大阪国際空港(伊丹空港)ターミナル改修プロジェクトがついに着工!

th_001_20140902223057d34.jpg


新関西国際空港会社は2014年9月2日発表のニュースリリースにて、大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」を始動すると発表しました。この改修プロジェクトは、大阪国際空港のターミナルビルが大阪万博開幕を控えた1969 年にオープンして以来の大規模な改を行うもので、2020 年の東京オリンピック、パラリンピック開催に向け、国内外の多くのお客様に大阪国際空港をスピーディで快適、便利に利用出来る様に、万全の態勢を整える計画です。


改修プロジェクトでは、ターミナルビルの「安全・安心の強化」、「環境・地域との共生」はもちろん、出発、到着時のお客様の動線を抜本的に見直し、最新の IT 技術も積極的に取り入れ、スピーディでスムーズな移動が実現されます。さらに、ターミナルビル内も快適、便利な空間とし、商業エリアも魅力あふれるものに全面リニューアルすることで、大阪国際空港はスピーディでスマートな都市型先進空港に生まれ変わる事になります。


【出典元】
新関西国際空港会社>
大阪国際空港ターミナル改修工事着手について(PDF)
新関西国際空港会社大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 「Speedy&Smart 都市型先進空港 ITM」始動 (PDF)



【過去記事】
2020年の東京オリンピック開催に向けた伊丹空港の大規模リニューアル「大阪国際空港ターミナル改修プロジェクト 」が始動!

※ひでゆきさんから情報を頂きました、ありがとうございました!






th_001_201602282222322fb.jpg



【主な改修内容】 

①出発動線 
・ モノレール駅からは、新しいペデストリアンデッキにより、2階保安検査場まで階層移動なく直行可能に。
・ バス降り場は出発ターミナルビルの前に配置し、チェックインカウンターや保安検査場までの移動はよりスピーディに。
・ 駐車場との間の横断歩道にはルーフを設置し、雨の日も濡れずに移動可能に。
・ セキュリティチェックや出発手続は、インラインスクリーニングシステムの導入で、よりスムーズに。セルフバゲージドロップ導入等も検討。
・ 保安検査場は拡張により、待ち時間を短縮し、よりスムーズな通過が可能に。
・ 搭乗口までは、ムービングサイドウォークの設置で、よりスムーズな移動が可能に。
・ 小型機対応フィンガーの新設により、MRJ等の小型機にも、搭乗橋でスムーズに乗降可能に。


②到着動線
・ 到着口は中央2階に集約し、新しいペデストリアンデッキにより、各交通機関にダイレクトに接続。次の目的地に向けてスピーディな出発が可能に。
・ 到着ロビーでは、IT・デジタルサイネージにより交通情報を提供し、お客様の各交通機関の選択を的確にサポート。


③快適・便利な空間(もっと快適に使いやすく)
・ 到着口の集約に合わせ、新しい到着ロビー(3階まで吹き抜け)を開設(中央2階)。
・ 到着口を見下ろせるロビースペース、カードラウンジ、ビジネスサポートセンターも備えた空間を新設(中央3階)。
・ ゲートラウンジは全面リニューアルし、段差の解消や点字・多言語の案内標識の整備を実施(ユニバーサルデザイン対応)。
・ 全館 Wi-Fi の導入で、ターミナル内どこでもインターネット利用可能に。


④魅力的な店舗展開(食べて買って楽しめる空港へ) 

・ 大阪・関西の活気あふれる2つのテーマゾーン(飲食・物販)の展開(中央2階到着ロビーの両サイド)。
・ ゆったり過ごせるダイニングスペースの展開(中央3階)。
・ 選びやすく買いやすいお土産店、カフェ、コンビニ、個性ある物販飲食店舗の展開(出発エリア)。
・ 搭乗前のひと時を快適・便利に過ごせる店舗の展開(ゲートラウンジ)。


⑤環境・地域との共生(さらに環境と地域にやさしい空港へ) 
・ 雨水の中水利用、照明のLED化、空調の高効率化。
・ 飛行機が間近に見える屋上展望デッキを拡張。
・ 地域の皆様も楽しめるイベントにも利用可能なスペース(中央3階)。


