大丸京都店の外壁が半世紀振りにリニューアル、心斎橋店をモチーフに神戸・札幌店のネオ・クラッシックデザインを継承!

th_001_201408302049320c0.jpg



大丸京都店は 1912 年に現在の地に、四条烏丸に出店し2012年に100年が経過しました。そんな歴史のある大丸京都店(きょうとみせ)ですが、現在、半世紀ぶりに外装のリニューアル工事が行われています。

伝統や歴史的様式を取り入れ現代的に再構築、現存するウィリアム・メレル・ヴォーリズのデザインモチーフを一部参照し、四条通りの街並みに調和した、安心感のあるクラッシックデザインをモダン化したデザインとなります。
古典主義建築の定石であるファサード表現<3 層構成【下層階:大理石(ベース)、中層階:レンガタイル(ボディ)、上層階:塗り壁(クラウン)】>を踏襲し、くじゃくのブロンズ像を中心に東西のタワー形状・対称性(シンメトリー)を強調した外観は、格式ある普遍的な美しさをかもし出しています。また、看板についても京都市景観条例に基づき建物に沿うデザインに変更するなど、古都の街並みにしっくり溶け込むよう工夫されています。


【出典元】
J.フロントリテイリング>10 月 8 日(水) 外装リニューアルオープン(PDF)













th_002_2014083020493440e.jpg



夜間はライトアップが行われる予定です。地上 15.5 メートルの壁面はデジタルサイネージが設置(縦 1.2 メートル 横 6.7 メートル)されます。イメージパース中央左の緑色の看板がデジタルサイネージです。













th_IMG_3732_201408302049200b2.jpg



現地の様子です。養成ネットが取り払われリニューアルされた外壁の一部が姿を表していました!リニューアルされた外壁デザインは心斎橋店をイメージさせるカラーリングですね。













th_IMG_3712.jpg



正面外壁にあった、孔雀のブロンズ像(縦 7 メートル、横 5 メートル、重さ 2.5 トン)は大丸京都店のシンボルとして親しまれてきまきましたが、昨年 10 月 1 日に設置以来初めて改修のため取り外され、現在修復工事中が行われています。長年の風雨に晒され損傷が激しかった孔雀像は、富山にある専門の工房で行われており、9 月下旬にクレーンで屋上から吊り下ろされ元の場所へ設置される予定です。








th_IMG_3724.jpg


孔雀のブロンズ像の背面には縦 11 メートル・横 6.6 メートルの太陽光パネルが設置されます。外装の雰囲気を損なわないように配慮した、ガラスと一体化した太陽光パネルを採用、 年間予想発電量は 6017kWhでデジタルサイネージもしくは外部サイン(正面・側面・塔屋部)相当にかかる電力をまかなう予定です。 














th_IMG_3719.jpg


外壁をアップで。以前のオフィスビルの様な地味な外観に比べると、随分と良くなったと思います。














th_IMG_3709_20140830204929894.jpg


リニューアル工事が完成に近づいた大丸京都店。洗練された大人のまちとして発展する四条烏丸の顔として相応しい外観に生まれ変わる事になりそうです。

関連記事
[ 2014/08/31 00:00 ] 近畿 京都 | TB(0) | CM(2)

夏の終わりの入道雲

th_IMG_3069.jpg


之島界隈を撮影していると、東の空に大きな入道雲が見えました。
















th_IMG_3074.jpg



うおおっ!デカイ。実家のある奈良方面は大雨かもしれない・・・・












entry_img_2669.jpg 

アップで見ると中々キレイでした。
関連記事
[ 2014/08/31 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

