堺市民会館建替事業(仮称)堺市民芸術文化ホール建設工事の状況 15.08

th_001_20150829114246018.jpg

堺市民会館建替え事業は、旧市民会館が昭和40年に開館し老朽化していた旧市民会館を解体し建て替える再開発計画です。(仮称)堺市民芸術文化ホール建設工事は、RC一部S造、地下1階、地上6階建て、延べ約1.97万㎡で、客席約2000席の大ホール、約300席の小ホール、大スタジオなどを備える計画です。設計は柳澤孝彦+TAK建築研究所・MORIデザイン建築事務所JVが担当、建設地は堺市堺区翁橋町2丁。工期は2017年12月28日までで、18年度の開館を予定しています。



【出典元】
堺市HP>
市民会館建替え事業新施設基本設計概要について
→建設ニュース>【官庁】1者無効、2者辞退で入札取りやめ/WTOの堺市民芸術文化ホール建設工事/堺市










th_002_20150829114246da8.jpg


新施設の設計コンセプトは、茶の湯文化が隆盛した堺らしい、落ち着いた格調高いたたづまいが木々の緑と調和した憩いとやすらぎの空間。建物の一部は周辺の緑と呼応する様に利休の茶の湯を思い起こす色彩「利休鼠」が彩りをそえています。また建物の周りを囲む水盤は、450年前、自由・自治都市としとして名を馳せた中世の環濠都市・堺をイメージしています。












th_003_2015082911424961e.jpg

大ホールは、音楽系を中心にクラシック、オペラ、バレエ、演劇、ポップス等優れた舞台芸術や多彩な公演をはじめ、大会や集会等にも対応可能な多目的ホールです。主舞台、袖舞台は多様な演出に十分答える事が出来る様に間口18m奥行き24m、高さ9m~12.6mを確保したプロセニアム形式。音響はホール全体が「よく響く楽器」の様な演劇空間を実現する他、客席は3層バルコニー構造を採用し、どの席からも舞台が見やすく快適な環境を確保するなど、最新鋭の多目的ホールとなります。


計画概要
・所在:堺市堺区翁橋町二丁目内
・敷地面積:14,823㎡
・建築面積:約7,700㎡
・延床面積:約19,700㎡
・構造:RC造
・階数:地上6階、地下1階
・客席:2,000席程度











th_IMG_0011.jpg


現地の様子です。旧建物の解体は完了しており、完全に更地になっています。














th_IMG_0004_20150829114244cd6.jpg


計画地の敷地面積は、14,823㎡とかなりの広さです。














th_IMG_0021.jpg







最後は堺市役所の展望室から見た現地の様子です。(仮称)堺市民芸術文化ホール建設工事については、予定価格が74億円で、熊谷・南海辰村・橋爪JV(無効)、巴・利晃・町田JV(辞退)、大林組・隆栄建設・国誉建設JV(辞退)の3者が参加し、熊谷組JVの入札額は98億8000万円で事前公表していた予定価格を約20億円超上回る札を入れ、1者無効、2者辞退で入札取りやめとなりました。おそらく予定金額を引き上げた上での再入札が行われる事になりますが、どのような結果になるのでしょうか・・・。

関連記事
[ 2015/08/31 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(3)

堺東駅前のジョルノビルの建て替え計画、堺東駅南地区地区計画の状況 15.08

th_IMG_0075_2015082910444923c.jpg



堺東駅周辺地域は、同市の都心地域の中でも商業施設や行政機能が集積する本市随一 の中枢性を有する地域ですが、近年の社会経済情勢の変化に伴い、大型店の撤退、空き店舗の増加が進むなど賑わいが低下しており、これを再生し活性化を図ることが喫緊の課題となっています。 堺市が、平成23年3月に策定した堺市マスタープラン「さかい未来・夢コンパス」においては、堺東駅周辺地域のまちづくりの方向性として、広域的な都市圏の中枢を担う 政令指定都市・堺の玄関口として、商業・業務・行政・文化・居住機能を集積・強化させるとともに、駅前等の利便性を向上させることとしています。


そんな堺東駅前に立地する「 ジョルノビル」は昭和56年に市街地再開発事業により整備され、堺東駅前の商業を 担う施設として賑わってきましたが、核テナントであったダイエー堺東店の撤退後は商業機能が低下し、 建築物の耐震性能にも課題を抱えるなど老朽化も進んでいます。この為、地元においては、建替えに向けた検討が進められ、平成24年10月には市街地再開発事業によりビルの再整備を行うことが決議されました。



