医療養環境と看護動線を重視したツインクロス型病棟を採用!新石川県立中央病院の建設状況 1605

001_201605241556571e0.jpg


新石川県立中央病院は、隣接地に移転後、30年以上が経過し老朽化が進行してる現在の病院を建て替える、大型病院の建て替え計画です。現在の病院施設は、これまでに増築や改築を行ってきましたが、高度医療施設が導入出来る部分も不足しており、抜本的解決策として建て替えが決定されました。



◆石川県民に信頼される高度専門病院
新病院は「今後の医療の進歩に的確に対応し、常にその時々の最新の高度専門医療を県民に幅広く提供」するとともに、「機能的で、安全、快適な、実用性を重視した施設」を目指しています。




【出展元】
石川県公式HP
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/chiji/kisya/h25_2_20/05.html

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/iryou/kentyu/documents/kihonsekkeinoyouten.pdf














002_20160524155658e66.jpg



【スペック】
・建 所:石川県金沢市鞍月東2丁目地内 
・敷 積:96,000 平方メートル 
・延 積:62,000 平方メートル 
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造 (免震構造) 
・階数:地下 1 階、地上 10 階、屋上ヘリポート
病床数:630  
・駐車場台数:来院者用 900















004_201605241556564f4.jpg


◆医療養環境と看護動線を重視したツインクロス型病棟

最近の大病院で見られるツインクロス型病棟が採用されています。ツインクロス型病棟は上の図の様な形状の病棟で、1フロア2看護単位を基本としたレイアウトで、患者・見舞客とスタッフの動線を分離し、スムーズな移動を実現する他、スタッフステーションを取り囲むように病室が配置されており、看護動線短縮と病室の見通しが良くなります。 
また、多くのベッドサイドに十分な採光が取れる為、療養環境の向上が見込める形状となっています。





















003_20160524155659a1a.jpg


1)敷地概要
・所在地 :石川県金沢市鞍月東2丁目 地内 ・敷地面積 :約 96,000 ・用途地域 :第二種住居地域、商業地域 ・法定建ぺい率:60%80 ・法定容積率 200%400%

2)建物概要
・建物名称 :石川県立中央病院 ・建物用途 :病院 ・建築面積 :約 11,000 ・延床面積 :約 62,000

3)配置計画
①敷地北側に建設
・現病院を運営しながら建て替えを行うため、敷地北側(現病院の職員駐車場)に新病院を建設する。
・敷地南側には、まとまった駐車場を確保する。

②北側道路(西部中央通り線)に平行に配置 ・新病院は北側道路に平行に配置し、自然な街並み形成を図る。
・新病院配置を敷地形状に合わせることで、効率的に敷地を活用する。
・新病院南側に正面入口を設け、わかりやすい来院者動線を確保する。
・北側道路に救急車専用入口を設け、来院者と動線を分離する。


















th_IMG_1430_2016052421482310d.jpg



現地の様子です。こちらの写真は石川県庁の展望室からの撮影です。既に鉄骨建方が始まっており、巨大な新病院の建設化していました。


















th_IMG_1438_20160524214822b25.jpg


新石川県立中央病院は3機のタワークレーンで建設されています。地方都市の建設現場で、これだけ大型のタワークレーンが3機稼働している光景は珍しいです。よく見ると、タワーそれぞれに石川県内の地名「加賀」「能登」「白山」のニックネームが付けられていました。




















th_IMG_1429.jpg


現在の石川県立中央病院の様子です。昔一度お世話になりましたが、建物内部かかなり老朽化が進んでいる印象でした。



















th_IMG_1396.jpg



地上から見た石川県立中央病院の様子です。

















th_IMG_1400.jpg



仮囲いの透明化所から見た内部の様子です。















th_IMG_1426_20160524214829056.jpg

最後はもう一度石川県庁展望室から見た現地の様子です。新石川県立中央病院は県内の中核病院として、重要な役割を担う事になります。
関連記事
[ 2016/05/31 00:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(1)

