仙台市交通局2000系電車

th_IMG_0940_2016092923255804e.jpg



仙台市交通局2000系電車は、仙台市地下鉄 東西線用の通勤形電車で、16m級片側3扉車の4両編成の鉄輪式リニアモーター車両です。最高運転速度は70km/h、起動加速度は3.5km/h/s。
東西線はトンネルの断面積が仙台市地下鉄 南北線と比べて2/3程度と小さく、小曲線半径や急勾配の区間を擁する「ミニ地下鉄」規格の路線である為、鉄輪式リニアモーターの駆動方式が採用されました。また、運転方式はATO(自動列車運転装置)によるワンマンでの自動運転で、車両のドアとホームに設置されたホームドアの両方の開閉制御が行われています。

















th_IMG_0943_20160929232557922.jpg




<車両デザイン>
車両デザインのコンセプトは「自然との調和し伊達の歴史を未来へつなぐデザイン」。先頭車の前面は、伊達政宗の兜の前立てをイメージした三日月のラインを鏡面仕上げとして配置しており、それを境に上部を平面、下部を曲面とすることにより、前面の表情に変化を与えています。


側面上部は、空・川・海を表す青色のヘアラインを、側面中部の窓と扉の間は、仙台市をながれる広瀬川の水を表す「青」、杜の都の「緑」、街のにぎわいや人のあたたかさを表す「黄色」と「オレンジ」をドット状にランダムな順序で配置。このうち、片側の「黄色」と「オレンジ」の数は東西線の駅の数と同じ13個となっており、駅の数だけにぎわいがあることを表しているそうです。また、先に開業した南北線1000系電車の特徴的な「側面扉の楕円形の窓」は2000系電車にも継承されています。
















th_IMG_0757_20160929232554b64.jpg


車体は耐食アルミニウム合金製のダブルスキン構造で、車体の表面をアルミ合金の地肌色を生かした無塗装ヘアライン仕上げとし、シールによりカラーリングすることで維持管理での塗装工程を無くし環境負荷の低減が図られました。車両の断面積は南北線の1000系と比べて3割程度小さくなっているが、車内空間は2割程度の縮小にとどめており、快適性が確保されています。
















th_IMG_0755_20160929232555c77.jpg


車体側面の行き先表示器はフルカラーLEDが採用されています。
















th_IMG_0719_20160929232552340.jpg




<車内設備>
ミニ地下鉄規格の為、南北線と比較して車両が小さくなることに配慮し、中吊り広告スペースは無く、車内空間の確保を目的に荷棚を従来より腰掛中央の2席分の上部のみに削減されました。また、窓を固定式にすることで壁を薄くするなどの工夫により、客室内は南北線車両に対して2割ほどの縮小に抑えられています。


















th_IMG_0725_20160929232605295.jpg

座席はカンチレバーの片持ち式で、ドア間の6人掛、車端部の4人掛となっています。
























th_IMG_0727_20160929232607df7.jpg



座席と側面窓の様子です。側面窓は固定式でロールカーテンも省略されています。シート間には2本のスタンションポールが設置されています。また、
窓がすべて固定式のため強制換気装置が設置されています。




















th_IMG_0746_2016092923260844b.jpg 


縦アングルで見たシートの様子です。座席モケットは一般席を伊達家の軍旗の色であった青系を基調とし、優先席は赤紫で、七夕飾りの吹き流しをイメージしたアクセントカラーが配置されています。























th_IMG_0819_20160929232609dda.jpg 



袖仕切りの様子です。安っぽいFRP丸出しの袖仕切りではなく、凝った模様が入った質感の高い袖仕切りです。半月形の形状からは伊達のアイコンを見て取る事が出来ます。




















th_IMG_0821_201609292326113a0.jpg



2人分の幅の小型の荷物棚は、車内空間を広く見せる為の割り切りと工夫です。








th_IMG_0827_20160929233844b1c.jpg



乗降ドアーの様子です。南北線1000系電車の特徴的な「側面扉の楕円形の窓」は2000系電車にも継承されています。















th_IMG_0824_201609292338456c0.jpg


各乗降口の上部には、扉開閉ランプとチャイムの他に、17インチワイドの液晶式案内表示器を設置して、行先と次駅の案内を日・英・韓・中の4ヶ国語で表示するとともに、ピクトグラムによりエレベータやエスカレータなどの駅の設備の位置がアニメーション表示されます。



















