オアシス21




オアシス21は、名古屋市の繁華街である「栄」に隣接する、公園やバスターミナルなどの公共施設と商業施設との複合施設です。











IMG_2334.jpg

オアシス21の印象を決定づける、この巨大なガラスの大屋根は「水の宇宙船」と呼ばれています。ガラスの上面には薄いベールの様に水が流れ、無数の光の波紋を描き出します。ちなみに「水の宇宙船」の水は井戸水が利用されています。










IMG_2261.jpg


【スペック】
名称:水の宇宙船
面積:約2,700m2
水面の面積:約1,760m2
水面の深さ:10cm
外周園路:一周約200m、幅3.3m













IMG_2286.jpg



水の宇宙船を下から見上げました。濃紺に塗られた太い4本の柱がガラスルーフを支えています。










IMG_2288.jpg

こちらは、「水の宇宙船」の真下に広がる吹抜公園「銀河の広場」です。銀河の広場は、地階にある多目的広場で、広さは約7,600m2。様々なイベントが行われ、全天候型のイベントスペースとして活用されています。また、銀河の広場を囲む様に32店舗の商業施設が配置されています。











IMG_2303.jpg


それでは、エレベータに乗って水の宇宙船に上がってみましょう。ここが水の宇宙船です。床材のほとんどがガラスで出来ています。うーん、なんだか現実離れした眺めにしばし茫然・・・











IMG_2305.jpg


水面をアップで見てみました。本当に現実離れした風景が広がっています。これは凄い・・・














IMG_2310.jpg
 

水面と園路の段差、距離感が絶妙で、離れてみると、人が水の中を歩いている様な錯覚に陥りました。ちょっと表現が難しいですが、高層ビル街の真ん中に、水面が空中に浮かんでいて居る様な感じです・・・。











IMG_2309_20110927221726.jpg

水面を覗き込むと・・・。地階にある吹抜公園「銀河の広場」が、水面越しにユラユラと揺れていました。













IMG_2295.jpg

水の宇宙船に感動しつつ、周囲を見渡すと緑の芝生公園が広がっていました。この公園は「緑の大地(地上公園)」。広さは約14,500m2あり、見通しの良いなだらかな芝生の斜面が広がっています。緑の大地は周辺のオフィスワーカーやカップルの憩いの場になっており、ベンチに座ったり、芝生の上に寝転んだり、多くの人々が思い思いに寛いでいました。そして、この緑の大地の真下が「10バースのバスターミナル」になっている事を知りまた驚きました。

オアシス21。名古屋の都心の中の都心「栄」に隣接するこの大規模な立体公園の出来映えは本当に素晴らしく、同市にとって値千金の施設だと思いました。また、オアシス21は、大都市の都心部に置ける都市公園のあり方に一石を投じる、非常に意味深い施設だと思いました。
関連記事
[ 2011/09/30 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(1)

4,000,000PV



ブログの開設から3年と181日。皆様の沢山の応援のおかげで、本日PV(ページビュー)が400万回を突破しました!

ありがとうございました!! (^O^)/










IMG_7890.jpg

PV数の節目に合わせて記事を上げるのが恒例になっていますが、300万回に続いて、
また、記念画像を準備してませんでしたΣ( ̄ロ ̄lll)
・・・スンマセン!

という訳なので、掲載が漏れていた、お気に入りの写真を数点ご紹介します(^^;











IMG_4248.jpg


ORC200(1番街)から見た、クロスタワー大阪ベイと大阪ベイエリアの様子

最近の地域別アクセス状況を見ると、大阪府が全体の約40%、大阪府を除く近畿地方が約10%となっており、近畿地方以外の方が約半数を占めており、全国各地からアクセス頂ける様になりました。各地への遠征取材は四半期に1度ぐらいのペースで続けて行き、各地の再開発計画や高層ビルをご紹介して行きたいと思います。













IMG_4586.jpg


セントレジスホテル大阪から見た、梅田・中之島方面の夕景

大阪都心では、梅北1期中之島フェスティバルタワーあべのハルカスなどのビッグプロジェクトの建設が順調に進んでいますが、現在進行中のビッグプロジェクトが完成してからのブログのネタ確保に一抹の不安を感じつつ、梅北2期、中之島フェスティバルタワーの西棟、大阪中央郵便局、茶屋町再開発、南海会館ビル建替えなどの次期ビッグプロジェクト群がタイミング良く始動する事を願っています。。。


