阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 15.04

th_P1180845.jpg


阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)は、地下鉄阿波座駅近くの府庁ゆかりの地である旧府立産業技術総合研究所跡地(西区江之子島二丁目)に対する再開発計画です。このプロジェクトは工期を2期に分けて行われており、先行して地上20階・高さ59mの中層マンション、「阿波座ライズタワーズ」が建設され既に竣工しました。

 



【公式HP
阿波座ライズタワーズ フラッグ46OMPタワー)

 

【過去記事】
阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 15.01
阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.12

阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.11
阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.10

阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.08

阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.07

阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.05

阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー) 14.03

(仮称)大阪メトロポリス タワー計画 13.08
阿波座ライズタワーズ 12.04

(仮称)西区阿波座駅前計画 11.06
江之子島地区まちづくり事業 11.03
江之子島再開発 08.04
追跡取材リスト














th_P1180844.jpg


【スペック】
名称:阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)
所在地:大阪市西区江之子島二丁目32-3、32-6
階数:地上46階、地下1階
高さ:152.42m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
総戸数:565戸
主用途:分譲マンション
敷地面積:3,717.27m2
建築面積:2,050.54m2
延床面積:65,837.50m2
建築主:名鉄不動産株、関電不動産、長谷工コーポレーション、ヤスダエンジニアリング(販売提携:長谷工アーベスト、住友不動産販売)
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
着工:2013年01月末
竣工:2016年03月末(予定)












th_P1180853.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2015年1月だったので約3ヶ月振りの取材です。久々に現地を訪れてみると、かなり高くなってきており迫力が増してきました。











th_P1180855.jpg



頂部の様子です。撮影時点では地上40〜41階付近を構築している所でした。阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)は地上46階建ての計画なのでもう少しで最高部まで到達しそうです。











th_P1180859.jpg


南側から見た阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)の様子です。












th_P1180861.jpg


西側から見た様子です。ロングスパンエレベーターも迫力があります。













th_P1180863.jpg


北西側から見た様子です。













th_P1180848.jpg



最後は水辺にそそり立つ阿波座ライズタワーズ フラッグ46(OMPタワー)の様子です。
関連記事
[ 2015/04/30 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(0)

クルーザーバレータワーS2

th_P1180557.jpg

クルーザーバレータワーS2は、北海道札幌市中央区南2条西8丁目に建設された、地上24階、地下1階、高さ75.7m、総戸数100戸のタワーマンションです。建築主はフナコシヤ、設計者はエトアール設計、施工は大成建設が担当しました。














th_P1180559.jpg

【スペック】
名称:クルーザーバレータワーS2
所在地:北海道札幌市中央区南2条西8丁目11-1
階数: 地上24階、地下1階
高さ:75.7
構造:RC造
杭・基礎
主用途:集合住宅
総戸数:100戸
敷地面積:1491.66m²
建築面積:
延床面積:
建築主:フナコシヤ
設計者:エトアール設計
施工者:大成建設
着工:
竣工:2006年07月













th_P1180551.jpg



南側から見た
クルーザーバレータワーS2の様子です。











th_P1180554.jpg


足元周りの様子です。













th_P1180550.jpg



南東側から見た様子です。












th_P1180546.jpg


最後は北東側から見た様子です。









関連記事
[ 2015/04/30 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

JR西日本が「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」へ 289系(683系)車両を投入すると発表!

 th_IMG_3172_201504290101074af.jpg
※写真はサンダーバード用683系

JR西日本は2015年4月28日のニュースリリースで、京都・大阪地区と和歌山・南紀地区を結ぶ特急「くろしお」、北近畿地区を結ぶ特急「こうのとり」「きのさき」「はしだて」に、2015年3月改正まで特急「しらさぎ」で用いていた683系電車85両を289系に形式を変更の上、新たに投入すると発表しました。289系の投入により「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」のすべての車両がJR発足以降に製造された新形式車両となり、これらの特急に使用されてきた国鉄381系が全て置き換えられる事になりました。



【出典元】
JR西日本ニュースリリース>
「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」へ289系(683系)車両を投入します


※アイラブオオサカーさんから情報を頂きました、ありがとうございました!









