シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 17.08

シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
は、よみうり文化センター再整備事業、に伴い建設される超高層タワーマンションです。大阪府豊中市の千里中央駅にほど近いよみうり文化センターと周辺を一体的に整備する再開発事業です。整備事業ではS造、地上7階、地下1階建ての商業施設と、RC造、地上52階、地下1階建ての共同住宅が建設されます。千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)の仮称でご紹介してきましたが、正式名称はシエリアタワー千里中央に決まりました。




【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 17.05
SENRITOよみうり(センリトよみうり)2期が完成ーグランドオープンした よみうり文化センター再整備事業2期商業施設部分の状況 17.05
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.06
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!












th_IMG_1667_201511281421165ff.jpg


【スペック】
名称:
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
所在地:大阪府豊中市新千里東町一丁目1番の3
階数:住宅棟:地上51階、地下1階、商業棟:地上7階、地下1
高さ:住宅棟:184.92m、商業棟:37.14m
構造:S造、RC
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲)、商業施設
総戸数:552
敷地面積:12,239.48㎡ ※施設全体
建築面積:10,353.63㎡ ※施設全体
延床面積:72,974.88㎡ ※施設全体
建築主:住宅棟:MID都市開発、関電不動産、関西電力  商業棟:読売新聞、讀賣テレビ放送、
設計者:住宅棟:大林組、商業棟:日建設計
施工者:住宅棟:大林組、商業棟:清水建設

着工・竣工
①商業施設Ⅰ期新築  2014年4月中 ~2015年6月下旬
②既存建物解体    2015年7月上旬~2016年1月下旬
③商業施設Ⅱ期新築  2016年2月上旬~2017年3月下旬
④住宅施設新築    2016年2月上旬~2019年4月下旬











th_IMG_0457_20170815202007ad6.jpg




現地の様子です。全開の撮影が2017年05月だったので約3ヶ月振りの取材です。














th_IMG_0455_20170815202004b7a.jpg 


縦アングルで見た様子です。かなり高くなってきました。シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)は、高さ184.92m、延床面積72,974.88㎡(施設全体)の規模があります。大阪郊外のタワーマンションとしては破格のスケールの超高層ビルです。
















th_IMG_0462_20170815202003898.jpg




外装カーテンウォールの取り付けも進んでいます。タワーの角付近のガラス窓がいい雰囲気を出しています。










th_IMG_0465_20170815202002a4f.jpg 


西側から見た様子です。
















th_IMG_0428_20170815202016ce4.jpg 




最後は北東側から見た様子です。シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の計画が発表された当時は「まだまだ先の案件だなー」と思っていましたが、歳月が過ぎ去るは案外早く、タワー部分の建設工事はもうすぐ盛を迎える時期になります。千里丘陵に新たなランドマークタワーが完成する日が徐々に近づいてきました。
[ 2017/08/16 00:00 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(2)

オープンした枚方T-SITEの夕景〜夜景が最高に綺麗!まさにカルチャーの殿堂。一見の価値がある凄いビルでした!

th_IMG_1165_20170622222554df2.jpg

枚方T-SITEは、TSUTAYAの系列企業で不動産事業などを手掛けるソウ・ツーが、京阪枚方市駅前の旧近鉄百貨店枚方店跡地に計画している再開発事業で、地上8階地下2階建て、延床面積1.6万㎡の新たな商業施設が建設されました。ソウ・ツーは2011年12月に東京・代官山に蔦屋書店と専門店で構成する複合施設「代官山T-SITE」を開業し話題を集めた企業で、今回の新商業施設は、この次世代型TSUTAYA「T-SITE」の運営ノウハウが盛り込まれたCCCの新しい業態です。またビルのデザインは相当凝っており、採光性の高いデザイン性にの富んだビルが誕生しました。



