ea2.jpg


美装化が完了した天井付近の様子です。照明はLEDユニット化されています。










th_IMG_0030_20170608233156511.jpg



ただ、全てのエリアの美装化が完了したわけではなく、ご覧のとおり、まだまだ工事途中といった所です。左側の壁面は従来のピンク色のタイル、右側の線路側の壁面は新デザインとなっています。












th_IMG_0041_20170608233157ac5.jpg


LEDユニットへの換装も順次行われています。











th_IMG_0039_20170608233158973.jpg


再び美装化が行われた線路側の壁面の様子です。先ほどのピンク色のタイルに比べると、一気に21世紀になった感じがしますね。











th_IMG_0035_201706082332002f7.jpg


密かに?リニューアル工事が進む谷町線ー谷町九丁目駅。床面やホーム壁面など、まだまだ改良箇所は多いですが、一応近鉄上本町駅との乗り換え駅として重要なポジションの駅なので、今回の美装化工事は大歓迎です。願わくば、、難しいとは思いますが、近鉄との乗り換え通路にムービングウォークを設置して乗り換えを楽にしてもらえるとありがたいのですが、これはまず無理だと思います。
[ 2017/06/09 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)