th_IMG_5476.jpg



※サンダーバード用683系4000番代


1 投入本数
1)「くろしお」39両(6×5編成、3×3編成)
2)「こうのとり」「「きのさき」「はしだて」46両(4×7編成、3×6編成)

2 車両形式
 289系 注釈 直流区間のみの運転となるため、683系電車の形式を変更します。289系電車の投入に伴い、現在「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」で使用している381系電車は順次廃車となる予定です。


287系のアコモが683系4000番台とほぼ同じで、かつ投入本数が中途半端だった為、北陸新幹線開業後に余剰となる北陸特急車両が転配属になる事は予想していましたが、まさか投入して10年程度のしらさぎ用683系2000番台を全車転属させるとは・・・。JR西日本の意外すぎる差配に少し驚きました。今回の転配属により近畿圏を走る在来線特急から国鉄型がほとんど姿を消す事になります。

関連記事
[ 2015/04/29 01:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(3)

シティタワー梅田東の建設状況 15.04

th_IMG_1735_20150113231451aac.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました



シティタワー梅田東
は、大阪市北区本庄西一丁目にあった旧パナソニックテクニカルサービス」跡地の再開発で、地上44階、高さ146mのタワーマンションが計画されています。以前は仮称)本庄西計画新築工事の名称でご紹介してきましたが、正式名称はシティタワー梅田東に決まりました。






th_P1180923.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2014年12月頃だったので約4ヶ月振りの取材です。随分と間が空いてしまいましたが、久々に現地を訪れてみると2機のタワークレーンが稼働しており、既に躯体が地上に姿を表していました!











th_P1180925.jpg



【スペック】
名称:
シティタワー梅田東
所在地:大阪市北区本庄西一丁目121の一部
階数:地上44階、塔屋2階、地下0
高さ:146m※軒高の可能性あり
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅
総戸数:501
敷地面積5,894
建築面積1,800
延床面積55,200
建築主:住友不動産、パナホーム
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:201408月(予定)
竣工:201612月(予定)









th_P1180920.jpg


南側から見た様子です。タワーの躯体が確認出来ます。延床面積5.5万㎡の大型タワーマンションなので躯体もかなり大きいですね。











th_P1180914.jpg


北西側から見た様子です。敷地の東側あるアデニウムタワー梅田イーストスクエア とお見合いする配置になる事はわかっていましたが、本当にアデニウムタワー梅田イーストスクエアの西側に立ちはだかる様に建設される事が実感出来ました。もう少し敷地の北側にずらして建設すれば、完全なお見合い配置は防げるのですが・・・。










th_P1180912.jpg


順調に建設工事が進むシティタワー梅田東。2機のタワークレーンの威力は絶大なので、これから一気に高さを増してゆく事になりそうです。
関連記事
[ 2015/04/29 00:30 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

ファインシティ札幌ザ・タワー大通公園の建設状況 15.04

th_P1180531.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました


ファインシティ札幌ザ・タワー大通公園は、札幌市中央区南1条西7丁目に建設されている、 地上31階、高さ98.60m、総戸数116戸、延床12,155.63㎡のタワーマンションです。建築主は京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産、設計施工は佐藤工業が担当しています。


【出典元】
ファインシティ札幌ザ・タワー大通公園公式HP













th_001_201504272251427b4.jpg


ファインシティ札幌ザ・タワー大通公園のロケーションはこんな感じです。地下鉄大通駅徒歩圏、市電西8丁目停留所が目の前です。













th_P1180534.jpg


現地の様子です。既に杭打ち機が投入されており、本格的な工事が行われていました。












th_P1180541.jpg




【スペック】
名称:ファインシティ札幌ザ・タワー大通公園
所在地:札幌市中央区南1条西7丁目6-6
階数: 地上31階、地下1階
高さ:98.60m ※軒高97.32m
構造:RC造
杭・基礎 :
主用途:集合住宅
総戸数:116戸+ゲストルーム(内、ワンルーム区画9戸)
敷地面積:1,438.40㎡
建築面積:594.50㎡
延床面積:12,155.63㎡(容積対象外面積3,525.27㎡を含む)
建築主:京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産
設計者:佐藤工業
施工者:佐藤工業
着工:2015年01月
竣工:2017年03月(予定)















