羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業は、地上23階建・145戸のタワーマンションと商業施設の複合ビルに

th_002_20161012220449372.jpg

東急不動産株式会社は、2016年10月12日付けのニュースリリースで、同社が2012年より参画している、羽衣駅前地区市街地再開発組合が施行中の羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業が、2016年10月11日に大阪府より権利変換計画の認可を受けたと発表しました。

この再開発事業は、2012年の組合設立以来「南海本線・高師浜線連続立体事業」に伴う新駅舎の整備や南海本線の高架化、「羽衣駅前地区市街地再開発事業」実施による駅前広場及び周回道路、南海羽衣駅・JR東羽衣駅間の連絡デッキ整備などの公共整備と合わせて計画されてきましたが、2014年3月に東急不動産が再開発組合と住宅参加組合員協定書を締結し、権利変換計画を策定した上で、今回の認可に至りました。上記の連絡デッキ整備により、南海羽衣駅及びJR東羽衣駅の両駅から再開発ビルへの直接アクセスが実現するなど、交通結節点としての機能を最大限活かした市街地の形成が図られます。


【出典元】
東急不動産>
羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業(PDF)


 ※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!














th_001_20161012220447341.jpg



【スペック】
物件名 羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業 
施行者 羽衣駅前地区市街地再開発組合 
所在地 大阪府高石市東羽衣3丁目他 
敷地面積 2,151.51㎡ 
建築面積 1,579.51㎡ 
延床面積 18,113.86㎡ 
専有面積 10,949.35㎡ 
建物用途 共同住宅、商業施設、駐車場 
計画戸 145戸 
構造 鉄筋コンクリート造 地上23階、地下1階 
設計 株式会社アール・アイ・エー 
施工 特定業務代行者(公募予定) 
着工 2017年3月(予定) 
販売開始 2017年秋頃(予定) 
竣工 2019年夏頃(予定)

















th_IMG_0022_20161012220809803.jpg


再開発ビルは、地上23階建て、延床面積18,113㎡、145戸の規模で南海本線―羽衣駅とJR東羽衣駅の間に建設されます。また、南海・JRの両駅の間は2階レベルで歩行者デッキにより直結されます。












th_IMG_0062_20161012220810c29.jpg


羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業により、南海・JR両駅の乗り換えがスムーズになり、乗り換えターミナル駅としての機能向上が見込めそうです。高架化と今回発表の再開発により、羽衣駅周辺の景観は一変する事になりそうですね。

[ 2016/10/13 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(1)

さかい利晶の杜(堺市立歴史文化にぎわいプラザ)

th_IMG_0148_20150830162505b4a.jpg


さかい利晶の杜(堺市立歴史文化にぎわいプラザ)は、千利休茶の湯館、茶の湯体験施設、与謝野晶子記念館、観光案内展示室が一体となって、堺の歴史文化の魅力を発信し、観光誘客を図る施設です。本格的な茶室や茶庭を整備するとともに、千利休が造った茶室のうち唯一現存する茶室である国宝「待庵」の創建当初の姿を復元することで、千利休によって大成された「茶の湯」に触れることができる施設となっています。


【公式HP】
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。さかい利晶の杜ホームページ













th_IMG_0146.jpg


この、さかい利晶の杜(堺市文化観光拠点)は、千利休・与謝野晶子をテーマとする文化施設や堺観光の玄関口となる観光案内施設及び大型バスの駐車区画も備えた駐車場で構成される「堺市立歴史文化にぎわいプラザ」、民間事業者が飲食などを提供する来訪者サービス施設(湯葉と豆腐の店 梅の花・スターバックス)が一体的に整備されました。















th_IMG_0143_20150830162507981.jpg


建物は「家型」や「土壁」など伝統的な形態や素材で構成し、内部の様子が外に表出される透明度の高いガラスを外観に採用した新しいデザイン。 「伝統」と「新しさ」の双方が同時に存在することによって、堺らしさをはぐくみ、新しい堺のまちの姿を創出しています。

