th_IMG_0749.jpg



また、各扉につき1つずつ増液晶モニターの増設スペースが確保されています。




















th_IMG_0734_201609292338411eb.jpg


天井付近の様子です。中吊り広告は設置されていません。
室内照明はLED照明が採用され環境負荷の軽減が図られています。























th_IMG_0737_2016092923384201c.jpg


つり革様子です。つり革は枕木方向に設置されています。一部のつり革は天井から直接生えているのか?と思うほど短いモノもありました。
























th_IMG_0715_20160929233853120.jpg

連結面付近の様子です。客室化粧板は、車端面と乗務員室の仕切り面はブラウン系、車内側面は膨張色である白系とすることで空間を広く見せる工夫が施されています。



















th_IMG_0818_2016092923385798d.jpg



優先席付近の様子です。優先席のモケットの色はえんじ色です。























th_IMG_0718_201609292338543e5.jpg 



連結面のドアーの様子です。ガラス面積が大きく開放感があります。またドアー上部にはスポットライトがさり気なく設置されており、ホテルの様な雰囲気が演出されていました。























th_IMG_0761_20160929233856731.jpg



車椅子、ベビーカースペースの様子です。































th_IMG_0968_20160929233859a6e.jpg 

仙台市交通局2000系電車。デビューしたての最新鋭車両だけあって、デザイン面含め非常に完成度の高い車両で関心しました。また正面の半月形のアクセントデザインが伊達な感じがしてとても気に入りました!





関連記事
[ 2016/09/30 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(2)

シティタワー長町新都心の建設状況 16.09

th_IMG_0267_20160929224130108.jpg

シティタワー長町新都心は、仙台市太白区あすと長町四丁目に建設されている地上24階、高さ85.50m、延床面積46,017.88㎡、総戸数414戸のタワーマンションです。建築主は住友不動産、設計・施工は大林組が担当しています。シティタワー長町新都心が立地する「あすと長町」は商業、公園、住宅、医療施設などが集積しつつある再開発エリアで、仙台市の副都心として整備が進んでいます。あすと長町の総面積は約82ヘクタールに及びます。



【公式HP】
シティタワー長町新都心























th_IMG_0265_20160929224128534.jpg


【スペック】
名称:シティタワー長町新都心
所在地:宮城県仙台市太白区あすと長町四丁目2番11(地番)
階数:地上24階
高さ:85.50m
構造:鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :場所打ちコンクリート杭45本
主用途:共同住宅
総戸数:414戸
敷地面積:5,886.81m2
建築面積:4,217.65㎡
延床面積:46,017.88㎡
建築主:住友不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
着工:2014年10月
竣工:2017年01月













th_IMG_0256_20160929224127bea.jpg 


シティタワー長町新都心は、さらなる安心・安全のために、大林組独自の先進技術である2棟連結免震構造「O-MIC(オーミック)D」が仙台で初めて採用されました。O-MIC(オーミック)Dは、2棟の隣接する中低層の免震構造建物を連結することで、高い構造安全性を低コストで実現する大林組が開発した工法です。









th_IMG_0252_20160929224126cd9.jpg



シティタワー長町新都心では、建物の損傷や住居内の家具の転倒などを抑制する免震装置を1階と2階の間に配置する中間層免震構造に加え、南棟と東棟を20階、22階の床レベルでオイルダンパーにより連結しています。これにより、建物の揺れが一体化するとともに東西南北どの方向からの揺れに対しても低減効果を発揮し、地震発生時の建物の安全性を高めています。