クラッシィタワー南船場 14.08

 th_IMG_2829.jpg


クラッシィタワー南船場は、中央区南船場1丁目に計画されている地上31階、高さ102mのタワーマンションです。計画地は内外衣料製品(シルバーオックス)の 旧本社ビルの跡地で住友商事が2011年8月に取得しました。クラッシィタワーは住友商事が展開するタワーマションのブランド名で、近畿エリアではこのクラッシィタワー南船場が初展開となります。


















th_IMG_2820.jpg





【スペック】

名称:クラッシィタワー南船場
階数:地上31階
高さ:102.32m※軒高
構造:RC造
主用途:分譲共同住宅
総戸数:146戸
敷地面積:1,192.18m2
建築面積:557.59m2
延床面積:16,306.10m2
建築主:住友商事
設計者:IAO竹田設計
施工者:鹿島建設
着工:2012年12月(予定)
竣工:2015年03月(予定)












th_IMG_2823.jpg



前回の撮影が2014年6月だったので約2ヶ月振りの取材です。かなり高くなってきました。












th_IMG_2827.jpg


北西側から見た様子です。随分とタワーマンションらしくなって来ました。
住友不動産三田ツインビル西館(ラ・トゥール三田)シティタワー仙台五橋にも通じる独特のカラーリングです。















th_IMG_2833.jpg




頂部をアップで。目測ですが地上20階以上まで成長していると思います。












th_IMG_2834.jpg


最後は北側から見たクラッシィタワー南船場の様子です。
関連記事
[ 2014/08/30 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

プラダ大阪心斎橋店

 th_IMG_2877_20140824152942afe.jpg


プラダ大阪心斎橋店は、大丸、高島屋などの百貨店やルイ ヴィトン(LOUIS VUITTON)、ディオール(Dior)、ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)などラグジュアリーブランドのブティックが多く立ち並ぶ心斎橋のメインストリート御堂筋沿いにある同ブランドの大型旗艦店です。5フロアからなる約1,100㎡の店内には、バッグ、洋服、シューズ、サングラスをはじめとするメンズ・レディースのコレクションが取り揃えられています。
2013年7月13日にオープンしました。


【過去記事】
御堂筋沿いにPRADAビル大阪(仮称)が登場!











th_IMG_2879.jpg


プラダ大阪心斎橋店は小規模なビルですが、独特のデザインが気に入っています。今回ようやく晴天の元で撮影する事が出来ました。













th_IMG_2884.jpg


建築家のロベルト・バチョッキ氏が設計を手がけた内装は、階ごとに雰囲気が異なるフロアを吹き抜けの天井が貫き、また自然光が注ぐ天窓と調和し、不思議な視覚感覚をもたらしています。














th_IMG_2891.jpg


プラダ大阪心斎橋店は、ゴールドともシルバーとも言えない不思議な色合に加え、その複雑な造形から、見る角度により様々な表情を見せてくれます。













th_IMG_2893.jpg

引き気味のアングルで見た、プラダ大阪心斎橋店の様子です。











th_IMG_2887.jpg


最後は、プラダ大阪心斎橋店と北隣に建設が進むヒューゴボスと絡めたアングルです。ラグジュアリーブランドの集積が進む心斎橋界隈は、最近の爆発的な外国人観光客の増加に伴い、アジア全体に向けたショーケースとしての役割が高まっている様に感じます。地価下落に伴い、御堂筋にハイブランドが相次いで出店したのは、もう10数年前の話ですが、これから2回目の出店ラッシュが起こるかもしれませんね。

関連記事
[ 2014/08/30 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(2)

読売テレビがOBPの「シアターBRAVA!」跡に高さ約80m、延床4.5万㎡の新社屋を建設!




