本町ガーデンシティ 09.11


御堂筋を南から北上していると、中央大通り越しに本町ガーデンシティが見えました。




        
st.Regis大阪が入居する事で話題になっている本町ガーデンシティ。外観は既に完成状態で、来春の開業に向けて内装工事が続いています。

【過去記事】
→本町ガーデンシティ09.03.27
→本町ガーデンシティ09.08




        
低層部のR部分がいい味出してます。さらに、よく眺めると低層部の屋上に植栽された木々が頭を出していました。@関西人氏によると、この低層部の屋上に「日本庭園」が出来るそうです。st.Regisホテルがどんな演出をして来るか?楽しみですね。

【詳しくはこちら】
→陽は西から昇る! 関西のプロジェクト探訪
本町ガーデンシティ 2009年10月01 最後のタワークレーンの解体が始まる!






        
最後は本町通りから引き気味のアングルで。
関連記事
[ 2009/11/30 00:13 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(8)

アクティ大阪増築工事 09.11


アクティ大阪の増床工事です。前回と比べてさらに大きくなりました。

→新北ビル?アクティ増床 2009年10月



        
夕暮れ時の姿です。




        
増床工事が進むにつれて、この辺りの「ビルの谷間感」が増してきました。




        
夕暮れ時です。




        
増床部を真っ正面から見てみました。なんだか「ガオー!」って感じです。




        
夕暮れ時。。は撮ってませんでした!(笑)

最後は定番アングルで。緑がかった白乳色のガラスカーテンウォールがいい感じです。密かに梅田阪急ビルと同じ様な色合いになってました。
関連記事
[ 2009/11/29 01:07 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(6)

(仮称)京都ヨドバシビル


近鉄プラッツ跡地に建設中の「(仮称)京都ヨドバシビル」です。地上8階、地下2階、高さ30.95m、延べ床面積72,990平米の巨大な商業ビルになります。相当歪んでいますが完成イメージパースが現地に掲示されていました。

※「たろ」さんが歪みを修正してくれたのでイメージパースを入れ替えました。ありがとうございますm(__)m




        
京都タワーの北側に立地しています。





        
まだ鉄骨などは見えませんがガンガン工事を行っている様子でした。





        
建築計画の概要。延べ床面積が7万平米超なので相当な規模のビルです。ヨドバシカメラは家電屋さんというより「デベロッパー」の様になってきました。
関連記事
[ 2009/11/28 00:11 ] 近畿 京都 | TB(0) | CM(6)

新北ビル 09.11


昨日の新北ビルです。急ピッチで建設が進んでいるようで、1ヶ月ちょっとで大きく姿が変わっていました。

【過去記事】
→新北ビル 09.10-2
→新北ビル 09.10
→新北ビル 09.07
→新北ビル 09.05
→姿を現し始めた新北ビル




        
橋上駅舎部分を見ると。。ついにドーム屋根が姿を表し始めました!これを何枚も作って左右にスライドさせて屋根を懸けて行きます。最大の見せ場である「ドーム空間」の建設に着手した事で、新北ビル建設工事もいよいよクライマックスに突入です。





        
アクティ展望台から。橋上駅舎の真上で組み立てをする事で列車を運行しつつ、大規模ドームを作る事が出来るんですね。





        
アップで。よく見ると、写真左側に2本のレールとゴンドラが写っています。資材運搬用のリフトでしょうか。。。





        
専門店街の部分、新北ビル西側にもガラスカーテンウォールが取り付けられていました。けっこうカッコいいですね。やっぱり実際に出来上がって来ると印象がガラリと変わります。




        
最高部まで到達した超高層棟もガラスカーテンウォールをドンドン取り付けています。
関連記事
[ 2009/11/27 00:01 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(5)

梅田スカイビル


梅田スカイビルは僕が一番好きな超高層ビルです。大阪再都市化でご紹介するのは初めてです。




        
ブルーのガラスカーテンウォールが空と混ざります。





        
複雑な造形。京都駅ビルとベースデザインが重なります。




        
シンボルは空中庭園。屋上に出られるの画期的でした。


展望台からの眺めはこちら
→2009年11月18日 北摂を望む




        
このエスカレータが空中庭園へ導いてくれます。





        
振り返ると、落ちて行きそうな感じで怖い。。。






        
ウエスティンホテルと絡めて。そういえば「中自然の森」に放し飼いにされていた「リス」はどっかいっちゃったのかな?





