ドン・キホーテあべの天王寺駅前店の夜間照明はLED照明によるアニメーション表示が可能。密かに美しくてビックリ!

th_IMG_0146_20170814234527f6c.jpg



2017年04月21日(金)にグランドオープンした商業施設、ドン・キホーテあべの天王寺駅前店ドン・キホーテあべの天王寺駅前店は、関西初となるホテル一体型の店舗で、同ビルの1階~6階に入居しています。取り扱い品目は、食品、酒、日用消耗品、家庭雑貨、化粧品、海外ブランド品、家電製品、衣料品、雑貨、玩具などで、売り場面積は2059㎡。営業時間は24時間。ドン・キホーテあべの天王寺駅前は、社員14人、アルバイトスタッフ約135人、ウエルカムクルー5人(中国語、韓国語に対応)の150人体制で運営されるそうで、「道頓堀店や梅田本店のように大阪の新スポットとして注目される存在を目指し、売り上げ目標は年商25億円としています。


【出展元】
(仮称)ヴィアイン天王寺、(仮称)ヴィアイン梅田 新規出店のお知らせ(平成29年開業予定
2017 年春 ホテルヴィアイン併設店舗 『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』誕生(PDF)

【過去記事】
ドン・キホーテあべの天王寺駅前店が2017年4月21日オープン!ヴィアインあべの天王寺は4月27日にグランドオープン!
ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)とヴィアインあべの天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 17.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.12
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.08
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.07
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.06
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.01
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 15.11
ジェイアール西日本デイリーサービスネットが「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」の2ホテルを 新規出店すると発表!




th_IMG_0148_20170814234530607.jpg


読者の方から「夜間はライトアップしていますよ」との情報を頂いたので、こちらも取材してきました。おおっ。昼間は白色のポリカーボネート樹脂の装飾だった部分がカラフルに発光しているではありませんか!!











th_IMG_0151_2017081423453149f.jpg


近くで見た様子です。内部にLED照明が仕込まれており、単に点灯する、色が変わるだけでなく、簡易的なグラッフィクスを表示し、動かす事も可能な凝った照明です。











th_IMG_0154_20170814234526983.jpg


色々なカラーパターンがあり、めまぐるしく色が変わります。またアニメーション効果もあり見ていて飽きません。











th_IMG_0156_20170814234533862.jpg


全開に明るくなるとこんな感じになります。写真の色が飛んでますね。











th_IMG_0153_201708142345340ad.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前店の夜間照明。LED照明による動きのある照明は想像以上に凝っており驚きました。夜に天王寺・あべのに行く機会があれば、一見の価値ありです。
[ 2017/08/15 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(7)

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 17.06

th_IMG_0002_20170626000147f34.jpg


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。また、尼崎平野線近鉄前交差点~旭町1丁目付近(大阪市立大学医学部付属病院西詰)までの区間の各幅工事も進んでいます。




【過去記事】
阿倍野停留場下り 新ホームの供用開始!・阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 17.04
堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 17.02
堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.12ー2
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.12
使用が開始された新しい天王寺駅前所の様子 16.12
役割を終えた、旧天王寺駅前停留所と旧線の様子 16.12

堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.11 ~新しい天王寺駅前停留所~
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.11
天王寺駅前の東西軸ー尼崎平野線工事の状況 16.11


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10 ~新しい天王寺駅前停留所~


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~軌道の芝生化の準備工事が本格的に始まる!
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~新しい天王寺駅前停留所が姿を現す!

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.08
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.07
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.06
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.05
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.04
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.03
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.01
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.11
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.09
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.07
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.03
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.01
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 14.10
阿倍野筋拡幅工事計画 14.08
阿倍野筋拡幅工事計画 14.07
阿倍野筋拡幅工事計画 14.06
阿倍野筋拡幅工事計画 14.05
阿倍野筋拡幅工事計画 14.04
阿倍野筋拡幅工事計画 14.01
阿倍野筋拡幅工事計画 13.07
阿倍野筋拡幅工事計画 13.04
■追跡取材リスト



※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化











004_201507271231228d7.jpg



工事区間の配置図です。北側は阿倍野歩道橋から阿倍野交差点を超えたあたりまでとなっています。交差点部分はコンクリート製の軌道敷、専用軌道部は芝生による緑化が行われます。
















003_20150727123120411.jpg



工事区間の断面図です。阪堺電車の線路が西側に移設され、架線柱のセンターポール化も行われます。













th_IMG_0006_20170626000145ecf.jpg


現地の様子です。読者の方から旧軌道の撤去工事がかなり進んでいます、との情報を頂いたので早速集材してきました!












