中之島ダイビル・ウエスト 11.02



中之島ダイビル・ウエストはダイビル本館を解体し建設される超高層ビルです。2010年10月29日に発表されたダイビルのニュースリリースによると、2011年2月に着工するとの事でしたが、2月の初めに現地を訪れてみると既に多くの重機が入っており本格的な工事が始まっていました。


【過去記事】
→中之島ダイビル・ウエスト 10.10
→中之島ダイビル・ウエスト 10.08

→ダイビル本館の消失 10.07
→中之島ダイビル・ウエスト 10.05
→中之島ダイビル・ウエスト
■追跡取材リスト








IMG_1950.jpg

【スペック】
名称:中之島ダイビル・ウエスト
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:108.19m
敷地面積:21,085.64m2(施設全体)
建築面積:4,559.81m2
延床面積:52,978.81m2
竣工 : 2013年02月末(予定)



所在地:大阪市北区中之島三丁目1番
より大きな地図で 近畿圏再都市化(建設中・計画)MAP を表示










IMG_1957.jpg


最後は北西角から見た、中之島ダイビル・ウエストの建設現場の様子です。外壁が復元される予定のダイビル本館の出来映えと、ガラス張りの高層部分とのマッチングが今から楽しみですね。



PS:昨日よりブログが異常に重たくなっていました。原因を調べるとアクセスカウンタの反応が異常に遅く何かに引っかかっている様でしたが、カウンタを削除すると表示が劇的に早くなりました

幸い、別に設置しているアクセス解析は正常にカウントしているので、カウンタの不具合が解消後アクセス解析の値を合算しカウントを再開します。プロバイダ側の問題だと思いますが早く不具合を解消して欲しいですね。。。


※追記:2011年2月28日08:00 障害が解消された為、カウンタを再設置しました。

関連記事
[ 2011/02/28 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(2)

新・新ダイビル 11.02



新・新ダイビル(仮称)は、1958年に完成した新ダイビルを現地で建替える立て替え計画の仮称で、地上30階程度、延べ床面積約76,000平米の超高層ビルが建設されます。建替え計画に伴い、新ダイビルに入居していたテナント多くが一昨年に完成した土佐堀ダイビルに移転しました。現在は解体工事が進められており、2011年夏頃に着工、2014年春頃に竣工する予定です。

【過去記事】
→新・新ダイビル 10.10
→新・新ダイビル 10.04
→新ダイビル建替え計画
■追跡取材リスト








IMG_1923.jpg


久しぶりに現地を取材しましたが、外壁が防護パネルで覆われており解体工事が進められていました。


【スペック】
名称:新・新ダイビル(仮称)
階数:地上30階程度
高さ:140~150m??
延床面積:約76,000m2
着工:2011年度(予定)
竣工:2014年度(予定)


所在地:大阪市北区堂島浜1-2-6
より大きな地図で 近畿圏再都市化(建設中・計画)MAP を表示












IMG_1926.jpg


最後は低層部の様子です。新・新ダイビル計画は梅田と中之島のスカイラインを繋ぐ絶妙な位置に建設されるので、非常に期待の大きい超高層ビル計画です。計画の詳細が発表される日が待ち遠しいですね。







【おまけ】

IMG_1930.jpg


新ダイビル前にかかる中之島ガーデンブリッジから見た中之島フェスティバルタワーの様子です。クモの巣の様な高速道路と、林立するビルの中を伸びるタワーがカッコ良かったです。
関連記事
[ 2011/02/27 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(5)

神戸ハーバータワー 11.02


神戸ハーバータワーはハーバーランドの近く、海岸通沿いに計画されている地上35階建てのタワーマンション計画です。前回は、現地に掲示されていた「建築計画のおしらせ」に正式名称が記載されてなかったので、海岸通6丁目タワーマンション計画と仮称しましが、今回取材してみると現地の看板に「ハーバータワー」で検索!と掲示されていました。すぐに調べてみるとオフィシャルHPが開設されており、正式名称は神戸ハーバータワーに決まった様です。


