(仮称)大阪市北区堂島2丁目マンション新築工事 10.10


(仮称)大阪市北区堂島2丁目マンション新築工事
は、大阪市北区堂島にあった堂島小学校跡地に建設されるタワーマンション計画です。現地に掲示されている建築計画のお知らせに、階数と高さが追記されていました。現在はコインパーキングとして暫定利用されていますが、2011年6月上旬に着工、2014年1月下旬に竣工する予定になっています。
【過去記事】
→(仮称)大阪市北区堂島2丁目マンション新築工事 10.08
→堂島小学校跡地 10.05
■追跡取材リスト






【スペック】
名称:(仮称)大阪市北区堂島2丁目マンション新築工事
規模:地上39階、地下1階
高さ:138.17m
総戸数:272戸  
敷地面積:2,775.8?
建築面積:1,280.87?
延床面積:30,356.99?






少し引き気味のアングルで。この堂島2丁目マンション新築工事は、昨日ご紹介した新・新ダイビルと合わせて、梅田と中之島のビル群を結びつける、絶妙な場所にあります。







最後はさらに引き気味のアングルで。この写真に写っている範囲内には今後数年間の間に、新・新ダイビル(140m?)中之島フェスティバルタワー(200m)堂島2丁目マンション新築工事(138m)中之島ダイビルウエスト(108m)の4棟の超高層ビルが建設されます。
関連記事
[ 2010/10/31 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(8)

新・新ダイビル 10.10


新・新ダイビル
(仮称)は、1958年に完成した新ダイビルを現地で建替える立て替え計画の仮称で、地上30階程度、延べ床面積約76,000平米の超高層ビルが建設されます。今回の建替え計画に伴い、新ダイビルのテナント多くが昨年完成した土佐堀ダイビルに移転しました。今後は2011年夏着工、2014年春竣工の予定で工事が進められる予定です。

【過去記事】
→新・新ダイビル 10.04
→新ダイビル建替え計画
■追跡取材リスト



久しぶりに現地を取材しましたが、解体工事用に向け「仮囲い」が設置されていました。


 


 


 


 



反対側から見た様子です。


 


 



最後は、堂島アバンザに被られていますが、ブリーゼタワー展望室から見た新ダイビルの様子です。
関連記事
[ 2010/10/30 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(6)

地下機械式立体駐輪場(サイクルツリー)


阪急西宮北口駅の北側に、近畿圏の地自体としては初となる立体機械式地下駐輪場が完成し、2010年10月から利用が始まりました。総工費は3億5500万円。


 




この地下機械式立体駐輪場は、地下20メートルに設置された2基の筒状の施設に放射状に自転車計480台を収納する事が出来ます。

【引用元】→JEFエンジニアリング株式会社HP、以下同じ。




JEFエンジニアリング社が開発した、この地下機械式立体駐輪場のニックネームはサイクルツリー。なかなかカッコイイ名前です。近年の技術革新により実現可能になった21世紀型の駐輪場で、地下空間を立体的に活用する為、地上部の専有面積が非常に少なく済む事が最大のメリットです。また、駐輪する自転車やバイクは地下空間に格納されるため盗難される恐れがほとんど無いのも画期的です。










サイクルツリーの利用にはICタグとカードが必要です。入庫の際、レールに自転車をセットしてボタンを押すと自動で入庫口に吸い込まれて行きます。また、出庫時はICカードをかざすと、入庫時に登録されたロケーションにある自転車が引き当てられ約26秒で出場します。


 


 


 


 



僕はこの地下機械式立体駐輪場サイクルツリーを見た瞬間に、「大阪都心の駐輪公害を撲滅する為にはコレしか無い!」と思いました。そして導入する為にクリアすべき課題もすぐに浮かんできました。。。


1、そもそも梅田、心斎橋、難波、天王寺、京橋等の地下にそんな空間があるのか?
2、何処に設置するのか?
3、建設費はいくら掛かり、誰が払うのか?
4、維持管理費はいくら掛かり、誰が払うのか?
5、課金システムはどうする?
6、運用ルールはどうする?(サイクルツリーICタグを付けない自転車の都心乗り入れを全面禁止にする!?)
7、耐久性は大丈夫?
8、朝夕のラッシュ時にスムーズに入出庫出来るの?待ち行列が発生しまくりでは!?
etc....


また、サイクルツリーのキーをPITAPAかICOCAにして、さらに富山市がいち早く取り入れた自転車市民共同利用システム事業(アヴィレ)と組み合わせれば、さらに効果的かも。。などなど、色々と妄想する事しきりでした。


 


それにしても、この地下機械式立体駐輪場(サイクルツリー)。画期的な構造に大きな可能性を感じずにはいられませんでした。


 


 


 


 




【おまけ】



最後は再整備が進む北口駅前公園の様子です。ここは人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の舞台になった聖地として有名でしたが、サイクルツリーの建設工事に伴い、すっかり姿を変えてしまいました。え、今回の記事のネタ、聖地巡礼に行った時に、たまたま見つけた、だけとちゃうの?











・・・正解!