【出典元】
堺市HP堺市都市計画情報市街地開発事業市街地再開発事業
建設ニュース>【民間】特定業務代行者は竹中工務店・野村不動産JV/堺市の再開発ビルの再々開発事業/堺東駅南地区市街地再開発会社













th_IMG_0094_20150829104450929.jpg


「ジョルノビル」は、1981年に堺東駅前地区市街地再開発組合が建設した商業ビルで、SRC造、地下4階、地上8階建て、延べ38,618㎡の規模で開業当初からダイエーを核テナントとし、専門店街を有する、当時の典型的な駅前商業施設でしたが、ダイエーが2001年に撤退後は空きテナントが目立つようになり、ビルの空洞化が進行してきました。

堺東駅南地区市街地再開発会社は、「ジョルノビル」の建て替えに向けて、特定業務代行者として
竹中工務店野村不動産JVと契約を締結しています。計画では2015年度に権利変換計画の認可を経て実施設計に入り、2016年度から工事に着手し、2018年度の完成を目指しています。JVに野村不動産が入っているので、タワーマンションの名称は「プラウドタワー堺東」になるかもしれませんね。



【スペック】
名称:堺東駅南地区地区計画
所在地:大阪府堺市堺区三国ヶ丘御幸通152
階数: 地上24階、地下2階
高さ:85m(建築物の高さの最高限度)
構造:---
杭・基礎 :---
主用途:商業施設、共同住宅、駐車場
総戸数:約330戸
敷地面積:約7,000㎡※地区全体、(建築敷地面積は約3,700㎡)
建築面積:約3,200㎡
延床面積:約46,000㎡※(容積率対象約33,000㎡)
建築主:堺東駅南地区市街地再開発会社、竹中工務店、野村不動産JV
設計者:未定
施工者:竹中工務店?
着工:2016年度(予定)
竣工:2018年度(予定)

















th_IMG_0046.jpg


堺東駅付近の様子です。ジョルノビルとは2階レベルでペデストリアンデッキで接続されています。堺東駅の駅ビルの老朽化の著しいので、こちらの再々開発もそのうち浮上するかもしれません。
















th_IMG_0026_20150829104453ea0.jpg



最後は引き気味で見た、堺東駅前の様子です。
関連記事
[ 2015/08/30 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(5)

大阪屋旧本社ビル跡の再開発(仮称)西区新町タワープロジェクトの状況15.08

th_IMG_0241_20150829003759586.jpg


(仮称)西区新町タワープロジェクトは、大阪市西区新町2丁目にあった大阪屋旧本社ビルを解体し、地上38階、地下1階、高さ131.100mの超高層タワーマンションに建て替える再開発計画です。出版販売の大阪屋は60年以上にわたって同地に本社を置いてきましたが2014年5月に東大阪市に本社を移転、大和ハウス工業と近鉄不動産が跡地を取得しました。


















th_IMG_0231.jpg



【スペック】

名称:(仮称)西区新町タワープロジェクト
所在地:大阪市西区新町二丁目1番2(地名地番)
階数: 地上38階、地下1階
高さ:131.100m
構造RC造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:---
敷地面積:2,181.69㎡
建築面積:1,306.34㎡ 
延床面積:34,766.95㎡
建築主:大和ハウス工業、近鉄不動産
設計者:大林組
施工者:未定
着工:2015年07月(予定)
竣工:2018年03月(予定)














th_IMG_0234_201508290038016e4.jpg



現地の様子です。前回から約1ヶ月振りの取材ですが、杭打ち機が投入されており、基礎工事が本格化していました。
















th_IMG_0224.jpg



南西側から見た様子です。
















th_IMG_0227_20150829003804a03.jpg



敷地角に掲示されていたイメージパースを撮影しました。周辺の既存タワーマンションとの位置関係がとても良く解るパースです。















th_IMG_0239.jpg



最後はパースの中心に描かれていた、なにわ筋の北側を見通した1枚です。


関連記事
[ 2015/08/29 00:42 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

新南海会館ビル(仮称)の最新のイメージパースが発表され最新のビルデザインが判明、着工は2015年9月1日!

