大阪・中之島に新設する新美術館は整備費121億円で2020年度までの開館を目指す

 th_IMG_4862.jpg


大阪市は4月23日に開かれた戦略会議で、
中之島に新設する新美術館を2020年度までに開設することを決定しました。今年度中に市民の意見を踏まえて整備方針をまとめ、来年度以降に着工、東京オリンピックが開催される2020年年度までの開館を目指します。








th_001_20140428135354cc0.jpg 

新美術館の延べ床面積は15,000㎡。内訳はコレクション展示室が2,200㎡、企画展示室1,200㎡、コミュニケーション2,100㎡、保存研究2,500㎡、管理共用7,000㎡となっています。設計・監理費/工事費/備品購入費を含む施設整備費は121億円を見込んでいます。










th_IMG_4873.jpg



新美術館のコンセプト 


・佐伯祐三や吉原治良に代表される大阪が育んだ作家の作品を中心とした第一級のコレクションを活かし、国内トップクラスのミュージアムをめざす。 

・「大阪と世界の近現代美術」をテーマとしたミュージアムとして、市立美術館や東洋陶磁美術館にはない、新たな魅力を創造する。 

・歴史的にも文化的にも豊かな蓄積をもつ中之島を拠点として、文化の振興や都市の魅力向上に貢献する。 

・民間の知恵を最大限活用しながら、顧客目線を重視し利用者サービスに優れたミュージアムとする。 










th_IMG_4847.jpg


コレクションの概要
19世紀後半から今日に至る、日本と海外の代表的な美術作品:約4,700点(寄託品は除く) 

 
・国内最大かつ最高水準の佐伯祐三作品とすぐれた近代絵画

 ・ステラやロスコなど戦後美術の名品 

 ・具体美術協会のリーダーである吉原治良作品約800点 

 ・ウィーン工房などのデザイン作品約200点 

 ・1万8千点を数えるサントリーポスターコレクション(寄託品) 












th_IMG_4855.jpg



新美術館のが計画されている、中之島4丁目の市有地の様子です。敷地面積25,200㎡の内、どこからどこまでが美術館用地がは不明ですが、今後、マーケットリサーチなどにより民間ニーズを把握し、中之島の活性化に向けて、新美術館を核とした一体的なまちづくりについて検討するそうです。 エリアの一体性や良好な都市空間を誘導・担保する都市計画的な手法(地区計画など)についても導入を検討されます。 









th_IMG_4867.jpg



大阪市の新美術館はの計画は、いままで話が出ては消え出ては消えを繰り返してきたので、今回の市の発表を見ても「本当に出来るの?」と思ってしまいました。2020年度までの開館を目指す、という具体的なスケジュールや整備費121億円という数字も出てきたので、今回は本当に計画が動きだすかもしれません。大阪府・市の都市格を向上させられる様な本格的な美術館が中之島に生まれる事を期待したいと思いました。

関連記事
[ 2014/04/30 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(1) | CM(6)

中之島界隈の護岸緑化の様子 14.04

 th_IMG_2969.jpg


大阪市では、都市魅力の創出につながる花と緑のまちづくりを推進し緑の整備を行っています。今回は少し地味ですが、水辺の緑による中之島の護岸緑化の現状をご紹介したいと思います。護岸緑化とは、ツタ等により緑化することで緑のカーテンを作り良好な水辺の環境を創出する取り組みです。



水都再生に向けた緑の整備 
・中之島公園の再整備 
・中之島公園サービス施設・レストハウスの整備 
・水辺の緑による中之島の景観向上(護岸緑化) 
・中之島を中心とした緑豊かな歩行者空間の再整備 











th_IMG_2939.jpg


こちらは土佐堀川の左岸(
 肥後橋~湊橋)の様子です。この区間は2010〜11年にかけてツタなどが植えられ護岸緑化が行われました。それから数年、植えられたツタは徐々に勢いを増し、だんだんと緑のカーテンらしくなってきました。








