DREAMS COME TRUEとコラボした商業施設「中之島 LOVE CENTRAL」

 IMG_4495.jpg



「中之島にぎわいの森づくり」事業は、知事重点事業として進められている水都大阪事業の1つとして進められている親水空間の整備事業で、大阪の中心地にある「中之島」の水辺をみどりと遊歩道でつなぎ、ボリュームのあるみどりの拠点を新たに整備し、豊かな空間の中ににぎわいを創出する事を目的としています。東西に長い中之島周辺の護岸を3つのゾーン(東地区・中地区・西地区)に分けて、みどりの回廊による回遊性に加え、滞在性を重視した天満天神の森、賑わいの森、アートの森を整備する計画です。



水晶橋から鉾流橋の間の「賑わいの森」地区は、カトープレジャーグループとDREAMS COME TRUEがコラボした商業施設、中之島 LOVE CENTRALとして1215日にオープンしました。





【水都大阪(ライトアップと水辺のにぎわい創出)事業いろいろ】


1,ライトアップとにぎわい創出事業 

 中之島東側から西側へ光とにぎわいで魅力向上させ人々の交流の場を定着させる。


2,大阪ふれあいの水辺づくり事業 

 都心部の水辺を感じるオアシス空間や、誰もが楽しめる多様な空間として大川貯水場後に砂浜を復元する。


3,中之島の森づくり事業 

 中之島の3つのゾーンでみどりの回廊による回遊性に加え、滞在性を重視した天満天神の森、賑わいの森、アートの森を整備する。





【過去記事】

中之島にぎわいの森づくり事業 (中地区/賑わいの森) 13.08

中之島にぎわいの森づくり事業 (中地区/賑わいの森) 13.07

中之島にぎわいの森づくり事業(東地区/天満天神の森) 12.12

中之島にぎわいの森づくり事業(東地区/天満天神の森) 12.08

中之島にぎわいの森づくり事業 (東地区/天満展示の森)11.11




堂島大橋ライトアップ(中之島 光のARCH GATE)

土佐堀川環境整備工事(淀屋橋上流~葭屋橋下流左岸)

中之島公園・剣先噴水シンボルモニュメント「Sailing to the NEXT STAGE 」













IMG_4499.jpg





それでは早速オープンした「中之島 LOVE CENTRAL」を見てゆきましょう!


















IMG_4519_20140128233026eaf.jpg


中之島LOVE CENTRALは、阪神高速1号環状線の高架橋の下に建設された親水空間です。施設内にはウッドデッキの公開スペースやレストラン、カフェ、ウエディングスペースや、遊覧船の船着場などがあります。











IMG_4522_2014012823303014f.jpg

「LOVE」の文字のオブジェです。











IMG_4538.jpg



イタリアンレストラン「sumile」(スミレ)の様子です。吉田美和さんのソロワークとしてリリースされたファーストアルバム「beauty and harmony」シンボルフラワーであるスミレの花をモチーフに、人々の笑顔 = Smile(スマイル)を願い「sumile」と名付けられました。フロアは、全席 川面を望み、大阪の歴史的建造物「大阪市中央公会堂」も眺められるベストビューです。












IMG_4526.jpg



ランチは1800円〜4800円」、ディナーは5800円=12800円、カフェ利用でもドリンク480円〜ドルチェが1000円〜と、お値段は結構高めの設定です。













IMG_4511.jpg


こちらはスミレの西隣にある「ノクターン」の2階席の様子です。ノクターンは基本はウエディング施設の用ですが、季節によってはビアガーデンにもなるようです。









IMG_4547.jpg


ウッドデッキには3人がけの洒落たベンチも設置されています。夕日に染まる中之島のオフィス街は中々ロマンチックな雰囲気です。高架下の息苦しさも感じません。













IMG_4566.jpg


こちらは東側から中之島LOVE CENTRALを見通した様子です。ご覧の通り、施設利用者にも広く開かれた空間になっています。












IMG_4559.jpg


高等裁判所側からLOVE CENTRALへのアプローチ部分の様子です。¥













IMG_4506.jpg

高等裁判所側、北側歩道付近の様子です。











IMG_4503.jpg

中之島LOVE CENTRALを構成する施設やサービスのロゴマークです。












IMG_4644.jpg


続いては中之島LOVE CENTRALの夜景をご紹介します。日中よりも3倍ぐらい!?いい雰囲気です!










