新関西電力病院 12.06

IMG_8544.jpg


新関西電力病院は、築40年余りが経過し老朽化している現在の病院建物に変わり、同敷地内で病院を建替える病院の建替えプロジェクトです。建替えは2期に分けて行われ、1期竣工が2013年5月、2期竣工は2014年8月を予定しています。


【過去記事】
新関西電力病院 12.04
新関西電力病院 12.03
新関西電力病院 12.01
新関西電力病院 11.08
新関西電力病院 11.06
新関西電力病院 11.02
→新関西電力病院 10.10

→新関西電力病院 10.07
→新関西電力病院 10.05
■追跡取材リスト







IMG_8564.jpg



【スペック】
階数:地上18階、塔屋1階、地下2階
高さ:81.55m
全員床数:400床
敷地面積:9,664.22m2
建築面積:4,429,84m2
延床面積:39,286.39m2
竣工:一期/2013年5月/2期2014年8月(予定)










IMG_8589.jpg



こちらはグランキューブ大阪から見た、新関西電力病院の様子です。前回の撮影時と比べてかなり高くなって
おり成長ペースは早いです。大型タワークレーン2機の威力は絶大ですね。











IMG_8593.jpg


高層部をアップで。高層部は低層部に対して角度(45度位いでしょうか?)を持たせた作りになています。











IMG_8605.jpg

引き気味のアングルで、新関西電力病院と周辺の高層ビルの様です。グランキューブ大阪から見ると、クレヴィアタワー中之島~新関電病院~ほたるまちまで再開発地区が連続している様に見え、堂島川北岸の様子が一変した事がよく解りました。












IMG_7904_20120629234733.jpg


最後は、梅田スカイビルの展望台から見た、新関西電力病院付近の様子です。新関西電力病院は、スカイビルからもハッキリ解る様になってきました。

関連記事

ローレルタワー 夕陽丘 12.06

IMG_8377_2.jpg
ローレルタワー 夕陽丘は、天王寺区小宮町の市営住宅を高層住宅に建替える再開発計画で2棟のタワーマンションが建設されます。写真右奥に見えるタワーは、建設が先行しているD敷地イーストレジデンス、手前のタワークレーンがC敷地ウエストレジデンスです。


【公式HP】
→ローレルタワー 夕陽丘


【過去記事】
ローレルタワー 夕陽丘 12.04
ローレルタワー 夕陽丘 12.01
ローレルタワー 夕陽丘 11.10
(仮称)夕陽丘ツインタワープロジェクト 11.08
小宮住宅団地再生プロジェクト 11.02
→小宮住宅団地再生プロジェクト 10.12

→小宮住宅団地再生プロジェクト 10.07
→小宮住宅団地再生プロジェクト 10.03
→小宮住宅団地再生プロジェクト
■追跡取材リスト



IMG_8397.jpg



【スペック】
名称:
ローレルタワー夕陽丘[イーストレジデンス]
階数:地上26階、塔屋1階、地下1階
高さ:87.00m
総戸数:120戸
敷地面積:2489.71m2
建築面積:1,177.49m2
延床面積:15,551.62m2
完成予定:2012年10月(予定)











IMG_8406_2.jpg


前回から約2ヶ月振りに現地を訪れましたが、イーストレジデンスは既に最高部まで到達していました。










IMG_8382_2.jpg


西側から見た、イーストレジデンスの様子です。









IMG_8378.jpg

こちらは、少し遅れて建設されているウエストレジデンスの様子です。













IMG_8392.jpg



【スペック】
名称: ローレルタワー 夕陽丘[ウエストレジデンス]
階数:地上29階、塔屋1階、地下1階
高さ:96.96m
総戸数:140戸
敷地面積:2,671.83m2
建築面積:1,273.24m2
延床面積:17,431.15m2
完成予定:2013年8月(予定)










IMG_8403.jpg 


2ヶ月振りの取材でしたが、ぱっと見た感じでは、ほとんど高さが変わっていない様に感じました。ウエストレジデンスは非常にゆっくりとしたペースで建設されています。










IMG_8729.jpg


最後は、ブリーゼタワーから見た、ローレルタワー 夕陽丘の様子です。ブリーゼタワーの展望室から現地まではかかなりの距離がありますが、ローレルタワー 夕陽丘の2棟のタワークレーンを確認する事が出来ました。
関連記事
[ 2012/06/29 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(0)