最後に、日頃から沢山のコメント、メール等で応援を頂きまして、本当にありがとうございます。m(_ _)m
皆様からの暖かい応援を頂くと、とても励まされ、更新モチベーションが湧きあがってきます。これからも頑張って行きたいと思いますので、今後も皆様の暖かい応援を宜しくお願い致します!
関連記事
[ 2011/09/29 19:30 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(10)

ささしまライブ24地区「グローバルゲート」開発事業11.09

IMG_1600.jpg


ささしまライブ24地区「グローバルゲート」開発事業は、名古屋駅南側に隣接する旧国鉄笹島貨物駅跡地を有効活用し、国際的・広域的な商業・業務機能などの集積を目指す「ささしまライブ24地区」開発事業の一つで、同地区内のA敷地(約1.7ha)に2棟の高層ビルを建設する再開発計画です。仮称)グローバルゲートには事務所、ホテル、コンベンション、サスティナブル・ミュージアム、商業施設などが入居し、2010年春に着工、2013年春の竣工予定したが、昨今からの景気後退に伴い着工が延期されています。










Untitled4_20110928221744.jpg


ささしまライブ24地区「グローバルゲート」開発事業の完成イメージパースです。 高さ約170mのWESTタワーと高さ約90mのEAST タワーの2棟の高層ビルが建設されます。デザインはいたってコンサバで、渋い感じの外壁が高級感を醸し出しています。このビッグプロジェクトは豊田通商、大和ハウス工業、日本土地建物、名鉄不動産等が参画する企業連合により計画が進められています。












Untitled3_20110928214158.jpg

【スペック】
名称:ささしまライブ24地区「(仮称)グローバルゲート」建設事業
WESTタワー:地上37階、地下2階・高さ約170m
EAST タワー:地上18階、地下2階・高さ約 90m
低層棟:地上6階、地下2階・高さ約 30m
敷地面積:約17,300m2 ※施設全体
延床面積:約160,000m2※施設全体
用途:事務所、ホテル、コンファレンスセンター、商業施設、駐車場
着工:2010年春(予定)※既に着工時期を過ぎている為、着工が延期されていると思われます。
竣工:2013年春(予定)









 
  IMG_2724_20110928215759.jpg

最後はミッドランドスクエア展望台から見た、ささしまライブ24地区「グローバルゲート」開発事業の計画地付近の様子です。既に着工予定時期を大幅に過ぎていますので、そろそろ着工に漕ぎ着けて欲しい所です。




関連記事
[ 2011/09/29 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(2)

南海会館ビルの建て替え計画の概要が判明!新ビルは高さ約155m前後の超高層ビルに!



本日の日経新聞の報道によると、南海電鉄が、難波駅に隣接する「南海会館ビル」の建て替え計画の概要を固めたそうです。新聞記事を要約すると、新ビルの規模は、地上29階、高さ155m前後の超高層ビルで、低層部の8階前後までは百貨店などの大型商業施設を勧誘、訪日外国人向けに日本や大阪の伝統文化を楽める常設の娯楽施設を設置、高層階は賃貸オフィスとして外部企業へ貸し出す予定で外資系企業の入居に期待を寄せているとの事です。

※今回の情報はアイラブオオサカーさんから頂きました。ありがとうございましたm(_ _)m

【過去記事】
→南海会館ビル、超高層ビルに建て替えへ


【スペック】
階数:地上29階
高さ:155m前後 
総工費:400億円弱
着工:2016年(予定)
竣工:2018年(予定)







IMG_3381.jpg 


南海会館ビルの建て替えは今年の2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画」で明らかになり、今回の日経新聞の報道で新ビルの概要が判明しました。市は容積率を緩和し最高165mの高層棟建設を認めているそうですが、南海側としては新ビルは今後の需要動向を見て判断する様です。