⑥安全・安心(さらに安全・安心な空港へ)
・ フィンガー建替えにより耐震性を強化。
・ 全館の改修により防火性・避難性を強化。







th_002_201602282222335f8.jpg

 伊丹空港の大規模リニューアル計画は2014年9月2日に発表されましたが、2015年1月の入札手続きで資材高騰などの影響から工事内容を見直しを行った事から、2015年春予定の着工が2016年2月までずれ込みました。当初は中央エリアの先行開業を今秋、全面開業を2020年春としていましたが、2018年春に先行開業、2020年8月の全面開業にリスケジュールがおこ行われました。















th_003_20160228222234399.jpg



今回の改修ではムービングウォークの台数が23基へ大幅に増設されます。開業以来の45年ぶりとなる大改修の事業費は約200億円。利用者が迅速に移動できるビジネス客主体の先進空港を目指す」事になります。









th_P1150486.jpg



今回のリニューアル工事では、5つあるフィンガーのうち4つを耐震性を高めた施設に建て替えられます。天井が低くて窮屈なフィンガーがどう変化するのか?が個人的に注目しているポイントの1つです。


















th_P1150503.jpg


45年ぶりの大改修が始まった伊丹空港。同じく大改修が進む新大阪駅とセットで大阪の表玄関の大幅なイメージアップが進みそうです。

関連記事
[ 2016/02/29 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(11)

JR新大阪駅コンコース改良工事 16.02

 th_IMG_0256_20160228203830a81.jpg


JR新大阪駅
では、東海道新幹線の新ホーム建設、おおさか東線乗り入れに合わせた在来線ホームの増設、駅北側に新大阪阪急ビルが建設されるなど、当駅開設以来の大規模な改良工事が行われおり刻一刻とその姿を変えつつあります。現在は在来線ホームの玉突きリニューアル工事及び在来線改札内外コンコースのリニューアル工事が行われています。

【過去記事】
JR新大阪駅ー新幹線中央口前のコンコースの照度が大幅アップ!以前の薄暗さが様変わり。
新大阪駅2階商業ゾーンの大規模リニューアルが進行中。施設名称は「メディオ新大阪」から「アルデ新大阪」に変更
JR西日本エリアの改札内で最大規模のエキナカ施設 『エキマルシェ新大阪』の第2期部分がオープン!
JR西日本エリアの改札内で最大規模のエキナカ施設 『エキマルシェ新大阪』の第1期部分がついにオープン!
JR西日本エリアの改札内、最大規模の商業施設 『エキマルシェ新大阪』は 来年3月4日(水)に第1期オープン!
新大阪駅にJR西日本の在来線改札内における 最大規模の商業施設「エキマルシェ新大阪」が誕生!
JR新大阪駅コンコース改良工事 15.01
JR新大阪駅コンコース改良工事 14.10
JR新大阪駅コンコース改良工事 14.05
JR新大阪駅コンコース改良工事 13.10
JR新大阪駅コンコース改良工事 12.06 











th_IMG_0244_20160228203828377.jpg


前日お伝えした
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 のとおり、リニューアルされた2号ホームの共用が始まり11.12番線の機能が移転された事で、改札内コンコースも様変わりしました。















