阪神本線ー甲子園駅リニューアル工事の状況 17.03(ホーム・大屋根編)

th_IMG_0512_20170326142233a07.jpg

阪神本線ー甲子園駅ですが、駅の老朽化が進みバリアフリーの観点からも問題があった為、駅の大規模リニューアルが行われています。リニューアルされる甲子園駅は、上下ホームを野球ボールの「白球」をイメージした大屋根で覆われます。












th_IMG_0519_20170326142232a22.jpg


改良工事後の甲子園駅の構内図です。
















th_IMG_0523_201703261422288a6.jpg




甲子園駅リニューアル工事のレポート2回目の今回は、ホームと大屋根の様子をご紹介して行きます。前回から約1年3ヶ月ほど経過している為、ホーム上の様子が一変しており驚きました!以前あった既設のボロボロの上屋や年季の入ったホーム床はすっかり姿を消し白球をイメージした大屋根がかけられた広々とした空間が広がる、拡幅されたホーム上は、まるで別の駅の様子です。














th_IMG_0504_2017032614223038c.jpg




大屋根の下意外の部分もまるで新設の駅の様に新しくなりました。





















th_IMG_0509_20170326142230591.jpg

上屋、案内サインなどの様子です。




















th_IMG_0518_20170326142249606.jpg


発車標の様子です。フルカラーLEDの5段表示となっています。
























th_IMG_0646_2017032614224788f.jpg


拡幅されたホームの様子です。ホームの床材はアスファルト舗装となっています。





















th_IMG_0642_2017032614224608c.jpg



梅田方面行き、1,2番乗り場側から甲子園球場側を見た様子です。























th_IMG_0644_20170326142245b68.jpg


甲子園駅の駅名票です。


















th_IMG_0501_2017032614235581d.jpg


こちらは神戸三ノ宮方面の様子です。今回の改良工事により神戸側に目測ですが約2両分ほどホームが延伸されました。将来的に阪神なんば線直通の快速急行の8両化を実施し、尼崎駅での増解結作業を無くし到達時間の短縮を図る為の布石と思われます。





















th_IMG_0507_20170326142244b1f.jpg



こちらは、降車専用ホーム側、4号線を見通した様子です。






















th_IMG_0511_2017032614235858b.jpg


降車専用ホームの臨時改札口付近の様子です。

















th_IMG_0535_2017032614235681f.jpg


梅田側から4号線を見通した様子です。奥には保存された大木が見えています。









































th_IMG_0668_20170326142354ae2.jpg
 



撮影ポイントを変えて、大阪方面行き1号線の軌道の様子です。今回はリニューアル工事とはいうものの、構造物を段階的に根本的に作り変える大工事となっており、根本から駅を作り替えた様な感じです。




















th_IMG_0532_201703261423524dd.jpg


そんな甲子園駅のリニューアル工事ですが、1.2番乗り場の大阪側のホームの一部が仮設の状態となっています。



















th_IMG_0649_20170326142409929.jpg


先ほどの仮設箇所の様子です。古い床材がまだ残っています。ただ、この部分のリニューアルが行われるのも時間の問題です。















th_IMG_0665_20170326142408224.jpg



いよいよ完成間近となった甲子園駅リニューアル工事。工事はほぼ完成状態になり、野球の聖地として特別な存在である阪神甲子園球場の玄関口として相応しい体裁が整いました。残るは1.2番ホームの大阪側など細部の残工事、駅周辺の地上部の仕上げです。
[ 2017/03/29 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(4)

阪神本線ー甲子園駅リニューアル工事の状況 17.03(駅舎、改札内コンコース編)

th_IMG_8557.jpg


阪神本線ー甲子園駅ですが、駅の老朽化が進みバリアフリーの観点からも問題があった為、駅の大規模リニューアルが行われています。
リニューアルされる甲子園駅は、上下ホームを野球ボールの「白球」をイメージした大屋根で覆われます。








th_IMG_0589_20170326133012123.jpg


前回の撮影が2016年01月頃だったので、約1年3ヶ月振りの取材です。













th_IMG_0577_20170326133010941.jpg


今回は西口、東口それぞれの様子、ホーム、大屋根など撮影箇所が多く撮影枚数も莫大だったので例によって2回に分けてご紹介して行きます。1回目の今回は駅舎・改札内コンコース編。西口、東口の様子をレポートします。












