梅北(グランフロント大阪)Bブロック 12.01

IMG_2668.jpg


梅北(グランフロント大阪)
は、 大阪駅北側のコンテナヤード約24haに対する再開発計画で、現在先行開発地域約7haの建設工事が進められています。前回ご紹介したAブロックに続き、 今回はBブロックの様子をご紹介します。Bブロックには、南側に175.3mのオフィス主体のビル、北側には154mのホテル・オフィスの複合ビル、計2棟の超高層ビルが建設されます。また2棟は低層部で連結され、ナレッジキャピタル、商業施設等が入居、Bブロックの延べ床面積は30万平米に迫る巨大開発となります。


【過去記事】
梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.12
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.12
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.12

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.11
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.11
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.11

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.10
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.10
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.10

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.08
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.08
梅北(グランフロント大阪)Cブロック 11.08

梅北(グランフロント大阪) 11.06
梅北 11.04
→梅北 11.03
→梅北 11.02
→北ヤードの新名称は「うめきた」に決定
→【投票結果発表!】梅田北ヤードに相応しい新名称は?
→梅田北ヤードの新名称、一般投票で決定
→インターコンチネンタル・ホテルが大阪・北ヤードに進出
→北ヤード 10.03(タワークレーンのレイアウト図)
→北ヤードのイメージパース 09.08
→北ヤードのイメージパース
→北ヤード1期 全景
→北ヤード1期 広場
■追跡取材リスト









IMG_2671.jpg


アップで見た、グランフロント大阪Bブロックの様子です。前回から約1ヶ月半振りの取材でしたが、Bブロックも順調に成長しており、Bブロック・サウス(写真左)は地上36階~37階位を、Bブロック・ノース(写真右)は地上30階ぐらいを構築している所でした。










IMG_2676_20120130213448.jpg



Bブロック・サウス(写真左)
Bブロック・ノース(写真右)を低層部で連結するナレッジ・プラザ付近の様子です。ナレッジ・プラザの地下には、世界中から有識者が集まる本格的な国際会議や大型エキシビションなどの開催にも対応できる、収容人数3000人規模のコンベンションセンターや多目的シアターが設けられます。














IMG_2697.jpg




【スペック】
名称:
グランフロント大阪-Bブロック・サウス
階数:地上38階、塔屋2階、地下3階
高さ:175.3m
用途:オフィス・商業・ナレッジ・キャピタル
竣工:2013年03月下旬(予定)

敷地面積:22,680.05m2 
建築面積:15,744.97m2
延床面積:295,083m2
※Bブロック全体















IMG_2704_20120130213447.jpg


直ぐ近くからBブロック・サウスを見上げて見ました。青空に伸びるガラス張りの超高層ビル群、文句なしでカッコイイです!















IMG_2710.jpg


【スペック】
名称:
グランフロント大阪-Bブロック・ノース
階数:地上33階、地下3階
高さ:154m
用途:オフィス・ホテル・商業・ナレッジキャピタル
竣工:2013年03月下旬(予定)

敷地面積:22,680.05m2 
建築面積:15,744.97m2
延床面積:295,083m2
※Bブロック全体













IMG_2723.jpg



北側からみた、グランフロント大阪-Bブロック・ノースの様子です。鉄骨の組立が進み、インターコンチネンタルホテルが入る高層部分がかなり組み上がっていました。













IMG_2760.jpg

続いて西側、貨物ヤード越しに見た、グランフロント大阪-Bブロックの様子です。Bブロック・サウスの低層部のカーテンウォールの取り付けがかなり進んでいます。











IMG_2686.jpg


最後は、新ビルが計画されているヨドバシ梅田北側の平面駐車場越しに見た、グランフロント大阪の様子です。奥に見える梅田スカイビルとグランフロント大阪を絡めて見ていると、「梅北の二期部分は大規模な都市公園として整備し都市の広がり感を演出しつつ、その周辺を超高層ビルで囲んで行くのもいいかな」と感じました。













【おまけ】

IMG_2316_20120130224221.jpg


梅田スカイビルに写り込んだ、グランフロント大阪Bブロック・サウスの様子です。

関連記事
[ 2012/01/31 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(1)

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 12.01

IMG_2777.jpg



梅北(グランフロント大阪)は、 大阪駅北側のコンテナヤード約24haに対する再開発計画で、現在先行開発地域約7haの建設工事が進められています。Aブロックは最も先行開発地区の最も南側(大阪駅寄り)に位置しています。前回の取材から約1ヶ月半振りの取材でしたが、成長を続けてきた鉄骨は既に最上階の38階まで組み上がっており、塔屋部分を構築している所でした。


【過去記事】
梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.12
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.12
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.12

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.11
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.11
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.11

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.10
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.10
グランフロント大阪オーナーズタワー 11.10