th_IMG_0258_20160228203826b22.jpg



こちらは2号ホーム(11.12番線)に向かうエスカレーター付近の案内サインの様子です。11.12番線から発着する各種特急電車の編成表が掲示されています。


















th_IMG_0262_20160228203824521.jpg



別の面には、方面案内が記載されています。

















th_IMG_0248_201602282038416a8.jpg


11.12番線に向かう大阪駅側の階段付近の様子です。階段の側面は木目調パネルが取り付けられており中々雰囲気が良いです。




















th_IMG_0265_2016022820384082b.jpg


2号ホームの共用開始に合わせて、1号ホームに繋がる階段、エレベーターは封鎖されました。おおさか東線の新大阪乗り入れまでの間、数年間の間眠りに着くことになります。





















th_IMG_0271.jpg


ドンドン見てゆきます。こちらは新幹線乗換改札左側にある切符売場の様子です。以前の昭和時代の雰囲気満点のレトロな窓口が想像も出来ない位の変わり様です。

















th_IMG_0274.jpg



新幹線乗換改札前の様子です。








th_IMG_0276_201602282038369db.jpg


先ほどとは反対側、新幹線乗換改札口を出た所から、在来線改札内コンコースを見通した様子です。この眺めが、新幹線を使って初めて大阪を訪れた人が最初に目にする大阪の姿かもしれませんね。
















th_IMG_0352_20160228203851280.jpg


撮影ポイントを変えて、こちらは改札内コンコースの一番奥側(東側)付近の様子です。なんとコインロッカーが登場していました。
















th_IMG_0349_2016022820385003d.jpg



この辺りにあったハートインが閉店していました。セブン-イレブンはエキマルシェ側にオープンしたので、別の店舗になるのかもしれません。


















th_IMG_0348_2016022820384992a.jpg



今回の2号ホーム共用に伴う一大変化は、在来線改札内コンコースの見通しの良さ。数年間、常にエスカレーター付近に背の高い仮囲いが合ったのですが、ついに仮囲いが無くなり、完全に見通せる様になりました。

















th_IMG_0279_201602282038474d4.jpg


リニューアル工事の進展により様変わりしたJR新大阪駅在来線改札内コンコース。国内第二の大都会の玄関に相応しいスマートな印象の空間に生まれ変わったのではないでしょうか。
関連記事
[ 2016/02/29 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(5)

大阪駅南広場整備の状況 16.02〜梅田歩道橋とサウスゲートビルを結ぶスカイウォークの建設工事が進行中!

th_IMG_0404_20151221230702072.jpg


JR西日本は、2014年9月29日付けのプレスリリースで、大阪駅南側の広場整備を実施すると発表しました。南広場の東側に混在するバスターミナルおよびタクシー乗車場を、東側はバスターミナル、西側はタクシー乗車場に分離される他、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋をつなぐ歩道橋(デッキ)の整備 上空歩行者通路の連携により、安全性および回遊性が向上します。


【出典元】
大阪駅改良プロジェクト 大阪駅南広場の整備に着手します


【過去記事】
大阪駅南広場整備の状況 15.12~梅田歩道橋とサウスゲートビルを結ぶスカイウォークの建設工事が進行中!
大阪駅南広場整備の状況 15.11

大阪駅南広場整備の状況 15.09

大阪駅南広場整備の状況 15.07~新しいバスのりばが2015年7月18日より供用を開始!

大阪駅南広場整備の状況 15.05

大阪駅南広場整備の状況 15.04

大阪駅のタクシー乗り場が西側の桜橋口に移転!大阪駅南広場整備の状況 15.03

大阪駅南広場整備の状況 14.12

大阪駅南広場整備の状況 14.10

JR西日本が大阪駅南広場の整備に着手、サウスゲートビルディング2階と梅田新歩道橋が直結し梅田の回遊性が向上!

フロートコート・トラベルコート撤去工事13.07

フロートコート・トラベルコート撤去工事13.06
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.04
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.03
フロートコート・トラベルコート撤去工事13.02
■追跡取材リスト



※先週は仕事の忙しさが自分で処理出来る物理的な限界量を超えており、帰宅時間は一時近くで、1回は会社に止まりました。その為、予約更新分のネタも尽きて、ついに更新が止まってしました。2月でこの調子なので3月はリアルで死ぬかもしれません(><)まさにギリギリchop!。でもこの週末で少し充電出来たので頑張って更新を続けてゆきます。






th_IMG_0585_20160228180813d56.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年12月だったので約2ヶ月振りの取材です。この2ヶ月間で工事がかなり進んでおり、歩行者デッキの床版の構築がほぼ完了、デッキ上の屋根の躯体も組み上がりつつあります。











