北ヤード 10.03


大阪駅北地区先行開発区域プロジェクト、通称「北ヤード」は、大阪駅北側の梅田貨物駅付近のコンテナヤード約24haに対する再開発計画で、先行開発地域約7haが本日着工されます。

【過去記事】
→北ヤードのイメージパース 09.08
→北ヤードのイメージパース
→北ヤード1期 全景
■追跡取材リスト



        

現地に掲示されている「建築計画のお知らせ」に掲載されている立面図です。今回着工される先行開発地域、約7haの落札価格は約3400億円、建設される4棟の超高層ビルの延床面積は約56万?と想像を絶する規模。三菱地所やオリックス不動産などの企業グループが開発を行う、日本最大級の市街地再開発計画となります。

【スペック】
□Aブロック(図面左)
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:179.5m  
敷地面積:10,571.09?  
建築面積:8,563.67?  
延床面積:187,933.43?


□Bブロック南(図面真ん中左)
階数:地上38階、塔屋2階、地下3階
高さ:最高部175.3m
用途:オフィス・商業・ナレッジ・キャピタル  

□Bブロック北(図面真ん中右)
階数:地上33階、地下3階
高さ:154m
用途:オフィス・ホテル・商業・ナレッジキャピタル 
敷地面積:22,680.05?  
建築面積:15,597.79?  
延床面積:294,775.31?
※Bブロック全体


□Cブロック(図面右)
階数:地上48階、地下1階  
高さ:174.2m
戸数:520戸  
敷地面積:4,665.63?  
建築面積:3,199.90?  
延床面積:73,907.02?
用途:共同住宅


        

こんな感じでクレーンが配置されます。クレーン総数は17基。壮観な眺めになりそうです。
※図面は読者の方から送って頂きました。





        

建築計画のお知らせに記載されていた配置図です。





        

クレーンの配置図です。





        

北ヤード先行地区の工程表です。地上鉄骨工事は2011年1月末頃からの予定。4棟の超高層ビルが姿を現し始めるのは来年になります。





        

世界で初めて先物取引を行い、戦前は東洋のマンチェスターとして隆盛を極め、戦後も新しいビジネスを次々に「創造」してきた日本を代表する先進都市大阪。この北ヤードプロジェクトを皮切りに、これから激しさを増す東アジアの地域間競争を勝ち抜き、西日本の「ローカル都市」から、世界に開かれ、世界中から人、物、金を引きつける「グローバルシティ」に脱皮し、日本経済を強力に牽引して行く事を期待したい、と思います。
関連記事
[ 2010/03/31 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(10)

三休橋筋電柱埋設工事 10.03


三休橋筋は、御堂筋と堺筋の中間位に位置する南北の筋。現在、電柱電線の地中化工事が行われており、同時に50基のガス灯も設置されます。

【過去記事】
三休橋筋のガス灯と電線埋設
■追跡取材リスト





        

ガス灯は大阪ガスや堺屋太一さんを中心とした「うずの会」などの寄付。デザインは液晶テレビの「アクオス」をデザインされている喜多俊之氏が担当されています。






        

電柱電線の地中化工事が進むと、一時的に上空がカオス状態になりますが、現在の三休橋筋はそんな感じです。既存の電信柱には黄色の幕が巻かれ、近々撤去されそうな感じでした。計画が発表された当時の新聞記事では2010年春完成予定、とありましたが、ちょっと間に合いそうに無い感じですね。。





        

【おまけ】
堺筋本町あたりの高層ビル街。
関連記事
[ 2010/03/30 11:30 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(4)

城東区永田3丁目計画 10.03


城東区永田3丁目計画は地下鉄深江橋から徒歩10分程度の自動車教習所跡地に建設されるタワーマンションです。以前ご紹介したザ・コムズシティ・ツインタワーズと同じく、JR環状線の外側に建つのがポイントで、景観的に大きな変化をもたらしそうです。規模も高さ142m、延床面積5万平米と大きいので、かなり楽しみな案件です。

■追跡取材リスト


        

【スペック】
階数:地上40階、塔屋1階、地下1階  
高さ:142.35m  
敷地面積:9,488.44? 
建築面積:2,044.10?  
延床面積:50,345.55?




