新大阪阪急ビル 12.12

IMG_6438_20130128111120.jpg


新大阪阪急ビルは、 新大阪駅新幹線ホームの北側に建設される複合ビルで、阪急が展開する宿泊特化型の高級ビジネスホテル「remm」、オフィス、店舗等で構成される駅ビルで す。新幹線ホームの増設のプロジェクトに合わせて建設が進められました。












IMG_6441.jpg



【スペック】
名称:新大阪阪急ビル
階数:地上17階、地下なし
高さ:79.68m
敷地面積:4,150.49m2
建築面積:3,169.32m2
延床面積:35,672.37m2
竣工:2012年7月












IMG_6444.jpg



高層部の様子です。屋上には円形の巨大なヘリポートが設置され、外観上の大きなアクセントとなっています。











IMG_6302.jpg


新大阪阪急ビルですが、オープン後に取材していない事に気づいたので今回あらためて取材してきました。新幹線3階中央口付近から新大阪阪急ビルのショップ&レストラン街を通り新御堂筋北東側に至るルートをご紹介して行きます。












IMG_6446_20130128111132.jpg


まずは3階中央口付近からスタートです。この辺りはリニューアル工事が進み見違える様に美しくなっています。コンコースの奥側に見える飴色の照明が新大阪阪急ビルの部分です。










IMG_6314.jpg


新大阪阪急ビル側から3階中央口付近を見た様子です。ご覧の通りフラットなフロア構成で、中央口側から自然にアクセスする事が出来ます。












IMG_6311.jpg

中央口よりにあるタリーズコーヒー。ここは立地が良いので繁盛しそうです。「中央口出て右側のタリーズで待ってる」といったビジネスマンが山ほど居そうですね。











IMG_6327_20130128111105.jpg 

新大阪阪急ビルにの3階にはカフェアンドダイニング糀(こうじ)、ヤナケン・ブー、タリーズコーヒー、マクドナルドなど4つの飲食店が並んでいます。












IMG_6340.jpg



3階と2、1階を結ぶ階段の様子です。窓側に植えられた観葉植物が周囲に潤いを与えています。新大阪阪急ビルは、3階レベルで新御堂筋歩道橋と直結2階レベルで地下鉄御堂筋線の新大阪駅北改札口と結ばれており、それぞれへのアクセスが劇的に改善されました。












IMG_6397.jpg


こちらは新御堂筋歩道橋から見た、新大阪阪急ビルの北側エントランス付近の様子です。新御堂筋歩道橋から3階rベルでスムーズにアクセス出来る事が良く解ります。










IMG_6330.jpg


1階阪急高速バスターミナルの様子です。高速路線バス用2バース、一般路線バス用が1バースの3バースの規模で、 関東・信州・東海・北陸・近畿・北近畿・中国・四国・九州へ計24路線 64便/日、大阪国際空港行き 8便/日が発着しています。※2012年10月ダイヤ

また、1階には高速バスターミナルの他に阪急タクシー乗り場1バース、ニッポンレンタカー新大阪営業所、阪急高速バス新大阪チケットセンターなどがあります。










IMG_6402.jpg

竣工した新大阪阪急ビル。規模的にはそれほど大きなビルではありませんが、いままで不便だった新大阪駅北側のオフィス街や地下鉄御堂筋線への乗り換えなどが便利になる等、駅周辺の歩行導線の改善に大きな役割を果たしてくれました。新大阪駅界隈の歩行導線はまだまだ問題が多いので、引き続いて改善を進めて行って欲しいと思いました。
関連記事
[ 2013/01/31 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(5)

ヤンマーグループ新本社ビル、本体新築工事に着手!

