あべのand

Hoopの南側に建設中の、近鉄百貨店の新しい商業施設名は「あべのand」に決まりました。グランドオープンは9月9日を予定しています。これは、近鉄百貨店本館の立て替えに伴い減少する売り場面積をリカバーしつつ、阿倍野地区の面的開発を行う意欲的な開発物件です。既存のHoopは建物の中心に吹き抜け通路があり、andに続く歩行者導線は確保されていますので、先を見越した設計だったのでしょう。


                         
以下、近鉄からのプレスリリースより。

近鉄百貨店では、この度、新たな商業施設として「あべのand」をオープンする 運びとなりました。 阿倍野・天王寺ターミナル地区は、梅田、難波に次ぐ大阪市内第三位のターミナルであり、 その規模にふわしい商業集積を創出すべく、2000年に開業したHoopに引き続き、 近鉄百貨店プロデュースの『ライフスタイルマーケット』として開業いたします。

今回の開発は、さらにHoopの南側へ回遊ゾーンの拡大を図り、特徴ある街づくりを目指すもので、「都市生活者のライフスタイル」をテーマに、大型生活雑貨専門店「ロフト」 を核店舗とする専門店ゾーンと近鉄文化サロン(カルチャースクール)、近鉄旅行サロンで 構成する都市型複合商業施設といたします。また、大阪府パスポートセンター阿倍野分室 も同施設内に開設を予定しております。開業後は地域や沿線の皆様をはじめ、より多くのお客様にご満足いただける施設運営を目指し取り組んでまいります。

所在地 大阪市阿倍野区阿倍野筋二丁目1番40号
● 敷地面積 4,783?
● 延床面積 17,200?
● 営業面積 約14,000?
● 店舗・施設数 43
● 階 数 地上7階(ただし、7階塔屋)
● 総工事費 40億円
● 売上目標 70億円(年間)
● 開業予定日 平成20年9月9日(火)グランドオープン

             
関連記事
[ 2008/07/17 01:10 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(0)

レジデンス梅田ローレルタワー

                   ※豊崎四丁目に建設中の「レジテンスタワー梅田ローレルタワー」

近鉄不動産が大阪市北区豊崎四丁目に建設している35階立てのタワーマンションです。最近のローレルタワーブランドに共通する無難な外観デザインのタワーマンションで、先行して北区万歳町に建設中、完成間近のローレルタワー梅田と酷似しています。

このレジテンスタワー梅田ローレルタワーは、新御堂筋に近い立地で、新大阪駅から梅田に向かう人々に偉容を見せつける事になります。また、万歳町のローレルタワー梅田との位置関係が絶妙で、梅田の勢力範囲が広がったように見えます。中規模のながら、完成が楽しみな物件です。

階 数 :地上35階、地下1階  
建物高さ:最高部121.5m


 
                               
                    ※こちらは、万歳町で完成間近の「ローレルタワー梅田」。デザインが似ていますね。
関連記事
[ 2008/07/17 00:42 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

ルネッサなんば

「ルネッサなんば」は、旧国鉄貨物ヤード跡地を再開発するプロジェクトで、当初は関西国際空港の玄関口として、鉄道、高速バスターミナル、CAT(チェックインカウンタ)を一体的に整備し、同時に200m級の高層ビル2棟と150m級の高層ビル3棟を建設するはずでした。

その後、バブル崩壊とともにプロジェクトは縮小を余儀なくされ、一時は閑古鳥が鳴く状態で全く進展がありませんでした。しかし、近年のタワーマンションブームや大阪の景気回復もあり、ルネッサ難波地区は見違えるように整備されてきました。いつの間にか、難波・湊町地区だけで、他の政令指定都市1つに匹敵するほどの数の高層ビルが集積しました。今後も、先日発表された「リプラス」のプロジェクト、同地区に隣接する「南堀江複合施設計画」が始動しており、ビル密度は上がって行きます。

                 


ルネッサ難波地区で最大の物件がこの「マルイト難波ビル」で、地上31階、地下1階、塔屋2階、高さ144mの大型ビルです。
関連記事
[ 2008/07/02 22:20 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(0)