th_IMG_2974.jpg



護岸緑化のからくりです。護岸の上に、このような緑化ユニットを設置し、ツタなどを育成する事で緑のカーテンを育てる計画です。この写真は堂島川の北側護岸(新関電病院付近)の様子です。












th_IMG_2978.jpg


育ってきたツタをアップで。青々とした緑が気持ちいい。








th_IMG_3003.jpg


この遊歩道、大きな街路樹と成長して来た護岸の緑が合わさって、メチャいい感じになっています。また、夜間のライトアップも素晴らしいです。


今回ご紹介した護岸緑化については、ツタがしっかり生育して緑のカーテンになってきた箇所、全然育ってない箇所、未整備の箇所が入り混じり、まだまだこれからといった所です。
中之島界隈は大阪府・市が重点的に景観整備を行っており、徐々にですが修景が進み景観が良くなってきました。これからさらに磨きをかけて、世界に誇れるエリアに育てていってほしいと思いました。


関連記事
[ 2014/04/30 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(3)

カジノを設置したIR(統合型リゾート)の候補地は夢洲が有力、投資額は5000億円以上!

 th_IMG_4408.jpg



カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府と大阪市は、夢洲を軸とした大阪市内ベイエリアを候補地として推進してゆく事を決定、東京五輪が開催される2020年までの一部開業を目指すそうです。





カジノ誘致は「夢洲」軸に調整 鉄道延伸も検討 大阪府・市

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140422/waf14042218470030-n1.htm

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府と大阪市は22日、「夢洲(ゆめしま=同市此花区)を軸とした大阪市内ベイエリア」を候補地として推進していくことを決めた。東京五輪が開催される2020年の開業を目指す。松井一郎知事と橋下徹市長が出席した府市の「IR立地準備会議」で確認した。府市は開会中の通常国会でIR関連法案が通過することを見越し、大阪の候補地を具体的に打ち出すことで投資に関心を示す海外のIR事業者にPRする狙いがある。

夢洲地区は今後埋め立て整備する分も含めると約150ヘクタールと広大で、都心部から主要交通機関を使うと30分以内でアクセスできる利便性が評価された。

 この日の会議で、橋下市長はさらに利便性を高めるため、夢洲地区へ乗り入れる鉄道インフラ整備を検討するよう市担当部局に指示したことを明らかにした。大阪市営地下鉄やJRの延伸を軸に試算しているといい、1兆円規模の投資を目指すことも確認された。橋下市長は「IR誘致は国際都市間競争に勝っていくための象徴的な事業。国から与えられるのではなく勝ち取っていきたい」と意気込みを語った。








th_IMG_4409_2014042723473967b.jpg



大阪府・市が考えているIR(統合型リゾート)とは、全体面積の3~5%に過ぎないカジノなどのゲーミング部門が事業全体の50~80%の収益を上げ全体収益の核となることで、劇場やアリーナ、美術館、博物館、国際会議場、展示会といった採算性が不安定なエンターテインメント部門とコンベンション部門(MICE)を支える仕組みの事です。IRの代表的な成功例は、シンガポールのマリーナベイ・サンズが有名で、大阪府・市は大阪ベイエリアにマリーナ・ベイ・サンズに匹敵する巨大IRの誘致を目剤しています。













th_IMG_4417.jpg



マリーナ・ベイ・サンズがシンガポールにもたらした経済効果は物凄いです。少し古い統計ですが、横浜市が纏めたレポート(PDF)が解りやすかったので一部引用させて頂きました。


マリーナ・ベイ・サンズの直接雇用は9,000人、関連雇用効果で30,000
人、建設投資に5000億円。税収は2010年4月~1 2月の期間で力ジノ税と消費税だけで、4億4000万S$(約360億円)、シンガポール人と永住者に課せられる入場料はが1億3000万S$(107億円)です。通年なら合計670億円程度になります。これはリーマン・ショック後の経済が落ち込んでいた時期のオープン直後の数字なので、現在はさらに増えていると思います。また、付帯施設での消費、ホテルの宿泊費や食事代、シンガポール自体への来訪者の増加など経済効果は計り知れないです。これだけの収益が見込めるからこそ、マリーナ・ベイ・サンズの様なとてつもない施設が出来たのでしょうね。