【出典元】
SO-TOW HP













th_IMG_1156_201706222225525f7.jpg


オープンしてから初めて現地を訪れてみました!ちょうど夕景→夜景に変わる時間帯だったので、様々な表情の枚方T−SITEを見る事が出来ました。












th_IMG_1147_201706222225518f0.jpg


外壁のほとんどがガラス張りでスケルトン状態なので明かりが灯ると店内が丸見えになります。













th_IMG_1172_2017062222255062c.jpg


枚方市駅側のサンプラザとも歩行者デッキで接続されています












th_IMG_1140_20170622222548341.jpg


駅前ロータリーと枚方T−SITE、サンプラザ1号艦の様子です。枚方T-SITEは飛び抜けた存在感ですね。











th_IMG_1204_20170622222606d32.jpg


徐々に日が暮れて暗くなってきました。日中は日焼け防止の為にカーテンが閉められていますが、日没と共にオープンになりました。












th_IMG_1212_201706222226089c8.jpg


マジックアワーに撮影した枚方T−SITEのエントランス付近の様子です。もうメチャクチャカッコイイです!












th_IMG_1220_20170622222605d84.jpg


外が暗くなるに連れて店内の様子が浮かび上がってきました!












th_IMG_1223_201706222226046a8.jpg


大量の書籍に囲まれた各店舗。まさにカルチャーの発信基地、カルチャーの殿堂といったイメージです。












th_IMG_1224_2017062222260275e.jpg


店内は恐ろしいほどおしゃれな空間が広がっていましたが、残念ならが撮影禁止となっていました。












th_IMG_1253_201706222227073ae.jpg


さらに日が暮れて。ほぼ夜になりました。












th_IMG_1288_201706222227069b1.jpg


よるに浮かび上がった枚方T−SITE。本当に枚方まで見に来てよかった・・・。












th_IMG_1271_20170622222709932.jpg


この光景が見られただけでもう満足です!











th_IMG_1278_20170622222705396.jpg


自宅の最寄り駅の駅前にも、こんなオシャレな商業ビルが出来てくれれば・・・。枚方市駅の利用者が羨ましく思えました。












th_IMG_1293_20170622222711533.jpg


夜に輝く枚方T-SITE。さすが、同社の創業の地に建設された施設だけあって気合の入り方が尋常ではない感じでした。店内は本当に洗練されており、見ているだけでワクワクしてくるような売場になっています。いや、売場を超えた何か別の空間かもしれません。ビジネス目線で見ると、これでペイできるのか?」と採算性を心配してしまいますが、このビルはカルチャーの殿堂。そんな考えを吹き飛ばしてしまうほど感動的な商業ビルでした。読者の皆様も機会があれば、是非一度見ていただきたいです。
[ 2017/06/23 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(7)

シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 17.05

シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
は、よみうり文化センター再整備事業、に伴い建設される超高層タワーマンションです。大阪府豊中市の千里中央駅にほど近いよみうり文化センターと周辺を一体的に整備する再開発事業です。整備事業ではS造、地上7階、地下1階建ての商業施設と、RC造、地上52階、地下1階建ての共同住宅が建設されます。千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)の仮称でご紹介してきましたが、正式名称はシエリアタワー千里中央に決まりました。




【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.06
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!












th_IMG_1667_201511281421165ff.jpg


【スペック】
名称:
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
所在地:大阪府豊中市新千里東町一丁目1番の3
階数:住宅棟:地上51階、地下1階、商業棟:地上7階、地下1
高さ:住宅棟:184.92m、商業棟:37.14m
構造:S造、RC
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲)、商業施設
総戸数:552
敷地面積:12,239.48㎡ ※施設全体
建築面積:10,353.63㎡ ※施設全体
延床面積:72,974.88㎡ ※施設全体
建築主:住宅棟:MID都市開発、関電不動産、関西電力  商業棟:読売新聞、讀賣テレビ放送、
設計者:住宅棟:大林組、商業棟:日建設計
施工者:住宅棟:大林組、商業棟:清水建設