IMG_4648_20140128233013a24.jpg


いやー、これはマジでいい雰囲気です。ライトアップされた中央公会堂と合わせていい感じの夜景になっています。









IMG_4650.jpg



中之島LOVE CENTRAL。大阪のリバーフロントに、また1つ新しい魅力が加わりました。御堂筋の西側に向かって、こんな感じの親水空間を徐々に拡大、整備していってほしいですね。

関連記事
[ 2014/01/31 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(7)

CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)

 entry_img_2164.jpg



CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)は、東京都中央区月島一丁目で建設されている地上53階、高さ187.0mのタワーマンションです。








IMG_2408_201312281336446fd.jpg

CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)は東京湾岸エリアのタワーマンションとしては細身のデザインとなっています。実際の高さも187mと相当高いです。










IMG_2413_2013122813364370a.jpg




【スペック】
名称:CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)
所在地:東京都中央区月島一丁目2709番(地番)
階数:地上53階、塔屋1階、地下2階
高さ:187.0m
構造:鉄筋コンクリート造、一部(鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :場所打ちコンクリート拡底杭
主用途:共同住宅、店舗、診療所、事務所他
総戸数:624戸※ザ・タワー
敷地面積:5,687.12㎡(Ⅰ街区)
建築面積:3,727.88㎡(Ⅰ街区)
延床面積:83,832.50㎡(Ⅰ街区)
建築主:月島一丁目3、4、5番地区市街地再開発組合
設計者安井建築設計事務所、清水建設
施工者:清水建設
着工:2012年02月
竣工:2015年07月












IMG_2420_20131228133642264.jpg



現地の様子です。既に躯体の一部が地上に姿を表していました。













IMG_2497.jpg


最後は道路越しに見た、CAPITAL GATE PLACE(キャピタルゲートプレイス)の様子です。
関連記事
[ 2014/01/31 00:00 ] 東京23区 中央区 | TB(0) | CM(0)

福岡市の地下鉄七隈線延伸、2014年2月に着工!

 IMG_7543_20140129205136346.jpg


福岡市交通局は4月11日、市営地下鉄七隈線を博多駅まで延伸する、地下鉄の延伸計画を進めています。建設費は約450億円、乗車人員は約6万8000人(新規利用者数は約2万1000人)を見込み、2013年度中に着工、2020年度の開業を目指し、2014年2月12日に起工式を行い着工する予定です。



【出典元】
福岡市交通局>七隈線延伸事業
ケンプラッツ>博多駅まで地下鉄七隈線を延伸、2月着工








entry_img_2212.jpg


七隈線の延伸区間は天神南~博多間約1.6km(建設距離は約1.4km)で、天神南駅の終端部から祇園町西交差点付近まで「国体道路」の地下を進み、祇園町西交差点付近から博多駅まで「はかた駅前通り」の地下を通ります。途中、祇園町西交差点の南東側に中間駅(仮称)を設けられます。












IMG_7566_201401292051368cc.jpg


七隈線は2005年、福岡市西区の橋本駅から中央区の天神南駅までを結ぶ12.0kmの路線で、鉄輪式リニアモーターカーを採用した、小断面のミニ規格の地下鉄路線です。









003_20140129084954fc4.jpg




福岡市の地下鉄のメイン路線は、福岡空港駅から博多駅を経由してJR筑肥線に乗り入れる「空港線」ですが、新しい「七隈線」は空港線と接続した駅がなく、改札外乗り継ぎが出来る天神南駅と天神駅でも約550mほど離れています。













IMG_7521_20140129205134a01.jpg



今回の博多駅までの延伸区間はわずか1.6kmほどですが、これにより他路線との接続が改善される為、福岡都市圏の交通ネットワークが強化される事が期待されます。また延伸区間に設けられる中間駅は大規模商業施設「キャナルシティ博多」に近いので同施設の活性化にも繋がると思います。

関連記事
[ 2014/01/30 00:00 ] 鉄道 新線 | TB(0) | CM(7)

イオンタワー

  entry_img_2173.jpg



イオンタワーは、千葉市美浜区中瀬一丁の幕張新都心に建設された、地上26階、高さ112.55mの超高層ビルです。大手流通グループのイオン(Aeon) の本社が入居しています。












IMG_2579_20131228171107453.jpg




【スペック】
名称:イオンタワー
所在地:千葉市美浜区中瀬一丁目5番1号
階数:地上26階 地下1階
高さ:123.46m
構造:SRC・S造
杭・基礎 :---
主用途:事務所
総戸数:
---
敷地面積:10941.125m2
建築面積:7943.915m2
延床面積:52819.010m2
建築主:イオン
設計者:鹿島建設・東畑建築事務所
施工者:鹿島建設・ハザマ
着工:
---
竣工:1994年05月