【過去記事】
→海岸通6丁目タワーマンション計画(仮称) 10.10
■追跡取材リスト











IMG_1679.jpg

【スペック】
名称:神戸ハーバータワー
階数:地上35階、塔屋2階    
高さ:118.14m
敷地面積:2,498.16m2   
建築面積:1,214.98m2   
延床面積:35,064.05m2    
竣工:2013年01月中旬(予定)





所在地:神戸市中央区海岸通六丁目1番1
より大きな地図で 近畿圏再都市化(建設中・計画)MAP を表示










IMG_1677.jpg

1枚目の写真に写っている歩道橋から撮影しました。この歩道橋ですが、建設現場のすぐ隣にあるので、ここからだと手に取る様に敷地内の様子が解ります。










IMG_1682.jpg


このプロジェクトも計画の凍結、縮小を経てようやく動き出した案件なので、無事に着工に漕ぎ着けた事を確認出来て一安心しました。
関連記事
[ 2011/02/26 00:00 ] 兵庫県 神戸 | TB(0) | CM(0)

南海会館ビル、超高層ビルに建て替えへ

Untitled6.jpg

かねてから建替えの噂があった南海会館ビルですが、24日付けの南海電鉄ニュースリリース内で建替え計画が正式に発表されました。現在南海会館ビルにある本社機能を、 先に計画が発表されたなんばC街区計画で建設される新ビルに移転させた後、2016年に着工、2018年の完成を目指すとの事えす。新ビルの階数・高さは、大阪市と最終協議中のため未定との事ですが、発表された新中期経営計画「凜進130計画」の説明資料内にあったイメージパースを見ると不自然に空の部分が広く描かれている事が気になりました。全くの推測で根拠はありませんが、これはかなりの高さを目指しているぞ!という、南海からの密やかなメッセージなのかもしれませんね。
 
※今回の情報も茨木市民さんから教えて頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m




Untitled7.jpg

南海会館ビル建て替えへ なにわ文化の特色生かす

【引用元→MSN産経ニュース 2011.2.24

南海電気鉄道は24日、本社が入る南海難波駅近くの南海会館ビル(大阪市中央区)をオフィスや商業施設、ホールなどが入る高層ビルに建て替えると発表した。南海は近くに別のオフィスビルを建設し、平成25年春の完成後に本社を移転、大阪府立大学の関連施設も入る。
  建て替えは大阪市と最終協議中のため、新ビルの高さや階数などは未定。同日会見した山中諄会長は28年着工、30年完成を目指す考えを示し、「なにわ文化 が強いミナミの地理的な特色を生かしたい」と述べた。南海が難波で手掛ける再開発の集大成と位置付け、同日発表した23~26年度の中期経営計画に盛り込 んだ。
 中計は創業130周年を迎える27年に向け、毅然とした姿勢で取り組みたいとの思いを込め、「凛進(りんしん)130計画」と名付 けた。訪日外国人観光客の取り込み、不動産・流通事業の拡大、子育て支援といった新規事業の育成などにより、23年3月期で1955億円の連結売上高(見 込み)を、27年3月期は2300億円以上の達成を目指す。総投資額は1300億円に上る。


関連記事
[ 2011/02/25 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(5)

セントプレイスタワー 11.02



セントプレイスタワーは大阪市都島区善源寺町2丁目に開発された敷地面積35,861.32m² の大規模マンションプロジェクト「セントプレイスシティ」に建設中のタワーマンションです。規模は地上38階、地下1階。高さは133.5mです。

【過去記事】
→セントプレイスタワー 10.11
→セントプレイスタワー 10.10
→セントプレイスタワー 10.07
→セントプレイスタワー
■追跡取材リスト










