森永製菓:塚口工場跡の大規模再開発、ZUTTOCITY(ズットシティ)の状況14.12

th_IMG_9798_20141226223118331.jpg


ZUTTOCITY(ズットシティ)は、兵庫県尼崎市にあった、森永製菓の塚口工場の跡地で計画されている大規模再開発計画敷地面積は約8.5万平方メートルです。森永製菓の塚口工場は ソフトキャンディー「ハイチュウ」などを製造していましたが、操業開始から90年が計画し設備が老朽化していた為、群馬県高崎市の新工場に生産が移管されました。



【公式HP】
ZUTTOCITY 関西最大級・JR駅前再開発プロジェクト



※かなり以前に読者の方からリクエストを頂いておりましたが、ようやく取材する事が出来ました。おまたせしました!








th_IMG_9801.jpg


現地の様子です。旧工場の建物は既に無くなっており、JR塚口駅前には約8.5haの広大な空き地が広がっていました。










th_001_20141226225603226.jpg 

ZUTTOCITY(ズットシティ)の公式HPからお借りした全体計画図です。駅前ロータリー商業施設、シンボル緑地などが整備される計画で、まず敷地南西にプラウドシティのシリーズ名でRC造、地上15階247戸 (他に管理事務室1戸)の分譲マンションが建設されます。


















th_IMG_9804.jpg


現地の様子です。既にマンションの建設工事が始まっていました。














th_IMG_9807.jpg



近くで見た様子です。写真左側には新たに駅ビルが建設される予定ですが、このマンションの完成時にはまだ出来上がっていないと思います。













th_IMG_9813.jpg


ZUTTOCITY(ズットシティ)の最寄り駅となるJR塚口駅の様子です。駅前再開発が進めば、この駅舎も大幅に改良されるかもしれませんね。













th_IMG_9811.jpg



最後は、南東側から敷地全体を見た様子です。JR塚口駅前で開発が始まったZUTTOCITY(ズットシティ)。敷地面積約8.5haは関西圏のJR駅前としては現在の所、最大級のマンション開発計画なので、これから話題を集めそうですね。

[ 2015/01/05 00:00 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(1)

ローレルタワー尼崎 10.11



ローレルタワー尼崎
は阪神尼崎駅前に建設されているタワーマンションです。前回の取材は7月なので約4ヶ月ぶりの来訪です。外観は完成しており防護ネットも無くなっていました。

【過去記事】
→ローレルタワー尼崎 10.07
→ローレルタワー尼崎 10.03
→ローレルタワー尼崎 09.12
■追跡取材リスト






P1120944.jpg

【スペック】
名称  :ローレルタワー尼崎
階数  :地上29階、地下1階
高さ  :99m
戸数  :207戸(非分譲住戸25戸含む)
敷地面積:2,956.76m2
建築面積:2,058.50m2
延床面積:29,967.40m2






P1120941.jpg

南口にあるロータリーには雨よけの為にテント屋根が取り付けられていました。







【おまけ】

P1120937.jpg



【さきタワー・サンクタス尼崎駅前】
階数  :地上29階・塔屋2階・地下1階
高さ  :102.8m
戸数  :228戸
敷地面積:3,093.76m2
建築面積:2,471.84m2
延床面積:33,017.87m2

ローレルタワー尼崎の向いに経つさきタワー・サンクタス尼崎駅前の様子です。この2棟、高さ、外観共にかなり似ていると思います。






[ 2010/12/20 00:00 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(0)

あまがさき緑遊新都心


あまがさき緑遊新都心は、JR尼崎駅の北側に広がる約22.8ヘクタールを対象に、UR都市機構や尼崎市が計画している大規模土地区画整理事業です。JR尼崎駅近くの区画には大規模商業施設「COCOEあまがさき」や高層マンションが林立しています。今回はこれから整備が行われる西側の区画をご紹介します。

