新北ビル09.05


日に日に大きくなっている新北ビルです。ビル好きだけでなく、道行く人々も「見上げて眺める」様になった気がします。写真は先月撮影です。

         
西梅田と絡めて。西梅田のビル街と一体感が出てきました。





【おまけ】
         
前回に続いてTilt Shift makerで作ってみました。これは中々模型っぽくなったかな。
関連記事
[ 2009/06/28 00:28 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(2)

石川県庁


石川県庁行政庁舎
(左)地上19階・高さ98.8mです。平成15年1月に香林坊から県庁が移転してきました。広大な敷地(10.3ha)に庁舎三棟が立ち並んでいます。周辺には緑豊かな緑地公園が整備されていて気持ちいいです。ホンマに贅沢な作りだな?。人口117万人の県の県庁とは思えない。。。









         

手前から県警本部、行政棟、議会棟

移転、建替えで揺れ動いている「大阪府」は「石川県」より遥かに大規模。石川県庁でも100m弱、延べ床面積6万平米以上の規模なので、府庁行政棟は12万平米、高さ200m位ないと収まらないのでは?と思いました。








         

行政棟正面は幅50m以上ある広場が整備されています。メチャクチャ広い!そして立派。役所特有の威厳のような物を感じました。








         

19階展望フロアにはお決まり通り「庁舎の模型」がありました。全体がよくわかります。









         

全体のMAPです。








         

展望フロアから金沢市中心部を望む。金沢駅に伸びる緑の帯は「50m道路」と呼ばれているシンボルロード。ケヤキ並木が美しいです。




【おまけ】
         

バスプールをミニチュア化、これはイマイチ。。。
関連記事
[ 2009/06/26 00:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(0)

鋼の恐竜


港大橋です。
ゲルバートラス橋方式で世界3位にランクされる大規模な橋です。1974年に開通しています。吊り橋とは違うダイナミックな迫力が魅力的で、大阪港のシンボル的存在だと思います。ライトアップを上手く行って売り出したら良いのに。。。と常々思っています。

ちなみに、タイトルの「鋼の恐竜」は世界ランキング2位「フォース鉄道橋」のニックネームです。昔に見たNHKのテレビ番組「テクノパワー」で紹介されていたのを思い出しました。。。

そして港大橋も、まさに「鋼の恐竜」。



【おまけ】
         
簡単にミニュチュア写真が作成出来るサイトを見つけたので、ミニチュア写真作成に挑戦中(^^; かなり面白いです。
関連記事
[ 2009/06/25 00:03 ] 大阪都心 ベイエリア | TB(0) | CM(0)

WTC


咲洲(南港)にそびえ立つWTC。正式名称は大阪ワールドトレードセンタービルディング(Osaka World Trade Center Buliding)、ニックネームはコスモタワー。これが出来た時は余りのカッコ良さに感動しまくりで、毎週夜に車で見に来てました。




やっぱり高い!僕のデジカメじゃ全然収まりません!209mのTheタワーキタハマのも「高い!」と感じますが、あらためてWTCを見上げると「高さ250m」オーバーは異次元の高さです。




ブレブレですが、WTCの2階エントランス。ガラスと鉄と大理石。僕は夜のココがとても気に入っています。上下するエレベータに高輝度のライトが付いていて、まるで未来都市に舞い込んだような気になれます。ホンマにカッコいいですよ。。。





エレベータホールも未来都市。51Fの表記が非現実的。食べ物屋さんの行灯看板が邪魔かな。。写真はボケボケです。。。




ATC越しから見たWTC。高すぎて遠近感が狂ってしまうほどです。ATCの木々も大きく育ってすっかり風景にとけ込んでいました。



府庁移転云々で騒がしいWTCですが、世界に通用する立派な超高層ビルだと思います。ネガティブキャンペーンの対象としてでは無く「カッコいい大阪!」の象徴となってほしいと思います。
関連記事
[ 2009/06/24 00:05 ] 大阪都心 ベイエリア | TB(0) | CM(2)

三宮遠景


今回はポートライナー車内から見た三宮の写真をご紹介します。  

         
それにしても神戸は立体的な街です。何層も折り重なった高架道路、新交通の軌道、高層ビル、トラス橋、六甲山、港。

         
神戸は「人工的建造物」をもって自身の景観を「積極的に創造」してきた都市。いまさらの高さ規制は本当にナンセンスだと思います。

         
ズームで撮影すると、ポートライナーの軌道の凸凹さが強調されました。左が開業からの軌道、右側が神戸空港開業時に増設された新しい軌道。人工島なので真っ平らだと思っていたら結構アップダウンがあるんですね。左右の軌道からテクノロジーの進歩が垣間見えます。
関連記事
[ 2009/06/21 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

なら100年会館


バブル後の厳しい時代を経てようやく形を表し始めたJR奈良駅西口の再開発。奈良駅西口には有名建築家による建築物が並んでいます。その中でも特に目を引くこの建物、「なら100年会館」は奈良市市制施行100周年の一環として1998年に竣工した多目的ホールです。大ホールは最大1,692人収容可能で奈良県では最大。設計者は有名建築家の磯崎新(いそざきあらた)さん。

         

ものすごく個性的な外観。浮上してきた原子力潜水艦にも見えますし、巨大な釜にも見えます。黒っぽい瓦タイル張りの外観が独特な雰囲気を醸し出しています。静岡市にある多目的ホール「グランシップ」も磯崎さんの作品だそうで見ると「なるほどな?」と思いました。

【スペック】
開館 - 1999年2月1日
設計 - 磯崎新
敷地面積 - 16,061?
建設面積 - 6,416?
延床面精 - 22,682?
規模 - 地下1階、地上5階