        

物件の場所は地下鉄中央線、深江橋駅から大きな道路を北上し、ハナテン中古車センターのビルあたりの信号を左に曲がった所です。10年7月着工、鉄骨が姿を現すのは来年になりそうです。
関連記事

仮設ホーム撤去完了


大阪駅の新11番のりばの建設に伴い、仮設ホームを使いホーム幅が拡張されていた9・10線ですが、新11番線の供用開始のあと、ほどなく撤去され本来のホーム幅に戻りました。





        

当然ですが、三宮側の配線も変更されていました。





        

写真が2枚では寂しいので。。
新装なった11番線ホームの電球色の照明が良いアクセントになってます。





        

環状線ホームの直上はこんな感じです。
関連記事
[ 2010/03/29 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(0)

香里園かほりまち 10.03


「香里園かほりまち」は京阪本線香里園駅前の再開発プロジェクトの愛称です。再開発は3つの街区に分かれていて、現在建設中なのが、2街区(香里病院)3街区(ザ・香里園タワー)です。これらの完成後、引き続いて1街区(地上25階、塔屋1階、高さ87mのタワーマンション)が建設されます。

【スペック】
名称:ザ・香里園タワー
階数:地上 37階、塔屋1階、地下1階
高さ:125m
戸数:331戸
敷地面積:6.570m2
建築面積:4.080m2
延床面積:46.890m2

【過去記事】
→香里園かほりまち 10.01
→ザ・香里園タワー 2009年10月16日
→ヒルサイド香里園 2008年04月14日
■追跡取材リスト





        

前回来訪時には無かった香里園駅と再開発地区を直結するデッキ。駅と再開発地区との高低差をクリアする為エスカレータが設置されます。







        

別の角度から見ました。エスカレータの奥に新しいバスターミナルが整備されます。





        

建設中の病院は「関西医科大学香里病院」です。

【スペック】
名称:関西医科大学香里病院
階数:地上8階、塔屋1階、地下1階
高さ:37m
敷地面積:4.030m2
建築面積:2.380m2
延床面積:15.140m2



        

最後にもう一度見上げてみました。抜ける様な青空と、嵐の後の千切れ雲がなんとも良い感じでした。
関連記事
[ 2010/03/28 00:00 ] 大阪府下 寝屋川 | TB(0) | CM(4)

JR宝塚線-宝塚駅橋上駅舎化 10.03


橋上駅駅舎化工事が行われていたJR宝塚駅ですが、10年2月20日より新駅舎の供用が開始されました!西日本によると、この新駅舎のデザインコンセプトは「宝塚の歴史を感じさせる、エレガントで華やか」な駅との事。さてどんな駅に生まれ変わったんでしょうか?

【過去記事】
→JR 宝塚駅橋上駅舎化 09.10
→JR 宝塚駅橋上駅舎化
■追跡取材リスト









        

阪急宝塚駅と直結されたペデストリアンデッキを通り、JR宝塚駅の橋上駅舎に入りました。まず目に飛び込んで来たのは、改札外に出来たエキナカ施設「エキマルシェ宝塚」。食料品やスイーツを販売するショップです。結構大きいです。








        

コンコースの天井に設置された新しい駅舎のシンボル「シャンデリア」。大正ロマンな感じがなんだか阪急っぽいぞ。








        

続いて改札口です。おおお!思わず声をあげてしまいました。間接照明が美しい天井は高さもあり開放感抜群です。こりゃ立派な駅舎だ。ちなみに改札はバーレスの最新型自動改札機が7通路。乗降客数は1日約6万2千人。








        

行き先表示の電光掲示板とサイン看板が一体的になっており、一般的な駅とは一線を画しています。このあたりからもJRの力の入れようが伺えます。








        

振り返ってみました。メチャクチャ広いです。阪急宝塚駅へのライバル心がここまで立派な駅舎を作らせたのでしょうか?それとも地元自治体のお布施が多かったから?案内サインが無ければホテルのロビーの様な感じです。








        

全体がグレーと焦げ茶で統一され、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。またサイン類が洗練されていて、壁などの素材も明らかに高級です。








        

ホームに降りてみました。エスカレータは上り下り両方向あります。








        

うーん。もの凄い変わりようだ。。。









        

ホームと配線は2面3線のままでしたが、もう1線増設出来る様に準備工事がされていました。旧駅舎の撤去が進めば4線化されるかもしれません。ちなみにJR宝塚駅の橋上駅舎化の総工費は約38億円。立派になったJR宝塚駅。これなら阪急とくらべても遜色ありませんね。
関連記事
[ 2010/03/27 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(7)

上本町YUFURA(ユフラ) 10.03


「上本町YUFURA」(ウエホンマチ ユフラ)は上本町駅南側の近鉄劇場跡地に建設されている複合ビルで「大阪新歌舞伎座」「ショッピングゾーン」「オフィス」で構成されています。

【スペック】
名称:上本町YUFURA
階数:地上13階、地下1階
高さ:59m
敷地面積:約5,500?(歩行者広場含む)
延床面積:約38,000?
所在地:大阪市天王寺区上本町6丁目(大阪上本町駅南隣)

