JR西日本が大阪駅南広場の整備に着手、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋が直結し梅田の回遊性が向上!

 entry_img_2732.jpg

JR西日本は、2014年9月29日付けのプレスリリースで、大阪駅南側の広場整備を実施すると発表しました。南広場の東側に混在するバスターミナルおよびタクシー乗車場を、東側はバスターミナル、西側はタクシー乗車場に分離される他、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備 上空歩行者通路の連携により、安全性および回遊性が向上します。


【出典元】
大阪駅改良プロジェクト 大阪駅南広場の整備に着手します

【過去記事】
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.07
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.06
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.04
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.03
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.02
■追跡取材リスト


※梅田派さん、アイラブオオサカーさんから情報を頂きました。ありがとうございました!















th_IMG_9134.jpg


この場所は、 大阪駅改良工事により支障する店舗などの機能を代替する施設として開設されたフロートコート(御堂筋口側)」「トラベルコート(桜橋口側)」がありましたが、現在は撤去されています。大阪駅南広場の再整備計画はかなり発表されましたが、タクシー乗り場が桜橋口側に機能移転される事に対して業界が反対し、事業が1年近くペンディング状態となっていました。今回、JR西日本から正式に発表があったと言う事は、業界団体と折り合いがついたという事なのでしょうか・・。
















th_002_20140929221034087.jpg 


こちらはタクシー乗り場が設けられる西側の様子です。こちら側には歩行者デッキは設けられてない様です。ただ、サウスゲートビルディングの南西側にはデッキをつなげるスペースが確保されているので、広場の西隣で計画されているJPタワー大阪(仮称)の進展に合わせて事業化されるのかもしれません。















th_IMG_9129.jpg


少し前の写真ですが現地の様子です。現在、御堂筋口側にあるタクシー乗り場がこちら側に移転してきます。














th_IMG_9148.jpg


ついに動き出した大阪駅南広場の再整備計画。大阪ステーションシティの全面開業後、ながらく仮設の状態が続いてきたので、今回の発表は非常に嬉しい限りです。西日本最大都市の玄関口として相応しい駅前広場の整備に期待したいと思います。

関連記事
[ 2014/09/30 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(12)

JR東海が名古屋駅に交通広告として日本最大級となる50柱100面のデジタルサイネージの運用を開始!

th_IMG_5412.jpg


JR東海は名古屋駅の中央コンコースに、交通広告としては日本最大級となる50柱100面のデジタルサイネージを整備し、9月22日から使用を開始しました。現在は東海道新幹線の開業50周年を記念したコンテンツやJRゲートタワーなどが放映されていますが、10月7日から一般広告が始まります。また大規模災害時には利用者への情報提供ツールとしても活用されるそうです。











th_IMG_5380.jpg


運用を開始したばかりの名古屋駅のデジタルサイネージを早速撮影してきました。うおおっ!ズラリと並んだデジタルサイネージ群はかなりの迫力です。名古屋駅のコンコースは相当広いので、デジタルサイネージの果てが霞んで見えます。












th_IMG_5398.jpg

反対側のデジタルサイネージの様子です。












th_IMG_5397.jpg



設置されたデジタルサイネージは60インチ液晶ディスプレイ(縦:約1,300mm×横:約750mm)です。









th_IMG_5382.jpg



このデジタルサイネージ、圧倒的な枚数の為に迫力はあるのですが、通路の片側にズラリと並んでいるので、動画に取り囲まれた時に感じる「空間ジャック感」はあまり感じませんでした。やはり左右両方に設置しないとあの感じは出ないんですね・・・。








th_IMG_5416.jpg


名古屋駅に設置されたデジタルサイネージ。50柱100面という圧倒的物量の為、迫力は相当のモノです。また、JR東海の有り余る財力を投入して、現在未設置の真ん中の柱にも、そのうちサイネージ設置される気がしてきました・・・



関連記事
[ 2014/09/30 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(0)

近鉄21000系電車(アーバンライナーplus)

th_IMG_4622.jpg


近鉄21000系電車(アーバンライナー)は、近畿日本鉄道の特急形電車で同社の花型特急車として活躍が続いています。アーバンライナーは、名阪ノンストップ特急のシェア拡大のために、従来の鉄道車両の常識には捉われない革新的なデザインと、乗客本位の居住空間を備え、近鉄のみならず鉄道業界に革命的なインパクトを与えたエポックメイキングな車両として有名です。デザイン顧問を招聘しプロジェクトチームを編成、マーケティングリサーチを実施し、旅客ニーズを把握lし車両のデザイン、サービスを総合的に決定するという、当時の鉄道業界では見られなかったアプローチ手法が注目を集めました。1988年(昭和63年)グッドデザイン賞、日経優秀製品・サービス賞、1989年に第32回鉄道友の会ブルーリボン賞の3賞を受賞。