【過去記事】
→COCOEあまがさき 10.01
→COCOE(ココエ)
■追跡取材リスト







あまがさき緑遊新都心のロケーションです。地図上にある関西国際大学の右側の区画がこれから開発される区画です。

【スペック】
名称:あまがさき緑遊新都心土地区画整理事業
施行者:独立行政法人都市再生機構(旧都市基盤整備公団)
事業期間:平成12年度から平成21年度
施行面積:約22.8ヘクタール
事業費:約230億円
計画人口:居住人口約3,300人、就業人口約8,000人








尼崎駅からCOCOEをへて続くペデストリアンデッキは、幹線道路を超える「長洲久々知線横断歩道架橋」まで繋がっています。この歩道橋、前回訪れた時は行き止まりになっていましたが、現在は完成し通り抜け出来るようになっています。









開かずの踏切を解消する為にJR神戸、宝塚線を潜るアンダーパス「長洲久々知線立体交差」。すでに出来上がっている様に見えますが開通はしていませんでした。








西側に広がる開発用地。周辺の区画整理が進んでおり、今後、地権者と具体的な開発計画を詰めて行く段階の様です。おそらくマンション中心の開発になると思います。このあまがさき緑遊新都心にはランドマーク的な超高層ビルが不在なので、高層ビルファンとしては高さ150mクラスのツインタワーマンション位は建って欲しいと思います。。。






最後は尼崎駅への進入を待つJR神戸、宝塚線電車。信号待ちで結構な時間停車していました。
[ 2010/09/29 00:40 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(4)

ローレルタワー尼崎 10.07



ローレルタワー尼崎は阪神尼崎駅前に建設されているタワーマンションです。前回の取材は3月なので約4ヶ月ぶりの来訪です。すでに最高部まで到達しタワークレーンも降ろされていました。

【過去記事】
→ローレルタワー尼崎 10.03
→ローレルタワー尼崎 09.12
■追跡取材リスト






        

【スペック】
名称  :ローレルタワー尼崎
階数  :地上29階、地下1階
高さ  :99m
戸数  :207戸(非分譲住戸25戸含む)
敷地面積:2,956.76m2
建築面積:2,058.50m2
延床面積:29,967.40m2




        

阪神尼崎駅前周辺ですが、このローレルタワー尼崎を含めて4棟の高層ビルが立ち並んでいます。
[ 2010/07/23 00:00 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(0)

フェスタ立花


フェスタ立花はJR立花駅前に建設された2棟のタワーマンションを中心とする複合施設で2000年に完成しました。







【スペック】
名称:フェスタ立花南館イースト
階数:地上27階、地下1階
高さ:97m
戸数:304戸
敷地面積:11,926? ※施設全体
延床面積:81,360? ※施設全体



【スペック】
名称:フェスタ立花南館ウエスト
階数:地上27階、地下1階
高さ:97m
戸数:359戸
敷地面積:11,926? ※施設全体
延床面積:81,360? ※施設全体




        

駅前ロータリーの様子です。JR立花駅は普通のみ停車する駅ですが一日の乗降客数が54,130人と多く、各駅停車のみ停車するJR西日本の駅の中では最多、全駅中29位となっています。
[ 2010/04/24 00:00 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(5)

ローレルタワー尼崎 10.03


「ローレルタワー尼崎」は阪神尼崎駅前に建設中のタワーマンションです。かなり高くなってきました。

【過去記事】
→ローレルタワー尼崎 09.12
■追跡取材リスト



        

【スペック】
名称  :ローレルタワー尼崎
階数  :地上29階、地下1階
高さ  :99m
戸数  :207戸(非分譲住戸25戸含む)
敷地面積:2,956.76m2
建築面積:2,058.50m2
延床面積:29,967.40m2






        

駅前ロータリーに隣接しており、本当に駅の目の前の立地です。





        

駅前には、こんなテント屋根が作られていました。
[ 2010/04/06 00:00 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(0)

甲子園球場リニューアル工事


2007年のシーズン終了後より3期に分けてリニューアル工事が行われて来た阪神甲子園球場ですが、ついにリニューアル工事が完成しました!今回のリニューアル工事のコンセプトは、歴史と伝統を継承しながら施設の安全性や快適性を高めることです。外野席に無料で入れて甲子園の雰囲気が味わえる「センバツ」の時期を見計らって取材に行きました。