th_IMG_0587_201602281808114cf.jpg


縦アングルで見た歩行者デッキの様子です。このデッキが完成すると。地上部における大阪ステーションシティ側と阪急百貨店側の回遊性が格段に向上する事になります。












th_IMG_0550_20160228180811f13.jpg


梅田歩道橋から見た現地の様子です。










th_IMG_0545_201602281808099fe.jpg


梅田歩道橋との接続部分の様子です。終端部分が反り上がった、スカイウォークの特徴的な屋根の様子が見て取れますね。



















th_IMG_0406_20151221230706d85.jpg



こちらは現地に掲示されてい完成予想パースです。ここからはJRのテリトリーだ!と主張するかの様な意匠ですね。












th_IMG_0544.jpg


少し北側に移動して見た、スカイウォークの様子です。梅田歩道橋のこの付近にあったエスカレーターは撤去されましたが、変わりに一番JR側、御堂筋口に近い階段にエスカレーターの新設工事が進められています。












th_IMG_0540_2016022818082138f.jpg


よく見るとロータリーの上屋の躯体が延伸されていました。地上部の工事も地味に進んでいます。











th_IMG_0529.jpg


更に撮影ポイントを変えて、サウスゲートビルディング側から見た様子です。










th_IMG_0581_2016022818082226d.jpg


最後は、もう一度梅田阪急ビルのスカイロビーから見た、大阪駅南側の様子です。
関連記事
[ 2016/02/28 18:43 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(6)

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 16.02

th_IMG_0285_201602242340492fa.jpg



おおさか東線新大阪駅構内改良工事は、 2008年3月に放出~久宝寺間が部分開通した、おおさか東線の新大阪駅延伸に伴い進められている在来線ホーム等の改良工事です。新大阪駅在来線ホームは先に改良工事が行われた大阪駅と同様に玉突き方式で ホームの改良が行われています。


まず最初に既存の17、18番ホームの東側に5号ホーム新設、17、18番線の機能を新設した5号ホームに移転させ、空いた旧ホームのリニューアルを一気に行います。この方式で在来線ホームを東側から順番に玉突きでリニューアル工事が進められています。2回めの玉突きとして3号ホーム(旧15,16番線)を閉鎖して改良工事が行われ
2015年1月18日より3号ホーム(新13.14番線)の共用が始まりました。前回の切り替えから約1年、2016年2月1日に3回目の玉突きが行われ、リニューアル工事が完了した2号ホーム(旧13,14番線)の共用が始まりました!



【過去記事】
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.12
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.11

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.05

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.04

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 15.01 
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.11

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.10

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.05
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 14.01

おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.02
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.12
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.08
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.06
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.03
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 12.01
おおさか東線新大阪駅構内改良工事 11.11
■追跡取材リスト










th_IMG_0492.jpg


現地に掲示されていた工程を示したパネルです。2号ホームにリニューアルが完成したので、現在はこの図で言うところのSTEP2に移行しました。また、おおさか東線が開通する在来線ホーム改良工事の完成時の番線表示はホームのナンバリングが少しづづズレる様です。一番西側(図の左)が11.12番ホームとなり、特急はるかと「おおさか東線」が乗り入れる様です。13.14番ホームはサンダーバード等が利用し、「はるか」と「サンダーバード」等は乗り場が分けられます。
















th_IMG_0282_201602242340491f2.jpg



それではリニューアル工事が完了し、共用が始まった2号ホームの様子を見てゆきましょう。













th_IMG_0290_20160224234051871.jpg


2号ホームのナンバリングは11,12番で、主に北陸方面に向かう「サンダーバード」や、関空・和歌山方面に向かう「はるか」「くろしお」などの特急電車が発着するホームです。