th_P1180536.jpg


南西側から見た現地の様子です。













th_P1180545.jpg


最後は仮囲いの隙間から見た、現地の様子です。近畿圏から遠く離れた札幌の地で京阪のロゴマークを見た時は目を疑いましたが、ご覧のとおり立派なタワーマンションを建設しています。札幌での京阪のイメージ戦略はズバリ「京都」を全面に押し出す戦略で、京都発祥の100年企業の打ち出しでPRを行っていました。関西ローカル企業のイメージが強い京阪ですが、札幌や首都圏など近畿圏以外での販売を強化して事業拡大を図っている様です。

関連記事
[ 2015/04/29 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(1)

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.04

th_P1170583.jpg



おおさか東線新大阪駅構内改良工事
は、 2008年3月に放出~久宝寺間が部分開通した、おおさか東線の新大阪駅延伸に伴い進められている在来線ホーム等の改良工事です。新大阪駅在来線ホームは先に改良工事が行われた大阪駅と同様に玉突き方式で ホームの改良が行われています。

まず最初に既存の17、18番ホームの東側に5号ホーム新設、17、18番線の機能を新設した5号ホームに移転させ、空いた旧ホームのリニューアルを一気に行います。この方式で在来線ホームを東側から順番に玉突きでリニューアル工事が進められています。2回めの玉突きとして3号ホーム(旧15,16番線)を閉鎖して改良工事が行われ
2015年1月18日より3号ホーム(新13.14番線)の共用が始まりました。現在は3回目の玉突きとして2号ホーム(旧13,14番線)が閉鎖され改良工事が行われています。



【過去記事】
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.01 
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.11

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.10

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.05
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.01

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.02
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.12
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.08
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.06
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.03
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.01
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 11.11
■追跡取材リスト
















th_P1170587.jpg



現地の様子です。従来の工事と同様に養成ネットが貼られ、ネットの内部で大々的に改良工事が行われています。













th_P1170589.jpg


橋上駅舎の真下の様子です。














th_P1170593.jpg



大阪駅側にあった立ち食いうどん・蕎麦屋付近の様子です。













th_P1170596.jpg


大阪駅側の様子です。ホームの床材が派手に壊されています。














th_P1170592.jpg


改良工事が進む新大阪駅在来線ホーム。1年に1回のペースで玉突きが行われているので、このホームも1年位の工事期間がかかりそうです。












【おまけ】


th_P1170584.jpg



今回取材していると、15.16番線の京都側階段で動きがありました。













th_P1170598.jpg


なんと!京都側の階段にエスカレーターが設置される様です!既に工事が始まっており、期間は来年1月までの予定となっていました。これは地味に嬉しいニュースですね。

関連記事
[ 2015/04/28 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(2)

札幌市(仮称)北8西1地区第一種市街地再開発事業の状況 15.04

th_001_20150426033823ba8.jpg


(仮称)北8西1地区第一種市街地再開発事業は、JR札幌駅の北東側約300mに位置する北8西1地区(約1・6ha)で計画されている市街地再開発事業です。この再開発は、地上50階、地下1階、高さ約180m、総戸数約600戸のタワーマンション、医療・福祉施設が入る12階建てのビル、商業施設や駐車場などを建設する、大規模な再開発計画となります。

(
仮称)北8西1地区景計画は当初、高さ180mの高層マンション2棟が計画されていましたが、1棟に縮小、販売戸数も当初の900戸から600戸に減らされました。日影の環境問題と資材価格などの工事費高騰が重なってスケールメリットよりコンパクト化を目指して事業を成立させるコンセプトに切り替えられました。



【出典元】
札幌市>北8西1地区について(PDF)