梅北(グランフロント大阪)Aブロック 11.08
梅北(グランフロント大阪)Bブロック 11.08
梅北(グランフロント大阪)Cブロック 11.08

梅北(グランフロント大阪) 11.06
梅北 11.04
→梅北 11.03
→梅北 11.02
→北ヤードの新名称は「うめきた」に決定
→【投票結果発表!】梅田北ヤードに相応しい新名称は?
→梅田北ヤードの新名称、一般投票で決定
→インターコンチネンタル・ホテルが大阪・北ヤードに進出
→北ヤード 10.03(タワークレーンのレイアウト図)
→北ヤードのイメージパース 09.08
→北ヤードのイメージパース
→北ヤード1期 全景
→北ヤード1期 広場
■追跡取材リスト















IMG_2771.jpg



続いてヨドバシ梅田前から見たグランフロント大阪Aブロック(写真左)の様子です。前回と比べると、ますます谷間感が強く感じられる様になってきました。












IMG_2692_20120129215431.jpg



【スペック】
名称:グランフロント大阪Aブロック
階数:地上38階、塔屋1階、地下3階
高さ:179.5m  
敷地面積:10,571.09m2  
建築面積: 8,620.47m2 
延床面積187,846.33m2
竣工:2013年03月下旬(予定)














IMG_2705_20120129215430.jpg



続いて北東側から見た、グランフロント大阪 Aブロック の様子です。高層部と低層部のガラスカーテンウォールの色味が異なっています。低層部のこの箇所の形状は今までにない感じで仕上がりが気になります。














IMG_2758_20120129215430.jpg


こちらは西側、貨物ヤード越しに見たグランフロント大阪Aブロックの様子です。グランフロント大阪は間近で見るよりも、こんな感じで少し離れて周囲のビルと対比する事でその規模の大きさが際立ち、物凄いスケール感を感じる事が出来ます。











IMG_2790.jpg


最後は、このブログではすっかりおなじみになった展望スポット、アパホテル〈大阪肥後橋駅前〉の最上階にあるベトナムフレンチ「チャオサイゴン」のテラス席から見た、グランフロント大阪 Aブロックの様子です。昨年完成した、ノースゲートビルディングの奥からグランフロント大阪 Aブロックの鉄骨が姿を表していました。
関連記事
[ 2012/01/30 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(2)

(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区 12.01




(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区 は、阪急京都線摂津市駅周辺で行われている再開発計画、南千里丘土地区画整理事業に建設されるタワーマンション計画です。前回の訪れたのが2011年8月なので、約5ヶ月振りの取材です。


【過去記事】
(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区 11.08
(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区 10.11
→(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区
■追跡取材リスト











IMG_2169.jpg


前回取材時に「建築計画のおしらせ」が撤去され「計画が凍結されてしまった・・」とショックを受けていましたが、三井不動産レジデンシャルの2012年1月18日付けニュースリリースを見ると、今春着工予定の「(仮称) 摂津市南千里丘計画 B 街区(地上 35 階・総戸数 470 戸)」との記述があり、以前の計画(地上43階、棟屋3階、高さ:143.5m、総戸数:586戸)から規模を縮小した上で、今春から建設に着手する予定である事が判明しました!


【公式ページ】
三井不動産レジデンシャル 
→2012年1月18日 ニュースリリース












IMG_2163.jpg


読者のアイラブオオサカーさんからも情報を頂いていたので、早速取材に行ってみると・・

ありました!撤去された「建築計画のお知らせ」とほぼ同じ場所に、新しい「建築計画のお知らせ」が掲示されていました。(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区の計画変更後のスペックは、地上35階、塔屋2階、高さ118.3m、総戸数470戸。高さ118.3mで、延床面積が57,500.50m2もあるのでかなり太めのタワーマンションになりそうです。イメージ的には、以前ご紹介したファーストタワー大津MARYに近い感じになるのではないでしょうか。。


【スペック】
名称:(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区
階数:地上35階、塔屋2階
高さ:118.3m
総戸数:470戸
敷地面積:10,649.03m2
建築面積:4,450.50m2
延床面積:57,500.50m2
着工:2012年2月初旬(予定)
竣工:2014年3月末(予定)











IMG_2173_20120128214134.jpg



最後は、敷地外から見た現地の様子です。(仮称)摂津市南千里丘計画 B街区の計画地は1haもあるのでかなり広いです。個人的には当初の計画通り高さ140m程度で細身のタワーマンションを建てて、タップリと公開緑地を取った方が圧迫感も少なく周辺の住環境も良くなる気がしますが、そこは大人の事情の為仕方なかったのかもしれませんね。当初の計画よりもかなり高さが低くなりましたが、計画が進んでいる事が確認出来たので、正直ホッっとしました。
関連記事
[ 2012/01/29 00:00 ] 大阪府下 摂津 | TB(0) | CM(1)