2013012918290021.jpg
【出典元】→財経新聞

ヤンマーのプレスリリースによると、昨日1月29日にヤンマーグループ新本社ビルの起工式が行われたそうで、本体新築工事に着手したそうです。新本社ビルは阪急梅田駅の東側に隣接した約 2.2haに対する再開発計画「茶屋町地区地区計画」の旧ヤンマー本社ビル跡(A-1地区、面積約0.6ha、容積率800%)に建設されます。


ヤンマーグループ新本社ビルには、環境性能に優れた、ガスヒートポンプエアコンやマイクロコージェネレーションシステムなどの自社製品の採用に加えて、太 陽光・太陽熱発電システムなど最新の環境技術の数々を導入し「ZEB(ゼブ)」化を目指すとともに、建築物の環境性能総合評価指標である 「CASBEE(キャスビー) 大阪みらい」においても最高ランク(Sランク)を実現する計画です。またビル外観は、これからの100年の航海に漕ぎ出す「ヤンマーブランドの象徴」として、船の舳先をイメージしており、創業の地に根ざす100年企業の新本社オフィスとしてふさわしい品格と機能が創出されています。

※福島区民さん、WABI-SABIさん、M・Tさんから情報を頂きました。ありがとうございました<(_ _)>


【公式HP】
ヤンマーグループ新本社ビルの建設着工について






2013012918290040.jpg
【出典元】→財経新聞


【スペック】
名称:ヤンマーグループ新本社ビル
階数:地上12階、塔屋2階、地下2階   
    •    B2~地上4階:商業ビルフロア
    •    5階:中間免震階
    •    地上6F~最上階:ヤンマーグループ本社オフィス
延床面積:約21,000m2
建築主:セイレイ興産株式会社
竣工:2014年10月(予定)



北西側から見た、ヤンマーグループ新本社ビルの完成予想パースです。ニュースリリースに書かれている通り、まさに船の舳先をイメージした外観となっています。ビルの南側は壁面緑化が大規模に行われる様です。新ビルは周囲にオープンスペースが設けられており、この界隈の街歩きが楽しくなりそうです。「茶屋町地区地区計画」では再開発に合わせて地区内を東西に横断する道路が幅12mに拡幅される計画ですが、イメージパースを見ると車道は東向き1車線のみでのこりは歩道として描かれています。


ヤンマーグループ新本社ビルは超高層ビルではありませんが、茶屋町に新たなランドマークとなる個性的なビルが出現する事になりました。B2〜地上4階までは商業テナントが入居する様なので、これまた入居テナントが気になりますね。
関連記事
[ 2013/01/30 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

中之島にぎわいの森づくり事業 12.12

IMG_6554_20130128100503.jpg




中之島にぎわいの森づくり事業 は、知事重点事業として進められている「水都大阪(ライトアップと水辺のにぎわい創出)事業」の一環として整備される親水公園の整備工事で、水辺と周辺の景観整備、水辺の緑化整備等を行い、良好な水辺空間の創造を図る事を目的としています。今回ご紹介するのは、堂島川の天神橋から難波橋までの北側の護岸です。延長約180m、面積約2,500m2の親水公園が整備されました。
 


【水都大阪(ライトアップと水辺のにぎわい創出)事業いろいろ】


1,ライトアップとにぎわい創出事業 

 中之島東側から西側へ光とにぎわいで魅力向上させ人々の交流の場を定着させる。

2,大阪ふれあいの水辺づくり事業 
 都心部の水辺を感じるオアシス空間や、誰もが楽しめる多様な空間として大川貯水場後に砂浜を復元する。

3,中之島の森づくり事業 
 中之島の3つのゾーンでみどりの回廊による回遊性に加え、滞在性を重視した天満天神の森、賑わいの森、アートの森を整備する。










IMG_6543.jpg


それでは、早速新設された親水公園を見てみましょう!難波橋北詰から堂島川の北側護岸を歩いて行きます。










IMG_6547.jpg

公園の西側入り口付近の様子です。難波橋からはスロープと階段でアクセス出来ます。ただ、途中に階段のみの箇所が在るため、車椅子や自転車は通行不可となっていました。










IMG_6558.jpg

西に向けて歩きます。阪神高速の高架を抜けたあたりから空が広くなり、素晴らしい親水空間が広がっていました。










IMG_6559_20130128100504.jpg


茶色のレンガ風のブロックが敷き詰められており中々雰囲気があります。また、既存の住宅地区に対して少しだけ高低差を持たせ目隠しとなる低木を植える等、上手く処理されています。











IMG_6565.jpg


こちらは飲食系の商業施設が設けられる「予定」の箇所です。当初の計画では2011年末に着工、2012年春頃のオープンとなっていましたが、計画はペンディング状態になっている様です・・・。