th_IMG_0136.jpg


茶室のある施設奥側の様子です。中々趣きのある感じですね。

















th_IMG_0158_20150830162509c64.jpg



エントランス部分は奥まっており、いい感じに仕上がっています。











th_IMG_0160_201508301625313b2.jpg


反対側から見通したアングルです。




















th_IMG_0163_20150830162530e5b.jpg



さかい利晶の杜の向かいにある千利休屋敷跡です。千利休は大永2年(1522年)、堺今市町(現在の宿院西1丁)の豪商魚屋(ととや)の長男・与四郎として生まれました。17歳の時北向道陳に茶湯を学び、のちに武野紹鷗に師事しわび茶を大成させました。茶の湯をもって信長に接近し、その死後は秀吉の茶頭として仕えながら、北野の大茶会を取り仕切るなど天下一の茶匠として権勢を振るいましたが、小田原の役後秀吉の怒りにふれ自刃しました。現在の茶道千家の始祖であり「茶聖」と称せられています。屋敷跡には椿の井戸が残っていますが、椿の炭を底に沈めていたといいます。井戸屋形は利休ゆかりの大徳寺山門の古い部材を用いて建てたものです。
















th_IMG_0133.jpg


千利休屋敷跡と
さかい利晶の杜の間にある道路です。電地下が行われておりスッキリしています。
















th_IMG_0131_20150830162527689.jpg



南東側から見た様子です。
















th_IMG_0169.jpg


南西角の様子です。平面駐車場と施設の間にある小道の様子です。

















th_IMG_0124.jpg


西側から見た様子です。

















th_IMG_0173_201508301625394a2.jpg

施設周辺に設置されている街路灯の様子です。茶筅をイメージしているのかな?今回取材してみた、さかい利晶の杜。規模的にはそれほど大きくありませんが、結構出来のいい施設だな、という印象です。また施設周辺がキッチリ電地下されている所が良いですね。また、隣接するスタバも茶屋の様な感じでおしゃれ感満点でした。今回はお客さんが多くて写真を撮影する事をためらいましたが、そのうち取材して記事にしたいなぁ、と思いました。


[ 2015/09/04 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(6)

イオンモール堺鉄砲町の建設状況 15.08

th_001_20150830172305f19.jpg

イオンモール堺鉄砲町は、大阪府堺市の南海本線「七道駅」の駅前に開業予定の大型ショッピングモールです。大手化学品メーカーの「株式会社ダイセル」の大阪製造所堺工場跡で建設が進められています。イオンモール堺鉄砲町の規模は、敷地面積:約102,000㎡、延床面積:約135,000㎡、駐車台数:約2,300台で、20163月の開業を予定しています。

【出店元】
(仮称)イオンモール堺鉄砲町」の開発計画について(PDF)















th_002_2015083017230384c.jpg


イオンモール堺鉄砲町の開発コンセプトは「下町・カジュアルモール」。文化・伝統・ものづくりのまち 堺の新たな賑わいコミュニティモールを創造すると共に、「大阪ミュージアム」にも登録されて いる貴重な建造物「堺鉄砲町赤レンガ建築」を生かした広場を設置し、多彩なイベントなどを 行い賑わいある堺を演出する計画です。













th_IMG_0178.jpg



現地の様子です。工事は着々と進んでおり、大和川越しに見るとモールの外観がかなり解るまでに成長しています。













th_IMG_0180_2015083017192157c.jpg



東側、立体駐車場へのアプローチ部分の様子です。













th_IMG_0182.jpg



西側、店舗棟付近の様子です。イオンのコーポレートカラーであるローズ・レッドの下地が見えています。













th_IMG_0188_20150830171925ad6.jpg


西側から見た様子です。画像は全て敷地外からハイアングルで撮影しています。














th_IMG_0191_20150830171927fe5.jpg


順調に建設工事が進むイオンモール堺鉄砲町。規模的にはそれほど大きなモールではありませんが、イトーヨーカドーが撤退した現在、堺市中心部や大阪市住之江区など、周辺は微妙に大型モールが無い地区なので、それなりの集客が見込めるかと思いまし。