(仮称)ブランズタワー南堀江 12.01

IMG_3064.jpg


(仮称)ブランズタワー南堀江は、大阪市西区南堀江一丁目の四つ橋筋に面した駐車場に計画されているタワーマンションです。 数名の読者の方から「既に着工しています」との情報を頂いていたので、こちらも取材してきました。








IMG_3063_20120128222727.jpg

現地の様子です。頂いた情報の通り現地には既に重機が入っており、無事に着工している様でした。












IMG_3072_20120128222726.jpg

最新の建築計画のお知らせです。スペックを確認すると、敷地面積の数値が若干変更になっていましたが、その他の数値は全て従来通りで、大きな変更点はありませんでした。立面図で描かれている巨大な四角い塔屋が気になります。。



【スペック】
名称:(仮称)ブランズタワー南堀江 
階数:地上35階、塔屋2階、地下1階    
高さ:121.70m  
敷地面積:1,583.31m2    
建築面積:1,014.28m2    
延床面積:24,056.79m2  
着工:2011年12月22日
竣工:2014年03月31日(予定)  











IMG_3066_20120128222726.jpg



最後は北西側から見た、(仮称)ブランズタワー南堀江の建設現場の様子です。計画地の北西角にある立体駐車場と自転車屋さんはそのまま営業しており、今回の再開発計画からは除外されている様でした。

無事に着工した(仮称)ブランズタワー南堀江。多数の超高層ビル計画が進行している梅田、中之島エリアに比べ、動きが少なかった難波エリアで建設が始まった「貴重な超高層ビル計画」なので、これからもしっかり取材して行きたいと思います。

関連記事
[ 2012/01/29 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(2)

NCプロジェクト オフィス棟新築工事 12.01




NCプロジェクト オフィス棟新築工事は、難波土地区画整理事業C街区に建設される複合ビルで、スペックは地上12階、高さ約55m、延床面積は16,838m2。 ビルの2~3F に大阪府立大学が入居、4~11F には南海電鉄本社が入居します。併設されるライブホールは、咲洲にあった「Zepp Osaka」が移転、拡大リニューアルオープンします。新Zeppの正式名称はZepp Nambaに決まりました!


【過去記事】
NCプロジェクト オフィス棟新築工事 11.11
NCプロジェクト オフィス棟新築工事 11.06
(仮称)難波C街区オフィスビル 11.03
難波土地区画整理事業 10.09
大阪木津地方卸売市場 再開発事業
なんばパークス
なんばGMT
南海難波駅リニューアル
難波土地区画整理事業
■追跡取材リスト












IMG_2547.jpg

前回取材した時のZepp Nambaは鉄骨が組み上がり始めた所でしたが、今回取材してみると外観はほとんど完成している様に見えました。予想以上に工事の進みが早くて驚きです。













IMG_2556.jpg

続いてNCプロジェクト オフィス棟の様子です。こちらも鉄骨がかなり成長していて驚きました。



【スペック】
名称:NC プロジェクト オフィス棟新築工事
階数:地上12階
高さ:54.765m
敷地面積:7,999.99m2
建築面積:1,596.37m2
延床面積:16,838m2
用途:事務所・学校
着工:2011年9月初旬(予定)
竣工:2013年2月末(予定)










IMG_2558.jpg



NCプロジェクト オフィス棟とZepp Nambaはご覧の通り「V字」型のレイアウトになっています。両ビルの間には緑地帯「グリーンプラザ」が設けられ、なんばパークスとの連続性を持たせます。











IMG_2563_20120127223221.jpg


続いて西側から見た、NCプロジェクト オフィス棟の様子です。カーテンウォールの取り付けが始まっていました。













IMG_2552.jpg

順調に工事が進むZepp NambaとNCプロジェクト オフィス棟。Zepp Nambaはゴールデンウィークにオープンする予定となっており、なんばパークスのさらに南側に新しい賑わい拠点が誕生する事になります。











【おまけ】



IMG_2539.jpg



難波土地区画整理事業の計画地を南北に結ぶ区画道路第1号線(南北線)ですが「パークス通り」の愛称がつけられ、国道25号線までの全区間が開通していました。
関連記事
[ 2012/01/28 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

ザ・シーン徳川園

IMG_2236.jpg

ザ・シーン徳川園
は名古屋市東区出来町2丁目にある、地上30階 、高さ89.9mのタワーマンションです。竣工は1990年12月と結構前なので、名古屋市内でも老舗的なタワーマンションの1つです。













IMG_2237.jpg


【スペック】
名称:ザ・シーン徳川園
階数:地上30階
高さ:89.9m
敷地面積:6,177m2
建築面積:1,061m2
延床面積:21,619m2
総戸数:157戸
竣工:1990年