         

オープンしてから10年になりますが全く古くさくなりません。この壁の色使いと素材感が凄く良いです。手前に写っているペデストリアンデッキで奈良駅と直結されています。



         
謎の時計。


         
JR奈良駅前再開発第一ビル。イタリアの建築家アルド・ロッシさんがデザイン。テナントにはホテル日航奈良が入居、同ホテルは奈良県内で最大。


         
JR奈良駅のレインボーな部分は「青丹よし」を現代的にアレンジした「五彩の色」のカーテンウォール。

昨年からの厳しい経済情勢の為、マリオットホテルの計画が白紙になったのが残念です。他の地方なら「三顧の礼」で勧誘していたであろう「国際ブランド」のホテルだったからです。現状の奈良駅周辺はまとまりがなく寂しい感じですが、駅の高架化工事の進展に合わせて着実に一体感のある開発を進めてほしいと思いました。
関連記事
[ 2009/06/19 12:50 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

赤い観覧車と赤いクレーン


いよいよ最上階まで組み上がり外観はほぼ完成状態です。

         

3機のタワークレーンが3方向を向いて静止していました。なんかカッコいい。


しかし。。。百貨店部分は今秋オープンと言う事なのですが、スケジュールがタイトなのでオープニングまでの準備は超人的な作業となりそうです。あと2期工事が始まると、「大阪駅御堂筋口とムービングウォークを結ぶライン」が通行止めになるそうです。もの凄い人が影響を受けるはずなので、工事期間中は一体どうなる事か!?
関連記事
[ 2009/06/17 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)

宗右衛門町リファイン23


道頓堀のすぐ北側にある東西の通り、「宗右衛門町通り」(御堂筋?堺筋)も以前ご紹介した三休橋筋と同じく電線地中化が実施されます。計画名は「宗右衛門町リファイン23プロジェクト」。2009年夏頃より工事が開始されます。また、電線地中化の完成後、“石畳の道”の復活を含めた道路美装化が行われます。この道路美装化によって、宗右衛門町通りの歩行空間は「北側2.5m/南側1.5m(中央部の車道幅は3.8m)」に拡幅されます。

こういう計画は大歓迎です。宗右衛門町通りは道頓堀に近く、大阪を訪れた観光客に対するイメージアップ効果は高そうです。そういえば北新地の新地本通はすでに電線地中化が完了していますよね。あと、立花通り(オレンジストリート)、日本橋のオタロード、心斎橋の鰻谷通りなどは直ぐにでも電線地下化と道路美装化に着手してほしいと思います。

関連記事
[ 2009/06/15 09:22 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(0)

JR奈良駅高架化工事09.05


前回から、ほぼ1年ぶりに見に行ってみました。ホームから見た感じは前回からほとんど変化がありませんでしたが、1フロア下ってみたらビックリ。なんとも「奈良らしい」木を全面に打ち出した内装を作っているではありませんか!天井もそれっぽいです。

         

前回は2、3番線と4、5番線のコンコースが分断されていましたが、今回は工事が進み1フロアフラットで移動出来る様になっていました。また大画面で4段表示が可能なLEDが4機設置されていました。ただし3色表示。。。

JR西日本も主要駅にはフルカラーLEDを採用してはどうでしょうか?JR西が見栄をはえば在阪私鉄もライバル心むき出しで対抗するでしょうし、それがレベルアップに繋がると思います。
         
1番線(桜井線)はまだ地平ホーム。

         
でも桜井線高架部(画像左端)、大分出来上がっています。

         
ホームは前回訪問時と変化ありませんでした。

         
階段、エスかエーターを覆う「アクリルの壁」が圧迫感が少なくていい感じでした。

         
駅前には「スーパーホテルLohasJR奈良駅」が出来上がっていました。スーパーホテルにしては落ち着いたデザインで一安心。ただ、計画されていたマリオットホテルは白紙撤回となってしまいました。残念。

         
旧駅舎ですが保存の為移動されました。外壁の美装化は完了している様で、現在は内装工事を行っていました。これからどんな風に活用されるか興味津々です。工事中の1番線(桜井線)が高架化された頃には、また来たいと思います。
関連記事
[ 2009/06/14 01:00 ] 近畿 奈良 | TB(0) | CM(0)

大阪中央郵便局 Before&After


プレスリリース内の画像をつかってGifアニメを作ってみました。現在と完成後の違いがよく解って面白いです。鑑賞ポイントは。。。

1、梅田スカイビルから見たパースを見ると、このビルと新北ビルの2棟が追加される事で西梅田と大阪駅が完全に連結される事が解ります。

2、阪神側から見ると、アクティ増築部と合わせてビルの谷間感がUPしています。

3、ヒルトン前からみると、劇場部分が目立っています。郵便局の保存部分が反映されていないので低層部は相当イメージが変わると思います。



         
【南、西側から見た立面図】
大きいですね。低層部がさりげなく「中央郵便局」っぽい形をしています。ですので、保存云々と騒がれている件ですが、壁面を低層部に取り入れてクリアするのではないでしょうか?


         
【北、東から見た立面図】
東西方向からみると若干スリムに見えるんですね。ビルの縦横比は東西方向から見た位が丁度いい気がします。

         

公開緑地の配置図です。ハービス、HAL側の交差点に向けて公開スペースを設けるみたいです。僕は大阪駅側にスペースを作るのかな?と思っていたので意外に感じました。

あと、建設時期から考えて北ヤードのビル群と中央郵便局建替えのタワークレーンが競演する事が予想されます。きっと西梅田が出来た時よりすごい事になると思います。今から楽しみですね。
関連記事
[ 2009/06/11 00:50 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(7)