IMG_2179.jpg


前回来訪してから約2.5月ぶりの取材でしたが順調に成長しており、高さを感じられる様になってきました。

【スペック】
名称:セントプレイスタワー
階数:地上38階、地下1階
高さ:133.530m
戸数:438戸
敷地面積:35,861.32m2(施設全体)  
建築面積:13,550.03m2(施設全体)  
延床面積:141,393.43m2(施設全体)
竣工:2012年02月下旬(予定)





所在地:大阪市都島区善源寺町二丁目21-1
より大きな地図で 近畿圏再都市化(建設中・計画)MAP を表示






IMG_2182.jpg


最後は別の角度から見たセントプレイスタワーの様子です。そろそろ縦アングルに変えないとフレームに入りきらなくなりそうですね。

関連記事

北陸新幹線-福井駅部高架橋工事



北陸新幹線の建設工事は2014年度の開業を目標に、長野~上越~富山~金沢までの区間の建設工事が進んでいますが、金沢以西の大阪までの区間は着工の目処が立っていない状況です。しかし新幹線が乗り入れる事になっている福井駅部だけは、駅の高架化工事に伴い新幹線の高架橋がひっそりと完成しています。






IMG_2205.jpg

在来線の隣(写真中央)に見える高架橋が北陸新幹線のホームになる部分です。写真右の地平ホームは「えちぜん鉄道」の福井駅です。福井駅の在来線は2面5線の立派な高架駅になりました。以前の福井駅を知っていればあまりの変わりように驚かれる事でしょうね。







IMG_2206.jpg

地上から高架橋を見てみました。彼方から伸びてきた様に見える(実際は駅周辺の800mだけ)高架橋を見ると、福井に新幹線が走る日が夢じゃない気がしてきました。







IMG_2208.jpg

新幹線ホームの真下です。スラブ軌道をはめ込む箇所が2カ所しか無い事、高架橋の幅がそんなに広くない事から、開通時には1面2線の規模になると思います。









IMG_2212.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

2014年度に金沢まで北陸新幹線が開通すると、金沢→東京までの所要時間が現在の約4時間から、2時間25分程度、富山→東京は2時間10分まで大幅に短縮されます。そして北陸新幹線の開業後に富山から大阪方面に向かうには金沢でいったん乗り換えを強いられる様になります。ちなみに長距離移動時の乗り換え1回は所要時間にして約30分程度の心理的負担になるそうです。









PK2011020902100064_size0.jpg
【ルート図引用元】→中日新聞web版


敦賀から大阪までのルートが決まっていませんが、米原ルート、若狭ルート、湖西ルートの3ルートが検討されています。

第1案:米原ルート
米原で東海道新幹線に接続させます。一番建設距離が短く済むこのルートが現実的に思えますが、米原~新大阪間はJR東海の路線なので米原ルートを現在のルールで開通させると、JR西日本の収入が激減してしまいます。北陸特急はJR西の在来線特急最大のドル箱なので、JR西日本は許容でしょうね。。



第2案:若狭ルート
敦賀から小浜駅 - 亀岡駅付近を経由し 新大阪駅までフル規格で建設するルートです。京都駅を経由せず、建設距離が最も長くなり建設費は1兆円を超えます。これは現実的ではありませんね。。



第3案:湖西線ルート(フリーゲージトレイン導入案)
フリーゲージトレインを導入し、敦賀から湖西線に乗り入れるルートです。新幹線建設を見越して線形改良が先送りされてきた敦賀~湖西線間を高規格の在来新線で建設し、新幹線と湖西線を繋げます。問題点としては、フリーゲージトレインの車両費及びランニングコストが莫大である事、新幹線は現在300km運転が主流になってきていますが、FGTでは260km程度に制限されてしまう事、新在が混在する湖西線内は最高速度が160km程度に制限される事があります。



第4案:湖西線ルート+東海道本線直上高架案
湖西線を在来線と新幹線の両方が走行可能な3線化、(青函トンネルと同じ方式)新在供用路線に改造し、湖西線~京都~新大阪区間は東海道本線の直上に新線を建設、新大阪に至る案です。湖西線内が新在供用運用になる為最高速度が160km程度に押さえられる事が問題で、東海道新幹線の直上高架部分の建設費がどの程度になるか、今の所不明です。