        
3棟目の建設が予定されていた場所は「花野」と呼ばれる里山になっています。


関連記事
[ 2009/11/23 00:21 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(8)

ANAクラウンプラザ福岡

今回の福岡取材で宿泊したのは、このANAクラウンプラザ福岡です。すべてマイル特典で泊まれてしまいました。。。






        
14階にあるクラブフロアツイン(36平米)に泊まりました。昨年リニューアルしたばかりの客室は非常に魅力的で、広さも十分でした。






        
ベッド周りの色使いが斬新。





        
ソファとクッション。






        
デスクも大きくて使いやすいです。ただ、コンセントが全体的に少なく、PCやモバイル機器を多様している方はちょっと不便と感じるかもしれません。







        
バスルームは最新の分譲マンションのような「洗い場付きのバス」で非常にくつろげました。トイレと分かれているのが良いですね。今まで泊まったホテルのバスで一番快適でした。






        
エレベータホール。クールなデザインがGood!







        
クラブフロア宿泊者が利用出来る専用ラウンジ。時間帯によって「ティーサービス」「カクテルサービス」「朝食サービス」を提供しています。PCも設置されており無料で利用出来ます。ちょっといい気分を味わえました。


関連記事
[ 2009/11/23 00:14 ] その他 ホテル | TB(0) | CM(0)

なんばオリエンタルホテル

10月2回目の大阪取材で宿泊したのが、この「なんばオリエンタルホテル」です。千日前の商店街の中にあり、大変賑やかな立地のホテルです。




        
ロビー階は三階にあります。おお?結構豪華な気が。。大理石を多用したロビーからはビジネスホテルとは異なる高級感を感じました。あと、ロビーやエレベータで飛び交う言葉はほとんど中国語でした。中国からのツアー指定ホテルなんかな?




        
大繁華街のホテルとあってか?客室のセキュリティを高めるため、ルームキーを使わないと客室行きのエレベータにアクセスできません。写真の右手のガラス扉でガードされていました。




        
エレベータで客室に向かうと、突然中庭が現れました!おお!千日前にいる事を忘れてしまいそうな空間です。オープンエアになっており日中は日が降り注ぎます。




        
そして客室。23平米の広さがあり、ゆったりした2人掛けのソファーとシモンズのベッドを奢られゴージャスな感じです。防音がしっかりしているようで客室内は静寂そのものです。




        
そして、今回の宿泊費は、なんと【5000円】でした!ヤバすぎる安さです。17時in、10時outのプランでしたが取材で泊まるには十分です。時々現れるお宝プランをゲット出来てホンマにラッキーでした。

関連記事
[ 2009/11/21 22:52 ] その他 ホテル | TB(0) | CM(0)

福岡 Yahoo! JAPANドーム

IMG_0699.jpg
※2012年10月15日に画像追加、記事内容を加筆



福岡 Yahoo! JAPANドームは、福岡市中央区のシーサイドももち地区にある開閉式屋根を持つ多目的ドーム球場です。建築面積69,130m2、最高高さは83.96m、収容人員は38,561人、総工費は760億円です。












福岡 Yahoo! JAPANドームは、ずっと前から見てみたかったので目の当たりにして感動。










        

アメリカの球場の様な雰囲気、そして巨大です。










        

シーホークと絡めて。









        

少し離れても見ると、開閉式の屋根の形が見えてきました。左手の建物はショッピングモールです。









        

ドーム前バス停はドームから一番遠かった。。。















【おまけ】
        

ドームの前には、いろんな有名人の手形がありました。
関連記事
[ 2009/11/20 00:00 ] 九州・沖縄 福岡 | TB(0) | CM(8)

京阪3000系電車 (新)


京阪3000系電車(新)は中之島線の開業に合わせて新設された優等種別「快速急行」向けに新造された新型車両です。現在のダイヤは京都ー大阪間の都市間輸送重視の姿勢から中間駅利用者の取り込みに重点が移っており、それにマッチした3ドアクロスシート車となっています。

車両のデザインコンセプトは「風流の今様」。先頭車の前面は「花鳥風月」をイメージした円弧状になっています。車体塗色は上半分が青(エレガント・ブルー)、下半分が白(アーバン・ホワイト)、帯が銀(スマート・シルバー)で、「水都大阪」、京の「のれん」「伝統と格式」をイメージさせる紺色に白と銀色を加えることで、「都市の煌めき」や石庭における「川の流れ」を表現しています。