001_201508271745242cf.jpg



南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビルは、老朽化した現南海会館ビルを建替える再開発計画です。南海会館ビルの建て替えにあたり、難波再開発計画の南端に新しいオフィスビル(NCプロジェクト オフィス棟新築工事)を建設し、本社機能を移転、その後現南海会館ビルを解体、新ビルを建設する玉突き方式での建替えとなります。南海会館ビルの建て替えは2011年2月に南海電鉄が発表した新中期経営計画「凜進130計画で明らかになりました。

南海電鉄は本日付けのニュースリリースで新南海会館ビル(仮称)の着工が2015年9月1日である事を発表し、新たな完成予想パースも公開されました。前に発表された完成予想パースは丸みを帯びたデザインでしたが、最新のパースでは直線的なデザインに変更され、随分とイメージが変わりました。




【出典元】
新南海会館ビル(仮称)の着工について




















th_IMG_0216.jpg


【スペック】
名称:南海ターミナルビル (仮称)新南海会館ビル
所在地:大阪市中央区難波五丁目12番外32筆(地名地番)
階数: 地上31階、地下2階
高さ:150.000m
構造:S造
杭・基礎 :
主用途:物販販売店舗、オフィス 
総戸数:---
敷地面積:34,252.02㎡(施設全体)
建築面積:3,820.90㎡
延床面積:84,125.30㎡(容積対象床面積78,741.74㎡)
建築主:南海電気鉄道
設計者:大林組
施工者:大林組、竹中工務店、南海辰村建設共同企業体
着工:2015年09月01日(予定)
竣工:
2018年09月末日(予定)












002_20150827174526b17.jpg


ニュースリリースに掲載される配置図です。なんばパークスから北に向かって再開発エリアが伸びている様に見えます。今回発表された完成予想パースを見ると、低層部のデザインがなんばパークスを連想させるアースカラーで描かれており、パークスとの連続性を意識している事が伺えます。
















003_2015082717452876e.jpg


◆フロアプラン

(1)オフィス(1330 階)
13
階から 30 階に配置するオフィスは、18 フロア(貸室面積合計約 10,500 坪)、 基準階貸室面積約 570 坪、最大 12 分割(40 坪~)可能な高機能オフィスです。 また、建物全体における特級クラスの構造体耐震性能、災害時等の帰宅困難者の 館内滞留にも備えた国内屈指のBCP機能を確保しています。 これらの機能に加え、難波駅直上の優れたアクセス性、利便性を有するオフィス は、企業の本社等拠点事務所から顧客対応型のサービスオフィス展開まで、多様な ニーズに応えることが可能となります。 


(2)メディカルセンター(9 階・地下 2 階)
9 階および地下 2 階に、先進・予防医療のためのメディカルセンターを誘致しま す。 関西国際空港との直結に加え、地下鉄線・近鉄線・阪神線と接続し、大阪国際空 港(伊丹)とも 30 分圏内にある交通ポテンシャルを活かし、国内外から利用者の 受け入れが可能な診察・検診施設とします。 また、先進医療を提供する医療施設との中継機能を果たすことで「日常の利便性 と万が一の安心」を提供できるメディカルセンターを目指します。 


(3)コンベンションセンター(7 階・8 階)
7 階、8 階には、駅直上という利便性や集客効果を活かし、多目的ホールとカンフ ァレンスルーム(会議室)を導入します。 多目的ホールは、500 人規模のセミナーやシンポジウムに対応できるほか、カンファレンスルームとの一体利用によって展示会等の開催も可能となります。 また、隣接するスイスホテル南海大阪や髙島屋大阪店、なんばCITY等の商業 施設とも連携したMICEにも対応してまいります。 


(4)ツーリストサロン(5 階)
関西国際空港からの玄関口であり、奈良・神戸・京都方面への乗り換え拠点でも ある難波に求められる機能として、5 階に、増加するインバウンド旅客をはじめと した国内外からのツーリストの多様なニーズに対応するツーリストサロンを設置し ます。 日本の伝統文化からポップカルチャーまで幅広いエッセンスをワンフロアに集積、「日本文化の発信と再発見」をテーマに、日本のモノ、コトが体験、情報発信でき る拠点づくりを行ってまいります。 


(5)商業・金融サービス(地下 1 階・13 階・6 階)
地下 1 階から 3 階と 6 階では、難波駅直結のロケーションを活かし、物販、サー ビス、金融等リテール機能を集積します。 当ビルならびに難波駅の日常利用者から、国内外の観光・ビジネス来訪者に至る までの幅広いニーズに応え、難波エリアの利便性を向上してまいります。 