IMG_2632.jpg



イオンタワーは、小売業の本社ビルとして、イオンの企業理念にもつながる「人に親しまれる建物」を重要な設計テーマと考え、ハイテクデザインとは一線を画し、品位と品格を備えた「クラシック・モダン」を目指した外観デザインとなっています。










IMG_2621.jpg 




別の角度から見たイオンタワーの様子です。幕張新都心に林立する他のインテリジェントビルとは一線を画するクラシカルなデザインです。













IMG_2669.jpg



引き気味のアングルでイオンタワーと周辺の様子です。いい感じのアングルなのですが、逆光の時間帯だったので残念な感じの写真になりました。












IMG_2578.jpg 

最後は隣接する「イオンタワーANEX」と絡めたアングルです。イオンはイオンタワー(幕張本社)が手狭になったことから、隣の旧東京海上日動幕張ビルを取得し「イオンタワーANEX」として使用しています。イオンの従業員は、既存のイオンタワーと併せ約4000人が勤務しています。
関連記事
[ 2014/01/30 00:00 ] 千葉県 千葉 | TB(0) | CM(2)

富山大和跡地の再開発「西町南地区市街地再開発」が始動、総事業費178億で14年度末完成へ!

 004_20140120223458b75.jpg


富山市西町南地区市街地再開は、総曲輪通り南地区へ移転した大和百貨店の跡地で行われている再開発計画です。再開発施設の規模はS造地下1階地上10階建て、延べ約2万6700㎡の規模で、富山第一銀行の業務床、市の公益施設となるガラス美術館、図書館、公文書館、駐車場などが整備されます。建築の外観は、富山市の東西方向の景観軸である立山連峰や、高層建物が並ぶ西町交差点の都市景観・スカイラインに配慮しており、各用途の個性を石、ガラス、アルミによる異素材の組み合わせにより表現します。重厚感を継承した象徴的なデザインと市民に開かれた開放的なデザインの両立と融合を意図しています。また、数多く大きな孔(テラス)を設けることで内外の空気や雰囲気が感じられる、街と一体になったデザインとしています。

設計は、アール・アイ・エー・隈研吾建築都市設計事務所・三四五建築研究所JVが担当。
自然素材を生かした建築や、格子を多用したデザインが特徴的な作品を手がけてきた隈研吾さん参画しており、この再開発施設の外観も同氏のテイストが感じられるデザインとなっています。


【スペック】
名称:富山市西町南地区第一種市街地再開発事業
所在地:富山市西町、太田口通り一丁目、上本町の各一部
階数:地上10階、地下1階
高さ:
構造:鉄骨造
杭・基礎 :---
主用途:美術館、図書館、銀行、駐車場、外向店舗
総戸数:642戸
敷地面積:4,145㎡
建築面積:3,400㎡
延床面積:26,700㎡
建築主:西町南地区市街地再開発組合
設計者:アール・アイ・エー・隈研吾建築都市設計事務所・三四五建築研究所JV
施工者:清水建設・佐藤工業JV
総事業費:約178.5億円
着工:2013年5月
竣工:2014年度末(予定)










003_201401202235003dc.jpg



再開発施設が建設される西町は、富山市の古くかからの繁華街ですが、近年、郊外に巨大なSCが続々と建設された為に同地区の空洞化が進んでいます。これは多くの地方都市で見られる行き過ぎたモータリゼーションによる中心市街地の空洞化現象なのですが、富山市の特に商業施設の空洞化は特に深刻なレベルで、メインの商店街である総曲輪通りはシャッター街化が著しく、路面電車の電停前にあったマクドナルドやロッテリアすら撤退してしまう有り様です・・・。



富山市を取り巻く課題は・・・
①人口減少と超高齢化、
②過度なな自動車依存による公共交通の衰退
③中心市街地の魅力喪失、
④割高な都市管理の行政コスト、
⑤CO2排出量の増大


などが挙げられます。富山市は、これらに対応出来る地方都市の1つの未来像を提示する「コンパクトシティ戦略」を打ち出し、公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりを推進しています。コンパクトシティ戦略とは、鉄軌道をはじめとする公共交通を活性化させ、その沿線に住居、商業、業務、文化等の諸機能を集積させる事により公共交通を軸とした拠点型集中型のコンパクトなまちつくりを実現し、都市管理の行政コストを削減、持続可能な都市経営を目指す取り組みです。