※1シンガドル=82円で計算








th_IMG_4397.jpg



IR(統合型リゾート)の誘致を目指している夢洲の現在の様子です。ご覧のとおり広大な空き地が広がってます。松井知事と橋下市長の思惑通りIRの誘致が成功すれは、この広大な空き地が莫大な税収を生み出す、金の玉子を産む鶏に生まれ変わります。IRが生み出す経済効果を武器に交通インフラの整備や文化施設の整備、電柱電線の埋設など都市景観の整備などが一気に進むかもしれません。














th_IMG_4405.jpg


大阪府の松井知事は、これまでにマカオのカジノを運営するメルク・クラウン・エンターテインメントをはじめ、シンガポールのマリーナベイサンズを運営するサンズ、リゾートワールドセントーサを運営するゲンティン、ラスベガスのシザースの海外事業者4社と会談したそうです。全世界でも屈指の経済規模を誇る大阪・京阪神圏、広域では西日本全域をターゲットに出来る為、カジノ運営の大手は大阪への進出に非常に意欲的です。


カジノについてはマイナス面ばかりを強調して反対を唱える風潮がある事が気がかりです。高額な入場料(1回1万円程度)を設定し、敷居を高くする事で低所得者層の中毒者を排除し入場審査があるカジノは、駅前立地で子供でも誰でも自由に出入り出来るパチンコ屋に比べれば遥かに健全な施設なのですが・・・。カジノ批判をする人(有識者など)はまずパチンコ全廃を唱え、全力で運動した方が良いのでは無いでしょうか?


大阪のライバル都市となるシンガポールや香港(マカオ)、ソウルなどは普通にIRを持っています。東京もIRの誘致に声を上げ始めました。ライバル都市との国際競争に伍してゆくには、IRの誘致は必須条件であって、あって当然、無ければば勝負にならない、重要な施設だと僕は思います。


関連記事
[ 2014/04/29 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(25)

和歌山マリーナシティ ヴォラーレ・デル・マーレ

 entry_img_2439.jpg

和歌山マリーナシティ・ヴォラーレ・デル・マーレ
は、和歌山県和歌山市毛見の和歌山マリーナシティに建設された、地上24階、高さ:72.4m、総戸数120戸の高層リゾートマンションです。 遠くは淡路島の島影、近くは和歌浦の海と和歌山市内、眼下にはマリーナシティが一望、と海洋型リゾートを存分に満喫できます。











th_IMG_4289.jpg


【スペック】
名称:和歌山マリーナシティ・ヴォラーレ・デル・マーレ
所在地:和歌山県和歌山市毛見1508-2
階数:地上24階建
高さ:72.4m
構造:RC造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:120 
敷地面積6,710.212
建築面積
延床面積
建築主:
東急不動産、MID都市開発
設計者:
施工者:
着工:
竣工:2004年06月








th_IMG_4243.jpg


北西側から見た、ヴォラーレ・デル・マーレの様子です。











th_IMG_4278.jpg


東側から見た、ヴォラーレ・デル・マーレの様子です。











th_IMG_4324.jpg


ヴォラーレ・デル・マーレの最上階にはスカイガーデン&テラス、トップオブスカイラウンジ、オーシャンビュージャグジー、フィットネスコーナーなどがあります。












th_IMG_4314.jpg



西側から見たヴォラーレ・デル・マーレの様子です。手前にある黄色のビルは和歌山マリーナシティロイヤルパインズホテルです。








th_IMG_4301.jpg


最後は引き気味で、マリーナ越しに見た、ヴォラーレ・デル・マーレと周辺のリゾートマンションの様子です。和歌山マリーナシティは、大阪都心部から90分程度でアクセス出来る、手軽なマリンリゾートです。
関連記事
[ 2014/04/29 00:00 ] 近畿 和歌山 | TB(0) | CM(0)

超高層都市型農園「Urban Skyfarm(アーバンスカイファーム)」が斬新過ぎる!

