もうすぐ頂上


建設中の「Theタワーキタハマ」ですが、ものすごい速度で組み上がっています。もうすぐ頂上まで到達します。高さが200mを超えると150mぐらいの高層ビルとは異次元の迫力が出てくる気がします。   

                   

今回は「Theタワーキタハマ」の目の前にある「ブライトンシティ北浜」に宿泊してみました。電線が邪魔でうまく全体が写せませんでした。最近の大阪の再開発は、周辺部の電柱の埋設工事をケチっているのが残念でなりません。せっかくのデザインもクモの巣電線で台無しです。。。

          
         

ブライトンシティ北浜は「高級」な「ビジネスホテル」で付加サービスは基本的に期待できません。客室は広さ20平米を確保、ゆったりとしたシングルルーム主体の構成です。ベッド幅は150cmのダブルサイズで「京都ブライトンホテル」にも採用されている「ドリームジャーニーベッド」を全室に導入しています。寝心地はすこぶる良いです。またバスタブは少々窮屈ですが洗い場付きのバスルームがあり湯船にお湯を張ってジャバジャバ出来る点が特筆すべき点です。唯一、エアコンの効きが「遅い」のが気になりました。ホテルの一階には京都の有名店「グランマーブル」が入っており、朝食の割引クーポンがもらえました。テラス席もあり中々お洒落。名物のマーブルデニッシュも中々おいしかったです。

【グランマーブル】
http://www.grandmarble.com/officialshop.html

このブライトンシティ北浜、現在の所は大阪市内で最高のコストパフォーマンスを発揮している思います。これだけしっかりデザインされ設備も充実したホテルに開業記念のバーゲンセールとは言え「9800円」で宿泊出来るからです。しかしブライトンも安泰とはしていれません。11月には宗右衛門町に「ホテルビスタグランデ大阪」がオープンします。全室シモンズのベッドを導入する様です。ブライトンシティ北浜と価格帯ではモロにかぶります。

数年前まではこの1泊1万円?1万5千円の間の価格帯は従来は空白地帯でしたが、「ホテルトラスティ心斎橋」が先陣を切って開拓し成功を納めました。
「日経トレンディ」によればトラスティ心斎橋の昨年の年間稼働率は90%を超えているそうです。今後は、この「ビジネスホテル」と「シティホテル」の間の価格帯も競争が激しくなってきそうです。そのうち何が「ビジネスホテル」で、どこからが「シティホテル」なのか?境目もがなくなって行くような気がします。一番厳しくなるのは老朽化が進んで色あせた「自称シティホテル」でしょうね。。。
関連記事

堂島クロスウォーク


中之島線巡りのあと、ほたるまちに寄りました。またまた時間が無くて滞在時間数分といった感じでした。でもキレイだったので写真をパチリ。
夜。。と言うか暗い所での撮影は難しいんですね。本当に思い知りました。今回もピンボケばかりです。。とりあえず雰囲気だけでもお楽しみ下さい。

          

「ほたるまち」の真ん中にある広場『堂島クロスウォーク』です。池の様に見える部分は「水溜まり」ではなく「しみ出した水」が「表面を覆っている」斬新な作りです。

          

近づくとこんな感じです。ほんの小さな高低差を利用して池の様に演出しています。

          

植え込みの周りを囲んでいる金属のリングがカッコいい。

          

おまけ:ABC、朝日放送の新ロゴマークです。
関連記事
[ 2008/10/22 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(0)

中之島線に乗ってみた3


渡辺橋→中之島に移動しました。1つ前の渡辺橋駅とは対照的に、中之島駅は「木」をイメージして壁面全体に木が使われています。







          

限られたスペースを使って発着線を増やす為に、淀屋橋駅と同様に切り欠けホームになっています。カーブを描いているので先まで見通せる為、不思議な感じがしました。

   





       

衝突防止用のダンパーが設置されています








          

ホーム上は他の新駅と同様のデザイン。在来塗装の車両と最新の駅設備の対比がおもしろい







          

ホームの一番置くを見ると。。。???こっこれは!なんとシールドマシン(トンネルを掘る掘削機械)のカッターがオブジェとして飾られているではありませんか!なんか、こう誇らしい雰囲気を醸し出していて何故か感動しました!








          

ライトアップされています









          

反対側にもありました!中之島船は現在の所ここ中之島駅が終点の盲腸線ですが、将来的には西九条駅、果てはUSJまで伸ばす構想がありますが、これを見るとやる気満々に思えてきます







          

最新鋭フルカラーLED電光掲示板と古参の5ドアー車








          

各駅を巡って気になったのが階段の手すりの形状。何故か「なみなみ」型になっています

          







改札外ですが、大勢の人でにぎわっていました。








          

改札から地上につながる通路には「リーガロイヤルホテル」の文字が。陸の孤島だったリーガロイヤルホテルは中之島線のおかげで駅直結になりました。京都の主要な観光スポットにアクセス出来る京阪とタイアップした企画が出てきそうです。







          

他の地上出口です。なんば橋駅以外は、ほぼ全ての出入り口がこのデザインになっています

       





   