th_IMG_0581_2017032613300991e.jpg



まずは西口の様子からです。こちらの階段はホームレベルにある臨時改札と直結している降車専用階段です。普段はこの様に封鎖されていますが、甲子園球場で大きなイベンドが開催される際など、大量の旅客を一気に捌く為に用意されています。














th_IMG_0584_20170326133008025.jpg


西口は臨時階段の左側にある、同駅のメインとなる改札口です。















th_IMG_0594_201703261330066d5.jpg


改札口付近の様子です。ズラリと並んだ自動改札機が壮観です。今回取材すると、自動改札機付近の天井に液晶モニタタイプの発車標が増設されていました。

















th_IMG_0599_201703261330290d9.jpg



西口改札口をラッチ内から見た様子です。















th_IMG_0595_20170326133027617.jpg



今回驚いたのが東口改札のこの部分です。
















th_IMG_0607_20170326133023a0a.jpg


元々あった巨木は今回の工事でも伐採される事なく保存されており、木を取り囲む様にガラススクリーンが設置されました。
















th_IMG_0602_201703261330237f6.jpg



ガラススクリーンを横から見た様子です。
















th_IMG_0604_20170326133021a7f.jpg



巨木の様子です。駅の巨木と言えば、京阪萱島駅の「大クスノキ」が有名ですが、甲子園駅の巨木も大切にされています。
















th_IMG_0611_201703261333394fd.jpg


撮影ポイントを変えて、西口改札内を見通した様子です。

















th_IMG_0613_201703261333408f3.jpg


巨木の右側壁面に設置されたデジタルサイネージの様子です。



















th_IMG_0609_20170326133342756.jpg



各ホームに繋がる通路の様子です。
















th_IMG_0616_20170326133343cd0.jpg


先ほどの反対側、神戸側の通路の様子です。


















th_IMG_0573_2017032613374921e.jpg



つづいては、東口側の様子をみて行きましょう!
















th_IMG_0575_20170326133751610.jpg



東口の自動改札機も9通路が用意されています。(さらにタクシー乗り場側に2通路あります)















th_IMG_0556_20170326133752d39.jpg



ズラリと並んだ自動改札機の様子です。工事が先行していた西口と同じテイストで纏められています。















th_IMG_0565_201703261337538d3.jpg



こちらも天井が高く広々としています。また、降車専用ホームから続く、降車専用階段も見て取れますね。















th_IMG_0560_2017032613375409d.jpg


改札内コンコースの様子です、















th_IMG_0544_2017032613380664f.jpg


イベント開催時に使用される降車専用階段付近の様子です。















th_IMG_0546_20170326133806ead.jpg


臨時階段の隣にはタクシー乗り場側に2通路の出口があります。














th_IMG_0548_201703261338081da.jpg


各ホームに続く通路の様子です。















th_IMG_0538_20170326133804c5e.jpg



通路側から、東口出口を見た様子です。













th_IMG_0561_20170326133809668.jpg


最後は床面に貼り付けられている案内サインの様子です。野球のボールに、乗り場案内が記載されていました!
[ 2017/03/28 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

近鉄奈良線-連続立体交差事業 -若江岩田駅 17.03〜残工事が進捗し新しい改札口の共用が始まる!(上り線ホーム編)

th_IMG_1261_201703222315311e9.jpg



近鉄奈良線連続立体交差事業
は、近鉄奈良線の若江岩田駅から東花園駅付近の約3.3kmにおいて鉄道を高架化することにより9箇所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る、鉄道路線の高架化工事です。2010年5月30日より、奈良行き(下り線)の高架化工事が完成し、現在は難波行き(上り線)の高架化工事が行われてきましたが、2014年9月21日の始発から上り高架線の共用が始まり、高架線への切り替えが実現しました。その後も若江岩田駅では旧線を撤去し、その跡地に上り線ホームの拡幅と新しいコンコース、改札口の建設工事が続けられ、2017年02月15日から新改札口の共用が始まりました。









th_IMG_1310_201703222315290d4.jpg


若江岩田駅レポート2回目は新装成った上り線ホームの様子を見てゆきます。基本的なレイアウト、デザインは先に完成した下り線ホームと同様ですが、夜に見比べて見ると、照明器具がLED化されている為ホーム上の色合いが随分と異なった印象です。