 th_004_20140428141407c18.jpg



Urban Skyfarm(アーバン・スカイファーム)は、ロサンゼルスのデザインスタジオに所属する、Steve Lee(スティーブ・リー)さんが手掛けた未来の農園のコンセプト・デザインです。Urban Skyfarm(アーバン・スカイファーム)は、その名の通りビル街にそびえ立つ超高層インテリジェント農園です。国際的なデザインコンペ「A’Design Award」の2013-2014年期で、Futuristic Design(未来のデザイン)賞を受賞しました。


→A’Design Award
https://www.adesignaward.com/design.php?ID=32786

→Aprilli Design Studio
http://www.aprilli.com/#!urban-skyfarm/c23br







th_006.jpg


大きな木を思わせる外観は、“サステナビリティ(持続可能性)”のシンボル。日当たりの良い高層部は公園に、涼しい木陰になるグランドレベルは市民の為のオープンスペースになっています。












th_005_201404281414085c8.jpg


アーバンSkyfarmは、土地不足、森林伐採、人口増加による環境汚染など、将来の問題を解決する方法を提案しています。水耕システムを利用することにより、制御された環境内での暖房、照明、保湿を効率的に行い、健全に食料を生産することが出来ます。また、ゼロエネルギー施設として、太陽光や風力エネルギーによって生成される再生可能エネルギーを使用しており、食品の生産、輸送、流通の過程で使用されるエネルギーの全体量を節減する事が可能となってます。











th_002_201404281414049a4.jpg


この農園の収穫物は、地元の人々の食糧になるだけでなく、空気や水を浄化する機能も備えており、街の環境維持に大切な役割をもっています。














th_001_20140428141402836.jpg

超高層都市型農園Urban Skyfarm(アーバンスカイファーム)。これがすぐに採算ベースにのり、各所に建設される事は無いと思いますが、久々に度肝を抜かれる提案を見た気がしました。もしかすると、50年後の大都市の要所要所に、都市型立体農園がそびえ立っているかもしれませんね。

関連記事
[ 2014/04/28 14:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(0)

大阪市立市岡商業高跡地は大学!今年11月に学校法人を対象にした一般競争入札を実施

 th_IMG_4835_20140427211012f5c.jpg


大阪市は2014年4月24日に、市岡商業高校跡地について、大学設置等を条件とする競争入札で売却することを決定したと発表しました。7月に公告し、11月に入札、12月に契約を結ぶスケジュールです。かねてから「タワーマンションが建設されるのでは?」との噂が絶えなかった市岡商業高校跡地は都心型の大学キャンパスが建設される事になりました。















th_001_20140427212318629.jpg



場所は、弁天町駅にほど近いORC200の西側です。敷地面積が1.9ヘクタールとまとまった広さがあり、JR環状線、地下鉄中央線の2線が利用出来る交通利便性の高い立地の為、複数の学校法人が進出に意欲を見せているそうです。












th_IMG_4820.jpg



マーケット・リサーチで提案された案は、
①医療系の新学科を新設し7,8階建て、延床2万㎡程度のビルを建設し約1000人の学生を想定する案
②都市型(ビル型)キャンパスとして活用する計画で、想定学生数は約4000人。2、3学部を設置、新学部学科設置の可能性も検討する案

などが提案されたそうです。②都市型キャンパスの案の想定学生数4000人を収容するためには相当な延床面積が必要に為、現在の容積率300%を大幅に緩和した上で高層ビルを建設する事になりそうです。








th_IMG_4838.jpg



大阪都心部は、

工場等立地制限法(1964~2002) により郊外流出が続き、サテライトについては梅田周辺に立地するものの、大学数や学生数は他都市に比べて極めて少ない

状態で、大阪市も問題意識を持っています。

大阪市が掲げるめざすべき都市像「ハイエンドな産業・人材の集積拠点」を実現する為には、大学の誘致や集積促進、大学間の競争を促す環境の整備などにより、国際競争を勝ち抜く人材育成の環境づくりを推進する必要がある、としています。これにより、国際社会の中で活躍できるハイエンド人材が育ち、集まり、交流することにより、新たな技術革新を創出し、ハイエンド産業と相乗効果を発揮する事を目指しています。













