新南海会館ビル(仮称)14.11

th_P1150448.jpg




新南海会館ビルは、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。













th_IMG_6465.jpg



現地に掲示されていた配置図を撮影し、新南海会館ビルの位置を加筆した見取り図です。ピンク色の箇所に新南海会館ビル(仮称)が建設され、既存のスイスホテル南海とはT字型に配置されます。














th_P1150454.jpg



【スペック】
名称:新南海会館ビル(仮称)
階数:地上29階  地下2階 
高さ:約154m 
延床面積:約78,000m2
建物構成 :オフィス、ホール・カンファレンス、商業・サービス施設 
着工予定:2016年春  ※設備移設等の関連工事は2011年7月より着手済み 
竣工予定:2019年春 












th_P1150459.jpg


神高速側、西側から見た様子です。前回の撮影が2014年7月だったので約4ヶ月振りの取材です。前回に比べると解体工事が進み、仮囲いの高さが若干低くなりました。












th_P1150465.jpg


こちらは南海難波駅側から見た様子です。














th_P1150468.jpg


こちら側からも解体工事の様子が見て取れる様になりました。













th_P1150464.jpg


スイスホテル南海のエントランスも微妙に移動していました。













th_P1150452.jpg


南海会館の解体工事。外から見た感じではあまり変化が無いように思えますが、よく目を凝らして見ると着実に工事が進んでいました。
関連記事
[ 2014/11/30 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

JR京都線-茨木駅東口駅前広場改良工事 14.11

0002.jpg


JR京都線-茨木駅は、島式ホーム24線に待避線2線をもつ地上駅で2012年度の乗降客数は88,638人/日。JR西日本では17位の利用客数で、新快速が通過する単独駅の中では最も乗降客が多い駅です。JR茨木駅の近くにあった、サッポロビール大阪工場跡、約12万平米の敷地に
立命館大学が大阪茨木新キャンパス の建設を進めており、今後、大幅な利用客数の増加が見込まれています。








0001_2013121222103703e.jpg 


茨木市は、立命館大学の新キャンパスの建設に合わせるかの様にJR茨木駅東口駅前広場の大規模な改良工事を進めており、同駅東口駅前広場のイメージは完全に一新される事になります。

現地の様子です。前回の撮影から約3ヶ月振りの取材です。久々に現地を訪れてみると、半円を描く特徴的なデッキの形状が見て取れる様になっていました!








th_P1150364.jpg

歩行者デッキと言うよりは、円形をしたビルの様に見えます。







th_P1150368.jpg


新しい駅前広場には半円を描いた大規模なペデストリアンデッキが整備され、上下方向のエスカレーターが3箇所、エレベーター1機(既存と合わせて合計2機)が新設設置され、バリアフリー化が図られます。








th_P1150371.jpg


茨木駅東口の歩行者デッキの建設は順調に進んでいました。
関連記事
[ 2014/11/30 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

新港第一突堤で建設工事が進むラスイート社の天然温泉付きの和風ホテルの状況 14.11

th_IMG_8853.jpg


神戸港の新港第1突堤は、三宮駅から南に約1km、メリケンパークなどがある中突堤の東隣に位置の所にある神戸港最古の突堤で、貨物船の大型化により荷揚げ場としての役割を失い、2005年から遊休地になっていました。神戸市は、都心に隣接する新港第1突堤用地を活用し、新規施設を企画・建設・経営する事業者を公募し、ホテル ラ・スイートハーバーランドを運営する(株)ラスイートを選定しました。新施設の開業は2015年11月を予定、総事業費は約75 億円です。


【過去記事】
新港第一突堤にラスイート社が進出 、天然温泉付きの和風ホテルを建設













001_20130411101746.jpg 

【出典元】→神戸市HP>都心・ウォーターフロント 新港第1突堤用地 事業者の決定>
位置図・完成予想図(PDF)
神戸市のHPからお借りした完成予想パースです。新施設の計画地は2万7479m2の広さで、ホテル(88室、レスト ラン、最上階露天風呂など)、健康増進施設(天然温泉浴場、プール、フィットネス、レストランなど)、国際コンベンションホールなどからなる12階建ての 複合施設が建設されます。ホテルは、全室オーシャンビューを確保。周辺には緑を多く配して遊歩道を整備し、べンチや東屋、足湯、街灯やイルミネーション を設置するなど昼夜間のにぎわいを創出する計画です。










th_IMG_8912.jpg



現地の様子です。写真の箇所にはコンベンション施設が建設されています。










th_IMG_8970.jpg


【スペック】
階数:地上12階、地下1階
高さ:
客室数:88室
敷地面積:2万 7479mm2
延床面積:2万980m2

  ◇ホテル:9,680m2(客室88室、レストラン、最上階露天風呂な ど)
  ◇健康増進施設:3,010m2(天然温泉浴場、プール、フィットネス、レストランなど)
  ◇国際コンベンションホール:3,470m2
駐車場:374台