th_IMG_1308_20170322231531466.jpg



ホームの床面はアスファルト舗装となっています。















th_IMG_1265_2017032223153407e.jpg

改札階に繋がるエスカレーター、階段の様子です。

















th_IMG_1263_2017032223153327c.jpg


反対側から見た様子です。ホーム中央部分はホーム幅も十分あり、仮設状態だった以前とは雲泥の差があります。















th_IMG_1306_201703222315478e2.jpg

発車標の様子です。LCD方式で近鉄の標準的な仕様のモノです。このLCDタイプの発車標の導入初期は「日中反射して見づらい」などネガティブな印象を持っていましたが、路線記号、駅ナンバリング、マルチリンガル対応など液晶モニタでしか成し得ない表示が出来るメリットが大きくなり、最近では「液晶タイプ」の方が良い気がしています。









th_IMG_1317_20170322231546afa.jpg


改札階とホームを結ぶエレーベーターの様子です。











th_IMG_1304.jpg


そういえば、ホーム上の待合ベンチが従来のレール方向から枕木方向に変更されていました。転落事故防止策として、すっかり定着してきた印象です。











th_IMG_1210_20170322231543cd3.jpg


こちらは先日まで使われていた仮設階段・通路付近の様子です。封鎖され残工事が行われています。












th_IMG_1319_201703222315483c8.jpg


上り線ホームの一番東側はまだ仮設状態で非常に狭くなっていました。
[ 2017/03/27 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

近鉄奈良線-連続立体交差事業 -若江岩田駅 17.03〜残工事が進捗し新しい改札口の共用が始まる!(改札階コンコース編)

th_IMG_1259_20170322225035061.jpg

近鉄奈良線連続立体交差事業
は、近鉄奈良線の若江岩田駅から東花園駅付近の約3.3kmにおいて鉄道を高架化することにより9箇所の踏切を除却し、都市内交通の円滑化を図るとともに、分断された市街地の一体化により都市の活性化を図る、鉄道路線の高架化工事です。2010年5月30日より、奈良行き(下り線)の高架化工事が完成し、現在は難波行き(上り線)の高架化工事が行われてきましたが、2014年9月21日の始発から上り高架線の共用が始まり、高架線への切り替えが実現しました。その後も若江岩田駅では旧線を撤去し、その跡地に上り線ホームの拡幅と新しいコンコース、改札口の建設工事が続けられ、2017年02月15日から新改札口の共用が始まりました。











th_IMG_1281_20170322225037f89.jpg


今回は新装成った若江岩田駅の様子をご紹介して行きます。撮影枚数が多いので2回に分けてアップします。まずは改札階コンコース編。こちらが新たに共用が始まった若江岩田駅の南口の様子です。突き当りにはシャッターがありますが、ここは、さらに工事が進んだ後に北口になる部分です。












th_IMG_1283_20170322225038bee.jpg


券売機付近の様子です。最近の近鉄の案内サインは内照灯を省略した簡素なタイプが主流になりつつあります。これも経営合理化の一環でしょうか。












th_IMG_1285_20170322225039b60.jpg


自動券売機の設置台数は3台。これは近鉄に限った事ではありませんが、ICカードの普及により各駅ともに設置台数は大幅に減っています。













th_IMG_1289_2017032222504181a.jpg


改札外コンコースから、北出口駅前広場側を見た様子です。












th_IMG_1291.jpg


改札口側を見通した様子です。金属とガラスを上手く組み合わせた中々良いデザインに仕上がっています。どことなくですが、ハルカスのお膝元、阿倍野橋駅に似ているように感じました。












th_IMG_1297_20170322225052356.jpg



自動改札機は4通路。













th_IMG_1269_20170322225053f0e.jpg


改札内コンコースの様子です。最新の高架駅らしく天井が高く、とても広々としています。












th_IMG_1277.jpg


ホーム階に繋がる階段の様子です。こちらは難波方面がまだ工事中で封鎖されていました。














th_IMG_1274_20170322225055846.jpg


階段の左側にあるトイレと下り(奈良方面)ホームに繋がるEV付近の様子です。













th_IMG_1279_20170322225130a01.jpg


振り返って改札内コンコースの奥側から改札口側を見た様子です。写真左のエスカレーター、階段は上り線(難波方面)ホームに繋がっています。
[ 2017/03/26 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