【工事概要】
1 観客席のリニューアル
2 銀傘の再生とスイート席(仮称)の新設
3 内野・アルプス・外野の内部リニューアルと耐震改修
4 外壁耐震補強と外装のリニューアル
5 周辺環境の整備(開発工事)
■追跡取材リスト
        

おおお!外壁がレンガになっていて、どこかアメリカの球場を思わせる雰囲気です。




        

照明塔も新しくなりました。






        

外野の方に回ってみます。





        

そうそう、甲子園と言えば球場を覆うツタ。今回のリニューアル工事に伴い、いったんツタは取り払われましたが、ツタの苗木を全国の高校が持ち帰り、育て、リニューアルが完成した甲子園に再び持ち寄り植える、と言う粋な取り組みが行われました。これが、そのツタです。まだ小さいので球場を覆うまで成長するには相当時間がかかりそうです。






        

球場MAPです。この辺りから外野スタンドに入ってみました。





        

うおお!やっぱり広い!





        

ホームベース側のアップです。





        

外野の座席です。見違える様にキレイになりました。この時位からパラパラ降っていた雨が本降りになり一斉に避難が始まりました。。。






        

続いて内野席に移動しました。外野から移動しているわずかの間に雨が止んできました。久々に甲子園に来ましたが、もの凄い迫力です。





        

銀傘の下部に取り付けられた横長のLEDビジョンがいい感じです。このLEDビジョンは「甲子園ライナービジョン」と呼ばれ、高さ約1.2m×左右約250mもあります。





        

銀傘も取り替えられ、一回り大きくなりました。





        

内野席からバックスクリーン方面を見ました。この時位から小雨が上がり急に晴れてきました。





        

おお!まさに甲子園です。(当たり前)





   
        

次の取材地に移動する為、もったいないですが試合を見ずに外に出ました。そこで見かけたのが「高校野球プラカードで記念撮影!」です。入場行進で使用した各校のプラカードを持って記念撮影出来るサービスで無料で撮影出来ます。地元・兵庫県西宮市の市民有志らでつくる「西宮をPRする会」が平成12年から行っているそうで、これは良いサービスだと思いました。






        
リニューアルされた甲子園球場。伝統と機能性を上手く調和させた素晴らしいし仕上がりだと思います。あと、丁度開催されていた高校野球を見ていると「やっぱりドームにしないで良かったなぁ!」と思いました。あとは、最寄り駅の甲子園駅周辺のリニューアルが必要かな。。。
[ 2010/04/02 00:00 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(4)

COCOEあまがさき 10.01


「COCOEあまがさき」はJR尼崎駅前の「あまがさき緑遊新都心」の中核となる複合商業施設で09年10月にオープンした駅前立地型の大型SCです。今回はJR尼崎駅を頭に「COCOEあまがさき」を時計回りで一周して「あまがさき緑遊新都心」の現状をご紹介します。

【過去記事】
→2009年06月06日 COCOE(ココエ)






        
COCOEと尼崎駅の間を通る幹線道路「尼崎駅前1号線」。






        
尼崎フロントビル。






        
良く見ると、窓拭きの方が「レスキュー隊」の如くロープだけで窓を拭かれていました。凄いテクです。






        
どんどん歩いて再開発地区の西端で振り返り、尼崎駅方面を眺めました。






        
幹線道路「長洲久々知線」。JR神戸線を潜る「アンダーバス」の建設も進んでいます。





        
COCOEのある区画から、西側の未開発地へ伸びる(予定)のデッキ。今はご覧の通り通行止めになっています。





        
西側には、まだ広大な土地が広がっています。おそらく数年後にはマンションが林立していると思います。このあたりで、130mクラスのツインタワーマンションでも建ってくれると非常にうれしいのですが・・・






        
さらに進みます。さきほどのデッキを反対を向いて歩くと、2階レベルで延々とペデストリアンデッキが続いていました。COCOEの真裏にこんな空間があるとは・・!