所在地:神戸市中央区新港町











th_IMG_8982.jpg



新ホテルは、天然温泉付きの和風ホテルで、客室数は88室。広さ70m2以上が18室、スタンダードタイプでも50m2程度の広さがあり、全室がオーシャンビューと展望露天風呂を完備し、畳スペースが設けられます。温泉は現地で地下1キロまで掘ってくみ上げる計画です。平均宿泊料金は1泊2食付きで1万5000円(1人?)を想定しています。新ホテルのコンセプトは、以前ご紹介した
京都嵐山温泉 絹の湯 花伝抄(かでんしょう)に近い気がします。










th_IMG_8699.jpg

新ホテルが建設される新港第一突堤付近の様子です。新港第一突堤は、神戸市の都心部と近接するウォーターフロントの立地ですが、市外地とウォーターフロントは物流倉庫群や阪神高速や国道2号線などで分断されています。新港第一突堤の再開発の入札件数が少なかった理由として、都心部から近くて遠い立地に原因があるのではないでしょうか。。











th_IMG_8700.jpg


ラスイート社が進出し、再開発が始まる新港第一突堤。この開発を皮切りに神戸市は「海と街が分断されている」、現在の問題点を解消して行って欲しいです。地道に改善を行なってゆけば、神戸は、かなりいい所まで行けると思います。今後の取り組み期待したいですね。






関連記事
[ 2014/11/29 00:00 ] 兵庫県 神戸 | TB(0) | CM(2)

ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH 14.11

th_P1150441.jpg


ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTHは、長堀交差点の南西側にあった、「日産プリンス大阪販売 長堀店」の跡地に計画されている地上36階、地下1階、高さ:125.35mのタワーマンション建設計画です。以前は(仮称)中央区東心斎橋1丁目計画の仮称でご紹介しましたが、正式名称は、建築主である東急不動作とNTT都市開発の二社のマンションブランド名を合わせた、ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTHに決まりました。














th_P1150425.jpg



【スペック】
名称:ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH 
所在地:大阪市中央区東心斎橋一丁目50番1
階数:地上36階、地下1階
高さ:125.35m
構造:鉄筋コンクリート造
総戸数:246戸
主用途:分譲マンション
敷地面積:1,523.37m2
建築面積:912.10m2
延床面積:24,627.56m2
建築主:東急不動産、エヌ・ティ・ティ都市開発
設計者:IAO武田設計
施工者:長谷工コーポレーション
着工:2013年10月(予定)  













th_P1150427.jpg


前回の撮影が2014年11月だったので約3ヶ月振りの取材です。今回現地を訪れてみると躯体が地上にが姿を表していました!











th_P1150431.jpg


最後は、南東側から見た、ブランズタワー・ウェリス心斎橋NORTH の建設現場の様子です。

関連記事
[ 2014/11/29 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

JR新大阪駅コンコース改良工事 14.11

th_P1150395.jpg


新大阪駅では、東海道新幹線の新ホーム建設、おおさか東線乗り入れに合わせた在来線ホームの増設、駅北側に新大阪阪急ビルが建設されるなど、当駅開設以来の大規模な改良工事が行われおり刻一刻とその姿を変えつつあります。現在は在来線ホームの玉突きリニューアル工事及び在来線改札内外コンコースのリニューアル工事が行われています。













th_P1150399.jpg


改札内コンコースの様子です。長らく天井を覆っていた仮設の天井が取り払われ、改装済みのエリアが一気に広がりました!













th_P1150402.jpg


在来線東改札口付近の様子です。改札内コンコースの改装が進んだ為、また雰囲気が変わりました。













th_P1150404.jpg


自動改札機と発車標の様子です。














th_P1150406.jpg


最後は引き気味のアングルで見た、在来線東改札口付近の様子です。
関連記事
[ 2014/11/28 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(0)

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.11

th_P1150394.jpg


おおさか東線新大阪駅構内改良工事は、 2008年3月に放出~久宝寺間が部分開通した、おおさか東線の新大阪駅延伸に伴い進められている在来線ホーム等の改良工事です。新大阪駅在来線ホームは先に改良工事が行われた大阪駅と同様に玉突き方式で ホームの改良が行われています。まず最初に既存の17、18番ホームの東側に増設ホームを新設、17、18番線の機能を増設ホームに移転させ、空いた旧ホームのリニューアルを一気に行います。この方式で在来線ホームを東側から順番に玉突きでリニューアル工事が進められています。現在は2回めの玉突きとして旧15,16番線を閉鎖して改良工事が行われています。