・・・と。うん?なにやら歩道を遮って人が集まっていますね。。











IMG_6568.jpg

警備員さんに誘導してもらい足早に通り過ぎました。どうやら映画か何かの撮影を行っているようです。









IMG_6570.jpg

女優さんに子役の子供が3名。堂島川からポンプで水を組み上げ歩道路面を濡らし、子供達が何度も濡れた路面走るシーンを撮影されていました。












IMG_6575.jpg


肖像権などが心配だったので後ろ側から引きのアングルのみです。女優さんなどの名前は伏せますね。












IMG_6574_20130128100514.jpg

さらに引き気味のアングルで公園全体の様子です。川辺に伸びる遊歩道は素晴らしいのですが、高木が無いので少し寂しい感じですね。商業施設の建設予定地の更地も中途半端な感じを醸し出しています。











IMG_6571.jpg


供用が始まった、堂島川の天神橋から難波橋までの北側の護岸の親水公園。実際に歩いてみると、水辺に沿って整備された歩道は素晴らしく、いままで見た事のないアングルから剣先公園を眺める事が出来、とても新鮮な風景が広がっていました。ただ、先ほども書きましたが、公園自体の完成度がまだ80%といった所で、高木やベンチを追加したり、ペンディングになっている商業施設をオープンさせる等、もう一息頑張って素晴らしい都市景観を作り出して欲しいと思いました。
関連記事
[ 2013/01/29 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(1)

(仮称)淡路町3丁目マンション新築工事 12.12

IMG_6624_20130126215710.jpg


(仮称)淡路町3丁目マンション新築工事
は、大阪市中央区淡路町3丁目に計画されているタワーマンションです。リーガルタワー大阪淡路町(113m)の道路を挟んだ南西側の駐車場に建設されます。











IMG_6621_20130126215710.jpg


【スペック】
名称:(仮称)淡路町3丁目マンション新築工事
階数:地上35階、塔屋2階、地下1階
高さ:128.95m
敷地面積:1,992.97m2
建築面積:1,079.83m2
延床面積:24,682.60m2
総戸数:215
建築主:住友商事、三菱地所レジデンス
設計者:浅井謙建築研究所
施工者:未定」
着工:2013年5月初旬(予定)
竣工:2016年3月下旬(予定)











IMG_6622.jpg



建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。(仮称)淡路町3丁目マンション新築工事 は比較的スリムなタワーマンションとなります。












IMG_6620.jpg


同じく、建築計画のお知らせに掲載されていた配置図です。










IMG_6633.jpg


現地の様子です。現在はコインパーキングとして利用されています。










IMG_6630.jpg



最後は、(仮称)淡路町3丁目マンション新築工事 の計画地と近くに建つリーガルタワー大阪淡路町(113m)の様子です。
関連記事

(仮称)日本生命保険相互会社新東館 12.12

IMG_6606_20130126214407.jpg


(仮称)日本生命保険相互会社新東館は、 淀屋橋にある日本生命の本店・東館(地上7階地下3階)を取り壊し、跡地に新東館を建設するオフィスビルの建替え計画です。この建替え計画に伴い、日本生 命は大阪市内の7つのビルに分散している事務サービス部門の約5000人を新東館、本館、南館の3館に集約し業務の効率化が図られます。



【過去記事】
(仮称)日本生命保険相互会社新東館 12.09
(仮称)日本生命保険相互会社新東館 12.08
(仮称)日本生命保険相互会社新東館 12.06
日本生命本店東館建替計画 12.04
日本生命本店東館建替計画 11.10
日本生命-本店東館建替計画 11.06
■追跡取材リスト






IMG_6604.jpg


【スペック】
名称:(仮称)日本生命保険相互会社新東館
階数:地上15階、塔屋1階、地下2階
高さ:80.75m
敷地面積:6,162.41m2
建築面積:3,976.84m2
延床面積:60,449.86m2
着工:2012年6月1日
竣工:2015年1月31日(予定)










IMG_6611_20130126214408.jpg


続いて南西側から見た(仮称)日本生命保険相互会社新東館の様子です。前回の撮影から約3ヶ月振りの取材でしたが、外からは変化が見られませんでした。










IMG_6942_20130128093817.jpg

最後は、フリーゼタワーから見た、(仮称)日本生命保険相互会社新東館の建設現場周辺の様子です。

関連記事

(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事 12.12

IMG_6643.jpg


(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事は、(仮称)日本生命保険相互会社新東館の南隣にある、淀屋橋東京海上日動ビルを地上14階、高さ61.70mのオフィスビルに建替える再開発計画です。