大阪工業大学 梅田キャンパスOIT梅田タワーの建設状況 16.05

th_IMG_0866_201605271521061cd.jpg



大阪工業大学 梅田キャンパスOIT梅田タワーは、大阪市北区茶屋町にあった旧市立梅田東小跡地(4,650㎡)に大学の新キャンパスを建設する再開発計画です。梅田キャンパスは、地上22階、高さ125mの超高層ビルで、大阪工業大が工学デザイン分野の新しい学部を置く他、摂南大など系列の二つの大学のサテライトオフィスが設けられます。


【過去記事】
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)16.04
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)16.03
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.11
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.09
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.06
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.05
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.04
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)15.01
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)14.08
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)14.07
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)14.05
学校法人常翔学園 梅田キャンパス(仮称)14.04









th_IMG_0864_20160527152105e74.jpg


【スペック】
名称:大阪工業大学 梅田キャンパスOIT梅田タワー
所在地:大阪市北区茶屋町50番の一部他
階数:地上22階、地下2
高さ:125.15m
構造:S造、一部SRC造
杭・基礎 :場所打ちコンクリート杭
主用途:学校(大学)
総戸数:---
敷地面積4,650.41
建築面積2,416.21
延床面積33,642.11
建築主:学校法人常翔学園
設計者:服部・石本・安井設計監理共同企業体
施工者:西松建設
着工:201403
竣工:201610










th_IMG_0870_20160527152103c28.jpg


南側低層部の様子です。カーテンウォールの取り付けがかなり進み完成に近づいてきました。










th_IMG_0875_20160527152102d3e.jpg


北側から見た、大阪工業大学 梅田キャンパスOIT梅田タワーの様子です。高層部のカーテンウォールユニットの取り付けも進んでおり、こちら側の外観も完成が近づきました。










th_IMG_0883_20160527152100654.jpg


北側低層部の様子です。














th_IMG_0881_20160527152115907.jpg



頂部の様子です。真っ青な青空に、青色のカーテンウォールの組み合わせが美しい。












th_IMG_0886_2016052715211394f.jpg



最後は北西側から見た、大阪工業大学 梅田キャンパスOIT梅田タワーの様子です。
関連記事
[ 2016/05/31 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(3)

「金沢プール」城北市民運動公園内で建設中の屋内プールの建設状況 16.05

th_IMG_1384_201605242156004e7.jpg


金沢プールは、金沢市北部にある城北市民運動公園内で建設中の屋内プールです。施設は鉄筋コンクリート造(一部鉄骨)で延べ床面積は約1万4千平方メートル、50m、飛び込み、25mの3つのプールを備え、観客席は2500席の規模です。金沢プールは、日本水泳連盟国際公認の「国内一般プールAA」グレードのプールとなる予定で、国体など主要大会の開催が可能になります。総事業費は74億円、完成予定は2016年8月です。










th_IMG_1381.jpg


【スペック】

1.構 造
下部構造:鉄筋コンクリート造(一部、鉄骨鉄筋コンクリート造)
上部構造:鉄骨造

2.規 模
延床面積:約14,100㎡(地下1階 地上3階建)

3.概 要
50mプール(国際公認 水深2.0~0m×10コース、可動床、可動壁)、
飛込プール(国際公認 水深5m)、
25mプール(水深1.1・1.35m 2段式×7コース)、
観客席(2,100席、仮設約400席 増設可)、更衣室など諸室

4.工 期 約26ヶ月

5.事業費 約74億円








th_IMG_1386_201605242155576da.jpg


特徴的なデザインの側面部の様子です。木材風の外壁パネルと窓が市松模様の様に配置されています。
























th_IMG_1377_201605242155558dc.jpg


真横から見た様子です。フタコブラクダの様な屋根の形状が目を引きます。
























th_IMG_1375_20160524215554b9f.jpg



金沢プールの外観デザインはとても特徴があり面白いと思いますが、誰が手がけたのでしょうか・・。色々検索してみましたが、これといった手がかりが見つかりませんでした。
おそらく完成後は建築雑誌などで紹介される案件だと思うので、その時までお預けかなぁ・・。





















th_IMG_1391.jpg


反対側から見た金沢プールの様子です。





















th_IMG_1442_2016052421560612f.jpg


最後は石川県庁の展望室から見た、金沢プールの様子です。

関連記事
[ 2016/05/30 00:00 ] 北陸・甲信越 金沢 | TB(0) | CM(1)

阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.05

th_IMG_0887_20160527202508759.jpg


阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)は、阿倍野再開に伴いあべの筋の近鉄百貨店前(近鉄前交差点)からあべのベルタ前の阪神高速付近(阿倍野交差点)までの区間の幅員を現在の24mから40mに拡幅する道路改良工事です。また、尼崎平野線近鉄前交差点~旭町1丁目付近(大阪市立大学医学部付属病院西詰)までの区間の各幅工事も進んでいます。




【過去記事】
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.04
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.03
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 16.01
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.11
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.10
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.09
阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)の状況 15.07
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.03
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 15.01
阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画 14.10
阿倍野筋拡幅工事計画 14.08
阿倍野筋拡幅工事計画 14.07
阿倍野筋拡幅工事計画 14.06
阿倍野筋拡幅工事計画 14.05
阿倍野筋拡幅工事計画 14.04
阿倍野筋拡幅工事計画 14.01
阿倍野筋拡幅工事計画 13.07
阿倍野筋拡幅工事計画 13.04
■追跡取材リスト



※路面電車の軌道敷の緑化とセンターポール化についてはこちらの記事を参考にしてください。
路面電車の軌道敷緑化とセンターポール化














th_IMG_0892_2016052720251060c.jpg


【工事概要】
・工事名:都市計画道路長柄堺線拡幅整備に伴う 阪堺電気軌道上町線移設工事
・工事区域:阿倍野区阿倍野筋1丁目地内~阿倍野筋4丁目地内
・工事期間 
自:2015年07月下旬 予定) 
至:2017年12月下旬(予定)

・工    

昼間: 午前  9:00 ~ 午後 5:00 (予定) 
夜間: 午後 10:00 ~ 午前 6:00 (予定) 
(日・祝日は、原則、休工)

・発注者:阪堺電気軌道株式会社
・施工者 
土木・建築工事:南海辰村建設・奥村組共同企業体 
線路設備工事:南海辰村建設株式会社







004_201507271231228d7.jpg



工事区間の配置図です。北側は阿倍野歩道橋から阿倍野交差点を超えたあたりまでとなっています。交差点部分はコンクリート製の軌道敷、専用軌道部は芝生による緑化が行われます。
















003_20150727123120411.jpg



工事区間の断面図です。阪堺電車の線路が西側に移設され、架線柱のセンターポール化も行われます。












th_IMG_0895_20160527202511e21.jpg


今回取材してみると、阪堺線の新しい駅舎の工事が本格化し、上屋の骨組みが姿を現し始めていました!











th_IMG_0901_20160527202514ba2.jpg


南側から見た駅部の様子です。上屋が姿を現し始め事で一気に駅らしくなってきました!











th_IMG_0898_20160527202513e8b.jpg


こちらは軌道敷の芝生化区間の様子です。順調に生育が進んでいる様で芝生のフカフカ感が出てきました。












th_IMG_0910_20160527202522c5f.jpg


順調に工事が進む阪堺電気軌道上町線移設工事(阿倍野筋拡幅・尼崎平野線工事計画)。天王寺・阿倍野地区の新しいシンボルロードとして、改良工事の完成が待たれる所です。


関連記事
[ 2016/05/30 00:00 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(2)

東京インテリア家具大阪店はIKEA鶴浜店の北隣で建設中!東京インテリア家具大阪店の建設状況 1605

th_IMG_0488_20160512230533976.jpg


東京インテリア家具大阪店
はIKEA鶴浜店の北側で建設が進む超大型インテリアショップです。東京インテリア家具は、関東・東北を中心に全国36のホームファッション店舗を展開し、自社ブランドを中心とした家具とインテリア用品などを販売するチェーンストアです。今回の開発計画ではインテリアショップならではのゆったりした空間で喫茶軽食が楽しめるカフェスペースやこども連れのファミリー層のためのキッズランドも設置する予定で、隣接するイケア鶴浜店の集客力との相乗効果を狙った出店となります。












