理研:次世代スーパーコンピュータ


この次世代スーパーコンピュータは、理化学研究所が中心となって開発を進めているスーパーコンピュータを中心とする共用施設です。先日の新聞報道では「NECと日立が計画から離脱」との報道があり先行きは不透明ですが、施設自体の建設は相当進んでいます。プロジェクトの推進期間は2006?2012年度で,総額1150億円を投入し2010年の稼働目標に変更はないとの事ですが、調整はあると思います。

      

スパコンの建物に向かって緑のプロムナードが整備されていました。神戸市はツボを押さえた開発をしますよね。

      

さらに「医療関係企業募集!」の看板が。「次世代スーパーコンピュータ建設中」の屋外看板と合わせてインパクトを感じました。神戸市が商売上手なのが伝わってきます。

最後に独り言を。。。国は十数兆円の景気刺激策で降って湧いた様な「アニメの情報発信拠点」に150億円つぎ込む位なら、技術立国日本の威信がかかっているこの「スーパーコンピュータプロジェクト」に投資、事業推進すべきだと思います!僕の独り言でした。
関連記事
[ 2009/05/31 23:16 ] 兵庫県 神戸 | TB(0) | CM(0)

アクティ大阪増築工事 09.05


アクティ大阪の増築工事ですが、ついに二機目のタワークレーンが姿を表しました!左右対象に鎮座する様がカッコいい!なんだかやる気満々に見えてきます。

      

大阪駅を挟んで南北両方にタワークレーンが林立し壮観な眺めになってきました。現在タワークレーンが稼働しているプロジェクトは、「新北ビル、アクティ大阪増築、阪急百貨店建替え、富国生命ビル立て替え、CHASKA CHAYAMACHI、御堂筋フロントタワー、ホテルエルセラーン大阪、梅田ゲートタワー」とメチャクチャいっぱいあります。
これに秋からは本命の北ヤードが着工されれば、ものすごい状態になりそうです。

      
昔日経新聞でいわれていた「グレーター梅田(再開発により拡大する梅田圏の事)」が現実になりつつあります。
関連記事
[ 2009/05/30 01:15 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

御影タワーレジデンス 09.05


阪神電車の御影駅前に建設中のタワーマンションです。おそらく最?高さに到達する寸前ぐらいだとおもいます。「御影タワーレジデンス」は階数:地上47階、高さ:170mは神戸市内では最?の高さを誇り、真下に行くと圧倒的な高さ感が味わえます。御影駅前徒歩1分とロケーションも抜群です。

      

建物北側の国道2号線側から撮影しました。
あと、最寄り駅の「阪神御影駅」は想像以上に古い!古い高架線に急カーブしている駅で、ホーム長の延長が難しく、阪神なんば線から乗り入れる近鉄車6連が停車出来ない為に直通する「快速急行」はこの駅を通過としています。超近代的なワワーレジデンスとのギャップが凄過ぎると個人的に強く感じました。
関連記事
[ 2009/05/30 01:05 ] 兵庫県 神戸 | TB(0) | CM(0)

北陸新幹線


写真は金沢駅です。北陸新幹線を迎え入れる工事は着々と進んでいます。現在、北陸地方から大阪、東京、名古屋へのそれぞれの旅客数ですが、対大阪/名古屋方面への旅客数が対東京方面を圧倒しています。確か実数で約3倍あったと思います。





         


ですが、近畿地方とは「真逆」を向いて東京に向かって建設が進められる「北陸新幹線」。真新しい高架橋が延々と伸びています。

北陸新幹線は福井までのフル規格整備は内定しているようで、福井駅は駅部のみですが着工されています。ですが、肝心の福井から先「大阪までの区間」はルート選定を含めて全く着工のめどが立っていない状況が続いています。

本来北陸新幹線はその需要から見て「対大阪、名古屋方面」からの建設が必要で自然なはずです。なにしろ旅客数で東京方面を圧倒しているのですから。
しかし国や北陸3県の各自治体にはそんな考えは微塵もないようで、北陸新幹線は東京に向かって着々と建設されています。
そして、北陸新幹線の金沢開業は大阪-関西地区の経済に悪影響を及ぼします。北陸ブロック、少なくとも富山石川の2県はl完全に「東京志向のエリア」になってしまうと予想されます。近畿地方は重要な背後地域(北陸地方)を丸ごと1ブロック奪われる事になります。

なので、北陸新幹線の建設を僕は快く思っていません。。。
関連記事
[ 2009/05/22 00:10 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(5)

阪急西宮ガーデンズ Part4


ご紹介してきました阪急西宮ガーデンズですが、最後は屋上庭園をご紹介します。芝生と木々の潤いスペースとなっていました。

         
イベントスペースかな?小さいステージがありました。あと、床から水柱が吹き上がる噴水があって、子供達がずぶ濡れであそんでいました。


         
西宮北口駅とはペデストリアンデッキで直結されていて、途中ムービングウォークまで設置られています。柱が等間隔に立っているので、屋根が設置されると思います。
普通に通行出来ますが、まだ工事途中といった感じでした。

