パークタワー梅田 13.06

IMG_2755_20130613162539.jpg




パークタワー梅田は、北野病院の西隣り、産業技術総合研究所跡地に建設されているタワーマンションです。以前は(仮称)大阪市北区扇町2丁目計画と呼ばれていましたが、既に公式HPが開設されており、正式名称はパークタワー梅田に決まりました。













IMG_1686.jpg



【スペック】
名称:パークタワー梅田
規模: 地上31階、地下1階
高さ:107.455m 
総戸数:230戸  
敷地面積: 2,317.88m2
建築面積:1,175.54m2 
延床面積:26,911.92m2
完成:2013年11月末(予定)

















IMG_1680_20130613131823.jpg




前回から約2ヶ月振りの取材です。既に最上階まで組み上がっており特徴的な塔屋を構築している所でした。












IMG_1679_20130613131822.jpg


南側から見たパークタワー梅田の様子です。












IMG_1676_20130613131821.jpg



最高部付近の様子です。










IMG_1624.jpg


最後は新大阪方面から見た、パークタワー梅田の遠景です。

関連記事

姫路駅前の北駅前広場に建設中の「姫路城眺望デッキ」 13.06

IMG_2194.jpg


姫路城眺望デッキは、姫路駅前で整備が進む「北駅前広場」に建設中の展望施設です。眺望デッキの田近さは約15m、鉄骨造り2階建てで、巨大な門のような外観が特徴です。











IMG_2181_20130622230016.jpg



間近で見た姫路城眺望デッキの様子です。眺望デッキの1階は、JR姫路駅の中央改札口から姫路城へ通じるメーンストリート「大手前通り」に真っ直ぐに繋がる導線上に位置しており、利用客を迎えるメイン・エントランスと して機能します。2階は2015年完成に向けて保存修理工事中の姫路城大天守が真正面から望める「眺望デッキ」として一般に開放されます。











IMG_2241_20130622230020.jpg


この眺望デッキの主な建材は、外観の「鉄」と内装の「杉」です。「鉄」は、姫路市の製造品出荷額で一貫して上位の座を保つ「鉄鋼製品」のイメージを採り入れたそうで、「杉」は、市内の中山間地・安富町産の杉材を使用しています。屋根にはソーラーパネルを並べ、太陽光発電も行われます。











IMG_2245_20130622230022.jpg


眺望デッキはJR姫路駅の新駅ビル「ピオレ姫路本館」と山陽百貨店西館「キャスパ」に2階レベルに整備中の歩行者デッキで接続されます。また、眺望デッキとキャスパの中間に建設される、神姫バスの新バスターミナルビルとも接続される計画です。












IMG_2197.jpg


山陽百貨店西館「キャスパ」側から見た、歩行者デッキと眺望デッキの様子です。眺望デッキと歩行者デッキは統一感のあるデザインとなっています。












IMG_2252.jpg


最後は、眺望デッキから見た、姫路城天守閣(工事中)の様子です。眺望デッキが「大手前通り」を挟んで正対している様子がハッキリと解りました。
関連記事
[ 2013/06/29 12:00 ] 兵庫県 姫路 | TB(0) | CM(3)

クラッシィタワー南船場 13.06

IMG_2723_20130613163415.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました



クラッシィタワー南船場は、中央区南船場1丁目に計画されている地上31階、高さ102mのタワーマンションです。計画地は内外衣料製品(シルバーオックス)の 旧本社ビルの跡地で住友商事が2011年8月に取得しました。以前は(仮称)中央区南船場1丁目マンション計画の仮称でご紹介しましたが、正式名称はクラッシィタワー南船場に決まりました。




IMG_2730_20130613163416.jpg


【スペック】
名称:クラッシィタワー南船場
階数:地上31階
高さ:102.32m※軒高
構造:RC造
主用途:分譲共同住宅
総戸数:146戸
敷地面積:1,192.18m2
建築面積:557.59m2
延床面積:16,306.10m2
建築主:住友商事
設計者:IAO竹田設計
施工者:鹿島建設
着工:2012年12月(予定)
竣工:2015年03月(予定)










IMG_2720.jpg


クラッシィタワーは住友商事が展開するタワーマションのブランド名で、近畿エリアではこのクラッシィタワー南船場が初展開となります。









IMG_2708.jpg


現地の様子です。既に重機が入っており本格的に工事が始まっていました。

関連記事
[ 2013/06/29 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(0)