概要が明らかになった、南海会館ビルの建て替え計画。2月の発表時には高さ180m~200m程度のビルを期待しましたが、実際は高さ155m前後の計画に落ち着きました。ただ、従来あまり供給が無かった難波地区に「大規模なオフィスが新設」される事は非常に意義深いと思います。着工予定が2016年と、まだまだ先の計画なのでこれからも紆余曲折があるかもしれませんが、難波地区の再開発計画の期待の星とも言うべき計画なので着実に実現に向かって欲しいと思いました。
関連記事
[ 2011/09/28 11:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

遠鉄百貨店 新館(遠鉄百貨店新商業ビル建設工事) 11.09





遠鉄百貨店 新館は、浜松駅前にある遠鉄百貨店の北隣にあった「フォルテ」を解体し、商業施設・オフィスで構成された、地上13階、地下2階、高さ63m、延床面積44,123.61m2の複合ビルを建設する再開発計画です。


【過去記事】
遠鉄百貨店-新商業ビル建設工事 10.10








IMG_1804.jpg

遠鉄百貨店-新商業ビル周辺は浜松駅前 旭・砂山地区再生事業と呼ばれ再開発が進められています。










IMG_1848_20110924223835.jpg

遠鉄百貨店の本館の様子です。遠鉄百貨店の開業は1988年9月と、まだ新しい百貨店ですが、先発の松菱、西武百貨店が共に撤退してしまった為、現在では遠鉄百貨店が同市唯一の百貨店となりました。その為、遠鉄百貨店にはグッチ、ティファニー・ルイ・ヴィトン・フェンディ・フェラガモ・ロエベ・コーチなど、著名なブランドの店舗が数多く入居しています。2009年度の売上高は332億円、新館オープン1年後の売上目標は400億円です。












IMG_1805.jpg


本館と新館の接続部分です。本館と新館は地上3、4、5、6階及び地下1階で接続され、接続箇所は「イ・コ・イ スクエア」と呼ばれています「イ・コ・イ スクエア」には、ゆったりとした休憩スペースが設けられます。











IMG_1824.jpg


1階から「イ・コ・イ スクエア」に接続するエスカレータの様子です。











IMG_1826.jpg


こちらは地下階から地上に繋がる大階段の様子です。この階段はバスターミナル方面の地階から全天候型ギャラリーモール「ソラモ」に接続しており、今回の再開発計画で一番シンボリックな場所になると思います。











IMG_1830.jpg


全天候型ギャラリーモール「ソラモ」の様子です。ソラモは6層吹き抜けの大規模な空間が演出されており、ソラモに隣接する新館壁面(写真左側)には、画面サイズ259インチ(H3.20m×W5.77m)の大型街頭ビジョン「えんてつビジョン」が設置されます。







IMG_1834.jpg

こちらは遠州鉄道のターミナル駅「新浜松駅」。2面2線の高架駅で、今回ご紹介している遠鉄百貨店に隣接しています。外観はイマドキな白乳色のガラスと金属の組み合わせで美しくリニューアルされていました。












IMG_1838.jpg


改札口の様子です。改札口は半自動改札とでも言うのでしょうか・・。路線バスの車内のある様なICカードのタッチ部分が改札に据え付けられていました。イースター島のモアイの様に並んだ姿はちょっと見慣れない感じで、かなり面を喰らいました・・













IMG_1841.jpg


改札に設置されていたICカードリーダのアップです。




IMG_1804.jpg 

建設工事が進む遠鉄百貨店新館は11月9日の開業予定で、先日ご紹介した新静岡セノバ(SHINSHIZUOKA CENOVA)と合せて、静岡県の2大都市「静岡、浜松」両市の都心部に、ほぼ同時に大型商業施設が誕生する事になります。

ちょっと考えすぎかもしれませんが、もしかしたら両市の微妙なライバル意識が働いた結果なのかもしれませんね。










IMG_1811.jpg

遠鉄百貨店 新館。2011年11月9日にグランドオープンを迎えます!
関連記事
[ 2011/09/28 00:00 ] 東海 浜松 | TB(0) | CM(1)

新静岡セノバ(SHINSHIZUOKA CENOVA) 11.09





新静岡セノバ(SHINSHIZUOKA CENOVA)は、静岡市葵区鷹の新静岡センター跡地の再開発プロジェクトで、大型商業施設と鉄道駅、バスターミナルから成る複合施設です。建物は地上9階、地下1階、延床面積85,893m2、店舗面積は約32,000m2、総事業費は140億円。2011年10月5日の開業予定です。