クレヴィアタワー中之島 12.06

IMG_8550_2.jpg

クレヴィアタワー中之島は、リーガロイヤルホテルの北側、リバーサイドタワー中之島(堂島タワー)の 東隣に建設中のタワーマンションです。前回の撮影から約2ヶ月振りの取材でしたが、すでに外観はほとんど完成してり、高級感のある美しい姿を現していました。


【公式HP】
クレヴィアタワー中之島

【過去記事】
クレヴィアタワー中之島 12.04
クレヴィアタワー中之島 12.03
クレヴィアタワー中之島 12.01
クレヴィアタワー中之島 11.12
クレヴィアタワー中之島 11.11
クレヴィアタワー中之島 11.10
クレヴィアタワー中之島 11.08
クレヴィアタワー中之島 11.06
クレヴィアタワー中之島 11.04
→クレヴィアタワー中之島 11.03

→クレヴィアタワー中之島 11.02
→(仮称)福島3丁目計画 10.10
→(仮称)福島3丁目計画 10.07
→(仮称)福島3丁目計画
■追跡取材リスト











IMG_8566.jpg



【スペック】
名称:クレヴィアタワー中之島
階数:地上36階、地下1階  
高さ:127.24m
総戸数:250戸 
敷地面積:2,281.16m2 
建築面積:1,109.21m2
延床面積:29,265.83m2
竣工: 2012年08月(予定)









IMG_8569_2.jpg



隣接するリバーサイドタワー中之島(写真左)との並びです。











IMG_8573_2.jpg



南西側から見た、クレヴィアタワー中之島の様子です。










IMG_8594_2.jpg


続いて、グランキューブ大阪から見た、クレヴィアタワー中之島の様子です。取材時には最高部まで到達しており塔屋の構築も終わっていました。









IMG_8599.jpg

塔屋の様子です。クレヴィアタワー中之島の塔屋はビル本体と一体的なデザインで見栄えが良く、とてもいい感じです。









IMG_8581_20120627225009.jpg

最後はクレヴィアタワー中之島と周辺の様子です。クレヴィアタワー中之島は予想を上回る出来栄えで、とても良い超高層ビルに仕上がったと思いました。
関連記事

三井不動産がエキスポランド跡地に高さ約170mの世界最大級の観覧車を計画!



(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業
は、閉園したエキスポランドの跡地(約17.3ha)に、教育と娯楽を融合したテーマパークを建設する再開発計画です。再開発事業者は三井不動産。開発コンセプトは「The Museum City of Expo21」。英語を通してものづくりやスポーツ、料理などを体験する「English Education Village」、日本のアニメやマンガを国内外の来場者に発信する「アニメEntertainment」といったテーマ施設のほか、水族館や飲食店などが計画されています。








002_20120626235604.jpg


読者の方から頂いた情報によると、吹田市のHPで公開されている、(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業係る環境影響評価提案書の中に、観覧車(高さ170m)記載があり、世界最大級の巨大観覧車が計画されている事が判明しました!現在、世界最大の観覧車はシンガポールにあるシンガポール・フライヤー‬で、高さは165mです。エキスポランド跡地のテーマパークに計画されている観覧車の高さは約170mなので、シンガポール・フライヤーを5m上回る事になります。

※Unknownさま。情報をご提供頂きまして、ありがとうございました<(_ _)>




【世界観覧車の高さランキング】
1、シンガポール・フライヤー 165m /2008年
2、南昌之星(なんちょうのほし) 160m /2006年
3、ロンドン・アイ135m /2000年 

9、ダイヤと花の大観覧車  117m  /2001年 東京
11、パレットタウン大観覧車 115m    /1999年 東京
12、コスモクロック21           112.5m  /1999年 横浜
13、天保山大観覧車               112.5m  /1997年 大阪













003_20120626235603.jpg

 



【スペック】
名称:(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業
階数:地下 1~地上 3 階
高さ:約 14.5~28m(観覧車約 170m)
建物構造:鉄骨造(一部 鉄骨鉄筋コンクリート造)
建築面積:約 90,500 m2
延床面積:約 316,300m2
店舗面積:約 96,000 m2
物販:約 55%
飲食:約 10%
サービス:約 35%(うち、水族館約 10,000m2、教育施設約 8,000m2、複合映画館約 5,000m2、温浴施設約 2,000m2 含む)
店舗数:約300店
年間利用客数:約2000万人(休日約6万人/日)
駐車場台数約 4,500 台
着工:2014年9月(予定)
着工:2016年9月(予定)