着工・竣工
①商業施設Ⅰ期新築  2014年4月中 ~2015年6月下旬
②既存建物解体    2015年7月上旬~2016年1月下旬
③商業施設Ⅱ期新築  2016年2月上旬~2017年3月下旬
④住宅施設新築    2016年2月上旬~2019年4月下旬















th_IMG_0749_201705281454465e3.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年05月だったので約11ヶ月振りの取材です。随分と間が空いてしまいました。














th_IMG_0746_201705281454470f8.jpg 


久々に現地を訪れてみると、タワーの躯体が地上に姿を表していました。シエリアタワー千里中央は2機のタワークレーンで建設が進められています。















th_IMG_0752_20170528145448f34.jpg 


北西側側から見た様子です。高さ184mの住宅棟のボリューム感が良く解ります。
















th_IMG_0736_20170528145450ac2.jpg 


新御堂筋を跨ぐ歩道橋から見た様子です。低層階が組み上がってきただけでこれだけのボリューム感があるので、住宅棟が最高部まで立ち上がると、現地では圧倒的な存在感を誇るビルになると思います。

















th_IMG_0743_2017052814545212a.jpg 


ビルの南西角にはガラス窓が取り付けられていました。


















th_IMG_0724_20170528145501a61.jpg


建設現場の敷地内には、プレキャストコンクリートのパーツが並べられていました。



















th_IMG_0725_2017052814550045d.jpg



順調に建設工事が進む
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)。2機のタワータワーによって、これから順調に成長して行くと思います。

[ 2017/05/28 14:30 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(2)

SENRITOよみうり(センリトよみうり)2期が完成ーグランドオープンした よみうり文化センター再整備事業2期商業施設部分の状況 17.05

 th_IMG_0714_20170528152629c12.jpg


千里中央駅前にある商業施設「SENRITOよみうり」の2期となる「イオンSENRITO専門館」が、4月21日(金)午前10時にオープンしました。3月末に竣工した商業2期部分の1~4階を、イオンモール株式会社がマスターリースして35店舗を展開します。

SENRITOよみうりは、読売新聞大阪本社と讀賣テレビ放送が、関電不動産開発、関西電力の2社(以下、関電グループ)を共同事業者として進める「よみうり文化センター(千里中央)再整備事業」の一環で、2期開業により商業棟は完成し「SENRITOよみうり」はグランドオープンを迎えました。物販、飲食、クリニック、スイミングスクールなど、1期、2期あわせて約60店舗が並び、千里中央の新たな賑わい拠点となります。

2019年春には、関電グループの手がける52階建てタワーマンションシエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)が竣工し、千里中央駅直結の新たな街「SENRITO」が完成する見込みです。


【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.06
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!











th_IMG_0689_20170528152627477.jpg


【イオンSENRITO専門館 開発のポイント】
SENRITOよみうり(センリトよみうり)は、長年地域に親しまれてきた旧よみうり文化センターの伝統を引き継ぎつつも、新たに『“ちょっとの時間”をコバレのトキに北摂スマートライフを創造』をストアコンセプトに設定。日々の暮らしのスタイルアップやワンポイントのおしゃれをプラスする専門店、趣味やトキを楽しめる空間を集積するなど、千里中央エリアにお住まいの感性豊かな皆さまやビジネスパーソンに、少しの時間でもコバレなひとときと、機能を提供する「良質な都市生活」の場と便利で快適な買いもの環境を提供する事を目指しています。







th_IMG_0709_20170528152629cb8.jpg


現地の様子です。レンガ風の外観は旧よみうり文化センターをイメージさせるデザインとなっています。1期開業時と比べると相当規模が拡大した印象を受けました。












th_IMG_0685_20170528152631a28.jpg


「せんりと」は、千里中央駅側と2箇所の歩行者デッキで接続されています。











th_IMG_0692_20170528152633301.jpg


イオンせんりと専門館側のエントランスの様子です。















th_IMG_0719_20170528152916547.jpg


北側には歩行者デッキがありますが、この奥に出来るシエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)に接続されます。













th_IMG_0721_20170528152919d83.jpg



北西側から見た、SENRITOよみうり商業棟の様子です。














th_IMG_0713_20170528152917349.jpg


グランドオープンしたSENRITOよみうり(センリトよみうり)。街開きから50年以上が経過した千里ニュータウンは、順調に新陳代謝を繰り返しオールド・タウン化する事なく再生している様に感じました。
[ 2017/05/28 14:00 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(2)