th_IMG_0018_20170626000143845.jpg


キューズモール側から阿倍野筋を南を向いて見通したアングルです。写真手前の北行車線の右折レーンの舗装が新しくなっていました。













th_IMG_0036_2017062600014381a.jpg


阪堺線車の新型車両「堺トラム」が滑る様に走って行きました。軌道敷の芝生化と合わせて新しい光景です。












th_IMG_0047_20170626000141cbd.jpg


地上に降りてみた、拡幅部分の様子です。まだ新しいアスファルト舗装が工事の進捗ぶりを伝えています。












th_IMG_0050_20170626000202492.jpg


そしてk,こちこちらが南行き車線の様子です。旧軌道の撤去が進んだ上にアスファルト舗装も新しくされており雰囲気がかなり変わりました。












th_IMG_0054_20170626000158858.jpg


先ほどの反対側の様子です。旧軌道は完全に姿を消しています。












th_IMG_0057_20170626000157abe.jpg


芝生化された軌道敷の様子です。芝生もかなり成長してきており、緑が濃くなってきました。












th_IMG_0072_20170626000156872.jpg

さらに南下してあべのベルタ近くの様子です。こうやって見ると、南行き車線の移設は結構、早いかもしれません。













th_IMG_0091_201706260001547ac.jpg


粛々と拡幅工事が進む阿倍野筋。旧軌道の撤去がほぼほぼ終わり、南行き車道の移設も行われれば、次は東側歩道の拡幅と電線電柱の地中化が行われる事になります。
[ 2017/06/26 00:05 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(2)

ドン・キホーテあべの天王寺駅前店が2017年4月21日オープン!ヴィアインあべの天王寺は4月27日にグランドオープン!

th_IMG_0016_20170422224401c1d.jpg


(仮称)阿倍野店新築工事
は、大阪・天王寺駅西側にあった大手前看護専門学校跡地に建設中の複合ビルで、建築主はドンキホーテホールディングス。低層部の商業施設はドンキホーテが、高層部にはJR西日本系列のビジネスホテル「ヴィアインあべの天王寺」が入居します。



【出展元】
(仮称)ヴィアイン天王寺、(仮称)ヴィアイン梅田 新規出店のお知らせ(平成29年開業予定
2017 年春 ホテルヴィアイン併設店舗 『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』誕生(PDF)


【過去記事】
ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)とヴィアインあべの天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 17.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.12
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.08
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.07
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.06
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.01
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 15.11
ジェイアール西日本デイリーサービスネットが「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」の2ホテルを 新規出店すると発表!











th_IMG_0135_20151114165709b14.jpg



【スペック】
名称:(仮称)阿倍野店新築工事
所在地大阪市阿倍野区旭町一丁目1番2(地名地番)
階数: 地上13階、地下1階
高さ:49.36m
構造S造
杭・基礎 ---
主用途:物品販売業を営む店舗、ホテル
総戸数:---
敷地面積915.89㎡
建築面積749.76㎡
延床面積8,132.97㎡(容積対象面積7,326.41㎡)
建築主:ドンキホーテホールディングス
設計者:ジェイズコーポレーション
施工者:奥村組
着工:2015年10月
竣工:2017年02月(予定)















th_IMG_0019_201704222244028d0.jpg

長らく工事が行われてきた本計画ですが、まず低層部の商業施設「ドン・キホーテあべの天王寺駅前店」が2017年04月21日(金)にグランドオープンしました!ドン・キホーテあべの天王寺駅前店は、関西初となるホテル一体型の店舗で、同ビルの1階~6階に入居しています。取り扱い品目は、食品、酒、日用消耗品、家庭雑貨、化粧品、海外ブランド品、家電製品、衣料品、雑貨、玩具などで、売り場面積は2059㎡。営業時間は24時間。










th_IMG_0021_201704222244038f5.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前は、社員14人、アルバイトスタッフ約135人、ウエルカムクルー5人(中国語、韓国語に対応)の150人体制で運営されるそうで、「道頓堀店や梅田本店のように大阪の新スポットとして注目される存在を目指し、売り上げ目標は年商25億円としています。









th_IMG_0024_20170422224405ece.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前店に少し遅れて、ヴィアインあべの天王寺は2017年4月27日にグランドオープンします。ヴィアインあべの天王寺は、JR西日本グループが運営するホテルで、ビル上層階(7~13階)に全172室の規模となっています。











th_IMG_0027_20170422224407a98.jpg


撮影時点ではドン・キホーテはオープン直前で、外装のロゴマークの取り付け作業が行われていました。













th_IMG_0003_20170422224416202.jpg


いよいよ全館オープンが近づいてきた、(仮称)阿倍野店新築工事。ドン・キホーテの集客力がどの程度あるか?が気になる所です。阿倍野・天王寺エリアの商業エリアを西側に拡大する牽引車になってくれれば、と期待しています。またヴィアインあべの天王寺は立地が良いので普通に繁盛するホテルになると思います。
[ 2017/04/23 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(5)