th_IMG_0476.jpg


【スペック】
名称:(仮称)東京インテリア家具大阪店新築工事
所在地大阪府大阪市大正区鶴町2-125-3
階数:地上2
高さ:25.31m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途:店舗
総戸数:---
敷地面積:6,442
建築面積:26,960.67
延床面積:27,604.18
建築主東京インテリア家具
設計者大本組東京本社一級建築士事務所
施工者大本組
着工:201604
竣工201702月(予定)













th_IMG_0478_20160512230530d99.jpg


建築計画のお知らせに掲載されている立面図です。東京インテリア家具の登記上の本社所在地は東京都荒川区となっていますが、実質的な本部機能は創業当初より栃木県にあり、北関東を足掛かりに東北地方・南関東・中部地方へと店舗網を拡大しています。今回の大阪進出はイケアの真横の巨大店舗を出店する事で、かなり注目を集めそうです。











th_IMG_0480_201605122305324c3.jpg


同じく建築計画のお知らせに掲載されている配置図です。図の下部にイケアの姿が見えますね。東京インテリア家具大阪店の建物は東西184.4m、南北147mの超巨大な店舗になります。















th_IMG_0481_20160512230542da3.jpg



現地の様子です。当初の計画から約1年遅れの2016年4月の着工となりました。現地には3点式パイルドライバが投入され基礎工事が始まっています。












th_IMG_0484_20160512230535863.jpg


東京インテリア家具大阪店に隣接するイケア鶴浜の「店舗面積」は約2.6万㎡なので、それとほぼ同等の店舗が隣接地に誕生する事になります。また、イケアの集客力と真横に巨大店舗を出店する話題性を高め、近畿圏での知名度を一気に高める同社の戦略も見え隠れします。
東京インテリア家具大阪店のオープン後は、鶴浜はホームファッションのテーマパークの様なエリアになりそうですね。
関連記事
[ 2016/05/29 00:00 ] 大阪都心 ベイエリア | TB(0) | CM(6)

福井鉄道ー福井駅前線(通称ヒゲ線)延伸工事の状況 16.05

th_001 23-09-58


福井鉄道ー福井駅前線(通称ヒゲ線)延伸工事
は、現在の福井鉄道駅前線を約150m延伸し、福井駅西口交通広場内に電停を新設する、路面電車の延伸工事です。駅前線の延伸は僅か150mの距離ですが、JR、バス、タクシーなどの交通機能が一箇所に集積することで、各交通機関との乗り換えにかかる距離と時間が短縮されるとともに、心理的な距離感も短縮され乗り継ぎ利便性が向上する事が期待されています。また、 観光客など初めて利用する人にとっては、すぐ見える場所に電停があることから、路面電車を利用するハードルが下がる効果も見込めます。






th_IMG_1044_20160525231818607.jpg


紆余曲折を経た延伸工事ですが、福井駅西口交通広場の完成に合わせて2016年3月27日に延伸開業を果たしました。















th_IMG_1057_20160525231816d19.jpg


新装なった福井駅の様子です。今回の延伸工事に合わせて、駅名も「福井駅前電停」から「福井駅」に変更され、さらに福井鉄道福武線とえちぜん鉄道三国芦原線が、2016327日から相互乗り入れを開始しました。













th_IMG_1054_201605252318157a1.jpg


終端部の車止めの様子です。












th_IMG_1063_20160525231813d70.jpg


駅名票の様子です。













th_IMG_1072_20160525231812aca.jpg



発車標の様子です。取材時にはなぜか非点灯だったので普段の表示内容は不明です。













th_IMG_1074_2016052523182991c.jpg


福井鉄道福井駅は2面2線のシンプルな構造ですが、真新しい設備の為でしょうか?まるで大都市圏の私鉄駅の様な雰囲気を感じました。












th_IMG_1032_201605252318288ec.jpg


撮影ポイントを変えて、ハピリンから見た延伸部の様子です。













th_IMG_1049_20160525231826f8c.jpg


地上部から見た延伸部の様子です。













th_IMG_1145_20160525231825ef9.jpg

福井駅に進入する電車の様子です。














th_IMG_1170_20160525231823f72.jpg


商店街側から見た、福井駅の様子です。













th_IMG_1163_201605252320329a0.jpg


かつての終点、旧福井駅前電停あたりの様子です。













th_IMG_1151.jpg


今回の福井鉄道ー福井駅前線(通称ヒゲ線)延伸工事は遠心距離が約150mと非常に短い距離ですが、いわゆるミッシングリンクを解消する意味では非常に意味のある延伸だと個人的に思いました。
関連記事
[ 2016/05/29 00:00 ] 北陸・甲信越 福井 | TB(0) | CM(2)