(6)周辺整備事業(都市基盤機能整備)
当ビル新築工事に合わせて周辺歩行者通路等都市基盤を整備し、難波の交通結節 機能の一層の充実を図ります。
・地下鉄なんば駅から南海難波駅への通路バリアフリー化 ・南北歩行者通路、広場整備 ・新たな駐輪施設整備














004_20150827174522a2b.jpg






ついに着工される新南海会館ビル(仮称)。現在の所、難波地区最大の再開発計画であるこのプロジェクトは難波にどんなインパクトを与えるのでしょうか・・。個人的にはコンベンションセンターがどの位の稼働率になるのか?が気になります。グランフロントのコンベンションセンターはかなり稼働率が高いので、ターミナル直結の中規模な施設はかなり需要がある気がします。

僕はヨドバシカメラが梅田に出店する事が決まった時から現在の日本橋の凋落を予測していました。当時、大阪の人にヨドバシが出来たら日本橋が壊滅するぞ!と話をしても、誰も相手にしてくれませんでした。

その頃の僕は、日本橋が電気街としての機能を維持している勢いのある間に大型地下駐車場や、このクラスのコンベンションセターの整備、世界中のエレクトロニクスメーカーショールームを優遇制度で積極的に勧誘し、世界にに向けた日本のエレクトロニクス産業のショーケースとして情報発信機能を持たせる事を思い描いていましたが、そうはなりませんでした。現在の日本橋はオタロードを中心にポップ・カルチャーの集積地として一定の地位を持っていますが、これもいつまで続くか解りません。行政には、せめてオタロードの電地下や歩道整備、美装化、イベント広場の整備などを行って欲しいなぁ、と思っています。

なんだか良く解らない話になりましたが、2回転位い遅れて誕生するこのコンベンションセンターがどの様に利用されるのか?に興味津津です。


関連記事
[ 2015/08/28 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(10)

日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況15.08

th_001_20150224224943249.jpg 



ザ・パークハウス中之島タワーは、大阪市北区中之島6丁目のグランキューブ大阪の西隣で建設されている、地上55階、高さ約193m、総戸数894戸の大規模タワーマンションです。現在建設中のタワーマンションとしては、西日本最大級、免振構造を採用したタワーマンションとしては日本最高階数となるビッグプロジェクトです。外観デザインのコンセプトは、「アクア・プリズム」。中之島のアクアライン(水面)が重なり、空に向かって積み上げられた「ガラスの箱」をイメージしており、上層部のスカイラインから地上部のファザードに至るまで、周辺も含めた開発が進む中之島エリアの新たなランドマークとしての存在感、奥行きを創出しています。



【プレスリリース】






th_IMG_0364.jpg


前回の撮影が2015年7月だったので約1ヶ月振りの取材です。今回取材してみると鉄骨建方が進んでおり、僅かですが躯体が上に向かって伸び始めていました!
















th_IMG_0356_20150826232905203.jpg



【スペック】
名称:ザ・パークハウス中之島タワー
所在地:大阪市北区中之島6丁目8番3、7番1
階数:地上55階・塔屋2階
高さ:193m
構造:RC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:共同住宅(分譲)+店舗
総戸数:894戸
敷地面積:6,587㎡
建築面積:3,860㎡
延床面積:99,400㎡※容積率対象面積:71,200㎡
建築主: 三菱地所レジデンス、住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2014年10月
竣工:2018年03月














th_IMG_0360_20150826232906a52.jpg



ザ・パークハウス中之島タワーは、延べ床面積が10万㎡に迫る巨大なタワーマンションなので、既に躯体のボリューム感が凄いです。













th_IMG_0367.jpg



低層部の様子です。プレキャストコンクリートがハッキリと見えています。













th_IMG_0353.jpg


西側から見た様子です。















th_IMG_0351_201508262329213c3.jpg


並び立つ機のタワークレーンが勇ましい限りです。















th_IMG_0357.jpg


最後は堂島川側から見た、現地の様子です。周囲の高層ビルを眺めつつ、ここに高さ193mの巨大なタワーが立つ事を想像しているとワクワクしてきました!
関連記事
[ 2015/08/27 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(1)

シティタワー梅田東の建設状況 15.08

th_IMG_1735_20150113231451aac.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました



シティタワー梅田東
は、大阪市北区本庄西一丁目にあった旧パナソニックテクニカルサービス」跡地の再開発で、地上44階、高さ146mのタワーマンションが計画されています。以前は仮称)本庄西計画新築工事の名称でご紹介してきましたが、正式名称はシティタワー梅田東に決まりました。



【スペック】

名称:
シティタワー梅田東
所在地:大阪市北区本庄西一丁目121の一部
階数:地上44階、塔屋2階、地下0
高さ:146m※軒高の可能性あり
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅
総戸数:501
敷地面積5,894
建築面積1,800
延床面積55,200
建築主:住友不動産、パナホーム
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:201408月(予定)
竣工:201612月(予定)












th_IMG_0378.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年7月だったので約1月振りの取材です。かなり高くなって来ました。














th_IMG_0389.jpg



北西側から見た様子です。












th_IMG_0390.jpg


北東側から見た様子です。












th_IMG_0386_2015082600362868e.jpg


シティタワー梅田東は南北方向に向かって細長い形状をしています。この写真は西側から見た様子ですが、最近の細身のタワ0ーマンションに比べスパーン数が多く、かなりの規模だという事が分かります。また外装が見て取れるようになり、外観の色味がなんとなく想像出来る様になりました。











th_IMG_0395_201508260036366cf.jpg


最後は南東側から見た様子です。シティタワー梅田東はこれからガンガン成長して行く事になります。
関連記事
[ 2015/08/26 00:43 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(0)

阪和線で289系の試運転を目撃!オーシャングリーンのラインカラーをまとった車体は違和感無し!

th_IMG_20150825_233016.jpg


先日の記事で、JR西日本が「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」に、しらさき用として運用されてきた、683系2000番代を改番した新形式289系車両を投入し、秋10月31日から289系の運転を開始すると発表されたとお伝えしましたが、偶然にも試運転中(おそらく送り込み回送中)の289系をキャッチしました!





【出典元】
289系車両が1031日(土曜日)から運転を開始します!「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」に新たに投入
JR西日本ニュースリリース>「くろしお」「こうのとり」「きのさき」「はしだて」へ289系(683系)車両を投入します







th_IMG_20150825_233043.jpg



種別表示は従来どおりですが、行き先表示器が更新されている気がします。もしかしてフルカラー化されてる??(希望的観測です)











th_IMG_20150825_233100.jpg


サイドビューです。オーシャングリーンのラインカラーも全然がありませんね。宮原に大量に留置されていた683系2000番代













th_IMG_20150825_232953.jpg


ついに阪和線に姿を表した289系。この違和感の無い姿を見ると、中途半端な投入数だった287系の投入数も、今回の転配を見越した数だった事が伺えます。しらさぎ用683系2000番台から生まれ変わった289系の今後の活躍が楽しみになってきました。
関連記事
[ 2015/08/26 00:24 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(6)

HK淀屋橋ガーデンアベニュー新築工事の状況 15.08

th_IMG_0324_20150825002004f1c.jpg


HK淀屋橋ガーデンアベニューは、大阪市中央区伏見町4丁目に建設中の 地上14 、高さ59.9m、延べ床面積16,929㎡のオフィスビルです。阪和興業は独立系商社で、鉄鋼を中心に非鉄金属、石油、化成品、食品、木材、機械などを取り扱っています。東京との2本社制で売上高は1兆5千億円です。旧ビルにあった大阪本社は本町南ガーデンシティの4〜7階に移転しました。




【過去記事】
HK淀屋橋ガーデンアベニュー新築工事の状況 15.07
HK淀屋橋ガーデンアベニュー新築工事の状況 15.05

HK淀屋橋ガーデンアベニュー新築工事の状況 15.02

HK淀屋橋ガーデンアベニュー新築工事の状況 15.01
(仮称)阪和興業大阪本社ビル新築工事の状況 14.11

(仮称)阪和興業大阪本社ビル新築工事の状況 14.10

(仮称)阪和興業大阪本社ビル新築工事の状況
















th_IMG_0333.jpg


前回の撮影が2015年7月だったので、約1ヶ月振りの取材です。ビルは既に竣工しており、公開敷地も開放されていました。












th_IMG_0335_20150825002000597.jpg

【スペック】
名称:HK淀屋橋ガーデンアベニュー
所在地:大阪市中央区伏見町4丁目3番9号(住居表示)
階数: 地上14 、塔屋1階、地下1
高さ:59.9m
構造:S(一部SRC)
杭・基礎 :ーーー
主用途:事務所、店舗
総戸数:---
敷地面積:2,170.79㎡
建築面積:1,230.60
延床面積:16,929.65
建築主:積水ハウス
設計者:日建設計
施工者:(仮称)阪和興業大阪本社ビル新築工事 大林組・錢高組JV
着工:2013年07月
竣工:2015年04月