大阪駅の6番のりばに設置されたホームドア・ユニットが設置される。ユニットの輸送はOSAKA POWER LOOPラッピングの103系が担当。

th_IMG_1343_20170319221949b19.jpg



JR西日本は、2016年6月15日のニュースリリースで、大阪駅の6,7番のりばに「可動式ホーム柵」を設置すると発表しました。ホーム柵は高槻駅に導入された「昇降式」ではなく、北新地駅や京橋駅に導入された「ノーマルタイプの可動式ホーム柵」が設置されます。

その大阪駅の6番のりばに大きな動きがありました。かねてより設置の為の準備工事が行われてきましたが、2017316日深夜から17日早朝にかけて(可動式ホーム柵)が設置され様子が一変していました。現時点ではユニットが設置されただけて実稼働はまだ先ですが、いよいよ大阪駅にもホームドアが登場する事が実感できました。





※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!







th_IMG_1322_20170319221947074.jpg


大阪駅の6.7番のりばは、京都方面や西明石方面に向かう普通列車が発着しており、車両扉枚数が4枚に統一されているため、扉の位置が固定されたタイプの可動式ホーム柵を設置されることになりました。ホームからの転落を防ぐという意味では、ホーム柵の効果は非常に大きく、同社では設置しているホームでは線路への転落件数が0件になっております。JR西日本では北新地駅や高槻駅、北陸新幹線各駅など11駅に設置されています。















th_IMG_0605_2017031922373271f.jpg


ちなみにこのホームドアユニットですが、2017
316日深夜から17日早朝にかけて大阪駅6番乗り場の ホーム柵 輸送と設置工事が行われました。また、ホームドア・ユニットの輸送はOSAKA POWER LOOPラッピングの103LA03編成が使用され、当日は女性専用車を抜いた7両編成に減車された状態で輸送されました。














th_IMG_1350_201703192219457a5.jpg


それでは、大阪駅6番のりばに設置された、ホームドアユニットを見て行きましょう。基本的に先に導入されたJR京橋駅、学研都市線ホームのモノと同様のタイプとなっています。












th_IMG_1325_20170319221945ca5.jpg


停車中の207系とホームドアユニットの様子です。












th_IMG_1337_2017031922194389d.jpg


ユニットに掲示されているピクトグラムの様子です。













th_IMG_1324.jpg



仮設状態ですが、車両の連結部には転落防止の簡易柵が取り付けられていました。











th_IMG_1340.jpg


ホームドアユニットを真横から見た様子です。こうやって見ると、可動部分は思いの外薄い印象です。














th_IMG_1332_201703192220016fd.jpg


縦アングルで見た6番のりばのホームドアと大阪駅橋上駅舎の様子です。












th_IMG_1358_2017031922200156e.jpg


撮影ポイントを変えて、対面側の7番のりばの側から見た様子です。












th_IMG_1367_20170319222004fe8.jpg


反対側の様子です。













th_IMG_1360_2017031923034484a.jpg


ホームドアの設置箇所のアップです。












th_IMG_1352_20170319222435746.jpg


ちなみにこの7番乗り場もホームドアの設置準備工事が進んでおり、近々ユニットが設置されると思います。












th_IMG_1381_20170319222438666.jpg


さらに撮影ポイントを変えて、橋上駅舎から見たホームドアの様子です。












th_IMG_1385.jpg


ついに大阪駅に設置されたホームドアユニット。ドーム屋根下の眺めもこれから更に変わって行く事になります。
[ 2017/03/20 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

阪神1000系電車(車内編)

th_IMG_0883_201703191006248ca.jpg


阪神1000系電車は、阪神電気鉄道急行系の通勤形電車です。2009320日に開始した阪神なんば線の西九条駅 - 大阪難波駅間の延伸に伴う阪神と近鉄との相互直通運転に先駆けて、近鉄線内への乗り入れにも対応した急行系車両として2006年から製造が開始され、2007105日より営業運転を開始しました。「赤胴車」の愛称がある急行系車両ですが、阪神なんば線・近鉄難波線・奈良線では普通としても運用されています。