なんばセントラルプラザ リバーガーデン 13.06

IMG_2534.jpg


なんばセントラルプラザ リバーガーデンは、 中堅の不動産デベロッパーである「リバー産業」が、JR難波駅周辺の再開発地区「ルネッサなんば地区」に建設を進めている高層マンションです。なんばセン トラルプラザ リバーガーデンは、地上25階、高さ76.6mの高層ビルで、高さ90m以上の超高層ビルではありませんが、延床面積は60,227.47m2、総戸数が 553戸とかなりの規模の開発計画です。



【公式】
なんばセントラルプラザ リバーガーデン

【過去記事】
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 13.03
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 12.11
リバー産業・難波駅前プロジェクト
■追跡取材リスト












IMG_2539_20130614125740.jpg


【スペック】
名称:なんばセントラルプラザ リバーガーデン
階数:地上25階
高さ:76.6m
敷地面積:5,581.93m2
建築面積:3,313.08m2
延床面積:60,227.47m2
総戸数:553戸
建築主:リバー産業㈱
設計者:㈱日企設計
施工者:リバー建設㈱
着工:2012年10月
竣工:2015年05月(予定)














IMG_2536.jpg



前回の撮影が2013年3月だったので、約3ヶ月振り取材です。前回の取材時は1機目のタワークレーンの組立が始まった所ですが、今回取材してみるとタワークレーンが3機に増えていました。














IMG_2541.jpg

3機のタワークレーンと周辺の高層ビルを絡めたアングルです。中々迫力があります。











IMG_2786_20130614125742.jpg

最後はオリックス本町ビルの展望台「クロステラス本町」見た、なんばセントラルプラザ リバーガーデンの様子です。
関連記事
[ 2013/06/28 12:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(2)

ジオ高槻ミューズスイート 13.06

IMG_1436_20130613120225.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影し画像を修正しました



ジオ高槻ミューズスイートは、JR「高槻」駅前の再開発「MUSEたかつき」に建設されている、地上26階建て、高さ88mのタワーマンションです。建設地は、西武パーキング館と愛仁会リハビリテーション病院に挟まれた敷地です。前回までは阪急不動産-(仮称)JR「高槻」駅直結 最終プロジェクトの仮称でご紹介してきましたが、正式名称はジオ高槻ミューズスイートに決まりました。










IMG_1433.jpg



【スペック】
名称:ジオ高槻ミューズスイート
階数:地上26階
高さ:88.0m
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
総戸数:140戸
敷地面積:3,635.00m2
建築面積:1,634.29m2
延べ面積:23,843.32m2
事業主:阪急不動産
設計・監理:竹中工務店・日本設計 設計共同企業体
施工:竹中工務店
竣工:2015年3月(予定)









IMG_1426_20130613120221.jpg

現地の様子です。既に本格的に工事が行われており、タワー本体の躯体の形が見て取れる様になりました。ジオ高槻ミューズスイートは、北側が凹んたL字型のタワーマンションになります。











IMG_1429.jpg


前回の記事で、このタワーマンションの正式名称を

「公式サイトのURLがhttp://www.gt140.jpとなっており、gt(ジオタワー)140(140戸)から
もじったアドレスになっているので、ジオタワー◯◯になるのでは無いでしょうか?」

と予想しましたが見事にハズレました(^^;













IMG_1445.jpg


最後は、隣接して建設工事が進められている、ジオタワー高槻ミューズガーデンと絡めて。今回ご紹介したジオ高槻ミューズスイートの建設が始まった事で、JR高槻駅前の広大な再開発計画MUSEたかつきの全ての計画が着工された事になります。西日本最大級の郊外駅前再開発は、ほぼ計画どおり全てが現実の物になりました。

関連記事
[ 2013/06/28 00:00 ] 大阪府下 高槻 | TB(0) | CM(0)

ジオタワー高槻ミューズガーデン 13.06

IMG_1401_20130613114855.jpg





ジオタワー高槻ミューズガーデンは、 JR高槻駅北東地区開発事業「MUSE(ミューズ)たかつき」に建設されているタワーマンションです。先行して建設され、既に入居が始まっているジオタワー高槻ミューズフロントに続いて建設工事が始まりました。