th_IMG_5365.jpg


アーバンライナーは1988年の営業開始から既に26年が経過していますが、2003年から2005年にかけて更新工事が行われ全面的なリニューアルが行われました。リニューアル後はアーバンライナーplus (Urban Liner plus) と呼ばれており、愛称のPlusには「新世代の機能とサービスの付加」という意味を込められています。











th_IMG_5371.jpg



それではアーバンライナーPlusの客室を見てゆきましょう。まずはレギュラーカーの様子です。新開発シートを採用し、座席間距離や座席幅を拡大しゆったりとした空間が確保されています。内装材はストライプ柄を基調として、やわらかい自然な色調で室内デザインをまとめ「カジュアル空間」を表現しています。












th_IMG_5362.jpg


新開発された「ゆりかご型シート」の様子です。背ずりを倒すと座面後方が連動して沈み込む、凹形状のクッションともあいまって、より体が包み込まれるような感覚を得ることが出来ます。














th_IMG_5374.jpg


シートを横から見た様子です。アームレストには小ぶりなテーブルが格納されています。














th_IMG_5355.jpg


照明は、間接照明により客室全体をやわらかい光の空間し、荷棚下にも照明を配して座席付近を落ち着いた明るさとなっています。













th_IMG_5356.jpg


車両の妻面には、客案内表示やサービス案内表示ができる22インチの大型ディスプレイが設置されています。ときおり運転室にある車載カメラの映像がリアルタイムで映しだされ、見ていて飽きません。













th_IMG_6368_20140927140156876.jpg


帰りはデラックスシートを奮発しました。デラックスカーは、近鉄初の全席一人掛シート・横3列の、パーソナル空間を実現した1クラス上の上級車両です。快適な乗り心地を追求した新開発シートはワインレッドを基調にしており、深みのある質感の高い色調の客室となっています。












th_IMG_6371_20140927140142ebd.jpg


JRのグリーン車に匹敵する豪華なシートです。床はタイルカーペット貼りになっておりレギュラーカーとは異なる高級感があります。














th_IMG_6374.jpg


デラックスシートは500円(大阪〜名古屋間)の追加料金で乗車可能です。特にA席は独立した一人がけの配置なので周りを基にせずノビノビとする事が出来ます。














th_IMG_6381_2014092714014548e.jpg



シートにはLEDの読書灯が埋め込まれて、手元を照らしてくれます。













th_IMG_6386.jpg


さらにこのシートは電動でリクライニングするパワーシートとなっています。先ほどの読書灯と合わせて手元のスイッチでコントロールする事が出来ます。














th_IMG_6390.jpg


アーバンライナーplusのデラックスシートはJR西日本のサンダーバードのグリーン車よりも完全にワンランク上の装備で非常に快適です。この車両に追加500円(大阪〜名古屋間)で乗車出来るのは本当に凄いです。



















th_IMG_4447.jpg


高架化されたばかりの東花園駅に進入するアーバンライナーplus。たっぷりとお金と時間をかけてデザインされたその外観は今でも全く古臭さを感じさせません。












th_IMG_8411.jpg



奈良県内の小駅を轟音とともに通過するアーバンライナーplus。限界性能に対して常に余裕のある走りをする為、乗車していても実際の速度よりもかなり遅く感じます。随分とのんびり走るんだなぁ・・・と思ってスマホのGPS測定で速度を測ってみると、実は110km/h出ていたりして、そのギャップに何度も驚かされました。












th_IMG_4633_201409271404303a1.jpg

アーバンライナーplus。改めて乗車してみましたが、デビューから26年が経過している車両とは到底思えないスマートな外観デザイン、快適な内装を持った素晴らしい特急車でした。加速性のも化け物級で、低速域から「あっ」という間にトップスピードの120km/hまで到達するその走りは本当に圧巻です。

この車両を完全に置き換える次世代特急車が登場する日はいずれやってくるはずですが、その次世代特急車がアーバンライナーを超えるのは相当難しいかもしれません。でも近鉄なら現在の常識を打ち破る「あっ!」っと驚くような車両を投入してれると思っています。






関連記事
[ 2014/09/29 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(2)

大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09

th_IMG_4822.jpg



JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者
との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。



【過去記事】
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!















