日生球場跡に建設中の「もりのみやキューズモールBASE 」の状況 14.10

th_IMG_7525.jpg


もりのみやキューズモールBASEは、東急不動産株森之宮にあった日本生命球場跡地に建設を進めている商業施設です。施設コンセプトは、“豊かに生きる、ココロ・カラダ特区”。カフェとキッズスペースを併設した「まちライブラリー」やトップアスリートで構成される「アスリートネットワーク」がパートナーとなるスポーツコンテンツを企画・実施されます。また、「もりのみやキューズモールBASE」は、東急不動産が展開するモール型ショッピングセンターの統一ブランド「キューズモール」の4番目の施設となります。


【出典元】
東急不動産ニュースリリース>
もりのみやキューズモールBASE 










th_IMG_7529.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2014年8月だったので約2ヶ月振りの取材です。この2ヶ月で工事が相当進み、建物全体のスケール感が掴める様になりました。この「もりのみやキューズモールBASE」の屋上には、商業施設としては全国初となる、屋上ランニングトラック「エアトラック」が設置されますが、エアトラックもハッキリと確認する事が出来ました。











th_IMG_7536.jpg


1周約300mのRUNNINGスペース、エアトラックの様子です。












th_IMG_7527.jpg


アップで見た、エアトラックの様子です。












th_IMG_7538.jpg



北側壁面の様子です。











th_IMG_7532.jpg


敷地西側の様子です。もりのみやキューズモールBASE は東西方向に高低差が有るため、地形を上手く活かした構造になっています。











th_IMG_7542_20141026111852f80.jpg


建設工事が進むもりのみやキューズモールBASE 。商業施設初となるランニングスペース「エアトラック」やフットサルコートなど、大阪城公園を走るランナーやスポーツを楽しみたい方の強力な援軍になりそうです。
関連記事
[ 2014/10/31 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(1)

損保ジャパン日本興亜名古屋ビル

th_IMG_6143_201410261920246a5.jpg


損保ジャパン日本興亜名古屋ビルは、名古屋市中区丸の内3丁目の桜通沿いに建つ地上20階、高さ80mの高層ビルです。旧称は、安田火災名古屋ビル。地元名古屋出身の有名な建築家黒川紀章が、名古屋では初めて設計した超高層ビルであることや、同社のメセナ事業である「損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール」があることでも有名です。











th_IMG_6161.jpg


【スペック】
名称:損保ジャパン日本興亜名古屋ビル
所在地:名古屋市中区丸の内3-22-21
階数: 地上20階、地下1
高さ:80m
構造S造、一部SRC造
杭・基礎
主用途:劇場・事務所・銀行
総戸数:
敷地面積:2,730.00 m²
建築面積:1,421.00 m²
延床面積:22,853.39 m²
建築主:安田火災海上保険(現・損害保険ジャパン日本興亜)
設計者:黒川紀章建築都市設計事務所
施工者:清水建設
着工:
竣工:1989年07月








th_IMG_6159.jpg


ビルの名称ですが、201491日の旧損害保険ジャパンと旧日本興亜損害保険の合併により誕生した損害保険ジャパン日本興亜の発足により現在の名称になりました。損保ジャパン日本興亜グループの名古屋での拠点が置かれているほか、オフィスフロアにはテナントが入居しています。








th_IMG_6133.jpg


損保ジャパン日本興亜人形劇場ひまわりホール日本初の企業による116人収容の人形劇専用劇場で、運営は地元東海地方のプロ・アマの人形劇団約150団体が作る「NPO・愛知人形劇センターが行っています。


















th_IMG_6177_20141026193609cf0.jpg 

最後は北西側から見損保ジャパン日本興亜名古屋ビルの様子です。
関連記事
[ 2014/10/31 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

th_001_20140226231438665.jpg


梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下4階、高さ約190m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。


【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)


【過去記事】
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07
阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース



 ■工事施行計画 
 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。 


 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 

 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 











大阪神ビルディング及び新阪急ビルは、幅20mの道路によって隔てられていますが、新ビルは公道(市道)をまたぐ形で、一体的なビルとして建設されます。 今まで、既存の公道上には、ビルを連絡する連絡通路の設置しか出来ませんでしたが、2011年に成立した改正都市再生特別措置法に基づく特例により、大都市の中心部で規制が緩和されました。