【予定施設内容】
1,ショッピングエンターテイメント:話題性・集客力の高い、エンターテイメント性のあるショッピング空間
2,フードエンターテイメント:世界各国の食、地元大阪の食が楽しめる、エンターテイメント性のある食 の空間
3,ネーチャーシミュレーター:大自然を五感で体感するエンターテイメント
4,アクアミュージアム:大阪内陸部で体感できる神秘的な海洋エンターテイメント
5,キッズプレイワールド:子供たちが活きた英語を楽しく学べるエデュテイメント施設
6,キッズエデュケーションビレッジ:英語を楽しく学べるエデュテイメント施設
7,フィルムエンターテイメント:最新の映像技術を駆使した体感型シネマワールド
8,スポーツエンターテイメント:隣接スタジアムとの連携を含めたスポーツアトラクション
9、アニメエンターテイメント:日本を代表する文化である、アニメーションをテーマにしたエンターテイ メント空間
10,エンターテイメントアトラクション:次世代の施策を施した大型観覧車、温浴施設
11,イベントエンターテイメント:多種多様なイベントが繰り広げられるステージを配した大型の広場










001_20120626235605.jpg
 




(仮称)エキスポランド跡地複合施設開発事業は、テーマパーク、アウトレットモール、キッザニア?、水族館、シネコン、巨大観覧車が一箇所に集結した、かなり魅力的な商業施設になりそうです。計画されている巨大観覧車のデザインはとても気になりますね~。ロンドン・アイやシンガポール・フライヤーの様なカプセル型は日本では珍しいので、エキスポ跡地の観覧車にも採用されると相当話題になりそうです。

関連記事
[ 2012/06/27 01:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(13)

南海なんば第1ビル 12.06

IMG_8419.jpg


南海なんば第1ビルは、 難波土地区画整理事業C街区に建設される複合ビルで、スペックは地上12階、高さ約55m、延床面積は16,838m2。 ビルの2~3F に大阪府立大学が入居、4~11F には南海電鉄本社が入居します。併設されるライブホールは、咲洲にあった「Zepp Osaka」が移転、Zepp Nambaとして、拡大リニューアルオープンします。











IMG_8423_20120626224834.jpg


【スペック】
名称:南海なんば第1ビル
階数:地上12階
高さ:54.765m
敷地面積:7,999.99m2
建築面積:1,596.37m2
延床面積:16,838m2
用途:事務所・学校
着工:2011年9月初旬(予定)
竣工:2013年2月末(予定)



IMG_8421_20120626224834.jpg

前回の撮影から約2ヶ月振りの取材です。既に最高部まで到達しており、窓ガラスの取り付けがかなり進んでいました。小規模ながら高級感のあるビルに仕上がって来ました。










IMG_8425_20120626224833.jpg


南海なんば第1ビルとZepp Nambaの間に設けられるV字型の緑地帯「グリーンプラザ」の様子です。














IMG_8429_2.jpg



続いて北東側から見た、南海なんば第1ビルの様子です。前回の撮影時には鉄骨むき出しの状態だった東側ですが、工事が先行した西側と同様の壁面デザインとなっています。









IMG_8411_20120626224836.jpg


こちらは南西側から見た、南海なんば第1ビル とZepp Nambaの様子です。








IMG_8375.jpg

最後は、天王寺Mioから見た、南海なんば第1ビル付近の様子です。

関連記事
[ 2012/06/27 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(0)

阿倍野歩道橋架替工事 12.06

IMG_8373_20120625220654.jpg



阿倍野歩道橋架替工事は、都市計画道路の道路拡幅に伴い、1970年に架けられた阿倍野歩道橋を架け替える歩道橋の架け替え工事です。新しくなる阿倍野歩道橋は、デザインコンペで選ばれたアルファベットの「abeno」「a」を図案化したランドマーク性の高い歩道橋になります。前回の撮影から約2ヶ月振りの取材でしたが、膜素材の屋根の設置が進んでおり、完成時の姿がイメージ出来る様になってきました。








IMG_8265_20120625220647.jpg


膜屋根の設置が進み足場が撤去された事で随分見通しが良くなりました。











IMG_8267_2.jpg

屋根の下はこんな感じです。膜素材の屋根は太陽光を通す為、適度な明るさが確保されています。








IMG_8269.jpg
あべのキューズモールからJR天王寺駅方面に繋がる箇所の様子です。前回の撮影時と比べると、かなり工事が進んでおり少し驚きました。








IMG_8262.jpg
交差点の上のサークル状になっている箇所の東側様子です。この写真の左側に、旧歩道橋付近に主導線となる通路が、これから建設されます。






IMG_8281.jpg


順調に工事が進む阿倍野歩道橋架替工事。旧歩道橋が撤去された現在、地下通路を使えば近隣施設各所にアクセスする事ができますが、やっぱり歩道橋がないと頼りない感じがします。新歩道橋が供用される日が待ち遠し限りです。
関連記事
[ 2012/06/26 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(0)