        
尼崎駅側のちょど正反対です。繰り返しますが、ここは地上ではなく人工地盤上です。広場(緑遊広場)が整備され、ウッドチェアなども設置されていました。






        
現地に掲示されていた、COCOE周辺の地図です。写真の広場は地図の「現在位置」付近です。






        
さらにテクテク歩いて1周完了!。未来チックなペデストリアンデッキがいい味出してます。COCOEを中心とした再開発地区ですが、規模が相当大きいので、写真を撮りながら1周するだけで30分位かかりました。






        
東側には既に多数の高層マンションが建設されています。
「あまがさき緑遊新都心」ですが、COCOEのオープンにより一気に体裁が整いました。残りの西側の街区の開発が待たれる所ですが、超高層ビル好きとしては地区のランドマークとなる、100mを大きく超えるタワーマンションが複数棟、「出来て欲しい!」と思います。

[ 2010/02/02 00:03 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(4)

ローレルタワー尼崎 09.12


「ローレルタワー尼崎」は阪神尼崎駅前に建設中のタワーマンションです。写真右奥に見えるのは「さきタワー・サンクタス尼崎駅前」。ひとあし先に完成したタワーマンションです。

【ローレルタワー尼崎】
階数  :地上29階、地下1階
高さ  :99m
戸数  :207戸(非分譲住戸25戸含む)
敷地面積:2,956.76m2
建築面積:2,058.50m2
延床面積:29,967.40m2

【さきタワー・サンクタス尼崎駅前】
階数  :地上29階・塔屋2階・地下1階
高さ  :102.8m
戸数  :228戸
敷地面積:3,093.76m2
建築面積:2,471.84m2
延床面積:33,017.87m2



        
現地に掲示されていた完成予想パース。「さきタワー・サンクタス尼崎駅前」と外観が似ています。






        
近くの開明小学校から見たローレルタワー尼崎。忽然とタワーが出現した様に見えます。その後ろ側には先日ご紹介したルネ・セントラルタワーが顔を出しています。






        
おなじく開明小学校からみた「さきタワー・サンクタス尼崎駅前」。






        
縦アングル。近くで見上げました。






        
2回に渡ってご紹介した「阪神尼崎駅前」。初めて降り立ちましたが、密かに高層化が進んでいました。今後も「阪神なんば線」開通効果がジワジワ効いてきて、これからもタワーマンションが増えそうですね。
[ 2010/01/13 11:34 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(5)

ルネ・セントラルタワー


ルネ・セントラルタワーは阪神尼崎駅前に建設されたタワーマンションです。このタワーマンション、実際に目の当たりにして一発で気に入りました。メチャカッコいい!

階数 :地上36階、塔屋2階、地下1階
高さ :124m
総戸数:357戸


        
阪神尼崎駅からは、大規模な立体遊歩道「スカイウェイ」で直結されています。阪神尼崎駅で下車するのは初めてですが、こんなに大規模相当な人工地盤が構築されていて驚きました。






        
アップで見上げました。超個性的な外観で大迫力です。以前ご紹介したくずはタワーシティと双璧を成す個性派タワーマンションです。





        
ペデストリアンデッキはルネ・セントラルタワーの目の前で左に直角に曲がってさらに続いていました。ちなみにマンション内には入居者専用の天然温泉大浴場「城の湯」(地下1002mより湧出、単純温泉、47.2℃)があるそうです。






        
デッキを歩いて振り変えると谷間感が感じられました。阪神尼崎駅前、こんなに発展してたんやぁ・・・。オドロキです。




        
ペデストリアンデッキはこのホテルニューアルカイックの手前まで続いていました。このホテル、近鉄が住友生命から建物を取得し、?ホテルニューアルカイックから同ホテル事業を譲受、2008年4月より近鉄直営ホテルとなっています。阪神なんば線開通に伴ない、阪神間での知名度向上を図る狙いがあるようです。空の色がすごくキレイに映りましたがマンションの影が入ってしまった・・。


名称  :住友生命ニューアルカイックビル
階数  :地上22階、地下1階
高さ  :100m
延床面積:33,284?
客室  :185室、宴会場16室





        
最後はルネ・セントラルタワーを真横から見ました。見る角度によりドンドン姿が変わる複雑な形でした。



[ 2010/01/12 00:01 ] 兵庫県 尼崎 | TB(0) | CM(4)