新関空会社の16年3月期の営業利益は592億円で過去最高を更新!営業利益で関空が成田を抜く!

th_IMG_7519.jpg

新関西国際空港会社が24日発表した2016年3月期の連結決算は、営業利益が前の期比34%増の592億円と過去最高を更新しました。売上高にあたる営業収益は20%増の1845億円、純利益は50%増の294億円で着地。関西国際空港の営業利益は41%増の460億円で、1994年の開港以来、初めて成田空港を運営する成田国際空港会社を超えました。また、法務省統計によると2016年2月度の関空の外国人入国者数は約50万2700人で、1994年の開港以来初めて成田空港(約49万8600人)を上回りました。現在の関空の状況は5〜6年前からすると想像も出来ない変貌振りです。










th_IMG_7506.jpg

関空の昨年の旅客数は2405万人で前年比で20%増加。格安航空会社(LCC)などの就航拡大で訪日客が増え、空港施設の使用料や商業収入も伸びました。現在は入国客の混雑の緩和に向けた設備面の整備が緊急の課題となっています。

また、新関空会社は3月末まで関空と大阪国際(伊丹)空港を運営していましたが、4月の民営化に伴い両空港の運営はオリックスや空港運営大手の仏バンシ・エアポートなどが出資する関西エアポートが担っています。いまや成田を上回る外国人入国者数を誇る「日本の空の玄関」を発展させる為に、これからどんな手を打つか?オリックス、仏バンシ・エアポートなどが出資する関西エアポートのこれからの施策に注目が集まります。

関連記事
[ 2016/05/28 00:00 ] その他 空港 | TB(0) | CM(11)

竣工したハピリン(Happiring )シンフォニアタワーコート福井の状況 16.05

th_IMG_0958_20160525223608849.jpg





ハピリン(Happiring )・シンフォニアタワーコート福井
は、地上21階、地下2階、高さ91mの高層ビルで、福井県で最も高いビルとなります。延床面積約3.5万平米の再開発ビルには、5階に福井市がプラネタリウムなどの映像を投影するドームシアターが設けられる他、1~3階に観光関連施設、3~4階に能舞台を備えた多目的ホール、4階に総合ボランティアセンター1、2階は商業フロア、6~21階の高層部には総戸数88戸の分譲マンションが入居する計画です。再開発ビルの完成予定は2016年05月で総事業費は137億円です。


【過去記事】
ハピリン(Happiring )シンフォニアタワーコート福井の建設状況 15.09
福井駅西口中央地区第一種市街地再開発事業(シンフォニアタワーコート福井)の建設状況 14.05
福井県で最も高い高層ビルとなる福井駅西口再開発ビルが着工!












th_IMG_0936.jpg


【スペック】
名称:
ハピリン(Happiring )・シンフォニアタワーコート福井
所在地:福井県福井市中央1丁目地係
階数:地上21階、塔屋2階、地下2階
高さ:91m
構造:地上S造、RC造(中間免震構造)、地下SRC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:事務所、店舗
総戸数:88戸(住宅部分は7階~21階)
敷地面積:5,554.06m2
建築面積:4,614.00m2
延床面積:35,136.82m2
建築主:福井駅西口中央地区市街地再開発組合
設計者:アール・アイ・エー
施工者:竹中工務店
着工:2013年09月
竣工:201605月上旬(予定)















th_IMG_0982_201605252236057c1.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2015年09月だったので約8ヶ月振りの取材です。福井県で最も高いビルとなった、ハピリン(Happiring )シンフォニアタワーコート福井は、2016年4月28日にグランドオープンを迎えました。