■ 百貨店ゾーン
新しくなる阪神百貨店(阪神梅田本店)の規模は現在と同程度て(延床面積: 約100,000m²)。フロア数は11層 (地下2階から地上9階まで)を計画。



■ カンファレンスゾーン屋上広場
道路上空を建築利用することで生まれる大空間を活用し、地上11階に約3,000 m²のカンファレンスゾーンを整備。カンファレンスゾーンを、“ビジネス情報発信の場”“国際的に活躍する人材育成の場”“多様な人材による交流の場”として 活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指す。

低層部分の屋上には、賑わいと交流の場を創出するために屋上広場を整備するとともに、都市環境の改善に資する屋上緑化等を行い、オフィスワーカーや来街者向けに ゆとりと潤いのある豊かな空間を形成。カンファレンスゾーン&屋上広場は、災害時には帰宅困難者の一時滞留スペースとしても活用、防災性の向上にも貢献。



■ オフィスゾーン
高層部分(地上11階~38階)に、最新の設備を備えた西日本最大規模の1フロア当たり面積約4,500m²の大型オフィスを整備。11階にスカイロビーが設けられ、地上部から大型エレベーターで直接アクセスが可能、 スカイロビーと百貨店ゾーンはエスカレーターで接続される。










th_IMG_8380.jpg


現地の様子です。これまでは、本格的な建て替え工事を始める為の準備工事が行われており、外観上の変化はあまりない状態た続いてきましたが、今回取材してみると、新阪急ビル側で大きな変化がありました。












th_IMG_8354.jpg


新阪急ビルの周辺は仮囲いで取り囲まれており、建物周辺には防護壁の取り付けが始まっていました!いよいよ本格的な解体工事が始まる様です。










th_IMG_8337_20141026132401af5.jpg

新阪急ビル北側の様子です。こちらも防護壁の取り付けが始まっています。仮囲いには竹中工務店のロゴマークが。










th_IMG_8344.jpg

御堂筋側の歩道にも大きな変化がありました。工事車両の出入りの為に歩道の一部が大きく空けられています。










th_IMG_8358_20141026132359ffd.jpg


歩道の一部が閉鎖された為、新阪急ビルの外回廊が仮設通路として区分されていました。これから工事が進むにつれて、何回も動線の切り替えが行われる事になります。










th_IMG_8387.jpg





ついに本格的な解体工事が始まった新阪急ビル。阪神百貨店の建て替えは浮かんでは消える蜃気楼の様な計画で、半ば半信半疑の状態で構えてきましたが、こうやって解体工事が始まった様子を見ると、いよいよ現実感が出てきました。これからの変化を見逃さないように追跡取材を続けて行きたいと思います。
関連記事
[ 2014/10/30 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

十六銀行名古屋ビル

th_IMG_6115.jpg


十六銀行名古屋ビルは、名古屋市中区錦三丁目の桜通沿いに立つ、地上15階、高さ88mの高層ビルです。岐阜に本店を置く十六銀行が建築主で、同行の名古屋支店や日本IBMの名古屋事業所などが入居しています。竣工は1994年と意外に古く名古屋市内で建設された高層ビルの中でも古株のビルです。








th_IMG_6117.jpg


【スペック】
名称:十六銀行名古屋ビル
所在地:名古屋市中区錦三丁目1-1
階数: 地上15階、地下2階建
高さ:88m
構造S造、一部SRC造
杭・基礎
主用途:事務所・銀行
総戸数:
敷地面積:2,016.55m²
建築面積:1,325.25m²
延床面積:20,547.05m²
建築主:十六銀行
設計者:日建設計
施工者:清水建設
着工:
竣工:1994年02月












th_IMG_6120.jpg

正面から見た十六銀行名古屋ビルの様子です。









th_IMG_6127_201410261903068c2.jpg


北東側から見た十六銀行名古屋ビルの様子です。









th_IMG_6126_201410261903051a6.jpg



最後は引き気味のアングルで見た、‪十六銀行名古屋ビル‬と桜通沿いに立ち並ぶ高層ビルの様子です。
関連記事
[ 2014/10/30 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

最新・最旬・最高を謳うグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」は2014年10月31日AM10:00ににオープン!

