近鉄特急12410系(サニーカー)が新色に!高安車庫に新色に塗装変更された12410系が登場!

th_IMG_0139_20160430180522dd7.jpg


高安車庫に塗装変更されたサニーカーが登場しました!今回新色に塗装変更されたのは12410系NN13編成。新塗装化の先陣を切って登場した22000 ACEにつづいて、昭和世代の特急車であるサニーカー系列で初めて新塗装化が行われました。

近鉄特急の新しいカラーリングは、クリスタルホワイトを ベースにブライトイエローとゴールドを加えたフレッシュなカラーリングで、従来のオレンジと紺のツートンカラーでお馴染みの近鉄特急のイメージを覆す斬新な配色です。近鉄特急のカラーリングが変更されるのは、実に57年振りです。


【汎用特急車カラーリング変更概要】 
対象車両 特急車456両のうち、連結運転を行う汎用特急車(一部を除く) 

広軌線:
12400系、12410系、12600系 ・・・ 40両 
30000系 ・・・ 60両 
22000系 ・・・ 86両 
22600系 ・・・ 32両 

狭軌線:
16000系、16010系 ・・・ 10両 
16400系 ・・・ 4両 16600系 ・・・ 4両 

計236両 ※狭軌線・・・南大阪線、吉野線 

【出典元】
近鉄特急のイメージが大きく変わります!(PDF)


【過去記事】

近鉄12400系サニーカーが新色に!?高安車庫で試験塗装車を目撃!
近鉄22000系リニューアル車を高安車庫で目撃!新塗装は予想以上にいい感じで近鉄特急のイメージが大幅に変わる
近鉄特急が新塗装に!近鉄が57年振り特急車のカラーリングを変更すると発表!22000系を皮切りに特急車236両が新塗装化!


【関連記事】
近鉄12400系電車(サニーカー)
近鉄21000系電車(アーバンライナーplus)
近鉄22600系電車-Ace(エース)











th_IMG_0141_2016043018052488e.jpg


新塗装化された12410系のアップです。
まだ側面に金帯は入っていません。以前に試験塗装されたサニーカーを目撃しているので予想通りといった感じの印象です。オリジナルのカラーリングよりもかなり若々しく、かなり新しい車両になった印象をもちました。カラーリングだけでここまで印象が変わるんですね。














th_IMG_3736.jpg


こちらはオリジナル色の12400系です。先の写真と比べてしまうと、かなり古臭く感じてしまいました。















th_IMG_0145_20160430180525128.jpg


黒く塗られた運転台周りのアップです。光沢感のある黒色の塗装がフロントマスクを引き締めています。「特急」の文字が昭和を感じさせるのはご愛嬌ですね。















th_IMG_0143_20160430180526211.jpg


正面下部の様子です。標識灯・尾灯のデザインが時代を感じさせます。














th_IMG_0148_20160430180527a63.jpg


少し角度を変えて見た運転台付近の様子です。














th_IMG_0132_20160430180535649.jpg


側面の様子です。まだ側面の金帯は貼り付けられていません。また、窓まわりは連続窓風に黒く塗られて来るかな?と勝手に想像していましたが、ホワイトのままでした。














th_IMG_0150_20160430180534e94.jpg


行き先表示器はフルカラー化されてるのでしょうか?気になる所です。また、シートはオリジナルのままの様です。














th_IMG_0128_20160430180538114.jpg


2両目の側面の様子です。こうやって側面を見ていると新型車を見ている様な気分になってきました。













th_IMG_0151_201604301805391d6.jpg


2〜3両目の連結部の様子です。












th_IMG_0153_20160430180541d00.jpg


3両目の様子です。











th_IMG_0156_20160430180922430.jpg


建屋の中にある4両目の様子です。












th_IMG_0134_20160430180926829.jpg


ついに登場した12410系(サニーカー)の新塗装化編成。このカラーリングを見慣れてしまうとオリジナル塗装が一気に古臭く感じてきました。鉄分の少ない一般利用者の目には特に新鮮に映るのではないでしょうか?金帯をまとった完全な姿で営業運転に入る日が待ち遠しいですね。

[ 2016/04/30 19:00 ] 鉄道 | TB(0) | CM(5)

南海本線ー諏訪ノ森駅高架化工事の状況 16.04

 th_001_20160429014802eeb.jpg


南海本線(堺市)連続立体交差事業は、石津川橋梁付近から高石市域に至る、事業延長約2.7kmの高架化事業です。途中諏訪ノ森駅、浜寺公園駅の2駅が高架化され、7箇所の踏切が除却されます。概算事業費は約423億円を予定しています。