大阪駅ホーム屋根に関する工事(ガラス屋根設置工事) 12.06

IMG_8205_20120624231659.jpg



大阪駅ホーム屋根に関する工事は、 ドーム屋根下のホーム上に透明なガラス屋根を設置する工事で、2011年8月下旬頃から工事に着手し 2012年3月末の完成を目標にし工事が進められます。当初の計画ではドーム屋根の下のホーム屋根の大部分が撤去される予定でしたが、ホームへの霧状の雨 の舞い込み状況からホーム上にガラス屋根を設置して霧状の雨に対処する事になりました。ガラス屋根は、北側が高く南側が低い片流れのドーム屋根の形状に合わせて設置され、1・2番環状線ホームは計画通り全て撤去、3・4、5・6番線はドーム下の約半分に、7・8、9番線は8割程度の部分にガラス屋根が設けられます。










IMG_8211.jpg

前回の撮影から約2ヶ月振りの取材でしたが、ガラス屋根本体の設置は既に完了していました。4~5月の黄砂の為でしょうか?ガラス屋根が相当汚れてるのが気になりますね。。。







IMG_7440.jpg


それでは、ホームに降りてガラス屋根設置工事の様子を見てみましょう。今回は最も工事が進んでいる3,4番線の現状をご紹介します。







IMG_7465.jpg


ホームの様子です。まだ工事の途中ですが、他のホームに比べて最も完成に近い姿だと思います。










IMG_7466.jpg


発車標が既存の支柱に本設されているので、この部分の支柱が残るのは確実だと思います。支柱はグレーに再塗装されており、真ん中には配線を収納する化粧パネルが取り付けられました。











IMG_7444_2.jpg


今回、目を引いたのが支柱に取り付けられた照明です。支柱と同じ太さで取り付けられており、なるべく柱が目立たない工夫がなされています。









IMG_7445.jpg

支柱に取り付けられたこの照明、一見蛍光灯にみえますが、よくみると蛍光管型のLED照明でした。










IMG_7452_2.jpg


続いて、ドーム屋根からはみ出た部分の上屋の様子です。前回ご紹介したルーバー状の配線収納カバーの中に、蛍光管型のLED照明が取り付けられていました。








IMG_7453.jpg

工事中なので仕方がありませんが、大量のケーブルがむき出しになっている箇所がありました。ホーム上屋に、これだけ大量のケーブルが張り巡らされている事が驚きです。









IMG_7429_2.jpg


工事が進む、ガラス屋根設置工事。既存の上屋の支柱を最終的にどういう風に仕上げてるのか?
最後の最後まで気を揉む事になりそうですね。。

関連記事
[ 2012/06/25 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(6)

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.06

IMG_7274.jpg

おおさか東線新大阪駅構内改良工事は、 2008年3月に放出~久宝寺間が部分開通した、おおさか東線の新大阪駅延伸に伴い進められている在来線ホーム等の改良工事です。現地に掲示されていた労 災保険関係成立票を見ると、おおさか東線新大阪駅構内改良工事の事業期間は2009年2月19日~2017年1月26日となっていました。前回の撮影から約2ヶ月振りの取材でしたが、なんとレールの敷設が始まっており大変驚きました。なんというハイペース!
IMG_7382.jpg


在来線17,18番ホームから見た増設ホームの様子です。上屋が出来た事に加えてレールの敷設が始まった事で、工事が一気に進んだ気がしました。








IMG_7391.jpg

こちらは、在来線の3階コンコースの真下にあたる箇所の様子です。前回取材した時はネットで覆われていた階段が姿を現していました。









IMG_7401.jpg

続いて、京都方面側の様子です。京都方面側の増設ホームも姿を表し始めています。










IMG_7412.jpg

こちらは、在来線ホームの一番京都側から見た、増設ホームの様子です。京都側の増設ホームにも床版が取り付けられており、上屋の設置も始まっていました。









IMG_7411_20120624224228.jpg


京都側の線路の様子です。東淀川駅方面に向かって新しい線路(写真右端)の敷設が行われています。









IMG_7406.jpg


撮影していると、珍しい光景に出会いました。敷地外からやってきたトラックが勢い良くバラストを投入しています。バラストってこんなに勢い良く入れるんですね。。。










IMG_7397.jpg


ハイペースで工事が進む、おおさか東線新大阪駅構内改良工事 。増設ホームの供用開始は案外早いかもしれませんね。
関連記事
[ 2012/06/25 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(0)