th_IMG_8297.jpg



ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)は、茶屋町にあった同社の旧本社ビルを解体し、跡地に新しい複合オフィスビルを建設する、ビルの建替え計画です。2013年1月29日に新本社ビルの起工式が行われ、本体新築工事が着手されました。新本社ビルは阪急梅田駅の東側に隣接した約 2.2haに対する再開発計画「茶屋町地区地区計画」の旧ヤンマー本社ビル跡(A-1地区、面積約0.6ha、容積率800%)に建設されます。
【過去記事】
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.09
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.08
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.07
ユニクロが、建設中のヤンマーグループ新本社ビル(仮称)に国内3店舗目のグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」を出店する事を発表
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.05
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.04
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.02
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)14.01
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)13.10
ヤンマーグループ新本社ビル(仮称)13.07
ヤンマーグループ新本社ビル、本体新築工事に着手!
茶屋町地区地区計画 12.12














th_IMG_8289.jpg



このヤンマー新本社ビルには、
日本国内3店舗目となるグローバル旗艦店「UNIQLO OSAKA」が出店します。大阪では「ユニクロ 心斎橋店」に次ぐ2店目で、国内では3番目のグローバル旗艦店となります。ユニクロのグローバル旗艦店は世界に向けたショーケースと位置づけられる特別な店で、観光や仕事で大阪に来られた世界中のお客様に最新・最旬・最高のユニクロを発信する役割を担っています。

日本初のグローバル旗艦店は心斎橋店で2010年10月にオープンしており、2年後には東京・銀座に2店舗目を出店、今回梅田に3店舗目を出店する事になりました。


■グローバル旗艦店

① 2006年11月 NY ソーホー ニューヨーク店(アメリカ)
② 2007年11月 オックスフォード 311 オックスフォードストリート店(イギリス)
③ 2009年10月 パリ オペラ店(フランス)
④ 2010年05月 上海 南京西路店(中国)
⑤ 2010年10月 大阪 心斎橋店
⑥ 2011年09月 台北 明曜百貨店(台湾)
⑦ 2011年10月 NY ニューヨーク5番街店(アメリカ)
⑧ 2011年11月 ソウル 明洞中央店(韓国)
⑨ 2012年03月 東京 銀座店
⑩ 2013年05月 香港 リー・シアター店(中国)
⑪ 2013年10月 上海 UNIQLO SHANGHAI店(中国)
⑫ 2014年04月 ベルリン タウエンツィーン店(ドイツ)
⑬ 2014年10月 大阪 UNIQLO  OSAKA














th_IMG_8294_20141026114334898.jpg



UNIQLO OSAKAでは、日本語・英語・中国語・韓国語の4カ国語に対応できるスタッフに加え、約120坪のキッズとベビーの専門売場に幼稚園教育免許などを持つスタッフを配置。4階には自分でデザインしたイラストをその場でプリントできる「UTme!」も体験可能な、1年を通してユニクロのTシャツ「UT」を販売する関西初の「UT」フロアも設置されます。売場面積は地上1~4階の約890坪で営業時間は11~21時です。












th_IMG_8298_2014102611433766b.jpg


東西道路の各幅工事の様子です。この道路の幅は5.5mから12mに拡幅、電柱電設が埋設され美装化も行われました。以前と比べると見違える様です。












th_IMG_8304.jpg


ヤンマーグループ新本社ビルの北西側にあるオープンスペースの様子です。ここのスクランブル交差点はいつも混雑していますが、このオープンスペースが出来ると幾分の余裕が生まれそうです。












th_IMG_8307.jpg


UNIQLO OSAKAのストアコンセプトは「大阪最高のユニクロは、世界最高のユニクロだ。」中々挑戦的なキャッチですね。












th_IMG_8310.jpg



窓越しにはマネキンがズラリと並んでいる様子が見て取れました。最新・最旬・最高を謳うUNIQLO OSAKAは、どんなVMD(ビジュアル・マーチャンダイジング)を見せてくれるのでしょうか。










th_IMG_8279_201410261143328bf.jpg


建物周辺には植栽も行われました。














th_IMG_8315_20141026114318a85.jpg


こちらの看板にはトータス松本さんの姿が。













th_IMG_8317.jpg


おお!連続テレビ小説マッサン』のヒロイン、シャーロット・ケイト・フォックスさんの姿も。













th_IMG_8320.jpg


敷地の南西角にはヤンマーの新ロゴを形どったオブジェが。同社の社名は、豊作の象徴であるトンボの親玉「ヤンマトンボ」のヤンマを取り、しかも創業者の山岡孫吉の「山岡」という姓にも近いということで、1921年に社名を「ヤンマー」としたそうです。












th_IMG_8276_201410261143468f4.jpg


オープンが迫るUNIQLO OSAKA。ヤンマー新本店ビルの完成と同店の出店により、茶屋町界隈のにぎわいは一層増すことになりそうです。また、グローバル旗艦店の出店により、ここの通りがステータス性を持つようになるにではないでしょうか。そうすれば、他の海外ファッションブランドが集まってくるかもしれません。個人的にはアップルの路面店「アップルストア梅田」の出店を妄想しています・・・。