th_IMG_0348.jpg


今回は公開敷地を中心にご紹介して行きます。まずは御堂筋側、北東側から見た様子です。














th_IMG_0326_201508250019581ae.jpg



中々りっぱな木が植えられておりいい感じに仕上がっています。例によって建物周辺の電地下は未実施なのが切ないですが・・・。













th_IMG_0341_20150825002016a72.jpg



公開敷地を西側から東を向いて見通したアングルです。
















th_IMG_0343.jpg 


撮影時には1階に入居するアートギャラリーの搬入設置が行われていました。













th_IMG_0328_201508250020147e1.jpg



最後は反対側、東から西側を見通したアングルです。

関連記事
[ 2015/08/25 00:20 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(0)

近鉄が駅ナンバリングを全線で実施!案内サインや放送での多言語対応を拡充

th_001_201508242345501c4.jpg


近鉄は2015年8月19日付のニュースリリースで、近年増加の著しい訪日外国人のお客様に対して、当社線をわかりやすくご利用いただくための施策の一環として、駅ナンバリン グを全線で実施するとともに、あわせて主要駅の案内サインや行先表示装置、駅・車内放送における多言 語対応の拡充を順次実施します、と発表しました!

【出典元】
駅ナンバリングを全線で実施します ~あわせて案内サインや放送での多言語対応を拡充します~











th_002_20150824234548f5f.jpg


1.駅ナンバリングの全線実施

(1)実施駅 全駅(詳細は別表のとおり) ※けいはんな線(長田-学研奈良登美ヶ丘間 8駅)については、平成18年3月の 生駒-学研奈良登美ヶ丘間延伸開業時に実施済
(2)実施内容 路線記号(アルファベット 1 桁)+駅番号(数字 2 ケタ)による駅ナンバリングを、各路線に設定 する路線カラーを用いて、各駅のホーム駅名看板や停車駅案内等の案内サイン等に順次表記し ます。
(3)実施時期 平成27年8月20日(木)より順次掲出 (8月20日から掲出する駅……近鉄奈良駅、京都駅)



2.主要駅における英語での自動放送の実施
(1)実施駅 大阪難波駅、近鉄日本橋駅、大阪上本町駅、鶴橋駅、大和西大寺駅、近鉄奈良駅、京都駅、 近鉄丹波橋駅、大阪阿部野橋駅、近鉄名古屋駅(10駅)
(2)実施内容 日本語に引き続き、英語でのりば、列車種別、行先などの案内を自動放送で実施します。
(3)実施時期 近鉄奈良駅……平成27年9月16日(水)より実施予定 京都駅 ……平成27年9月18日(金)より実施予定 上記以外 ……平成28年3月頃実施予定



3.列車内における多言語での案内放送の実施
(1)実施列車 全特急列車および奈良、京都、橿原、天理線の当社車両で運行する一般列車
(2)実施内容 車掌の案内放送を、携帯型放送装置を使って自動化するとともに、日本語に引き続き英語(必要 に応じて中国語・韓国語)で、列車種別、行先、次駅案内、観光案内などの放送を行います。
(3)実施時期 平成27年12月以降、順次実施予定



4.主要駅の列車行先表示装置における英語表記の拡充
(1)実施駅 大阪難波駅、近鉄日本橋駅、大阪上本町駅、鶴橋駅、大和西大寺駅、近鉄奈良駅、京都駅、 近鉄丹波橋駅、西ノ京駅、大和八木駅、大阪阿部野橋駅、近鉄名古屋駅、伊勢市駅、 宇治山田駅、鳥羽駅(15駅)
(2)実施内容 液晶式の列車行先表示装置において、列車種別・行先・停車駅等を英語で表示した画面を新たに 作成し、日本語画面と英語画面を一定時間交互に反転して表示します。 あわせて行先駅名の右下に、その駅のナンバリングも表示します。
(3)実施時期 平成28年3月頃実施予定 ※このほか、主要駅の案内サインにおける4ヶ国語表記(日本語・英語・中国語(簡体字)・韓国語)の拡充 も順次実施します。