幸いにして、富山市の都心部には路面電車があり、郊外にある富山大学前から~官庁街~JR富山駅~オフィス街~繁華街~南富山駅(郊外鉄道と接続する駅)という奇跡的な配置の市内路線が存在しています。また、LRTの成功例として全国的に有名なした富山ライトレール市北部に向けて整備済みで、沿線ではすでに地下鉄的な利用がされている他、北陸新幹線の開業に向けて、ライトレールが市内環状線に乗り入れる計画が進んでいます。富山市の鉄軌道インフラの基本配置は全国の地方都市で1番恵まれているかもしれません。



001_20140120223503712.jpg


建物内部にはエントランスから斜め奥に配置される公益施設に向かい、吹き抜け空間「スパイラルパサージュ」設けられ、ガラス美術、書物などに触れながら、ゆっくり本を眺めていられる場・小径が作られます。















P1070122.jpg


富山市では、今後も路面電車のLRT化や郊外路線の都心部乗り入れなど、公共交通機関は大幅に刷新されて行きますが、
これだけで中心市街の空洞化が解消されるほと状況は甘くはありません。コンパクトシティ戦略が始まってから西町では地域NO.1百貨店である富山大和が建て替えられた他、数棟の再開発高層マンションが建設されましたが中心商業地の変化はあまり感じられず、地域全体に再開発効果が波及しているとは言いがたい状況です。特に総曲輪通りのシャッター街化は深刻で、地元の中学生数人に「最近、西町に行ってる?」と聞くと「西町って、どこ?あ、大和のある所か!」と言い出す有り様でした。若者から見た西町の存在感の無さは驚きです。この十数年間で富山市西町の空洞化は決定な所まで進んでしまいました。回の旧大和跡地の再開発により、図書館や美術館が整備されると少しは賑わいが戻るかもしれませんが、根本的な解決に向けて好循環が始まるまでは至らないと思います・・・。












P1070163.jpg



しかし、行政は諦める訳には行きません。今後も中心市街地に高層マンションをコツコツと建設し中心市街地の定住人口を増やす、パーク・アンド・ライドを推進する為郊外駅前に無料駐車場を建設する、金沢フォーラスの様な広域集客が見込める大規模ファッションビルをなんとか勧誘する、商店街に新規出店する事業者にインセンティブを付けるなど、富山市は今後も地道な取り組みを腰を据えて続けて行く事になりそうです。


現状は相当厳しいですが、富山市には持続可能な都市経営のあり方の一つとして「コンパクトシティ戦略」をなんとか軌道にせて欲しい、西町の空洞化対策に取りみを見てそう思いました。

関連記事
[ 2014/01/29 00:00 ] 北陸・甲信越 富山 | TB(0) | CM(2)

NTT幕張ビル

entry_img_2167.jpg



NTT幕張ビルは、千葉市美浜区中瀬の幕張新都心に建設された、地上26階、高さ123.46mの超高層ビルです。100M超えの超高層ビルとしては非常に横幅が広く、延床面積は174,715.76m2に達する巨大なオフィスビルです。













IMG_2570_201312281439307ce.jpg


【スペック】
名称:NTT幕張ビル
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-6
階数:地上26階、塔屋1階、地下1階
高さ:123.46m
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 :---
主用途:事務所
総戸数:---
敷地面積40,602.67m2
建築面積:18,075.22㎡
延床面積:174,715.76m2
建築主:NTT都市開発
設計者:NTTファシリティーズ
施工者:清水建設、大成建設、鹿島建設、大林組、熊谷組、東急建設、三井建設、日本国土開発、共立建設JV
着工:---
竣工:1993年06月








IMG_2597.jpg
正面から見たNTT幕張ビルの様子です。あまりに横幅が広いので、あまり高さを感じません。









IMG_2671_20131228143928da8.jpg
別の角度から見た、NTT幕張ビルの様子です。












IMG_2633.jpg 
横から見た、NTT幕張ビルの様子です。このビルが一番幅が薄く見えるアングルですが、普通の超高層ビルの横幅と変わらない感じですね。











IMG_2753.jpg


最後は引き気味のアングルで、周辺の高層ビル群と絡めたアングルです。NTT幕張ビルはその巨大さに驚きました。普通の感覚なら2棟に分けてツインタワーにしてもおかしくない規模です。