関連記事
[ 2014/10/29 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

名古屋東京海上日動ビルディング

th_IMG_6101.jpg


名古屋東京海上日動ビルディングは、名古屋市中区丸の内2丁目に建設された、地上15階、高さ77.1mのオフィスビルです。1973年竣工の旧名古屋東京海上日動ビルディングの建て替えにより誕生しました。旧ビル(タキヒヨー丸の内ビル)は地上25階・高さ85mで、完成当時は名古屋で最も高いビルでしたが老朽化のため、2010年に解体され新ビルに建て替えられました。高さ80m以上の高層ビルが解体されるのはまだ珍しく、名古屋市内では初のケースとなりました。















th_IMG_6106.jpg




【スペック】
名称:名古屋東京海上日動ビルディング
所在地:名古屋市中区丸の内2丁目20番19
階数: 地上15階、地下2階建
高さ:77.1m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :
主用途:事務所・店舗・駐車場
総戸数:
敷地面積:4,207.90㎡
建築面積:2,294.33㎡
延床面積:35,800.63㎡
建築主:東京海上日動火災保険
設計者:三菱地所設計
施工者:竹中工務店、大林組、清水建設、鹿島建設、戸田建設JV
着工:2011年07月
竣工:2013年06月








th_IMG_6096.jpg


正面から見た、名古屋東京海上日動ビルディングの様子です。











th_IMG_6100_20141026183421485.jpg


低層部の様子です。高層部のカーテンウォールと対比させ、低層部外壁には部分的にタイルとテラコッタルーバーを採用。多目的ホール、ギャラリーを配置した低層階の屋内外には地場素材がふんだんに使用され、タイルはそれら素材との景観調和を配慮しています。











th_IMG_6093_20141026183419bbf.jpg


名古屋東京海上日動ビルディング。規模は中規模程度のビルですが、外構を含めたた作り込みが丁寧で非常に高級感を感じさせるビルでした。


関連記事
[ 2014/10/29 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.10

th_IMG_7597.jpg


JR西日本は2013年12月24日発表のプレスリリースで大阪環状線を大規模にリニューアルする「大阪環状線改造プロジェクト」を開始すると発表しました。同社が今年度から推進している中期経営計画2017において、「近畿エリアの価値を磨く」という事業戦略を掲げており、大都市圏である近畿エリアにおいて線区価値を向上し、都市の魅力を磨いていくことを宣言しています。その中でも、大阪環状線は新たな重点線区と位置づけられており、概ね平成29年度末までに、安全性のさらなる向上、環状線全体の総合的なブラッシュアップが行われます。



大阪環状線改造プロジェクトでは、

①駅美装・改良
②駅構内及び高架下の開発リニューアル
③車両新製
④地域や他交通事業者
との連携


の4つを重点施策とし、駅や周辺地域の特性を踏まえ、徹底して線区全体のイメージアップを図ることで、大阪環状線を「行ってみたい」「乗ってみたい」線区に改造し、地域と共に、大阪の活性化を目指します。


【過去記事】
大阪環状線改造プロジェクトー大阪城公園駅リニューアル工事 14.07


【関連記事】
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.09
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.08
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事(案内サイン編) 14.08
JR西日本が近畿エリアと広島エリアの各路線名をアルファベットで表現する「路線記号」を導入!
大阪環状線改造プロジェクトの第一弾、森ノ宮駅改良駅舎の外観イメージが決定!
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.07
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.06
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.05
大阪環状線改造プロジェクトー森ノ宮駅リニューアル工事 14.04
環状線の大規模リニューアル計画「大阪環状線改造プロジェクト」がスタート!