阪神1000系は、先に登場した9000系および9300系をベースとしながらも、「ヨソイキ・モード」と名付けたデザインテーマのもと、阪神なんば線や近鉄奈良線といった新たな沿線において阪神の顔となる車両として、または「ちょっと乗ってみたくなる車両」として親しまれることを願って、従来車のイメージを受け継ぎつつ、車内・外のデザインを一新して登場しました。













th_IMG_0995_201703190959096ed.jpg



阪神1000系のレポート2回目の今回は、車内インテリアを中心にご紹介して行きたいと思います。














th_IMG_0998_201703190959083ad.jpg

シートはカンチレバーの片持ち式ではなく、台座のあるタイプとなっており意外な感じです。阪神8000系「タイプIV」以来阪神車の標準となっているバケットタイプのロングシートで、一般席のモケットの表地は、従来阪神車に見られる、えんじや金茶色といった暖色系ではなく、ドア部分のオレンジに対比して目を和ませる色となるオリーブグリーンなっています。











th_IMG_1013_20170319095906967.jpg


正面から見た様子です。2面構成の側面窓は大きく開放感があります。最近の車大奥の車両に見られるシート中間部のスタンションポールは未設置です。













th_IMG_1027_20170319095906001.jpg


シートのモケットは織り上げる際にグリーン系の糸と紫系の糸を織り合わせることでオリーブグリーンを発色、仕上がりは光の当たり具合や面によって発色が微妙に異なるようになっています。また、乗客着席時の掛け心地に配慮して袖仕切りの内張りにもモケットを張ってあります。










th_IMG_1009_20170319095904ced.jpg


袖仕切りの様子です。最近の車両に見られる大型タイプではない、肘掛け型となっており、袖仕切り上部にスタンションポール取り付けられています。スタンションポールの上部を車体の中央方向へ大きく膨らませることによって、立客と着席客の間合いを大きくとるとともに立客に与える視覚上の圧迫感の軽減に努めています。












th_IMG_1018_20170319100353008.jpg

仕切りは白色の木目調となっています。













th_IMG_1005_20170319100354e5d.jpg

乗降ドアー付近の様子です。こちもドア付近の床面の警戒色は未配置となっています。













th_IMG_0882_201703191003552b1.jpg


車内情報案内装置は3色LEDが乗降ドアーの上部に千鳥配置で設置されています。












th_IMG_1003_2017031910035795a.jpg


LED情報案内装置の反対側のドアー上部には、特大サイズの路線図が。山陽姫路から三宮、尼崎、大阪難波、近鉄奈良まで、1府2県に及ぶルートを持つ、阪神電車の現在のカバーエリアの広大さを端的に示しています。












th_IMG_0892_20170319100358c58.jpg


優先座席付近の様子です。モケットの色がグレー調となっています。













th_IMG_1015_20170319100546bee.jpg


運転席側の妻面の様子です。












th_IMG_1034_2017031910054893b.jpg


連結部側の妻面の様子です。












th_IMG_0888_20170319100551b5f.jpg


天井付近の様子です。












th_IMG_1030_201703191005499bf.jpg


難燃基準の強化から従来のポリカーボネート製のグローブが使用出来なくなった為、蛍光灯グローブは省略されています。













th_IMG_1006_2017031910055226b.jpg


最後はもう一度、阪神1000系の車内を見通した様子です。阪神なんば線の近鉄乗り入れに合わせて大量増備された同車ですが、斬新な外観と異なり、内装は非常にコンサバ系な造りで「10年前の最新型」といった印象です。最近のトレンドである液晶モニタ(LCD)が未設置なのが若干寂しいですが、車内の快適性な乗り心地は中々のレベルだと思いました。
[ 2017/03/20 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(1)

阪神1000系電車(外観編)

th_IMG_0921_20170319010454667.jpg

阪神1000系電車は、阪神電気鉄道急行系の通勤形電車です。2009320日に開始した阪神なんば線の西九条駅 - 大阪難波駅間の延伸に伴う阪神と近鉄との相互直通運転に先駆けて、近鉄線内への乗り入れにも対応した急行系車両として2006年から製造が開始され、2007105日より営業運転を開始しました。「赤胴車」の愛称がある急行系車両ですが、阪神なんば線・近鉄難波線・奈良線では普通としても運用されています。












th_IMG_4490.jpg

阪神1000系は、先に登場した9000系および9300系をベースとしながらも、「ヨソイキ・モード」と名付けたデザインテーマのもと、阪神なんば線や近鉄奈良線といった新たな沿線において阪神の顔となる車両として、または「ちょっと乗ってみたくなる車両」として親しまれることを願って、従来車のイメージを受け継ぎつつ、車内・外のデザインを一新して登場しました。