オープンしたイオンモール堺鉄砲町の状況 17.01

th_IMG_0111_20170122194650df8.jpg


イオンモール堺鉄砲町
は、大阪府堺市の南海本線「七道駅」の駅前に開業予定の大型ショッピングモールです。大手化学品メーカーの「株式会社ダイセル」の大阪製造所堺工場跡で建設が進められています。イオンモール堺鉄砲町の規模は、敷地面積:約102,000㎡、延床面積:約135,000㎡、駐車台数:約2,300台で、2016319日(土)にグランドオープンしました。開発コンセプトは「下町・カジュアルモール」。文化・伝統・ものづくりのまち 堺の新たな賑わいコミュニティモールを創造すると共に、「大阪ミュージアム」にも登録されて いる貴重な建造物「堺鉄砲町赤レンガ建築」を生かした広場を設置し、多彩なイベントなどを 行い賑わいある堺を演出する計画です。



【出店元】
(仮称)イオンモール堺鉄砲町」の開発計画について(PDF)


【過去記事】
イオンモール堺鉄砲町の建設状況 15.08














th_IMG_0660_20170122194647dbf.jpg



現地に掲示されていたレイアウトMAPです。国道26号線側(写真下部)に駐車場、南海本線の七道駅側(写真右上)には歩行者デッキとロータリーが設けられています。















th_IMG_0115_201701221946469b9.jpg


まずは七道駅側から見て行きます。こちらは七道駅前に設置された歩行者デッキに繋がるエスカレーター付近の様子です。












th_IMG_0116_20170122194645d89.jpg


モールの南東角に設置されたロータリーの様子です。















th_IMG_0124_20170122194644073.jpg


歩行者デッキから南海本線・七道駅方面を見た様子です。














th_IMG_0126_20170122194657e13.jpg



南海本線とモールの間には公演が設けられました。水景施設もあり、結構いい感じになっています。













th_IMG_0121_201701221946590f4.jpg



歩行者デッキは駅から最短距離でモール中心部2階に接続されています。











th_IMG_0132_20170122194700cd2.jpg


店内の様子です。例によって、テナント内部は撮影せず、吹き抜けや広場などパブリックスペースのみを撮影しました。












th_IMG_0135_2017012219470172a.jpg


従来のイオンモールに比べると色使いがシックな印象で、大人っぽい感じがしました。













th_IMG_0137_20170122194702486.jpg


店内はカーペットタイル敷で、各所にソファーや椅子が設置されていました。













th_IMG_0139_20170122194920e06.jpg



サウスコートにある吹き抜け空間の様子です。












th_IMG_0659_20170122194922b96.jpg



グランドオープンした、イオンモール堺鉄砲町。吹き抜けのあるセンター通路の両サイドに店舗を配置し、通路の端にイオンSTYLEストアや各店舗を設けたレイアウトは、最近のイオンモールの方程式に則った造りと言えます。基本商圏 は、自動車20分圏 約56万世帯 約110万人を想定しています。
[ 2017/02/11 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(0)

羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業は、地上23階建・145戸のタワーマンションと商業施設の複合ビルに

th_002_20161012220449372.jpg

東急不動産株式会社は、2016年10月12日付けのニュースリリースで、同社が2012年より参画している、羽衣駅前地区市街地再開発組合が施行中の羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業が、2016年10月11日に大阪府より権利変換計画の認可を受けたと発表しました。

この再開発事業は、2012年の組合設立以来「南海本線・高師浜線連続立体事業」に伴う新駅舎の整備や南海本線の高架化、「羽衣駅前地区市街地再開発事業」実施による駅前広場及び周回道路、南海羽衣駅・JR東羽衣駅間の連絡デッキ整備などの公共整備と合わせて計画されてきましたが、2014年3月に東急不動産が再開発組合と住宅参加組合員協定書を締結し、権利変換計画を策定した上で、今回の認可に至りました。上記の連絡デッキ整備により、南海羽衣駅及びJR東羽衣駅の両駅から再開発ビルへの直接アクセスが実現するなど、交通結節点としての機能を最大限活かした市街地の形成が図られます。


【出典元】
東急不動産>
羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業(PDF)


 ※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!