th_IMG_4840.jpg


大阪都心部に大学のキャンパスが不足しているのは間違いなく、他都市との比較でもその差は歴然としています。都心にキャンパスが多数立地すれば、学生達がもたらす直接的な経済効果に加え、さまざまなカルチャーがぶつかり合って新しいアイティやモノが生まれてきます。この営みが都市に活力をもたらすのは間違いありません。僕は弁天町付近に本格的な都心型キャンパスを4〜5つ勧誘し学生数2万人を収容する一大文京ゾーンにできれば・・・と昔から妄想していたので、今回の市岡商業跡に大学を勧誘する発表を見て本当に嬉しくなりました。

市岡商跡に4000人規模のキャンパスができれば、環状線の西半分のエリアが一気に華やかになりますね。大阪市はこの調子でドンドン都心に大学を勧誘し、将来的には市内の学生数10万人を目指してほしいと思いました。

関連記事
[ 2014/04/28 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

近鉄布施駅で謎の発車標が試験運用中

th_IMG_1924.jpg 

近鉄奈良線の高架化工事を取材した帰りに布施駅で電車を待っていると、伊勢中川側のホームの端にこんな発車標を見つけました。モニタの上部には「試験運用中」の表示が。














th_IMG_1926_20140425170126b9f.jpg


うーん、どう見てもシャープの液晶TVアクオスの旧型です。近鉄の発車標は汎用の液晶モニタをオリジナルのカバーに埋め込んだタイプが多いですが、この発車標はJR西日本でよく見られるモニタをそのまま使用しているタイプです。











th_IMG_1929_20140425170125c6e.jpg



背面の様子です。AQUOSのロゴが見えますね。映像信号はアナログRBG(VGA)で入力されています。ここからは想像ですが、オリジナルユニットは制作費が高くつくので、汎用モニタをそのまま使用して低コスト化を図る為、実際の駅ホーム上で耐久テストを行っているのだと思います。あと、VGA入力がある液晶TVはドンドンなくなっているので、今後の事を考えると素直にHDMI接続にした方がいい気がします。











th_IMG_1962.jpg



こちらは、最近の近鉄の駅に導入されている液晶モニタを使用した発車標です。















th_IMG_1965_20140425170123f3c.jpg




こちらは、たまに見かける狭縁タイプの液晶モニタを使用した発車標です。












th_IMG_1958_2014042517200709e.jpg



布施駅は大阪線と奈良線のホームが異なる階にある2重構造の高架駅で、大阪線ホームは3階、奈良線ホームは4階にあります。各ホームは島式1面2線の構造で両側に通過線がある配線です。現在の2重高架駅は今から37年も前の1977年に完成しています。凄いですね。











th_IMG_1937.jpg



余談ですが、近鉄の
一般車は車体長20,000 mm、連結面間込で20,720mmの長さがあり、奈良線と相互直通運転を行ってる阪神車中間車)車体長18,280mm、連結面間込で18,880mm よりも2m弱長いです。


※普段はROM専です さんからご指摘頂き、本文を訂正しました。











th_IMG_1944.jpg

布施駅に進入する難波行き特急。うーん、最近、近鉄の魅力にハマってきた・・・。

関連記事
[ 2014/04/28 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(3)

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04

 th_IMG_4188.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者
との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!













th_IMG_4192.jpg




駅リニューアルの第一弾となる「森ノ宮駅」の改良工事の様子です。むむむっ、これは・・・。もっと大規模なリニューアルが行われると思っていましたが、この箇所はペンキを塗っただけの様な気がします。あれれ?

