【出典元】
堺市HP>都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業についてその1












th_IMG_0288_2016042522514613b.jpg



【事業概要】
事業名称:南海本線(堺市)連続立体交差事業
事業延長:約2.7km(堺市域:約2.3km 高石市域:約0.4km)
踏切除却数:7箇所
高架化される駅:諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
鉄道と立体交差する都市計画道路: 諏訪森神野線、 常磐浜寺線、 浜寺鳳線
関連側道:約2.9km(東側約1.1km、西側約1.8km)
関連事業: 諏訪ノ森駅前線整備、 駅前交通広場整備(諏訪ノ森駅、浜寺公園駅)、浜寺公園駅前土地区画整理事業
概算事業費:約423億円(事業費負担割合)堺市:約92%(うち約55%に国の補助金活用)南海電気鉄道株式会社:約8
完成予定年:2028年3月末









th_IMG_0286_20160429015036655.jpg 



今回は高架化工事が計画されている諏訪ノ森駅付近の状況をご紹介します。諏訪ノ森駅は、大阪府堺市西区浜寺諏訪森町西二丁にある南海本線の駅で、千鳥式配置の単式22線のホームを持つ地平駅です。1日の乗降客数は7,857人。諏訪ノ森駅の上りホームの駅舎は国の登録有形文化財に登録されいます。高架化後は対面式2面2線のシンプルな構造の高架駅になります。

寺公園駅と諏訪ノ森駅の駅舎については、 次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用方策が検討され、「  保存場所は、新駅舎に近接して配置する」「 活用については、中央部分は、新駅舎のエントランスとする」「また、両側部分は、来場者が集い・憩いの場とし、施設運営については、市民や民間活力を活かす」などのガイドラインにそって浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技が行われ、株式会社ジェイアール東日本建築設計事務所>12 作品(PDF)が最優秀賞を受賞しました。



【出典元】
浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅 駅舎保存活用構想
浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技について









th_002_2016042901475926a.jpg


◆記憶を継承しつつ、新たなまちの空間へ

旧駅舎に設置されていたステンドグラスは諏訪ノ森 駅舎の特徴的な部分であり、このステンドグラスを モチーフとしたデザインを新駅舎のデザインに取り込みます。松、砂浜、海のイ メージを抽象化した デザインを新駅舎の外壁に適用することにより、 旧駅舎のデザインの記憶が継承しつつ、新旧が融合 された、まちの中心に位置する新駅舎に生まれ変わります。 外壁にはステンドグラスのイメージをちりばめたデ ザインの PC 版を取付けます。PC 版の各所に配置さ れた開口部から日中は駅空間に色鮮やかな太陽光が 入り込み、新駅舎利用者の目を楽しませます。また、 夜には駅からの様々な色の光が外に漏れだすことに より、駅前広場空間にいることが楽しくなるような 照明計画を行います。















th_IMG_0297_201604290205593f7.jpg



こちらは現在の諏訪ノ森駅駅舎の様子です。高架化後はカフェテラスとして活用が計画されています。















th_003_2016042901475861a.jpg


◆みんなの記憶、「諏訪ノ森の大きな木」

諏訪ノ森の人々に利用され、記憶に刻み込まれた旧駅舎を「諏訪ノ森の大きな木」としてとらえ大きな木を中心に人々が憩える空間を配置する計画とします。旧駅舎は今までの記憶とまちの将来をつなげる中心的な装置として人々とともに、これからの諏訪ノ森を見守っていきます。
















th_IMG_0291.jpg



線路越しに見た様子です。非常に年季が入っているのが解ります。


















th_IMG_0302_20160429020601e07.jpg



駅舎は非常に小ぶりです。
国の登録有形文化財に指定されている古い駅舎ですがIC対応の自動改札が導入されています。



















th_IMG_0304_201604290206048f4.jpg


駅舎内部の様子です。現役バリバリの「生きた駅舎」です。

















th_IMG_0311_201604290206025cb.jpg 


券売機のそばにある待合ベンチの様子です。

















th_IMG_0319_201604290206250f8.jpg 


照明器具とステンドグラスの様子です。




















th_IMG_0309_20160429020623aa9.jpg


ステンドグラスには松の木が描かれています。



















th_IMG_0332_20160429020627af6.jpg


外からステンドグラスを見た様子です。
















th_IMG_0280_20160429020628a27.jpg

高架化工事が計画されている諏訪ノ森駅。浜寺公園駅と並ぶ、レトロな駅舎は高架化工事の完成後はカフェとして再生利用される計画となっています。この千鳥配置の特徴的な駅レイアウトも、用地買収の進展と共に徐々に姿を変えて行く事になります。
関連記事
[ 2016/04/30 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(0)

シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)の建設状況 16.04

シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
は、よみうり文化センター再整備事業、に伴い建設される超高層タワーマンションです。大阪府豊中市の千里中央駅にほど近いよみうり文化センターと周辺を一体的に整備する再開発事業です。整備事業ではS造、地上7階、地下1階建ての商業施設と、RC造、地上51階、地下1階建ての共同住宅が建設されます。千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)の仮称でご紹介してきましたが、正式名称はシエリアタワー千里中央に決まりました。




【出典元】
よみうり文化センター再整備事業(PDF)
シエリアタワー千里中央公式HP


【過去記事】
千里中央超高層タワーマンションプロジェクト・(仮称)よみうり文化センター再整備事業の状況15.11

よみうり文化センター再整備事業15.05
よみうり文化センター再整備事業15.03
よみうり文化センター再整備事業14.08
よみうり文化センター再整備事業が4月8日に起工、住宅棟は高さ184mの超高層タワーマンション!
よみうり文化センター再整備計画は地上51階建て、高さ185mの超高層ビルで20143月にも着工の見通し!






th_IMG_1667_201511281421165ff.jpg


【スペック】
名称:
シエリアタワー千里中央(SENRITOよみうり)
所在地:大阪府豊中市新千里東町一丁目1番の3
階数:住宅棟:地上51階、地下1階、商業棟:地上7階、地下1
高さ:住宅棟:184.92m、商業棟:37.14m
構造:S造、RC
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲)、商業施設
総戸数:552
敷地面積:12,239.48㎡ ※施設全体
建築面積:10,353.63㎡ ※施設全体
延床面積:72,974.88㎡ ※施設全体
建築主:住宅棟:MID都市開発、関電不動産、関西電力  商業棟:読売新聞、讀賣テレビ放送、
設計者:住宅棟:大林組、商業棟:日建設計
施工者:住宅棟:大林組、商業棟:清水建設

着工・竣工
①商業施設Ⅰ期新築  2014年4月中 ~2015年6月下旬
②既存建物解体    2015年7月上旬~2016年1月下旬
③商業施設Ⅱ期新築  2016年2月上旬~2017年3月下旬
④住宅施設新築    2016年2月上旬~2019年4月下旬










th_IMG_1183_201604290050050d3.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年11月だったので約5ヶ月振りの取材です。現地では、旧よみうり文化センターの解体は完全に終わり、2期部分の建設工事が本格化していました!















th_IMG_1195_20160429005007ab1.jpg



上から見下ろした現地の様子です。写真手前側がシエリアタワー千里中央が建つ部分です。














th_IMG_1190_2016042900500938c.jpg


商業施設SENRITO2期部分の様子です。














th_IMG_1192_201604290050105d4.jpg


シエリアタワー千里中央のボリューム感が掴めました。郊外のタワーマンションとしては破格の規模になりそうです。














th_IMG_1197.jpg


最後は縦アングルで敷地全体を見た様子です。シエリアタワー千里中央の建設工事は順調に進んでいる様でした。



関連記事
[ 2016/04/29 01:30 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(1)

画像提供実績




th_IMG_1050_201604182311059e8.jpg


当ブログから画像を提供した実績の一部です。最近の実績を纏めてみました。こちらのリスト以外にも、多数の企業様、自治体・団体様にも多数提供させて頂いております。画像提供は原則無料で改変自由です。ただし、掲載媒体に出典元として、Re-urbanization -再都市化-、またはURL:http://saitoshika-west.com/のリンク・明記をお願いしています。合わせて提供実績リストに掲載させて頂きます。当ブログの画像を使用されたい場合は、ブログ記載のメールアドレスからお問い合わせ下さい。


◆株式会社 宮本組 様
http://www.miyamotogumi.co.jp/

◆株式会社近宣様
http://www.kinsen.co.jp/

◆大阪府庁エネルギー政策課 様
http://www.pref.osaka.lg.jp/eneseisaku/

◆株式会社I2C様
https://www.i2c.jp/

◆関西学院大学様
http://www.kwansei.ac.jp/index.html

◆公益社団法人自動車技術会様
http://www.jsae.or.jp/index.php

◆株式会社竹中工務店 様
http://www.takenaka.co.jp/

◆株式会社 ベルテック様
http://www.e-vertec.jp/example_osaka.html

◆株式会社日本プララド様
http://www.plarad.net/

◆株式会社プロヴィスタパートナーズ様
http://www.provista-partners.co.jp/

◆リバーガーデン千里中央 あかり絵のみち様
案内チラシ掲載
http://www.rg-akarie.jp/index.html

◆Rinku Marriage Support様
http://rms.omiaikon.com/

◆某参議院議員 様
※国会答弁資料に画像提供

◆県庁所在地の秘密(仮)講談社
著者:八幡和郎(やわた・かずお)様

◆阪急沿線 謎解き散歩 中経出版
著者:私鉄沿線散歩の会 様

関連記事
[ 2016/04/28 00:00 ] INFOMATION ブログについて | TB(0) | CM(0)