【おまけ】

IMG_2757_20131228143944911.jpg


NTT幕張ビルのオープンスペースで戦隊モノの収録が行われていました!〇〇レンジャーはいつも幕張新都心と東京都庁前で戦っている気がします(笑) 
関連記事
[ 2014/01/29 00:00 ] 千葉県 千葉 | TB(0) | CM(1)

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.01

IMG_5431.jpg


おおさか東線新大阪駅構内改良工事は、 2008年3月に放出~久宝寺間が部分開通した、おおさか東線の新大阪駅延伸に伴い進められている在来線ホーム等の改良工事です。新大阪駅在来線ホームは先に改良工事が行われた大阪駅と同様に玉突き方式で ホームの改良が行われています。まず最初に既存の17、18番ホームの東側に増設ホームを新設、17、18番線の機能を増設ホームに移転させ、空いた旧ホームのリニューアルを一気に行います。この方式で在来線ホームを東側から順番に玉突きでリニューアル工事が進められます。増設ホームは2012年12月16日から供用開始され、現閉鎖された旧17,18番線の改良工事が行われてきましたが、既にリニューアル工事が完成し供用が開始されています。

【過去記事】

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.02

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.12

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.08

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.06

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.03

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.01

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 11.11











IMG_5427_20140127214656d8c.jpg



まずは三階、在来線改札内コンコースの様子です。前回に比べると大幅にリニューアル工事が進み、まるで別の駅になった様な変貌ぶりです!










IMG_5435.jpg  


柱に取り付けられた案内サインの様子です。行灯看板の路線図がかっこいい。













entry_img_2209.jpg


続いてホームの様子です。おおっ!先に供用が始まった増設ホームよりもゴージャスな感じの仕上がりになっています。床材が樹脂モルタル仕上げになっており、明るい印象になりました。












IMG_5439_20140127214628cb9.jpg


ホームに設置された発車票の様子です。大阪駅と同様のタイプになりました。











IMG_5449_2014012721470102f.jpg


エスカレーターの様子です。エスカレータの半透明の袖は以前ご紹介した事がある、JR神戸線-灘駅JR京都線-岸辺駅と同じタイプとなっています。













IMG_5437.jpg


大阪方から京都方面を見通したアングルです。ホーム両端の床材はアスファルトとなっています。








IMG_5460_20140127214625dd7.jpg


先に供用が始まった増設ホームと今回供用が始まった16.17番線を絡めたアングルです。こうやって2つのホームを合わせて見るとメチャクチャ都会的な印象です。









IMG_5452_20140127214623d50.jpg



最後は、京都方から大阪方面を見通したアングルです。リニューアル工事が進む新大阪駅在来線ホーム。大都市大阪の玄関口として相応しい体裁が整いつつあります。

関連記事
[ 2014/01/28 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(4)

JR西日本が金沢駅の大規模リニューアル計画を発表、中央コンコースは「東口広場と西口広場をつなぐ、金沢の新しいシンボルロード」をコンセプトに大幅にリニューアル実施!

002_2014012514363029a.jpg

JR西日本は2014124日発表のプレスリリースで金沢駅中央コンコースをリニューアルすると発表しました。北陸新幹線の延伸開業(2015年春)に向けて「東口広場と西口広場をつなぐ、金沢の新しいシンボルロード」をコンセプトに大幅なリニューアルが行われます。

【出典元】→JR西日本プレスリリース>金沢駅リニューアル計画について










001_201401251436281dc.jpg

東口広場と西口広場をつなぐコンコースは「金沢の新しいシンボルロード」とし、東口広場にある鼓門(つづみもん)をイメージした「デザイン的にインパクトのある設備」が連続的に設置されます。伝統工芸品を活用するなどして「石川らしさ、金沢らしさ」を演出します。取り付けられた新デザインの案内看板、デジタルサイネージが目を引きます。













コンコース内の施設配置も大きく変わります。みどりの窓口が改札口側に移設されコンコースの幅が広げられる他、荷物預かり所を改札口付近に設置、コインロッカーコーナーの拡充、在来線の各ホームには待合室が設置されます。おみやげ館入口前と改札内(中2階)に設置しているトイレの改装、段差の解消も図られます。

駅の高架化以来の大規模なリニューアル工事が行われるJR金沢駅。工事は北陸新幹線の開業直前の2015年3月の完成予定です。
関連記事
[ 2014/01/27 00:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(1)

シャープ幕張ビル

 entry_img_2169.jpg



シャープ幕張ビルは、千葉市美浜区中瀬一丁目に建設された、地上22階、塔屋1階、地下1階、高さ101mの超高層ビルです。大手家電メーカーのシャープの首都圏の拠点として幕張新都心に建設されました。