IMG_2239.jpg



別の角度から見た、ザ・シーン徳川園の様子です。ザ・シーン徳川園は、見る角度によって表情が一変するタワーマンションで、ここから見るとかなり太めに見えました。円形の巨大な塔屋が目を引きます。













IMG_2233.jpg



近くで見上げて見ました。この角の「くぼみ具合」が90年代前半のタワーマンションな雰囲気を醸し出しています。













IMG_2242.jpg

ザ・シーン徳川園の足元に広がる公開緑地の様子です。竣工からかなり年月が経過している為、植栽された木々が立派に成長しメチャクチャ良い感じに見えました。












IMG_2749.jpg


最後はミッドランドスクエアの展望台から見た、ザ・シーン徳川園の様子です。

関連記事
[ 2012/01/27 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

ライオンズタワー千種

IMG_2168.jpg


ライオンズタワー千種
は、千種駅南第一種市街地再開発事業として建設されたタワーマンションです。先日ご紹介したアクシオス千種と隣接しています。











IMG_2170.jpg
【スペック】
名称:ライオンズタワー千種
階数:地上27階 塔屋2階
高さ:97.1m
戸数:118戸
敷地面積:1,782.78m2
建築面積:1,462.05m2
延床面積:15,028.46m2
着工 2002年
竣工 2004年









IMG_2160.jpg


別の角度から見た、ライオンズタワー千種の様子です。ライオンズタワー千種の近くには、アクシオス千種グランスイート千種タワー住友生命千種ニュータワービルなどの高層ビルが林立しています。








IMG_2378_20120125220650.jpg


最後は名古屋テレビ塔展望台から見た、ライオンズタワー千種の様子です。左手前の黒色のビルはマザックアートプラザ オフィスタワーです。ここから見ると、地下鉄東山線に沿って高層ビルが林立している事がよく解りました。
関連記事
[ 2012/01/26 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

雲竜フレックスビル


雲竜フレックスビルは、名古屋市中区新栄二丁目にある、地上24階・地下2階建ての超高層ビルです。雲竜フレックスビルは1973年に竣工し、当時は名古屋市内初の超高層ビルとして話題となったそうです。雲竜フレックスビルの5階には、1000人収容可能の東海地方で2番目の規模のダイアモンドホールがあり、頻繁にライブが行われています。

【スペック】
名称: 雲竜フレックスビル
階数:地上24階、地下2階
高さ: 90m
敷地面積:-----
建築面積:-----
延床面積:-----
竣工:1973年










IMG_2135.jpg


縦アングルで見た、雲竜フレックスビルの様子です。築40年近い古参の高層ビルですが、なんとも不思議な形をしているなぁ、と思いました。。。



関連記事
[ 2012/01/25 22:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

アーバンラフレ星ヶ丘10号棟

IMG_2226.jpg

アーバンラフレ星ヶ丘10号棟
は、名古屋市千種区星ヶ丘一丁目5番にある「地星ヶ丘団地4.7ha」の建替事業に伴い建設されたタワーマンションです。アーバンラフレ星ヶ丘10号棟は同地区のシンボルとて計画されいました。










IMG_2224_20120122230020.jpg

【スペック】
名称:アーバンラフレ星ヶ丘10号棟
階数:地上25階
高さ:81.15m
敷地面積:15,768.2m2
建築面積:1,523.28m2
延べ床面積:18,278.84m2
竣工:1997年










IMG_2221.jpg


真正面から見た、アーバンラフレ星ヶ丘10号棟の様子です。









IMG_2220.jpg


最後は別の角度から見た、アーバンラフレ星ヶ丘10号棟の様子です。

関連記事
[ 2012/01/25 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

サンクレア池下

IMG_2204.jpg  

サンクレア池下
は、地下鉄東山線の池下駅に隣接して建つ、地上26階、高さ88mのタワーマンションです。低層部の地下1階~地上4階には食品、日用雑貨、飲食店、医療モールなどで構成される商業施設も入居しています。















【名称】
名称:サンクレア池下
階数:地上26階、地下3階
高さ:88m
戸数 316戸
敷地面積 8,611m2
建築面積 5,477.55m2
延べ床面積 59,356.41m2
着工:1994年
竣工:1997年












IMG_2202.jpg


別の角度から見た、サンクレア池下の様子です。











IMG_2212_20120122224141.jpg


最後は、北側から見た、サンクレア池下の様子です。サンクレア池下は高低差の大きな高台に立地している為、ここからみるとスペック以上の高さに感じました。ちなみに、手前の工事現場は以前ご紹介した、グランドメゾン池下ザ・タワー の建設現場です。サンクレア池下に隣接して、地上42階、地下1階、高さ152m のタワーマンションが建設されています。
関連記事
[ 2012/01/24 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)