【過去記事】
(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事 12.09








IMG_6641.jpg



前回の撮影から約3ヶ月振りの取材です。解体工事が完了し旧建物は姿を消していました。さらに敷地内に本格的なモックアップが出現していました。












IMG_6615_20130123001601.jpg


【スペック】
名称:(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事
階数:地上14階、塔屋1階、地下2階
高さ:61.70m
構造:S造
主要用途:事務所、店舗
敷地面積:1,586.82m2
建築面積:1,131.04m2
延床面積:16,582.51m2
建築主:(株)三菱地所
設計者:(株)三菱地所設計
施工者:(株)大林組
着工:2012年12月中旬(予定)
竣工:2014年6月末(予定)












IMG_6618.jpg



こちらは南東側から見た、(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事の様子です。解体工事が完了した事で御堂筋まで見通せる様になりました。












IMG_6634.jpg


こちらは(仮称)淀屋橋東京海上日動ビル建替工事の現地から少し南に下った御堂筋東側の様子です。この辺りは新基準で建替えられた新しいビルが5棟連続で並んでおり、新しい基準で統一された御堂筋の姿を垣間みる事が出来ます。御堂筋沿道建築物のまちなみ誘導に関する指導要綱を要約するとこんな感じです。


1、建物は歩道から4mセットバックさせる事
2、1階にはピロティを設け、ショールームやギャラリー等の商業施設を設ける事
3、高さ制限は50m
4、50m地点から御堂筋の反対側に10mセットバックさせる事で、さらに10m以下の範囲で高層化が可能。











IMG_6638.jpg



この辺りで新基準で建替えられたビルは、北側から順番に、三菱UFJ信託銀行大阪ビル、大阪ガス御堂筋東ビル、京阪神不動産御堂筋ビル、御堂筋野村ビル、あおおいニッセイ同和損保御堂筋ビルなどです。新基準の狙い通り、ゆとり在る歩行空間が生み出されています。ただ1つ気になったのが、歩道に面したオープンスペースの床材です。御堂筋の歩道部分は全て同じデザインの床材で統一されています(当然ですが)。対して各ビルが4mセットバックして設けたオープンスペースの床材は、それぞれのビルのデザインに調和する床材が選ばれており、歩行者からか見るとマダラ模様に見えてあまり美しくありません。これは今後の大きな課題になると思いました。
関連記事

新関西電力病院 12.12

IMG_6883.jpg


新関西電力病院
は、築40年余りが経過し老朽化している現在の病院建物に変わり、同敷地内で病院を建替える病院の建替えプロジェクトです。建替えは2期に分けて行われ、1期竣工が2013年5月、2期竣工は2014年8月を予定しています。











IMG_6876.jpg


【スペック】
階数:地上18階、塔屋1階、地下2階
高さ:81.55m
全員床数:400床
敷地面積:9,664.22m2
建築面積:4,429,84m2
延床面積:39,286.39m2
竣工:一期/2013年5月/2期2014年8月(予定)











IMG_6879.jpg



低層部をアップで。取材時点では車寄せ等のエントランス部分の仕上げを行っている所でした。











IMG_6830.jpg

東側から見た新関電病院の様子です。外観はほぼ完成状態になりました。











IMG_6902.jpg

少し引き気味のアングルで、新関西電力病院とほたるまちの高層ビルを絡めて。











IMG_7033.jpg



最後は梅田スカイビルから見た、新関西電力病院の様子です。周辺に密集している高層ビルに埋もれている感が強いですが、新関西電力病院も高さが81.5Mある立派な高層ビルです。
関連記事

ザ・セントラルマークタワー 12.12

IMG_5559_20130121181906.jpg

ザ・セントラルマークタワー
は、地下鉄御堂筋線の中津駅近くにある世界長ビル・ホーコクビルを地上37階建てのタワーマンションに建て替える再開発計画です。前回の撮影から約4ヶ月振りの取材でしたが、解体工事は完了しており、基礎工事が始まっていました。また前回ま(仮称)北区中津1丁目計画の呼称でご紹介してきましたが、正式名称はザ・セントラルマークタワーに決まりました。公式HPもオープンしています。