th_IMG_4804.jpg


前回の撮影から約1ヶ月ぶりの取材です。まずは階段付近の変化から見てゆきましょう。前回と比べると階段上の化粧板の取り付けが終わりこの付近の工事は完成していました。
















th_IMG_4800.jpg


階段下の連絡通路を見下ろしたアングルです。この付近の天井の化粧板の取り付けも完了しました。暖色系の照明が今までに無い良い雰囲気を醸し出しています。
















th_IMG_4774.jpg


階段下の階段下に設置された大型案内サイン付近の様子です。
















th_IMG_4791.jpg



連絡通路を見通したアングルです。天井の化粧板が取り付けられた事で雰囲気がまた変わりまた。















th_IMG_4781.jpg


カタログコーナーの様子です。各種パンフレット類が乱雑とせず整然と収納されています。

















th_IMG_4797.jpg


案内サイン類も世代交代し、スマートで見やすくなりました。



















th_IMG_4783.jpg


最後は改札階を見下ろしたアングルです。ホーム、連絡通路に続き、改札階のリニューアル工事が本格化してきました。







関連記事
[ 2014/09/29 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(3)

新ダイビル 14.09

th_IMG_5327_20140927125814422.jpg



新ダイビルは、1958年に完成した旧新ダイビルを現地で建替える立て替え計画の仮称で、地上31階、塔屋3 、地下2階、高さ148.50mの超高層ビルが建設されています。今回の建替え計画に伴い、新ダイビルに入居していたテナント多くが土佐堀ダイビルに移転しました。



【過去記事】
新ダイビル 14.08
新ダイビル 14.07

新ダイビル 14.06

新ダイビル 14.05

新ダイビル 14.03

新ダイビル 14.01

新・新ダイビル(仮称) 13.10
新・新ダイビル(仮称) 13.04
新・新ダイビル(仮称) 12.12
新・新ダイビル(仮称) 12.08
新・新ダイビル 11.11
新・新ダイビル 11.10
新・新ダイビル 11.08
新・新ダイビル 11.06
新・新ダイビル 11.02
新・新ダイビル 10.10
新・新ダイビル 10.04
新ダイビル建替え計画
追跡取材リスト

















th_IMG_5320.jpg



【スペック】
名称:新ダイビル
所在地:大阪市北区中之島三丁目6番32号
階数:地上31階、塔屋3階、地下2階
高さ:148.50m
構造:S造、一部SRC造、RC造
杭・基礎 :杭基礎
主用途:事務所、店舗、駐車場
総戸数:ーーー
敷地面積:8,7426.76㎡
建築面積:3,075.18㎡ 
延床面積:76,074.95㎡
建築主:ダイビル
設計者:日建設計
施工者:大林組
着工:2013年08月
竣工:2015年03月













th_IMG_5311.jpg


真正面から見た新ダイビルの様子です。養成ネットが取り払われた部分が広がり、外装の感じが良く分かる様になってきました。















th_IMG_5314.jpg



先月に比べると窓ガラスの取り付けが、かなり進んでいます。














th_IMG_5316_2014092712580972b.jpg


下層階の照明が点灯していました。最近のビルらしくLED照明が採用されており、蛍光灯はちょっと異なった感じがしました。















th_IMG_5251.jpg


撮影ポイントを変えて、東側から見た新ダイビルの様子です。
















th_IMG_5283.jpg


最後は引き気味で見た、新ダイビルの様子です。中之島付近を行き交う遊覧船も数がメチャクチャ増えておりにぎわいを見せています。水都大阪の面目躍如といった眺めですね。













【おまけ】


th_IMG_5296_201409271258204d2.jpg



中之島界隈を撮影していると不思議な現象に遭遇しました。なんと円形の虹の様な光が空に浮かんでいるではありませんか!













th_IMG_5254.jpg

中之島中央公会堂の真上に現れた丸い虹。本当に神様が降りてきた様な感じみ見えて驚きました!

関連記事
[ 2014/09/28 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(0)

JRゲートタワー(名古屋駅新ビル(仮称)他計画)の建設状況 14.09

outline_p01.jpg



JRゲートタワー(名古屋駅新ビル(仮称)他計画)は、 JR名古屋駅に隣接する名古屋ターミナルビルを撤去し、その跡地に高層複合ビルを建設する再開発計画です。再開発ビルは、延床面積約26.5万m2、高さ 約 211m、地上46階建ての規模で、オフィス、商業施設、ホテル、バスターミナ ル等で構成されます。新ビルは、1階にバスターミナルを集約配置し、2階に名古屋駅と駅北側エリアを結ぶ歩行者通路を設けることで交通拠点としての機能を 強化するほか、隣接するJRセントラルタワーズと低層棟のほぼすべてのフロアで接続することにより、タワーズと一体性を持たせた利便性の高いビルとなります。
