関連記事
[ 2010/10/29 00:00 ] 兵庫県 西宮・芦屋 | TB(0) | CM(8)

葵タワー 10.10


葵タワー(あおいタワー)は、紺屋町再開発事業としてJR静岡駅北口に建設された超高層ビルで、2010年3月に竣工しました。オフィス、書店、飲食店、静岡市美術館、などが入居しする複合ビルとなっています。ちなみに、この葵タワーは2010年現在、静岡市で最も高いビルです。







【スペック】
名称:葵タワー
規模:地上25階、地下2階
高さ:125m
敷地面積:4,924m2
建築面積:4,365m2
延べ面積:40,793m2




所在地:静岡市葵区紺屋町17-1
より大きな地図で 静岡/浜松-再都市化MAP を表示





 


 



JR静岡駅北口広場の再整備工事も完成し、以前とは見違える様に綺麗になりました。葵タワーと合わせて一気に都会っぽくなった気がします。


 

関連記事
[ 2010/10/28 12:00 ] 東海 静岡 | TB(0) | CM(4)

本町南ガーデンシティ 10.10


本町南ガーデンシティは旧鴻池本社ビルの跡地に建設中の超高層オフィスビルです。すでにタワークレーンは全て撤去されており、低層部を除く外観は完成しました。壁面上下方向に取り付けられたフィン(アクセント)の為でしょうか?、重厚感の中に先端的なシャープさを併せ持つ、見た事が在る様で無い様な、不思議な外観を作り出しています。この写真では棟屋部分が特にカッコ良く見えます。


【過去記事】
→本町南ガーデンシティ 10.09
→本町南ガーデンシティ 10.07
→本町南ガーデンシティ 10.05
→本町南ガーデンシティ 10.03
→本町南ガーデンシティ 09.11
→本町南ガーデンシティ
■追跡取材リスト

 


 



【スペック】
名称:(仮称)本町南ガーデンシティ
階数:地上26階、地下2階  
高さ:111.10m  
敷地面積:3,678.38?    
建築面積:1,914.61?   
延床面積:46,778.79?


 


 


 



正面から見ると壁面に取り付けられたフィンが目立たなくなり、コンサバな感に見えます。


 


 


 



角度を変えて。低層部の仕上がりが楽しみです。


 


 


 


 



最後はブリーゼタワーから見た本町南ガーデンシティです。周りはビルに埋め尽くされているのでちょっと解りづらいかな。。
※APAホテルから見た・・書きましたが誤りですので訂正しましたm(_ _)m
関連記事
[ 2010/10/28 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(3)

ザ・宝塚タワー10.10


ザ・宝塚タワーは阪急今津線「宝塚南口」駅近くに建設中のタワーマンションです。2ヶ月振りに取材しましたが、外から見る限り大きな変化は見られませんでした。

【過去記事】
→ザ・宝塚タワー10.07
■追跡取材リスト






【スペック】
名称:ザ・宝塚タワー
規模:地上28階、塔屋1階、地下1階
高さ:95m
総戸数:230戸 (うち非分譲住戸30戸)、店舗21区画
敷地面積:2,572.44m²
建築面積:1,393.02m²
延床面積:29,868.91m²
竣工予定:平成24年7月下旬


 


 


 



最後は宝塚大劇場方面をパチリ。順光になる午前中の撮影がオススメです。取材した日は澄んだ空気と抜ける様な青空が気持ちよかったです。

関連記事
[ 2010/10/27 12:00 ] 兵庫県 宝塚 | TB(0) | CM(1)

OSAKAフクシマタワー 10.10


OSAKAフクシマタワーは大阪市福島区福島4丁目に建設中の大規模なタワーマンションです。先月と比較すると、壁面に取り付けられていた作業用エレベータが撤去され全体がスッキリしました。



【過去記事】
→OSAKAフクシマタワー 10.09
→OSAKAフクシマタワー 10.07
→OSAKAフクシマタワー 10.05
→OSAKAフクシマタワー 10.04
→OSAKAフクシマタワー 10.03
→OSAKA 福島タワー 09.11
■追跡取材リスト


 



【スペック】
名称  :OSAKAフクシマタワー
規模  :地上45階、塔屋2階、地下1階
高さ  :160.46m
総戸数 :540戸
敷地面積:7223.15m2
延床面積:66,551.72m2


 


 


 


 


 



最後は梅田阪急ビル、スカイロビーからみたOSAKAフクシマタワーです。え?写ってない?いえいえ。真ん中奥にちゃんと写ってます!
関連記事

浜松市 旭・板屋地区再開発事業


旭・板屋地区再開発事業は浜松駅前で行われている再開発事業で、開発面積は約2.09ha。近年2棟のタワーマンションが建設され駅前風景が一変しました。

 


 



再開発事業の全体図です。再開発地区は3つの地区に分かれており、最も駅に近い旭・板屋A地区には10階、16階建ての商業、事務所、駐車場からなる複合ビルが建設される予定です。


【引用元】→浜松市HP


 


 


 


 