【公式HP】
ジオタワー高槻ミューズガーデン

【過去記事】
ジオタワー高槻ミューズガーデン 13.04
ジオタワー高槻ミューズガーデン 13.02
ジオタワー高槻ミューズガーデン 12.12
(仮称)JR高槻駅北東地区開発事業 集合住宅B建設工事 12.08

ジオタワー高槻ミューズフロント 12.04
ジオタワー高槻ミューズフロント 11.12
ジオタワー高槻ミューズフロント 11.10
ジオタワー高槻ミューズフロント 11.07
ジオタワー高槻ミューズフロント 11.06
ジオタワー高槻ミューズフロント 11.05
→ジオタワー高槻ミューズフロント 11.04

→ジオタワー高槻ミューズフロント 11.02
→ジオタワー高槻ミューズフロント 10.12
→(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト 10.09
→(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト 10.07
→関西大学高槻MUSEキャンパス
→MUSE高槻
■追跡取材リスト











IMG_1420_20130613114858.jpg




【スペック】
名称:ジオタワー高槻ミューズガーデン
階数:地上42階、塔屋2階
高さ:142.23m
戸数:477戸
敷地面積7,898.01m2
建築面積2,849.47m2
延床面積61,669.42m2
竣工:2014年10月下旬(予定)













IMG_1425_20130613114901.jpg


低層部の様子です。ジオタワー高槻ミューズガーデンはガーデンのネーミングの通り公開緑地が広、タワー周辺は公園の様な雰囲気になります。














IMG_1415_20130613114858.jpg


前回の撮影が4月だったので2ヶ月振りの取材です。撮影時点では目測で、地上15階ぐらいを構築している所でした。成長速度は比較的ゆっくりな気がします。














IMG_1412_20130613114857.jpg


最後は、ジオタワー高槻ミューズガーデンの建設現場と、先に完成したジオタワー高槻ミューズフロントを絡めたアングルです。建設中のジオタワー高槻ミューズガーデンがもう少し成長して高くなると、このアングルでは収まらないなぁ・・・
関連記事
[ 2013/06/27 00:00 ] 大阪府下 高槻 | TB(0) | CM(0)

ブランズタワー大阪備後町 13.06

IMG_2739_20130613161530.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。



ブランズタワー大阪備後町
は、 大阪市中央区備後町1丁目に建設されている、地上30階、塔屋2階、地下1階、高さ100.27mのタワーマンションです。ブランズタワー大阪備後町の外観は、四隅にガラス面を配置し、バルコニーが目立たない様になっており、オフィス街に違和感なく溶け込む様にデザインされています。


【公式HP】
→ブランズタワー大阪備後町


【過去記事】
ブランズタワー大阪備後町 13.03
ブランズタワー大阪備後町 12.11
ブランズタワー大阪備後町 12.04

(仮称)ブランズタワー備後町 12.01
















IMG_2740_20130613161533.jpg





【スペック】
名称:(仮称)ブランズタワー備後町
階数:地上30階、塔屋1階、地下1階    
高さ:100.27m  ※軒高
総戸数:200戸
敷地面積:1800.36m2    
建築面積:854.25m2    
延床面積:21,674.81m2  
着工:2012年3月下旬(予定)
竣工:2014年3月下旬(予定)  












IMG_2733.jpg



前回の撮影から約2ヶ月振りの取材です。かなり高くなってきました。












IMG_2744_20130613161544.jpg



北東側から見た、ブランズタワー大阪備後町の様子です。











IMG_1755.jpg


高麗橋付近から見た、ブランズタワー大阪備後町の様子です。それなりに距離がありますが、ここからでも見える様になりました。











IMG_1986.jpg


最後は、ブリーゼタワーから見た、ブランズタワー大阪備後町の様子です。
関連記事
[ 2013/06/26 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(0)

新大阪ソーラ21の最上階から見た大阪都心の高層ビル街

IMG_1606_20130621153917.jpg



SORA新大阪21の最上階にある居酒屋「甘太郎 新大阪ソーラ21店」から見た、大阪都心方面の眺めです。以前に新大阪阪急ビルから大阪都心方面を撮影した事がありますが、SORA新大阪21からの眺めは、それを超える素晴らしい眺望です。近くにあるプラウドシティ新大阪 の撮影ポイントを物色している時に、以前に相互リンクしているOSAKAビル景のショーケンさんが紹介しているのを思い出し行って来ました。甘太郎新大阪ソーラ21店は、ランチタイムなら800円前後で食べる事が出来るので、ビル好きにはオススメの展望スポットです。