th_IMG_0249_20160929224124b92.jpg


東側から見たシティタワー長町新都心の様子です。
シティタワー長町新都心は、免震装置を1階と2階の間に配置することで1階の垂直方向に開放感が生まれているほか、1階の階高と免震構造の高さにより2階住戸が通常のマンションの3階相当となり、防犯・プライバシーの強化にもつながっています。



















th_IMG_0233_201609292241409b3.jpg



北東側から見たシティタワー長町新都心の様子です。L字型配置の建物形状が良く分かるアングルです。




















th_IMG_0291_201609292241390f9.jpg



最後は南東側から見た、シティタワー長町新都心の様子です。
関連記事
[ 2016/09/30 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(0)

竣工した、仙台トラストタワー

th_IMG_1981_201609282125511d2.jpg


仙台トラストタワーは宮城県仙台市青葉区一番町1丁目にあった東北学院中学校・高等学校跡地の再開発「仙台トラストシティ」に建設された、高さ180mの超高層ビルで北関東以北の東北・北海道で最も高いビルです。仙台トラストタワーは、オフィス 624階)、ホテル 13階、2537階)店舗 15階)構成された複合ビルで、高層部にはウエスティンホテル仙台が入居しています。仙台トラストシティ全体の総投資額は約550億円にも及びます。











こちらは建設当時の仙台トラストシティに掲示されていた周辺地図です。仙台駅から見た仙台トラストシティの位置はこんな感じです。














th_IMG_1974_2016092821255019b.jpg



【スペック】
名称:仙台トラストタワー
所在地宮城県仙台市青葉区一番町1丁目9-1 
階数:地上37階、塔屋3階、地下2
高さ:約180m
構造:鉄骨造(CFT柱)/一部鉄骨鉄筋コンクリート造 制震構造
杭・基礎
主用途:オフィス 624階、ホテル 13階、2537階、店舗 15
総戸数:---
敷地面積:13,550.52m²
建築面積:8,031.41
延床面積:125,295.96m²
建築主:森トラスト
設計者:松田平田設計、大成建設、森村設計
施工者:大成建設
着工:2008年01月
竣工2010年04月













th_IMG_1977_20160928212548955.jpg


高層部の様子です。高層部に入居するウエスティンホテル仙台の客室数は292室、平均客室面積が約43m2。仙台随一の国際級ラグジュアリーホテルとして非常に高い評価を受けています。今回宿泊しようかな?と思いましたが、仙台市内の宿泊料金は目を疑う様な高額な水準まで高騰しており、多くのホテルが満室で常識的な価格で宿を取るのが困難な状況でした。ウエスティンホテル仙台を取材の寝床として短時間のスティで利用するのは、あまりにも勿体無いと思い今回は手が出ませんでした。












th_IMG_1987_2016092821254710a.jpg


正面から見た仙台トラストタワーの様子です。外装デザインは縦方向の白色のマリオンを強調した、森トラストらしい都会的なデザインでまとめられています。













th_IMG_1949.jpg


近くで見上げた様子です。延べ床面積12.5万㎡の巨大なビルは、近くて見るとかなり迫力があります。














th_IMG_1939.jpg



北側から見た様子です。













th_IMG_1988_20160928212559cb2.jpg


すぐ近くに建つSS30 (住友生命仙台中央ビル)から見た、仙台トラストタワーの様子です。














th_IMG_1946_2016092821260016a.jpg



東北最高の超高層ビル、仙台トラストタワー。仙台都心部のランドマークタワーとして圧倒的な存在感を放っていました。








関連記事
[ 2016/09/29 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(2)