梅田3丁目計画(仮称) 12.06


IMG_7911.jpg


梅田3丁目計画(仮称)
は、旧大阪中央郵便局を中心に、大弘ビル、アクティ西ビルを、地上40階、塔屋2階、地下3階、高さ約187m、延床面積約217,000m2の共同ビルとして一体的に建て替える再開発計画です。新たに建設される超高層ビルには、オフィス、劇場、商業施設が入居する予定です。


※梅田3丁目計画(仮称) については福島区民さん、キンキさん、メールでも数人の方から色々な情報を頂いていました。ありがとうございました<(_ _)>








blog_import_4d086f765529e_20120623230410.jpg

【出典元】→大阪市市政>市の主要計画、指針・施策>梅田3丁目計画(仮称)



【スペック】
名称:梅田3丁目計画(仮称)
階数:地上40階、塔屋2階、地下3階
高さ:約187m
敷地面積:約12,900m2
建築面積:約8,900m2
延床面積:約217,000m2
着工:2016年(予定)
竣工:2019年(予定)







IMG_8032.jpg


梅田3丁目計画(仮称)の中核を成す旧大阪中央郵便局は、郵政民営化、某大臣からの横槍、政権交代後の郵政民営化見直しなど、これまで政局に振り回され再開発計画は長らくペンディング状態が続いて来ました。しかし、ようやく解体工事が始まり、旧大阪中央郵便局を中心とした再開発計画が動き出しました。











IMG_8739_20120623230219.jpg

南西側から見た、旧大阪中央郵便局の様子です。取材時には解体防護壁の取り付けが始まっている所でした。「ようやく」と言うか、「やっと」と言うか、「やれやれ」と言うか。。。











IMG_8052.jpg

続いて梅田阪急ビルのスカイロビーから見た、旧大阪中央郵便局の様子です。旧大阪中央郵便局の解体工事終了後3年間はイベント広場や仮設郵便局として暫定的活用される予定で、共同ビルの本格着工は2016年、全体の完成は2019年の予定となっており、かなり息の長い開発計画になりそうです。









IMG_8042.jpg


こちらは梅田歩道橋から見た、旧大阪中央郵便局の様子です。












IMG_7909.jpg

最後は、もう一度梅田スカイビルの展望台から見た、旧大阪中央郵便局跡と西梅田方面の高層ビル街の様子です。ようやく解体工事が始まった旧大阪中央郵便局跡。大阪駅前の超一等地が空家状態で数年間も放置されてたのは非常に勿体無く思います。計画全体の完成は、まだまだ先ですが、遅れに遅れた分だけ立派なビルに仕上げて欲しいですね。。。

関連記事
[ 2012/06/24 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(5)

ジオタワー天六 12.06

IMG_7716.jpg

ジオタワー天六は、 天六阪急ビルを解体し、跡地にタワーマンション主体の複合ビルを建設する再開発計画です。建設されるタワーマンションは地上44階、地下1階、高さ約 155m、総戸数 392戸とかなりの規模となります。既に多くののタワーマンションが林立する天満、都島界隈ですが、その中でも頭1つ抜きでた高さとなり、同地区の新しいランドマークタワーとなります。












IMG_8095.jpg




【スペック】
名称:ジオタワー天六
階数:地上44階、地下1階
高さ:155.5m
総戸数: 392戸
敷地面積:4,467.81m2
建築面積:2,611.78m2
延床面積:49,829.98m2
竣工:2013年7月30日(予定)









IMG_8086_2.jpg


前回の撮影から約1.5月振りの取材でしたが、かなり高くなってきました。











IMG_8089.jpg

ガラス面の内側に取り付けられた階数表示を見ると、25~26階位を構築している所でした。ジオタワー天六は地上44階建ての計画なので既に半分以上の高さまで伸びてきています。










IMG_8080_2.jpg


続いて西側から見た、ジオタワー天六の様子です。










IMG_8078.jpg


最後は、少し離れた南西側から見たジオタワー天六の様子です。夕日に照らされて茜色にそまった外観がなんとも良い感じに見えました。

関連記事