[ 2015/09/03 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(5)

堺市民会館建替事業(仮称)堺市民芸術文化ホール建設工事の状況 15.08

th_001_20150829114246018.jpg

堺市民会館建替え事業は、旧市民会館が昭和40年に開館し老朽化していた旧市民会館を解体し建て替える再開発計画です。(仮称)堺市民芸術文化ホール建設工事は、RC一部S造、地下1階、地上6階建て、延べ約1.97万㎡で、客席約2000席の大ホール、約300席の小ホール、大スタジオなどを備える計画です。設計は柳澤孝彦+TAK建築研究所・MORIデザイン建築事務所JVが担当、建設地は堺市堺区翁橋町2丁。工期は2017年12月28日までで、18年度の開館を予定しています。



【出典元】
堺市HP>
市民会館建替え事業新施設基本設計概要について
→建設ニュース>【官庁】1者無効、2者辞退で入札取りやめ/WTOの堺市民芸術文化ホール建設工事/堺市










th_002_20150829114246da8.jpg


新施設の設計コンセプトは、茶の湯文化が隆盛した堺らしい、落ち着いた格調高いたたづまいが木々の緑と調和した憩いとやすらぎの空間。建物の一部は周辺の緑と呼応する様に利休の茶の湯を思い起こす色彩「利休鼠」が彩りをそえています。また建物の周りを囲む水盤は、450年前、自由・自治都市としとして名を馳せた中世の環濠都市・堺をイメージしています。












th_003_2015082911424961e.jpg

大ホールは、音楽系を中心にクラシック、オペラ、バレエ、演劇、ポップス等優れた舞台芸術や多彩な公演をはじめ、大会や集会等にも対応可能な多目的ホールです。主舞台、袖舞台は多様な演出に十分答える事が出来る様に間口18m奥行き24m、高さ9m~12.6mを確保したプロセニアム形式。音響はホール全体が「よく響く楽器」の様な演劇空間を実現する他、客席は3層バルコニー構造を採用し、どの席からも舞台が見やすく快適な環境を確保するなど、最新鋭の多目的ホールとなります。


計画概要
・所在:堺市堺区翁橋町二丁目内
・敷地面積:14,823㎡
・建築面積:約7,700㎡
・延床面積:約19,700㎡
・構造:RC造
・階数:地上6階、地下1階
・客席:2,000席程度











th_IMG_0011.jpg


現地の様子です。旧建物の解体は完了しており、完全に更地になっています。














th_IMG_0004_20150829114244cd6.jpg


計画地の敷地面積は、14,823㎡とかなりの広さです。














th_IMG_0021.jpg







最後は堺市役所の展望室から見た現地の様子です。(仮称)堺市民芸術文化ホール建設工事については、予定価格が74億円で、熊谷・南海辰村・橋爪JV(無効)、巴・利晃・町田JV(辞退)、大林組・隆栄建設・国誉建設JV(辞退)の3者が参加し、熊谷組JVの入札額は98億8000万円で事前公表していた予定価格を約20億円超上回る札を入れ、1者無効、2者辞退で入札取りやめとなりました。おそらく予定金額を引き上げた上での再入札が行われる事になりますが、どのような結果になるのでしょうか・・・。

[ 2015/08/31 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(3)

堺東駅前のジョルノビルの建て替え計画、堺東駅南地区地区計画の状況 15.08

th_IMG_0075_2015082910444923c.jpg



堺東駅周辺地域は、同市の都心地域の中でも商業施設や行政機能が集積する本市随一 の中枢性を有する地域ですが、近年の社会経済情勢の変化に伴い、大型店の撤退、空き店舗の増加が進むなど賑わいが低下しており、これを再生し活性化を図ることが喫緊の課題となっています。 堺市が、平成23年3月に策定した堺市マスタープラン「さかい未来・夢コンパス」においては、堺東駅周辺地域のまちづくりの方向性として、広域的な都市圏の中枢を担う 政令指定都市・堺の玄関口として、商業・業務・行政・文化・居住機能を集積・強化させるとともに、駅前等の利便性を向上させることとしています。


