甲州夢小路と甲府城

 th_IMG_0719.jpg


甲州夢小路は、2013年3月25日にJR甲府駅北口オープンした商業施設です。明治、大正、昭和初期の甲府城下町を再現し、古民家や蔵、倉庫など、昔の建築様式を取り入れた店舗のほか、水路や石畳が配され、レトロな雰囲気の路地を歩く楽しさが味わえます。



【出典元】
甲州夢小路公式HP









th_IMG_0713.jpg


場所は、JR甲府駅北口、JR中央本線を挟んで甲府城(舞鶴城公園)のすぐ隣です。奥には甲府城が見えています。












th_IMG_0716.jpg
 


昭和初期まで200年以上もの間住民に時刻を知らせていた「時の鐘」。法性山玄法院(同市天神町)の鐘楼をモデルに再現されました。











th_IMG_0692.jpg


昔からある、蔵の様な建物が並んでいますが、実は新しく建設された店舗施設です。また空きテナントがあります。











th_IMG_0681.jpg


2階建ての建物は明治館。1階には、
ぶどう、さくらんぼ、もも、あんず、りんご、トマト、おくら、ゴーヤなどの乾燥果実・フルーツのお店「樹の実 ドライフルーツ」があります。店内には、一休みできるカフェスペースもあり、ドリンクやソフトクリームのスイーツが楽しめます。














th_IMG_0685.jpg


なかなか本格的な作りで趣があります。
甲州夢小路は民間が建設した商業施設ですが、なかなかの出来栄えで見応えがありました。












th_IMG_0706.jpg



せっかくなので甲府城にも行ってみましょう。石垣の高さがものすごいです。











th_IMG_0731.jpg


内松陰門から登城します。う~んもの凄い急坂だなぁ・・。













th_IMG_0748.jpg



天守台です。ここまで来るだけで軽く息切れしてしまいました・・。












th_IMG_0752.jpg


天守台から見た、甲府城の様子です。














th_IMG_0757.jpg



天守台から見た、甲府市の眺めです。












th_IMG_0976.jpg


山手御門です。発掘調査により発見された石垣を土台にし、1700年ごろの絵図をもとに、柳沢吉保が城主だった時代の姿に復元されました。












th_IMG_0977.jpg


山手御門越しに富士山が見えました。


[ 2014/03/08 00:00 ] 北陸・甲信越 甲府 | TB(0) | CM(3)

ココリ(ライオンズタワー甲府丸の内)

 IMG_0832_201311300901562eb.jpg


ココリ(KoKoriは山梨県甲府市丸の内にある高層複合商業ビルです。郊外に建設されたショッピングセンターの影響を受け空洞化が進んだ中心市街地の活性化策として、甲府市役所や甲府商工会議所県内大手スーパーマーケットであるオギノが中心となり再開発が行われました。ちなみに建物の名称「ココリ(KoKori)」は、甲府の、再開発地区の旧町名である紅梅の、同地にあるショッピングアーケード街オリオン通りからの、3つの地名を元にした造語です。












IMG_0864_20131130090148dd7.jpg 


【スペック】
名称:ココリ(ライオンズタワー甲府丸の内)
所在地:山梨県甲府市丸の内1丁目162
階数:地上20階、地下1
高さ:73m 
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造(一部鉄骨)
杭・基礎 :ーーー
主用途:店舗/駐車場/専門学校/集合住宅
総戸数:104戸
敷地面積:4,635m2
建築面積:3,900m2
延床面積:36,300m2
建築主:甲府紅梅地区市街地再開発組合
設計者:シグマ建築企画
施工者:西松建設
着工:2008
竣工:2010











IMG_0867.jpg
 


反対側から見た、ココリ(ライオンズタワー甲府丸の内)の様子です。商業施設が入居した低層部と共同住宅が入居するタワー部分で構成された、タワー・オン・ザベース型の形状をしている為、実スペックよりも相当低く感じました。













IMG_0877_20131130090147676.jpg


ココリの低層部壁面の様子です。非常に手の込んだデザインになっています。一瞬「ユニクロ心斎橋店」に似てるかも、と思いましたが、あとで見返してみると似ているようで似てない気がしました。












IMG_0892_20131130090150ce9.jpg 



最後は平和通り側から見た、ココリの様子です。
[ 2013/12/14 00:00 ] 北陸・甲信越 甲府 | TB(0) | CM(0)

甲府市役所新庁舎

IMG_0846.jpg


甲府市役所新庁舎は、JR 甲府駅、山梨県庁、舞鶴城公園や商業エリアと徒歩圏内で結ばれる甲府市における中心施設です。その中心である新庁舎に人が集い賑わいを生むこと、さらに賑わいのある新庁舎を拠点に人が楽しく「歩く街」になることが、中心市街地の活性化につながると考えます。新庁舎は『歩く街甲府』の拠点となるべく建設されました。