th_IMG_0296_201602242340526d9.jpg


京都側の階段を降りた付近の様子です。














th_IMG_0330_20160224234053786.jpg



エスカレーター付近の様子です。先行してリニューアルされた他のホームと同様のテイストに仕上がっています。













th_IMG_0310_2016022423410377b.jpg


2号ホームをテクテクあるいて、一番京都側まで来ました。ホーム端の床材はアスファルトです。

















th_IMG_0336_20160224234105b33.jpg


こちらは大阪駅側の様子です。メチャクチャ綺麗になりました。


















th_IMG_0342_201602242341050a3.jpg


床面のアップです。他のホームと同じく、樹脂モルタルカラータイル舗装に張り替えられました。またサンダーバードなど長大編成の特急電車が停車するためでしょうか?カラータイル舗装された範囲が他のホームに比べ格段に広くいです。



















th_IMG_0317_2016022423410712b.jpg


上屋の様子です。照明はもはや一般的になった蛍光形のLED照明です。初期の頃に設置されたLEDに比べると照度はかなりアップしている様です。















th_IMG_0322_2016022423410816b.jpg



駅名票の様子です。













th_IMG_0303_201602242345081ae.jpg



発車標の様子です。3色LEDタイプで、他のホームのモノに比べ若干小ぶりです。













th_IMG_0301.jpg


乗車口案内もLEDタイプに変更されました。














th_IMG_0308.jpg


ホームの京都側には待合室もあります。














th_IMG_0361_20160224234512f5c.jpg



つづいて隣の3号ホームから、リニューアルされた2号ホームを見てゆきます。先ほどの待合所は3号ホームから見ると、こんな感じに見えます。













th_IMG_0379_20160224234514f40.jpg



ホーム中央付近のエスカレーター付近の様子です。













th_IMG_0381_20160224234545725.jpg


2号ホームを見通した様子です。3号、4号、5号ホームと同じテイストなので、全く違和感を感じない自然な仕上がりになっています。













th_IMG_0384_20160224234546bc9.jpg


最後は、最近投入された683系2000番台「くろしお」とリニューアル工事が完了した2号ホームの様子です。381系と古ぼけた旧ホームの組み合わせ、から一気に近代化が進んだ印象です。先月まで使用されてきた1号ホームは、おおさか東線の新大阪延伸まで、しばらくの間眠りにつくことになります。



関連記事
[ 2016/02/25 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(1)

近畿産業信用組合が淡路町の三休橋筋沿いに新本店ビルを建設!

 th_001_20160223230937e38.jpg



産経新聞が伝える所によると、近畿産業信用組合は大阪の金融街である北浜地区に新本店ビルを建設すると発表したそうです。現在の本店(大阪市天王寺区)は、経営破綻し、同信組が事業譲渡を受けた旧信用組合関西興銀本店で、老朽化のため移転後に売却される事になります。


【出典元】
産経WEST>近畿産業信用組合、平成30年に北浜に新本店ビル

neoさん、アリー my dearさんから情報を頂きました。ありがとうございました!

新本店ビルは中央区淡路町に2018年11月に完成予定で、2018度末に営業を開始する計画。地上17階、地下1階、敷地面積約1200㎡、延べ床面積は現本店の約2.5倍の11,500㎡となります。本店営業部のほか、これまで本店以外の大阪市内3カ所に分散していた事務センターや研修室なども本部機能として新ビルに集約されます。設計は大成建設が担当し、自然エネルギーを活用することで標準的なビルに比べ50%以上の省エネ効果がある「ZEB(ゼロ・エネルギー・ビル) Ready」を関西で初めて目指します。また託児所を設置し女性職員の働きやすさも考慮したビルになります。


電柱電線の地中化と歩道の美装化が行われた三休橋筋沿いでは既存ビルの新陳代謝が加速しており、急速に街並みが変わりつつあります。電地化が三休橋筋筋のブランド力を高めた結果ではないでしょうか?この三休橋筋の例をモデルケースに都心部でもっと面的な美装化の動きが出てくる事を期待したい、この近畿産業信用組合の新本店ビル計画や同じく三休橋筋筋沿いに浮上したタワーマンション中央区瓦町3丁目計画などを見て、そう思いました。