th_IMG_7617_20141026125728a41.jpg


森ノ宮駅と同じく大型のインフォメーションボードが設置される様です












th_IMG_7601.jpg


インフォメーションボードには駅名票・時刻表・路線図・構内図などホーム上に散在していた情報が1箇所に集約さます。余白部分には個性を演出する為、大阪城天守閣が描かれています。














th_IMG_7609.jpg


ホーム壁面の様子です。森ノ宮駅と同じパターンに塗装されています。また、ホーム床には混雑時に旅客をホーム奥に誘導する為の青色のサインが取り付けられました。大阪城公園駅は、森ノ宮駅とは異なり床材の張替えはしないようですね。










th_IMG_7620.jpg



ホームから改札階に向かう階段の様子です。天井、壁面が再塗装され明るい雰囲気になりました。こちらも床材の張替えは無い様な気がします・・。










th_IMG_7638.jpg


改札階から見た階段付近の様子です。アーチ状の案内サインが新たに取り付けられていました。











th_IMG_7642_20141026125719370.jpg


改札内コンコースの様子です。トイレのリニューアルが行われ、案内サイン類も一新されています。ただ、床材の従来のままなのでリニューアルされた感は、あまり感じません。











th_IMG_7631.jpg


天井の様子です。照明は蛍光灯型のLEDユニットに換装されています。また天井の再塗装も行われました。











th_IMG_7626_20141026125730008.jpg


改札口付近の様子です。自動改札機が更新され床材も張り替えられたので真新しい印象です。











th_IMG_7651.jpg


一気に撮影ポイントを変えて、大阪城公園駅のエントランス付近の様子です。こちらも再塗装が行われています。











th_IMG_7653.jpg



最後は玉造筋をまたぐデッキ下の様子です。こちらも再塗装工事が行われていました。

関連記事
[ 2014/10/28 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(3)

レクサス初のコンパクト・クロスオーバーSUV「NX」

th_IMG_6350.jpg


レクサス NXは、2013年のフランクフルト・モーターショーと東京モーターショーに出展されたコンセプトカー「レクサス LF-NX」の市販モデルとなる、レクサス初の コンパクト・クロスオーバーSUVです。コンセプトは「Premium Urban Sports Gear」。「高性能とクールなデザインが融合した"Sports Gear"として、都市ユースにも 合った環境時代のSUVを提案」しています。














th_IMG_6339.jpg


グレードはハイブリッドモデルのNX300h、レクサス初となるターボモデルのNX200t2つが用意され、それぞれFFまたはAWD、バーションは標準仕様、「I Package」「Version L」「F SPORT」の4種が用意さています。















th_IMG_6317_20141026170903aaf.jpg

北米でのレクサスの躍進の原動力となったのがRXです。初めての高級『クロスオーバー』車、プレミアムSUV車というジャンルを切り開いた立役者で、北米でのレクサスブランドを比類ない存在に高める事に成功しました。そして、RXの弟分と言えるNXが満を持して登場しました。













th_IMG_6326.jpg



フロントマスクの様子です。レクサスブランドを体現するスピンドルグリルは、先日ご紹介したRCと共に、非常にしっくりとハマっています。













th_IMG_6342.jpg



ヘッドライト付近の様子です。L字型のポジションランプとヘッドライト内部に埋め込まれた3つのライトが独特の雰囲気を醸し出しています。













th_IMG_6348.jpg


リアの様子です。非常に端正で上品な印象です。











th_IMG_6356.jpg



インテリアの様子です。マテリアルの質感は相当高く、仕立ての良さがひしひしと伝わってきました。









th_IMG_6358_2014102617090261b.jpg


センターコンソールのデザインが相当凝っています。今までのレクサス車のインテリアデザインとは一線を画する思い切ったデザインに仕上がっています。










th_IMG_6345_2014102617084384a.jpg


NXのインテリアは、退屈だった旧世代のレクサス車とはまるで別物に仕上がっており、少し色気が出てきた感じがします。










th_IMG_6324_2014102617084158a.jpg


コンパクト・クロスオーバーSUV「NX」。上位モデルのRXは日本では大きすぎるので、手頃なサイズ感で高級感のあるNXは、おそらくバカ売れすると思います。

関連記事
[ 2014/10/28 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(1)

解体工事が進む交通科学博物館で新幹線0系を発見!

th_IMG_8072.jpg


交通科学博物館は、大阪市港区波除3丁目のJR弁天町駅高架下にあった、交通・科学に関する博物館です。大阪環状線全通記念事業として1962年(昭和37年)121日に開館しました。開館以来52年の月日を重ねてきた交通科学博物館ですが、JR西日本が2016年春をめどに、京都市下京区にある梅小路蒸気機関車館を拡張する形で新たな鉄道博物館「京都鉄道博物館」を建設する事になり201446日に交通科学博物館は閉館しました。


【関連記事】
JR西日本、国内最大規模の鉄道博物館「京都鉄道博物館」を着工!