IMG_0805_201311262205211fa.jpg



【スペック】
名称:甲府市役所新庁舎
所在地:山梨県甲府市丸の内一丁目 18 番 1 号
階数:地上 10 階 地下 1 階 塔屋 2 階
高さ:54m 
構造:S造、⼀部SRC造,⼀部RC造(免震構造)
杭・基礎 :ーーー
主用途:事務所
総戸数:ーーー
敷地面積:8,729
建築面積:5,750
延床面積:28,450
建築主:甲府市
設計者:日建設計
施工者:竹中工務店
着工:201106
竣工:201303











IMG_0799.jpg



新庁舎は、甲府駅、山梨県庁、舞鶴城公園や商業エリアと徒歩圏内で結ばれる甲府市の中心市街地にありますが、市民が集い賑わう市民に開かれた庁舎として街に面してオープンな設えです。












IMG_0813_20131126220520bc0.jpg



日本一の日射量を誇る甲府盆地に建つ庁舎として、甲府の美しい風景のシンボルであるブドウ棚をモチーフとした、太陽光パネル300KWが並ぶ日本一の太陽光発電市庁舎です。その他にも雨水利用や採熱管・クールヒートトレンチによる地中熱利用、中庭や換気ボイドによる自然換気促進など、甲府の自然環境を活かした環境配慮型庁舎で、これら環境システムや発電量などのLIVE状況をデジタルサイネージにより市民に情報発信しており、「ブドウ棚庁舎」として市民に親しまれています。















IMG_0863.jpg 


平和通に面する西側壁面の様子です。部分に設けられた凸型の箇所が陰影を造り、外観上のアクセントとなっています。













IMG_0798_20131126220524418.jpg


ドットで描かれた甲府市役所の案内板です。この看板を見た瞬間に「おおっ?もしかしてこの市役所庁舎、かなりのやり手(若干意味不明)なのでは?と思いました。そして吸い込まれるように庁舎内に入って行きました。









IMG_0817_20131126220508130.jpg

おおっ!県の特産品と思われる木材を要所要所に配した、なかなか小粋なデザインではありませんか!それも華美ではなく、コストを抑えつつ、来場者を快適に迎える良いデザインを目指した感が伝わってきて好印象です。










IMG_0823_2013112622050671f.jpg


この巨大なデジタルサイネージ・・・と言って良いかは不明ですが、65インチぐらいの液晶モニタにグーグル・アースが映し出されていてビックリしました。












IMG_0857_20131126220505dbd.jpg




甲府市役所新庁舎。僕は今回全く予習なしで、新庁舎をたまたま見かけ撮影したのですが、この新庁舎、コストを抑えつつ、より良い庁舎を目指した感がヒシヒシと伝わってきました。しかも庁舎内にローソンがあったり、ぶどう棚アーケードを中心に300kwもの太陽光パネルを配置している所も「やるな!」と思いました。

[ 2013/11/30 08:00 ] 北陸・甲信越 甲府 | TB(0) | CM(0)

セインツ.25

IMG_0788_2013112421200571f.jpg



セインツ.25(セインツドットにじゅうご)は、山梨県甲府市北口3丁目に建設された、地上25階、高さ94mのタワーマンションです。店舗、オフィス、分ジョンマンションで構成された複合ビルで、山梨県内で最も高い高層建築物です。











IMG_0790_201311242116517f1.jpg 


【スペック】
名称:セインツ.25
所在地:山梨県甲府市北口3丁目101番地
階数:地上25
高さ:94 m
構造:RC造
杭・基礎 :場所打ちコンクリート拡底杭
主用途:共同住宅(4~25階)、オフィス(2~3階)、店舗(1階)
総戸数:114
敷地面積:3,382.90㎡
建築面積:840.12㎡
延床面積:20,188.99m²
建築主:三建ハウス
設計者:エイアンドティ建築研究所
施工者:鴻池組、フジタ
着工:200508
竣工:200702










IMG_0698_20131124211640610.jpg 




セインツ.25は、地上1階から3階前の下部構造と4階から屋上までの上部構造との間に免震層(鉛プラグ挿入型積層ゴム、男性すべり支承)を設置した中間階免震構造を採用しています。

















IMG_0673_201311242116396f8.jpg 



セインツ.25を近くで見上げました。眼の前の道路が電柱電線の埋設工事の終盤戦に差し掛かっている様で、電線がかなり目立っていました。歩道の美装化含めてあと少しで工事が終わりそうな感じだったので、完成後は非常にスッキリすると思います。

















IMG_0678_20131124211637d70.jpg 


南側を向き、舞鶴城公園(甲府城)を見下ろす白亜のマンションは、甲府市内でも屈伸の好立地だと思います。デザインにもシンプルな中にも上品さを感じる事が出来ました。


















IMG_0722_20131124211636e63.jpg


最後は、明治初期まで、200年以上住民に時刻を知らせていた時の鐘を再現した、「甲府時の鐘」とセインツ.25を絡めたアングルです。江戸時代の高層建築と現代の高層住宅の夢の共演です(笑)
[ 2013/11/25 00:00 ] 北陸・甲信越 甲府 | TB(0) | CM(1)