IMG_1617.jpg


まずは天満・桜之宮・OBP方面の様子です。シティタワー大阪天満ジオタワー天六など、比較的新しいタワーマンションが完成した事で、スカイラインに厚みが出てきました。










IMG_1620.jpg



茶屋町を中心にした梅田の東側付近の様子です。MBSの奥にあべのハルカスがハッキリと見えました。














IMG_1611_20130621153919.jpg


サウスゲートビルディングを中心に梅田付近の高層ビル群を見たアングルです。いい感じのスカイラインなのですが、新たに加わったグランフロント大阪のビル群がほぼ一直線に並んでおり、ちょっともったいない感じがしました。















IMG_1621_20130621153931.jpg


少し西側にカメラを向けて、梅田スカイビルからシティタワー西梅田まで入れたアングルです。













IMG_1619_20130621153921.jpg 

最後は一番引きのアングルで、大阪都心部の高層ビル群をパチリ。
ソーラ21は大阪都心部の超高層ビルが一望できる凄い展望スポットでした。天気の良い日にリベンジしたいです。

関連記事
[ 2013/06/25 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(3)

ピオレ姫路の壁面照明「ウォール・イルミネーション・ファンタジー」が凄い!

IMG_2143.jpg

ピオレ姫路の壁面照明「ウォール・イルミネーション・ファンタジー」は、姫路駅の新駅ビル「ピオレ姫路」に設置された巨大な壁面LED照明システムです。縦約22メートル、横約102メートルの巨大な壁面照明は、約400枚の小さなパネルが組み合わさった間接照明の集合体で、合計約6万2千個のLEDをコンピューター制御で発光させ簡単な動画を表示する事が出来ます。映像は、京都で寺院のライティングなどを手掛ける照明デザイナーの内原智史氏が演出。姫路城にちなんだ羽ばたく白鷺や幾何学模様など、光と影が織りなす映像が展開されます。



■追跡取材リスト






IMG_2141_20130620143314.jpg


この、ピオレ姫路の壁面照明「ウォール・イルミネーション・ファンタジー」を撮影する為に、わざわざ姫路駅前のホテルを予約して金沢から来てしまいました!おおっ、横幅が100mを超える巨大照明システムはメチャクチャ迫力があります!!












  IMG_2121.jpg

おおっ!凄い凄い。左から右に向けてじわ〜りと色が変わって来ました。












IMG_2130_20130620143259.jpg

三脚を建てて撮影していると、見知らぬおっちゃん達に「何とってんの?」「これだけ大きな照明システムは竹中さんも初めてで苦労したらしいで!」など色々な話が聞けて面白かったです(^^;

「毎日見に来てる」と言うおじさん曰く、「一昨日ぐらいから、2箇所照明が故障してるねんで。よく見ると2箇所違う色で光っとるやろ?」。確かに言われてみると常時違い色で発行している所が2箇所ありました。














IMG_2110.jpg

撮影ポイントを変えて、こちらはピオレ姫路の目の前に設けられたサンクンガーデンの夜景です。














IMG_2118.jpg

メチャクチャ綺麗です。僕が住んでいた頃からは想像も出来ない変貌振りです。コリャ凄い!














IMG_2114.jpg

ピオレ姫路の壁面照明の明かりにほんのりと照らされたサンクンガーデンが良い感じです。







最後は、EOSで撮影したピオレ姫路の壁面照明「ウォール・イルミネーション・ファンタジー」の動画です。調子にのってyoutubeに動画チャンネル「Re-urbanization Movie Channel 」(笑)なるものまで作ってしまいました(^^; 今まで動画を撮影したり、編集したりした事が無いのでイケてない出来栄えですが、雰囲気は伝わると思います。
まだ3本の動画しかありませんが一度見てみて下さい!