th_001_20161012220447341.jpg



【スペック】
物件名 羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業 
施行者 羽衣駅前地区市街地再開発組合 
所在地 大阪府高石市東羽衣3丁目他 
敷地面積 2,151.51㎡ 
建築面積 1,579.51㎡ 
延床面積 18,113.86㎡ 
専有面積 10,949.35㎡ 
建物用途 共同住宅、商業施設、駐車場 
計画戸 145戸 
構造 鉄筋コンクリート造 地上23階、地下1階 
設計 株式会社アール・アイ・エー 
施工 特定業務代行者(公募予定) 
着工 2017年3月(予定) 
販売開始 2017年秋頃(予定) 
竣工 2019年夏頃(予定)

















th_IMG_0022_20161012220809803.jpg


再開発ビルは、地上23階建て、延床面積18,113㎡、145戸の規模で南海本線―羽衣駅とJR東羽衣駅の間に建設されます。また、南海・JRの両駅の間は2階レベルで歩行者デッキにより直結されます。












th_IMG_0062_20161012220810c29.jpg


羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業により、南海・JR両駅の乗り換えがスムーズになり、乗り換えターミナル駅としての機能向上が見込めそうです。高架化と今回発表の再開発により、羽衣駅周辺の景観は一変する事になりそうですね。

[ 2016/10/13 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(3)

シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.06

シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
は、よみうり文化センター再整備事業、に伴い建設される超高層タワーマンションです。大阪府豊中市の千里中央駅にほど近いよみうり文化センターと周辺を一体的に整備する再開発事業です。整備事業ではS造、地上7階、地下1階建ての商業施設と、RC造、地上51階、地下1階建ての共同住宅が建設されます。千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)の仮称でご紹介してきましたが、正式名称はシエリアタワー千里中央に決まりました。




【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04
千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!






th_IMG_1667_201511281421165ff.jpg


【スペック】
名称:
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
所在地:大阪府豊中市新千里東町一丁目1番の3
階数:住宅棟:地上51階、地下1階、商業棟:地上7階、地下1
高さ:住宅棟:184.92m、商業棟:37.14m
構造:S造、RC
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲)、商業施設
総戸数:552
敷地面積:12,239.48㎡ ※施設全体
建築面積:10,353.63㎡ ※施設全体
延床面積:72,974.88㎡ ※施設全体
建築主:住宅棟:MID都市開発、関電不動産、関西電力  商業棟:読売新聞、讀賣テレビ放送、
設計者:住宅棟:大林組、商業棟:日建設計
施工者:住宅棟:大林組、商業棟:清水建設

着工・竣工
①商業施設Ⅰ期新築  2014年4月中 ~2015年6月下旬
②既存建物解体    2015年7月上旬~2016年1月下旬
③商業施設Ⅱ期新築  2016年2月上旬~2017年3月下旬
④住宅施設新築    2016年2月上旬~2019年4月下旬











th_IMG_0058_20160623232501dbb.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2016年04月だったので約2ヶ月振りの取材です。















th_IMG_0060_201606232324592cd.jpg



今回取材してみると、商業施設の2期部分(写真左)と、タワー棟(写真右)で工事の方法がハッキリ分かれている事が良く解りました。














th_IMG_0066_20160623232458bc1.jpg




シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)のタワー棟が建設される部分の様子です。取材時点では掘削作業がかなり進んでいる様に見えました。












th_IMG_0063_201606232325024df.jpg



商業施設SENRITO2期部分の様子です。













th_IMG_0069_20160623232504663.jpg


最後は引き気味で敷地全体と、その周辺の様子です。

[ 2016/06/24 00:00 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(5)

日本最大の大観覧車、REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)の状況 16.06

th_IMG_0111_20160620223638e99.jpg



REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)は、日本一の高さとなる全高123メートルの大観覧車です。先日オープンしたエキスポシティの敷地内で建設が進んでいます。オオサカホイールのオープン日は、2016年7月1日(金)の予定となっており、新たな観光スポットとして脚光を浴びる事になりそうです。 


【過去記事】
日本最大の大観覧車、REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)の状況 16.04