IMG_1921.jpg

新静岡セノバには、静岡県内初出店82店舗を含む153店舗が入居し、静岡県内初出店となる「東急ハンズ」や家電量販店の「ノジマ」、書店の「丸善&ジュンク堂」などが核テナントになる他、「ビームス」「ビューティ&ユース・ユナイテッドアローズ」「スワロフスキー」、静活のシネコン「CINECITY ZART」、食品スーパーの「しずてつストア」などが入居しています。













IMG_1943.jpg


新静岡セノバの近くには、SHIZUOKA109マルイなどのファッション系の商業施設が集積しており、静岡市で最もファッション感度の高いエリアとなっています。











IMG_1934.jpg


新静岡セノバのエントランスの様子です。新静岡セノバの1階は、写真の入り口から続く通路を挟んで右半分は「バスターミナル」、左半分が「商業施設」となっています。










IMG_1948.jpg



エントランス近くのメイン通路左側の一等地には「ビームス」が陣取っていました。













IMG_1952.jpg


新静岡セノバの1階メイン通路の様子です。取材時はまだ工事中で、静岡鉄道の新静岡駅に続く、この通路のみが解放されていました。商業施設側の装飾が何となく「阪急百貨店」に似ている気がするのは気のせいでしょうか・・・。












IMG_1955.jpg



センター通路を抜けると、新装成った静岡鉄道の新静岡駅にたどり着きます。










IMG_1956.jpg

新静岡駅の改札口です。地方の中小私鉄のイメージとはかけ離れた近代的な装いにビックリ。ICカード対応のバーレスの最新型が5台配されていました。ちなみに静岡鉄道では、JR東海のICカード「toica」は使えませんが、PiTaPa・ICOCAは使えます!











IMG_1959.jpg



ホームの様子です。本当に大都市圏の最新鋭の大手私鉄駅と見間違う立派さです。











IMG_1965_20110923234914.jpg


ホームを反対側から見てみました。









IMG_1993_20110923234928.jpg


こちらは、静岡鉄道の主力1000系電車。東急の7200系を設計基本とするオリジナル車両で、全列車2両編成ワンマンで運行されています。
※この写真は、長沼駅で撮影しました










IMG_1989.jpg

次の取材地に向かう為に時刻表を見てビックリ。もの凄い高頻度運転ではありませんか!平日の日中でも6分間隔の高頻度運転とは・・・。静岡鉄道は営業距離が11km、駅数が15駅と小規模ながら地下鉄並みのフリークエントサービスを提供しており、私鉄電車と言うよりもLRTの一種と思うと理解しやすいと思います。
※この写真は、長沼駅で撮影しました












IMG_1896.jpg

最後は静岡県庁の展望室から見た、新静岡セノバ(SHINSHIZUOKA CENOVA)の様子です。展望室から見下ろすと、延べ床面積が8万平米を超える巨大なビルである事が実感出来ました。

広大な無料駐車場をそなえた巨大なSCが郊外に乱立し、多くの地方都市が都心商業地区の衰退に苦しむ中、静岡市は現在でも相当の賑わいを保っています。この巨大な行商施設「新静岡セノバ」が都心商業地区のさらなる集客装置として機能し、さらに賑わいを増して行く事を期待したいと思いました。






【おまけ】

IMG_1890.jpg


近くの学校で運動会の予行練習?が行われていました。グラウンドに描かれた幾何学的な模様が印象に残りました。

関連記事
[ 2011/09/27 00:00 ] 東海 静岡 | TB(0) | CM(2)

名古屋駅新ビル計画(仮称)11.09



名古屋駅新ビル計画(仮称)は、JR名古屋駅に隣接する名古屋ターミナルビルを撤去し、その跡地に高層複合ビルを建設する再開発計画です。再開発ビルは、延床面積約26万m2、高さ約220m、地上46階建ての規模で、オフィス、商業施設、ホテル、バスターミナ ル等で構成されます。新ビルは、1階にバスターミナルを集約配置し、2階に名古屋駅と駅北側エリアを結ぶ歩行者通路を設けることで交通拠点としての機能を強化するほか、隣接するJRセントラルタワーズと低層棟のほぼすべてのフロアで接続することにより、タワーズと一体性を持たせ、利便性の高いビルとなります。