th_IMG_4256_20170319010453f91.jpg


神1000系は、基本編成を6両及び2両の編成とし、車体をステンレス化して無塗装とすることで環境に配慮するとともに、鉄道車両としては先端技術であるレーザー溶接構体を採用して見付及び構体強度の向上を図っています。車体色は「ビバーチェオレンジ」を基調としています。新たな機器としては、モニタ装置、フルカラーLED・白色LED式の行先・種別表示器、シングルアームパンタグラフを採用。バリアフリー関連では、これまでの機器に加え、扉開閉予告灯および誘導鈴を各出入り口上部に設置し、全車両に車いすスペースが設置されています。















th_IMG_1125_20170319010452f49.jpg



これらを必要に応じて併結運用することが可能です。
阪神1000系は、6両編成13本と増結編成である2両編成9本、合わせて96両が在籍しています。阪神電車の総車両数は370両なので、1000系の96両は相当な大所帯と言えます。












th_IMG_1129_20170319010450e2b.jpg


フロント上部の様子です。種別表示、及び行き先表示器は、阪神の車両としては初めてフルカラーLEDが採用されました。











th_IMG_1131_20170319010509447.jpg


下部の様子です。スカートの形状がカッコイイですね。











th_IMG_0900_201703190105071d0.jpg



先頭車両側面の様子です。乗降ドアーがオレンジ色に塗られたカラーパターンが目を引きます。これは今後のホームドア―の普及を見越したカラーリングなのかもしれませんね。










th_IMG_1038_2017031901050502c.jpg


増結車との連結部の様子です。











th_IMG_1035_201703190105055a4.jpg



連結部の様子です。転落防止ホロが取り付けられています。










th_IMG_0991_2017031901050345a.jpg


側面窓の様子です。











th_IMG_1011_2017031901062521b.jpg


側面のフルカラーLEDタイプの種別・行き先表示器の様子です。











th_IMG_1222_20170319010623335.jpg



近鉄奈良線ー若江岩田駅に停車中の阪神1000系の様です。側面のカラーリングが今なお斬新に見えます。











th_IMG_1220_20170319010622f0f.jpg


阪神1000系の外観の特徴の1つにシングルアーム式のパンタグラフが採用されています。










th_IMG_1252_201703190106210df.jpg


夕暮れ時の近鉄奈良線を行く阪神1000系。











th_IMG_1244_20170319010619c39.jpg


最後は若江岩田駅で離合する阪神1000系の様です。同系列は近鉄線内では普通、区間準急、快速急行と多種多様な種別で活躍しています。
[ 2017/03/19 01:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(2)

阪神鳴尾駅の高架化が上下線とも完成!阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅の状況 17.03 (ホーム・軌道編)

th_IMG_0718_201703182253018b7.jpg


阪神電鉄 鳴尾工区連続立体交差事業は、阪神本線の武庫川駅〜甲子園駅の間、1,870mを高架化する連続立体化事業で、2003年3月の都市計画決定後、2009年5月に工事着手し、2011年7月に仮上り線路切替え、2012年10月に仮下り線路切替えが行われました。その後の工事の進捗に伴い、2015年3月14日(土)の始発列車から、甲子園駅~武庫川駅間の下り線(神戸三宮方面行き)が、高架線に切り替えられました。その後さらに工事が進められ、本日2017年03月18日から上り線(大阪梅田・難波方面行き)が高架化され、共用が始まりました!


今回の効果切替えにより、6か所の踏切の除却される事となり、周辺道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性が向上しました。


【過去記事】
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (地上改階) 
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(地上・改札階)
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(ホーム~軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 15.06
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 15.06

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 11.03











th_IMG_0799_2017031821245249a.jpg


【事業内容】
事業箇所:西宮市甲子園浦風町から西宮市小松南町1丁目 
事業区間:甲子園駅~武庫川駅間 約1.87km
高架になる駅:1駅(鳴尾駅)
除去する踏切:6か所
整備する道路:交差道路 9路線(競馬場線、小曽根線など) 側道 5路線(付属街路鳴尾1号線など)
総事業費:約297億円











th_IMG_0828_20170318225300187.jpg


鳴尾駅・上り線高架化完成レポート、2回目の今回はホーム、軌道の様子をご紹介して行きます。













th_IMG_0720.jpg


こちらが高架化された鳴尾駅上り線(梅田方面)行きホームの様子です!先に高架化された下り線と同じく、かなり気合のい入った造りになっています。












th_IMG_0722_20170318225258d6f.jpg
















th_IMG_0758_201703182252564b2.jpg
















th_IMG_0727_2017031822531917e.jpg


待合室付近の様子です。













th_IMG_0730_20170318225318d7c.jpg


待合室内部の様子です。ベンチのデザインが中々いい感じです。鳴尾駅ですが、鳴尾浜の形をモチーフにしたと思われる曲線を使用したデザインが各所に見られます。このベンチからも波のイメージを感じました。