【過去記事】
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.10
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.05
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.01

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.02
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.12
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.08
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.06
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.03
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.01
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 11.11
■追跡取材リスト














th_P1150386.jpg


改装工事中の旧15,16番ホームの様子です。前回までホームを覆っていた養成ネットが取り払われ、ホーム上の様子が良く分かるようになりました!












th_P1150384.jpg



ホーム中央付近にあるエスカレーターの様子です。












th_P1150382.jpg


増設ホーム大阪側の様子です。階段付近は樹脂モルタル仕上げになっています。












th_P1150376.jpg


上屋にLED照明が取り付けられています。













th_P1150375.jpg


大阪側の様子です。軌道の仕上げも進んでいます。













th_P1150390.jpg



最後は京都側の様子です。新大阪駅在来線ホームの改良工事ですが、旧15.16番ホームの改装工事が完成間近になっており、近々3回めの玉突き切り替え時期が発表されると思います。
関連記事
[ 2014/11/28 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(3)

JR京都線-高槻駅改良計画 14.11


th_P1150346.jpg


JR西日本は、2013年4月17日発のプレスリリースにて、「高槻市および弊社との間で、高槻駅の安全性と快適性の向上を図ることを目的としたホーム改良に関する協定を締結した」と発表しましました。駅改良工事の内容は、ホーム新設工事 ・乗換通路工事 ・支障移転工事となっており、概算事業費は約48億円、2016年春に供用を開始する予定です。
























th_IMG_3516.jpg



JR高槻駅の2011年の乗降客数は123,542人/日。これは、JR西日本の中で第10位の利用客数ですが、利用客数が多い割にホーム幅が狭く朝夕のラッシュ時は大変混雑している状況です。今回の改良工事では、ホームの無い1番線(上り外側線の待避線)と8番線 (下り外側線の待避線)を廃止し、その跡地に新快速用のホームを増設し、現在1番・4番のりばを供用いしている快速・新快速を分離させる事で、ダイヤ上のボトルネックの解消と混雑緩和が図られます。












th_IM2G_3518.jpg


現地に掲示されていたパネルに描かれていた完成予想パースです。増設ホームの有効長は260m、幅員は4〜6mとなっています。














th_P1150350.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2014年8月だったので約3ヶ月振りの取材です。久々に現地を訪れてみると、早くも増設ホームの一部が姿を表し始めていました!












th_P1150351.jpg


真横から見た増設ホームの様子です。上屋をささえる柱も見て取れます。












th_P1150353.jpg


反対側から見た増設ホームの様子です。












th_P1150355.jpg


橋上駅舎付近の様子です。この辺りに橋上駅舎から増設ホームに繋がる連絡通路が設けられます。












th_P1150361.jpg


橋上駅舎から見た、増設ホームの様子です。ホーム幅はこんな感じで意外に奥行きがあります。












th_P1150358.jpg


駅改良工事が本格化したJR高槻駅。先日のJR西日本の発表で、茨木駅に新快速を停車させる計画が明らかになりました。高槻駅の増設ホームが完成するとは混雑は大幅に緩和されそうですが、新快速→普通などのホーム上での緩急接続は出来なくなります。その変わりに新快速を茨木駅に停車させ、緩急接続の機能を移転させる様です。
関連記事
[ 2014/11/27 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(0)

クラッシィタワー南船場 14.11

th_P1150410.jpg


クラッシィタワー南船場は、中央区南船場1丁目に計画されている地上31階、高さ102mのタワーマンションです。計画地は内外衣料製品(シルバーオックス)の 旧本社ビルの跡地で住友商事が2011年8月に取得しました。クラッシィタワーは住友商事が展開するタワーマションのブランド名で、近畿エリアではこのクラッシィタワー南船場が初展開となります。





















th_P1150411.jpg



【スペック】

名称:クラッシィタワー南船場
階数:地上31階
高さ:102.32m※軒高
構造:RC造
主用途:分譲共同住宅
総戸数:146戸
敷地面積:1,192.18m2
建築面積:557.59m2
延床面積:16,306.10m2
建築主:住友商事
設計者:IAO竹田設計
施工者:鹿島建設
着工:2012年12月(予定)
竣工:2015年03月(予定)













th_P1150414.jpg


前回の撮影が2014年9月だったので約2ヶ月振りの取材です。撮影時点では目測で地上30階付近を構築している所でした。












th_P1150416.jpg


北西側から見たクラッシィタワー南船場の様子です。












th_P1150423.jpg



最後は北側から見たクラッシィタワー南船場の様子です。
関連記事
[ 2014/11/27 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(0)