学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)16.04

th_IMG_1158_20160426225053488.jpg


学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)は、大阪市北区茶屋町にあった旧市立梅田東小跡地(4,650㎡)に大学の新キャンパスを建設する再開発計画です。梅田キャンパスは、地上22階、高さ125mの超高層ビルで、大阪工業大が工学デザイン分野の新しい学部を置く他、摂南大など系列の二つの大学のサテライトオフィスが設けられます。
















th_IMG_1164_20160426225051e28.jpg



【スペック】
名称:学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)
所在地:大阪市北区茶屋町50番の一部他
階数:地上22階、地下2
高さ:125.15m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :場所打ちコンクリート杭
主用途:学校(大学)
総戸数:---
敷地面積4,650.41
建築面積2,416.21
延床面積33,642.11
建築主:学校法人常翔学園
設計者:服部・石本・安井設計監理共同企業体
施工者:西松建設
着工:201403
竣工:201610












th_IMG_1155_2016042622505047a.jpg


前回の撮影が2016年03月だったので約1ヶ月振りの取材です。前回に比べ、さらにACW(アルミカーテンウォール)ユニットの取り付けが進み外観の完成が近づいてきました。












th_IMG_1160.jpg


南側の低層部の様子です。












th_IMG_1167.jpg


撮影ポイントを変えて、北側から見た学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)の様子です。












th_IMG_1181.jpg


北側低層部の様子です。円形に膨らんだ形状が見て取れます。













th_IMG_1174.jpg


最後は北西側から見上げた様子です。
関連記事
[ 2016/04/27 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(4)

南海本線ー浜寺公園駅高架化工事の状況 16.04

th_001_20160425223902259.jpg

南海本線(堺市)連続立体交差事業は、石津川橋梁付近から高石市域に至る、事業延長約2.7kmの高架化事業です。途中諏訪ノ森駅、浜寺公園駅の2駅が高架化され、7箇所の踏切が除却されます。概算事業費は約423億円を予定しています。


【出典元】
堺市HP>都市計画事業南海本線(堺市)連続立体交差事業についてその1













th_IMG_0288_2016042522514613b.jpg



【事業概要】
事業名称:南海本線(堺市)連続立体交差事業
事業延長:約2.7km(堺市域:約2.3km 高石市域:約0.4km)
踏切除却数:7箇所
高架化される駅:諏訪ノ森駅、浜寺公園駅
鉄道と立体交差する都市計画道路: 諏訪森神野線、 常磐浜寺線、 浜寺鳳線
関連側道:約2.9km(東側約1.1km、西側約1.8km)
関連事業: 諏訪ノ森駅前線整備、 駅前交通広場整備(諏訪ノ森駅、浜寺公園駅)、浜寺公園駅前土地区画整理事業
概算事業費:約423億円(事業費負担割合)堺市:約92%(うち約55%に国の補助金活用)南海電気鉄道株式会社:約8
完成予定年:2028年3月末


















th_IMG_0286_20160425225145572.jpg



高架化工事が各所で行われている南海本線ですが、今回は高架化工事が計画されている浜寺公園駅付近の状況をご紹介します。浜寺公園駅は大阪府堺市西区浜寺公園町二丁にある南海本線の駅で、2面4線の設備を持つ地平駅です。1日の乗降客数は4,207人。高架化後は2面2線、通過線2線の構造を持つ、新幹線型の高架駅になります。




















th_IMG_0369_201604252252014f0.jpg

浜寺公園駅といえば1907
に建てられた木造平屋建ての駅舎が有名です。大阪市中央公会堂や日本銀行大阪支店、東京駅丸の内口駅舎を設計した辰野金吾が手がけたこの駅舎は1998に国の登録有形文化財に登録されており、現存利用されている私鉄駅舎の中では最古の駅舎です。※厳密には浜寺公園駅の駅舎は現在閉鎖中です













th_002_20160425223900ffb.jpg



浜寺公園駅駅舎については、 次世代へ文化財的価値が継承できるような保存活用方策が検討され、「  保存場所は、新駅舎に近接して配置する」「 活用については、中央部分は、新駅舎のエントランスとする」「また、両側部分は、来場者が集い・憩いの場とし、施設運営については、市民や民間活力を活かす」などのガイドラインにそって浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技が行われ、株式会社アプル総合計画事務所(44 作品(PDF:2,698KBが最優秀賞に選ばれました。



【出典元】
浜寺公園駅及び諏訪ノ森駅 駅舎保存活用構想
浜寺公園駅・諏訪ノ森駅 駅舎及び駅前交通広場等計画提案競技について






th_003_20160425223903adf.jpg


現木造駅舎を引き立たせる「背景」となる新駅舎デザイン  
新駅舎ファサードは現木造駅舎を引き立たせる存在と位置付け、シンプル で、ニュートラル(中性的)な素材・色彩のものとし、現駅舎の「背景」としての おとなしいデザインを目指す。