        

側面。フルカラーLED表示装置により複雑な種別を識別する事が出来ます。







        

車内。転換クロスシートが「1+2」配置で並んでいます。手すりなど随所に月をモチーフにした演出が見られます。紺色のつり革や黒く塗られた天井などが斬新なデザインです。







        

最大の目玉はこのシート。厚みのある背もたれ部分や通路側の肘掛けなど、高級感あふれる仕上げになっています。床にはシボが施されていて滑りにくくなっています。








        

極めつけはシートの素材。なんと「レクサス」等の高級車に採用されている高級スエード素材「エクセーヌ(アルカンターラ)」が奢られています。料金不要の通勤電車でこれは凄い!これは中之島に本社がある東レの協力により実現したそうです。手触りが気持ちいい。








        

車端部はロングシートですが、こちらも手抜かり無しの高級仕上げ。バケットタイプのロングシートの生地は当然エクセーヌ(アルカンターラ)。連結面のドアはタッチセンサースイッチ式の自動ドア。








        

ドアー上部に設置された液晶モニタ。表示内容のデザインは新しいCIと共通です。あわせて車内に流れるメロディはカシオペアの向谷氏が担当されました。ちなみに、この京阪3000系電車は2009年度の「グッドデザイン賞」を受賞しています。JRの新快速が高頻度、高速、快適を売りにシェアを拡大し、阪急、京阪の両私鉄は京都ー大阪の直通客重視から、中間駅客のつなぎ止めに方向転換して久しいです。そんな環境下で、阪急は9300系、京阪はこの3000系と8000系リニューアルで1世代新しくなりました。21世紀の京阪間優等列車バトルは新しいステージに突入します。


PS:今日は久しぶりにCDを買いました。B'zの新アルバムMagicです。B'zにしては珍しくMixが上手く聞きやすい仕上がり。4曲目の「MY LONELY TOWN」が良い曲だった。ボーカルの稲葉は今年45歳だそうです。僕も将来はこんな45歳になりたい。。(無理)

関連記事
[ 2009/11/19 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(6)

新歌舞伎座 外壁に唐破風


上本町に移転する新歌舞伎座。現在の新歌舞伎座のデザイン上の特徴である唐破風(からはふ)を新しいビルの外壁デザインに取り入れる様です。イメージパースを見ると、唐破風模様といった感じでしょうか。この新しい新歌舞伎座も着々と工事が進んでいます。こけら落としは2010年9月。

【過去記事】
→2009年04月24日 上本町駅南複合ビル(新歌舞伎座移転)
→2008年04月27日 近鉄劇場跡地(新歌舞伎座移転)


--------------------------------------------------
以下、産經新聞2009年11月17日の記事より引用


大阪・なんばで今年6月に51年の歴史に幕を閉じ、来年夏、上本町に移転する大阪新歌舞伎座の劇場部分の外観や仕様が17日、明らかになった。近代的な複合商業ビルにテナントとして入居するが、旧建物の特徴だった連続唐破風(からはふ)を外壁のデザインに取り入れるなど、旧建物のイメージの継承に取り組んでいる=イメージ図。

 新歌舞伎座は昭和33年に開場。日本を代表する建築家、村野藤吾氏の設計で、連続する唐破風のデザインで知られた。老朽化が進み、なんばでの建て替えが困難として、近鉄に移転を打診。平成22年に創業100周年を迎える近鉄の記念事業として、上本町への移転が決定している。

 移転する新歌舞伎座は、近鉄劇場跡地の新ビル(地下1階地上13階、延べ床面積3万8千平方メートル、総工費130億円)のうち、6階から8階に入居する。客席数は旧建物から174席減の1464席。従来と同じく、出演者と観客の距離が近い3層バルコニー構造を採用する。同時に、旧建物にはなかった回り舞台(直径14・5メートル)や花道に出演者が舞台下からせり上がる「すっぽん迫(せ)り」を設置するなど演出のための設備を充実させる。このほか、劇場まで直結のエレベーターや劇場内エレベーター、スロープも設置し、バリアフリー仕様としている。
 こけら落としは、来年9月3日から22日、松竹花形歌舞伎21世紀歌舞伎組公演(市川猿之助総監修)が予定されている。今年6月に興行を終了したなんばの旧建物の保存や跡地利用の計画は未定。
関連記事
[ 2009/11/17 18:07 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(3)