IMG_5563_20130121181907.jpg




【スペック】
名称:ザ・セントラルマークタワー
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階
高さ:122.5m
総戸数:415戸
敷地面積:3,690.41m2
建築面積:1,840.00m2
延床面積:33,286.55m2
着工:2012年8月上旬(予定)
竣工:2015年6月下旬(予定)









IMG_5566.jpg



西側から見たザ・セントラルマークタワーの様子です。









IMG_5571.jpg

仮囲いの隙間から見た、内部の様子です。クローラークレーンやパイルドライバーが投入されており、基礎工事が本格化している事が解りました。










IMG_7019.jpg

最後は梅田スカイビルから見た、ザ・セントラルマークタワー建設地の様子です。
関連記事
[ 2013/01/24 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

大阪駅ホーム屋根に関する工事(環状線ホーム他) 12.12

IMG_5363.jpg


大阪ステーションシティの開業後も駅構内各所でリニューアル・改良工事が行われている大阪駅。環状線ホームでも大規模なリニューアル工事が行われています。















IMG_5369_20130121105853.jpg

前回の撮影が8月だったので約4ヶ月振りの取材です。










IMG_5401.jpg

サウスゲートビルディング側の壁面です。美装化工事が完了していました、










IMG_5375.jpg

前回の取材で気になっていた謎の取り付けベースですが、正解は横長の小型スピーカーでした。











IMG_5379_20130121105853.jpg


環状線ホームから中2階連絡通路に向かう階段の様子です。この階段はまだリニューアルされておらず、昔の姿を留めています。









IMG_5381.jpg

環状線ホーム下の中二階連絡通路の様子です。この場所は日中常に利用客で溢れかえっている場所ですが、早朝だったので上手く撮影する事ができました!JR西日本・神戸支社管区で多用されているモニタータイプの発車標が8枚設置されていました。









IMG_5385_20130121105903.jpg


中央口中2階連絡通路を見通したアングルです。環状線と同じく、モニタータイプの発車標が設置されていました。この発車標はかなり便利ですね。







IMG_5392.jpg


こちらは中央出口改札口の様子です。こちらも日中は常に人で溢れかえっており撮影が困難な場所ですが、早朝6時だったのでゆっくりと撮影する事が出来ました。





IMG_5394.jpg


振り返ると別の改札口がありました。こちらはエキマルシェ大阪に直結する専用改札口「エキマルシェ大坂口」です。





IMG_5398.jpg


桜橋口中2階通路の様子です。リニューアル工事が完了し見違える様にキレイになりました。









IMG_5407_20130121105909.jpg


最後は、橋上駅舎の改札内コンコースの様子です。
関連記事
[ 2013/01/23 00:00 ] 大阪都心 梅北 | TB(0) | CM(1)

岸本ビル 12.12

IMG_5824.jpg


岸本ビルはあべのハルカスの南隣で建設されてる地上9階建ての複合ビルです。フロア構成ですが、1〜3階までが店舗フロア、4~9階が事務所フロアとなっています。










IMG_5818.jpg

【スペック】
名称:岸本ビル
階数:地上9階、地下1階 
高さ:43.7m
延床面積:8,051.42m2
竣工年:2012年










IMG_5821.jpg

3階以上の事務所部分をアップで。壁面の大部分がガラス張りにあっており、とても高級感のある外観に仕上がっています。省エネ効果を狙ったと思われる大きな屁(へり)も外観上の一大特徴です。











IMG_5810_20130119225742.jpg


阿倍野Hoop側から見た岸本ビルの様子です。岸本ビルの1階はhoop側からキューズモール側に向けて通り抜けが出来るようになっており、この辺りの歩行導線を建物内に取り込む為の工夫が見られます。











IMG_5816.jpg


最後はバベルの塔の如くそびえ立つあべのハルカスと岸本ビルを絡めたアングルです。岸本ビルの出来映えですが、正直な所予想外のクオリティの高さで驚いています。あとはどんなテナントが入居するか?がとても気になりますね。アメリカ村で話題のタイガーコペンハーゲンが入居してくれれば、話題騒然となりそうですね。
関連記事
[ 2013/01/22 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(3)