そんな堺東駅前に立地する「 ジョルノビル」は昭和56年に市街地再開発事業により整備され、堺東駅前の商業を 担う施設として賑わってきましたが、核テナントであったダイエー堺東店の撤退後は商業機能が低下し、 建築物の耐震性能にも課題を抱えるなど老朽化も進んでいます。この為、地元においては、建替えに向けた検討が進められ、平成24年10月には市街地再開発事業によりビルの再整備を行うことが決議されました。



【出典元】
堺市HP堺市都市計画情報市街地開発事業市街地再開発事業
建設ニュース>【民間】特定業務代行者は竹中工務店・野村不動産JV/堺市の再開発ビルの再々開発事業/堺東駅南地区市街地再開発会社













th_IMG_0094_20150829104450929.jpg


「ジョルノビル」は、1981年に堺東駅前地区市街地再開発組合が建設した商業ビルで、SRC造、地下4階、地上8階建て、延べ38,618㎡の規模で開業当初からダイエーを核テナントとし、専門店街を有する、当時の典型的な駅前商業施設でしたが、ダイエーが2001年に撤退後は空きテナントが目立つようになり、ビルの空洞化が進行してきました。

堺東駅南地区市街地再開発会社は、「ジョルノビル」の建て替えに向けて、特定業務代行者として
竹中工務店野村不動産JVと契約を締結しています。計画では2015年度に権利変換計画の認可を経て実施設計に入り、2016年度から工事に着手し、2018年度の完成を目指しています。JVに野村不動産が入っているので、タワーマンションの名称は「プラウドタワー堺東」になるかもしれませんね。



【スペック】
名称:堺東駅南地区地区計画
所在地:大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通152
階数: 地上24階、地下2階
高さ:85m(建築物の高さの最高限度)
構造:---
杭・基礎 :---
主用途:商業施設、共同住宅、駐車場
総戸数:約330戸
敷地面積:約7,000㎡※地区全体、(建築敷地面積は約3,700㎡)
建築面積:約3,200㎡
延床面積:約46,000㎡※(容積率対象約33,000㎡)
建築主:堺東駅南地区市街地再開発会社、竹中工務店、野村不動産JV
設計者:未定
施工者:竹中工務店?
着工:2016年度(予定)
竣工:2018年度(予定)

















th_IMG_0046.jpg


堺東駅付近の様子です。ジョルノビルとは2階レベルでペデストリアンデッキで接続されています。堺東駅の駅ビルの老朽化の著しいので、こちらの再々開発もそのうち浮上するかもしれません。
















th_IMG_0026_20150829104453ea0.jpg



最後は引き気味で見た、堺東駅前の様子です。
[ 2015/08/30 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(5)

ポルタス堺


南海本線「堺駅」西口は再開発され「リーガロイヤルホテル堺」とオフィスビルの「ポルタスセンタービル」の2棟の高層ビルが建設されました。

■リーガロイヤルホテル堺 25階、高さ100m
■ポルタスセンタービル  16階、高さ68m


        
堺駅ビル。小振りですがガラス張りの今時なビルです。右側のカラフルなビルは駅ビルの後に建設された商業施設です。




        
駅のエントランス。壁面には堺の歴史を描いたレリーフが取り付けられています。けっこう立派な造りです。





        
ポルタス堺側から駅を見ました。駅ビルの隣に建設された商業施設が見えますが、色使いが子供っぽて周辺から浮いて見えました。もうちょっとシックな色使いに出来なかったんかな?