阿倍野停留場下り 新ホームの供用開始!・阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 17.04

th_IMG_0064_20170416003511304.jpg

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)
は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。また、尼崎平野線近鉄前交差点~旭町1丁目付近(大阪市立大学医学部付属病院西詰)までの区間の各幅工事も進んでいます。




【過去記事】
堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 17.02
堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.12ー2
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.12
使用が開始された新しい天王寺駅前所の様子 16.12
役割を終えた、旧天王寺駅前停留所と旧線の様子 16.12

堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.11 ~新しい天王寺駅前停留所~
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.11
天王寺駅前の東西軸ー尼崎平野線工事の状況 16.11


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10 ~新しい天王寺駅前停留所~


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~軌道の芝生化の準備工事が本格的に始まる!
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~新しい天王寺駅前停留所が姿を現す!

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.08
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.07
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.06
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.05
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.04
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.03
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.01
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.11
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.09
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.07
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.03
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.01
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 14.10
阿倍野筋拡幅工事計画 14.08
阿倍野筋拡幅工事計画 14.07
阿倍野筋拡幅工事計画 14.06
阿倍野筋拡幅工事計画 14.05
阿倍野筋拡幅工事計画 14.04
阿倍野筋拡幅工事計画 14.01
阿倍野筋拡幅工事計画 13.07
阿倍野筋拡幅工事計画 13.04
■追跡取材リスト



※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化














004_201507271231228d7.jpg



工事区間の配置図です。北側は阿倍野歩道橋から阿倍野交差点を超えたあたりまでとなっています。交差点部分はコンクリート製の軌道敷、専用軌道部は芝生による緑化が行われます。
















003_20150727123120411.jpg



工事区間の断面図です。阪堺電車の線路が西側に移設され、架線柱のセンターポール化も行われます。










th_IMG_0108_20170416003523957.jpg


長らく工事が行われてきた、阿倍野停留場の下りですが、2017年4月11日から、新ホームの供用が始まりました!














th_IMG_0066_20170416003509b01.jpg


早速、新ホームの様子を見てゆきましょう。












th_IMG_0090_20170416003508ebf.jpg


新ホームの様子です。シンプル・イズ・ベストといった感じですね。阿倍野停留場は上り、下りのホームが千鳥配置になっています。












th_IMG_0091_20170416003507f7b.jpg


駅名票の様子です。











th_IMG_0097_20170416003505faa.jpg


近接案内表示器の様です。











th_IMG_0115_20170416003527be2.jpg


西側から見た新ホームの様子です。











th_IMG_0095_20170416003525740.jpg


下り新ホームから見た、上りホームの様子です。軌道敷の芝生化も手伝って以前が想像出来ないほどの変わりっぷりです。

























th_IMG_0121-001.jpg


ちなみに軌道敷の芝生化ですが、植えられた芝生は順調に生育しているようで何よりです。これから、もっと緑が濃く成ってゆきます。











th_IMG_0128_20170416003519d4a.jpg


さらに。旧軌道の撤去が急速に進んでいました。写真の新しい舗装部分に車道が拡幅の上、移設され、現在の車道は、歩道の拡幅スペースとして美装化される「玉突き」計画です。














th_IMG_0138_201704160044212af.jpg


阿倍野歩道橋から見た、旧軌道の様子です。今後、車道が移設されたら、阿倍野筋の改良工事も終盤戦に突入といった所でしょうか。









th_IMG_0139_20170416004424d3c.jpg


ズームを効かせて・・・。圧縮効果もありズラリと並んだセンターポールが綺麗ですね。










th_IMG_0040_20170416004422270.jpg
;
阿倍野停留場下り新ホームの使用が始まった、阪堺電気軌道上町線。路麺電車の移設工事はほぼ完了状態となりました。今後は旧軌道の撤去をさらに進め、その跡地に車道を移設するフェーズに突入する事になります。
[ 2017/04/16 01:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(5)

ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)とヴィアインあべの天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 17.03

th_IMG_0349_201703202236366db.jpg


(仮称)阿倍野店新築工事
は、大阪・天王寺駅西側にあった大手前看護専門学校跡地に建設中の複合ビルで、建築主はドンキホーテホールディングス。低層部の商業施設はドンキホーテが、高層部にはJR西日本系列のビジネスホテル「(仮称)ヴィアイン天王寺」が入居します。ドン・キホーテが12月21日に発表したニュースリリースによると、新店舗は『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』で、2017年春にオープンするとの事です。



【出展元】
(仮称)ヴィアイン天王寺、(仮称)ヴィアイン梅田 新規出店のお知らせ(平成29年開業予定
2017 年春 ホテルヴィアイン併設店舗 『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』誕生(PDF)


【過去記事】
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.12
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.08
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.07
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.06
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.01
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 15.11
ジェイアール西日本デイリーサービスネットが「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」の2ホテルを 新規出店すると発表!












th_IMG_0135_20151114165709b14.jpg



【スペック】
名称:(仮称)阿倍野店新築工事
所在地大阪市阿倍野区旭町一丁目1番2(地名地番)
階数: 地上13階、地下1階
高さ:49.36m
構造S造
杭・基礎 ---
主用途:物品販売業を営む店舗、ホテル
総戸数:---
敷地面積915.89㎡
建築面積749.76㎡
延床面積8,132.97㎡(容積対象面積7,326.41㎡)
建築主:ドンキホーテホールディングス
設計者:ジェイズコーポレーション
施工者:奥村組
着工:2015年10月
竣工:2017年02月(予定)












th_IMG_0347_20170320223630590.jpg


高層階にはJR西日本グループのビジネスホテルチェーン・ヴィアインが入居、ホテル名称は「ヴィアインあべの天王寺」、グランドオープンは2017年4月27日に決まりました!

ホテルヴィアインあべの天王寺公式HP









th_IMG_0345_20170320223634f7c.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)の様子です。こちらも外装はほぼ完成していました。オープン日は未定ですが、2017年春頃の予定となっています。求人サイトを確認すると3月中旬頃から研修開始の記述があるのでオープン日は3月下旬〜4月上旬と推測されます。











th_IMG_0336_20170320223632e85.jpg


地上から見た現地の様子です。ドンキの割には、思ったよりもケバケバしさが少ない外観に仕上がっておりホットした気がしました。










th_IMG_0338_20170320223632578.jpg


真正面から見た様子です。










th_IMG_0323_2017032022365046e.jpg


反対側(西側)から見た様子です。










th_IMG_0301_201703202236486e1.jpg


最後はてんしばから見た、(仮称)阿倍野店新築工事とハルカスの様子です。
[ 2017/03/30 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(6)

大人気の「てんしば」に4月下旬、2つの新店舗が誕生!都会のオアシスとして益々にぎわいを増す事に!

th_IMG_0350_2017032021572097a.jpg


開業以来大人気の「てんしば」。昨年のグッドデザイン賞を受賞するなど、その評価はかなり高いです。実際に現地に行くと常に家族連れやグループ、カップルなどが思い思いに芝生広場で寛いでいる姿を見かけます。そんな「てんしば」に今春新しい店舗が2店舗オープンする事になりました。

【過去記事】
天王寺公園エントランスエリア「てんしば」が2016年度グッドデザイン賞ベスト100に選ばれました!
天王寺公園リニューアル工事「てんしば」がオープン!広大な芝生広場は早くも家族連れで大賑わい!
天王寺公園リニューアル工事「てんしば」の建設状況 15.09
天王寺公園リニューアル工事「てんしば」の建設状況 15.07













th_IMG_0307_20170320215718dcf.jpg


現地に掲示されたる園内MAPです。工事中の箇所に新たな店舗がオープンします。












th_IMG_0354_20170320215717578.jpg


計画名称は「てんしば新店舗(H棟)増設計画」。今回の増床では2棟の店舗が建設され、天王寺公園側がH1棟(写真左)、駅側がH2棟(写真右)となります。










th_IMG_0312_20170320215716eb5.jpg



「産直市場 よってって」H1棟(写真右億)
スムージーやソフトクリームなどを提供するカフェのほか、大阪産の野菜や果物などを販売。
席数は13席。営業時間は10時~20時。