個人的にはJR西日本の収入を確保する、なんらかの新ルールを策定した上で米原ルートで建設するのがベスト、第4案がベターだと思っています。金沢以西の大阪方面への延伸の目処が建たない北陸新幹線。旅客数は対大阪・名古屋方面が、対東京方面を圧倒しているので早期にルートを決定し着工して欲しい、福井駅の新幹線高架橋を見て改めて思いました。


関連記事
[ 2011/02/24 00:00 ] 北陸・甲信越 福井 | TB(0) | CM(9)

パークタワーあべのグランエア 10.02


パークタワーあべのグランエア(阿倍野B2地区第2種市街地再開発事業D4-1棟)は、阿倍野再開発の南端近く、大阪市立金塚学校に隣接する敷地に建設される地上27階建てのタワーマンションです。オフィシャルHPがオープンしており、正式名称はパークタワーあべのグランエアになりました。

【過去記事】
→阿倍野B2地区第2種市街地再開発事業D4-1棟
■追跡取材リスト







IMG_1859.jpg


【スペック】
名称:パークタワーあべのグランエア
規模:地上27階、地下1階
高さ:96.8m
総戸数:194戸
敷地面積:3,720.03m2
建築面積:1,223.54
m2
延床面積:18496.11m2
竣工:2013年2月下旬(予定)




所在地:大阪市阿倍野区旭町3丁目58番地70(地番)
より大きな地図で 近畿圏再都市化(建設中・計画)MAP を表示




IMG_1861.jpg

すでに重機が入っており工事が始まっていました。地上27階、高さも100m未満なので、それなりの期待感しかもっていなかったパークタワーあべのグランエアですが、実は阿倍野niniよりも僅かに高いんですよね。スペックを見比べていて気づいたのですが、少し以外な感じがしました。

関連記事
[ 2011/02/23 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(4)

ホテル京阪 ユニバーサル・タワー

P1030016.jpg

ホテル京阪 ユニバーサル・タワー
は、ユニーバサルスタジオジャパンの前に建つ高層ホテルです。11月の大阪取材で宿泊しました。このホテル、元はホテル日航ベイサイド大阪として開業しましたが、2008年3月末で運営委託を解消し撤退、同年5月にホテル京阪 ユニバーサル・タワーとして再スタートを切りました。





P1120668.jpg

エントランスロビーに設けられた大階段は白く輝いていて、まるで演劇のセットの様でメチャクチャ綺麗です。思わず見とれてしまいました。







P1120665.jpg


フロント付近の様子です。カウンターの背面がガラス張りになっているので実際の広さよりも広々とした感じがしました。








P1120663.jpg

ロビーの様子です。白を基調とした色使いで所々に黒色が配されていてモダンな感じがします。本革張りのソファー、大振りな観葉植物、生花。中々雰囲気があって良いです。









P1120654.jpg

エレベーターホールの様子です。西側に大きなガラス窓があってパークが一望出来ました。

この日は翌日、大阪駅のドーム空間の日の出を撮影するつもりだったので、大阪駅への足場が良いこのホテルを選びました。さらに20時チェックイン、10時 アウトの出張応援プランで5400円という破格値だった事が決め手になりました。ただし、部屋タイプはホテルお任せ、の条件が付きました。。。








P1120635.jpg

そして案内された部屋は。。。トッ、トリプル!?あのー僕一人しか居ませんが。。。







P1120638.jpg

ははは。ベッドが3台もある。さーて、どのベッドにするかな(苦笑)

この部屋、25平米のスタンダードツインがベースになっている様ですが、ベッドが3台も入ると狭い狭い。。。普段は窓際にあるはずのソファーも苦しい向きで配置されていました。ベッド自体は適度な堅さがあり寝心地は良かったです。ただ、1名でトリプルの部屋に泊まるのは初めて(普通泊まった事ないですよね)なのでどうも落ち着きません。。