東横イン中部国際空港の新館(仮称)中部国際空港第二ビル新築工事の状況 16.08

 th_IMG_0563_201609282219543b1.jpg

(仮称)中部国際空港第二ビル新築工事は、先日ご紹介した、
東横イン中部国際空港本館(オレンジサイド・グリーンサイド・パーキング)の隣接地に、新たに客室数500室規模のホテルを建設する新館の建設計画です。既存の本館だけでも1000室超えの規模がある事だけでも驚きなのですが、さらに500室を増築する計画が進んでいます。
















th_IMG_0549_201609282219513f4.jpg

【スペック】
名称:(仮称)中部国際空港第二ビル新築工事<東横イン中部国際空港新館>
所在地愛知県常滑市セントレア4丁目2-5
階数:地上13階、地下0
高さ:45m
構造:鉄骨造
杭・基礎 :独立基礎
主用途:ホテル
客室数:約500室
敷地面積:10,464.62m²
建築面積:4,216.63
延床面積:25,290.18m²
建築主:東横イン
設計者:東横インアーキテクト
施工者:未定
着工:2016年05月(予定)
竣工2017年05月(予定)
















th_IMG_0550_20160928221953568.jpg


 現地の様子です。計画地は既存ホテルの北側の土地で、現在は団体客向けの大型バスの駐車スペースとして利用しています。ここに地上13階建て、客室数500室規模のホテルが建設されます。現地に掲示されていた建築計画のお知らせには、2016年05月下旬、に来年05月の完成と記載されていましたが、計画は若干遅れている様です。













th_IMG_0554.jpg


角度を変えてみた様子です。敷地面積は10,464.62㎡とかなりの広さがあります。















th_IMG_0531_201609282219579e6.jpg



最後は既存の東横イン中部国際空港本館・駐車場棟の様子です。中部国際空港内のホテルの客室規模には驚くばかりですが、この中部国際空港の状況を見ると、同じくホテル不足が深刻な大阪府の関西国際空港の対岸にあるりんくうタウンにホテルの新規案件が全く出てこない事が不思議でなりませんでした。

関連記事
[ 2016/09/29 00:00 ] 東海 豊橋/刈谷/豊田/常滑 | TB(0) | CM(2)

東横イン中部国際空港本館(オレンジサイド・グリーンサイド・パーキング)


th_IMG_0646_20160928011904bfb.jpg



東横イン中部国際空港本館は、愛知県常滑市の中部国際空港内にある大型ビジネスホテルです。ホテルは3つの棟で構成されており、一般客用の「オレンジサイド」、団体客用の「グリーンサイド」、駐車台数1045台のキャパがある立体駐車場「東横イン中部国際空港パーキング」となっています。オレンジサイド・グリーンサイドを合わせた総客室数は1001室と巨大です。












th_IMG_0515_201609280119055dd.jpg


海側から見た様子です。ここから見ると巨大な立方体の形状に見えますが、上から見ると「コ」の字型の形状をしています。













th_IMG_0538_20160928011906b85.jpg


本館と駐車場棟の並びです。駐車場棟のキャパも凄まじく1000台を超える収容力を誇ります。














th_IMG_0595_201609280119086c4.jpg


エントランス部分の様子です。コの字型の真ん中付近にはサイのオブジェが。


















th_IMG_0598_20160928011909b82.jpg


このサイのオブジェは、世界的に有名な芸術家(サルバドール・ダリ)が製作したブロンズ像「レースをまとった犀」(1956年作)です。国際的なホテルにふさわしいシンボルとして、エントランスに常時展示されています。















th_IMG_0661_20160928011915514.jpg


最後は、東横イン中部国際空港本館と、
コンフォートホテル中部国際空港の並びです。

関連記事
[ 2016/09/28 01:30 ] 東海 豊橋/刈谷/豊田/常滑 | TB(0) | CM(1)

ヨドバシ仙台新ビル(ヨドバシ仙台第1ビル計画)が遂に始動、2018年10月開業の予定!