業態:売店、カフェ、産直物産店舗
運営会社:株式会社プラス
販売品目:飲料、弁当、お菓子、お土産、産地直送の果物や野菜を使用したスムージー、野菜、果物、加工品
店舗面積:屋内336.96m² 屋外61.6m² 合計398.56m²
販売期間:10年間









th_IMG_0288_20170320215714ae5.jpg


「SORAIRO KITCHN in TENSHIBA PARK」H2

ステーキやバーニャカウダなどの肉・野菜料理を提供。夏はテラス席でバーベキューも楽しめる。
席数は170席(屋外含む)。営業時間は11時~23時。

業態:レストラン・カフェ
運営会社:イコン株式会社

販売品目:ベジパン食べ放題のランチ、テラスでのBBQ(夏季)等
店舗面積:屋内200.07m² 屋外155.17m² 合計355.24m²
販売期間:10年間












th_IMG_0356_20170320215822b90.jpg


さらに、昨年11月には外国人向けのゲストハウス「Kintetsu Friendly Hostel -Osaka Tennoji Park-(近鉄フレンドリーホステル 大阪天王寺公園)」がオープンしました。











th_IMG_0285_20170320215823b7e.jpg


ゲストハウスなどで構成された複合棟は鉄骨造3階建てで延べ床面積は約160坪。インバウンド向け観光拠点として1階に多言語対応の国際案内所、バス待合所も設けられています。四天王寺大学や阪南大学などと連携してインターンシップ学生も受け入れ、フロント業務や観光案内も行っています。












th_IMG_0282_201703202158261c9.jpg


ゲストハウスはベッド数が70台(4人ルーム×10室、7人・8人ルーム各2室)。共用シャワー、共用キッチン、交流スペースが設けられています。システムはベッド単位で予約を受け付け、初めて顔を合わせる人と相部屋となるドミトリー形式。4人ルームは個室としても予約可能です。










th_IMG_0280_20170320215828d20.jpg


料金は、8人ドミトリー=3,500円、4人ドミトリー=3,800円、個室貸し切り利用(定員4人)=1万5,200円。予約はインターネットで受け付けています。

【公式HP】
近鉄フレンドリーホステル















th_IMG_0286_201703202203371d5.jpg


大量の来場者に耐え切れずに一時芝生が消滅した「てんしば」ですが、エリアの半分の芝生を休ませて復活させるなど、なんとか芝生を維持する方向を模索している様でした。












th_IMG_0314_201703202203353a3.jpg


それにしても、てんしばの人気は凄いです。本当に都会のオアシス。出来る事ならもっとJR天王寺駅や近鉄阿倍野橋駅とのアクセス導線を改善して自然に人が流れる、街として一体感のある一工夫があれば・・・と思ってしまいます。










th_IMG_0325_2017032022033703d.jpg



その思いが届いたのか?は定かではありませんが、てんしばに繋がる歩道の改良工事が行われていました。願わくは阿倍野歩道橋と上下方向のエスカレーターでこの歩道と接続してほしい所ですが、ちょっとむずかしいすかね・・?あと、JR天王寺駅から、あべちかに向かう階段にも上下方向のエスカレーターが欲しい所です。














th_IMG_0309_20170320220339279.jpg


人気スポットとして定着しつつある「てんしば」。まだまだ改善すべき点はありますが、天王寺・阿倍野エリアがもっと一体感のある街づくりを行い、てんしば、さらには動物園までひっくるめて1つの街として自然と認識される様になって欲しいと思いました。

[ 2017/03/25 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(11)

「星野リゾート」がJR新今宮駅北側に計画しているリゾートホテルは無謀な計画でも賭けでもない。十分な勝算を持った堅実な計画だった!

th_002_20170312233608c33.jpg


全国で高級旅館などを展開する「星野リゾート」が、JR新今宮駅北側にある大阪市の私有地に進出する事が決まり、大きなニュースとして伝えられました。大阪都心部でもDEEPなエリアとしての印象が強い、あの新今宮駅前に長年放置されてきた広大な空き地に、高級リゾートで知られる「星のリゾート」が進出を決めた、その意外性に強烈なインパクトがあったからです。今回の計画発表を受け早速現地を取材してきましたが、様々な情報と現地の立地条件を考えると、星のリゾートが手を上げた理由が見えてきた気がしました。そして確信しました。星野リゾートの新今宮の新ホテルは成功するであろうと!




【過去記事】
「星野リゾート」が通天閣のJR新今宮駅北側の大阪市の所有地に進出、外国の富裕層などをターゲットにしたリゾートホテルのような高級ホテルを計画!