【関連記事】

EXPOCITY-エキスポシティ-が2015年11月19日にグランドオープン!開業レポートPart1~店舗周り~ 
EXPOCITY-エキスポシティ-が2015年11月19日にグランドオープン!開業レポートPart2~光の広場・店内通路~ 
EXPOCITY-エキスポシティ-が2015年11月19日にグランドオープン!開業レポートPart3~フードパビリオン~ 











th_IMG_0113_201606202236404d9.jpg


 REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)は全高123mで高さ日本一、ゴンドラ台数72基、定員は1基あたり6名、1周の所要時間は約18分となっています。世界でも5番目の高さとなる予定で、千里丘陵から周辺の眺望を楽しむことができます。













th_IMG_0121_201606202236414f9.jpg


前回の撮影が4月だったので約2ヶ月振りの取材です。この2ヶ月感で工事が一気に進み、既にゴンドラの取り付けも終わり外観は完成状態のになって来ました!












th_IMG_0118_20160620223643d1e.jpg


この観覧車の注目ポイントは「高さ」だけではありません。ゴンドラは全基、座席シート以外の床面が透明ガラスのシースルー構造で、まるで空中に浮かんだような雰囲気を楽しむ事が出来ます。また、全72基のうち、「VIPゴンドラ」が2基限定で用意されり、座席シートや照明等の内装も豪華になっているそうです。さらに、ゴンドラ内にはすべてタブレットが装備されており、エリア放送「EXPO TV」が視聴可能です。











th_IMG_0115_201606202236447b1.jpg


万博公園側から見た、REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)のロゴマークのアップです。













th_IMG_0098_201606202236523ba.jpg


反対側のエキスポシティ側から見たロゴマークの様子です。










th_IMG_0096_20160620223653e83.jpg

オープンを間近に控えたチケット売場の様子です。

<営業時間>
10:00~23:00(チケット購入最終時間:22:40)
※年に数日、設備点検等で休業する可能性があります。

<料金>
・当日チケット1,000 円【税込】 / 1名 ※1ゴンドラ定員:6名まで

・ファスト10チケット1,500 円【税込】 / 1名 ※1ゴンドラ定員:6名まで
※最大10分程度の待ち時間で乗車できるチケットです。

・VIPチケット8,000 円【税込】 / 1ゴンドラ ※1ゴンドラ定員:4名まで
※特別仕様のゴンドラに乗車できるチケットです。

・障がい者割引チケット500 円【税込】 / 1名 ※付添人1名まで同額 ※当日通常チケットと同一の扱い










th_IMG_0105_20160620223657244.jpg


観覧車のりば付近の様子です。










th_IMG_0103_201606202236584e4.jpg



間近で見上げたREDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)の様子です。この観覧車は、世界で初めての免震構造となっており、万が一の地震に備えた構造となっています。











th_IMG_0090_20160620223659484.jpg


REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)ですが、日本最大だけあって、近くで見上げると圧倒的な迫力感があります。













th_IMG_0084_20160620223859586.jpg


オープンが間近に迫ったREDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)。この日本最大の大観覧車は2016年7月1日にオープンします。

[ 2016/06/21 00:00 ] 大阪府下 吹田 | TB(0) | CM(7)

シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
は、よみうり文化センター再整備事業、に伴い建設される超高層タワーマンションです。大阪府豊中市の千里中央駅にほど近いよみうり文化センターと周辺を一体的に整備する再開発事業です。整備事業ではS造、地上7階、地下1階建ての商業施設と、RC造、地上51階、地下1階建ての共同住宅が建設されます。千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)の仮称でご紹介してきましたが、正式名称はシエリアタワー千里中央に決まりました。




【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!






th_IMG_1667_201511281421165ff.jpg


【スペック】
名称:
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
所在地:大阪府豊中市新千里東町一丁目1番の3
階数:住宅棟:地上51階、地下1階、商業棟:地上7階、地下1
高さ:住宅棟:184.92m、商業棟:37.14m
構造:S造、RC
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲)、商業施設
総戸数:552
敷地面積:12,239.48㎡ ※施設全体
建築面積:10,353.63㎡ ※施設全体
延床面積:72,974.88㎡ ※施設全体
建築主:住宅棟:MID都市開発、関電不動産、関西電力  商業棟:読売新聞、讀賣テレビ放送、
設計者:住宅棟:大林組、商業棟:日建設計
施工者:住宅棟:大林組、商業棟:清水建設