周囲への圧迫感を軽減、新駅舎のファサードデザインの分節化  
現駅舎及び周囲の閑静な住宅のスケール(ボリューム感)との関係から、新 駅舎のファサードは1階と2階部で分節し、かつ2階部は明るい色調の外装板 とするが、中央部は現駅舎の屋根との関係、視線の抜けのために透過性のあ る外装(ガラス)とし、ホームからも現駅舎の屋根・駅前広場、駅前線を望めら れるように配慮する。

地域の気象条件や周囲の風景に調和した素材、維持管理への配慮  
海に近い立地条件に配慮し、採用する素材は潮風に強く、耐久性の高い素 材を用いることで、将来的なメンテナンスコスト軽減にも配慮する。  夏季の海からの自然の風をホームや駅舎内に取り入れ快適性を高めるな ど、省エネや地域環境に配慮したしつらえとする。

正面の木造駅舎への通景(ビスタ)を妨げない施設配置  
駅前広場・駅前線から現木造駅舎への眺望を尊重するため、駅前広場・駅 前線は地となるシンプルな素材、意匠、施設配置とする。 駅前線の街路樹は軸線を強調すべき、「歴史的経緯を有するマツ」を規則 正しく配置し、ビスタを強調する。 広場部は街路樹を両脇に寄せることで、現木造駅舎への視界を確保する。

夜間景観の演出に際してのきめ細かいライトアップ手法
 
現駅舎のライトアップ手法をあらかじめ広場設計の段階で一体的に検討を 行い、歴史的木造駅舎の繊細さを尊重する照明技法を採用する。 広場照明計画、背後の新駅舎照明計画、内部照明および展示照明計画とも 連動し、利用者の安全性、快適性(グレアカット)、省エネ性にも配慮する。









th_004_2016042522390494d.jpg

ファサードデザイン  
現駅舎の背景となる部分の外壁はガラス面とし、駅前広場から見た際に、この ガラス面に空が映り込み、新駅舎の存在を極力感じさせないことを目的とする。 その他のホーム階外壁は、整備コスト及び維持管理面に配慮してセメント系 パネル等とする。  1階のガラス面には、現駅舎付属のホーム上屋の姿や鉄道車両などをデジタ ルプリントしたシートを貼ることで、現駅舎と一体となった歴史的な風景の再現 に努める。

雨・風対策  
新駅舎の外装は、極力駅施設として実績のある標準的納まりに努める。 現駅舎と新駅舎の接続部は、現駅舎に付属する3番線ホーム屋根の架構を再 現し、エキスパンションジョイント部に雨樋を設ける。(屋根面は網入り波型ガラスとし、採光を兼ねる) ホーム外壁面には、スリット状のガラリをホーム足元に設け、海風、山風を導 入することで、ホームの快適性を高める。


内観デザイン  
コンコース全体の内装は、全体の色調をニュートラルな色、素材に統一し、歴史的展示等とのコントラストを際立たせる。 壁面は耐衝撃性・安全性の高い素材とする。(アルミ樹脂複合板等)










th_005_20160425223906c5c.jpg

現駅舎への通景(ビスタ)を演出する駅前広場  
駅前広場の形状は、現駅舎への眺望を重視して左右対称の線形とし、南北に バス及びタクシーバースを確保する。身障者用バースは、利用しやすい駅正面南 寄りに配置する。 駅前広場ロータリー以外の南北のスペースは、歩行者通行帯(5.5m)を確保し た上で多目的空間を確保する。 駅前広場及び駅前線は、基本的にはバリアフリーに配慮してセミフラット型と するが、バス停部分のみ乗降しやすいようマウンドアップ型を提案する。

維持管理に配慮した素材選定  

車止めや照明灯、シェルター等は、極力シンプルなデザインにすると共に、維 持管理のしやすい製品とする。 舗装についてもコスト、維持管理面、環境へのやさしさ(透水性・保水性等)に 配慮したコンクリートブロック舗装を基本とする。色は歴史的景観に配慮しグレ ー系の濃淡2色のブロックを提案する(最終的には市民意見、管理者意見も踏ま え決定する)。








th_IMG_0347_201604252251480dd.jpg


現在の浜寺公園駅の様子です。現役最古参旧の木造駅舎を持つ駅の為、ホームや上屋、待合室など全てのアイテムから歴史を感じる事が出来ます。













th_IMG_0344_2016042522520293b.jpg


下りホームにある待合室の様子です。











th_IMG_0335_201604252252043ee.jpg 


内部にはタイムスリップした様なレトロな空間が広がっていました。












th_IMG_0385_20160425225205f15.jpg



上りホームの上屋の様子です。古レールの柱と木材の取り合わせがなんとも言えません。












th_IMG_0373_2016042522515148b.jpg




このレトロな浜寺公園駅にも高架化工事の荒波が押し寄せています。上の図は現地に掲示されていたパネルを撮影したモノですが、既に仮設駅舎が設置され、木造駅舎は一時的に閉鎖されていました。