IMG_2749_201312281640457f9.jpg




【スペック】
名称:シャープ幕張ビル
所在地:千葉市美浜区中瀬一丁目
階数:地上22階、塔屋1階、地下1階
高さ:101m
構造:---
杭・基礎 :---
主用途:事務所
総戸数:---
敷地面積:9,772㎡
建築面積:6,620㎡
延床面積:44,520㎡
建築主:シャープ
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:---
竣工:1992年05月













IMG_2717.jpg



低層部、ガラスカーテンウォールのオフィスフロア、棟屋部分の3カ所がそれぞれ異なったデザインで構成されています。















IMG_2693.jpg


近くで見上げた様子です。大阪市阿倍野区にある本社ビルよりも遥かに立派なビルです。

















IMG_2657_20131228164034c57.jpg



少し引き気味で見たシャープ幕張ビルの様子です。













IMG_2660_20131228164037656.jpg



最後は、さらに引き気味で周辺のビルと絡めたアングルです。シャープの社名をイメージさせるシャープなデザインとアーチ状の特徴ある棟屋が中々かっこいいビルだと思います。

関連記事
[ 2014/01/27 00:00 ] 千葉県 千葉 | TB(0) | CM(0)

JR博多駅前の再開発、博多郵便局一体の敷地に2棟のビルを建設する「博多駅中央街地区地区計画」が始動!

 002_20140121211640291.jpg
【出典元】→日本郵便プレスリリースより(PDF)


九州一の乗降客数を誇る博多駅周辺は、九州新幹線の全線開通、JR博多シティの開業により賑わいを増していますが、そんなJR博多駅周辺で、さらなる再開発計画が進んでいます。博多駅中央街南西街区開発計画は、日本郵便とJR九州が進めている大規模再開発計画で、福岡市博多区の博多郵便局一体の敷地に2棟のビルが建設されます。











005_20140121211638baf.jpg006_201401212116418dd.jpg





1つは日本郵便とJR九州が所有する敷地に建設される店舗兼事務所の博多駅中央街南西街区における共同ビル。地上13階、地下3階でオフィス主体のビルとなります。



【スペック】
所在地:福岡市博多区博多駅中央街1-3
階数:地上13階、地下3階
高さ:---
用 途:事務所、店舗、駐車場
敷地面積:
延床面積:
着工:2014年2月(予定)
開業:2016年春(予定)












003_20140121211644764.jpg001_20140121211643fab.jpg
【出典元】→日本郵便プレスリリースより(PDF)


2つ目は日本郵便が所有する店舗ビル、博多駅中央街SW計画(仮称)。JR博多シティの博多阪急側の一等地に建設される店舗ビルは地上11階、地下3階の商業ビルで日本郵政グループ初の全館商業施設で、キーテナントとして丸井グループが1~7階に進出する事が決まりました。ビルの1階部分には公開広場を設けるほか、博多駅ビルと直結するペデストリアンデッキを設けるなど回遊性を高め、一体的な開発が進められます。2棟はいずれも2016年春の開業を予定しています。



【スペック】
名称:博多駅中央街SW計画(仮称)
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
階数:地上11階地下3階
高さ:---
用途:店舗、駐車場
敷地面積:約5,000㎡
延床面積:約65,800㎡
着工:2014年2月(予定)
開業:2016年春(予定)















IMG_5700.jpg




同計画が位置する「博多駅中央街地区地区計画」区域内の博多駅中央街南西街区は、都心部のさらなる機能強化と魅力づくりを推進するための方策「福岡市都心部機能更新誘導方策」が初めて適用された街区で、同計画はその適用を受ける第1号の開発計画となります。福岡市都心部機能更新誘導方策は、賑わい創出など、まちづくり貢献度に応じて容積率を上乗せする制度で、博多駅中央街地区地区計画では、800%の容積率が400%上乗せされた1200%まで緩和されています。博多駅周辺では、今回の規制緩和により高度利用が可能となった事から、今後も更新時期を迎えたビルの建て替えが続きそうです。











IMG_7078.jpg


九州新幹線を起爆剤に急速に開発が進むJR博多駅周辺。博多駅中央街地区地区計画が完成する事で、駅周辺の商業集積が厚みを増し、いよいよ福岡市は本格的な二大繁華街時代を迎える事になりそうです。





関連記事
[ 2014/01/26 00:00 ] 九州・沖縄 福岡 | TB(0) | CM(19)