着工・竣工
①商業施設Ⅰ期新築  2014年4月中 ~2015年6月下旬
②既存建物解体    2015年7月上旬~2016年1月下旬
③商業施設Ⅱ期新築  2016年2月上旬~2017年3月下旬
④住宅施設新築    2016年2月上旬~2019年4月下旬










th_IMG_1183_201604290050050d3.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年11月だったので約5ヶ月振りの取材です。現地では、旧よみうり文化センターの解体は完全に終わり、2期部分の建設工事が本格化していました!















th_IMG_1195_20160429005007ab1.jpg



上から見下ろした現地の様子です。写真手前側がシエリアタワー千里中央が建つ部分です。














th_IMG_1190_2016042900500938c.jpg


商業施設SENRITO2期部分の様子です。














th_IMG_1192_201604290050105d4.jpg


シエリアタワー千里中央のボリューム感が掴めました。郊外のタワーマンションとしては破格の規模になりそうです。














th_IMG_1197.jpg


最後は縦アングルで敷地全体を見た様子です。シエリアタワー千里中央の建設工事は順調に進んでいる様でした。



[ 2016/04/29 01:30 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(1)

日本最大の大観覧車、REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)の状況 16.04

th_IMG_1219_201604172121248ad.jpg


REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)は、日本一の高さとなる全高123メートルの大観覧車です。先日オープンしたエキスポシティの敷地内で建設が進んでいます。オオサカホイールのオープン日は、2016年7月1日(金)の予定となっており、新たな観光スポットとして脚光を浴びる事になりそうです。 

EXPOCITY-エキスポシティ-が2015年11月19日にグランドオープン!開業レポートPart1~店舗周り~ 
EXPOCITY-エキスポシティ-が2015年11月19日にグランドオープン!開業レポートPart2~光の広場・店内通路~ 
EXPOCITY-エキスポシティ-が2015年11月19日にグランドオープン!開業レポートPart3~フードパビリオン~ 










th_IMG_1232_20160417212122a36.jpg

 REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)は全高123mで高さ日本一、ゴンドラ台数72基、定員は1基あたり6名、1周の所要時間は約18分となっています。世界でも5番目の高さとなる予定で、千里丘陵から周辺の眺望を楽しむことができます。















th_IMG_1224_2016041721212295e.jpg


近くで見上げた様子です。建設途中の大観覧車を間近でウォッチするのは初めてなので興味深々です。














th_IMG_1226_20160417212120ac1.jpg


REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)は観覧車としては、世界で初めての免震構造となっており、万が一の地震に備えた構造となっています。














th_IMG_1234.jpg


REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)のロゴマークのアップです。注目ポイントは「高さ」だけではありません。ゴンドラは全基、座席シート以外の床面が透明ガラスのシースルー構造で、まるで空中に浮かんだような雰囲気を楽しむ事が出来ます。また、全72基のうち、「VIPゴンドラ」が2基限定で用意されり、座席シートや照明等の内装も豪華になっているそうです。さらに、ゴンドラ内にはすべてタブレットが装備されており、エリア放送「EXPO TV」が視聴可能です。










th_IMG_1237_2016041721213368a.jpg


低層部の様子です。観覧車を回転させる駆動装置が見て取れます。














th_IMG_1216.jpg



組み立て工事の様子です。外周部近くにある少し太い鉄骨の輪は、駆動輪です。













th_IMG_1203.jpg


万博公園駅側から見た、REDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)の様子です。













th_IMG_1241_20160417212138ec6.jpg



万博公園側から見た様子です。













th_IMG_1245_2016041721214080b.jpg


まだ建設半ばですが、すでに圧倒的なスケール感を感じる事が出来ました。














th_IMG_1243.jpg



レッドホース・オオサカホイールのログマークが目立ちます。













th_IMG_1212.jpg



エキスポシティで建設が進むREDHORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)。千里丘陵の新たなランドマークとして大きな注目を集める事になりそうです。

[ 2016/04/18 00:00 ] 大阪府下 吹田 | TB(0) | CM(8)