001_201609261912122d0.jpg





ヨドバシカメラがJR仙台駅東口の旧店舗跡に建設する店舗兼商業ビル「ヨドバシ仙台第1ビル」がついに動き出します。仙台市に提出された「ヨドバシ仙台第1ビル計画に係る環境影響評価準備書及び要約書」によると、新ビル(第1ビル)は2012年4月まで「マルチメディア仙台」として営業した旧店舗があった自社敷地に2棟のビルを建設する計画で、店舗や駐車場が入るA棟は地上9階、地下2階の延べ床面積約8.1万㎡。当初計画から1フロア階数が増えました。B棟は地上7階建てで、延べ床面積約1.25万㎡の規模で、音楽ホールや店舗、駐車場などが入居します。音楽ホールは一部5階建て部分の3~5階に設置される計画です。





【出典元】
http://www.city.sendai.jp/kankyo/1221821_2476.html










002_2016092619121106b.jpg




駐車場台数は両棟分で計626台。旧店舗時代から使用する立体駐車場と、現在の「マルチメディア仙台」が入る東側のヨドバシ仙台第2ビル分を合わせ、計1490台分が確保されます。当初予定通り、仙台駅東口と第1ビル、第2ビルをペデストリアンデッキでつなぐほか、第1ビル、第2ビルは地下通路でも結ばれます。開業時期については当初予定の2016年春から2018年10月に延期されました。








003_20160926191213d0b.jpg

ヨドバシ仙台新ビル(ヨドバシ仙台第1ビル計画)の断面図です。A棟+B棟の総延床面積は10万平米に迫る大型開発となります。商業施設に加え、音楽ホールが入居するのが新しいですね。もしかすると、ホール部分にはZeep仙台が復活して入居するかもしれません・・・。
















th_IMG_2388.jpg



現地の様子です。以前あった簡素な建物はすっかり無くなっており驚きました。再開発を目前に控えているので当然の姿なのですが、久々に現地を訪れると風景の変わりように驚くばかりです。

















th_IMG_2390.jpg


角度を変えてみた、現地の様子です。















th_P1120415.jpg

今回新たに建設されるヨドバシ仙台新ビル(ヨドバシ仙台第1ビル計画)の外観デザインの参考になりそうなのが、こちらの京都ヨドバシ。梅田店のデザインを踏襲しつつ、京都の街並みに溶け込む様なファザードデザインとなっています。最近のヨドバシカメラの外壁に見られる「格子状」の外壁看板は、この京都店から始まり、梅田店、秋葉原店へと広がって行きました。











th_P1120426.jpg



京都店にあるコリドール(外回廊)の様子です。まるで百貨店の様なクオリティーですね。ヨドバシ仙台新ビルのデザインにも期待が集まります。



















th_P1120419.jpg



レールサイドに巨大店舗を建設し、最高の立地に圧倒的な品揃え、ポイント還元による顧客の囲みをはかるヨドバシカメラの「マルチメディア館」形態のプロトタイプとなったのが仙台店、その業態を昇華させ、その後のヨドバシカメラ・マルチメディア館のフォーマットになったのが梅田店です。現在のヨドバシカメラの繁栄のターニングポイントになったと言える「ヨドバシカメラ・マルチメディア仙台」が、梅田店のフォーマットで再構築される事はなんとも感慨深いものがあります。ある意味里帰りと言えるのではなでしょうか・・。

関連記事
[ 2016/09/28 01:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(1)

仙台再都市化2016

th_IMG_2185.jpg

仙台再都市化2016!


久々に仙台に取材に行ってきました!このブログを始めてから8年半が経過していますが、中枢都市シリーズとして「札幌、仙台、広島、福岡」の取材を計画し、始めて遠征取材に行ったのが仙台でした。前回の取材が2010年02月だったので6年半振りの遠征取材となりました。今回のお目当ては昨年末に開通した仙台地下鉄東西線と大規模な橋上駅舎が誕生し様変わりした仙台駅。その他にも新しい高層ビルや未撮影の高層ビルが多数あったのでそれらの撮影も試みました。