th_IMG_0361_20160425225159cce.jpg



仮設駅舎に繋がる地下通路の様子です。









th_IMG_0384_20160425234350701.jpg



高架化工事に伴い少しつづ姿を変え始めた浜寺公園駅。木造駅舎はそのまま高架駅舎のエントランスとして活用されるとの事なので
、ほっと一息です。これから徐々に姿を変えてゆく浜寺公園駅も追跡取材を行ってゆきたいと思います。
関連記事
[ 2016/04/27 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(4)

南海本線ー羽衣駅高架化工事の状況 16.04

th_IMG_0254_20160424200726c7b.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。













th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度ですが、工事の進展に伴い、2016年5月14日(土)の始発電車から下り線が高架線に切り替えられます。














th_IMG_0262_20160424200952511.jpg



今回は下り線の高架直前の羽衣駅の様子をご紹介します。羽衣駅(はごろもえき)は、大阪府高石市羽衣一丁目にある、南海本線の駅で23線のホームをを持つ橋上駅です。羽衣駅は南海本線に加え、高師浜線とJR阪和線の東羽衣支線(羽衣線)との乗り換え駅でもあります。乗降人員は20,612/日。現在、高架化工事が行われており、来月14日(土)から関西国際空港方面の下り線が高架に切り替えられる予定です。














th_IMG_0268_20160424200727482.jpg


現地の様子です。来月14日の高架化に備え、下り高架ホームの最後の仕上げ工事が行われていました。














th_IMG_0242_20160424200728552.jpg



こちらは関西国際空港方面の様子です。高架橋が延々と伸びています。











th_IMG_0226_20160424200730188.jpg


反対側、難波方面の様子です。












th_IMG_0251.jpg


橋上駅舎から見た難波方面の様子です。












th_IMG_0231_201604242007403a5.jpg


地上から見た下り高架ホームの様子です。











th_IMG_0241_201604242007388f1.jpg


羽衣線に乗りれている高師浜線は難波方面上りホームの関西国際空港側に切り欠きホームから発着しています。











th_IMG_0237_20160424200741357.jpg


撮影していると、南海本線の上り、下り電車と高師浜線の電車、3列車が集結する瞬間に出くわしました!

関連記事
[ 2016/04/26 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

神戸阪急ビル東館 建替計画がついに始動!新ビルは地上29階建て、高さ約120mの超高層ビルで宿泊特化型ホテルremm(レム)が入居!

001_201604251756312e9.jpg


神戸阪急ビル東館の建て替え計画がいよいよ始動です。阪急電鉄が2016年4月25日に発表したニュースリリースによると、同社は2021年の竣工を目指して神戸阪急ビル東館を建て替えると発表しました!

1936年3月に、神戸本線の延伸にあわせて阪急神戸三宮駅と一体で建設した旧神戸阪急ビル東館は、1995年1月の阪神・淡路大震災により被災・解体するまで、60年近くにわたって、神戸・三宮のシンボルとして親しまれてきたランドマーク的なビルでした。現在の神戸阪急ビル東館は、震災後、1995年12月に駅機能の復旧に合わせて、暫定的な建物として開業したもので、その後、本格的な建替計画の検討及び関係機関との協議がすすめられてきました。






【過去記事】


※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!












002_201604251756336a7.jpg



1.計画の概要

新神戸阪急ビル東館の計画地は神戸の中心地である三宮地区にあり、阪急神戸三宮駅をはじめ、阪神神戸三宮駅、神戸市営地下鉄三宮駅、JR三ノ宮駅、ポートライナー三宮駅が近接する鉄道交通網の結節点に位置しています。新神戸阪急ビル東館は、駅の整備を一体的に行い、神戸市営地下鉄との乗り換え利便性の向上や公共的空間の創出を図るとともに、旧神戸阪急ビル東館のデザインがビルの低層部に再生されます。

また、ビル内には、商業施設、オフィスのほか、阪急阪神ホテルズが展開する宿泊主体型ホテル「remm(レム)」が入居する予定で、神戸を訪れるビジネス客や旅行者のホテル需要に応える計画です。さらに、最上階となる29階には展望フロアが整備され、港街神戸の魅力ある景観を楽しめる空間を提供するとともに、4階から15階を占めるオフィスフロアの最上階には神戸市が検討している産学交流拠点も誘致してくとの事です。




