読売テレビは2014年8月28日に、OBP(大阪ビジネスパーク)内に新しい社屋を建設し、5年後の2019年8月に移転すると発表しました。新しい社屋は、現在の社屋から南へ約400m離れた毎日放送が運営する劇場「シアターBRAVA!」(平成28年春に閉館)の跡地を含む場所です。新社屋の規模は延床最大4.5万㎡、高さ80mの高層ビルを想定、敷地面積は約1万2千㎡です。社屋の移転は2019年8月の予定となっています。

たかしさん、他にもメールで情報を頂きました。ありがとうございました!














th_IMG_4072_201408282215426c3.jpg


新社屋が建設される、IMPの南側の敷地の様子です。写真右側の黄色いアクセントのあるビルが「シアターBRAVA!」跡です。新社屋はIMPとなるべくかぶらない様に敷地東側(写真右端)に高層部が配置されます。














th_IMG_3824.jpg

現在の読売テレビの様子えす。「シアターBRAVA!」跡については再開発の噂がありましたが、まさか同じOBP内にある読売テレビて新築移転するとは・・・。本当に驚きました。こうなると、現社屋のその後が気になります。取り壊して新たなビルが建設されるのか、リノベーションして再活用されるのか、一体どうなるのでしょうか。

前日より立て続けに再開発計画が明らかになっているOBP。梅田、難波、天王寺など大阪都心内部のエリア間競争の激化がOBPにも飛び火した様です。



関連記事
[ 2014/08/29 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(17)

HUGO BOSS|ヒューゴ ボスが新たな路面店を心斎橋に展開!西日本の旗艦店「BOSS ストア 心斎橋店」!?

th_IMG_2881.jpg

(仮称)心斎橋2丁目計画(北棟)(南棟
は、三井不動産が大阪市中央区心斎橋筋2丁目で進めている商業施設の建設計画です。敷地は約800㎡で、かつてランドショップ「コーチ」の直営店や「ビームス ストリート心斎橋」が入っていたビル・心斎橋AXYの跡地です。約1ヶ月振りに現地を訪れてみると、養成ネットが取り払われビルの外観が露わになっていました。この計画は情報が少なく詳細がほとんど解りませんでしたが、南棟はHUGO BOSS|ヒューゴ ボスの路面店になる事が判明しました!



【過去記事】
(仮称)心斎橋2丁目計画(北棟)14.07








th_IMG_2875.jpg


現地の様子です。HUGO BOSS|ヒューゴ ボスのロゴがデカデカと取り付けられています。








th_IMG_2872.jpg


HUGO BOSS|ヒューゴ ボスは2013年11月29日に東京の表参道に路面店「BOSS ストア 表参道店」をオープンさせています。勝手な予想ですが、心斎橋のこのビルは、BOSSストア心斎橋店になるのではないでしょうか・・・。











th_IMG_2868.jpg


北側から見た様子です。南隣にはプラダの路面店が。












th_IMG_2864.jpg


こちらはHUGO BOSS|ヒューゴ ボスが入る南棟の北側にある北棟の様子です。外観は出来上がっていますが屋上のパラペットは空の状態です。もしかするとまだテナントが決まっていないのかもしれません。三井不動産から情報発信が無い理由はこれかもしれませんね。。。













th_IMG_2898.jpg


最後は引き気味のアングルで見た、現地の様子です。詳細が不明な北棟ですが、続報を待ちたいと思います。

関連記事
[ 2014/08/29 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(2)

北陸新幹線 長野~金沢駅間開業は2015年3月14日、東京ー富山間は最速2時間8分、東京-金沢間は最速2時間28分!

th_IMG_9305.jpg

JR西日本は2014年8月27日のニュースリリースで、北陸新幹線長野~金沢駅間(営業区間約228キロ)の開業に伴う運行計画の概要が決定したと発表しました。

北陸新幹線長野~金沢駅間の
開業日は2015314日(土曜日)で、運転本数はかがやき(東京~金沢間直通列車(速達タイプ)が10往復、はくたか(東京~金沢間直通列車(停車タイプ)が14往復、(長野~金沢間運転列車(停車タイプ)が1往復、つるぎ(富山~金沢間運転列車(シャトルタイプ)が18往復、あさまが(東京~長野間運転列車(現長野新幹線タイプ)16往復となります。