【過去記事】
仙台再都市化2010










th_IMG_2188.jpg


駅前のペデストリアンデッキを行き交う人々。仙台駅周辺に誕生した新たな商業施設が、人の流れを変えつつある



仙台はかなり昔ですが4年間住んでいた事もあり、特に思い入れのある街です。街のあちこちに思い出が詰まっており、本当に懐かしい気持ちになりました。また、あの大震災を経ても着実に発展を続けている事を実感する事が出来ました。





















th_IMG_2122.jpg


杜の都を象徴する青葉通のケヤキ並木。街路樹も時間をかけて育てると大木に成長し、緑のトンネルになっています



今回の仙台取材は1泊2日。6月頃から計画していましたが、スケジュールや天候、体調など様々な要因が上手く噛み合わず中々飛び立てずにいました。飛行機のチケットの有効期限もそろそろ限界に近づいた(予約変更ができず強制キャンセルされる)ので、引っ越しの翌週に仙台に遠征するという無謀な取材を敢行してきました。




















th_IMG_1785_20160926223606c72.jpg 


今回の天気予報は曇り時々晴れ。絶好のコンディションとは行きませでしたが、曇り空の時は地下鉄東西線を、翌日の晴れ間にビルの撮影といった感じでなんとか形にする事が出来ました。前回の取材時にはブログの記事造りのフォーマットも未成熟で各ビルや再開発のレポートがグチャグチャだったので、今回の取材を通じて一部のビルを再撮影、記事をリライトして行きたいと思います。ともかく最新の仙台の様子を徐々にご紹介して行きたいと思います!


関連記事
[ 2016/09/27 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(8)

ザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンスの建設状況 16.09

th_IMG_1637.jpg


ザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンス
は、仙台市青葉区柏木一丁目190、地下鉄南北線の北四番丁駅近くに建設中のタワーマンションで、地上23階、高さ75.6m、延床面積15900㎡、総戸数は176戸となっています。建築主は三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、錢高組の3社。設計・施工は大林組が担当しています。












th_IMG_1646_20160926220503b65.jpg


【スペック】
名称:ザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンス
所在地宮城県仙台市青葉区柏木一丁目190
階数:地上23階、地下なし
高さ:75.6m
構造:鉄筋コンクリート造・免震構造
杭・基礎 :直接基礎
主用途:共同住宅
総戸数:176戸
敷地面積:3,053.23
建築面積:950.50
延床面積:15,900.05
建築主:三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、錢高組
設計者:大林組
施工者:大林組
着工:2015年05月
竣工2017年05月(予定)













th_IMG_1641.jpg


久々の仙台取材なので少し緊張しながらの撮影です。前日は曇り空だったので、ほとんどを地下鉄東西線の取材に費やしましたが、翌日のAM10時頃から徐々に晴れ間が覗いてきたのでテンションが一気に回復。まずは手始めに新規案件から撮影開始です。このザ・ガーデンズ勾当台通タワーレジデンスは県庁や市役所などが集積している勾当台公園駅から1駅の好ロケーションで、最寄り駅の北四番丁駅まで徒歩4分ほどの交通至便なタワーマンションです。


この徒歩4分ですが、僕が歩くと3分ほどで到達したので「あれれ?」と思いました。比較的最近知ったのですが、不動産広告に掲載されている「徒歩◯◯分」には決まりがあり、80m/分(時速4.8km)で、1分未満の端数は切り上げた値で掲示する事がルールとして決まっているそうです。その為、例えば3分15秒(細かいですが)の所要時間であっても広告掲示は徒歩4分となります。













th_IMG_1643.jpg



足元周りの様子です。低層部のレンガ風のファザードが姿を表していました。













th_IMG_1645.jpg


広告の完成予想パースのイメージで撮影した1枚です。














th_IMG_1652_20160926220513165.jpg


防護ネットの一部が取り払われ、外装が姿を表していました。中々上品なタワーマンションに仕上がりそうです。














th_IMG_1649_20160926220512328.jpg



最後は南西側から見た様子です。

関連記事
[ 2016/09/27 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(0)

プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーの建設状況 16.09

th_001_20150726215730615.jpg



プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーは、大阪市中央区にあった旧市立東商業高等学校跡地に、地上30階、地下0階、高さ99.44mの超高層タワーマンションを建設する再開発計画です。大阪市は2014年3月12日に旧市立東商業高等学校跡地の一般競争入札を実施し、52億1200万円でプレサンスコーポレーションが落札しました。前回までは、仮称)プレサンスタワー大阪本町 新築工事の名称でご紹介してきましたが、正式名称はプレサンス レジェンド 堺筋本町タワーにきまりました。




【出典元】
公式HP>プレサンス レジェンド 堺筋本町タワー
市立東商業高校跡地で解体着手/堺筋本町近くの敷地5000平方㍍超/プレサンスコーポレーション



【過去記事】
プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーの建設状況 16.02
プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーの建設状況 15.12
プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーの建設状況 15.10
プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーの建設状況 15.07
大阪市立東商業高等学校跡地の再開発(仮称)プレサンスタワー大阪本町 新築工事の状況 14.12
大阪市立東商業高等学校跡地の解体工事の状況 14.07










th_IMG_0946.jpg


【スペック】
名称:
プレサンス レジェンド 堺筋本町タワー

所在地:大阪市中央区久太郎町一丁目31番他(地名地番)
階数:地上30階、塔屋2階、地下1階
高さ:99.44m
構造RC造
杭・基礎 
主用途:共同住宅
総戸数:337

敷地面積:2,956.3㎡
建築面積:1,371.00㎡ 
延床面積:31,448.70㎡(容積率対象面積23,794.00㎡)
建築主:プレサンスコーポレーション
設計者:大林組
施工者:日企設計
着工:2015年05月(予定)
竣工:2017年11月(予定)












th_P_20160923_150757.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2016年02月だったので約7ヶ月振りの取材です随分と間が空いてしまいました。














th_P_20160923_151110.jpg




久々に現地を訪れてみると、既に2機のタワークレーンが稼働しており、躯体が地上に姿を表し始めていました!












th_P_20160923_151204_HDR.jpg



プレサンス レジェンド 堺筋本町タワーですが、かなり長い間基礎工事が行われ、中々変化がなく足が遠のいていました。今回取材してみて躯体が見て取れたので「ようやく」といった感じで少し嬉しくなりました。














th_P_20160923_151201_HDR.jpg



最後は稼働中のタワークレーンの様子です。タワークレーンは敷地の東側に設置されています。

関連記事
[ 2016/09/26 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(1)

コンフォートホテル中部国際空港

th_IMG_0487_201609240036212ca.jpg


コンフォートホテル中部国際空港は、中部国際空港島内にあるビジネスホテルです。鉄筋コンクリート造/地上8階、延床面積は12,066 m²、総客室は346室で竹中工務店が設計施工を担当しました。JCDデザイン賞2005 奨励賞、平成18年度照明普及賞 ・優秀施設賞。







th_IMG_0505_20160924003616001.jpg


コンフォートホテル中部国際空港は、空港島内にあるホテルとして、夜は建物全体がお客様を迎え入れるサインとして見えるよう、内部を浮かび上がらせてショーウインドウとしました。黄色のクラッシュガラスを発光させたフロントカウンターがお客様の到着を待ちます。










th_IMG_0511_2016092400361876b.jpg


高速艇乗り場にほど近い南側の様子です。













th_IMG_0512_20160924003619164.jpg


北側の様子です。南北に細長い建物は2棟で構成されており、西側はエアポートビュー、東側はオーシャンビューとなっっています。







th_IMG_0527_20160924003622a82.jpg

最後は北東側から見た、コンフォートホテル中部国際空港の様子です。




関連記事
[ 2016/09/26 00:00 ] 東海 豊橋/刈谷/豊田/常滑 | TB(0) | CM(1)