th_IMG_0724_2017031822531711c.jpg


改札階と繋がるエレベーター付近の様子です。













th_IMG_0760_201703182253213c0.jpg


鳴尾駅のう上屋は、超高層ビルの基礎工事に使われる鋼矢板(シートパイル)の様な鋼材に亜鉛メッキを施し湾曲させ波形をイメージさせるデザインとなっています。











th_IMG_0762_20170318225322df6.jpg


ホーム階に繋がる階段付近の様子です。













th_IMG_0734_20170318225444be4.jpg
















th_IMG_0756.jpg


下りホームと同じく、柱の床面はモザイクタイルで装飾されています。LEDのスポット照明が上部に取り付けられているので夜間はライトアップされる様です。













th_IMG_0868_20170318225446f32.jpg


上屋の様子です。照明器具は全てLEDとなっています。













th_IMG_0705_2017031822544847d.jpg


駅名票と待合ベンチの様子です。













th_IMG_0820_20170318225450841.jpg


先に高架化された下りホーム側から見た、上り線ホームの様子です。真新しい消音バラストが新しい高架線である事を物語っています。













th_IMG_0817_20170318225542024.jpg


三宮側の軌道の様子です。写真左が下り線、右が今回高架化された上り線です。













th_IMG_0850_201703182255440dd.jpg


大阪梅田方面の軌道の様子です。














th_IMG_0831_201703182255448b4.jpg



鳴尾駅は曲線上にある為、線路にはカント(傾き)があります。












th_IMG_0842_20170318225546273.jpg


阪神の優等種別の新鋭、1000系が轟音と共に通過して行きました。













th_IMG_0823_201703182255473ab.jpg


上下線共に高架化が完成した鳴尾駅。阪神本線の高架化率は非常に高くなってきており、以前のイメージは一新されつつあります。今回、新しい高架区間含め、じっくりと沿線を眺めてみましたが、以前は工場等だった所にマンションが林立する様になり、見晴らしの良い高架線から近代的な街並みが延々と続く超都会的な路線へと進化を続けている印象を持ちました。
[ 2017/03/18 23:20 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(2)

阪神鳴尾駅の高架化が上下線とも完成!阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅の状況 17.03 (駅舎・コンコース編)

th_IMG_0803_201703182124506b3.jpg

阪神電鉄 鳴尾工区連続立体交差事業は、阪神本線の武庫川駅〜甲子園駅の間、1,870mを高架化する連続立体化事業で、2003年3月の都市計画決定後、2009年5月に工事着手し、2011年7月に仮上り線路切替え、2012年10月に仮下り線路切替えが行われました。その後の工事の進捗に伴い、2015年3月14日(土)の始発列車から、甲子園駅~武庫川駅間の下り線(神戸三宮方面行き)が、高架線に切り替えられました。その後さらに工事が進められ、本日2017年03月18日から上り線(大阪梅田・難波方面行き)が高架化され、共用が始まりました!


今回の効果切替えにより、6か所の踏切の除却される事となり、周辺道路の交通渋滞が緩和されるとともに、列車運行の安全性が向上しました。


【過去記事】
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (地上改階) 
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 16.01 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(地上・改札階)
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 16.01(ホーム~軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 15.06
阪神本線-住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 15.06

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (地上施設)
阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 15.06 (ホーム・軌道)

阪神本線-鳴尾工区連続立体交差事業-鳴尾駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-青木駅 11.03
→阪神電鉄 住吉・芦屋間連続立体交差事業-深江駅 11.03










th_IMG_0799_2017031821245249a.jpg


【事業内容】
事業箇所:西宮市甲子園浦風町から西宮市小松南町1丁目 
事業区間:甲子園駅~武庫川駅間 約1.87km
高架になる駅:1駅(鳴尾駅)
除去する踏切:6か所
整備する道路:交差道路 9路線(競馬場線、小曽根線など) 側道 5路線(付属街路鳴尾1号線など)
総事業費:約297億円