th_IMG_1156_2016052522360476d.jpg


ハピリンは地上21階、地下2階建てで、高さは福井県内で一番高い91m。総事業費約137億円です。1、2階は商業フロアで、飲食店を中心に20テナントが並び、県産品を販売する市観光物産館「福福館(ふくぶくかん)」も入居しています。3階は能楽堂を備えた多目的ホール「ハピリンホール」、4階が市総合ボランティアセンター、5階はドームシアターがある市自然史博物館分館「セーレンプラネット」となっています。また7階以上はマンションで、全88戸が完売しています。
















th_IMG_1078_2016052522360377f.jpg


ハピリンの見せ場の1つがこの屋根付き広場「ハピテラス」。ハピテラスは延べ床面積約1千平方メートルで、3面を強化ガラスで覆った全天候型の広場です。














th_IMG_1158_201605252236214de.jpg


ガラスカーテンウォールを多用した多目的広場は中々迫力があります。
















th_IMG_1039_201605252237124dc.jpg


ガラスカーテンウォールのアップです。
















th_IMG_0994.jpg


ハピテラス内部の様子です。取材時には警察音楽隊の演奏会が行われていました。
















th_IMG_1016_20160525223618937.jpg



ガラスカーテンウォールの透明度がメチャクチャ高くて、気持ちいいです。















th_IMG_1009_20160525223616c1f.jpg


音楽隊の演奏の他にも、パトカー、白バイ、救急車、消防車にチビっ子が乗れるイベントが行われていました。ウチの子供も大喜びで全ての乗り物を制覇していました。
















th_IMG_1007_20160525223615234.jpg



こちらはハピテラス内部にある大型ビジョンの様子です。


















th_IMG_1038_20160525223711014.jpg


屋根のスリットからも自然光が取り込まれており採光性はバツグンです。


















th_IMG_1179_20160525223709701.jpg


撮影ポイントを変えて、低層部の様子です。
















th_IMG_1174_20160525223708082.jpg




このビルの正式名称はJR福井駅西口ビル、愛称はハピリン(Happiring )。この愛称は・・・

・福井の「福」は、「運の良いこと。幸運。幸い。しあわせ」
・福井の「井」は「井戸」でありその一般的なイメージは円、水を汲み上げる桶も円、汲み上げるための滑車も円、円つまりRing
・これからのにぎわいの中心と考えられる「駅前商店街―AOSSA―福井市内観光」を結ぶ線のイメージもまたRing。

これらの事から"Happy Ring"を掛けあわせて「Happiring」(ハピリン)と名付けられました














th_IMG_1280.jpg


新しい県都の顔として誕生したハピリン(Happiring )。商業テナントは正直微妙なラインナップで、商業施設で集客する施設ではなく、駅チカの公共施設が低層部にはいったタワーマンションといった構成になっていました。とにかく福井駅周辺の変貌ぶりには驚くばかりです。高架化前の福井駅周辺を想像して駅を訪れると本当にビックリするとい思います。
関連記事
[ 2016/05/28 00:00 ] 北陸・甲信越 福井 | TB(0) | CM(1)

USJの昨年の入場者数(1390万人)が東京ディズニーシー(1360万人)を超え、世界ランキング4位に浮上!

th_IMG_0854.jpg




産経新聞のWEB版によると、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の2015年の入場者数が、東京ディズニーシー(TDS)を抜いてテーマパークの年間入場者数ランキングで世界4位に浮上したとの事です。USJは前年比17・8%増の1390万人になった一方、TDSは3・5%減の1360万人の来場者数でした。これにより、前年は世界5位だったUSJが4位にランクアップ、TDSが4位から5位にランクダウンしました。東京ディズニーランド(TDL)も4%減の1660万人で、前年の2位から3位に後退しています。