【過去記事】
→上本町YUFURA
→新歌舞伎座 外壁に唐破風
→2009年04月24日 上本町駅南複合ビル(新歌舞伎座移転)
→2008年04月27日 近鉄劇場跡地(新歌舞伎座移転)
■追跡取材リスト



        

ハイアングルで撮影しました。おお?、大分雰囲気が出来てました。





        

結構天井が高くていい感じになりそうです。





        

近鉄百貨店の美装化も大分進みました。近鉄の新しいフォントデザイン、かなりカッコイイです。





        

【おまけ】
ユフラの近くに建設中のダイワロイネットホテル。上本町界隈はシェラトン都ホテル以外に手頃なビジネスホテルが無かっただけにココは繁盛するでしょうね。
関連記事
[ 2010/03/26 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(5)

阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.03


阪急梅田本店・二期棟建設工事は、昨年オープンした一期棟と入れ替わりで既存部分を取り壊し、二期棟を建設する百貨店の建替えプロジェクトです。

【過去記事】
→梅田阪急ビル 朝と夜
→阪急工事中
→梅田阪急ビル 09.08
→新通路
→頂上
→伸びる阪急2
→伸びる阪急
→阪急梅田本店立て替え
■追跡取材リスト



        

取り壊しが進み、既存部分がかなり低くなってきました。それにより、いままで陽に当たる事が無かった阪急グランドビルの低層部が姿を現してきました。





        

ヨドバシ近くの歩道橋から。こうやって新旧2つの超高層ビルが見れるのも、二期棟が立ち上がって来るまで、ですね。







【おまけ】
        

夕日に照らさせる阪急グランドビル。
関連記事
[ 2010/03/25 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(8)

オンワード樫山仙台ビル


オンワード樫山仙台ビルは仙台市青葉区二日町に建設されたオフィスビルで同社の仙台支店が入居しています。白乳色の外観が今時のビルといった感じです。










【スペック】
名称:オンワード樫山仙台ビル
階数:地上14階・塔屋1階・地下1階
高さ:68.02m
敷地面積:1,560.03 m2
建築面積:831.48 m2
延床面積:11,056.06 m2



        

塔屋に取り付けられたロゴマークがカッコイイです。
関連記事
[ 2010/03/25 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(0)

新大阪駅改良工事 10.03


2011年春の九州新幹線乗り入れに伴い、新幹線ホームの増設およびコンコースの改良工事が行われている新大阪駅。さらに阪急により地上18階、高さ約80m、延床面積約36,000m² の駅ビル「(仮称)新大阪阪急ビル」が建設されるので、今後相当な変化が予想されます。Re-urbanization ?大阪再都市化? では・・・

1)新幹線ホーム27番線、引き上げ線の増設工事
2)駅コンコースの改良およびリニューアル工事
3)(仮称)新大阪阪急ビル建設工事

の3つポイントを追跡取材して行きたいと思います。まず手始めに新大阪駅をグルリと歩いてみました。※撮影日は10年3月3日です。

【過去記事】
→新大阪駅コンコース改良
→新大阪駅拡張工事 09.08
→新大阪駅増築
■追跡取材リスト




        

増設される27番線が姿を現してきました。既存の駅施設に横付けする形で増築されています。





        

すでに階段も取り付けられ、構造も見て取れます。増設される27番線は予想以上にハイピッチで工事が進んでいました。ただ(仮称)新大阪阪急ビルは見た所動きが無いようだったので今回はパスしました。






        

続いてコンコースの改良工事の様子をご紹介します。ここは中央入り口付近。突き当たりの行き止まり部分が(仮称)新大阪阪急ビルにそのまま繋がります。





        

なみに、この辺リのニューアルが完成すると、こんな感じになります。





        

さらに新幹線コンコース内の様子を見てみましょう。入場券を買って改札内に向かいます。




        

改札内の新幹線コンコース。工事現場真っただ中です。





        

エスカレータを上がり26番線博多方面から引き上げ線を見てみました。ここからの眺めは変化が少なです。





        

さらにJR西日本の区画、在来線コンコースに向かいました。こちらも先日リニューアルが発表されました。




        

パースは改札外から見たイメージですが、リニューアル後はこんな感じになります。そのうちJR西日本の区画でも工事が始まりますので駅中工事中状態になると思います。





        

それにしても。。。ラッシュ時間帯はさすがの人波。昔に比べて明らかに人が増えています。通勤電車が到着するたびに、おびただしい人数が周辺オフィス街に新幹線改札に吐き出されていました。
関連記事
[ 2010/03/24 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(2)