※きんどーちゃんさんから情報を頂きました。ありがとうございました!








th_IMG_8077.jpg



現地の様子です。展示物の撤去及び施設の解体工事が進んでいます。
※全て敷地外からハイアングルで撮影しました












th_IMG_8084.jpg



北東側から見た、交通科学博物館の様子です。












th_IMG_8127.jpg



北西側から見た様子です。屋外展示のDF50、DD13と高架線を行く221系リニューアル車の並びです。












th_IMG_8128_201410261356377dc.jpg


西側の様子です。













th_IMG_8135_20141026135639ee1.jpg


そして、発見したのが・・・。
新幹線0系!建物の解体が進み、屋外に出ていました!













th_IMG_8132.jpg


まさか、弁天町駅で新幹線に出会うことになるとは・・・。













th_IMG_8142.jpg


外回りホームのエスカレーターを上がった所の小窓から見た様子です。駅と高速道路に挟まれた場所にひっそりと佇む0系がなんとも言えない雰囲気を醸し出しています。













th_IMG_8140.jpg



解体工事が進む交通科学博物館。同館の展示物は京都鉄道博物館に移設されるので、この0系も近々搬出されるのではないでしょうか。また、交通科学博物館跡地の利用計画も気になる所です。大阪環状線改造プロジェクトに伴い商業施設を含む新ビルが建設されると思いますが、どんなビルが建設されるのでしょうか。

交通科学博物館は僕にとって特に思い入れのある場所でした。小学校1年の時に遠足で行って、その、あまりの楽しさに翌週の週末に奈良の最寄り駅から小遣いで切符を買って一人で行って、帰りの駅で叔母さんに見つかり「一人で弁天町に行ってきた」事がバレこっぴどく叱られた事を思い出しました。その後、中学生、高校生、社会人になっても、数年に1度は遊びに来ていました。

思い入れのある場所が無くなった事は、なんとも寂しい限りですが、京都に開館する新博物館がその役割を引き継いでくれる事でしょう。そんな事を考えていると、急に自分の子供も京都の鉄道博物館を見せて上げたくなりました。
















関連記事
[ 2014/10/27 00:00 ] 大阪都心 弁天町/西九条 | TB(0) | CM(1)

三井住友銀行名古屋ビル

th_IMG_5911_201410261745375ca.jpg


三井住友銀行名古屋ビルは、名古屋市中区錦2丁目の広小路通と錦通に面する地上16階、高さ74.7mのオフィスビルす。2階に三井住友銀行名古屋支店、3階以上にテナントが入居し、1階はコーヒーショップをはじめとする商業系店舗が入居、広小路通の商業活動活性化にも貢献する計画なっています。











th_IMG_5910.jpg



【スペック】
名称:‪三井住友銀行名古屋ビル
所在地:愛知県名古屋市中区錦2-18-19
階数: 地上16階、塔屋2階、地下2階
高さ:74.7m
構造:RC造、SRC造及びS造
杭・基礎 :
主用途:事務所・店舗・駐車場
総戸数:
敷地面積:3,183.42m2
建築面積:2,511.18m2
延床面積:29,392.56m2
建築主:住友信託銀行、三井不動産
設計者:日建設計
施工者:ジェイアール東海建設
着工:1999年03月
竣工:2001年02月













th_IMG_5964.jpg


敷地には大正15年創建の住友銀行名古屋ビルがありましたが老朽化と耐震性能上の問題から、存続が困難となり建替えになりました。新ビルは都市景観整備地区に調和する建物として創建当時のデザインイメージを継承、外装を花崗石張りとし、低層部は旧ビル以来親しまれたアーチ窓を連続させ、キーストーンを復活させました。高層部は、低層部と一体感のあるデザインとし、建物全体が調和する様に配慮されています。










th_IMG_5905.jpg


外装ファザードは大正15年に竣工した旧ビルのデザインを模しています。










th_IMG_5897.jpg


低層の近代建築は三井住友銀行名古屋支店です。










th_IMG_5971_20141026174547560.jpg



最後は引き気味ののアングルで見た、三井住友銀行名古屋ビルの様子です。






関連記事
[ 2014/10/27 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)