那覇空港の沖合に2本目の滑走路を新設する那覇空港滑走路増設事業の状況14.11

th_002_201411242228332a8.jpg


那覇空港滑走路増設事業は、日本の南の空の玄関である那覇空港の沖合約160haを埋め立て、現滑走路から1,310mの位置に、長さ2,700m、幅60mの滑走路1本を増設する空港の拡張工事です。滑走路増設事業の総事業費は約1993億円で、年間発着枠は現在の約13.5万回から約18.5万回に増加する見通しです。現在の那覇空港は3000メートル滑走路1本を旅客機と貨物機、自衛隊機が共用しており、観光シーズンなどは混雑や遅延が目立ち容量が限界に近づいていました。


【出典元】
内閣府>沖縄総合事務局>那覇空港プロジェクト












th_001_20141124222835dcd.jpg


那覇空港の第2滑走路と既存の滑走路は間隔が1310mあるオープンパラレル配置の為、双方の滑走路で同時に離発着が可能です。今回増設工事後の年間発着数は約18.5万回とされていますが、連絡誘導路やターミナルビルなど、各種空港施設を整備する事で、将来的には20万回以上の発着も可能になると思います。また、第二滑走路は、着陸直後に、すぐに滑走路から逃げる高速脱出誘導路が採用されています。












th_P1150576.jpg


現地の様子です。第二滑走路は起工式は201431日に行われ既に工事が始まっています。第二滑走路は201912月に完成予定、翌20203月末の供用開始を計画しています。












th_P1150570.jpg


那覇空港は日本の主要都市や中国・韓国、ASEAN諸国の約20億人の市場の中心に位置し、エリア内の各都市からの貨物を中継する絶好の地理的条件に加え、24時間運用可能な事、今回ご紹介している第二滑走路の建設などインフラ整備も進んでいます。


この那覇空港の優位性に目をつけたANAホールディングスは、
那覇空港を基点に日本とアジアの主要都市を航空貨物便ネットワークで結ぶ、スピード輸送モデル「ANAが進める沖縄ハブ構想」を進めており、運用5年目を迎える沖縄貨物ハブ事業は、今年1月に青島線、3月に広州線に就航し、5月には新たにシンガポール線を開設、沖縄からの貨物便就航都市は海外8地点、国内4地点の計12地点となっています。

また、宅配便大手の
ヤマト運輸はこのネットワークを活用して、同社の「国際宅急便」と「国際クール宅急便」をアジアへ最短翌日配達するほか、製造業や小売業界向けの高付加価値物流サービスも展開していく計画を進めています。


那覇空港は、東アジアの中心に位置する那覇空港は、国際航空貨物の分野で急成長する可能性を秘めており、
ANAやヤマト急便といった革新的なビジネスモデルを作り出してきた企業が注目している事からも、その実現性は十二分にあると思います。沖縄への経済振興策として国が沖縄ハブ構想をバックアップすれば、東京に集中しすぎて捌き切れない貨物を那覇空港がカバーする事が出来、東京の容量アップにも繋がるのではないでしょうか。

関連記事
[ 2014/11/26 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(3)

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11

001_201406252324386a9_201410132017512c0.jpg





三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。


【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました


















th_P1150291.jpg


前回の撮影から約1ヶ月振りの取材です。今回現地を訪れてみると建物周辺が仮囲いに覆われており、本格的な解体工事が始まっていました!

















th_P1150065.jpg


【スペック】
名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目5番6号
階数: 地上21階、塔屋2階、地下3階
高さ:104.50軒高101.30
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:3,178.14
建築面積:2,353.83
延床面積:48,855.98
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201507月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)



















th_P1150247.jpg


北東側から見た本館の様子です。東側に大きな開口部が出来ており解体されて出た「ガラ」が搬出出来るようになっていました。



















th_P11500492.jpg



【スペック】
名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目4番13号
階数: 地上18階、塔屋2階、地下3階
高さ:93.99軒高93.99
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:2,306.64
建築面積:1,593.18
延床面積:25,285.91
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201505月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)









th_P1150251.jpg


こちらは別館の様子です。別館も仮囲いに覆われ本格的な解体工事が進んでいます。













th_P1150293.jpg

いよいよ解体工事が本格的に始まった三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館建設工事。御堂筋の規制緩和適応第1号案件として注目度の高いプロジェクトがついに動き出しました。
関連記事