やはり新しい路線の誕生は嬉しいもんですね。駆け足で巡った中之島線ですが、最近の鉄道新線(おおさか東線、JR東西線、今里筋線)と比べれると相当贅沢な作りだと思いました。久々の都心を貫く新線なので気合いが違うという所なのでしょうか?あと、中之島線開通にあわせて京阪が導入した新しいCIデザイン、これ相当カッコいいです。在来車の塗装変更と各駅のサイン類の更新が完了する頃には、今よりあか抜けた京阪になっている事でしょう。つぎは、西九条への延伸が具体化してうほしいな?と、思ったりしつつ、駆け足の写真レポートでした。
関連記事
[ 2008/10/21 07:54 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(2)

中之島線に乗ってみた2


天満橋→大江橋に移動しました。大江橋駅は大阪市役所や日本銀行の重厚な石作りをイメージした意匠になっています。        

     




     

壁面は石と木のコンビネーション







          

駅事務所はガラス張りで開かれた感じがします。自動改札機はバーレスの最新型がズラリならんでいます







          

自動改札機のストップパネルの「黄色」の帯が良いアクセントになってます。新型車両N3000系(通称)の肘掛けの意匠と似ています







          

御堂筋線との接続を考慮してか、地上との出入り口はかなりの広さでした







          

続いて大江橋→渡辺橋に移動。こちらは「金属」をテーマにしています







          

ステンレスと木のコンビとは珍しい!ピンぼけてます。。。

          






壁面をアップで。ほんとにピカピカしてます。メチャ斬新な感じだ。







          

自動販売機類もシステマチックにレイアウトされて、細部までデザインされています







          

コンコースとホームを結ぶエスカレーター周辺は各駅同じようなデザインでした。







          

改札口です。駅事務室は大江橋とほぼ同じ意匠です。やはりフルカラーLEDを用いた電光掲示板はみやすい。







          

異なった素材、石と木。異なった照明色、白色と電球色







          

モスバーガーの様な小さな黒板がありました。手づくり感を演出?!
関連記事
[ 2008/10/20 14:32 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(0)

中之島線に乗ってみた1


ついにこの日がきました。長らく天満橋から中之島北部を東西に横断する鉄道新線「京阪中之島線が今日(2008年10月19日)に開業しました!早速天満橋→中之島まで順番に駅巡りをしてきました。






          

起点となる天満橋にある「八軒屋浜」のリバーサイドテラスではミニコンサートが開かれていて、新線開業を盛り上げていました。
       





   
          

続いて天満橋のホームにおりましたが、ご祝儀乗車が多くてかなり込んでました。ホーム上に設置されているフルカラーLEDを使用した案内装置が大きくて見やすい!中之島線の為に設定された新種別「快速急行」が掲示されています。






          

間もなくホームには、最新鋭N3000系(通称)が入ってきました。写真はピンぼけで撃沈でしたが、新型車両の出来映えは◎!の出来でした。LEXUSのシートにも利用されている「アルカンタラ」素材を使ったシート、高めの背もたれはプライベート感を演出していました。室内に設置されたLCDモニタ装置の表示方法がかっこ良く、路線図をスクロールさせながら見せる斬新な表示でした。同グレードと思われる阪急9300系といい勝負です。個人的には甲乙付けがたいな。






          

駅間のシールドトンネルをのぞいてみました。サイバーな雰囲気満点です!シールドマシンが頑張って掘ってくれたんでしょう。滑るように電車が行き交っていました。








          

天満橋→なにわ橋駅に移動。中之島公会堂の真ん前の駅です。








          

ホーム上の空間は細部に至までデザインされており、非常に気持ちがよいです。壁面には御影石と木材を組み合わせてあります。








          

各駅のホーム上に設置されているベンチですが、これまたシンプルながらお洒落な感じですよね。








          

ホームから改札階に上がりました。この改札階の天井高さは10mあるそうで、私鉄駅の地下空間としては特筆すべき高さです。また、ふんだんに使われた木材が斬新な印象を与えています。







          

壁面と屋上を見上げたところ。高い天井が気持ちいい。それにしても本当に多くの木材がつかわれています。駅とは思えない心地よい空間です。








          

木、石、ガラス、鉄、異なった素材の調和

    






      

コンコースからホームにかけてはあくまでクールな印象








          

フルカラーLEDを使用した電光掲示板。

          







乗り越し精算機の案内板のデザインまでカッコいい!案内サイン類のデザインが秀逸で関心しました。駅名や出入り口案内、精算機の案内に至まで徹底されており、非常に美しいです。広島のアストラムラインのデザインを手がけた「株式会社GKデザイン総研広島」が担当しているとの事です。新生京阪のトータルデザインに期待です。







          
ガラス張りのエレベーター。








          

この「なにわ橋駅」の出入り口のデザインは安藤忠雄さんのデザインです。安藤さんらしいガラスとコンクリート打ちっぱなしのデザインでした。







          

ガラス張りの出入り口。丸い半円は中央公会堂をイメージしているそうです。







          

壁面のガラスタイルには数万のLED照明が埋め込まれています

  





        

出入り口周辺はまだまだ工事中状態でごちゃごちゃしていました。現状復旧工事が完了すれば、公会堂周辺の美しい景観が戻ってくる事でしょう。

      





    

アートエリアB1?イベントスペースの様です
関連記事
[ 2008/10/19 22:06 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(0)