th_IMG_4216.jpg



上屋の様子です。大阪駅環状線ホームの様な仕上がりを期待したのですが、従来の上屋の骨格を黒色にペイントしただけでした。ただ、照明やサイン類は従来のままだったので、これらがLED化、新デザイン器具に置き換えされればイメージが変わるかもしれません。


















th_IMG_4193.jpg


こちらは改札階に向かう階段付近の様子です。この辺りの壁面は従来のパネルが取り外され本格的な工事が行われていました。なるほど。一番多くの利用客の目に触れる箇所はしっかりリニューアル、ホーム端など最小限度の改良といった感じでメリハリをつけている様です。














th_IMG_4222.jpg

階段付近の様子です。写真左側が工事中の箇所です。ペンキを塗るだけの工事ではありませんね。











th_IMG_4230.jpg


1階改札内コンコースの様子です。この辺りの工事は始まっていませんが、ホームの改良工事につづいて、改札階もリニューアル工事が行われる予定です。













th_IMG_4227.jpg


ジェイアール西日本不動産開発が展開するエキナカ商業施設「ビエラ森ノ宮」に通じる南口改札付近の様子です。コンコース階のリニューアル後はこんな感じになるのではないでしょうか。









th_IMG_4206.jpg


動きだした大阪環状線改良プロジェクト。駅リニューアル第一弾となる森ノ宮駅の仕上がり具合は非常に気になる所です。大阪環状線は1日110万人以上が利用する、多くの人の目に触れる重要路線なので、各駅の美装化は大阪のイメージアップに大きく貢献する事になると思います。

関連記事
[ 2014/04/27 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(0)

和歌山マリーナシティ・シエルヴィータ

th_IMG_4234.jpg


和歌山マリーナシティ・シエルヴィータは、和歌山市毛見字馬瀬の和歌山マリーナシティに建設された、 地上28階、高さ93.5m、総戸数104戸のタワーマンションです。マリン・リゾートならではの景観を配慮したシンプルさの中にも、天然石などの自然素材や光・水にこだわり アジアンテイストを演出することで「上質な大人のリゾート空間」としての個性を大切にしています。






th_IMG_4237.jpg 




【スペック】
名称:和歌山マリーナシティ・シエルヴィータ
所在地:和歌山県和歌山市毛見字馬瀬1508-4 
階数:地上28階、塔屋1階
高さ:93.5
構造:RC造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:104 
敷地面積5,986.602
建築面積921.52㎡
延床面積10,614.76
建築主:東急不動産、MID都市開発
設計者:三井住友建設
施工者:三井住友建設
着工:
竣工:200712










th_IMG_4248.jpg 


正面から見た、和歌山マリーナシティ・シエルヴィータの様子です。和歌山マリーナシティ・シエルヴィータは和歌山市内で1番高い高層ビルです。









th_IMG_4250.jpg 



南西側から見た、和歌山マリーナシティ・シエルヴィータの様子です。最上階には展望温泉露天風呂があるそうです。












th_IMG_4264.jpg



東側から見た、

和歌山マリーナシティ・シエルヴィータの様子です。












th_IMG_4257.jpg



最後は、引き気味のアングルで、和歌山マリーナシティ・シエルヴィータと周辺のリゾートマンション群の様子です。




関連記事
[ 2014/04/27 00:00 ] 近畿 和歌山 | TB(0) | CM(0)

オリックス不動産がラマダホテル大阪跡地を取得、タワーマンションへの建替えの可能性が高まる

 entry_img_2437.jpg


建設ニュースは、昨日の報道で「2013年末に閉館した中津のラマダホテル大阪跡地をオリックス不動産が取得した」と伝えました。かねてからタワーマンションへの建て替えが噂されていたラマダホテル跡地は、敷地面積は約5000m2、容積率が600%、建ぺい率が80%。オリックス不動産を中心に超高層マンションなどの開発が行われる事になりそうです。



※アイラブオオサカーさんから情報を頂きました、ありがとうございました!




【出典元】→建設ニュースラマダホテル大阪跡地をオリックス不動産が取得/跡地開発に弾み/敷地面積は約5000平方㍍












th_IMG_3387.jpg


ラマダホテル跡の敷地面積は約5000㎡と相当広いので、規模の大きなタワーマンションを中心とした複合ビルが建設出来そうです。オリックス不動産にとってはザ・サンクタスタワーに続く大阪都心部でのビッグプロジェクトになるのではないでしょうか。


関連記事
[ 2014/04/26 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)