th_IMG_0790_2017031821245369d.jpg


現地の様子です。写真は昨日(2017年03月17日)まで使用されていた従来の上り線(三宮側)の様子です。高架線に切り替えられたばかりなので、レールはまだピカピカしています。












th_IMG_0793_20170318212454df6.jpg


同じく、役割を終えた上り線地上部(梅田側)の様子です。











th_IMG_0801_2017031821245670d.jpg


こちらは役割を終えた仮設駅舎の元改札口付近の様子です。











th_IMG_0808_20170318212506e9a.jpg


それでは。上下線とも高架化され生まれ変わった、新しい鳴尾駅を見てゆきましょう!まずは改札口前にある券売機の様子です。











th_IMG_0810_20170318212508f06.jpg


改札口付近の様子です。日中は普通が10分ヘッドで発着する小駅ですが、近くに武庫川女子大学が立地しており、通学ラッシュに対応する為、7通路が確保されています。











th_IMG_0777_201703182125090dd.jpg


ラッチ内から見た自動販売機付近の様子です。











th_IMG_0780_20170318212510c1b.jpg


さらに、改札口の右手(南側)には学生専用出口が設けられていました。











th_IMG_0782_2017031821251128b.jpg


そして気になったのが、この男子キャラ。改札内コンコースの3箇所に彼は潜んでいました。











th_IMG_0785_20170318212649f42.jpg


カメラの向きを変えて、改札内コンコースを見通した様子です。メッチャ広々としています!











th_IMG_0787_20170318212651aba.jpg



ホームに繋がる階段付近の様子です。この階段は途中(M2階)で左右に別れ、上り、下り各ホームに繋がっています。













th_IMG_0771_20170318212651279.jpg


先ほどの階段を超えると更広々した空間が用意されていました。一番奥はトイレ。左右に階段と上り方向のエスカレーターと











th_IMG_0766_20170318212653bbe.jpg


振り返って改札口側を見た様子です。











th_IMG_0764_20170318212655342.jpg


階段を少し上り、改札内コンコースを見下ろした様子です。











th_IMG_0768_20170318212730723.jpg



それでは。ホームに向かう上りエスカレーター側面に描かれた彼にアテンドして頂き(笑)ホームに行ってみましょう!

to be continued...

[ 2017/03/18 21:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(5)

京阪電車が大津線車両のカラーデザインを変更すると発表!

th_001_201703140019159cb.jpg

京阪電車は2017年03月13日付のニュースリリースで、「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」のブランドイメージを統一 する為、大津線車両のカラーデザインを変更すると発表しました。カラーデザインには、京阪線一般車両と同様のものを採用。成長・発展・若々しさといった京阪 電車の企業カラーを象徴する伝統色「緑色」に白色を織り交ぜることで、現代的感覚をプラスした カラーデザインとなります。現在大津線には、若草色(ライト・グリーン)と青緑色(ダーク・グリーン) のツートンカラーの600形、700形と、びわ湖の水面をイメージしたパステルブルーと日本の 伝統色である灰白、刈安(イエロー)の3色を用いた800系がありますが、今回の変更により、 京阪線と大津線の車両イメージが統一されることになります。










th_004_2017031400192052f.jpg  


◆路線識別マークの導入 
800系(京津線)と600形、700形(石山坂本線)が同じ配色となるため、本年6月よ り路線識別マークが設定され、両路線を識別しやすくします。


・京津線 コンセプト:山を越えて東西へ 山を越えて東西に走る路線を抽象化したデザイン。 山をイメージした三角形の下の破線は、 京津線を走る4両編成の車両を抽象化し、 色は、自然豊かな沿線の緑を感じる色としました。

・石山坂本線 コンセプト:湖のほとりを南北へ 湖のほとりを南北に走る路線を抽象化したデザイン。 びわ湖をイメージした三角形の左の破線は、 石山坂本線を走る2両編成の車両を抽象化し、 色は、沿線に点在する歴史的な寺社仏閣の歴史を 感じる色としました。











th_IMG_3749.jpg


浜大津駅に進入する800系の様子です。この車両は新塗装化されても違和感が無さそうですね、










th_IMG_3801.jpg


おまけ:かなり前の写真ですが、けいおん!ラッピング電車の様子です。撮影が2011年なので、既に6年も経っているんですね。何だか時の流れを感じてしまいました。





[ 2017/03/14 00:30 ] 鉄道 | TB(0) | CM(3)