003_2016042517563480d.jpg


【スペック】
名称:神戸阪急ビル東館
所在地:神戸市中央区加納町4丁目2番1号
階数:地上29階、地下3階
高さ:約120m
構造:鉄骨造(地下部:鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 :---
主用途:オフィス、ホテル、商業施設他
客室数:
敷地面積:約7,100㎡(駅高架下範囲等を含む、計画地周辺図の赤線範囲)
建築面積:5,846.73㎡
延床面積:約28,500㎡
建築主:阪急電鉄
設計者:
施工者:
着工:未定
竣工:2021年(予定)













004_20160425175630a60.jpg


2.阪急神戸三宮駅東改札口付近の整備について

阪急神戸三宮駅東改札口から神戸市営地下鉄三宮駅東改札口までの乗り換え動線の改良(上下方向のエスカレーターを整備、改札階・地上)、改札階と地上階、そして地下鉄改札階を結ぶバリアフリー対応のエレベーターを設置し、乗り換え利便性の向上が図られます。また、1階部分と2階部分にかけて設けている吹き抜け空間を拡大し、改札外コンコースをより開放的なものとなります。



3.低層部における旧神戸阪急ビル東館のデザイン再生について

永らく市民の方に親しまれてきた旧神戸阪急ビル東館のデザインが低層部に再生されます。新しいビルの東側には、大きなアーチ状の窓と円筒形の立面を配して旧ビルのイメージを継承し、良好な景観を形成することで、三宮地区の中心地として魅力ある新たな神戸のランドマークを目指す計画です。



ついに実現に向けて計画が動き出した神戸阪急ビル東館 建替計画。あの小さい敷地に地上29階建て、高さ約120mの超高層ビルが建設される事に少し驚きましたが、敷地面積が駅高架下範囲等を含む約7,100㎡との記載があり納得しました。完成目標が2021年とかなり息の長い計画ですが、神戸市の表玄関のリニューアルとも言える計画なので、これから追跡取材を行なって行きたいと思います。
関連記事
[ 2016/04/25 19:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(6)

竣工したザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの状況 16.04

th_IMG_0829_2016042422014163e.jpg


ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(The Park Front Hotel at Universal Studios Japan)は、ユニバーサルシティー駅とパークを結ぶメインストリート「ユニバーサル・シティ ウォーク大阪」の向かい側に建設さる、約600室の客室を持つ高さ100メートルのシンボル性の高いタワー型ホテルです。

パークフロントホテルは、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの5番目となる公式ホテルで、USJ社との密接な連携のもとテーマ性を持つ商業ファサード、コーナー部に2つの広場、回遊できる歩行者空間が設けられる他、シティウォークを拡張し商業施設を配置する計画です。ホテルは多彩な客室構成、質の高い客室を提供し、USJのキャラクター等のコンセプト仕様の各客室フロアが検討されており、客室は32~45m2の広さで2人部屋から5人部屋までのバリエーションを用意し、様々なニーズに対応しています。2015年8月1日に開業しました。




【東急ホテルズHP】
パークのメインゲート正面という絶好のロケーションに位置するオフィシャルホテル「The Park Front Hotel at Universal Studios Japan」が誕生!
大阪ユニバーサルシティに「ホテルユニバーサルグランドタワー東急」(仮称)を2015年夏(予定)に出店




【過去記事】
ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(The Park Front Hotel at Universal Studios Japan)15.11
ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(The Park Front Hotel at Universal Studios Japan)15.05

ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(The Park Front Hotel at Universal Studios Japan)15.03

ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(The Park Front Hotel at Universal Studios Japan)14.12
ホテルユニバーサルグランドタワー東急(仮称)14.09

ホテルユニバーサルグランドタワー東急(仮称)14.07

ホテルユニバーサルグランドタワー東急(仮称)14.05
ホテルユニバーサルグランドタワー東急(仮称)14.04

USJ隣接地に建設中の新ホテルの運営会社は東急ホテルズに決定、ホテルユニバーサルグランドタワー東急(仮称)は2015年夏開業!

(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワー 13.10
USJ隣接地に初のスーパーオフィシャルホテル「(仮称)ホテルユニバーサルグランドタワー」が誕生!