IMG_1679_20110925010651.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

【スペック】
名称:名古屋駅新ビル計画(仮称)
階数:地上46階
高さ:約220m
敷地面積:約 85,000 m²(JR名古屋駅等を含む) ※事業予定地の敷地面積は 11,500 m2
延床面積:約26万m2
竣工予定:2016年度新ビル竣工(2017年度にかけて順次開業)


<オフィス>
・エントランス15階、オフィスフロアは29~44階

<商業施設>
・ジェイアール名古屋タカシマヤの増床を予定
・大手家電量販店「ヨドバシカメラ」が出店(9~11階)
・タワーズよりもカジュアルで、専門性・ 話題性のある飲食店を配置 (1~14F)

<ホテル>
・(株)ジェイアール東海ホテルズによる宿泊主体のホテル
・15階はエントランス・レストラン1、客室は19~25階
・客室数は約350室

<その他>
・タワーズのスカイストリートと接続、他にも複数のフロアで 接続予定
・バスターミナルは北地区計画ビルを含む1階レベルに整備









IMG_1681.jpg


※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

こちらは低層部を拡大した完成イメージパースです。大規模な人工地盤が整備される他、巨大なガラスルーフが設置され眼を引きます。タワーズの大きさからこのルーフの規模を想像するともの凄い大きさになると思います。この部分がイメージ通りに完成するとメッチャ都会っぽくなり、新ビルのハイライトの1つとなりそうです。










IMG_1674.jpg

完成イメージパースにあった、巨大ルーフが設置される箇所の現在の様子です。ペデストリアンデッキはこちらに向けて大幅に拡張されます。










IMG_1564.jpg


こちらは解体工事が進む名古屋ターミナルビルの現在の様子です。名古屋駅1番ホームから撮影しました。











IMG_2786.jpg


続いて、ミッドランドスクエアから見た名古屋ターミナルビルの解体工事の様子です。解体工事はタワークレーン2機と移動式クレーン1機の合計3機で進められていました。











IMG_2631.jpg


最後は夕日に輝く、解体工事中の名古屋ターミナルビルとJRセントラルタワーズを絡めて。ここに高さ220mの超高層ビルが建つとは・・・。完成後はもの凄い迫力のある景観になりそうです。
関連記事
[ 2011/09/26 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(2)

岐阜スカイウイング37(ザ・ライオンズ一条タワー岐阜)11.09




岐阜スカイウイング37(ザ・ライオンズ一条タワー岐阜)は、JR岐阜駅前の問屋町地区で行われている再開発事業で、商業施設、業務施設、ホテル、駐車場、共同住宅等で構成された、地上37階、塔屋2階、地下2階、高さ135.89mの超高層ビルが建設されます。以前は、問屋町西部南街区第一種市街地再開発事業と呼ばれていましたが、施設名称が「岐阜スカイウイング37」、タワーマンション部は「ザ・ライオンズ一条タワー岐阜」に名称が決まりました。



【過去記事】
問屋町西部南街区第一種市街地再開発事業







IMG_1527.jpg


【スペック】
名称:岐阜スカイウイング37(ザ・ライオンズ一条タワー岐阜)
階数:地上37階、塔屋2階、地下2階
高さ:135.89m
総戸数:270戸(住戸)、他に集会室1戸、スカイラウンジ1戸
敷地面積:6,895.32m2
建築面積:5,902.11m2
延床面積:55,533.61m2
竣工:2012年8月下旬(予定)










IMG_1535.jpg

現地に掲示されていた完成予想パースです。写真左側の低層ビルはビジネスホテルが入居する西棟、タワー部分は東棟です。タワー最上部の特徴的な形をした棟屋部分が目を引きますね。











IMG_1537.jpg

現地に掲示されていた、建築計画のお知らせです。












IMG_1532.jpg

こちらはビジネスホテルが入る西棟の様子です。少し調べてみましたが、入居するホテルのブランドは、まだ解りませんでした。














IMG_1561.jpg

岐阜スカイウイング37(ザ・ライオンズ一条タワー岐阜)は以前ご紹介した岐阜シティ・タワー43の向かいに建設されています。岐阜シティ・タワー43とはペデストリアンデッキで接続され、JR岐阜駅まで2階レベルで直結されます。