関連記事
[ 2016/02/24 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

三休橋筋沿いに計画されている(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事の状況 16.02

th_P_20160223_151426.jpg


(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事は、大阪市中央区瓦町3丁目の三休橋筋西側に計画されている、地上30階、高さ98.4mのタワーマンションです。建築主は伊藤忠都市開発、野村不動産、設計者は(意匠・設備)をIAO竹田設計、(構造)は鴻池組が担当しています。現在の所、施工者は未定となっています。













th_P_20160223_151525_HDR.jpg


【スペック】
名称:(仮称)中央区瓦町3丁目計画新築工事
所在地大阪市中央区瓦町3丁目8番(地番)
階数: 地上30階、塔屋1階、地下0階
高さ:98.4m ※最高部103.19m?
構造RC造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:---
敷地面積1,412.18㎡
建築面積705.08㎡
延床面積12,688.55㎡
建築主:伊藤忠都市開発、野村不動産
設計者:(意匠・設備)IAO竹田設計、(構造)鴻池組
施工者:未定
着工:2016年09月(予定)
竣工:2019年03月(予定)












th_P_20160223_151539_HDR.jpg


建築主のお知らせに掲載されていた立面図です。掲載されている図をみると、軒高98.4m+塔屋4.74m=最高高さ103.19mに見えますし、最高高さ98.4mに塔屋部分4.74mを含むようにも読み取れます。もし最高高さ100m超えならば、大阪都心部で今年3棟目の100m超え新規案件となります。

(仮称)大淀南2丁目計画建築計画(133m※軒高、最高部138m?)
(仮称)大阪扇町計画新築工事107.68m











th_P_20160223_151546_HDR.jpg


同じく建築計画のお知らせに掲載されいた配置図です。













th_P_20160223_151618_HDR.jpg


現地の様子です。現在は既存建物の解体工事が行われています。保険関係の成立票によると解体工事は2016年9月までの予定です。












th_P_20160223_151756_HDR.jpg


北東側から見た様子です。













th_P_20160223_151714_HDR.jpg


最後は現地付近から三休橋筋を北向きに見通した様子です。電柱電線類の地中化と歩道の美装化が完成してから、三休橋筋筋沿いのビルの建替えが活発化しており、小洒落たビルとレトロビルが軒を連ねる様になってきました。
関連記事

地下鉄御堂筋線ー新大阪駅の新しい駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」の状況 16.02

th_001_20160201232649408.jpg


   大阪市交通局は2016年1月28日付けのニュースリリースで、梅田駅・なんば駅・天王寺駅の「ekimo」に続く、新たな駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」を地下鉄御堂筋線新大阪駅で2016年3月30日(水)に開業すると発表しました。

  「新なにわ大食堂」には、飲食店、食物販店など食関連の11店舗が出店し、駅ナカ初出店の店舗や新ブランドでの出店となる店舗もあります。また「新なにわ大食堂」が開業する新大阪駅北改札部には、開業に合わせて、新たな改札口をオープンし、新幹線への乗り換えなど、利便性の向上が図られます。


【出典元】
地下鉄御堂筋線新大阪駅に駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」が平成28年3月30日(水曜日)に開業します


【過去記事】
地下鉄御堂筋線ー新大阪駅に駅ナカ商業施設「新なにわ大食堂」が2016年3月30日に開業!
御堂筋線ー新大阪駅に誕生する新たしい駅ナカ商業施設(運営:京阪ザ・ストア)の状況 15.11

御堂筋線「新大阪駅」に新たな「駅ナカ」施設が誕生、運営管理予定者は京阪ザ・ストアに決定!
エキモ天王寺
エキモなんば
エキモ梅田





th_003_20160201232647499.jpg



【施設概要】
所在地:大阪市淀川区西中島5丁目15番5号 大阪市営地下鉄 御堂筋線新大阪駅 北改札コンコース
乗降客数: 1日あたり約13万人(平成26年度実績)
店舗面積: 770平方メートル
店舗数:11店舗
想定売上:年商15億円
定休日:なし
運営管理者:株式会社京阪ザ・ストア