th_IMG_0880_20160424220143a12.jpg


【スペック】
名称:ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
   (The Park Front Hotel at Universal Studios Japan)
所在地:大阪市此花区島屋6丁目427番1
階数:地上28階、塔屋3階
高さ:110.60m※最高部
構造:鉄骨造
杭・基礎 :---
主用途:ホテル、物販店舗、飲食店舗
客室数:598室 (うちスイートルーム2室)
敷地面積:6,647.76㎡
建築面積:5,846.73㎡
延床面積:45,928.36㎡
建築主:(特定目的会社)ワンダー ・トリアングルム
設計者:清水建設
施工者:清水建設
着工:2013年12月
竣工:2015年08月
◇フロア構成
1~2階が駐車場、3階がエントランス、フロント、ロビー、レストラン、ファンクションルーム、4階~28階が客室
◇客室
客室数は約600室、客室面積は30~45㎡
◇付帯設備
約300席のレストラン、約200席のファンクションルーム ※宴会場・大会議などに使用出来るカンファレンスルーム











th_IMG_0886_20160424220144237.jpg



東側から見たザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの様子です。












th_IMG_0878_2016042422014518b.jpg


南側から見たザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの様子です。













th_IMG_0864_20160424220147618.jpg

















th_IMG_0855_20160424220156bf6.jpg



USJの門前町、ユーバーサルシティウォーク大阪の様子です。新ホテル「ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」の開業により、通路幅が約2倍に広がりましたが、パーク入場者数の大幅増加に合わせたバツグンのタイミングで拡幅されたと思います。









th_IMG_0828_2016042422015370a.jpg


反対側からユニバーサルシティウォーク大阪を見通した様子です。いい感じですね〜。














th_IMG_0858_20160424220158c74.jpg


ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは開業後1度撮影していますが、曇り空のコンディションだった為、今回撮影し直してきました。

このホテルは598室の大型ホテルですが、USJの爆発的な来場者数の増加により満室に近い稼働率で推移している様です。先日ご紹介した、ユニバーサルシティ駅前プロジェクト(カンデオホテルズ及びBrillia)が390室、オリックスがUSJ近くで計画している新ホテル(仮称)島屋6丁目計画は客室数は不明ですが延べ床面積が3.5万平米ほあり、カンデオホテルの約2倍の規模なので少なく見積って500室規模になると思われるで、2施設で約900室ほどが新規供給される事になります。また、ユニバーサルシティ駅の1駅向こうの桜島駅前でも大和ハウスが新ホテルの建設を行っており、これら全てのホテルが完成すると、USJ周辺のホテルの客室数は5年前の約2倍に膨れ上がる事になります。だた、これだけの客室が供給されても、爆発的なインバウンド需要の伸びには追いついておらず、まさに焼け石に水状態です。USJ周辺に限ると、今後は桜島駅周辺でのホテル開発がづづくかもしれませんね。

関連記事
[ 2016/04/25 00:00 ] 大阪都心 ベイエリア | TB(0) | CM(11)

南海本線ー高石駅高架化工事の状況 1604

th_IMG_0218_2016042418424963d.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は、南海本線羽衣駅から高石駅周辺区間における道路交通の混雑緩和や踏切における事故や渋滞を解消するとともに、鉄道によって分断されていた市街地の機能が一本化され、魅力ある街づくりの実現に大きな役割を果たす高架化事業です。総事業費は約550億円です。













th_IMG_0264_20160424184252aa7.jpg


南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業の事業延長は約4.1km(南海本線3.1km・高師浜線1.0m)で、対象駅は羽衣駅・高石駅の2駅で途中13箇所の踏切が除却されます。事業年度は1997年度から2019年度ですが、工事の進展に伴い、2016年5月14日(土)の始発電車から下り線が高架線に切り替えられます。
















th_IMG_0262_201604241842517dc.jpg



今回は下り線の高架直前の高石駅の様子をご紹介します。高石駅(たかいしえき)は、大阪府高石市千代田一丁目に所在する南海本線の駅で、島式24線のホームを持つ橋上駅です。乗降人員は9,598/日。現在、高架化工事が行われており、来月14日(土)から関西国際空港方面の下り線が高架に切り替えられる予定です。














th_IMG_0190_201604241842544c9.jpg



現地の様子です。こちらは架設ホームですが2面4線の立派な駅施設となっています。















th_IMG_0184_2016042418425548b.jpg


関西国際空港方面の様子です。下り線の高架橋が架設線にそって延々と伸びています。
















th_IMG_0201_20160424184305675.jpg



反対側、難波方面の様子です。こちらが側も架設線にそって高架線が伸びています。















th_IMG_0191_20160424184302be0.jpg



架設ホームから、工事中の高架ホームを見上げると、既に駅名票が取り付けられいる事が確認出来ました。















th_IMG_0209_201604241843047cf.jpg



撮影ポイントを変えて、橋上駅舎から見た、難波方面の高架橋の様子です。














th_IMG_0212_20160424184307b01.jpg



同じく橋上駅舎から見た関西国際空港方面の様子です。下り線の高架ホームの建設工事はかなり進んでいる事が解りました。














th_IMG_0203_2016042418430849b.jpg


高架化工事が進む南海本線ー高石駅付近。高架ホームへの切り替え後に取材したいと思います。

関連記事
[ 2016/04/25 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(0)