【出典元】
JR西日本>
北陸新幹線 長野~金沢駅間開業に伴う運行計画の概要について










th_002_20140827212519127.jpg


・東京~金沢駅間 最速達列車は2時間28

・東京~富山駅間 最速達列車は2時間8


・かがやき 
 東京~金沢駅間直通列車(速達タイプ) 10往復 

・はくたか
 東京~金沢駅間直通列車(停車タイプ) 14往復
 長野~金沢駅間運転列車(停車タイプ) 1往復

 ・つるぎ
 富山~金沢駅間運転列車(シャトルタイプ) 18往復

 ・あさま
  東京~長野駅間運転列車(現長野新幹線タイプ) 16往復

 








th_001_201408272125178e4.jpg


■北陸新幹線金沢開業に伴い、以下の列車の運転が取り止めになります

 ・特急「はくたか」(越後湯沢~金沢・福井・和倉温泉駅間)
 ・特急「北越」(新潟~金沢駅間)
 ・特急「サンダーバード」(金沢~富山・魚津・和倉温泉駅間)
 現在大阪~和倉温泉駅間を直通している4往復のうち、1往復の運転については継続。
 ・特急「しらさぎ」(金沢~富山・和倉温泉駅間)

 ・特急「おはようエクスプレス」(金沢~富山・泊駅間)
 ・快速「くびき野」(新潟~新井駅間)
 ・快速「妙高」(直江津~長野駅間)

■新たに、以下の列車が運転されます

 ・新潟~上越妙高駅間で、特急「しらゆき」を5往復運転します。
  一部は、新潟~新井駅間で運転します。
 ・金沢~和倉温泉駅間で、特急列車を5往復運転します。
 ・福井~金沢駅間で、特急列車を3往復運転します。
 ・新潟~新井駅間で、快速列車を2往復運転します。
 ・新潟~糸魚川駅間で、快速列車を1往復運転します。


関連記事
[ 2014/08/28 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(13)

阿倍野筋拡幅工事計画 14.08

 th_IMG_2585.jpg


阿倍野筋拡幅工事計画は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。














th_IMG_2588.jpg


回の撮影が2014年7月だったので約1ヶ月ぶりの取材です。長らく工事が行われていた阿倍野筋ですが、ついに新しく設けられた西側の車線に切り替えられました!













th_IMG_2593.jpg


阿倍野筋の拡幅工事は玉突き方式で行われます。今回西側に車線が切り替えられましたが、続いては従来の車線を活用して阪堺電車の線路の移設が行われます。












th_IMG_2603.jpg


撮影ポイントを変えて、南側の地上部から見た、新車線の様子です。












th_IMG_2610.jpg


こちらは新北行車線と従来の南行き車線に挟まれた部分です。阪堺電車の線路を西側に移設する為のスペースとなります。移設に合わせてセンターポール化及び軌道敷の芝生化も検討されています。















地元の
「あべの筋魅力づくり協議会」から市に提案された、阪堺電車の軌道敷きの芝生帯、緑化、阪堺線のセンターポール化イメージ図です。


※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化









th_IMG_2615.jpg


振り返って、南側を見た様子です。












th_IMG_2653.jpg


更に撮影ポイントを変えて、尼崎平野線の様子です。













th_IMG_2658.jpg



こちらも拡幅部分の共用に向けて工事が着々と進んでいます。既に新しい信号機が設置されていました。












th_IMG_2651.jpg


地上から見た様子です。












th_IMG_2671.jpg


ついに新車線に切り替わった阿倍野筋。続いて行われる阪堺電車の線路移設はどの様になるのでしょうか?架線柱のセンターポール化と軌道敷の芝生化はぜひとも実現して欲しいですね。
関連記事
[ 2014/08/28 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(4)

KDDIが大阪市のOBPに国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「テレハウス大阪2(TE­LEHOUSE OSAKA 2)」を新設!