【出典元】
星のリゾート>大阪市新今宮駅前の都市観光ホテルの開発計画について
→大阪市>浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者の決定について











th_IMG_0765_20170312230557335.jpg

星のリゾートの新ホテルの計画地の現在の様子。環状線の車両は最新型の323系に変わりつつある



読者のスライムさんのコメントにもありましたが、まず今回の計画地の取得金額が約1万4000平米で約18億円、計算すると坪単価約42万!乗降客数が多い駅前一等地のまとまった土地であることを考えると、この値段は破格の安さです。まずこの用地価格の安さが星野リゾートの計画が成功するであろう最大の要因です。
この破格の安さの用地取得によりホテルのイニシャルコストを大幅に下げる事が出来ます。これが成功要因の1です。









th_IMG_0768_20170312230558afa.jpg



続いて、計画地のアクセス性の高さ。新今宮駅周辺のイメージを白紙に戻して考えてみましょう。この「星のリゾートの計画地」の最寄駅に乗り入れる路線は、JR環状線・大和路線(大和路快速)・阪和線(関空紀州路快速、はるか、くろしお)、南海本線(ラピート、空港急行)・高野線地下鉄御堂筋線・堺筋線の7路線!観光客目線で見て、これがいかに凄いかを以下に纏めてみました。



→最大の大動脈である地下鉄御堂筋線で天王寺・難波・心斎橋・梅田・新大阪・千里中央が1本でアクセス可能

→地下鉄堺筋線は、阪急京都線を介して北摂、京都・嵐山方面にアクセス可能

→JR大和路線の大和路快速を使えば奈良方面に直通、阪和線に乗り入れる関空・紀州路快速を使えば関空・和歌山にもアクセス可能
→JR環状線を使えば大阪都心から放射状に伸びる私鉄各線への乗り換えが可能。大阪城、USJの乗り換え駅の西九条にも直結

→南海本線を使えば関空まで一直線、世界遺産として外国人に大人気の高野山にも高野線で一直線


「星野リゾートの計画地」は坪単価約42万円で買った土地としては最強レベルのアクセス性の高さを持っています。これが成功要因の2です。
















th_003_20170312235047900.jpg



星のリゾートと聞くと、超高級ホテル「星のや」のイメージになると思いますが、今回の計画では20階建て608室の内、518室が客室面積30㎡のセパレートバスタイプの客室となっています。宿泊料金はおそらくグループ内の他の施設より安く設定した超現実的な路線となるでしょう。これによりターゲット層が非常に広がり608室(予定)の客室を埋める事が出来るはずです。



「星野リゾートの新今宮の新ホテル」の成功要因3は、グループ内でもカジュアルな価格設定が可能となる30㎡の客室面積です。







th_IMG_0777_20170312230601af9.jpg



星野リゾートの新ホテルの計画地のすぐ近くには通天閣をシンボルとした「新世界」エリアがあります。ここはあまりにも観光地化され過ぎて地元の人はあまり行かないエリアになりましたが、外国人観光客からすればテーマパークの様なユニークなエリアに見えるのではないでしょうか。また、少し書きにくいですが、飛田新地の遊郭も唯一無二の観光スポットと言えると思います。

星野リゾート新今宮の新ホテルの成功要因その4は、計画地が新今宮であること。

ターゲットが100%外国人というわけではないでしょうが、関空へのアクセス性の高さから、外国人観光客の比率が非常に高いホテルになる事が容易に想像できます。そして、彼らには「西成うんぬん」の固定概念は無いのです。昨今のインバウンドの高まりによって爆発的に増加中の大阪の訪日観光客は教えてくれました。大阪は世界一流の魅力的な大都市である事を。そして地元民の凝り固まった固定概念はワールドワイドな目線で見れば逆に非常識である事を。














th_IMG_0780_20170312230610fe1.jpg


今回のニュースを受け、久々にに新今宮界隈をウロウロしましたが、20年前の「ヤバイ雰囲気」はほとんどなくなっていました。















th_001_20170312233611881.jpg



さて。星野リゾートの新今宮の新ホテルが、成功するかどうか。大挙して押し寄せる外国人観光客達がこのエリアをどう変えて行くのか?西成のイメージは外圧によって一変させられるのかもしれませんね。この記事を書きながらそんな事を思いました。




[ 2017/03/13 12:20 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(30)

堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 17.02

th_IMG_0001_2017021816300348f.jpg


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。また、尼崎平野線近鉄前交差点~旭町1丁目付近(大阪市立大学医学部付属病院西詰)までの区間の各幅工事も進んでいます。





阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10 ~新しい天王寺駅前停留所~


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~軌道の芝生化の準備工事が本格的に始まる!
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~新しい天王寺駅前停留所が姿を現す!