th_IMG_0264_20160526222747e4b.jpg



【2015年 世界テーマパーク入場者数ランキング】

1 MAGIC KINGDOM at Walt Disney World, Lake Buena Vista, FL, U.S. 6.0% 20,492,000 

2 DISNEYLAND, Anaheim, CA, U.S. 9.0% 18,278,000

3 TOKYO DISNEYLAND, Tokyo, Japan -4.0% 16,600,000 


4 UNIVERSAL STUDIOS JAPAN, Osaka, Japan 17.8% 13,900,000


5 TOKYO DISNEY SEA, Tokyo, Japan -3.5% 13,600,000 

6 EPCOT at Walt Disney World, Lake Buena Vista, FL, U.S. 3.0% 11,798,000

7 DISNEY'S ANIMAL KINGDOM at Walt Disney World, Lake Buena Vista, FL, U.S. 5.0% 10,922,000 

8 DISNEY'S HOLLYWOOD STUDIOS at Walt Disney World, Lake Buena Vista, FL, U.S. 5.0% 10,828,000

9 DISNEYLAND PARK AT DISNEYLAND PARIS, Marne-la-Vallée, France 4.2% 10,360,000 

10 UNIVERSAL STUDIOS at Universal Orlando, FL, U.S. 16.0% 9,585,000

11 DISNEY'S CA ADVENTURE, Anaheim, CA, U.S. 7.0% 9,383,000

12 ISLANDS OF ADVENTURE at Universal Orlando, FL, U.S. 8.0% 8,792,000 

13 CHIMELONG OCEAN KINGDOM, Hengqin, China 36.0% 7,486,000 











th_IMG_0860_20160526222745766.jpg


既に語り尽くされた感がありますが、USJ の快進撃は従来の「映画のテーマパーク」へのコダワリを捨て、データ分析から導き出された問題点に対して的確に対処し続けている所にあります。分析結果から導き出された問題点は「ファミリー客の少なさ」。この層を増客する為に、サンリオやワンピース、バイオハザードといったコンテンツを積極的に取り入れました。また、極めつけにハリーポッターエリアを新設し入場者数が爆発的に伸びました。話題のアニメ・ゲームを題材としたアトラクションを定着させた事も大きいです。これにより新しいコンテンツを随時投入出来る下地が出来ました。永遠に飽きる事のない新型テーマパークの誕生といっても過言ではありません。

USJの目下の問題点は、入場者数に対してパーク面積が50ヘクタール強しかなく、混雑が激化している事でしょうか。現在のパーク規模では1500万人位が処理能力の限界かもしれません。桜島駅の海側の土地などをパークに取り込んで70ヘクタール位まで拡張できれば、1800万人も夢ではないかも!?今後は任天堂のアトラクションの投入も控えており、USJの快進撃はまだまだ続きそうです。

関連記事
[ 2016/05/27 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(24)

パークタワー豊田の建設状況 16.05

th_IMG_0446_2016050719171966d.jpg

※現地の掲示板を撮影しました

パークタワー豊田は、豊田市駅前通り北地区第1種市街地再開発事業に伴い建設される、地上26階、塔屋1階、地下2階建て、総戸数161戸のタワーマンションです。再開発街区は名鉄豊田駅至近の好立地で商業業務棟・高齢者施設棟・駐車場棟で構成されています。










th_IMG_0450_20160507191717111.jpg


【スペック】
名称:パークタワー豊田
所在地愛知県豊田市喜多町1丁目150番、2丁目170番、3丁目120番(地番)
階数:地上26階、地下2階
高さ:84m
構造RC造
杭・基礎
主用途:共同住宅、商業、アミューズメント、事務所、高齢者施設、駐車場
総戸数:161戸(販売総戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
敷地面積:8101.02
建築面積:883.23
延床面積:17934.47
建築主豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
設計者大成建設、日建設計
施工者大成建設、神谷組
着工:201401
竣工2017年09













th_IMG_0447_201605071917152cb.jpg


現地の様子です。既にタワークレーンが建っており、タワーの躯体の一部が地上に姿を表していました!















th_IMG_0453_20160507191712e80.jpg



ハイアングルで撮影した内部の様子です。












th_IMG_0440_20160507191714c6f.jpg



パークタワー豊田が建設されている再開発街区の施工面積は約1.6ヘクタールもあるので相当広いです。写真の角地にはアミューズメント棟が建設されます。
















th_IMG_0435_2016050719172592a.jpg


最後は豊田駅前から見た現地の様子です。
関連記事
[ 2016/05/27 00:00 ] 東海 豊橋/刈谷/豊田/常滑 | TB(0) | CM(0)