<施設名称は「新なにわ大食堂>
駅コンコースをオープンな「大食堂」に見立て、食に関する様々なジャンルのお店が軒を連ねる、“新しい”駅ナカ商業施設は「新なにわ大食堂」と名付けられました。 “ほんまもん”志向の大阪人も納得する素材や味、コストパフォーマンスなどにとことんこだわり、大阪を中心とした関西の繁盛店が出店しています。旅行や出張で大阪にお越しの方が、道中の思い出づくりにフラッと、近隣にお勤めの方々や地元にお住まいの方々が仕事帰りなどに“わいわい、がやがや”と集い、様々なフードを食べて楽しめる空間をめざそしています。










th_IMG_0174.jpg



それではリニューアル工事が進む、新大阪駅北改札付近の様子を見て行きましょう!まずは御堂筋線新大阪駅、北改札の改札内から自動改札機側を見た様子です。改札内では床材の貼り直し、エスカレーターの設置など大規模なリニューアル工事が行われています。















th_IMG_0179_20160222230655cb0.jpg




貼り直された床材の様子です。かなり高級感のある素材が使われています。
















th_IMG_0185_20160222230657060.jpg



撮影ポイントを変えて、改札外から自動改札機付近を見た様子です。











th_IMG_0183_201602222306595c4.jpg



少し離れて見た様子です。この辺りはもう「新なにわ大食堂」の施設の中です。











th_IMG_0213_20160222230706ec1.jpg



ただ、工事まっただ中の為、現在の通路はまるで迷路の様に細くて蛇行しています。













th_IMG_0188_20160222230708e41.jpg



仮設通路に添って「新なにわ大食堂」の現状を見て行きます。













th_IMG_0196_20160222230710950.jpg



床材が新しくなり、天井も木目調のスリットパネルが取り付けられました。














th_IMG_0192_20160222230712a93.jpg



天井付近の様子です。難燃処理が施された天然木が使われています。















th_IMG_0204_20160222230714be0.jpg




改札外にも小ぶりながらトイレが設置されました。













th_IMG_0206_20160222230957056.jpg



通路を進んでいくと、ちょっと怪しい感じになってきました。












th_IMG_0210_20160222230959547.jpg



怪しいゾーンを抜けた所です。突き当りの左手から新大阪阪急ビルの2階に入る事が出来ます。












th_IMG_0201_2016022223065308c.jpg


3月30日のオープンを目指して工事が進む「新なにわ大食堂」。オープン後は、いままで殺風景だった御堂筋線北口改札口付近が、見違える様に活気づく事は間違いなさそうです。

関連記事
[ 2016/02/23 00:00 ] 大阪都心 新大阪 | TB(0) | CM(0)

東京ツインパークス(レフトウイング・ライトウィング)

th_IMG_8803.jpg

東京ツインパークスは、東京都港区東新橋1丁目の汐留シオサイトのD南街区に建設された、大手デベロッパー8社による、超高層ツインタワーマンションです。地上47階、高さ165m、延床面積は合計約14.9万㎡、総戸数は2棟で1000戸の規模を誇る大規模物件です。東京ツインパークスは、浜離宮恩賜庭園、東京タワー等の眺望と、米国設計陣によるアーティスティックなエントランス、ロビー、ラウンジなど贅沢さが特徴で、分譲価格は最低3,010万円 ~最高 6500万円、平均分譲価格が9,000万円だったにもかかわらず即日完売した事で竣工当時は話題を呼びました。
















th_IMG_8809_20160222233746f0f.jpg


【スペック】
名称:東京ツインパークス(レフトウイング・ライトウィング)
所在地東京都港区東新橋1丁目10-1
階数: 地上47階、塔屋2階、地下2
高さ:165.00m
構造RC造
杭・基礎 ---
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:1000戸(街区全体)
敷地面積
15,564.90 m²(D南街区全体)
建築面積6,786.58㎡(D南街区全体
延床面積149,208.60㎡(
D南街区全体
建築主:三菱地所・三井不動産・住友不動産・東京建物・オリックス・住友商事・三井物産・平和不動産
設計者:三菱地所設計
施工者:大成建設
着工:199910
竣工:200210