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.08
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.07
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.06
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.05
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.04
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.03
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.01
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.11
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.09
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.07
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.03
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.01
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 14.10
阿倍野筋拡幅工事計画 14.08
阿倍野筋拡幅工事計画 14.07
阿倍野筋拡幅工事計画 14.06
阿倍野筋拡幅工事計画 14.05
阿倍野筋拡幅工事計画 14.04
阿倍野筋拡幅工事計画 14.01
阿倍野筋拡幅工事計画 13.07
阿倍野筋拡幅工事計画 13.04
■追跡取材リスト



※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化















004_201507271231228d7.jpg



工事区間の配置図です。北側は阿倍野歩道橋から阿倍野交差点を超えたあたりまでとなっています。交差点部分はコンクリート製の軌道敷、専用軌道部は芝生による緑化が行われます。
















003_20150727123120411.jpg



工事区間の断面図です。阪堺電車の線路が西側に移設され、架線柱のセンターポール化も行われます。


















th_IMG_0006_20170218163000b98.jpg


現地の様子です。長らく工事が行われてきた阪堺電気軌道上町線移設工事ですが、2016年12月03日から新線に切り替えられました。こちらは、旧天王寺駅前停留所跡ですが、旧駅舎の撤去工事がかなり進んでいました。











th_IMG_0009_20170218162959ce2.jpg


拡幅区間を北側から南側に向けて順番に見て行きましょう。まずは、新装なった天王寺駅前停留所付近の様子です。道路の拡幅予定箇所に詰所の仮設ハウスが置かれていました。道路の各幅はまだ暫く先のようですね。












th_IMG_0013_20170218162958ccd.jpg


南側を見た様子です。先ほどの詰所の近くですが、この辺りはアスファルト舗装も新しくなっており、工事がかなり進んでいる様子でした。












th_IMG_0016_20170218162957bc6.jpg


さらに南側の様子です。












th_IMG_0021_2017021816301451b.jpg



あべのベルタ付近から南側を見た様子です。本設工事が行われている阿倍野下り停留所の上屋が見えてきました!











th_IMG_0032_20170218163015186.jpg


阿倍野下り停留所の様子です。かなり工事が進んでおり、駅らしくなってきました。











th_IMG_0030_20170218163016958.jpg


東側から見た様子です。












th_IMG_0028_201702181630175cf.jpg


カメラの向きを変えて、阿倍野停留所付近から北側を見た様子です。旧線の撤去はゆっくりと進んでいる感じでした。












th_IMG_0038_20170218163019303.jpg



最後は、姿を現し始めた、阿倍野下り停留所とハルカスを絡めたカットです。
[ 2017/02/22 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(1)

ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)とヴィアインあべの天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 17.02

th_IMG_0061_2017021815164881f.jpg


(仮称)阿倍野店新築工事は、大阪・天王寺駅西側にあった大手前看護専門学校跡地に建設中の複合ビルで、建築主はドンキホーテホールディングス。低層部の商業施設はドンキホーテが、高層部にはJR西日本系列のビジネスホテル「(仮称)ヴィアイン天王寺」が入居します。ドン・キホーテが12月21日に発表したニュースリリースによると、新店舗は『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』で、2017年春にオープンするとの事です。また、完成予想パースも以前に発表されたモノからかなり変更されていました。


【出展元】
(仮称)ヴィアイン天王寺、(仮称)ヴィアイン梅田 新規出店のお知らせ(平成29年開業予定
2017 年春 ホテルヴィアイン併設店舗 『ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)』誕生(PDF)


【過去記事】
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.12
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.08
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.07
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.06
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.03
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 16.01
ドンキホーテ阿倍野店とヴィアイン天王寺が入居する複合ビル(仮称)阿倍野店新築工事の状況 15.11
ジェイアール西日本デイリーサービスネットが「(仮称)ヴィアイン天王寺」「(仮称)ヴィアイン梅田」の2ホテルを 新規出店すると発表!