 p_index01.jpg


KDDIは2014年8月26日発表のニュースリリースで、総額280億円を投資し大阪市と東京都多摩市にそれぞれ、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「TELEHOUSE OSAKA 2」(2015年8月下旬サービス開始予定) および「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」(2016年2月サービス開始予定) を新設すると発表しまし「TELEHOUSE OSAKA 2」は、大阪OBPで建設が進む超高層ビル、KDDI大阪第2ビルに居します。

「TELEHOUSE OSAKA 2」「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」は、電力使用量の大きい高性能サーバを多用する大規模なWEBコンテンツやクラウドの提供ニーズに応えるため、国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンターとなります。「TELEHOUSE TOKYO Tama 3」の1ラックあたりの供給電力は、従来のデータセンターと比べて約5倍 となる国内最大の42kVA (定格) を実現。ラックの収容効率が大幅にアップすることで、国内でICTを戦略的に活用するクライアントや海外のクラウド事業者等の経済的な事業推進をサポートします。また、東京・大阪のデータセンターを併用する事で、有事の際のBCPおよびDR の対策として機能するため、安心・安全な事業継続に貢献する事になります。


【出典元】
KDDIニュースリリース>
東京・大阪に国内最大級の電力供給能力を備えたグローバルデータセンター「TELEHOUSE」を新設










TE­LEHOUSE OSAKA2の公式ムービーです。TE­LEHOUSE OSAKA2の詳細が非常に良くわかります。ビルの高さは隣接する大阪東京海上日動ビルディングと同程度に見えますね。予想よりも大型で存在感のあるビルがOBPに誕生する事になりそうです。














th_IMG_1536.jpg
建設工事が進むKDDI大阪第2ビル



TELEHOUSEは、欧米を中心に25年に亘る豊富な提供実績を有し、インターネットトラフィックが多く集まるデータセンターのトップブランドとして認知され、今回の東京・大阪の新設により、全世界で13地域、24都市、46拠点 (国内は20拠点) となり、総床面積は約371,000平米となります。
関連記事
[ 2014/08/27 00:01 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)14.08

th_IMG_3147.jpg


学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)は、大阪市北区茶屋町にあった旧市立梅田東小跡地(4,650㎡)に大学の新キャンパスを建設する再開発計画です。梅田キャンパスは、地上22階、高さ125mの超高層ビルで、大阪工業大が工学デザイン分野の新しい学部を置く他、摂南大など系列の二つの大学のサテライトオフィスが設けられます。














th_IMG_3150_20140824125128cc2.jpg



【スペック】

名称:学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)
所在地:大阪市北区茶屋町50番の一部他
階数:地上22階、地下2
高さ:125.15m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :場所打ちコンクリート杭
主用途:学校(大学)
総戸数:---
敷地面積4,650.41
建築面積2,416.21
延床面積33,329.89
建築主:学校法人常翔学園
設計者:服部・石本・安井設計監理共同企業体
施工者:西松建設
着工:201403
竣工:201608













th_IMG_3153.jpg



現地の様子です。3点式パイルドライバーやローラークレーンなどの重機が多数投入され、基礎工事が本格化しました。前回の取材時にアスファルト舗装が行われていてギョッとしましたが、やはり一時的なものだった様ですね。











th_IMG_3133.jpg


撮影ポイントを変えて、こちらは学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)の北側にある東西道路の各幅工事の様子です。この道路の幅は5.5mから12mに拡幅、電柱電設が埋設され美装化も行われます。












th_IMG_3139.jpg


各幅工事は予想以上にハイペースで進んでおり、早くも北側歩道の共用が始まっていました。












th_IMG_3142.jpg


東西道路を新御堂筋側から見通したアングルです。












th_IMG_3131.jpg


最後は、東西道路を阪急梅田駅側から見通したアングルです。歩道の幅はかなり広く歩き易くなりそうですね。特に南側はヤンマー新本社ビルと常翔学園 梅田キャンパス(仮称)の公開敷地も合わさるので相当広くなりそうです。ただ、車道の幅はジャスト1車線分しかないのでかなり狭めです。









関連記事
[ 2014/08/27 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)