th_IMG_5780.jpg



【スペック】
名称:名古屋駅新ビル(仮称)他計画
所在地:名古屋市中村区名駅一丁目101515
階数:地上46階、地下6
高さ:211.10m最高部
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 : 場所打ちコンクリート拡底杭
主用途:オフィス、ホテル、百貨店、飲食店、バスターミナル等
総戸数:------
敷地面積:97,191.00㎡(駅施設全体) 
建築面積:10,492.78
延床面積:265,337.92
建築主:東海旅客鉄道(JR東海)、ジェイアールセントラルビル(株)
設計者: 大成建設
施工者:大成建設
着工:2012年09月  
竣工:2015年03月末(予定)















001_20130922104526394.jpg
【出典元】→JR東海HP>名古屋駅新ビル計画


公式HPからお借りした立面図と断面図です。新ビルの低層階はジェイアール名古屋タカシマヤの増床、9~11階は東海地方初出展となるヨドバシカメラが入居、12,13階のレストランフロアはタワープラザと接続されます。低層階と高層階を結ぶスカイストリートもタワーズと接続一体化、中層階はホテル、高層階はオフィスといったフロア構成となっています。タワーズと合わせると途方も無い規模の駅ビルが誕生する事になります。




<オフィス>

・エントランス15階、オフィスフロアは29~44階

<商業施設>
・ジェイアール名古屋タカシマヤの増床を予定
・大手家電量販店「ヨドバシカメラ」が出店(9~11階)
・タワーズよりもカジュアルで、専門性・ 話題性のある飲食店を配置 (1~14F)

<ホテル>
・(株)ジェイアール東海ホテルズによる宿泊主体のホテル 
・15階はエントランス・レストラン1、客室は19~25階
・客室数は約350室


<その他>

・タワーズのスカイストリートと接続、他にも複数のフロアで 接続予定
・バスターミナルは北地区計画ビルを含む1階レベルに整備






th_IMG_5768.jpg



地上から見た現地の様子です。













th_IMG_5785_20140927114704b4f.jpg



ようやく鉄骨が姿を現してきました。













th_IMG_5742.jpg


ミッドランドスクエアの展望台から見た、JRゲートタワー の建設現場の様子です。一年ぶりの取材ですがまだ基礎工事が行われていました。隣接するJR名古屋駅の高架線や、地中を通る名鉄線などの既存構造物を保護しながら超弩級の超高層ビルを建設するJRゲートタワーの工事の難易度はメチャクチャ高い様です。












th_IMG_5748.jpg



最後は引き気味でセントラルタワーズやJRタワー名古屋と絡めたアングルです。
関連記事
[ 2014/09/28 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(2)

大阪勤務が正式に決まりました!

 th_IMG_2847.jpg



私事ですが、来月から大阪で勤務する事が正式に決まりました。大阪で勤務するのは実に十数年振りの事で大変うれしいです!暫くは実家のある奈良から大阪に通う事になりそうです。













th_IMG_2856.jpg


今まで10回ほど転勤しましたが今回は長くなりそう(期待を込めて)です。仕事内容も大きく変わるので慣れるまで大変そうなのですが、大変やりがいのある仕事なので頑張って行きたいと思います。

















th_IMG_1066.jpg


金沢の家族は妻の仕事もあるので直ぐに移動するわけには行かず、暫くは離れ離れの状態が続きます。それでも片道ドアtoドアで5.5時間かかった静岡県に比べると遥かに気分的に楽になりました。また、今まで転勤続きでずっと実家を離れていたので、これから少しは親孝行が出来そうです。

これからは気軽に大阪・近畿圏の取材に出かけられるので、いままで以上に充実した記事作成を目指したいと思います。応援よろしくです!

関連記事
[ 2014/09/27 10:30 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(26)

JPタワー名古屋(名駅一丁目計画)の建設状況 14.09

th_IMG_5762.jpg




JPタワー名古屋(名駅一丁目計画)は、JR名古屋駅の北側にある、名古屋中央郵便局跡地に対する再開発事業です。計画地は約1.2万m2の広さがあり、地上40階、塔屋1階、地下3階、高さ約200m、延床面積約17.9万平米の超高層ビルが建設されています。新ビルには、オフィス、商業施設の他に、郵便局、バスターミナルが入居します。













th_IMG_5617.jpg


前回の撮影から約1年ぶりの取材です。久々に現地を訪れてみると、ビルがメチャクチャ成長していて驚きました。JPタワー名古屋は延べ床約18万㎡の超弩級の規模を持った超高層ビルとなります。