         
地上を走る阪急今津線ですが、高架工事が行われています。

         
駅前にはロータリー整備されています。

西宮ガーデンズ、相当気合いが入っていました。作りが丁寧というか、しっかりデザインされているのが感じとれました。また、建物構造も斬新です。普通この手のショッピングセンターは、商業棟と駐車場棟が近接して立てられる事が多いです。ですが、西宮ガーデンズは駐車場部分を「建物中心部分」に内包しています。
簡単に言うと、建物の真ん中が立体駐車場になっていて、それを取り巻くように4つのモール+αが配置されているのです。これにより、駐車場から物販スペースへの移動距離の短縮を実現し、屋上部分を緑化する事が可能になっています。

これだけ巨大な建築物になると、建物真ん中部分が間延びする事が多いので、それを上手くクリアしている本当に斬新な設計だと思います。
関連記事
[ 2009/05/11 21:58 ] 兵庫県 西宮・芦屋 | TB(0) | CM(2)

阪急西宮ガーデンズ Part3


第三弾は「南モール」です。このあたり、初回にご案内した「北モール」とは対照的に近未来チックな装いで、ますます空港のようです。

         
4階レベルからの眺め。おお。北モールの「ウォーム」な感覚から一転して、クールモダンと言うか、未来チックな雰囲気です。

         
3階レベルから見下ろす。全体的に真っ白な色使い。アクセントに焦げ茶色の手すりが効いてます。


         
一気に1階まで下りました。植えられた木々がなんだか南国風でトロピカルな印象です。このエリアに入居してるテナントも雰囲気に合わせて若々しい感じの店が多かったです。


          
これまた要衝にある吹き抜け空間。LED照明が徐々に回転し動きがありました。


         
フロアレベルはこんな感じで確認出来ます。


         
見上げればドーム屋根。この辺りはありきたりなデザインかな。最初に見た「北モール」のインパクトには負けます。
関連記事
[ 2009/05/08 00:14 ] 兵庫県 西宮・芦屋 | TB(0) | CM(2)

阪急西宮ガーデンズ Part2


今回、一番度肝を抜かれたのがこの「ショーケース」です。最初は「はでな服着た子がおるなぁ。。」と思ってみていたら、なんとマネキンでした!エレベータに似せて上下に動くショーケースです。


         
すぐ隣には本物のエレベータで人間が上下している。。。これを発想した人と実際に作ってしまった阪急は凄い。

         
見下ろすとこんな感じです。なんとも現実感のない空間。

         
エレベータとショーケースを真横から見ました。


         
このエリアは毛足の長いカーペット敷きでフカフカしていました。このあたりに有名な家具、「カリモク60」のオフィシャルショップがあってビックリ。初めて見ました。
関連記事
[ 2009/05/06 00:14 ] 兵庫県 西宮・芦屋 | TB(0) | CM(0)

阪急西宮ガーデンズ Part1


遅ればせながら「西宮ガーデンズ」に行ってきました。西日本最大のSCとの事ですが、正直あんまり期待しないで行きました。が、とても良い意味で期待は裏切られました!さすが阪急と言うか、全体的に非常にデザインが良く作りが凝っていました!!たくさんの写真を撮ってきましたので、数回に分けてご紹介したいと思います。

         
西宮北口駅からペデストリアンデッキで直結されたエントランス。2フロア吹き抜け&ガラス張りの壁面で開放感抜群です。

         
西宮阪急の入り口です。立て替え中の梅田本店にも通じるデザインですね。


         
吹き抜けを3階から振り返ってみました。相当な開放感があります。広い。

         
インフォメーションセンターの壁面にはメルヘンな壁画が。宝塚チック?な感じです。


         
奥に向かって進むと1つめの吹き抜け空間が現れます。この吹き抜け空間は、施設の要所に配置されいて、自分が居るフロアレベルを確認する事が出来ます。この写真は2階レベルからの撮影。

         
そして、1つめのショッピングモールを眺めました。見てください、この上質な内装!白壁、木目、ガラス、そして天然木による植栽、天井から漏れる自然光!普通のSCとは次元が違います!

         
1階フロアを見下ろしつつモールを撮影しました。SCというより空港の様で、特にシンガポール「チャンギ空港」を連想してしまいます。

         
1階レベルには、関空の「キャニオン」の様に自然木が植えられています。凄い!

         
各ショップの前はこんな感じです。モダンなタイルカーペット、至る所に設置されたベンチ、緑の木々が潤いを与えています。こりゃ本当に凄い施設だ!
関連記事
[ 2009/05/05 00:38 ] 兵庫県 西宮・芦屋 | TB(0) | CM(2)