th_IMG_8804.jpg


東京ツインパークス・レフトウイングの様子です。














th_IMG_8799.jpg


東京ツインパークス・ライトウイングの様子です。














th_IMG_8879.jpg


浜離宮恩賜庭園越しに見た東京ツインパークスの様子です。このタワーマンションの海側は、浜離宮恩賜庭園が有るため、将来に渡ってこの眺望が確約されている所もポイントです。













th_IMG_0591_20160222233758f52.jpg



東京タワーから見た、東京ツインパークスの様子です。2棟がL字型に配置されている事、大きさが若干異なっている事が解ります。














th_IMG_6265_20160222233757d55.jpg


浜松町にある世界貿易センタービルの展望室から見た、東京ツインパークスの様子です。














th_IMG_6278_20160222233755324.jpg


もう少し引き気味で、汐留シオサイト全体を見通した様子です。定番のアングルですね。

関連記事
[ 2016/02/23 00:00 ] 東京23区 港区 | TB(0) | CM(0)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02

001_201406252324386a9_201410132017512c0.jpg



三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました









th_IMG_0159_20160214153657dd6.jpg


【スペック】
名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目4番13号
階数: 地上18階、塔屋2階、地下3階
高さ:93.99軒高93.99
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:2,306.64
建築面積:1,593.18
延床面積:29,473.10㎡ ※25,025.43㎡
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201505月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)








th_IMG_0152_20160214154356571.jpg


前回の撮影が2015年9月だったので約5ヶ月振りの取材です。長らく基礎工事が行われてきましたが、そろそろ地上部の動きがありそうなので、今回から本館・別館を2つに分けてご紹介して行きます。今回ご紹介するのは御堂筋東側に建設される別館の様子です。










th_IMG_0171_20160214153655970.jpg

南西側から見た様子です。








th_IMG_0156_201602141536555e6.jpg



南東側から見た様子です。
関連記事

アクティ汐留(ラ・トゥール汐留)

th_IMG_8824.jpg

アクティ汐留(ラ・トゥール汐留)は、東京都港区海岸一丁目に建設された、地上56階、塔屋2階、高さ190.25mの超高層タワーマンションです。UR賃貸住宅と住友不動産の富裕層向け賃貸住宅「ラ・トゥール汐留」等で構成されています。アクティ汐留は、汐留地区再開発のH街区に位置しており、これは汐留シオサイトの南端部分にあたります。











th_IMG_6268_20160220205203850.jpg


【スペック】
名称:アクティ汐留(ラ・トゥール汐留)
所在地東京都港区海岸一丁目1番1号
階数: 地上56階、塔屋2階、地下2
高さ:190.25m ※軒高183.6m
構造RC造
杭・基礎 ---
主用途:集合住宅、商業施設、公益施設、駐車場
総戸数:UR管理戸数 683戸,ラ・トゥール汐留 85戸(権利者住戸含む)
敷地面積11,607m2
建築面積4,334.02
延床面積100,626 ㎡
建築主:都市再生機構
設計者:鹿島建設
施工者:竹中工務店、三井建設、安藤建設JV
着工:2000年04月
竣工:2004年03月

















th_IMG_8826_20160220205216125.jpg



南側から見上げた様子です。アクティ汐留は高さが190mもあるのでメチャクチャ高く感じました。













th_IMG_8814_20160220205205ecb.jpg



北西側から見た様子です。1階にはマルエツによる24時間営業のスーパーマーケット「マルエツプチ」、2階には医療施設・託児施設が入居しています。












th_IMG_8792_2016022020520498f.jpg


北側から見た様子です。アクティ汐留はビルが密集している印象が強い汐留シオサイト地区の中では珍しく周りを巨大ビルに囲まれていない為、非常に目立つビルです。













th_IMG_0594_20160220205208564.jpg



最後は東京タワーの展望室から見たアクティ汐留の様子です。
関連記事
[ 2016/02/21 00:00 ] 東京23区 港区 | TB(0) | CM(0)