【過去記事】
札幌駅北口8・1再開発








th_003_20150426033821c00.jpg



北8西1地区のロケーションはこんな感じです。札幌駅の北東側約300mに位置する、敷地面積1.6haが再開発されます。













th_002_20150426033820b0e.jpg


【スペック】
名称:札幌駅北口8・1地区市街地再開発
所在地:札幌市北区北8条西1丁目
階数: 地上50階、地下1
高さ:約180
構造RC造
杭・基礎
主用途:共同住宅医療・福祉(サービス付高齢者向け住宅)・商業
総戸数: 600
敷地面積: 11,700
建築面積: 9,600
延床面積: 122,000
 ▪共同住宅[ 66,000 ㎡:約 600
医療・福祉(サービス付高齢者向け住宅) [ 24,000 ㎡:約 100 ]
商業[ 2,000 ] その他[ 30,000 ]
建築主:
設計者:
施工者:
着工:2015年度(建物除却、建築工事開始)
竣工:2018年度(予定)













th_P1180259.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2011年7月頃だったので約2年9ヶ月振りの取材です。久々に現地を訪れてみましたが、前回とくらべても目立った変化は見られませんでした。












th_P1180244.jpg


現在は老朽化だ進んだ低層の建物と駐車場が混在する土地の低利用が目立つエリアですが、再開発により様変わりする事になりそうです。













th_P1170945.jpg


JRタワーから見た計画地の様子です。














th_P1170962.jpg



最後は引き気味のアングルで見た、現地の様子です。札幌駅北口8・1地区計画で建設されるタワーマンションは50階建て、高さ180m、総戸600戸と、北海道では圧倒的な規模の大型タワーマンションとなります。高さも約180mと現在北海道で最も高いJRタワーを超える事になります。
関連記事
[ 2015/04/28 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(0)

心斎橋の新たなランドマーク(仮称)コクミン心斎橋プロジェクトの建設状況 15.04

th_P1170521.jpg

三菱地所とコクミンは、2013年6月18日のプレスリリースにて、大阪・心斎橋に新たなランドマークとなる商業ビル
「(仮称)コクミン心斎橋ビルプロジェクト」を開発すると発表しました。コクミンは、2015年4月5日に創業80周年を迎え、その記念事業の一環として新商業ビルが建設されます。「(仮称)コクミン心斎橋ビルプロジェクト」の計画地は、心斎橋筋と長堀通の交差点北東角地のコクミン所有する土地で、地上9階建、店舗面積約 2,000m2の商業ビル建設が建設されます。新商業ビルは、三菱地所グループが、プロジェクトマネジメント支援業務、リーシングマネジメント業務および 設計監理業務を担い、建物竣工後は三菱地所グループにて運営・管理を行う予定です。










th_P1170526.jpg


■建物・計画概要
 ○所在地:大阪府大阪市中央区南船場3丁目14番2外(地番)
 ○事業主:株式会社コクミン
 ○敷地面積:410.73m2
 ○延床面積:約2,740m2
 ○店舗面積:約2,000m2
 ○階数:地上9階
 ○構造:鉄骨造
 ○用途:店舗
 ○プロジェクトマネジメント支援業務・リーシングマネジメント業務:
   三菱地所株式会社
 ○設計:監理:株式会社三菱地所設計
 ○施工:未定
 ○竣工:開業:2015年春(予定)









th_P1170528.jpg


現地の様子です。前回の取材が2015年2月だったので2ヶ月振りの取材です。外観は既に完成状態になり、4階~7階の長堀通り側南壁面に約200㎡の西日本最大級広告用大型LEDビジョン「コクミンビジョン」の放映が始まっていました!実際に現地でコクミンビジョンを見てみるとかなりの迫力で、歩行者からの注目度は抜群でした。










th_P1170535.jpg


低層部の様子です。











th_P1170538.jpg

コクミン心斎橋ビルの1階~3階にはスポーツアパレルブランドの「
アンダーアーマー(ARMOUR BRAND HOUSE)」が入居しました。

4階 luve heart’s And Be×La Chouette(トータルビューティサロン)
5階 スタジオキャラット(フォトスタジオ)
6階 たんとと和くら(仙台牛たん専門店)
7階 beer&wine ニューミュンヘン(ビアレストラン)
8階 ワイン&チャイニーズダイニング愛蓮(中華レストラン)
計 6店舗









th_P1170531.jpg


最後は南西側からコクミン心斎橋ビルを見上げた様子です。
関連記事
[ 2015/04/27 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(4)