th_IMG_5772.jpg



【スペック】

名称:名駅一丁目計画(仮称)
所在地:名古屋市中村区名駅一丁目1番1号他
階数:地上40階、塔屋1階、地下3階(高層棟)、地上11階、塔屋2階、地下1階(低層棟)
高さ:195.74m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎 : -----
主用途:オフィス、商業施設、郵便局、バスターミナル
総戸数:------
敷地面積:12,177.50
建築面積:9,737.02
延床面積:179,950.88
建築主:日本郵政(株)、名工建設
設計者:日本設計
施工者:日本設計
着工:201306  
竣工:2015年11月末(予定)













th_IMG_5776.jpg



外装をアップで。予想よりも渋い色味です。外装ACWの取り付けも、かなり進んでいました。











th_IMG_5795.jpg



真正面から見た、JPタワー名古屋の様子です。











th_IMG_5803_20140926223938a68.jpg



北側から見た、JPタワー名古屋の様子です。




















th_IMG_51464.jpg



名古屋駅の太閤口側から見た、JRタワー名古屋の様子です。













th_IMG_5474_20140927112003c96.jpg



JPタワー名古屋とセントラルタワーズとの並びです。こりゃ完成時は凄い景観になりそうですね。













th_IMG_6023.jpg


名古屋の都心部は区画が碁盤の目の様に整然としている為、市内の各所からJPタワー名古屋が見える様になってきました。












th_IMG_5728.jpg


最後はミッドランドスクエアから見た、JPタワー名古屋名古屋ルーセントタワーを絡めたアングルです。

関連記事
[ 2014/09/27 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(1)

ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH 14.09

th_IMG_5133.jpg


ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTHは、長堀交差点の南西側にあった、「日産プリンス大阪販売 長堀店」の跡地に計画されている地上36階、地下1階、高さ:125.35mのタワーマンション建設計画です。以前は(仮称)中央区東心斎橋1丁目計画の仮称でご紹介しましたが、正式名称は、建築主である東急不動作とNTT都市開発の二社のマンションブランド名を合わせた、ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTHに決まりました。













th_IMG_5135.jpg



【スペック】

名称:ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH 
所在地:大阪市中央区東心斎橋一丁目50番1
階数:地上36階、地下1階
高さ:125.35m
構造:鉄筋コンクリート造
総戸数:246戸
主用途:分譲マンション
敷地面積:1,523.37m2
建築面積:912.10m2
延床面積:24,627.56m2
建築主:東急不動産、エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者:IAO武田設計
施工者:長谷工コーポレーション
着工:2013年10月(予定)  
竣工:2016年03月(予定)












th_IMG_5142.jpg


前回の撮影が2014年8月だったので約1ヶ月振りの取材です。今回現地を訪れてみるとタワークレーンが姿を表していました。













th_IMG_5153.jpg


南側から見た、ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH の建設現場の様子です。












th_IMG_5148_2014092623161506f.jpg






早くもタワークレーンが立ったブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH 。これからの鉄骨の成長が楽しみになってきました!
関連記事
[ 2014/09/27 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

KDDI大阪第2ビル新築工事 14.09

 th_IMG_4823.jpg



KDDI大阪第2ビル新築工事は、大阪市の副都心であるOBP(大阪ビジネスパーク)で計画されている、地上20階、高さ130.00mの超高層ビルです。このビルにはKDDIが国内最大級の電力供給能力を備えたデータセンター「TELEHOUSE OSAKA 2」を開設します。近年の大阪都心の開発計画は梅田〜中之島エリアに集中してる為、OBPで新しいビルが建設されるのは本当に久しぶりです。












th_IMG_4834.jpg


前回の撮影が2014年7月だったので約2ヶ月振りに取材です。かなり高くなってきました。


















th_IMG_4837.jpg



【スペック】

名称:KDDI大阪第2ビル新築工事
所在地:大阪市中央区城見二丁目2番72
階数:地上20階、塔屋2階
高さ:130.00m
構造:S造、一部SRC造(耐火構造)
杭・基礎 :---
主用途:通信局舎、オフィス
総戸数:---
敷地面積:13,223.30㎡(施設全体)
建築面積:2,800.00㎡
延床面積:52,000.00㎡
建築主:KDDI
設計者:大林組
施工者:大林組
着工:2014年03月中旬(予定)
竣工:2015年06月末日(予定)











th_IMG_4840_20140925230217d04.jpg


カーテンウォールの取り付けが始まっていました。













th_IMG_4845.jpg



最後は北西側から見た、KDDI大阪第2ビル新築工事の様子です。




関連記事