旭・板屋B地区には、地上34階、高さ116.50mの超高層マンションD’グラフォート浜松 D’s Towerと、東横インの2棟が建設さました。






【スペック】
名称:D’グラフォート浜松 D’s Tower
規模:34階建
高さ:116.50m
総戸数:210戸
敷地面積:3,506.28m2
延床面積:43,300.05m2


 


 



旭・板屋C地区には、地上32階、高さ113.60mのタワーマンション、シティタワー浜松が建設中。シティータワーらしいバルコニーが目立たないオフィスビル風の外観が特徴です。また客室数60室のビジネスホテル、アセントプラザホテル静岡が併設されます(写真左)


 


 



【スペック】
名称:シティタワー浜松
規模:地上32階
高さ:113.60m
総戸数:194戸
敷地面積:2,761.18m2
建築面積:1,873.65m2  
延床面積:27,928.57m2

 


 



最後は浜松アクトタワーから見た旭・板屋地区再開発事業の全体です。



より大きな地図で 静岡/浜松-再都市化MAP を表示
関連記事
[ 2010/10/26 00:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(0)

みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)10.10


神戸震災復興記念公園は、JR貨物神戸港駅跡地に造られた公園で広さは約5・6ヘクタール。外周約450メートルの芝生広場や、市民が種から花や木を育てる「もり」、震災で全壊した建物の部材などを展示する語り継ぎ広場などがあります。

【過去記事】
→神戸震災復興記念公園
■追跡取材リスト



 



みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)の案内図です。


 


 


 


 



ここは神戸税関側の入り口付近の高架下にあるニュースポーツ広場。インラインスケート(スラローム・アグレッシブなど)、フリーラインスケート、インラインホッケー、BMX、ジャグリング、ストリートダンス、スケートボード等を楽しめるように施設が整備されています。


 


 


 



公園南端にある展望の丘から見た公園全体の様子。展望の丘は小さな築山になっていて公園全体が見渡せます。真ん中の芝生広場の周囲はジョギングコースとなって、赤茶色の部分が陸上競技場のトラックと同じ様な弾力性のある素材になっています。みなとのもり公園には神戸のまちが復興から発展へと前進する姿を、木々の生長とともに見つめていく公園という基本理念がある為、植えられた木々は小振りです。木々が成長するまでの間、暑い季節は日陰が無いのでちょっと厳しいかもしれませんね。。


 


 


 



公園の真ん中に広がる芝生広場。この日は坊主頭のお兄さんが、日焼けしながら読書にいそしんでらっしゃいました。。。


 


 


 



公園デビューしたばかりでしょうか?小さな子供とお母さん。誕生間もない公園ですが、公園に集う人々は、芝生の上でお弁当を食べたり、ジョギングやフリスビーをしたり、日焼けしながら読書したり(笑)。思い思いに時間を過ごしていて、都会のオアシスになりつつあると感じました。


 


 


 



最後は東端の様子です。奥には以前ご紹介したHAT神戸が見えています。将来的にはHAT神戸と公園を繋げて一体的に整備して欲しい所ですね。

関連記事
[ 2010/10/25 00:00 ] 兵庫県 神戸 | TB(0) | CM(4)

大丸梅田店に日本最大のポケモンセンター


MSN産経ニュースによると、現在梅田センタービル地下1階にあるポケモンセンターオーサカが、増床工事が進む大丸梅田店(写真右)の13階に移転してくるとの事です。ポケモンのオフィシャルHPをチェックすると移転時期は2010年11月26日(金)でした。世界的な人気を誇る人気キャラクターアニメ、ポケモンの人気は絶大なので、この好立地への移転オープンは大丸、ポケモンセンター両方に大きなプラス効果をもたらしそうです。
※読者の茨木市民さんのコメントで知りました。情報提供ありがとうございました!




大丸梅田店に日本最大のポケモンセンター
【引用元】→MSN産経ニュース 2010.10.22 20:28

大丸松坂屋百貨店を傘下に持つJ・フロントリテイリングは22日、来春の増床オープンに向けて整備が進む大丸梅田店(大阪市北区)の概要を発表した。百貨店初進出となる人気キャラクター「ポケットモンスター」の公式店や、女性向けカジュアル衣料売り場「うふふガールズ」を国内最大規模で展開、ユニクロや東急ハンズも入れることで、若者や家族層の呼び込みを図る。
同店は地下2階、地上15階建てで、売り場面積は従来の約4万平方メートルから1.6倍の約6万4千平方メートルに拡大。総投資額は300億円としている。既存ビルで改装を終えたフロアは、順次オープンし、全面開業は4月以降になる見通し。
うふふガールズを5階と1階の一部に展開するほか、8階に女性向けビジネススーツ店を設置し、働く女性の獲得を狙う。
また、家族層を取り込むため、大阪市内にあるポケモンの公式店「ポケモンセンターオーサカ」とタカラトミーのミニカー店「トミカショップ」をそれぞれ移設する。
大丸梅田店の担当者は「ポケモンセンターオーサカは、年間70万人が訪れると聞く。家族での来店に拍車がかかるはず」と期待を寄せている。
関連記事
[ 2010/10/24 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(17)