P1120639.jpg

入り口付近の様子です。ドレッサーもメチャクチャコンパクトな造りです。






P1120642.jpg

バスルームの様子です。新しいホテルだけあって清潔感がありました。またバスタブは広くて疲れを取る事が出来ました。


P1120656.jpg


最後はエレベータホールから見たパークとベイエリアの様子です。

ホテル京阪 ユニバーサル・タワー。日航から引き継いだハードウエアの出来は中々の物で快適に滞在する事がでした。フロントの対応もキビキビしていて良かったです。今回は超格安のお任せプランだったので仕方なかったですが、今度は普通の部屋に泊まって落ち着いてみたい、と思いました(笑)

関連記事
[ 2011/02/23 00:00 ] その他 ホテル | TB(0) | CM(1)

阪急が梅田―嵐山間を直通する和風列車「京とれいん」を運行!



阪急電鉄が発表したニュースリリースによると、梅田―嵐山間を結ぶ新型観光列車「京とれいん」を、運行するそうです。

「京とれいん」は春の行楽シーズンに合わせ3月19日~5月8日の土日・祝日に1日1往復、5月14日のダイヤ改正後は、梅田―河原町間を土日・祝日に1日4往復されます。また、5月14日のダイヤ改正後は土曜・休日の 昼間時間帯に「天下茶屋」と阪急電鉄「河原町」間を直通する準急列車が20分間隔で運行され、大阪市営地下鉄との相互直通運転が大幅に拡大されます。


※直通準急の停車駅は天下茶屋~(地下鉄堺筋線内各駅停車)~天神橋筋六丁目、淡路、上新庄、南茨木、茨木市、高槻市~(各駅停車)~河原町

※今回の情報も茨木市民さんに教えて頂きました。ありがとうございました!









Untitled4.jpg

「京とれいん」は阪急京都線の特急型として活躍していた「6300系」にリニューアル改造を施した6両編成。京都の町家をイメージした内装で、座席には寺院や茶室で使われる「京唐紙」の柄を取り入れています。注目を集めそうなのが3、4号車。エントランス部分には格子状の飾りが設けられデッキ風になっており、車内の町家風のムードを高めています。車内は通路側に小振りながらパーテーションを取り付けたボックスシートが並ぶレイアウトになっていてコンパートメント席の様になっています。3~4人の家族客などはプライベート感がある空間なので非常に良いのではないでしょうか。











Untitled5.jpg

1、2、5、6号車も天釣り広告は一切なく転換クロスシートがズラリとならんでおり、それぞれ蘭の華散らし麻の葉の2種類のデザインが振られています。それにしても凄いです、阪急本気過ぎます。リニューアル車両とは言え、料金不要の普通車両とは思えないクオリティに脱帽するしかありません。。。






和風列車「京とれいん」を運行 阪急京都線に3月から
【引用元】→47NEWS

阪急電鉄は21日、梅田―嵐山間を結ぶ新型観光列車「京とれいん+」を3月19日から運行すると発表した。京都の町家をイメージした内装で、座席には寺院や茶室で使われる「京唐紙」の柄を取り入れた。
 春の行楽シーズンに合わせ、3月19日~5月8日の土日・祝日に1日1往復。5月14日のダイヤ改正後は、梅田―河原町間を土日・祝日に1日4往復する。
 列車は6両編成で、座席数292席。町家をイメージした車両では入り口に格子状の飾りを設置。座席は背もたれの一部に畳を使い、間仕切りを設けて個室風にした。
 英語、中国語、韓国語に対応した車内放送やパンフレットの配布も実施し、外国人観光客の誘致を図る。平日も要望に応じて貸し切り列車として運行するという。