札幌市北3条広場「アカプラ」

 th_P1170847.jpg

札幌市北3条広場「アカプラ」は、
日本生命札幌ビルと札幌三井JPビルディングの間にある道路「北3条通」の、赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)〜札幌駅前通までの区間に設けられた新しい広場です。札幌三井JPビルディングの建設工事に合わせて道路を閉鎖し広場が新設されました。

















IMG_9722.jpg 


この写真は広場化される前、2012年7月頃の現地の様子です。

















th_P1170831.jpg


そして、こちらが広場化された現在の様子です!おおっ、メチャクチャきれいになりました!
















th_P1170823.jpg


赤れんが風の路麺ブロックが敷き詰められた広場は開放感抜群。立派なイチョウ並木と合わせて風格を感じる広場に仕上がっています。
















th_P1170863.jpg


北3条広場「アカプラ」から見た札幌三井JPビルディングの低層部の様子です。














th_P1170815.jpg


赤れんが庁舎側から見た札幌市北3条広場「アカプラ」の様子です。元道路部分が良く分かるアングルです。






















th_P1170872.jpg


北3条広場「アカプラ」の雰囲気作りに一役買っているのが、この植え込み周り。レンガ造りでベンチの様に座ってくつろげます。















th_P1170870.jpg


広場に設けられた照明器具も凝ったデザインになっています。
















th_P1170873.jpg


路麺ブロックの様子です。
















th_P1170866.jpg


赤れんが庁舎(北海道庁旧本庁舎)の様子です。















th_P1180417.jpg



撮影時刻を変えて・・。夕闇迫る札幌市北3条広場「アカプラ」の様子です。うーん、ロマンチック!














th_P1180432.jpg



最後は札幌三井JPビルディングと、日本生命札幌ビルと、札幌市北3条広場「アカプラ」の様子です。札幌市北3条広場「アカプラ」は札幌市の観光資源の1つである赤れんが庁舎の魅力をさらに引き出す事に一役買っており、値千金の再開発になったと思いました。
関連記事
[ 2015/04/27 00:00 ] 北海道 札幌 | TB(0) | CM(1)

大阪駅南広場整備の状況 15.04

th_P1170306.jpg



JR西日本は、2014年9月29日付けのプレスリリースで、大阪駅南側の広場整備を実施すると発表しました。南広場の東側に混在するバスターミナルおよびタクシー乗車場を、東側はバスターミナル、西側はタクシー乗車場に分離される他、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備 上空歩行者通路の連携により、安全性および回遊性が向上します。



【出典元】
大阪駅改良プロジェクト 大阪駅南広場の整備に着手します


【過去記事】
大阪駅のタクシー乗り場が西側の桜橋口に移転!大阪駅南広場整備の状況 15.03
大阪駅南広場整備の状況 14.12

大阪駅南広場整備の状況 14.10

JR西日本が大阪駅南広場の整備に着手、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋が直結し梅田の回遊性が向上!

フロートコート・トラベルコート撤去工事13.07

フロートコート・トラベルコート撤去工事13.06
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.04
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.03
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.02
■追跡取材リスト














th_IMG_1924_20141223205359b91.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。以下同じ




掲示されていた、大阪駅南広場東側の完成予想図です。東側のハイライトはサウスゲートビルディングと梅田歩道橋を接続する、屋根付き歩行者デッキです。
























th_P1170318.jpg



現地の様子です。3月にタクシー乗り場が西側に移転した為、東側の工事も本格化してきました。










th_P1170377.jpg



南西側から見た様子です。












th_P1170379.jpg



サウスゲートビルディング側の工事が本格化しています。













th_IMG_1919.jpg



続いては、先月タクシー乗り場が移転してきた西側の様子をご紹介します。














th_P1170381.jpg


西側の様子です。サウスゲートビルディング側に大量のコンクリート製ガラが置かれていました。





















th_P1170395.jpg



桜橋口側から見た、タクシー乗り場の様子です。移転から約1ヶ月が経過しましたが、まだ認知度が低い様で利用客が少ない印象です。















th_P1170394.jpg



最後は大阪駅桜橋口に設けられた花壇の様子です。

関連記事
[ 2015/04/26 04:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)