IMG_1524_20110923225805.jpg


こちらが延伸されたペデストリアンデッキの様子です。デッキは一足先に完成しており、建物側の竣工を待っている状態でした。









IMG_1552.jpg


最後は岐阜シティ・タワー43と岐阜スカイウイング37(ザ・ライオンズ一条タワー岐阜)を絡めたアングルです。
関連記事
[ 2011/09/25 00:00 ] 東海 岐阜 | TB(0) | CM(0)

JRセントラルタワーズ(JR Central Towers)

IMG_1770.jpg

JRセントラルタワーズJR Central Towersは、JR名古屋駅に隣接して建設された超高層ビルで、百貨店、オフィス、ホテル、レストラン街など、様々な都市機能を結合させ、駅施設上に積み重る「複合立体都市」をコンセプトに設計されました。JRセントラルタワーズは竣工当時、中部地方1位の高さを誇りましたが、現在は後発のミッドランドスクエアにその座を譲っています。しかし、JRセントラルタワーズは、現在でも圧倒的な存在感を持って名古屋のランドマークとして名駅前に君臨しています。













IMG_1772_20110923213211.jpg



【スペック】
□オフィスタワー(写真右)
階数:地上51階、塔屋3階、地下4階
高さ:245.1m

□ホテルタワー(写真左)
階数:地上53階、塔屋3階、地下4階
高さ:226m
ホテル名:名古屋マリオットアソシアホテル
客室数:774室

□施設全体
敷地面積:82,191m2
建築面積:
18,220m2
延床面積:416,565m2(低層部含むビル全体)












IMG_1691.jpg

JRセントラルタワーズは、その規模と左右非対称ツインタワーという特異な形状から、見る角度により様々な表情を見せてくれます。












IMG_1618.jpg



こちらは太閤通口側から見たJRセントラルタワーズの様子です。正面にあたる桜通口方面から見ると円柱に見える2棟のビルですが、反対側の太閤通口側から見ると四角い形状をしている事が解ります。ヘリポートが中心点から微妙にズレているのもデザイン上のポイントとなっています。









IMG_2781.jpg


続いてはミッドランドスクエアから見た、JRセントラルタワーズの様子です。巨大な低層部から異なった2本のタワーが空に向けて伸びています。圧倒的なボリューム感です。











IMG_2804.jpg

黄昏時のJRセントラルタワーズの様子です。明かりが瞬く巨大なツインタワー、駅から吐き出された人波。大都会名古屋のパワーを実感出来る1枚だと思います。










IMG_2811.jpg



最後は黄昏時のJRセントラルタワーズを別の角度からパチり。JRセントラルタワーズ。圧倒的な規模、存在感は現在でも健在でした。
※セントラルタワーズは過去に何回か記事にしましたが、今回改めて取材して単独記事としてご紹介しました。












関連記事
[ 2011/09/24 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(2)

住友生命千種ニュータワービル




住友生命千種ニュータワービルは、千種駅前(ちくさえき)に建つ、地上21階建ての高層オフィスビルです。千種駅は、JR東海の中央本線と、名古屋市営地下鉄の東山線の接続駅で、千種駅周辺は名古屋市の副都心的な位置づけのエリアの1つとなっています。











IMG_2176.jpg


【スペック】
名称: 住友生命千種ニュータワービル
階数:地上21階
高さ:85.6m
竣工:1991年6月











IMG_2166_20110920234455.jpg



住友生命千種ニュータワービルはの竣工は1991年なので、すでに竣工後20年が経過しています。また、「いかにもオフィスビル」というデザインが潔くて好みです。ビルの四隅が「ハの字型」になっているも良いですね。









IMG_2174.jpg

ホテルを出た時は雲1つない青空が広がっていましたが、1時間少々でモクモクと雲がかかってきました。ビル撮影の出来映えは天候に大きく左右されます。今回の様な遠征取材の場合は基本的に「1発勝負」なのでいつも携帯の天気予報とにらめっこしながら移動しています。。。
















IMG_2191.jpg

最後は中央線を行く211系電車と住友生命千種ニュータワービルを絡めて。結構お気に入りの1枚です。

関連記事
[ 2011/09/23 01:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(1)