市営地下鉄堺筋線の土曜・休日ダイヤを改正します
【引用元】→大阪市交通局HP


~昼間時間帯の全列車を「阪急電鉄」京都線と直通運転~
 
   大阪市交通局は、平成23年5月14日(土)から、土曜・休日の昼間時間帯において、市営地下鉄堺筋線の全ての列車 を「阪急電鉄」京都線との相互直通運転にするとともに、新たに「天下茶屋~河原町」間の直通列車を運行するなどのダイヤ改正を行い、お客さまの利便性向上 を図ります。
 
地下鉄堺筋線の土曜・休日ダイヤの改正について(平日ダイヤの変更はありません)
 
1.改正日
成23年5月14日(土) 
 
 
2.主な内容

(1)昼間時間帯の全ての列車を「阪急電鉄」京都線との相互直通運転にします。
 
 【運行時間帯】
 
      天下茶屋発(上り) 9時57分~16時9分



(2)昼間時間帯に「天下茶屋」と阪急電鉄「河原町」間で直通の準急列車を20分間隔で運行します。

 
 【運行時間帯】
 
      天下茶屋発(上り)  9時37分~15時37分     19本
      河原町発   (下り)  8時45分~14時45分     19本
 
 【停車駅】
 
      天下茶屋~(地下鉄堺筋線内各駅停車)~天神橋筋六丁目、淡路、上新庄、南茨木、茨木市、高槻市~(各駅停車)~河原町


(3)昼間時間帯の「天下茶屋~天神橋筋六丁目」間の運転間隔を5分から6分40秒に変更します。

 
 【運転間隔変更時間帯】天下茶屋発(上り) 9時57分~16時9分
 
◆ダイヤ改正(土曜・休日)の時刻表は、平成23年4月上旬にホームページで掲載を予定しています。
 


「天下茶屋~嵐山」間の臨時直通特急列車の運行について
春と秋の行楽シーズンに「天下茶屋~嵐山」間で直通の特急列車(1往復)を臨時運行します。
 
 【停車駅】
 
  天下茶屋、日本橋、天神橋筋六丁目、淡路、桂、嵐山線内の各駅
 
 【運行予定】
 
      今春は5月14日(土)・5月15日(日)を予定しています。
関連記事
[ 2011/02/22 03:23 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(8)

近鉄京都駅改良工事 11.02




近鉄京都駅改良工事は、 ホームと発着線を1面1線増設しホーム直上に宿泊特化型のホテルを建設する大規模な駅舎改修工事です。建設中の新ホテルは、地上8階建て、客室数368 室、東西長さ約170メートル、幅約10メートルの「国内のホテルでは例がない」細長い建物となります。総工費は約120億円、ホテルは2011年秋の開 業予定です。

【過去記事】
→近鉄京都駅改良工事 10.12
→近鉄京都駅改良工事 10.11
→近鉄京都駅改良工事 10.09
→近鉄京都駅改良工事 10.07
→近鉄京都駅改良工事 10.04
→近鉄京都駅改良工事 09.11
→近鉄京都駅改良工事 09.08
→近鉄京都駅改修計画
■追跡取材リスト





IMG_1283.jpg

東側の様子です。防護ネットで囲まれているので前回(2010年12月)と違いを感じる事は出来ませんでした。しかし囲いの中で工事が進んでいるはずなので近いうちに外壁が一気に姿を現して来ると思います。









IMG_1285.jpg


ホテルの西端部分です。手前に停車してる鶯色の103系がかなりくたびれて見えました。。。僕が高校生の時点で「ボロやなぁ。。。」と思っていた103系が2011年も現役でいるとは。さすがに耐用年数の限界に近づいている様ので、数年の内に新型に置き換えられると思います。。









IMG_1299.jpg


続いて、京都駅橋上駅舎のエキナカ商業施設スバコから見た新ホテルの様子です。










IMG_1294.jpg


京都駅ビルと絡めて。ちょうど京都駅ビルの下からはるかが発車して行きました。

関連記事
[ 2011/02/22 00:00 ] 近畿 京都 | TB(0) | CM(1)