        
旧堺港側から「リーガロイヤルホテル堺」を見てみました。親水公園とマリーナが整備されていてちょっとビックリ。さらに「沢山のクルーザーが停泊してるなぁ」と思って見ていると「特価!1800万円」というPOPが見えて2度ビックリ。ここはクル?ザーを販売しているお店でした。あと、ジャパンの外壁が景観を壊している気がしました。。




        
親水公園を絡めて。ちょっと堺駅の駅裏とは思えない風景です。




        
最後は、前回ご紹介した「堺東」からの遠望。大小路シンボルロードが一直線に伸びていました。そういえば、このシンボルロードに建設予定だったLRT計画は白紙に戻されたそうです。代替え案として地下鉄「四つ橋線」の延伸を考えているとか?地下鉄だと建設費が莫大でペイ出来ないので、LRTを検討していたはずですが。。。どうもLRTに対する理解が低いようですね。。。


→日本初の本格的なLRT「ポートラム」

以前ご紹介した富山市はポートラムの成功を元に既存の路面電車の路線を改良、延伸し「市内環状線」を建設しています。。。
[ 2009/11/12 00:04 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(1)

堺市役所と堺東


堺市は近畿地方で4つ目の政令指定都市で人口は83.7万人です。




        
堺市役所 高層館。地上21階、高さ94.6mの超高層インテリジェント市役所です。市の中心部、南海高野線:堺東駅前にそびえ立っています。




        
堺市は面積が150平方キロと政令指定都市の中では特に面積が狭いです。人口規模で同じ位の静岡市の1/9の面積!です。写真は大阪市方面ですが大阪市から連続して市街地が続いていおり、非常に高密度な市街地をもっています。

?参考資料?

■堺市
人口:837,756人
面積:150km²
密度:5,590人/km²

■新潟市
人口:812,223人
面積:726km²
密度:1,120人/km²

■静岡市
人口:717,198人
面積:1,411km²
密度:508人/km²


        
堺東駅です。駅ビルには高島屋があります。南海高野線は高架化されていません。写真右端に前回ご紹介したベルマージュ堺がひょっこり頭を出しています。



        
堺東駅を見下ろすとこんな感じです。隣接して大阪市があるので賑わいはそれなりです。大阪都心から放射状に伸びる3路線が堺市を貫通し、3つの「堺」駅が数キロづつ離れて立地しており街に一体感がありません。3つの「堺」駅を1つに結ぶ鉄軌道系の東西交通機関は堺市の発展の為には必要不可欠だと感じました。



        
方角を変えて東側です。写真に映っている大きな緑は「仁徳天皇陵」、世界最大の陵墓です。日常生活にとけ込んで世界的な遺跡、寺社仏閣が点在しています。近畿地方の歴史の深さ、濃さは半端じゃないです。




        
前回ご紹介した「ベルマージュ堺」と今回の堺東、仁徳天皇陵の位置関係はこんな感じです。

[ 2009/11/11 01:40 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(9)

ベルマージュ堺


ベルマージュ堺は「JR堺市駅」駅前、西側に建設された再開発ブロジェクトでタワーマンション2棟と商業施設等からなる複合施設。1999年2月に竣工し3月開業。総工費593億円のビッグプロジェクトでした。




        
ランドマークとなるツインタワーマンションは地上43階、高さ142.8m。堺市で最も高いビルです。低層部の商業棟は地上4階建、延床面積、約36,200m²
主要テナントとして「イズミヤ」、大阪信用金庫、スポーツクラブ、堺市立中央図書館堺市駅前分館、医院が入居しています。




        

【プロジェクトのスペック】
敷地面積:20,189m²
建築面積:14,108m²
延床面積:145,597m²
総工費:593億9000万円

□ベルマージュ堺壱番館:分譲住宅339戸
□ベルマージュ堺弐番館:賃貸住宅395戸
ツインタワーマンションは共に地上43階、高さ142.83m




        
目の前には西洋式庭園をモチーフにした公園がありました。堺市の中心は南海電車の「堺東駅」周辺なので、この「JR堺市駅」周辺はのんびりした雰囲気が漂っていました。



        
周辺はマンションと住宅で埋め尽くされていました。
[ 2009/11/10 00:05 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(7)