th_003_20150824235608963.jpg


1.表示方法 
(1)路線記号(アルファベット1桁)+駅番号(数字2ケタ)をつけています。

(2)駅番号は各路線の起点となる駅(ターミナル駅等)から順に大きくなるように番号をつけております。 

(3)路線が分岐・交差する駅では、各路線ごとにナンバリングを行っております。  

※けいはんな線(平成18年3月に設定済)については従来どおりです。

難波・奈良線(A)

京都・橿原線(B)

けいはんな線(C)

大阪線(D)―信貴線(J)

名古屋線(E)―湯の山線(K)―鈴鹿線(L)

南大阪・吉野線(F)―道明寺線(N)―長野線(O)―御所線(P)

山田・鳥羽・志摩線(M)

生駒鋼索線(Y)

西信貴鋼索線(Z)








th_IMG_5344.jpg


訪日外国人観光客の爆発的な増加に伴い、奈良・京都・大阪をネットワークで結ぶ近鉄の外国人利用客も増加しており、それらに対応するために、今回の駅ナンバリングの導入が行われる事になりました。近鉄が積極的に導入を進めている液晶モニタ式の発車標は表示出来る情報量が格段に多く、多彩な表現も可能なので、運用ソフト次第では、さらに解りやすい表示も実現出来そうです。また、実施列車 全特急列車および奈良、京都、橿原、天理線の当社車両で運行する一般列車で「携帯型放送装置を使って自動化する」とありますが、どんな仕組みなんでしょうかね?

近鉄はここ10年間ほど、大規模プロジェクトが目白押しでしたが(阪神なんば線への乗入れ、けいはんな線の建設、あべのハルカスへの投資など)大規模投資が一段落してきたので、特急車だけでなく、一般車両や駅施設への投資もそろそろ行って欲しい所ですが、どうなるんでしょうか。。
関連記事
[ 2015/08/25 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(4)

なんばセントラルプラザ リバーガーデン 15.08

th_IMG_0203.jpg



なんばセントラルプラザ リバーガーデンは、 中堅の不動産デベロッパーである「リバー産業」が、JR難波駅周辺の再開発地区「ルネッサなんば地区」に建設を進めている高層マンションです。なんばセン トラルプラザ リバーガーデンは、地上25階、高さ76.6mの高層ビルで、高さ90m以上の超高層ビルではありませんが、延床面積は60,227.47m2、総戸数が 553戸とかなりの規模の開発計画です。



【公式】
なんばセントラルプラザ リバーガーデン


【過去記事】
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 15.06
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 15.01
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 14.10
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 14.07
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 14.01
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 13.06
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 13.03
なんばセントラルプラザ リバーガーデン 12.11
リバー産業・難波駅前プロジェクト
■追跡取材リスト
















th_IMG_0205.jpg



【スペック】

名称:なんばセントラルプラザ リバーガーデン
階数:地上25階
高さ:76.6m
総戸数:553戸
敷地面積:5,581.93m2
建築面積:3,313.08m2
延床面積:60,227.47m2
建築主:リバー産業㈱
設計者:㈱日企設計
施工者:リバー建設㈱
着工:2012年10月
竣工:2015年05月(予定)














th_IMG_0198_20150823220645218.jpg



前回の撮影が2015年6月だったので、約2ヶ月振り取材です。前回まで西側の棟を覆っていた養成ネットは完全に無くなり、外観は完成状態になりました!














th_IMG_0196.jpg


足元周りの様子です。公開敷地の植栽もほとんど終わっています。
















th_IMG_0209_20150823220647623.jpg



交差点側から見た様子です。交差点角には難波リバーガーデンのロゴが取り付けられました。















th_IMG_0221_201508232206557f9.jpg


公開敷地で最後の工事が行われている水景施設の様子です。かなり本格的なビオトープが形成されています。

















th_IMG_0216_20150823220656c3a.jpg


北側ら見た様子です。東西2棟に挟まれる形でタワーパーキングが設置されています。
















th_IMG_0219.jpg


北東側から見た様子です。

















th_IMG_0192.jpg


最後は南西側から見た様子です。





関連記事
[ 2015/08/24 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(2)