関連記事
[ 2013/06/24 00:00 ] 兵庫県 姫路 | TB(0) | CM(9)

ピオレ姫路 13.06

IMG_2191_20130620152359.jpg

ピオレ姫路(piole HIMEJI)
は、JR姫路駅にある駅ビル及び高架下店舗からなる商業施設群の総称で、駅ビルの本館、高架下施設のヤング館、ごちそう館、おみやげ館の4館で構成されています。写真のピオレ姫路本館は、老朽化が進んでいた旧:姫路駅北口ビルFESTAの建て替えにより誕生した新しい駅ビルで、規模は地上6階、地下1階、延床面積は約31,000m2です。2013年4月30日にグランドオープンしました。

ちなみにピオレ姫路の「piole」は、「人々(people)と駅(eki)とを結ぶ橋渡し役として、感動(impression)・独創性(originality)・ライフスタイル(life-style)を提案し続けるショッピングセンターを目指す」ことを意味しており、それぞれの頭文字「p e i o l」を組み合わせた造語です。







  IMG_2198.jpg


ピオレ姫路の建設に合わせ姫路駅北駅前広場も生まれ変わりつつあります。北駅前広場は、世界遺産・国宝姫路城を擁する城下町にふさわしく、「城を望み、 時を感じ人が交流するおもてなし広場」というデザインコンセプトの下、国内最大級の駅前広場に再整備され、大手前通り(十二所前線以南)や隣接する西側の 街区を加えると、約5倍の面積(約3万平方メートル)に拡大されます。駅前広場ん整備計画はまだ道半ばですが、今回のピオレ姫路のオープンと同時に、ピオレ姫路の地下階と改装される駅地下商店街を結ぶサンクンガーデン (オープン地下広場・庭園)がオープンしました。









IMG_2203_20130620152401.jpg



サンクンガーデン
は、石垣などのデザインを施すことで姫路城外濠(そとぼ り)をイメージし、周辺にはオープンカフェやイベントに活用できる広場を整備することで、水と緑にあふれた憩いの場を目指しています。






IMG_2206_20130620152413.jpg


それではサンクンガーデンの様子を見てゆきましょう。写真はピオレ姫路本館の東側1階から1段下の地下1階レベルにあるサンクンガーデンを結ぶエスカレター、階段の様子です。サンクンガーデンは、周辺よりも1段低いオープン地下広場・庭園なので上下方向のエスカレターやEVは必須アイテムですね。












IMG_2211.jpg


東側から見たサンクンガーデンの様子です。石垣をイメージした壁面、堀をイメージした水景施設が良い感じです。





  IMG_2215_20130620152416.jpg

ピオレ姫路本館側から見た、サンクンガーデンの全景です。早朝に撮影した為に人影はまばらでした。







IMG_2218_20130620152417.jpg


滝を模した水系施設の様子です。夏場は見ているだけで涼しくなりそうです。














IMG_2219.jpg


西側から見たサンクンガーデンの様子です。写真右側はピオレ姫路本館の地下階です。













IMG_2225_20130620152429.jpg


こちらは、JR姫路駅と駅前地下街「グランフェスタ」を結ぶ地下通路の様子です。サンクンガーデンとはT字型に接続されています。写真は地下通路からサンクンガーデンを見た様子です。






IMG_2228_20130620152430.jpg


JR姫路駅側の地下通路の様子です。天井のフィンは木材が使用されており、城下町姫路をイメージしたデザインとなっています。









IMG_2223_20130620152428.jpg


先ほどの写真の反対側、グランフェスタ側の様子です。










IMG_2106_20130620152357.jpg


地下通路からJR姫路駅の中央コンコースに移動して、こちらは高架下にある商業施設「ピオレ姫路・ヤング館」の様子です。ヤング館 -は50店舗が集積しており、店舗面積は約6,000m2です。









IMG_2102.jpg 

最後は、駅南口東側の高架下にある「ピオレ姫路・おみやげ館」の様子です。僕は姫路駅の高架化が完成する前に2年ほと姫路市に住んでいましたが、その頃の古臭いイメージは完全に無くなっており驚きましました。












IMG_2185.jpg

新しく誕生したピオレ姫路ですが、開業後約1ヶ月間で305万人が来店、同期間の売上は目標を30%も上回ったそうです。特に新駅ビル「本館」の売り上げが目標の54%増しと好調だそうで、東急ハンズをはじめとする本館内テナントの約7割・87店が姫路初出店という目新しさを武器に売上を伸ばしている様です。

関連記事
[ 2013/06/23 00:00 ] 兵庫県 姫路 | TB(0) | CM(3)