th_IMG_0135_20151114165709b14.jpg



【スペック】
名称:(仮称)阿倍野店新築工事
所在地大阪市阿倍野区旭町一丁目1番2(地名地番)
階数: 地上13階、地下1階
高さ:49.36m
構造S造
杭・基礎 ---
主用途:物品販売業を営む店舗、ホテル
総戸数:---
敷地面積915.89㎡
建築面積749.76㎡
延床面積8,132.97㎡(容積対象面積7,326.41㎡)
建築主:ドンキホーテホールディングス
設計者:ジェイズコーポレーション
施工者:奥村組
着工:2015年10月
竣工:2017年02月(予定)








th_IMG_0069_201702181516502f3.jpg


様子です。前回の撮影が2016年12月だったので約2ヶ月振りの取材です。既に外観は完成状態になっていました。














th_IMG_0075_2017021815165175d.jpg



南西側から見た様子です。













th_IMG_0073_20170218151652eb9.jpg


高層階にはJR西日本グループのビジネスホテルチェーン・ヴィアインが入居、ホテル名称は「ヴィアインあべの天王寺」、グランドオープンは2017年4月27日に決まりました!

ホテルヴィアインあべの天王寺公式HP













th_IMG_0071_20170218151654687.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)の様子です。こちらも外装はほぼ完成していました。オープン日は未定ですが、2017年春頃の予定となっています。求人サイトを確認すると3月中旬頃から研修開始の記述があるのでオープン日は3月下旬〜4月上旬と推測されます。













th_IMG_0079_20170218151702e80.jpg


あべのルシアスから見た、(仮称)阿倍野店新築工事の様子です。













th_IMG_0081_20170218151703156.jpg


高層部の様子です。ヴィアインあべの天王寺の様子です。















th_IMG_0082_201702181517052de.jpg


ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)の様子です。













th_IMG_0057_2017021815170697b.jpg


仮称)阿倍野店新築工事ですが、外装がほぼ完成状態になり、あべの歩道橋から見ても、とても目立っていました。ドン・キホーテあべの天王寺駅前店(仮称)は今までエリアに無かったドンキなので、オープン後はかなり集客すると予想しています。
[ 2017/02/20 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(1)

堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.12ー2

th_IMG_0030_20170103231201517.jpg


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。また、尼崎平野線近鉄前交差点~旭町1丁目付近(大阪市立大学医学部付属病院西詰)までの区間の各幅工事も進んでいます。





阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.10 ~新しい天王寺駅前停留所~


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~軌道の芝生化の準備工事が本格的に始まる!
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.09 ~新しい天王寺駅前停留所が姿を現す!

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.08
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.07
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.06
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.05
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.04
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.03
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.01
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.11
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.09
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.07
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.03
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.01
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 14.10
阿倍野筋拡幅工事計画 14.08
阿倍野筋拡幅工事計画 14.07
阿倍野筋拡幅工事計画 14.06
阿倍野筋拡幅工事計画 14.05
阿倍野筋拡幅工事計画 14.04
阿倍野筋拡幅工事計画 14.01
阿倍野筋拡幅工事計画 13.07
阿倍野筋拡幅工事計画 13.04
■追跡取材リスト



※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化
















th_IMG_0035_20170103231200283.jpg


前回の取材から三週間程度ですが、現地では大きな変化が見られました。なんとこの短期間で旧駅舎が撤去されており、様子が一変していました!














th_IMG_0097_2017010323115862b.jpg


阿倍野筋の様子です。新線への切り替えが行われたその後の様子を見て行きましょう。















th_IMG_0100_20170103231158355.jpg


まずは天王寺駅前停留所付近の様子です。道路の舗装部分が広がっており道路の拡幅が進んでいる事が見て取れました。














th_IMG_0106_20170103231156d44.jpg


・・・と。ハローキティのラッピング電車がやってきました!














th_IMG_0119_2017010323120932d.jpg


2016年12月初旬に切り替えられた新線の様子です。緑化軌道の芝生はまだ成長途中なので、これから暖かい季節になればさらにフカフカの鮮やかな緑の軌道になりそうです。














th_IMG_0122_20170103231211a2e.jpg


旧線側の様子です。こちらも以前の架線が撤去されており、頭上が随分とスッキリしました。














th_IMG_0128_20170103231212555.jpg


南側を見通した様子です。














th_IMG_0134_20170103231213dcf.jpg


阿倍野停留所の様子です。下り線の仮設ホームが横断歩道の南側に移設されていました。














th_IMG_0164_201701032312157c6.jpg


うーん。旧線の架線が無くなりセンターポール化された事で本当に空が広くなりました。これから旧線の撤去と東側歩道の拡幅、電柱電線の地中化が行われれば、中々シンボリックな街路になるのではないでしょうか。














th_IMG_0116_201701032313171fc.jpg


最後は定番のアングルですが、緑化軌道とハルカスを絡めた1枚です。
[ 2017/01/08 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(4)